「キテレツ大百科(TVアニメ動画)」

総合得点
63.8
感想・評価
110
棚に入れた
647
ランキング
2592
★★★★☆ 3.4 (110)
物語
3.4
作画
3.2
声優
3.5
音楽
3.5
キャラ
3.6
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

ace

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

やべーヤツしかないやべーアニメ

よく「ジャイアンに比べたらブタゴリラは聖人」的なことをネットで見ます
とんでもない!!!
ジャイアンは「ただの乱暴者のバカ」と、よくあるタイプで済みますが
ブタゴリラは「キチXX入ってるやべーヤツ」です

こいつの行動はとにかくやべー
異常行動というか、ジャイアンのように人のモノを横取りしたり
機嫌が悪いから殴るとかそういう「直接的」な悪ではなく
思い込みや野菜好きから異常な行動をとり続け周りを異常な状況に巻き込む
いきなりキテレツ家に「家出した!泊めてくれ!」と押しかけ
キテ母の出した野菜に文句をつけ、あげく
イスを振りまわして暴れるなど・・・
「風見鶏」の回を見ると、どんだけやべーかわかるはずです

このアニメでまともな人はごくわずか、
主人公のキテレツ君とベンゾーさん(初期のぞく)のみです

まずキテレツの周囲の連中は、キテレツに道具をつくってくれ!
と懇願しておきながら、キテレツが希望のものをつくっても
ほとんど礼1つ言わない
ミヨちゃんなんか道具を受け取った瞬間に「1人にして!」と
キテレツに怒鳴るなど、性格がかなりよくない・・・

次に我らがコロスケ
あいつはしょっちゅうものを落とす
野菜の買い物に行かせると野菜の入ったバッグを
キテレツの道具を渡すとその道具を
重要なメモを持たせるとそのメモを
とにかくしょっちゅうものを落とす
そしてそれが騒動に発展する
キテレツはあいつの手を作り直した方がいいのではないか

ベンゾーさんは初期こそブタゴリラに匹敵するほどのキッチーさんでしたが
後期は落ち着いた雰囲気の普通の優しいお兄さんになったのでOK

最後は主人公キテレツ君
彼はこのアニメで最もまともで、賢いけど体力も運動能力も低い
まぁのび太を頭よくした感じです
彼は「私利私欲のために道具を作ることはない」とよく断言していますが
マラソン大会で上位に入るために道具を造ったり
先生(だったよね?たしか)の転任を取り消そうと妙な道具を造ったり
あきらかに自分の都合で道具をつくったりして矛盾している
とはいえ、この年頃の子はこういうことはよくあるからいいかもしれないが
まずいのは、のび太とちがって深刻な結果になるとわかっていながら道具を
私利私欲で使うということ
のび太は深刻な被害を及ぼすようないたずらや泥棒はしないですよね
まぁ泥棒はしても、のちの後悔して自主的に弁償したりします

でもキテ君はミヨちゃんの転校が決まった時に、妙な道具をつくって
様々な小細工をして妨害
結果、ミヨちゃんの親父だけが北海道に行くことになった
これは人の家の計画、方針をぶっ壊すとても深刻な結果だ・・・

キテレツは他のメンツにくらべてまともなヤツと評価したが、
他のメンツがあまりにもやべーから、に他ならない
こういうやべーことも平気でやっている

ちなみにキテレツはご先祖が残した大百科をトレースして
道具を造っているだけで、彼に発明の才能があるわけではない
事実、漢字が読めないアホのコロスケは、大百科をなぞるだけで
キテレツ並みの道具を造っていた・・・

キテレツ家はブタゴリラとトンガリに常に監視されており
キテレツが道具を庭に置いておくと勝手に侵入してぱくったり(航時機)
キテレツ家が雨戸を数日締め切っただけでみんな集まって不審がるなど
キテレツの周辺はストーカー揃い

不愉快要素も多いので、そういうのが苦手な人は見ない方がいい
ドラえもんの方があらゆるすべての面で上です

ちなみにミヨちゃんのパンチラは
初期こそしょっちゅうでしたが(OPからすでにパンチラ連発してた)
どういうわけか、中期からパンチラはごくまれな存在なってしまった・・・
なぜ?

投稿 : 2019/04/24
閲覧 : 37
サンキュー:

1

けいぴぃ

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

僕の地元が「アニメ不毛の地」と言われた元凶作品(笑)

ドラえもんと同じ藤子F不二雄先生の作品です。

子供の頃よく視てましたが、ドラえもんよりもミステリーの要素があって
ちょっとドキドキしながら視てた記憶があります。

因みに僕の地元の県では平日の夕方にキテレツの再放送をひたすら放送していて
それが原因で「アニメ不毛の地」と言われてるらしい笑
今は放送していませんw

投稿 : 2019/04/22
閲覧 : 42
サンキュー:

6

ザカマン

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観たい

ブタゴリラって名前はひどい

ドラえもん インスパイア的なアニメ
勉三さんは今も浪人生かな

投稿 : 2019/03/15
閲覧 : 29
サンキュー:

4

ネタバレ

noindex

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

俺は原作派だ!

子供の頃、全3巻しかないキテレツ大百科を何度も読んでいて「アニメ化されていない藤子Fのこんな名作を知っているのは俺だけだな…3巻で打ち切った小学館は見る目が無いぜ」と悦に浸っていたので、ずっと後になってアニメ化されて大ヒットしたのは結構ショックだった。

自分で言うのもなんだが私は勉強が出来たので大半の藤子F作品の主人公には感情移入できなかったのだが、藤子F作品では珍しいインテリ主人公の英一君はカッケー!と思っていた。これって今の子供たちが「SAOのキリトさんSUGEEE!」って言ってるのに少し近いかもしれない。イキリトマンセーしている子供たちはゲームの腕には自信があるのだろう。

一番衝撃を受けた話は航時機で、{netabare}その後の、ある物の出どころが自分自身だったという循環タイムパラドックスオチは全てこの話を元ネタにしているのだろう。{/netabare}最近のシュタゲゼロでもやっていた。
ただこのアイデアの大元はハインラインの「時の門」だと思われるが。
藤子F先生はハインライン・ディックと言ったSF作家のアイデアを日本に敷居の低い形で紹介した偉大なる伝道師だと思う(藤子F先生はアシモフのロボット三原則はあまり好きでは無いように思える。ドラえもんやコロ助は人間の友達であって、鉄腕アトムへのアンチテーゼであっただろうし)。

投稿 : 2018/06/30
閲覧 : 66
サンキュー:

3

ネタバレ

剣道部

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

揚げれ~ば、コロッケだ~よ♪ 忍者ハットリ~(笑)

[文量→中盛り・内容→雑談系]

【総括】
藤子・F・不二雄先生原作のアニメ。私が小学生の時に放送してたけど、多分、リアルタイムかな。

ドラえもんも勿論おもしろいのですが、キテレツもちゃんと面白いっすよ♪

《以下ネタバレ》

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
(レビュタイ)というのは、「セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん」で、マサルさんが歌っていた替え歌ですw 本当は、「キャベツはどうした?」ですよね。

ご存知、「キテレツ大百科」のOP「お料理行進曲」です。アニソンとしては異色の「行進曲」ですか、なぜか耳に残っているから、不思議。

でも、私はなぜか、中期?のOP「すいみん不足」の方が好きだったりします。下手うまな感じで、なんともいえない味があります。なにより、歌詞とリズムがクセになります。

「あ~空はこんなに青いのに 風はこんなにあたたかいのに 太陽はとってもあかるいのに どうして こんなにねむいの すいみんすいみんすいみんすいみんすいみん不足♪」

……なんて平和な歌詞なんだろう! 晴れた日の日曜の午後、休日のサービス出勤、だれもいない会社で妙な(やけくそな)テンションになると、今でも口ずさんでしまいますw すると、なぜか「がんばろう!」という気持ちになりますw (知らない方は、是非聴いてみて下さい♪)

EDは様々な歌手にカバーされている超名曲「はじめてのチュウ」だし、ホントに良い曲ばかり!(ちなみに、Hi-STANDARDのカバーが一番好きですね♪)

ああ、そうそう、「お料理行進曲」ですが、皆さん、二番の歌詞を知っていますか? 二番ではなんと、ナポリタンを作り始めますよ(ホント)

あれ? 三番も聴こえてくるぞ?(ウソ)

「アニメ~の、内容がな~い♪ レビューはどうした?」(笑)
{/netabare}

投稿 : 2018/06/08
閲覧 : 474
サンキュー:

33

ネタバレ

退会済のユーザー

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観たい

面白い

コロ助が面白い

投稿 : 2017/10/09
閲覧 : 45

コロ助

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

キテレツをみて育ちました。

平日夕方のアニメ再放送枠、キテレツとちびまる子(たまにワンピース)のローテでしたから。

投稿 : 2017/09/21
閲覧 : 64
サンキュー:

1

ネタバレ

yMlmw84708

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:途中で断念した

タイトルなし

藤子不二雄作品。

キテレツに出てくるキャラは基本みんないい人。
ジャイアン的な存在なはずのブタコリラとかいいやつ。
らっしゃいとか言う。
藤子不二雄作品の中じゃ一番好き。

コロ助の刀短すぎ。

投稿 : 2015/11/22
閲覧 : 88
サンキュー:

0

石川頼経

★★★★☆ 3.3
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

楽しい作品です。

そして、長く気続いた物語ですが
ラストのコロ助の決断と別れは思わずホロリです。

投稿 : 2015/08/19
閲覧 : 117
サンキュー:

1

ふひょー

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ドラえもんと被ってる

コロ助が可愛かったです。

「はじめてのチュウ」は僕の好きなアニソンの1つです。

投稿 : 2014/09/27
閲覧 : 119
サンキュー:

0

イカちゃん☆休止中

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

☆コロ助ナリ~

「~ナリ」の話し方が面白いコロ助という
ロボットが可愛いです♪

ドラえもんから色をはがして髷と刀を付けただけ
みたいですけど愛嬌があっていいですね♪

キテレツ君をはじめメインキャラクターはドラえもん
を踏襲している感じですけど。楽しいです。


原作/藤子・F・不二雄

アニメーション制作/スタジオぎゃろっぷ

放送期間
フジテレビ日曜19:00枠1988.3-1996.6 全331話

*先駆けで1987.11.2スペシャル番組が放送(90分)

投稿 : 2014/09/08
閲覧 : 154
サンキュー:

5

ネタバレ

初心人

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:----

最終回は必見

最終回のコロ助が過去に残るところは見ることをお勧めします。

実は最終回前にコロ助が未来らしき場所にいってるのですが…。

投稿 : 2014/03/14
閲覧 : 106
サンキュー:

0

てつやん

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観たい

ブタゴリラて・・・・・・・

あだ名がブタゴリラって・・・・・可哀想だよ

軽いイジメだよ

あだ名がトンガリって・・・・・・別にいいやwww

重いイジメでも別にいいや
もうなんでもいいや

ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ結局見てないキテレツ大百科だけど今後も見る気は無いなり~~~~~~~~~~~~~~~~

投稿 : 2013/01/22
閲覧 : 175
サンキュー:

1

ネタバレ

reroero

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 5.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

拙者


コロスケなり。
な話。

役立たずの居候が色々事件を起こしながら、周りを感動させたりする物語。
ジャイアンもどきみたいな奴とスネ夫もどきみたいな奴がいるんだが、いずれもドラえもんの劣化かつ、デジャブ感がある。

日本にそれだけの技術力があったら、恐らく相当なものだっただろうと妄想してしまう今日この頃。
歌が最高。カラオケで歌う事もある。

投稿 : 2012/04/11
閲覧 : 181
サンキュー:

0

ネタバレ

コロ助なりぃ~

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

睡眠睡眠睡眠睡眠睡眠不足~

って思いだしますねーw
キテレツ大百科大好きでいつも楽しみに観てました。
コロ助どじですけど可愛すぎます!
最終話はリアルタイムで観ました。たしかキテレツの大事なキテレツ大百科が盗まれてキテレツサイ様の時代(江戸時代)まで戻りキテレツサイ様とはじめて会いその時キテレツサイ様は発明家で役人から危険人物とみなされている身であり危険な状態であったそこでコロ助が自分の意思で「キテレツサイ様を守ることがキテレツへの恩返しナリィ」(たしかこんなセリフだった)ってことで残ることを決め、キテレツ達と涙のお別れをします。
ここのシーンはガチ泣きしました。今みても泣きそう;;

投稿 : 2012/03/23
閲覧 : 189
サンキュー:

1

kakizaki

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

コロスケも四次元ポケットをもってると思ってました。


子供のころは、どうしても、ドラえもんとキテレツがだぶってしまって、とても大変でした。

最終回は感動しました。子供のころの思い出なのでほとんど忘れてしまいましたが・・・・

投稿 : 2012/03/13
閲覧 : 161
サンキュー:

0

みり仔

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

睡眠すいみん睡眠すいみん睡眠不足♪

コロ助かわいいです
ドラえもんの元ですね。
違うのは、ロボットがのび太です。はい。
コロッケが好きだから、毎日コロッケ食べたいナリ!
→キテレツに道具を開発してもらう
みたいな感じ。
キテレツくん天才すぎますwwwwwwwwwww

投稿 : 2012/02/18
閲覧 : 209
サンキュー:

1

退会済のユーザー

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

コロ助かわいい

初めて買ったマンガ。
ブタゴリラがいじめっ子っぽくなくて
好きだった

投稿 : 2012/02/13
閲覧 : 169

紅薔薇の蕾(完全覚醒

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

面白い

このアニメには

たくさんの発明品が出てきますが

見ていても一向に作れるようにならないのが

悲しいところです

投稿 : 2012/02/07
閲覧 : 179
サンキュー:

2

CHOHIKKI

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

初めての

チュウ

投稿 : 2011/12/15
閲覧 : 170
サンキュー:

0

みかみ(みみかき)

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:途中で断念した

ドラえもんのステレオタイプを洗練

まあ、おおざっぱにいえば、ドラえもんと似たようなもんだと思って見ていたのだけれども、いくつかの点でドラえもんよりも、アグレッシヴというか、ステレオタイプを洗練させた作品だな、と思う。

1.まず今にして思うとブタゴリラって、すごいニックネームだよね。明らかに差別語だし。これ、ガキ大将キャラに付けられてるニックネームじゃなかったら、完全にいじめ…。ブタゴリラってけっこうメンタルタフネスがすごい子供だという設定すぐるよなあw

2.あと、コロ助は、露骨にカワイイ系キャラのポジションをとりにいっているあたり、ここらへんはドラえもんにはないよね。ドラえもんふてぶてしいからな。物語におけるキャラクターの機能としては「ヘタレ」の機能は、のび太からコロ助にうけつがれているわけだけれども、「ずうずうしいヘタレ」から、「かわいいヘタレ」になる、というこの転換はけっこう大きい。
 「ヘタレ」というか、弱者は、かわいいほうが世間的には受け入れられやすいわけで、のび太みたいなヘタレとかってぶっちゃけ、うざがられるだけなんだよね。ヘタレなわりに自尊心だけはいっちょ前で、嫉妬心やら、なんやらにまみれた人なわけだから。
 でも、現実のヘタレは、「かわいい系ヘタレ」だけでなくて、のび太的なヘタレの人も多いわけで、本当はのび太的なヘタレを描いているということのほうが現実的には決して小さくない意味があると思うのだけれども、キテレツ大百科では、ヘタレが「かわいいもの」になってしまっている。
 エンタテインメントとしては、これでいいと思うのだけれども、ヘタレの処方箋というか、ヘタレに対して世間が許容可能なポジションとして「かわいい」とか「天然」とかそういうキャラを用意するというのは、わたしはあんまりいいことだとも思わない。…なので、なかなか「コロ助」の存在って評価が難しいよなぁ、などと思う。

3.そして、キテレツ。理系メガネオタク、のある種のステレオタイプをがっちりとこれも描いているわけだ。「のび太みたいなヘタレよりも、キテレツのほうがよっぽどいい」という声もよく聞かれるし、それはそれで確かにそうだなあ、とは思うけど。


この見方はちょっと一面的で、
確かに、

【メガネのもやしっ子】のび太 → キテレツ
【丸くてかわいいアンドロイド】ドラえもん → コロ助

 という構図だけでいうと、キテレツはのび太のパワーアップバージョンだが、
 一方で

【ヘタレ】のび太 → コロ助
【解決能力】ドラえもん → キテレツ

 という構図も同時に存在している。

 その結果、「もやしっ子」と、「ヘタレ」という二つのマイナス要素と、「かわいい」と「解決能力」という二つのプラス要素は下記のように配分されてる

・のび太=ヘタレのもやしっ子(ダブルマイナス)
・コロ助=ヘタレだがかわいい
・キテレツ=解決能力に富んだメガネ
・ドラえもん=愛嬌があって、解決能力もある(ダブルプラス)

 という形式。※1
 結果「救いがたい少年」としての二重に見苦しい「のび太」というキャラクターは消失してしまっている。


 結局、のび太って、こういうものによって否定されるだけの存在だったのだろうか…とかなんかしみじみとしてしまう。
 世間では、『「のび太」という生きかた―頑張らない。無理しない。』とかいう、釣りみたいな本がでてるけど、まあ、ネタにマジレスすると、のび太は見習うべきものなんじゃなくて、やっぱあれは、「ダメな人」の典型だと思うのだよね。
 なにやらせてもヘタレだし、かわいくもないし、依存心は強いし…、はっきり言ってあのまま育ったらロクな大人にならんだろうなぁ…と思われるあの存在…。でも、ああいうダメな人ってやっぱり世の中に一定数いるし、自分のなかにだって、ああいうのび太のようなダメなところがないわけでもない。
 のび太、はやっぱり「ダメなやつ」だと思うのだけれども、「ダメなやつ」や、「自分のだめな部分」みたいなものは、確実に存在するので、あれはやっぱり単に否定するわけにもいかない存在だろうとも思う。そこらへん、うだうだと書きだすと、たぶん、また長くなるから、書かないけど、のび太のような人間が、国民的なアニメのなかに登場するってことは、結構、おおきなことだと思ってたのだけれども、単にキテレツ大百科のなかで、のび太的なものが別のステレオタイプによって、緩和されてしまっているというのは、なんか悲しいよな…とか、ちょっと思う。

 あと、まあ「のび太」のごく単純な存在価値として、ヘタレ自意識のある読者/視聴者から共感を買う、という機能がある。そこのところは、キテレツだとなくなってしまってる、というのもある。


※1:ドラえもんが「かわいい」か、どうかは判断が分かれところだとは思うけど…。あのふてぶてしいロボット…。

投稿 : 2011/11/16
閲覧 : 250
サンキュー:

7

AKIRA

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

最終回…

悲しかった><

OPとEDは有名ですよね どちらも好きです。

ドラえもんと違って道具ありきの構成でなかったのも

自分は好きでした

投稿 : 2011/08/26
閲覧 : 254
サンキュー:

0

ネタバレ

チロル

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:途中で断念した

EDは有名だよね

歌は知ってるのに、このアニメは知らないって人が私の周りに結構います・・・


テレビをつけてやってたら見る。

って感じですね


進んで見る!って感じではなかったです←私的には!

投稿 : 2011/08/19
閲覧 : 218
サンキュー:

0

ネタバレ

HIKIKOMORI

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

はい。

今アニマックスかなんかで週4くらいで放送されているのを観ています。結構なシナリオを観てきたのですけど、1話で完結するのであぁスッキリとな感じです。
コロスケもコロッケが好きだからコロスケとか、でも顔がドッジボールで侍。
とても興味深い謎の生命体です。
キテレツは頭良すぎるし、とんがりはマザコン。ブタゴリラはじゃいあんのちょっと可愛いバージョン。みよちゃんはやっぱり静香ちゃんの様にピアノが弾けそう。でも、弾けるかしらない。
コロスケはドラえもんみたいなものです。
でも、それは外見だけで、中身はのび太の様な役割です。
そして、キテレツがドラえもんな感じです。
キテレツが沢山素晴らしい物を発明して、スモールライト的なモノを作り出せたり、次元を行き来できる品物を見事に作り出す手動ドラえもんみたいなもの。
ドラえもんは、ポケットからなんでもかんでも簡単に出しやがるけど、キテレツは違う。
キテレツは頑張って作る。
徹夜したりして。
時間をかけてつくる。
なんて素晴らしいアニメーションなんだろう。

投稿 : 2011/05/09
閲覧 : 312
サンキュー:

1

ネタバレ

Rita

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:----

コロ助のちょんまげが!

おなじみ「ネギぼうず」こと『コロ助』のちょんまげが切られる回は衝撃!

ゴムまり、風呂おけ、ホースで出来たコロちゃんもちょんまげは武士の命です!!
この回は必見です。


ED曲は名曲「はじめてのチュウ」が一番お気に入り!

投稿 : 2010/10/19
閲覧 : 847
サンキュー:

0

浪人侍

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/01/16
閲覧 : 11

じぇ~むず

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2018/12/28
閲覧 : 39

コジロウ

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 2.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2018/09/17
閲覧 : 98

にいちん

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 2.5 キャラ : 4.0 状態:----

投稿 : 2018/07/08
閲覧 : 13

Sister

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2018/06/08
閲覧 : 11
次の30件を表示

キテレツ大百科のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
キテレツ大百科のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

キテレツ大百科のストーリー・あらすじ

木手英一(キテレツ)は先祖キテレツ斎の残した「奇天烈大百科」を元に、武士の魂を持っているつもりのからくりロボット「コロ助」を始めとした発明品を次々に作り出す。ガールフレンドのみよちゃん、ガキ大将のブタゴリラ、トンガリらと共にキテレツの発明品が作り出す夢と冒険でいっぱいのストーリー。(TVアニメ動画『キテレツ大百科』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
1988年春アニメ
制作会社
ぎゃろっぷ
公式サイト
www.mxtv.co.jp/kiteretsu/
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%84%E5%A4%A7%E7%99%BE%...
主題歌
《OP》守谷香『お嫁さんになってあげないゾ』、内田順子『ボディーだけレディー』、森恵『夢みる時間』、あんしんパパ『はじめてのチュウ』、CHICKS『スイミン不足』、YUKA『お料理行進曲』《ED》守谷香『マジカルBoyマジカルHeart』、坂上香織『レースのカーディガン』、内田順子『コロ助ROCK』、森恵『フェルトのペンケース』、藤田淑子『メリーはただのトモダチ』、あんしんパパ『はじめてのチュウ』、YUKA『HAPPY BIRTHDAY』、TOKIO『うわさのキッス』

声優・キャラクター

藤田淑子、小山茉美、杉山佳寿子、荘真由美、大竹宏、三ツ矢雄二、島本須美、屋良有作

スタッフ

原作:藤子・F・不二雄
監督:葛岡博、総作画監督:丹内司/小林一幸/渡辺はじめ/時永宣幸/山内昇寿郎、音楽:菊池俊輔

このアニメの類似作品

この頃(1988年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ