「ギルティクラウン [GUILTY CROWN](TVアニメ動画)」

総合得点
87.5
感想・評価
6944
棚に入れた
29088
ランキング
113
★★★★★ 4.1 (6944)
物語
3.8
作画
4.3
声優
4.0
音楽
4.4
キャラ
3.9
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ギルティクラウン [GUILTY CROWN]の感想・評価はどうでしたか?

dh さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

音楽がとても素晴らしかった。

Supercellの大ファンでありながらアニメを一切見たことがなかったのでsupercellの曲が採用されてるこのアニメを見ました。
アニメの評価ではないのですが一番個人的に感動したのは「告白」の歌詞が多分ですが最終回を歌った曲なのかなと理解した時は鳥肌が立ちとても感動しました。なんでもっと早く見なかったんだろうと後悔してます。
アニメ本編の方も複雑でちょっとわからんところもありましたがキャラの個性も魅力的で終始面白かったのでぜひ皆さんにも見ていただきたいです。
Op edはぜひ飛ばさずに聞いていただきたいです。

投稿 : 2020/05/27
閲覧 : 14
サンキュー:

1

とたけけ さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

澤野弘之の良さが最高に出ている

タイトル通り。この作品から澤野弘之にがっつりハマりました。気になる人はまず、OPを見てみて下さい。世界観に引き込まれます。

投稿 : 2020/05/23
閲覧 : 19
サンキュー:

2

ネタバレ

kunkunkunk さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 2.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ストーリー以外には満足

音楽がとても良くオープニングやエンディングを飛ばさずにみたいと思うアニメだった。
また、声優陣も豪華で自分の好きな声優が多く出ていたので、満足。作画も良かったと思う。ただ、ストーリーにイマイチついていけない部分があったり、色々詰め込みすぎなのでは、、と思うところが多かった。世界観自体は悪くないと思うのだけれど、、、
ただ、上に述べているように他の要素は素晴らしく、完成度は非常に高いアニメだと感じた。二周目は無いと思うが、1周目は一気見するほどに楽しめた。

投稿 : 2020/05/21
閲覧 : 23
サンキュー:

3

ネタバレ

QbupQ18932 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 1.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

2クール目からはグダグダ

伏線の回収がほぼ無く作者の自己満で終わった感じでした
 特に最終話は驚くべき展開はなく誰でも予想できたような平凡なエンドで終わりました
 しかし作画はこの年代であったら一番で、今のアニメにも劣らないと思います
また音楽も戦闘シーンに洋楽などを取り入れてとても斬新と感じました
そこの点はとても良かったです

投稿 : 2020/05/19
閲覧 : 33
サンキュー:

2

sekai さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 5.0 キャラ : 2.0 状態:途中で断念した

感性が合わない

音楽が5なのはsupercellが好きだから
他は印象に残っておらず、キャラクターとシナリオが自分の感性に合っていなかった

投稿 : 2020/05/18
閲覧 : 26
サンキュー:

1

ネタバレ

必死の羊 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 1.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

素晴らしいOP.ED!

世界観は面白いが、ストーリーがザ王道という感じで、ご都合な展開もある。放送当時はなかなか受け入れられず、このサイトでも60点代だった。
OP、EDは当時から神でした。EGOISTの出発点。
個人的にはいい意味で裏切られる展開はなかったから、ストーリーとしては…というところもあるけれど、毎週楽しみにしていた作品だった。

投稿 : 2020/05/18
閲覧 : 25
サンキュー:

1

ネタバレ

プラント浜口 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

少し雑な展開だが、耳に残るOP&主人公の成長でまあまあ楽しい

■総論
・良かったのは、アニメ原作&OP&恋愛物&各主人公たちの精神的成長
※イマイチポイント「なぜ宇宙からウイルスが送り込まれたのか?」、「マナはウイルスの最初の感染者となって、なぜイヴとして心を乗っ取られたのか?」、その他ストーリ展開が雑。加えてせっかく地球規模なのに舞台が日本に限定されており、世界からの干渉が弱い。どうせ日本が舞台なら日本を乗っ取ろうとする世界VS日本を守る日本国の対立構造が見たかった

■各論
・集の精神的成長
 -当初は目先のことに対して視野が狭く、自分のことしか見えてない
 -ガイが死んでからは仲間を大事にしながら戦うようになるが、人の目を気にしすぎる
 -ハレを失ってからは冷徹に徹して、人の気持ちを無視するほど行き過ぎてしまう
 -最後にはみんなを大切にしつつ、自分にとってイノリが最も大切と気づき、その考えのもと意思決定できるようになる

・集&イノリの恋模様
 -当初はお互い何となく気がある程度
 -多くの苦しみと僅かな楽しい時間を共に過ごすことで、精神的に成長し合い、掛替えのない存在となり、それに気づく
 ⇨二人みたいに互いを尊重し、最愛の存在と思い続けながら恋してみたいな

投稿 : 2020/05/06
閲覧 : 88
サンキュー:

2

ネタバレ

ks さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 2.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

惜しい作品

終盤のストーリーに対して不満はあるもののそれ以外は素晴らしい作品だと思う。特に音楽は素晴らしかった。

ストーリーがもっと良ければもっと名作になれただけに惜しい作品。

集の為に一生懸命尽くしてた祭やいのりが死んで生徒会長と颯太が生かされたままなのが不満。

涯との最終回での決戦で涯がいのりを救ってあげてくれと言ってたが、いのりが救われた様な終わり方とは思えなかった。

ダリルがその後どうなったのかも後日談が欲しかった。

投稿 : 2020/05/02
閲覧 : 47
サンキュー:

4

まる さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

名作。

作画がとても良かった。
ストーリー展開もうまく練られていて、展開も緻密。
サウンドも一流。とても素晴らしい神アニメ。

投稿 : 2020/05/02
閲覧 : 42
サンキュー:

1

ネタバレ

クタクタ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ギルティクラウンに求めていたものとは

高校のときに友達からギルティクラウンの後半クールは許せないみたいな話を聞いたことがあったが、数年越しの納得になったなと。1クールで終わり、あともう少し話数があれば最高の作品になったという評判の作品は聞いたことあるが、逆のパターンは自分にしては初めて。となると、なぜそう感じたのか。個人的に考えてみる。


・話の軸になった学園生活
12話で涯の死を伴いながらもなんとか第2次ロスト・クリスマスを止め、これからどう展開していくのかというところで、学園で平穏を得た主人公たち。供奉院との繋がりもあり、学園を回す中心的な役割を果たす立場になっていたが、それを好ましく思わない連中も出てくるわけで。本来ならモブの悪役ってところなんだけど、妙に有能で見てる側としてあまり気持ちのいいものではない。なによりこの作品に求めていたのはそういう学園内でのドロドロ系だったっけ?と

・打ち砕かれた絆
黙って従っていればいいと啖呵を切ってまで助けられなかった集が谷尋たちにさらけ出し、普通なら不可能と思えるようなことを皆の力で成し遂げた。
友達の少なかった集にも親友ができ、12話の出来事でさらなる絆を深めてからの、あの学園生活。そもそもカースト制度を積極的に導入しようとする谷尋の感覚が分からん。友達の颯太が最下層にランク付けられることによって被る不利益を考えられんのか。シュガーとしての感覚なのか。
そしてカースト制度導入に反対する颯太たちの単独行動。人間お前たちは必要ないんだと言われればああいう行動に出るのは当たり前。そしてもたらされる最悪の結果。そこからの集は正直見るに耐えない。まぁ全部含めて集の甘さであり、それでも見離さなかったいのりってことになるんだろうけど。さすがに颯太を見捨てようとした奴が、こんなときに涯ならってのはちょっと、、
供奉院はキャラの割にはいいところもなく、まぁこれが普通の高校生だよなってところで、裏切りのためにモブ悪役と寝たり、涯にぞっこんだったりとなんだかなぁ。最終話の集まりにも結局いなかったしね。

・話の進み具合
個人的なギルティクラウンの印象でもしかしたら自分の理解力が足りないだけかもしれないが、わりと全体的に説明が少なくて、面白い世界観でやってるから視聴者は勝手についてこい的な印象を受けた。それでも前半クールは間違いなく面白かった。ただ、そんな中でのあの学園生活。それで1週間待たなくちゃいけないってなったら、あの友達の感想も頷ける。


とまぁ長々と自分なりに考えてみたが、だったらどうすればよかったとかいう対案は全く分からん。
集の甘さはどうしようもなかったけど、最終的にはしっかり一人立ちして全てを受け入れたし、皆の絆はある程度戻ったからtrue endで良かったと思う。最終的にはいのりが全部引き受けたってことだよね?

井ノ原真人とバイエルラインしか知らなかった自分としては嘘界には中々の衝撃が。敵キャラながらもいいキャラだった。

谷尋はリアリストで副官としては有能なんだろうけど、うまく扱えないとトップも一緒に食われちゃう劇薬タイプなのかなと。集にはそれに対する自分の意見がなかったから飲み込まれてしまった。

OP、EDともにsupercell、EGOISTで外れるわけもなく、特にMy Dearestは本当にいいOPでオススメです。

葬儀屋メンバーはかわいい。

投稿 : 2020/04/25
閲覧 : 87
サンキュー:

3

ネタバレ

名前 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

微妙

個人的には一期は面白く、二期の主人公の闇落ちから段々とつまらなく感じることが多くなった作品だった。ラストでのいのりと集が引き寄せによりアポカリプスを引き寄せるシーンと、その後の誕生会のシーン、なぜいのりではなく集を生き伸ばしたのか。自分には分からず、感動が薄れたように感じた。

投稿 : 2020/04/25
閲覧 : 35
サンキュー:

4

ネタバレ

RUSHIKA꙳★* さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

史上最高の音楽と作画が合わさった芸術的作品

1期、2期共に素晴らしいOP、EDでした。
作中に登場するEGOISTのボーカルによる歌も
繊細に切なくて感動しました。
TVオリジナルアニメとして、必見だと思います。
音楽と作画が最強で、見事な映像美で
美しいと思いました。
独特な世界観もあり、ハマります。
ただ、それだけ綺麗な作品なので、
たくさんの設定を付けすぎてしまったため
少々まとまり方が強引な気がしました。



☆あらすじ☆
2029年、突如発生した“アポカリプスウィルス”
によって、大混乱に陥った日本。
無政府状態となり、GHQ”の武力介入を受ける。
のちに「ロスト・クリスマス」と呼ばれるこの事件をきっかけに、日本は独立国家としての体を失い、人々はかりそめの平和を享受していた。

そして時は流れ、10年後の2039年。
どこか世間に冷めた視線を送る少年の名は、
桜満 集。(おうみ しゅう)

平穏な日常はある日、打ち破られる。
放課後、出会った、集が憧れウェブ上で
絶大な影響力を誇る人気の歌姫。
彼女には、もうひとつの裏の顔があった。
“GHQ”から「日本の解放」のため、
命を賭けた戦いを続けるレジスタンス組織
“葬儀社”のメンバー。
彼の右手に現れる“王の刻印”。
それは、人の身体から「ヴォイド」と呼ばれる物質を自在に引き出し、それを武器に闘う力を得る。

しかし

それはまた、彼が背負った“罪の王冠”の
物語の始まりでもあった……。(1話)



☆登場人物☆
桜満集:梶裕貴
恙神涯:中村悠一
楪いのり:茅野愛衣
篠宮綾瀬:花澤香菜
ツグミ:竹達彩奈
校篠祭:嶋村侑
草間花音:寿美菜子
供奉院亞里沙:遠藤綾
四分儀:子安武人
アルゴ:勝杏里
ダリル・ヤン:内山昂輝


あと、結末が {netabare}
しっくり来ないというかもう少し分数があれば
説明が出来たのではないかと… 目が見えなくなって終わり…ってえ?みたいな{/netabare}
でも、少し強引ではあったものの心に刺さる
場面、言葉もありました。
素晴らしく魅力のある作品です。


ちな、梶裕貴さんと竹達彩奈さんが結婚する際、
報道で共演された作品として
紹介されていた作品です。



見る人によって評価がものすごく別れる作品
と言われていますが
是非、観て評価してみてほしいです。
特に2期に入るととても世界に引き込まれます。
OPの映像もかっこいいし!
最後まで見て判断して欲しいです。
見るべきです!

投稿 : 2020/04/03
閲覧 : 60
サンキュー:

4

ネタバレ

takato さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

アニメ史上最も惜しいアニメ

楽曲、キャラクター、設定全てが完璧に整っていたはずなのにストーリーでほぼ台無しとなってしまった作品。
初めは世界観が新鮮で楽しめたが徐々にマンネリ化、そもそも主人公をエヴァのシンジ風にする必要があったのかという疑問。そういうキャラにするのなら心理描写は必要不可欠なのは周知の事実ではあるが、本作はそれに重点を置きすぎた(それでも雑で理解出来ない描写が多々)ことで、ストーリーがどんどん雑になり結果、視聴者を置いてけぼりにすることに。。
余韻や伏線を残して視聴者に託すという魂胆ならもう少し話を整理して欲しかった。
世界観などからコードギアスと比較されることも少なくないが、正直ストーリー面においてはコードギアスと比べることすらおこがましいと感じた。
もっとストーリー面をうまく固められれば間違いなく歴史に名を残す名作となったであろうに、実に惜しい作品。

投稿 : 2020/03/22
閲覧 : 194
サンキュー:

5

ネタバレ

シボ さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

音楽が耳から離れなません

OPがとにかくはまってしまいました。

主人公の集が武器として使うボイドが人の性格や能力で変化し、それがその人の
性格を表してるのがユニークかな。

ただそのボイドで公判に癒しの力をもつハレが死んでしまうところがあまりに切なくて見るのが辛かったし泣けました。 「え~そこで死んでしまうの~」って
ほんとに切なすぎます。

作画、音楽ともかっこよくて、出てくるキャラクターも魅力的で(いのりの最初人形っぽさから感情が芽生えてく感じとか、綾瀬の強がっていたいたころから集を信頼していく感じとか)どんどん好きになってしまいました。

ラストを含めもっとハッピーなストーリーなら(すいませんハッピーエンド大好きなので)最高だったのですが。

全話観終わったあとも音楽を聴いては癒されてます。

投稿 : 2020/02/22
閲覧 : 87
サンキュー:

3

ゆきまつ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.5
物語 : 1.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

作画と音楽はとても良い…

安定した作画と評判のOPはとても良かったけど、
ストーリーとキャラクターが全く受け付けなかった。
申し訳ないがここまで不快なアニメは久しぶりかもしれない。

投稿 : 2020/02/17
閲覧 : 192
サンキュー:

3

よし さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

コードギアスと比較されがちだが…

コードギアスと比較されがちだが、個人的には違うような気がする。作画はとてもいいし、EGOISTが曲を歌ってるのが個人的には嬉しかった。
内容も普通に面白いが、ラストは賛否両論というところだろう。

投稿 : 2020/02/08
閲覧 : 135
サンキュー:

1

ネタバレ

kawadev さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

勢いを持って観たけど、続かなかった…

後半OP曲である「The Everlasting Guilty Crown」を聞いて興味を持った作品。

上記曲の歌詞から、それなりの覚悟を持って見たつもりだったが、やはり、重かった。

この作品に限った話ではないけど、登場人物の名前って難しいですね。

誰もが笑って終われる世界…次はそんな作品を見よう…。気持ちに余裕がないと受け入れづらかった。

投稿 : 2020/02/04
閲覧 : 115
サンキュー:

4

エロティカ7 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

まあまあです!

バトル物好きな人は作画良いので好きになれると思います。バトルが好きな私からみれば、面白いか面白くないと問われると面白いと言えます。

ただ、しっかりとエピソードを理解して流れに納得したい人には厳しいかと。キャラとか内容自体は凝っててとても良いんですけど、アニメとして少し雑に描かれているような気がしました。後日談とかもうちょい深掘りして欲しい話がいくつかあったのですが、気づけば最終回。そこがもったいないなぁと思ったし、最終回で自分は感動できませんでした。

ストーリーの方について言わせてもらうと、若干エゴが強いかなと思いました。人間味があるといえば聞こえが良いですが、初期の方の主人公に対する周りからの不遇な扱いとか、本人の軸がブレブレで何が正しいのか分からないのとか、構成上仕方ない部分はありますがモヤモヤします。いくらなんでもそれは良くないって分かるだろ、別のやり方があるだろみたいな感じで。

キャラデザイン、音楽、作画、斬新なストーリーと、見る事に損はないくらいには面白いですが、もう少し時間を使ってことの辻褄をしっかりアニメで表現して欲しかったというのが素直な感想です。

投稿 : 2020/01/27
閲覧 : 39
サンキュー:

4

ギルダ さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

自分の中では1位のアニメです

まず最初に評価されるのはやっぱりEGOISTの音楽だと思います。
名曲ばかりだと思います。

一番印象的だったのはやっぱりキャラたちの人間味です。アニメのキャラは基本的にいい人はいい人。悪人は悪人として区別して書かれがちだと思います。
で見このアニメは敵キャラから味方のキャラまで全員が人間味があってこのアニメが嫌いな人はその部分が嫌いなんだと思います。

投稿 : 2020/01/22
閲覧 : 55
サンキュー:

4

ネタバレ

Taka さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

感動

作画、楽曲、構成本当に素晴らしいかった。
久しぶりに自分のランキングを塗り替える
作品でした。
ラストシーンの感動シーンはもっと長めが
よかったな。
でも僕は号泣しましたけどね。

投稿 : 2019/12/04
閲覧 : 84
サンキュー:

1

ネタバレ

ネス さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

徐々に展開の見えてくる、主人公成長の物語

オススメのアニメと、友達に言われて観ましたが、
全体の感想としては難しかった。
主人公のシューがボイドと言われる、それぞれの心が能力化したものを引き出して戦う能力を持っており
それを使って戦います

ラストシーンや、途中シーンが感動の話でしたが、
自分はラストシーンでそこまで感動できなかったです。
その理由として、ラストへ向かう道中の話が難しく
理解、共感が足らなかったのかと思いました。

とはいえ、途中の主人公の苦悩や、仲間達との絆の描き方、キャラの個性などは、十分に共感できたので、
良作品からはおろせないです
しかし神作品かと言われると、かなりはっきり人によって分かれるのかなーと思います。
なので自分は気になったなら一度見てみることをお勧めします。
途中のストーリーをしっかり理解できて、最終話まで観たなら、感動すると思います!

ので、自分の総合評価としては、惜しい作品、としておきます観る前に求めていたほどの感動はもらえなかったけど
すごく面白くてモヤモヤする感じですかね
ちなみに世界観は大好きです
どんどんウイルスに侵食されていく世界観は好きなので

投稿 : 2019/11/24
閲覧 : 174
サンキュー:

5

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

昔はクソアニメだと思ってたのに…

クソアニメwと叩いてた昔のエアプなおれをぶん殴りたくなるくらい面白かった。今見ればストーリーは重いけれど感動するし、詳しいことは言わんが終盤は熱くなれる。
作画もやっぱり良い。昔のおれは作画意識せんかったけど、これ少し昔のアニメなのに映像美がすごい。音楽も澤野サウンドの良さ、オープニング、エンディング、どれをとっても隙なし。
個人的に平成アニメの傑作だと思います!

投稿 : 2019/11/14
閲覧 : 548
ネタバレ

komainu39 さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

心理描写が面白い

 最初の方はよくわからず。観ていくうちに分かり始めるという感じ。
 「平凡な主人公が大きな運命に巻き込まれていく物語」と、まとめれば言えるのかな。
 主人公の集と葬儀社のリーダーの涯、二人の対比はよかった。涯は集のようになりたくて、最後まで運命に抗おうとして、仮面をかぶって行動をする。でも、抗えなくて、集を待ちわびながら、強い人間でなければならなかった。最後に、やっぱり集は現れて、涯を受け継ぐのだけれど、集は抗って勝つ。最後の最後にはみんなを受け入れて死のうとする。まあ、いのりが全部引き受けて、集は不自由になりながらも生き延びるんだけどね。
 何を言ってるんだかわからなくなってきたけど、高校の時の王でならなくちゃいけなかった時の心情はとても来るものがあるし、みる価値あるとおもいます。

投稿 : 2019/10/26
閲覧 : 227
サンキュー:

2

ゆぶ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 1.0 作画 : 5.0 声優 : 3.0 音楽 : 5.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

楽曲と作画だけ

当時めちゃ叩かれてたのに何故か人気のあるアニメ
楽曲はアニメ界トップだと思う

投稿 : 2019/10/12
閲覧 : 333
サンキュー:

4

浪人侍 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

キャラの魅力が………

ストーリはまあ良作、音楽は最高なのに対して主人公含めキャラの魅力が無い。特に主人公の友達のあいつは見てて本当にうざかった

投稿 : 2019/09/30
閲覧 : 219
サンキュー:

4

りんご さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

一気に観てしまった!

2019.7.20
絵がすごくきれい。戦闘シーンの演出もメカのデザインもかっこいい。OPも挿入歌もめっちゃいい。

前半はよく設定が飲み込めないまま観始めたけれど、後半からの展開がすごい。ギルティクラウンの意味がわかる。

なぜ主人公が「王の力」を手に入れることになったのか、それから友人や仲間との関係をどう築いていくのか、いろんな葛藤や失敗が描かれていて、第一話と最終話で主人公の人間性がまったく別人のようにちがう。

おもしろかった〜

投稿 : 2019/07/21
閲覧 : 153
サンキュー:

1

ネタバレ

ダビデ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

もったいない

とても面白い、バトルアニメでした。
未来の日本を舞台にしたサイエンスフィックションを超えたサイエンスファンタジーのローファンタジーでしょうか。

どうしても、{netabare}脚本虚淵先生が描く人類補完計画という感想やエウレカセブンっぽいっていう{/netabare}感想は抱いてしまいました。

後半の後半、一番盛り上がってきたところで、駆け足になってしまっっていると感じることは否めない感じでした。
エヴァンゲリオンのように、説明の描写がなくて考えるというのは、余韻があって好きですが、雑さを感じると、別だと思ってしまいます。
他にも、{netabare}学校での独裁者となるまでの描写が少なく、突然の印象があること{/netabare}も、残念に感じてしまいました。
そこら辺が、本当に面白い話と感じていたので、もったいなく感じました。

曲について、先に、他のエゴイストの作品を観ていたので、エゴイストの最初の作品として期待をして視聴をしましたが、満足はしてはいます。

饒舌にならないように、あと6話くらい余裕があったら、内容的に、凄い良い作品になったのにな~って感想です。

でも、率直に、面白かったです。
なので、折角、面白い作品なのに、もったいないな~っていう感想となりました。

投稿 : 2019/07/08
閲覧 : 299
サンキュー:

7

ネタバレ

くりネコ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

SFアクションの傑作となるはずだった

OPを最初に見たとき、音楽と映像クオリティ、ある種の予感に衝撃を受けた。

そして、この主人公には一体どのような試練が待ち受けているのだろうと新鮮な期待感に満ち溢れた。

一気に観了した。

作画、音楽はスタッフたちの技術によって宝石のように磨かれ、ストーリー展開もスピーディーだ。
(ロボットデザインもかっこいい。)

ヴォイドという設定もなかなか面白い。友達を武器に戦うとは、なんらかの人間ドラマを期待してしまう。

なのに観終わった後、凄かった、とは思わなかった。

まず違和感を感じたのは、主人公を襲う困難があまりにも理不尽に思えたところ。

確かに困難というものは理不尽なものでないと成り立たないし、その苦しみを乗り越えていくことで、主人公は成長していく。

だからこそ、主人公の信念が不完全で、目的も漠然としているために、主人公が訳も分からないまま物語を押し付けられているようにしか見えなかったのだ。

他のキャラの心理描写にもその不透明さを感じたので、言動や感情描写に不審感を感じる。

物語の趣旨が間違っているわけではない。

平凡な高校生だった主人公が強さを手にして、どのように人と向き合い、過去とどう向き合うのか。
そして、支配と統治のメカニズムから浮き彫りになる人間の弱さはなんなのか。

中盤、(特殊な状況下であるが)舞台が学園に移り変わり、あることをきっかけに主人公は絶望の淵に立たされる。

その展開は作品の主題を逸れてはいない。

しかし、テロリストとGHQとの戦いという路線から一時外れてしまったために、物語のメリハリをなくしてしまった。

遠回りせずに、物語の趣旨を真正面から私たちに示すべきだった。

(個人的な意見だが)最後のヒロインの死は余計に思えた。

そこには心震わすものがあったが、これ以上の犠牲はムードを作り上げるためのものでしかないように思えた。

もしそれが物語のクライマックスであるのなら、ヒロインの喪失と自己の欠損からの主人公の苦悩と再生を描き、それを少しでも示すべきだったと思う。

つまり、登場人物の描き方次第で、さらに良質な作品として出来上がったのかもしれないのだ。

非常に惜しい。

好き勝手に感想を書いたが、一つ思うところがある。

観賞前、私はこの作品への大きな期待と高揚感に支配されていたが、その気持ちが果たされることはなかった。

だがあのとき、私はこの作品に一体何を求めようとしていたのだろう。

投稿 : 2019/07/05
閲覧 : 619
サンキュー:

4

ネタバレ

nan-nan さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

なんかアレみたい(笑)

「ギルティクラウン」より!

序盤→主人公ヘタレ 中盤→葛藤 ラスト→ヒーロー✨
という展開がなんとなく「交響詩篇エウレカセブン」のよーだと思いながら観ていました(^_-)-☆
似ていません?

桜満 集=レントン・サーストン
楪 いのり=エウレカ

設定やストーリーはまぁまぁでしたが、ラストをキメてもらいたかったですね✨
でも、名言を学びました!
「善意を善意と名乗ったらそれは悪意だ。」←確かに(笑)

投稿 : 2019/07/01
閲覧 : 201
サンキュー:

1

次の30件を表示

ギルティクラウン [GUILTY CROWN]のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ギルティクラウン [GUILTY CROWN]のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ギルティクラウン [GUILTY CROWN]のストーリー・あらすじ

「僕にはわからないんだ、みんなと何を話したらいのか。だから内心焦りながら”友達風”のものを増やして、生きてきた。」
 時は2039年。「僕」の名は、天王州第一高校に通う高校二年生桜満集(おおま しゅう)。欝屈した気持ちを抱えながら、どこか世間に覚めた視線を送る彼はクラスメイトたちとも一定の距離を保ち、ただ漠然と、平穏な日々を送っていた。学校の休み時間に交わされる退屈な会話。ヘッドホンから流れる少女の歌声。「…でも、これでいいのかな?」10年前、突如発生した”アポカリプスウィルス”の萬延によって、大混乱に陥った日本。無政府状態となったこの国は、超国家間で結成された”GHQ”の武力介入を受けその統治下に置かれることとなる。のちに「ロスト・クリスマス」と呼ばれるこの事件をきっかけに、日本は独立国家としての体を失い、形だけの自治権を与えられ、そして人々は、カリソメの平和を享受していた。スピードを上げていて走り抜けていく”GHQ”の装甲車。テレビから流れるテロのニュース。「僕にももっと、やれることってないのかな・・・・・・」しかし集の平穏である日常はある日、突然、打ち破られる。放課後、お気に入りの場所で出会った、ひとりの少女。彼女の名は、楪いのり(ゆずりはいのり)といった。集は憧れ、ウェブ上で絶大な影響力を誇る人気の歌姫。そして彼女には、もうひとつの裏の顔があった。”GHQ”からの「日本の解放」を謳い、命をかけて孤独な戦いを続ける(TVアニメ動画『ギルティクラウン [GUILTY CROWN]』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2011年秋アニメ
制作会社
プロダクションI.G
主題歌
≪OP≫supercell『My Dearest』、EGOIST『The Everlasting Guilty Crown』≪ED≫EGOIST『Departures ~あなたにおくるアイの歌~』、supercell『告白』

声優・キャラクター

梶裕貴、中村悠一、茅野愛衣、花澤香菜、竹達彩奈、嶋村侑、寿美菜子

スタッフ

キャラクター原案:redjuice、 監督:荒木哲郎、シリーズ構成:吉野弘幸、副シリーズ構成:大河内一楼、アニメーションキャラクター:加藤裕美、総作画監督:矢萩利幸/門脇聡、メインアニメーター:浅野恭司/千葉崇明、メカニックデザイン:竹内敦志、美術監督:竹田悠介、プロップデザイン:森山洋、MUSIC:ryo

このアニメの類似作品

この頃(2011年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ