「ぼくたちのリメイク(TVアニメ動画)」

総合得点
68.8
感想・評価
318
棚に入れた
940
ランキング
1933
★★★★☆ 3.3 (318)
物語
3.1
作画
3.5
声優
3.3
音楽
3.3
キャラ
3.3

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

ネタバレ

STONE さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

別の生き方を歩んでみると

 原作は未読。
 いわゆるタイムリープ作品だが、過去へタイムリープする作品の多くはBAD END回避を
目的とする図式の作品が多く、本作も広義ではそうなんだろうけど、多くの
BAD END回避ものが要所要所で変更を行うのに対して、本作は人生の分岐点で別の生き方を
選んだ場合のIFを描く、大局的色合いが強い。
 逆に言えば、まったく別の生き方を選んだということはその先で起きることは予測できない
わけで、BAD ENDを事前回避的するチート的な能力はなしということになる。

 例えばパッとしない主人公がモテたり、優秀な能力で他を凌駕するといった内容の作品は
主人公に自己投影することで、現実では叶えられない願望を叶えてカタルシスを得るといった
側面があると思うが、本作のように人生をやり直せるというのも多くの人にとっては得られない
願望の一つではないかなと思う。
 自分もそうだが、ある程度人生を生きていると様々な選択をしてきたわけで、今の人生に
まったくの不満がない人はともかく「別の選択をしたら、もっと幸せな人生を
送れたのでは?」と考える人は結構多いんじゃないだろうか。
 まあ考えたところで何かが変わるわけじゃないんだけど、そういう意味では割と興味深い
題材ではあった。
 青春のやり直しという観点では、タイムリープものではないが「ReLIFE」に近しい感覚が
あった。

 元々、アニメ作品は中高生を描いたものが多く、大学生活を描いた作品は少なめだが、更に
特殊な芸大を描いたということでその日々の生活描写はなかなか興味深い。まあ、どれぐらい
リアルなものなのかは分からないけど。
 ただ志野 亜貴は絵、小暮 奈々子は演技(本当にやりたいのは音楽)、鹿苑寺 貫之は
シナリオといった具合に明確にやりたいことがあったのに対して、主人公の橋場 恭也君は
あれほど芸大入学を熱望していた割には具体的には何をやりたかったのか?、よく分からない。
 最初からプロデューサー、あるいはプロジェクトリーダー志向という感じではなさそうだけど。
 意図してか、成り行きか、課題制作や同人ゲームなどなどでまとめ役になる恭也だが、
未来を知っているがゆえにトレンド先読み的な行動が多く、この辺は他のタイムリープものでも
見られるような行動。
 さすがに露骨なヒット作品のパクリのようなことをしなかったが、この辺は彼の良心なのかな。

 その後、スタート時点の2018年に再び戻ることで、恭也の行動の結果がどうなったのかも
描かれたが、恭也自身はハッピーエンド状態でありながら、周辺が夢破れた状態に
なっているという逆転状態で、まるで回りの夢を食いつぶして、自分が幸せになったみたい。
 それでも亜貴が再び絵を描き始めたり、奈々子が音楽を諦めなかったりと前向きな方向を
見せ、それで話が進んでいくのかと思いきや、結局は恭也が再び過去に戻るという展開。
 過去に戻る展開それ自体はタイムリープものの王道展開ではあるが、2018年での皆が
前向きになり始めた展開自体は放り投げになってしまった感が。

 この過去に戻る行為に対して、亜貴との娘の存在が消えてしまうということで、人道的批判が
ネットで見受けられた。一種の子殺し的な捉えられ方をされたみたいな。
 まあ、娘の可愛らしい姿が実際に描かれたこともあって、そういう気持ちになるのも分かるが、
パラレルワールド的な考え方をすると、奈々子や河瀬川 英子と結婚した世界線が
あったかもしれず、そうなると奈々子や英子との間にできた子の存在が既に消されている状態で
あるとも言えるわけで⋯。

 結局、2回目の芸大生活が始まることになったが、これからが本番といった感じで、
そういう意味では本作は長いプロローグという印象。
 恋愛ドラマとしても1回目はグイグイ来る亜貴に結構驚かされたが、それで亜貴にほぼ決まりと
いった状態で進み、「その結果があの夫婦生活だったのかな?」という感じだったが、2回目は
奈々子や英子も手をこまねいたままでは終わらなそうで、ハーレム戦争が始まりそうな気配。

2021/11/30
2023/12/29 加筆・修正

投稿 : 2023/12/29
閲覧 : 294
サンキュー:

4

ぼくたちのリメイクのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ぼくたちのリメイクのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

STONEが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ