「空の境界 第四章 伽藍の洞[ガランノドウ](アニメ映画)」

総合得点
71.8
感想・評価
652
棚に入れた
3878
ランキング
880
★★★★☆ 4.0 (652)
物語
3.9
作画
4.3
声優
4.0
音楽
4.0
キャラ
4.0
ネタバレ

ぺー さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

直死の魔眼をGETしました

2017.12.25記

第一章 『俯瞰風景』 (1998年9月)
第二章 『殺人考察(前)』(1995年9月)
第三章 『痛覚残留』(1998年7月)
第四章 『伽藍の洞』(1998年6月)
第五章 『矛盾螺旋』(1998年11月)
第六章 『忘却録音』(1999年1月)
第七章 『殺人考察(後)』(1999年2月)
終章 『空の境界』 (1999年3月)
『未来福音』 (1998年8月~)

2年ぶりに目覚めた式が悶々としながら覚醒に至るお話。
第二章はプロローグ、ホントの意味でこの第四章が第一話みたいなもんだと私は思ってます。

なお、ここまでバラけてた時系列のピースがひととおり揃ってすっきりできる章。ここまで観たらさすがに最後まで観るんじゃないですかね。
以降は基本的に時系列通りに進んでいきます。

ED曲Kalafinaの『ARIA』も素敵ですね。この章だけではなく、EDはストーリーとリンクしており梶浦さんいかんなく力を発揮されてますね、を確認できます。

{netabare}ラストの式の笑顔がとてもかわいい。{/netabare}


-----
2018.08.14追記
《配点を修正》

投稿 : 2018/08/14
閲覧 : 154
サンキュー:

10

空の境界 第四章 伽藍の洞[ガランノドウ]のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
空の境界 第四章 伽藍の洞[ガランノドウ]のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ぺーが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ