「つくもがみ貸します(TVアニメ動画)」

総合得点
67.3
感想・評価
99
棚に入れた
408
ランキング
1492
★★★★☆ 3.5 (99)
物語
3.5
作画
3.5
声優
3.5
音楽
3.4
キャラ
3.5
ネタバレ

ダレイオス さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

江戸時代の習慣や風習がよくわかる描写は面白かった。

江戸時代の日用品から骨董品から美術品までありとあらゆる
ものを、いくらかで貸し出すお店のお話
ただし普通のお店とは違うのは
貸し出す根付や掛軸や煙管や人形などの道具達は「つくもがみ」で
「つくもがみ」が宿っていて
主人公である店の主人に色々協力していくものとなっている

まず作風、江戸時代が舞台ですが
風景はいかにも江戸時代だな・・・と思える絵ですね。
当時の風俗や時代背景をよく反映しているものとなってました。
小道具まで丁寧に作画をして
当時を再現してみようと努力の跡がうかがえる。
キャラクターデザインはどちらかといえば現代風、髪型は
役人はちょんまげですが主人公は昔というよりは短髪で今風の若者で
現代人な風貌でした。
さらに顔も今風で見た目は今の人向けになっています。
全体的にも登場人物は今風の顔や髪型の人が多いですね。
「つくもがみ」も昔風というよりは最近の「可愛らしいゆるキャラ」風なキャラが居たり
どことなく現代風の人外キャラで江戸時代にはマッチしてませんね。
その点は気になりました。

やっていることは主人公である店の主人が依頼主から依頼を受けて
その騒動を解決していくものなのだけど
1話完結型のミステリー風で進み、騒動が起きて謎や伏線が出てきて
最後に真実が明らかになるので江戸時代の探偵ものでしたね。
ただ1話は真実がわかった後からそれらが謎や伏線だったとわかるもので
答え合わせをしてようやくわかるものなので
初見で聞いて謎が解けるようなミステリーものだったかは悩みますね。
道徳的なまとめ方をしていて、いい話だったとは思うのですが・・・

2話では夜が明けると掛軸の絵が変ってるからどういうことなのかと
相談に来た人の依頼を主人公は受けるのだけど
謎の解決はファンタジーが絡むのでそれはミステリーでなくて
超常現象なのでミステリーものとしては微妙じゃないですか?
ミステリーものとしては無理があるな
その騒動で主人公側の「つくもがみ」の1人が
主人公の店に来る前にどういう環境におかれていて
どうして今の見栄っ張りな性格になったのかが語られていて
いたので、主人公側のキャラがどういうキャラなのかは
わかったし主人公側の「つくもがみ」はこの回で役に立ってて
いい話風に終われてて悪い話ではなかったですが
謎そのものの解決の仕方は微妙ですね。

正直3話以降もミステリー風に進むけど
あの人は何かありそうだけど判明してみると何もなくて
結局、謎は謎でも何でもなくて勘違いだったり
探偵ものとしては機能はしていなかったな
なぜ勘違いしたのかは江戸時代の独特の風習からくるものなので
そういった江戸時代独特の風習はナルホドなと思いましたし
誤解が解けたのも江戸時代独特の風習からくるものなので
江戸時代であることをいかしたストーリー展開ではありましたが
ミステリーそのもとしてはやはり微妙ですね。
勘違いと判明した後に、その人のために主人公達が色々やってあげる
展開でした。恋愛が苦手な人を上手く後ろから押してあげるために芝居をしたり
人生相談やカウンセリングみたいなものでしたね。
悪い話ではなかったし、いい話風にはなってるんですけどね。
その後もミステリーとしては微妙な話が多かったです。

世界観の説明は丁寧ですね。
当時なぜ「道具」を借りる人が多くて商売が成り立つのかを説明はしていたし
ストーリーを通して
江戸時代の風習や人々はどういう生活をしていたのかや
当時の掛軸の飾り方や現代人は「クシ」は髪をとかす物だけどそれ以外にも用途があるとか
のトリビア的なものまでしっかりしていました。
岡っ引きなんかも元泥棒が多いとかも私は知らないことが多くてためになりました。
刀の値段や1両の価値なんかも上手く説明していてストーリーに取り入れていたので
わかりやすくて当時の価値観がわかりました。
ふんどしなんかも当時はそこそこ高級品で実はレンタルも
されてたなんてこのアニメ見なきゃ知らなかったことなので
そういうことがわかる描写を入れていたのは面白かったです。

「つくもがみ」に関しては道具として貸し出された先で
騒動など色々なことを聞いてきて
主人公である店の主人がその騒動を解決していくものとなっているんだけど
「つくもがみ」は直接、主人公を含めて人間には話しかけないで
離れた場所で「つくもがみ」達が会話をしているのを主人公が聞いて
それを元に解決させるのだけど
主人公は「つくもがみ」の存在は知っていて
「つくもがみ」も主人公の存在を知っていて
お互い知ってる同士だけどお互い話しかけずに
離れた場所から聞こえるように話して
進むという独特な進行でそれがルールらしい。
これについては、ややこしい手順を踏んでましたが
効果的に作用していたかはわかりにくかったです。
「つくもがみ」自体については彼らがどこからやってきて
元の道具の持ち主との関係がわかったり
そのことがストーリー展開でいかされていることがあったので
その点は良かったと思う。

全体のストーリーについては主人公と義理の姉のことが
1話完結ストーリーが進みにつれてこの2人の関係が
小出しにして段々わかってくるストーリー構成だったのは面白かったです。
全体のストーリーのまとめ方も投げENDではなくて
きちんとある程度まとめて終わってるので
終わり方も綺麗でした。

キャラは1話、使い捨てでなくて、その後役割を持った出番の仕方をしたり
キャラ同士の横のつながりからストーリーが進展する展開も良くて
意外に上手く配置しているなと思いました。

声優さんについては作品は江戸時代なんで
演技の仕方は媚びた感じではなくて淡々とした感じで
演技されてました。
特に悪いという感じはしませんでしたが
特別に良いとも思いませんでした。
時代に合った落ち着いた演技だったのは良かったのではないでしょうか

まとめるとミステリーものとしては微妙でしたが
主人公と義理の姉の関係が色々わかってくる全体的なストーリー構成と
1話完結ストーリーで描かれる真実の部分は結構良い話だったりするので
いい話だな・・・的に見れるのは良かったです。
江戸時代の習慣や風習がよくわかる描写は面白かったし
現代風のキャラの作画は気になるが
内容の時代考証自体はしっかりしていた。
風景や小物の作画は当時の雰囲気が良く出ていましたし中々でした。
終わり方も綺麗ですしキャラも上手く配置している印象だし
意外に内容は良かったです。

投稿 : 2019/01/28
閲覧 : 77
サンキュー:

5

つくもがみ貸しますのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
つくもがみ貸しますのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ダレイオスが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ