「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア(アニメ映画)」

総合得点
82.3
感想・評価
815
棚に入れた
4060
ランキング
277
★★★★★ 4.1 (815)
物語
4.1
作画
4.1
声優
4.2
音楽
4.1
キャラ
4.2
ネタバレ

shino73 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

重力の虹

富野由悠季監督作品。

アムロとシャア、宿命の2人による最終決戦。

宇宙世紀0093年。
シャアは地球連邦軍に宣戦布告し、
ネオジオンを率い反乱の狼煙を上げる。
{netabare}小惑星アクシズを地球に落下させ、{/netabare}
人類の歴史に終わりを告げようとしている。

壮大な宇宙を舞台にした群像劇だ。
アースノイドとスペースノイドの、
民族的・政治的軋轢は一向に収まらず、
悲劇的な戦争がいつの時代も人を苦しめる。
宿命や因果によって始められた戦争に、
果たして善悪の価値判断はあるのだろうか。
悪は命令に従うだけではなく法や倫理にも従う。
そこでは悪への意志が悪の行為にとっての、
必要条件ですらないのであろう。
人類は難しい局面を向かえている。

端的に言って物語は面白くはない。
キャラデザインも不安定で違和感もある。
しかしながらこれで良いのかも知れない。
ガンダムとは未熟で煮え切らない少年たちと、
理想に燃え理想に敗れた大人たちの物語なのだ。

最後にこれだけは言っておこう。
スタイリッシュなカラーとフォルム、
ミニマルデザインの極致であり、
アシンメトリーに装備されたファンネル。
νガンダムこそ最も洗練されたMSに推したい。

サザビーとνガンダムの殴り合いは、
通常の理解を超えて至高の域に達する。
これこそがシャアのシャアたる所以であるのだ。

皆さんも良きアニメライフを。

投稿 : 2019/11/16
閲覧 : 364
サンキュー:

33

機動戦士ガンダム 逆襲のシャアのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
機動戦士ガンダム 逆襲のシャアのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

shino73が他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ