「機動戦士ガンダム THE ORIGIN(TVアニメ動画)」

総合得点
69.5
感想・評価
82
棚に入れた
369
ランキング
1156
★★★★☆ 3.7 (82)
物語
3.6
作画
3.8
声優
3.7
音楽
3.5
キャラ
3.6
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

機動戦士ガンダム THE ORIGINの感想・評価はどうでしたか?

珊瑚 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

3D

やっぱりスピード感ないっすね3DCGなので
ストーリーも初代見てるから知ってるし、いまさら裏設定映像化されても何の感動もありませんでした

投稿 : 2020/05/08
閲覧 : 16
サンキュー:

0

〇ojima さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

シャアはなぜ赤い彗星になったのか知っていますか

シャア・アズナブルはどうして赤い彗星のシャアになったのか。
なぜ、ファーストガンダムではガルマを罠にはめ、キシリアを撃ったのか。
セイラは何故連邦軍にいたのか。
ランバラルは何故セイラと出会った時に驚いたのか。
そこが理解できる作品となっています。

私自身の知識はガンダムはファーストまで。Zガンダムは当時観ていたが内容が理解できずに断念。それ以降の作品は観ておりません。すみません。

でも、(だからこそ?)ORIGINは面白かったです。
ガンダムとしての知識を掘り下げていなかったからかもしれませんが、
ファーストガンダムが始まるまでのエピソードが理解できました。
(併せてコミックも観ると良いと思います)

あと、嬉しかったのが絵が抜群に綺麗(笑)
ザクがカッコ良い! 超カッコ良い!!
ゴテゴテなMSを受け入れられないおじさんなので、シンプルなモビルスーツがこんな綺麗に3Dで動くなんて嬉しくなっちゃいました。
それと、安彦良和さんの人を描く柔らかな線がそのまま表情にも出ていてよかったです。女性が綺麗です。よね。

観てよかったです。

投稿 : 2020/05/03
閲覧 : 58
サンキュー:

14

おーいん君 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ガンダムという時代を知る

ガンダムファーストを改めて理解する機会になるアニメなのだが。

ガノタにとっては、ハイ、そうですね。って感じの物語だと思う。

改めて、ファーストガンダムを知ろうとする人にはいい切欠になる。

この作品を大事にできる人は、きっとガンダム作品全般を大事にできると思う。

投稿 : 2020/04/19
閲覧 : 11
サンキュー:

2

sMYVP12210 さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

やべー 1話でトリハダ!安彦さんさすがだね

ガンダムのシャアの物語みたいですねこれ。
OPのLUNASEAの歌もいいが、EDがやべーっすね。

あと、何気にメインキャラデザに安彦さんが監督。
絵もだけど、声優も巨人ゴーグを思い出しましたわwさすがです!安彦さん

作品としては、ガンダム1作目は映画3つだけでもいいから見てからこれ見たほうがいいです。見ておかないと意味わからんはずです。

アニメとしての質、背景、脚本はきっと大丈夫だろうと感じつつ 視聴していきたいと思います

投稿 : 2020/04/12
閲覧 : 19
サンキュー:

1

くにちゃん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

まあ、OAV版のとおりですが

最も感動したのは、アムロの幼少期の声を古谷さんが演じて全く違和感がなかったことです。

投稿 : 2019/12/30
閲覧 : 36
サンキュー:

0

うにゃ@ さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

このままファーストのリメイクも作って欲しい

劇場版6部作をテレビアニメ版に再編集しNHKで放送したもの。
シャアを中心にジオンの独立から1年戦争に至るまでの話。
0080の最後に入っていたジオンの成り立ちやMS開発の小話が映像として見れること、1年戦争に至るまでが見れるのはガンダム世代にはたまらないものとなっている。
前半が特にシャアを中心としたザビ家との話で、ランバ・ラル等の若い時代の話は目が離せない。
後半はホワイトベースの乗組員のもちらちらでてくるが、話の大筋は1年戦争に至るまでで、ファーストのキャラクターを壊さないように、それぞれの登場人物の過去が見れるのは悪くなかった。またララやガルマ等それぞれの改めて語られる関係性は面白かった。

作画に関しても、とてもよく、艦隊戦からモビルスーツ戦まで熱い。戦争の形の移り変わりというのが
ファーストのリメイクも見たいなぁと正直思わせる物でした。
またOPやEDも過去のガンダムの主題歌カバーで懐かしくうれしかった。

ただ、アムロの瞳の色が青だったことだけが、とても違和感だった。


100点満点中 90点

投稿 : 2019/12/17
閲覧 : 46
サンキュー:

2

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 2.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

THE ORIGINの総評とガンダム40thについて

UCのTV版よりは上手く編集出来ていたと思う。
あちらは毎話長過ぎる前置きのせいでテンポ最悪だったので。

ではまずはTHE ORIGINの総評から。
安彦良和先生の描く漫画の一部をアニメ化したものでシャア(キャスバル)にスポットライトを当てた本作。
アニメ版も決して出来は悪くないのだがやはりエピソードごとにムラがあったしラストは微妙で全然気持ち良く終わらず中途半端な印象を受けた。
この作品はシャアにスポットライトを当てたと言ってもIVの運命の前夜(TV版だと7話以降)からは色々なキャラのダイジェストに近い作りになっている。
ここからが微妙で正直に見せ場がVの激突 ルウム会戦(TV版だと9話と10話)しかない。
ここ以外は場面が細かく切り替わるだけでストーリー性が極めて低くドキュメンタリー番組を観ているみたい。
9話と10話は場面を切り替えてもストーリー性を出せていたし感動するように作られていた(OVA版は主題歌で感動倍増)。
映像面ではクオリティーは高いのだがMSをCGにしたのはやはりミスマッチ。
クオリティーの低いCGではないがキャラの絵と比べて違和感がある。
それにガンダムにCGってのは違和感があるというのもまた事実。
しかし、MS以外のCGの使い方は物凄く上手かった。
またキャラもよく動くし服のしわなどの細かい所も描かれていて作り込みの凄さはよく伝わる。
それとキャラ絵も良いと思う。
ファーストからは違和感があると思うがこれはあくまでもTHE ORIGINのアニメ版なので原作の味のある絵を上手く表せていると思う。
キャラクターは勿論魅力的なキャラばかりだがやはり後半がダイシェスト風になってしまったため印象の薄いキャラが多かったのもまた事実。
声優はかなり変わっており違和感のあるキャラもチラホラ。
まあでもこれは時代の流れだろう。
ゲームなどで活躍すれば次第に慣れてくると思う。
でも豪華声優陣ではある。
総評は最後になるがこの作品はファーストの前日譚というよりは安彦良和先生の趣味全開のガンダム作品として観た方が楽しめるかもしれない。

ガンダム40thについて
この作品をガンダム40th記念として放送したバンダイとサンライズはハッキリ言って恥だと思った方が良い。
なぜならこの作品は過去に作られたものでありしかもガンダム35周年に作られた作品だからだ。
それに一切手の加えられていないものを40周年作品にしてしまうのは明らかにファンを舐めている。
この事実はガンダムシリーズの衰退を意味していると思う。
Gレコも35周年作品だがあちらは手を加えて帰ってくるため出来がどうであれ40周年作品を名乗る資格はある。
それでもって新曲もダサい曲しかないしOP映像なんてセンスの欠片もない。
ダサ過ぎて観ていて恥ずかしかった。
それと40周年のテーマがBEYONDなのでLUNA SEAにBEYOND THE TIMEをカバーさせるのは良いがこの作品で流す意味が分からない。
もう正直THE ORIGINらしさとかそういうのを一切考えていないように思える。
ガンダム40thライブでも感じたがビジネス臭プンプンで嫌らしい。
ガンダム40周年も残りわずか。
35周年よりも全然盛り上がっておらず多分このままだと盛り上がりもせず終わるのだろう。
ファンとしては非常に悲しい。

投稿 : 2019/10/22
閲覧 : 104
ネタバレ

タック二階堂 さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

見せてもらおうか。ジオンの御曹司の生き様とやらを。

詳細はファーストガンダムでも観てください…
と言いたいところですが、逆にこれを観てから
ファーストガンダムを観てください。

劇場版6部作をテレビアニメ版に再編集して、
なんとNHKで放送していますよというね。

2話まで観ました。
ここまでが劇場版の1作目ってことになるという
ことは、全12話か13話ってことになるのかしらね。

まあ、ガンダム好きならマストで観なければダメ
でしょうね。それぐらいの作品です。

=====最終話視聴後、感想です。

まあ、ようするに劇場版OVAの再編集版です。
あっちで感想をそれぞれ書いたので、ここでは
割愛。面白いですよ、これ。

投稿 : 2019/09/29
閲覧 : 139
サンキュー:

7

37111 さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

シャア視点のガンダム

1話視聴後感想と今後の期待度
一言コメント:既にAmazonPrimeで視聴済み。いかにもガンダム!って感じなのはさすがだと思います。
期待度:★★★★★

初代ガンダムと比べて作画等は飛躍的に美しくなっている分、こっちが本来のガンダムであってほしい的な願望が。。。

まぁ、初代ガンダムですわ。

投稿 : 2019/09/24
閲覧 : 124
サンキュー:

10

ネタバレ

「ひろ。」 さんの感想・評価

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 3.0 作画 : 1.0 声優 : 2.5 音楽 : 2.5 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

なぜ本作を作るのか理解したかったが、入り口にすら入れなかった。

【酷評のため閲覧注意です。。】

{netabare}
>マンガ・OVA版未読、ファーストガンダム視聴済です。
ファーストガンダムから何十年も経った今、わざわざ作られる本作。
きっと何か大きな理由があるものだろうと放送開始前から楽しみにしていました♪。

・・しかし、その期待は1話放送開始後数分程度で全て崩れ去ってしまいました><。


物語はファーストガンダムの1話のさらに何年も前の時点から始まっているのですね。
マンガ版での作品全体としてはファーストガンダムの最終話までカバーされる予定なのかな??。


ファーストガンダムに至るまでのジオン・連邦双方のあれこれや
明かされてなかった事情もろもろが描かれていくのだろうと思われましたが
とにかく、ファーストガンダムに慣れ親しんでしまった自分にとっては
本作をとりあえず軽く流して視聴してみることすら大きな困難・苦痛でした・・><。


まず最大の違和感は「作画」です。
一見、現代的な技術?のようにも見えるかもですが
自分にとってはキャラ作画の線画がとにかく”へにゃへにゃ”に感じてしまって
輪郭がはっきりない人物像、自信のない線画?のように思えました。
そうなると、キャラの年齢感すら感じ取れないし
ましてや哀愁や秘めた微妙な感情等も読み取れない・・。

モビルスーツやメカなどは、CGで正確に描かれているようですが
なんかキャラの作画とは別世界のように浮いて見えるし
なんか単純にTVゲームっぽく感じてしまう・・。


ファーストガンダムの作画は、確かに古臭く感じてしまうかもしれませんが
自分は手書きの良さが最大限生かされてる作画だと思います!。
マンガ的な手法もかなり用いられてるんじゃないかな?。
(ただ輪郭を描くだけじゃなく、輪郭以外の線がほんとに細かくたくさん書き込まれてる)

繊細な線もあれば力強い太い線もある。
キャラは目が生きていて魂がしっかりこもっているように感じます(もちろん哀愁も)。

メカ作画はポーズ1つ1つが美しいし、構図も素晴らしい。
モビルスーツの細かい動きから、搭乗者の心情まで感じさせられてしまいます。



1話の時点で早々に断念してたので、ほとんど中身が観れずに放置してたのですが
13話あたりまで録画がたまってたので
久々にパラパラと流し飛ばし視聴を試みましたが、やはりそういった視聴すら困難でした・・。


自分にとって本作は、ファーストガンダムとは全く別物の”何か”です・・。
アムロがちらっと目に入った時には絶句でした・・。
あと、ちらっと目に入ったあのキャラは、・・まさかカイなんてことはないよね(震え声)。


うーん。ファーストガンダムで謎だった部分を再構成して少し種明かしするというのは
それはそれで悪くはないと思うのですが
当時の素晴らしい作画の技術が、現代になって失われてしまったのであれば
そこはもう手をつけないほうがいいと思います。
「謎だから良い」「想像するからこそ良い」というものもあると思います。


----------------------------------------------------------------------------
ファーストガンダムの絵が古臭いと感じて敬遠されてる方がいらっしゃいましたら
一度、ぜひ何かの機会で観てもらえたらと思います。
古いDVDとかだと画質低下などもあるかもしれませんが
最近のBSでの再放送やBDリマスター版などで、先入観なしで評価してもらえたらと思います。

{/netabare}


本作を制作されたスタッフの方々には、酷評申し訳ありませんでしたm(__)m。

投稿 : 2019/08/31
閲覧 : 133
サンキュー:

7

シャベール大佐 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

現在の美麗な作画で描かれる、機動戦士ガンダム第1作の前日譚

ガンダムシリーズの第1作「機動戦士ガンダム」の前日譚。元は全6章のOVAですが、全13話に再編集してNHKで放送されました。
この作品ではシャアが主人公。まだシャアになる前の少年時代から、機動戦士ガンダム本編が始まる直前くらいまでの経緯が描かれています。この作品単体としてのストーリー自体も普通に面白いですし、時系列としては本編より前の時代になるので、本編未視聴の人がこちらだけ観ても全く楽しめないということはないと思いますが、本来的にはやはり元作品を知っている人向け。お馴染みのキャラたちが、顔見せ程度も含めればほとんど登場するので、全話視聴必須とまではいかなくても、ある程度は本編の知識を得てから観たほうが良いでしょう。
声は、シャア役の池田秀一など、さすがにキャラの年齢的に違和感がなくもないですが、別の声優にするわけにもいかないでしょうし、これはもう仕方ないですね。作画は元作品と比べて圧倒的に美麗になっていて、それだけでも一見の価値がありました。音楽も悪くなかったです。
最後まで観終わって、毎週安定して楽しめました。ガンダムシリーズは最近でも再放送でいろいろ目にする機会も多くあり、それらの中でも古いほうの作品については、さすがに作画的に現在観るには厳しいと感じるので、本作くらいの品質ならリメイクするのもありかな、なんて個人的には思うのですが、そうなれば熱烈なファンが多い作品なだけに批判も確実に集めそうで、なかなか難しいのでしょうね。

投稿 : 2019/08/30
閲覧 : 104
サンキュー:

11

ネタバレ

ストライク さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

この作画クオリティーで1stのリメイクを!

感想

1stファンとしては観ない訳にはいかない。
勿論劇場版OVAも視聴済みですが、TVシリーズとして再編成されるようだし、OVAはシリーズ通して期間空けての視聴だったので、毎週観れるのはありがたかったです。

1年戦争が始まる前の話で、主にシャアが主役として描かれてます。
どういう経緯で1年戦争が開戦したのかとか
キャスバルからシャアになった経緯
初のモビルスーツ誕生の経緯
ガルマとの馴初め
ララァとの出会いの件
等々、ファンには気になってた謎が解って、へ~そういうことだったんだ!って事が多々あり面白いです。
個人的には、{netabare}アムロとカイが同じ学校で、初めから知り合いだったのが意外でした。ってきりホワイトベースで知り合い、仲間になったものだと思ってたので。
あと、ドズルの嫁のゼナが士官養成学校の女性士官候補生だったとは!んで、ドズルが見初めてポロポーズとかw なかなか以外で笑わせてくれますw{/netabare}

作画は言うまでもなく綺麗で、MSもカッコよく描かれてます。
今の若い子達からしたら、ガンダムは知ってるけど1STは絵が酷くて苦手だったり、話数も長いから観る気がしないって人が多いハズ。
なので、この作画クオリティーでちょっと話を付け加えたり、変化させたりしてリメイクされたら、ファンは勿論、今まで気になってたけど観ていない方が多くいると思うので、結構視聴率取れそうな気がするんだけどなぁ 
どうでしょ  ^^;
サンライズさん 1stのリメイク オナシャス!

声優さんは、1stと同じ人もいれば変わったキャラもいて、個人的にはやっぱセーラさんの声に違和感かなぁ。演技は悪くないんだけど、イメージがね。。。^^;
あと、子供の頃のキャスバル(シャア)が田中 真弓さんでしたが、ルフィーにしか聞こえず、違和感パなかったです。
良かったのは
ドズル・ザビには、新しく三宅健太でしたが、キャラに合ってたし、演技も上手かったです。流石ですね。
アムロとシャアは同じ古谷 徹さんと池田 秀一さんでした。
どちらもお歳を取ってるし、40年も前のキャラで、しかも当時より若い年齢のキャラを演じているので、どうしても若いキャラにしては声が大人なので違和感を感じました。
だからといって、この二人以外に演じられてもガッカリ感半パナイでしょうからしゃーなしなんですけどね。 ^^;

主題歌では、Zのだったり、劇場映画の主題歌を起用してリメイクされてたり、懐かしく感じて良かった。
個人的には、「めぐりあい」「水の星へ愛をこめて」「BEYOND THE TIME ~メビウスの宇宙を越えて~」の3曲がよくって、特に「めぐりあい」は想い入れのある曲なので、初めて聞いたときは胸にクルものがありました。



最後に
ガルマが思った以上にお坊ちゃんで小心者だったのはイメージと違ったかなぁ。。。

投稿 : 2019/08/18
閲覧 : 98
サンキュー:

18

ネタバレ

STONE さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

とりあえずの簡単な感想

 原作(安彦 良和氏の漫画)は未読。
 「機動戦士ガンダム」(以後、ファーストと表記)の前日譚ということだが、ファーストの第1話に
至るまでの歴史だけでなく、モビルスーツ開発史、シャア・アズナブル
(キャスバル・レム・ダイクン)という男の人物伝といった要素もあり、そのまま続けてファーストを
観たくなる内容。
 この作画レベルでファーストをリメイクをして欲しくなる内容でもあったが、単なるリメイクでは
なく、ファーストがホワイトベースのクルーを中心軸に置いた内容であったのに対して、本作の
ような群像劇スタイルの1年戦争が観たいかな。
 先に前日譚と書いたが、ファーストの設定と異なる部分もあり、その辺は見直したのか、安彦氏の
好みなのかは判らないけど。

 ファーストの登場人物を多く出したかったのか、ファーストのキャラが意外なところで関係性が
あったりするのが興味深い。
 この辺に面白みがあった反面、ファーストのキャラが狭い世界で繋がっていたため、そのまま
ファーストの世界がやけにスケールが小さく感じられてしまう感も。

 あと表情や仕草の演技が全体的におおげさと言うか、過剰な印象があった。
 元の媒体が漫画であったため、これが動画になって、声が付くとくどくなってしまったのか、
これまた安彦氏のセンスだったのかは判らないけど。
 まあ昔の作品だと、こういう演技は普通だった。

2019/08/17

投稿 : 2019/08/17
閲覧 : 56
サンキュー:

6

えたんだーる さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

劇場公開されてOVAとして発売されたもののTVシリーズ編集版(初代ガンダムの前日譚)

※2019.8.14補足部分に追記

『機動戦士ガンダム』のキャラクターデザインや作画監督をしていた安彦良和による漫画作品を原作として、その一部のエピソード(時系列的にはTVシリーズでいうと「ガンダム大地に立つ!!」直前まで)をアニメ化したものをTV放送用に再編集してNHK総合テレビで放送しています。

漫画ではオリジナルの『機動戦士ガンダム』の第1話から最終話までのエピソードに加えて、ジオン・ズム・ダイクンの死亡からの一連のジオン独立までの経過やルウム戦役などTVアニメで描かれていなかった前日譚が主にシャアやセイラの視点で描かれていますが、本アニメ作品はこの元のTVシリーズで描かれていなかった部分のアニメ化であり、主人公はシャアだと思っていただければ良いかと思います。

時系列的に前日譚でも、元の作品を知らないとちゃんと楽しめないというのはわりとありがちな話ですが、本作も元の『機動戦士ガンダム』を知っていたほうが楽しめるのは間違いありません。(たぶん最低限として劇場版三部作を観ていれば大丈夫だと思います。)

『機動戦士ガンダム』でデギン・ソド・ザビの息子として長男: ギレン、三男: ドズル、四男: ガルマが出てきますが「じゃあ、次男は?」ということで設定資料などで名前のみ出てくる次男: サスロが初めて映像化作品に出てきます。

また『機動戦士ガンダム』で「ランバ・ラル特攻」などのエピソードにおいて回想シーンがあったりしますが、本作ではそういった旧作本編中での回想シーンを思い出させるようなカット割りをあえて行っているのも見どころです。

補足: 既に原作漫画の時点で連邦・ジオン双方のモビルスーツ開発史やホワイトベースの航路など、一部の設定やストーリーはオリジナルの『機動戦士ガンダム』からは改変されています。なので本作ではザクやガンダム登場以前のモビルスーツっぽいメカが出てきます。

とはいえレビル将軍の有名な言葉「ジオンに兵無し」やミライさんの宇宙ヨット操縦免許など、TV版にも出てきていた本編より前のエピソードはきっちりと出てくるので本編『機動戦士ガンダム』がお好きな人はぜひご覧になってみてください。

TVシリーズ化にあたって、またOPやEDで過去のガンダム作品の主題歌カバー楽曲が使用されていて懐かしいですね。

投稿 : 2019/08/14
閲覧 : 275
サンキュー:

35

ネタバレ

snow さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

イキリおっさん声太郎の宇宙世紀転生<53>

キャラクター造形がどいつもこいつもすぐ喚き散らす一択。
ガンダム本編で確立された部分がなければどれだけ薄っぺらくなるのか。
ザビ四兄弟のサスロなんて終わったときにはすっかり存在自体忘れさってる。
ギレン・キシリア・ガルマとならぶようなキャラ立ちしてましたか?
ジンバ・ラル他も同様。

ガンダム本編におんぶにだっこで寄りかからないと立ち上がることもできないのは、人物関係もそう。
前日譚なのにみんな知り合いだの実は出会ってただのゲップがでそう。
極秘のはずのMS開発計画や歴史的事件にも立ち会ってましたーアムロはガンダムってなんですかーだし、シャアはレビルをキャッチ・アンド・リリース。

基本的にストーリー進行も酷い。
シャアはなにしに地球に?この作品だと存在も知らなかったララアを一本釣りしに言ったようにしか見えない。
反ザビ家で連邦と連携できるか見極めにとかせめて動機は描写しとこうや。
キャスバルからシャアになるという物語の山場、それが諜報機関が暗殺する時に同じ顔の2人の片方殺して引き上げてくような頭の悪さだし、ニントモカントモ。

んでガンダム系列作品で作画がよければMSポルノくらいは期待できるかと思ってたら、つまらん戦いばかり。
PS3の機動戦士ガンダム戦記 アバンタイトルなんて戦ってるだけで超面白いし、ストーリー自体は部活ノリな08小隊でもグフ戦は・・・ってものがあるのに、ポンコツストーリーを描写するので手一杯だったのか「3Dモデル作り込んだんで裏もみせまーす」程度にとどまった。

絵以外がひどすぎるこのクォリティでファーストガンダムリメイクとかやめてほしいという感想。
作品寿命1クールの粗製乱造タイトルじゃないんだから。

テレビでやるから見るー<60>
1話視聴。
NHK放送分で新たに作品ページが用意されてるのね。
原作は読んでたけど、アニメは見ずな本作品。TVでやるのでダラリと試聴予定。
{netabare}
なんで見てないかってーと、初代ガンダムのリメイクがTHE ORIGIN原作でやらなくて一安心ってほどには作品に納得していないから。
そんなとこにコミカルな描写いらんやろーってとこに入れちゃてシリアス台無しなのが気に入らない。決定的なのがジャブロー攻略戦のガルシア。
あと全体的にキャラにフォーカスして世界観に広がりを感じない。
だいたい安彦良和、アニメも漫画も面白い作品作ったことねーじゃん。

などと言いつつも、じゃあ初代をリメイクするのに自分のブランド確立して商売してる(映画ばかり作ってるような)人材を除いて、スタッフ集めてやったらTHE ORIGINより良くなるかってーとほぼ無理であろうとは思うけど。
#最後まで観たら、若手が失敗したほうがまだマシだと思うように・・・
{/netabare}

投稿 : 2019/08/13
閲覧 : 115
サンキュー:

2

ネタバレ

teji さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

よかった よかった

ガンダムといえばやっぱり赤いすい星ですよね・・
ガンダム世代としては やっぱり 楽しかった

投稿 : 2019/08/13
閲覧 : 40
サンキュー:

1

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

一年戦争の幕開け 放たれし業火

私は、実はガンダムシリーズがあまり得意じゃない…というかあまり知りません。
勿論嫌いな訳じゃありませんが、2012年から本格的にアニメを視聴する以前、私は一年戦争のガンダムしかまともに見てこなかったからです。

私がアニメから遠ざかっていた間に、色んなガンダムが制作されたようですがその殆どが未視聴なんです。
でも、本作はしっかり堪能することができました。
何故なら物語が一年戦争の前までを描いたものだったからです。
これならついていける…と思い視聴を始めました。


“赤い彗星”と呼ばれるジオン公国軍のエースパイロット『シャア・アズナブル』と、
彼の妹『セイラ・マス』の運命を決定づけた悲劇の始まりと過去〜2人の兄妹の流転の物語〜を背景に、
サイド3の実権を掌握しジオン公国を統率するザビ家、ランバ・ラルや黒い三連星など
「一年戦争」で活躍した数々のジオン軍の名高きエースパイロットたちの若き日の勇姿、
戦況を劇的に変えることとなった人型機動兵器「モビルスーツ」の開発秘話、
地球連邦軍との軋轢や開戦への道程など、「一年戦争」以前の過去の物語が
映像として初めて描かれていきます。


公式HPのINTRODUCTIONを引用させて頂きました。

そう、本作の主人公はシャア・アズナブルなんです。
あ、でもそう言い切ってしまうと語弊があるかも…
これまで連邦目線で物語を見てきた私にとって、ジオン目線の物語は新鮮に感じました。

公式HPのINTRODUCTIONにはシャアとセイラの兄妹二人の物語と書かれています。
事実、そういう場面はゼロではありませんでしたが、決して多くもありませんでした。
この物語は、ずばり「シャア・アズナブルの生い立ちの記録」にほかなりません。

幼少期、宇宙軍士官養成学校、そしてジオン軍に入隊するまで、彼がどんな道程を歩んできたのか…
賢く、時にしたたかで、モビルスーツの操縦にかけては群を抜いた実力の持ち主…
その彼の素地がどの様に出来上がっていくのか、この作品の中で描かれています。

一方、シャアの物語に欠かせないのが「ザビ家」の存在です。
この表現の仕方も語弊を生みそうですが、この辺の微妙なニュアンスは本編で感じ取っていただければと思います。

そういえば、完走して振り返ってみて思ったのは、この頃のシャアは未だニュータイプに目覚めていないんですね。
やたら勘が鋭いなぁと思う事はありましたけれど。

もう1つ、この作品を見て似たような戦いとして頭に浮かんだのが第2次世界大戦です。
世界大戦が始まった頃、戦争の主体は戦艦 vs 戦艦でした。
ですが、飛行機の発展により基軸となる戦い方が戦艦から戦闘機へと大きくシフトしました。
戦艦大和…日本の誇る最高峰の戦艦と言っても過言ではないと思いますが、生まれた時代が遅すぎたのが否めません。
図体の大きさという戦艦としての利点が、戦闘機の格好の的になって轟沈してしまったのですから…

本作品でも戦艦同士の戦いにモビルスーツが投入され戦局が一変しました。
こうしてモビルスーツ同士の戦いが主流になる一年戦争に物語が繋がっていくと思うと感慨深いです。
気になる方は是非本編でご確認頂ければと思います。

もともとOVA全6巻でしたが、テレビアニメシリーズ1全13話に再編集されました。
私の様な初心者向けの作品だったのではないでしょうか。
頭の中で一年戦争とようやく繋がった気がします。

投稿 : 2019/08/12
閲覧 : 97
サンキュー:

16

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ただただ懐かしい

ガンダムファースト世代としては、懐かしく思える限りです。コアなファンはまだ下の世代の人たちが多く身近にもいますが、こだわりが強すぎてツッコミ所が満載らしいんですが、個人的には普通に楽しめました。
本作は、ファーストの0エピソードですので、ファーストを良く観た人たちに対するプレゼント作品なので、初見で本作から入っても、面白く感じられない作品だと思います。

制作コメントでも有ったように、今の作画でフルじゃ無くていいので、ファーストのリメイクを観たいものです。

投稿 : 2019/08/12
閲覧 : 38
ネタバレ

taijyu さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観たい

オタクとしてはガンダムくらい見るべきだとは思いますが…

歴史上屈指の有名なアニメであるガンダム。
私はそれなりの年齢なんですが、まともに見始めたのはガンダムSEEDからで、それ以前のシリーズはろくに見ていません。

それがなんとなく劣等感にも感じられて…。
だったら見ろって話ですが、今更見るのはキツイんですよね。やっぱりクオリティは今のアニメと比べたら雲泥ですし。
まあ当時なりの技術で作られているのでしょうけど、今見たらクオリティが低いことに代わりはありません。
しかもさんざん漏れ聞こえてくるので内容はほぼ知っているわけで…。

というわけで今の技術でファーストを作り直してくれないかな、と思っていました。
本作は希望が叶った感じのようです。ファーストより前の時代のようですが。
シャア・アズナブルの本名がキャスバル・レム・ダイクンだというガンダム豆知識で知った内容からスタートするようです。

じゃあ希望が叶ったんだから当然見るんだよな、と言われると…うーん。

作画は良さそうだしクオリティは悪くないです。しかし…いまいち感。
結局の所、なんかこのガンダム独特な言い回しと言うか雰囲気がピンとこないんですよね。キャスバル坊っちゃんのセリフとか、なんか変じゃないですか?
そもそも何でファーストガンダムを何回見ようとしても挫折するかと言えば、クオリティだけじゃなく根本的に合わない部分が有る気がします。
Gレコが全然合わなかったことで、どうも富野節とやらには合わないとわかったのですが、旧ガンダム全般が合わないのかも?

まだ判断するのは早計かもしれませんが…単純にまっさらに見た第一話だとすれば、この先どうなっていくんだろう? というハラハラ感や、このキャラを応援したい! というワクワク感は特にありませんでした。

見たいとは思っているのですが、見れるかどうかはわかりません。

投稿 : 2019/05/12
閲覧 : 177
サンキュー:

2

Luka さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

投稿 : 2020/06/01
閲覧 : 0

nana さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観たい

投稿 : 2020/05/04
閲覧 : 2

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2020/04/26
閲覧 : 5

1 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2020/04/24
閲覧 : 1

タケ坊 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/04/08
閲覧 : 5

GMVDY17867 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/03/29
閲覧 : 3

Sanson0123 さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/02/23
閲覧 : 4

KAZUROCK さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2020/02/04
閲覧 : 5

camus さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2020/01/31
閲覧 : 4

銀くじら船ブリキ丸 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

投稿 : 2020/01/25
閲覧 : 6

▲猫 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/01/12
閲覧 : 5
次の30件を表示

機動戦士ガンダム THE ORIGINのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
機動戦士ガンダム THE ORIGINのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

機動戦士ガンダム THE ORIGINのストーリー・あらすじ

“赤い彗星"と呼ばれるジオン公国軍のエースパイロット『シャア・アズナブル』と、彼の妹『セイラ・マス』の運命を決定づけた悲劇の始まりと過去〜2人の兄妹の流転の物語〜を背景に、サイド3の実権を掌握しジオン公国を統率するザビ家、ランバ・ラルや黒い三連星など「一年戦争」で活躍した数々のジオン軍の名高きエースパイロットたちの若き日の勇姿、戦況を劇的に変えることとなった人型機動兵器「モビルスーツ」の開発秘話、地球連邦軍との軋轢や開戦への道程など、「一年戦争」以前の過去の物語が、映像として初めて描かれていきます。(TVアニメ動画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2019年春アニメ
制作会社
サンライズ
公式サイト
www.gundam-the-origin.net/tv/index.html
主題歌
《OP01》LUNA SEA『宇宙の詩 ~Higher and Higher~』《OP02》LUNA SEA『悲壮美』《OP03》LUNA SEA『BEYOND THE TIME(メビウスの宇宙を越えて』《ED01》SUGIZO feat. GLIM SPANKY『めぐりあい』《ED02》SUGIZO feat.コムアイ『水の星へ愛をこめて』《ED03》SUGIZO feat. miwa『A Red Ray』《ED04》SUGIZO feat. アイナ・ジ・エンド『光の涯』
挿入歌
澤田かおり『By Your Side』澤田かおり『Don't Say Good Bye』

声優・キャラクター

池田秀一、古谷徹、潘めぐみ、浦山迅、銀河万丈、三宅健太、渡辺明乃、柿原徹也

スタッフ

原作:矢立肇・富野由悠季(『機動戦士ガンダム』より)
総監督:安彦良和、脚本:隅沢克之、音楽:服部隆之、企画:サンライズ

このアニメの類似作品

この頃(2019年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ