「幻日のヨハネ -SUNSHINE in the MIRROR-(TVアニメ動画)」

総合得点
61.0
感想・評価
125
棚に入れた
255
ランキング
5505
★★★★☆ 3.1 (125)
物語
2.3
作画
3.6
声優
3.2
音楽
3.4
キャラ
2.8

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

ネタバレ

ヘラチオ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 2.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

楽曲たくさんで嬉しいけど、特別面白いというほどでも…

一番人気のキャラクター?だったからスピンオフ作ったてことなのかな

東京で夢破れてからの急にファンタジー
というか沼津が魔界?飼い犬?が相棒替わりによく喋るし、なんというか魔女宅的な世界観もあるのだろうか?
結構、不穏な雰囲気あるし、兎に角、世界観が謎。ここでは高校生という概念はなくなってしまっているのかな?
誰が悪いというわけでもないみたいだが。
マリーちゃんが本編とは違って明るく元気いっぱいキャラではなく、引っ込み思案に。リコちゃんは圧倒的変態生物学者に。ギルティキッスの方々にメインで注目してしまった。
大砲みたいなので空を飛ばすのは笑。

善子ママ可愛い。


気になった点は今までラブライブシリーズは男性の顔を描くことなかったのに、描いていた点。
取り留めのない疑問符ばかりの感想になってしまった。
全体的に面白いかというとまさに疑問符で楽曲を楽しむ観点で見るくらいだったかな。


OP
幻日ミステリウム Aqours
ED
キミノタメボクノタメ Aqours
挿入歌
Far far away ヨハネ(小林愛香)
Be as one!!! ダイヤ(小宮有紗)、ルビィ(降幡愛)、チカ(伊波杏樹)
R・E・P ハナマル(高槻かなこ)、ヨウ(斉藤朱夏)、カナン(諏訪ななか)
Hey, dear my friends ヨハネ(小林愛香)、リコ(逢田梨香子)、マリ(鈴木愛奈)
GIRLS!! ヨハネ(小林愛香)
Wonder Sea breeze ヨハネ(小林愛香)、ハナマル(高槻かなこ)、ダイヤ(小宮有紗)、ルビィ(降幡愛)、チカ(伊波杏樹)、ヨウ(斉藤朱夏)、カナン(諏訪ななか)、リコ(逢田梨香子)、マリ(鈴木愛奈)
Forever U & I ヨハネ(小林愛香)
La la 勇気のうた ヨハネ(小林愛香)、ハナマル(高槻かなこ)、ダイヤ(小宮有紗)、ルビィ(降幡愛)、チカ(伊波杏樹)、ヨウ(斉藤朱夏)、カナン(諏訪ななか)、リコ(逢田梨香子)、マリ(鈴木愛奈)
主題歌は畑亜紀の手を少し離れた感じある。どれもサンシャインらしい素敵な楽曲。


以下はアマゾンプライムから引用のあらすじ。
魔法と奇跡と祝福と──。 海の潮騒と森の囁きに囲まれた“ヌマヅ”で育った少女・ヨハネは小さな町に馴染めず“トカイ”へと飛び立っていく。 「トカイでビッグになる」という夢を胸に──。 しかしその漠然とした夢はまだ「音」に成りきれていない。心は音であり、世界は歌である。 人も獣も、木も海も、みな、音を持つ。 八百万がすべからく持つ音は集まっては散って、やがて音楽を成していく──。 世界の中でどんな音を立てるのか、どんな音楽に成るのか。 心の音を探す旅は、意外なスタートを切る。 帰郷から始まる

第1話 はじまりのうた
「トカイでビッグになる」 大きな夢を追いかけて“トカイ”に出てから二年、ヨハネは今日も夢を叶えるべく、オーディションに挑むが、またも敗退…。仕送りをせがむため母に電話をかけるが、返ってきた言葉はヨハネの思っていたものとは違うものだった。「あなたにしかできない、楽しくてたまらないこと」 それを探すために、ヨハネは故郷“ヌマヅ”に呼び戻される。ヌマヅに流れる穏やかな空気感が苦手だったヨハネの、ライラプスと、幼馴染であるハナマルとの再会。そして、密かに始まっていたヌマヅの“異変”…。帰郷から始まる物語、ここに開幕――。

第2話 わたしのおしごと
幼き日の思い出のステージで“魔法の杖”を手に入れたヨハネ。自分には、まだ特別な何かがあるかもしれない。そんな期待に胸を膨らませるも、杖は何も答えてはくれない。「こんな何もない町にいるからダメなんだ」 そう言って、再びヌマヅを発とうとするが、旅費すらない現実に阻まれたヨハネは訪ねてきたハナマルに連れられ、旅館のチカや行政局のダイヤたちの働きざまを見ていく。それぞれの場所で、それぞれの役目を持つ彼女たちの姿にヨハネは“自分にしかできない楽しいこと”を見出せるか――。

第3話 団結Are you ready?
凶暴化した鹿たちに襲われるヨハネの前に颯爽と現れた、“ミリオンダラー”と名乗る三人組。素晴らしいチームワークで鹿たちの暴走を次々と鎮めていくが、長引く戦いの中で徐々に劣勢となっていく。そこへ現れた紅い影“スカーレット・デルタ”。いがみ合いながらも、力を合わせてピンチを乗り越えるのであった。ヨハネは、不思議な光を放った杖の謎を探るべく、ライラプスと共に洋上に浮かぶ孤島、ワーシマー島に上陸する。そこに待っていたのは、人々から“魔王”と呼ばれる少女・マリだった。

第4話 空と海のあいだ
「あなたならヌマヅを救えるかもしれない」マリの謎めいた言葉を思い返している中、呼び鈴が鳴る。ドアを開けるとそこにいたのはハナマルと、配達人(メッセンジャー)のヨウだった。初対面のヨウと二人きりになってしまったヨハネは、流れで配達の仕事を手伝うことに。大切な荷物を通して人と人とを繋いでいった二人がたどり着いた最後の配達先は、“リサイクル・クイーン”と呼ばれる少女・カナンの工房だった。青い空と海との間で、新たな出会いが交差する。

第5話 まおうのひみつ
“みんな”と違うことは怖いことなのか? 他者との違いに怯え、外の世界を決めつけ、ひとり閉じこもるマリの姿にいつかの自分を重ね見るヨハネ。そうと気づけば放ってはおけず、自分に何かできることはないかと仲間と言葉を交わすうちに、ヨハネの心にある気持ちが芽生える。みんなにマリを知ってほしい。そして、マリに知ってほしい――。人との繋がりは怖くて、鬱陶しくて、厄介なものばかりじゃないと。出会った仲間たちの言葉に背中を押され、ヨハネは再びワーシマー島に上陸する。

第6話 ひとみしりのハーモニー
空は妖しく紫に染まり、切り株のステージに雷鳴が轟く。突如牙を剥いた“異変”のさなか、ヨハネとマリはリコに出会う。三人はリコの研究室に集まり、“異変”が動物たちに与える影響について、“異変”にまつわる“心の音”の存在について情報を交換する。解決への糸口を掴んだ三人は、さらなる情報を求めてダイヤのいるヌマヅ行政局を訪れることに。それぞれ異なる視点からの考察を交えながら三人はまとまっていくが、リコはどこか浮かない表情だった――。

第7話 女子会ってなぁに?
九人の親睦を深めるためにルビィが提案した“女子会”。ヨハネにとって初めてとなる女子会は、ダイヤが手配した宿泊施設で一泊することに。その仕切りを任されることになったヨハネはひとり張り切るも、重圧からくる連日の疲労と緊張から、女子会の最中に倒れてしまう。目を覚ましたヨハネは、気張りすぎていた自分自身を省みる。肩の力を抜いて、今度こそ気の置けない女子会を満喫するのだった。そして迫る夏祭りのライブに向け、ヨハネはある決意をする。

第8話 届け! Sea breeze
今年も始まった夏祭り! ヌマヅをあげての一大イベントに町中は活気で満ちていた。夏祭りのステージで歌うことに、“異変”解決の糸口を見出したヨハネたち。しかし、町の人々とふれあいながら、初めて友人と過ごす夏祭りを満喫していたヨハネは、ふとした間に杖を紛失してしまう。ステージ本番を間近に控え、あの杖がないと歌うことができないと焦るヨハネ。友人の手を借り、懸命な捜索が始まる。果たして、ステージを成功させ、町の“異変”を止めることができるか――。

第9話 ライラプスをさがせ
楽しかった夏祭りの余韻に浸り、だらけきった時間を過ごすヨハネ。呆れたライラプスは、「今日は大事な日だから」と言い残して出かけていってしまう。気になったヨハネはライラプスを尾行することに。しかし、道中でリコやルビィとの会話に夢中になっている間にライラプスを見失ってしまう。ライラプスの捜索は、噂が噂を呼び、町ぐるみの大騒動に発展していく。一方、ヨハネは見覚えのある公園にたどり着く。そこは幼い日の記憶を呼び覚ます、思い出の場所だった。

第10話 いってらっしゃいヨハネちゃん!
“充電期間”を終える気にはなったものの、「歌手になる」という夢に踏ん切りがつかないヨハネは、あと一歩を踏み出すきっかけを探していた。そんなヨハネのもとに、トカイでのオーディションの招待状が届く。願ってもないチャンスにもかかわらず、ヨハネは素直に喜べないでいた。しかし、町のみんなの温かい応援に後押しされ、ヨハネはもう一度、トカイのオーディションに挑む決意を固める。そんなヨハネを見つめる、ライラプスの姿があった――。

第11話 ヨハネのまほう
晴れやかな門出は一変してしまった。“異変”はおさまっていなかった。おさまるどころか、加速しているようにすら見える。解決できたと自惚れていた自分を責め、ヨハネは杖を川に投げ捨て、心を閉ざしてしまう。かつてない規模で“異変”に侵食されていく町。対策に追われるダイヤは、川面を見つめるライラプスに遭遇する。一方、ヨハネを心配したチカたちは、ヨハネを元気づけるため、“異変”により中断されたパーティーの続きを開催しようと計画するのだった。

第12話 さよならライラプス
リコの研究所。間一髪、助け出されたライラプスの容態に安心したのもつかの間、聞こえてきたのはミキの泣き声だった。ヨハネはミキに代わって、いなくなってしまったナミとサクラを探しに行くことに。瘴気に足を取られ気を失ってしまうが、辛くもチカたちに救助される。ナミとサクラを連れ研究所に戻ると、今度はライラプスが姿を消していた。失意の中、ライラプスを探すヨハネ。浮かぶのは、ライラプスといつも一緒にいた、過去の思い出だった――。

投稿 : 2023/10/12
閲覧 : 108
サンキュー:

7

幻日のヨハネ -SUNSHINE in the MIRROR-のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
幻日のヨハネ -SUNSHINE in the MIRROR-のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ヘラチオが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ