「WORKING'!! [ワーキング]2期(TVアニメ動画)」

総合得点
88.7
感想・評価
3651
棚に入れた
19563
ランキング
67
★★★★☆ 4.0 (3651)
物語
3.9
作画
3.9
声優
4.1
音楽
3.8
キャラ
4.3
ネタバレ

鰺鱒

★★★★☆ 3.4
物語 : 2.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

嫌いなキャラに引っ掻き回される不快感

スタッフが変人だらけのファミレスを中心とした日常もの、ラブコメもの、の第二期。

第一期を前提としているので、そちらを観てからでないと、お話に入っていけない。

OP・EDは第一期に続いてのキャラソン。こちらもなかなか楽しくて良いと思った。作画は第一期よりも丁寧だったかも。

さて。以下、かなり個人的な感想です、と言い訳を先に。

第一期はそれなり以上に楽しめた。
が、率直に言ってこの第二期はまったくといっていいほど楽しめなかった。

大きな理由は次の2点
・お話における山田依存度の高さ(兄妹とも)
・二期全体を通してほぼ無風で終わった人間関係

第二期では、山田の兄なるものが登場するが、兄妹そろって「行動力が高く、成長・変化の無い馬鹿」という性格付けと理解した。で、これはアニメやドラマはもちろん、現実においても私が最も嫌う人物像そのもの。こういうキャラは、コメディにおける引っ掻き回し役として重宝されるのは良く分かる。が、次に何をしでかすかが分かりやすく驚きがない。その分、嫌いな人物が場を引っ掻き回した不快感だけが残った。

山田兄は小鳥遊・まひるの仲を進展させる装置として登場したということかもしれないが、二人の仲をいじる装置はほかにも可能性があったと思う。

山田兄による引っかき回しがあったにもかかわらず、終わってみれば小鳥遊・まひるも佐藤・八千代も大きな変化なし。日常系コメディが、「終わらない日常系」へと大きく変化してしまったように感じた。店長、ポプラに関しても立ち居地や行動が固着化した感があり、その意味でも無風だった。

店長の舎弟・マシバ兄妹も登場したが、すでに癖のあるキャラが勢ぞろいしている中で、キャラが活きる隙間が無かったように感じた。そんな中でいい味をだしたように思うのは、携帯ショップのお姉さん。短い時間だったが(たぶん、その分)、いい爪あとを残してくれたように思う。また、泉姉さんのエピソードは一期で感じた楽しさに近いものを感じた。


第三期があるらしい(まだ観ていない)し、時間が取れたら観るつもりではいる。はたして、第二期がどのように第三期に活きてくるのか、見もの。

投稿 : 2019/01/13
閲覧 : 101
サンキュー:

6

WORKING'!! [ワーキング]2期のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
WORKING'!! [ワーキング]2期のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

鰺鱒が他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ