「Angel Beats!-エンジェルビーツ!(TVアニメ動画)」

総合得点
90.2
感想・評価
13970
棚に入れた
44937
ランキング
34
★★★★★ 4.2 (13970)
物語
4.1
作画
4.1
声優
4.1
音楽
4.3
キャラ
4.2
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

んにゃ

★★★★★ 4.9
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:----

タイトルなし

とにかく良き。
最後まで見た方がいい。
笑えるし泣ける。流石 key って感じです。
理解ができれば普通に自分の好きなアニメになると思う。

投稿 : 2019/07/21
閲覧 : 67
サンキュー:

6

ネタバレ

hige3

★★★★☆ 3.1
物語 : 1.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

2周してみたが、何がよいのかわからない作品

1周目の視聴理由は高評価から。

高評価スタート故のハードルの高さを、きっちり超えられなかった。そんな作品です。数年ぶりにふとレビューにサンキューをいただき、あまりの高評価にやはり気になって久々に2周目を見てみたが、やはりいまいち。

良い点からいくと、音楽はとても綺麗。特にOPで「おもしろそう!」って意欲を掻き立てられるよくできたOPだと思います。コメディパートもまあテンポよく進むし、学園もの+コメディってのは相性がよいので、観ていてそんなに悪くない。

ただ、ここからが悪い点になりますが、物語が終始「よくわからない」です。エヴァくらいぶっ飛んでわからないシナリオにしてくれると想像できる部分も多く、それはそれで掻き立てられるものがあるのでしょうが…

終始「戦う目的」がブレ続けていきます。しかも、天使と戦っていたはずがいつの間にか仲間になって、それはただの勘違い?結局消えていくことが目的で、なんとなくそこに「感動らしきもの」を演出しようとするから、無味無臭の食パンの上から、毎話毎話回想シーンでむりやり感動味のふりかけをかけられている感じ。結局食べてるのは味のしない食パンなわけで…。

神とか戦線とか、解放とか、転生とか、いかにも中二感満載のワードを盛り込んでそれが無理やりすぎて感動の味は私にはまったく感じられないです。「突然やってくる感動らしきもの」それがこの作品の根幹?のように感じます。

死後の世界なので、キャラは死んでも死んでも次の話になると当たり前のように復活するし、あり得ない展開の連続すぎて、感動的っぽい雰囲気で終わったのに次の話はまたいつものメンバーでまったく別の話が始まるので、物語の「連続性」みたいなものが毎回ブツブツとぶった切りにされていて、一番肝心のメインシナリオが一番残念です。

そんな作品です。好きな人本当に申し訳ないけど。これから見ようと思う人は、他に面白い作品がたくさんあると思うので、ぜひ他を先に見たほうが良いと思います。2周も見たので、よけいに怒りが…。

本当に高評価に釣られた作品。

投稿 : 2019/07/17
閲覧 : 50
サンキュー:

3

ootaki

★★★★★ 4.4
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

最終回の最後は?

濃い作品なので一周したら充分満足できるタイプです。
オリジナル作品ですので原作がないので最初に見た人は入るのに時間がかかる作品だと思います。自分がそうでした。
賛否両論ある作品なので一概に言えないのですが、出しきったと言える作品ではないのではないかと。
最後の最後に?な部分があったので自分は消化不良のように思います。
ただ、感動系が好きな方は粘り強く見ればたどり着けますので頑張ってください。

投稿 : 2019/07/16
閲覧 : 95
サンキュー:

8

たいが

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

浄化されたい時にみるアニメ

生きてるの辛いなーって思った時にこのアニメを見ると、一発で直ります!マジで笑

少しずつ明かされるその学校の存在理由が分かってくるうちに、絡んだ紐が解けるような爽快感があります!

Key作品なのでなかなか泣けて辛いシーンもありますが、見終わってみると不思議とスッキリ浄化されて後味も非常によく、明日から頑張ってみよう!と言う気持ちになれます!

笑いあり、泣きあり、青春あり、野球あり、、笑 名作の要素が欲張りに詰まったAngel Beat! を是非!

投稿 : 2019/07/15
閲覧 : 13
サンキュー:

2

kagemeka

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

感動のラスト

死んだ世界戦線は幕を閉じ,新たな世界で新たな物語が始まる。二重の意味で’LAST’でした。

投稿 : 2019/07/12
閲覧 : 60
サンキュー:

3

たろいも★

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

忘れた頃にもう一度!

良いものはいいですよね(´∀`*)

1度目よりも2度目……
2度目よりも3度目……

初見は普通……でしたけど、2週目以降キャラに愛着が湧いてくるせいか徐々に感動が深まってきます。

とりあえず、あの歌はずるいですよね(´;ω;`)

投稿 : 2019/07/08
閲覧 : 21
サンキュー:

3

ASKA

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

いつの間にか最後まで観てしまい、感動するアニメ。名作。

麻枝准さん原作のオリジナルアニメ。
P.A WORKSと岸誠二監督の組み合わせ。
ゲーム会社keyも関わっていますが、ゲーム原作というわけではありません。

何よりもそのそれぞれの掘り下げと伏線回収の旨さでしょう。
最後までみたら感動シーンが待っています。
死後の世界の学園を舞台に消されないように抗う死んだ世界戦線のメンバーがとてもいいです。世界観もキャラも好きです。

音楽もOP、EDはもちろんGirlsDeadMonster通称ガルデモの挿入歌もまたいいです。

投稿 : 2019/07/01
閲覧 : 70
サンキュー:

32

ネタバレ

nan-nan

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

普通に面白い!

「Angel Beats!」から♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦
「ガルデモ」こと「Girls Dead Monster」の二人のヴォーカル♪
アナタはどちらがお好きですか?

・岩沢 まさみ派
・ユイ派
分かれますよね(^^♪

設定が設定なのですが、観ていて普通に面白かったです!
時々心苦しくなる時もありましたが、アニメとしての完成度は高かった様に思います。

投稿 : 2019/07/01
閲覧 : 22
サンキュー:

2

みのり

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.5 作画 : 1.5 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

天使はまじで天使だった(語彙力)

<あらすじ>
死後の世界の学園が舞台。そのため、刺されても死ぬことは無い。現世で青春時代をまとも送れずに死んだ者はこの世界に送られ学園で楽しい青春時代を過ごす内に未練を無くし、成仏。その後、転生される。

1人1人が成仏される中、最期に残った音無とかなで。音無→かなでに告白。2人でこの世界に残って欲しいことを告げる。だがかなでは、自分の“生前の未練”が、「自分に移植された心臓のドナーにお礼を言う」ことであり、その心臓を提供した人物こそが音無だったことを告げ、音無に感謝を伝えて消えていく。(完)


----------

前半はギャグ?コメディ感があり、後半はシリアス。自分の人生に納得しながら成仏していくのは感動もん。特にユイの話と最終回と最後の1人1人消えていく最終回EDが泣ける。

ただ話が少ないのか、急に居なくなってる人がちらほら…(いつの間に成仏したの?ってなる)。個性的なキャラ設定だった訳だし、2期やってもいいのではないか?

絵柄があんまり好みじゃなかっただけに、だいぶ後に見た作品となってしまったがもっと早く見ておけば良かったと後悔した作品。天使が可愛い。とにかく可愛い。

投稿 : 2019/06/30
閲覧 : 11
サンキュー:

3

えりお

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

ギャグシーン(?)は面白くて好きです

が、特に感情移入することもなく見終わりました(´・-・`)

投稿 : 2019/06/22
閲覧 : 29
サンキュー:

4

ネタバレ

bujiharu

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

あまりに壮大なテーマ

この作品を観て考えさせられるのは
「人間は何をなした時に自分が死んでもいいと思えるか、自分の存在が消えてもいいと思えるか」ということ。

物語終盤、作中のキャラクターたちが自身の人生に納得をし、自ら消滅の道を選ぶシーンがあります。彼ら彼女らは皆自分の死を受け入れた、消えてもいいと思えたと言ってもいいかもしれません。

「もう思い残すことは何も無い」という死ぬ間際における定番のセリフがありますが、このセリフを心の底から本心で言えるにはどうしたらいいのか、一若造たる自分には想像もできません。

この作品は「納得して死ぬには?」という人間だったら一度は考える素朴な、しかし答えの検討がつかない壮大なテーマに向き合った非常に挑戦的なものに思えます。そしてこのテーマに対してキャラクターを使って様々な解答を示してくれています。

そんな壮大なテーマを扱い、そしてここまでの感動を生んだこの作品の制作陣を心の底から偉大に思います。

投稿 : 2019/06/21
閲覧 : 82
サンキュー:

10

なかやまん

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

もう少し話数が欲しかった

やはり世界観が死後であるということで、作品全体を通じてどことなく物悲しい雰囲気を漂わせており、
そんな中で展開される日常やギャグも非常におもしろく、死んでも蘇るという設定を上手く扱っていると思う。
話数が物足りない感じや、最終回の終わり方に賛否両論あるみたいだが、最終回がイマイチだと感じた自分でも終始楽しんで視聴することができた。
しかしやはり物足りなさや、駆け足で終わったなという印象はある。
だが作中の挿入歌やBGMなど音楽にも力を入れているのがわかり、作品全体の質を高めていると思う。

投稿 : 2019/06/18
閲覧 : 81
サンキュー:

8

ネタバレ

kawadev

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

久々に見たkeyの本気

実は以前、2話まで見て断念した記憶がある作品。

PAワークス制作、key原作。穿った見方を捨て見直した。

key=人の死が題材…というのは私的な見方なのだが、そして、各キャラがこの学校に来た理由はやっぱり重かった。

ただ、いつもの死という形ではなく、再生という話なのは非常に良かった。…再生できていないのが1人いるらしいのが気になるけど。

ギャグも面白かったし、久々にkey作品で笑う事ができた。

投稿 : 2019/06/17
閲覧 : 34
サンキュー:

4

ジョガマヤ

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

さすが名作...

テンポの良い、死後の世界だからこそできるネタが面白いです。
最終回は涙なしでは語りえません。

投稿 : 2019/06/09
閲覧 : 71
サンキュー:

3

らみ♡

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

最高です! 神アニメ

主人公は、いつのまにか死後の世界にいた。。。
そこで、仲間と出会う
死後の世界では、現実であった復讐を目的とし、
仲間とともに少しずつ真実を知っていく・・・

そして成仏されていく・・・

最初はギャグがたくさんあり、後半は涙で画面が見えない。(´;ω;`)ウッ…

キャラめっちゃ好き!
アニメのキャラってあんまり気にしてない人いるけどすごい大事だと思う。
キャラを好きになればアニメも好きになれる。


みんな見て。。。

投稿 : 2019/06/08
閲覧 : 87
サンキュー:

6

ネタバレ

ももへ

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ハードル上げすぎたかな

おすすめアニメを調べたら頻繁に名前が挙がってきて、ここでもかなりの高評価をされていたので観てみた...が、はっきりいって微妙。とりあえず理由を二つに絞ってみた。

まず一つ。尺が足りていない。
かなり多くのキャラが出てくるが生前のことが語られるキャラはほんの数人で、ほとんどのキャラが後半にはモブ同然になり、気がついたらいなくなっている。過去が明かされるキャラも掘り下げが甘く、感情移入する前に消えてしまう。
だから感動シーンでもあまり心揺さぶられることはなかったかな...挿入歌はめちゃくちゃよかったんだけどね。
世界観も、無理やり13話に押し込めようとしたためか説明不足で、結局最後までよくわからなかったところがあった。
話の流れは悪くなかっただけに、勿体無さすぎる...。

そして二つ目、最終話。こいつが致命的。
簡単な会話をした後、音無と奏の二人を残して他の面々は割とあっさり消えちゃうんだけど、問題はその後。このまま二人で仲良く感動的に成仏する流れかな...と思っていたら音無がいきなり訳のわからないことを言い始める。
「ここに残らないか?」
信じがたい衝撃の告白に、リアルで声が出ちゃいました。
お前は今まで一体何のために戦線のメンバーを納得させ、成仏させてきたのかと。「急に思いついちまった」じゃねぇよ。
ここまで来て急にそんなことを思いつく、おまけに声に出してしまう神経が理解できない。成仏したメンバーは皆それぞれに自分の中で踏ん切りをつけていたってのに...我儘が過ぎるってもんですよ。
おまけに一人で残るのではなく、奏を誘ったうえ愛の告白までしちゃうあたり、その場で思いついたことだとは思えない。端から奏と二人きりになりたかっただけだったのでは?
勿論皆の前でそんなことは言えないだろう。袋叩きにされるだろうからね。だからわざわざ偽善者ぶったことを言ってメンバーを消していき、最後に自分の好きな奏と一緒になろうと、もっともらしいことを言ってアピールしている...ように見える。
何回見直してもやっぱりそういうふうに見えてしまう。ひねくれてんのかなぁ...

ギャグシーンは好きだったし、ちゃんと尺をとってもう一押ししてくれたら感動もできたんだろうけど...。残念無念という他ないです。

投稿 : 2019/05/26
閲覧 : 79
サンキュー:

2

Ash-Lynx

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

天使ちゃん…

5話の天使ちゃんに赤点を取らせる作戦がシュール過ぎて最高に笑えた。10話では号泣。特にEDのあの1枚絵はやばいで

5話と10話が特に好きだけど、全体的にバトルとヒューマンドラマのバランスが良くて見やすい。ただ、TKとかの他の人の過去が見れなかったりと、後半部分が駆け足気味なのが気になったな。2クールにしたらもっと良かったと思う



「今日の俺と明日の俺が同じ俺だと思うな。気を付けな」

投稿 : 2019/05/25
閲覧 : 62
サンキュー:

7

ネタバレ

もちごめ

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

あれ?涙が…。

ストーリー、キャラクター、音楽。
どれも惹きこまれるぐらいの魅力がありました。
奏が弾くピアノのOPテーマの迫力には圧倒されました。

しかし、あれだけ個性的なキャラがたくさんいたのだから、いっそのこと2クールにして各キャラを掘り下げても良かったんじゃないかなあ?と思ったり。
ちょっともったいない…。

印象に残ったのは、
9話で瀕死状態の音無が保険証の裏のドナー登録に丸で囲んだシーン。
10話で日向がユイに向けた言葉「俺が結婚してやんよ!もしお前がどんなハンデを抱えてても!」と叫ぶくだり。
最終話の卒業式後、奏の心臓は、実は音無から移植された心臓だったことが分かったところ。
音無は奏と二人でこの世界に残ろうと提案するけど、奏は消えてしまって残された音無が一人で泣き叫ぶところからのED。
EDでは今まで行動を共にしていた仲間たちが一人ずつ消えていく…最後に音無も消えて誰もいなくなって…切なさからか寂しさからなのか、自然と涙が出てきました。

予備知識無しでこのアニメを見たのですが、ここまで涙腺崩壊するとは〜。゚(゚´Д`゚)゚。やられた〜

投稿 : 2019/05/17
閲覧 : 58
サンキュー:

5

nloveY

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

独特な世界観を味わうアニメ

10点中10点(例 7点→☆3.5 8点→☆4)

①視聴のきっかけ@何週目?
・Keyのネームバリューで期待して視聴。
・3週目

②どんなアニメ?
現世で理不尽な人生を体験し、青春時代をまともに送れずに死んだ者達であふれる死後の世界が舞台。あらかじめ用意されたエキストラの生徒達と共に学園生活を過ごすことで未練を無くし成仏する。が、それに拒み抗う者達で構成するグループ「死んだ世界戦線」は学校の秩序を守る「天使」と日夜戦いを繰り広げる。

③高評価ポイント
・"死後の世界"でファンタジー寄りの自由度の高い日常が独特な世界観を生む。
・BGMを含む音楽が素晴らしい。

④低評価ポイント
・本作の語られない補完を望む場合、PC版の『Angel Beats! -1st beat-』というゲームまで手を出さなければならない(未完結)

⑤疑問点/改善点
・自由度が高い世界観を生かすエピソードが物足りない。
・Key作品の特徴としてシリアスにギャグを混ぜる傾向があるが1クールのアニメにおいてやや相性が悪い。(ギャグの見せ方について要検討)

⑥総評
その界隈では有名なKeyとP.A.WORKSの共同プロジェクトで尚且つオリジナルアニメ一作目、しかも1クールの13話、見事にコケル要素満載のように思えますが、尺の都合上多くは語らない不完全燃焼感が逆に良い味を出しているように思えます。変に多くの要素を織り交ぜない造りのおかげで独特な世界観を壊さずほどよくまとまっています。
また、世界観のおかげか、ある程度の矛盾や不自然さをある程度カバーしています。

投稿 : 2019/05/07
閲覧 : 124
サンキュー:

13

yamaji1108

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

サクッと観れていいね

Key作品にしては1クールで終わるので、サクッと観れました。
だんだんと登場人物の過去が分かってきて、段々とはまっていきます。

他の方が仰っているように、最後のほうは展開が速くて頭が間に合わないところもありましたが、しっかり答えが出るのでモヤモヤはしませんでした。

毎度言っている気がしますが、op, ed, 挿入歌も合わせて全部いい曲です。死にます。

投稿 : 2019/05/06
閲覧 : 42
サンキュー:

5

ラウラ

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

感動的

前半ちょっとギャグがしつこいように感じますが、後半にかけて面白くなっていきます。ストーリーも感動的で引き込まれます。ただ、他の方も指摘しているようにキャラの掘り下げが足りないですね。話数が足りない印象を受けました。ですが、全体としては中々面白いと思います!

投稿 : 2019/04/29
閲覧 : 46
サンキュー:

7

いけめそ

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

惜しむらくは2クールで・・

まずは麻枝氏の神OP、ED、挿入歌が素晴らしいです。
次回予告も見せ方がオシャレでした。
またバンドでの陽動作戦など、斬新で美しいシーンがありました。
感動的なシーンも多くあります。
惜しむらくは13話という短い中で個性豊かなキャラ達を掘り下げ切れなかったことですね。
唐突だと感じるシーンがしばしばありました。
2クールかけてガッツリやってれば歴史に残る名作になったかもしれません。

投稿 : 2019/04/26
閲覧 : 69
サンキュー:

6

ハウトゥーバトル

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

学園もののファンタジー

視聴理由 特になし

序盤 死んでたまるか

中盤 ここまで性格の悪い奴はなし。全員良い人っぽい
生徒会長代理...

終盤 涙しかない...

学園もの。ちょっと(?)ファンタジー。決してゾンビとかは出てこないけど学校では暮らします。
angel beats!直訳で「天使の鼓動」それが何をさすのか...
音楽は最高。opはLiaさんの「My Soul,Your Beats!」。挿入歌はあの名曲同じくLiaさんの「一番の宝物」。
ものすごくよい曲。
良作

投稿 : 2019/04/23
閲覧 : 82
サンキュー:

13

二足歩行したくない

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ビジュアルアーツで育ってきた妙齢のオタクにはたまらない

PCゲーム業界で我々を牽引してきたビジュアルアーツの面々がプロジェクトとして参戦した、まさかのオリジナルアニメ作品。
脚本・音楽を麻枝准、キャラクター原案をNa-Gaが担当。
なお、終了程なくゲーム化の発表がありましたが、全6作という触れ込みの中、1作目が作られた以降音沙汰がなく、ゲーム化のプロジェクトは終了したそうです。
ビジュアルアーツで育ってきた妙齢のオタクにはたまらない内容で、端的にいうと、常識的で一般的な主人公がありえない状況に置かれ、無茶な仲間たちに振り回される話になっています。

どこかの学校らしき場所で目が覚めた少年・音無は自分が記憶を失っていることに気づく場面で物語が始まります。
音無は、そこで出会った少女・ゆりに、ここは死後の世界であり自分達は死んでいることを告げられ、ゆりはそこで神に抗うために行動していることを聞き、「天使」と呼ぶ眼前の少女に標準を絞り引き金を引こうとしている。
にわかに信じられない音無は、「天使」の少女に事情を聞くと、同様にみんな既に死んでいることを少女からも告げられ、狼狽える音無は、「それを証明しろ」と言うと、少女の手から生えた刃物に胸を貫かれてしまう。
もう死んでいる音無は保健室で目覚め、改めてゆりに、死んだ世界戦線(SSS)に参加し、天使と戦うことを勧誘されるというストーリー。
死後の世界と言いつつも、その世界は学校をメインとする都市が全てとなっており、主人公たちは何故かその生徒としてキャストされています。
SSSの構成メンバーは同様に死んでやってきた面々で、学校には音無達SSSメンバー以外にも生徒がいるが、彼らに意思はなくNPCと呼ばれており、彼らと同じように授業を受けると同化して消滅してしまうため、SSSのメンバーは反学園的行動を起こして自らの意思を保ち続けています。
そのある意味生存するためやむを得なくやっているはずの反学園的行動が凄まじかったです。
特にゲリラライブのシーンは力が入っていて、作中のガールズバンド「Girls Dead Monster」の楽曲は名曲揃いだと思います。
基本的に全曲、作詞作曲がだーまえなので、古残ファンにもおすすめ。
個人的にはアルバム収録曲ですが、"23:50"がお気に入りです。
また、SSSのメンバーもKeyらしく個性的すぎるほど個性的で、楽しい作品になっています。
残念なのは最終的なこのSSSメンバーの扱いで、個性的にも関わらず一人一人のストーリーがちゃんと描かれていないのが非常に残念でした。
このあたりは別のメディアで補足されているそうなのですが、アニメはアニメで違和感なく完結させて欲しかったと思いました。
また、内容的に矛盾が多く、寒い展開、イタい展開が多めです。
有名な10話の「してやんよ」の連発など、感動的なシーンだと思うのですがノレなかったです。

最終回はとても良かった。
詳しく書くとネタバレになってしまうのですが、最終回の先を描かずにエンディングテーマの演出でそれを想像させるのが、すごく良かったです。
どんな最終回だったのか、それすらも視聴者に任せるようなラストでしたが、なぜかハッピーエンドを確信させるような、そんな終わり方でした。

投稿 : 2019/04/19
閲覧 : 47
サンキュー:

7

セキエイ

★★★☆☆ 2.9
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

やたら評価されてる謎

ストーリーは支離滅裂
キャラクターも出しすぎて描き切れてない
セリフもギャグも寒い

なぜこんなに評価されているのか全く謎な作品
ラストで台無しという意見もあるけど途中も大概だったよ?

唯一音楽は良かった気がする

投稿 : 2019/04/06
閲覧 : 97
サンキュー:

15

イブラ

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

世界観、価値観が変わりました

死後の世界が舞台で、そこでは「ゆり」という少女をリーダーとして「理不尽な人生を強いた神への復讐を目的として武器を持って戦う「死んだ世界戦線」のメンバーと、学園の秩序を守ろうとして超人的な能力で応戦する生徒会長の少女が死闘を繰り広げていた。ここでは皆すでに死んでいるので、死ぬような事をしたり、殺されても、しばらくたつと起き上がってピンピンします。
というゲーム的でアホみたいな設定で、アホみたいな事を真剣にやっているキャラクター達が、ノリノリのサウンドの中、ハイテンポなギャグやド派手なバトルをする所からストーリーは始まります。
テンポなどがとても良いので笑いながら観ていくと、ある通路で天井が降りてきて「戦線」のメンバーの一人がそれを支え、「ここは俺に任せろ!皆は早く先へ!」と、映画とかでよくある自己犠牲の感動シーン。しかし、皆は「お!そんじゃ後よろしく!」「お達者で~!」と進んでいき彼は一人置き去りで天井に潰され、その後、(ゆり)「彼まで犠牲に・・・!!」(主人公)「・・・したんだろ!お前たちが!!」のやり取りで、命の事までギャグにしてしまう、この世界設定ならではの展開に笑いつつも全く新しい感覚に衝撃を感じながら引き込まれていきました。さらにどんどんギャグやガールズバンドのサウンド、ド派手なバトルは加速していきますが、中盤から徐々にストーリー展開が変化し始めます。
そして終盤、とんでもない角度でストーリーの路線そのものが変わり、序盤ギャグにまでしていた命の事などが、この世界を舞台にしていなければ描けない形でストーリーに取り込まれてきます。もうここからは、この作品で初めて感じた種類の感動が一杯で、涙が自然に溢れてきて、泣きながら観ていました。また、音楽が素晴らしすぎて、あのシーンであの音楽はもう卑怯です。

出来るだけネタバレせず皆さんに観てもらいたいと思うので余り色々書くのはやめにしますが、序盤のアホさ加減があったからこその中盤以降へのギャップ、そして終盤の素晴らしい畳み掛けと完璧な結末は圧巻でした。
今まで全く観た事のない設定・物語によって、こんな新しい世界があったのか、こんな命という物についてや友情、愛情の表現方法があったのかと感激し、タイトル通り既存の世界観、価値観がガラッとひっくり返り、衝撃を受けました。

それと、他の方のコメントでも拝見した記憶がありますが、見終わった後の喪失感は本当に凄いです。次に観ようと思っていた物があったのですが、観る気になれず、また1話から見直し、気付けば最終話まで完走してしまいました。その時、途中から12歳の次男が一緒に観ていて、終盤では私と同じくポロポロ泣いて感動していました。
それから2週間程経ちますが、今でも感動する大好きなシーンは観たくなって何度も観ています。

投稿 : 2019/03/30
閲覧 : 54
サンキュー:

3

ネタバレ

たっくん

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

神アニメ!一番好き!

結構前に見ていたけどコメントしてなかったので書いときます!

1つのアニメにコメディーと感動が上手に出来ているのはこれだけだと思う!
Angel Beatsの世界観はとても面白く深いです。
コメディーではみんなのキャラが濃くて見ていて飽きません。ずっと笑っていられます笑
感動の部分は所々にあります。自分は特にedの曲が流れながら回想シーンを見た時は泣きました。

まだ見てない人へ世界観の紹介
主人公が辿り着いた世界は死んだ後に成仏出来なかった人達が集まる世界でした。彼らはみんな残酷な死に方や生きてた時に出来なかったことがあるため成仏せずにその世界で青春をしようとしていました。
(ここからネタバレ)
天使と呼ばれている少女は実は人間で彼女も生きてた時出来なかったことがありました。それはアニメを見てからのお楽しみ!!笑
このアニメでいっぱい笑っていっぱい泣いて欲しいです!笑 以上。

投稿 : 2019/03/29
閲覧 : 45
サンキュー:

7

haiga

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

なんて心地好いアニメなんでしょう(*´∀`)♪

今見終わりました、何もいえねえ~
俺史上最高に号泣しました。いや~まいった。
明日目が腫れてるかもしれぬ。言い訳どうしようw
アニメの良いとこの全てが詰まってますね。こりゃ同じスタッフのCharlotteのハードルが上がるわけですわ。

とりあえず落ち着け俺、頑張って書きましょう。

もうね、オープニングのかなでが奏でるピアノでやられますね。黄金色の瞳に銀髪を風に揺らしながらピアノを弾くかなでがとにかく愛おしい。と言うか登場人物全員抱きしめたくなりますね。

おっと、簡単に説明。突然学生服姿で目覚めた音無結弦、目の前に狙撃銃を構える美少女に自分が死んだ事をつげられます。少女の名前はゆり、この学園で天使と闘い抗ってる部隊のリーダであることをつげられます。部隊に入ることを促される結弦、天使達との闘いと学園生活の両立の波乱万丈の幕開けとなるのでした。

もーとにかく音楽が良いですね。オープニングもですが、劇中バンドのガルデモがめちゃくちゃかっこいい。映像も気合い入っててちょっとアイドルアニメ負けてますよ!!って言いたくなりました。ぬるぬる動くバンドのシーンは必見です。

あと戦線のメンバーもみんないい子なんですよね。特に日向とリーダのゆりっぺは最高でした。
日常ギャグとシリアスの絶妙なバランス。ともすれば暗くなりがちなテーマを笑い飛ばしてしまう作りはアニメならではですね。これは絶対実写にはまね出来ません。ほんと製作者は誇りに思って良いと思います。俺が言うまでも無いですが。

そしてかなでと言うキャラクター。小柄で華奢で不器用な女の子。声も花澤香菜さんです。もー切なさで胸が張り裂けそうになりますね。何人か死んでてもおかしくない破壊力ですwほんと大好きになります。

そして主人公の結弦。めちゃくちゃ優しくて人を思いやれる男の子。やっぱかなでを見つけちゃうよな。うんうん、とても共感できます。

ほんと13話で終わるのが勿体ない。ずーっと観ていたくなるアニメでした。これぞアニメって言いたくなる作品です。めちゃくちゃオススメします。

※ちょっと名前を間違えてたので修正しました。

投稿 : 2019/03/25
閲覧 : 115
サンキュー:

24

AとしたいB

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

天使ちゃんマジ天使

命の大切さが分かる作品

投稿 : 2019/03/23
閲覧 : 64
サンキュー:

2

ポテ☆とと

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

僕がどうこう言うより…

僕がどうこう言うより、
見てください!
完璧ですので、見て損は無しです!
終盤は涙を拭う物を用意してください!

投稿 : 2019/03/20
閲覧 : 57
サンキュー:

6

次の30件を表示

Angel Beats!-エンジェルビーツ!のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
Angel Beats!-エンジェルビーツ!のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

Angel Beats!-エンジェルビーツ!のストーリー・あらすじ

森に囲まれた丘陵地にある、生徒総数2000名を越える全寮制のとある学園。一見するとごく普通の生徒らが生活を送っている学園だが、そこは死後の世界だった。現世で理不尽な人生を体験し、青春時代をまともに送れずに死んだ者はこの世界に送られ、あらかじめ用意されたエキストラの生徒達と共に学園で楽しい青春時代を過ごす内に未練を無くし、消滅(成仏)し、転生する。しかし、転生することを拒む人々がいた。少女・ゆりをリーダーとする「死んだ世界戦線(以降、戦線)」は、理不尽な人生を強いた神への復讐を目的とし、死ぬことのないこの世界で、学校の秩序を守る「天使」と日夜戦いを繰り広げていた。生前の記憶を失った少年・音無は、戦線のメンバーと行動を共にするが、次第にこの世界の真実を知ることとなる。(TVアニメ動画『Angel Beats!-エンジェルビーツ!』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2010年春アニメ
制作会社
ピーエーワークス
公式サイト
www.angelbeats.jp/
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/Angel_Beats!
主題歌
≪OP≫Lia『My Soul,Your Beats!』≪ED≫多田葵『Brave Song』
挿入歌
Girls Dead Monster『Crow Song』、Girls Dead Monster『Alchemy』、Girls Dead Monster『My Song』、Girls Dead Monster『Thousand Enemies』、Girls Dead Monster『Shine Days』、Girls Dead Monster『一番の宝物~Yui final ver.~』、Girls Dead Monster『一番の宝物 (Original Version)』

声優・キャラクター

神谷浩史、櫻井浩美、花澤香菜、喜多村英梨、木村良平、水島大宙、高木俊、斎藤楓子、牧野由依、増田裕生、Michael Rivas、徳本英一郎、小林由美子、東地宏樹、沢城みゆき、松浦チエ、阿澄佳奈、加藤英美里

スタッフ

原作:麻枝准、キャラクター原案:Na-Ga、 監督:岸誠二、脚本:麻枝准、キャラクターデザイン・総作画監督:平田雄三、音響監督:飯田里樹

このアニメの類似作品

この頃(2010年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ