「リーマンズクラブ(TVアニメ動画)」

総合得点
66.2
感想・評価
76
棚に入れた
175
ランキング
2612
★★★★☆ 3.4 (76)
物語
3.3
作画
3.6
声優
3.5
音楽
3.3
キャラ
3.3

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

ネタバレ

てとてと さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

男子実業団バドミントン、中々の佳作

全12話のオリジナルアニメで、サラリーマンで実業団スポーツやる男子の先輩後輩の絆や成長を描いている。

【良い点】
天才問題児と人間力高い相棒という男子スポーツものの王道を抑えつつ、社会人という珍しい題材。
スポコンと社会人ドラマの二足の草鞋を手堅く描き、それを先輩後輩のドラマにちゃんと繋げている。
当初は少しウザい先輩が問題児な後輩を導き、
後半は成長した後輩が先輩の危機を救う流れも良い。
各々が抱える過去トラウマや課題もややベタではあるが
手堅いドラマを見せてくれた。
終盤はややベタではあるがこの手の王道ではある。

新商品企画開発、現地調査や子供との交流での気付きや成長、
飲み会で感情吐露など、社会人ならではの作劇が上手い。
同僚の雰囲気も良く、大変だけど楽しい職場な印象。
サラリーマンパートも無駄ではなく、
仕事に打ち込む過程で主人公がちゃんと成長できている。

先輩の宮澄建(たつる)の魅力が高く、
飄々とした三木眞一郎ボイスもハマっていた。
後輩の白鳥尊(みこと)も、後半は先輩を力強く引っ張る
良主人公に成長した。
主役ふたりとも社会人であり、学生よりも成熟していた。

作画水準が高く、さわやかイケメンなキャラデザもバドミントンの白熱した描写も申し分ない。

【悪い点】
良い点と裏腹、二足の草鞋なのでやや中途半端か。
お仕事アニメとしては飲料メーカーの企画開発くらいしか見せ場がなく、スポーツものとしてはリーグ戦方式なためか盛り上がりが地味。

主役ふたりは申し分ないが、他メンバーのドラマが広く浅い。
個人競技(ダブルスもあるが)なためか、スポーツものとしてはチーム間の交流に繋げにくい印象。
ライバルの兄への想いも一応掘り下げられるが浅く、
悪印象を拭うに至らず。

終盤盛り上げるために絶対勝たねばならぬ動機付けしてくるが、
嫌われ役で追い込む作劇は苦手。
専務の妨害やライバルの煽り、負傷など、定番かもしれないがこういう展開は嫌い。
同じ制作会社の「はねバド」に続いてバドミントンはギスるお約束でもあるのか…

【総合評価】5点
1クールの男子社会人スポーツ物として中々良かった。
同時期の「フットサルボーイズ」など、近年無数にある1クール作品と比較すれば大分良い。
終盤も悪くはないんだけど苦手な展開で惜しい。
評価は普通寄りの「良い」

投稿 : 2022/04/17
閲覧 : 83
サンキュー:

10

リーマンズクラブのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
リーマンズクラブのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

てとてとが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ