「夏目友人帳(TVアニメ動画)」

総合得点
90.1
感想・評価
4821
棚に入れた
22667
ランキング
45
★★★★★ 4.1 (4821)
物語
4.3
作画
4.0
声優
4.1
音楽
4.0
キャラ
4.1
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

夏目友人帳の感想・評価はどうでしたか?

ami さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

だいすき

初見よりも2回、3回目と見た方が好きになれる作品です。
ゆっくりと時が流れていく時代の男の子の成長記。
言葉の深み、関わるモノの大切さを感じ時には笑い、時には泣いて心が洗われます。

投稿 : 2020/06/04
閲覧 : 64
サンキュー:

5

offingbook さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

願い

2008年7月から9月まで放送。全13話。

祖母・夏目レイコが残した、
妖(あやかし)との契約書の束
“友人帳”を手にした少年・夏目貴志と、
招き猫の姿をした妖・ニャンコ先生。
そして彼等の元に集う、人と妖を描いた物語。

心に染み入るような物語。
どこか懐かしさを感じる空気。
繊細に描かれた登場人物。
優しく包み込むような背景音楽や主題歌。

今更僕が語る必要のない名作を、
今更ながらですが、
ちゃんと視聴してみました(笑)

人と、人ならざる者の交流や関係を描いた
作品では、どちらかといえば、
人間目線で、人間を中心に描く
作品が多いような気がするけれど、
この『夏目友人帳』では、人はもちろんですが、
妖という存在も、一つの命ある存在として、
深く丁寧に掘り下げ細やかに描いている印象です。

人であろうと妖であろうと、その心の姿は、
同じように尊く、人と妖、命の数だけ物語があり、
その一つ一つが胸に残りました。

登場する妖たちも個性的で、
けっこう愛嬌があるのも印象的。特に夏目と
行動を共にするニャンコ先生は可愛いです。
ニャンコ先生が登場するだけで、
物語がコミカルになり、
作品が緩やかになりますね。でも妖の中には、
夏目に危害を加えようとする妖もいます。

人と妖の間には境界線があり、
どんなに近付いても、
それぞれが生きる世界は違う。

でもだからこそ、相手に近付こうとする姿、
心に寄り添おうとする思いは美しく、
どうしようもなく切なく、
胸を締め付けるのかもしれません。

そして、様々な経験を経て、
妖との付き合い方、
人との向き合い方を学び、
成長していく夏目の姿も、
観ていて温かさを残してくれます。

形のない思いなのに、
儚く消えゆく存在なのに、
目には見えない願いなのに、
こんなに綺麗に映るのは何故だろう。

いや、

形のない思いだから、
儚く消えゆく存在だから、
目には見えない願いだからこそ、
こんなに綺麗に映るのかもしれないな。

『夏目友人帳』を観ながら僕は、
そんなことを考えていました。

投稿 : 2020/05/08
閲覧 : 198
サンキュー:

23

炒飯魂 さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

タイトルなし

最高すぎぃ

投稿 : 2020/04/18
閲覧 : 64
サンキュー:

1

ネタバレ

永遠のにわか さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

観直し中_φ(・_・

大好き

物語:良い
作画:普通
声優:メインキャストは良い。伊藤さんじゃないトウコさんなんて想像がつかない
音楽:素晴らしい
キャラ:良い

小学生並の感想
一話: {netabare} ヒシガキの印象が襲ってくる怖いバケモノからポカポカ叩いてくるすねた子どもになったとき、胸がキュッてなった。{/netabare}
二話: {netabare}覚えてもらったつゆ神様と忘れ去られたすすぎ。前向きな死と後向きな生。つゆ神様とすすぎが対照的だね。{/netabare}
三話: {netabare} 「触れ合わすのが心なら同じだ。」傷つけ傷つけられ、誤解も一生解けないままかもしれないのに、出会ったことに後悔はないと?夏目聖人かよ。人との触れ合いを諦めたコミュ障に希望を持たせるようなこと言うのやめてくださいよ。これだから夏目友人帳が好きなんだ。{/netabare}

投稿 : 2020/03/23
閲覧 : 73
サンキュー:

2

徳寿丸 さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

優しい

全期視聴済みです。
このアニメも原作は知りませんでした。そして猫派の私はニャンコ先生登場で視聴確定でした。
とにかく暖かい陽だまりのようなアニメです。登場人物が夏目を中心に皆優しい(勿論そうなるまでの過去の辛い出来事なんかもあります…ただ普通の人からすれば理解できないんだから仕方ない事なんですが…)。
この作品も所謂癒しという部類になるんですかね。私は出身がこんな山里の田舎なので情景が浮かんで子供の頃を思い出したりします。人と人ですら解り合えない時代ですが人と妖怪が解り合える世界があってもいいかもですね。

私のツボ:柊


伍・陸 視聴済。
これだけ続いてもぶれずに安定感ありますね。相変わらずにゃんこ先生はいい動きします。ついつい先生の動きみてるとニヤニヤしちゃいます。


私のツボ:塔子さんの靴下


OVA・劇場版視聴済(2020.2)
ニャンコ先生分裂!!

投稿 : 2020/02/26
閲覧 : 264
サンキュー:

8

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

人と妖怪の触れ合い

主人公の夏目は、一度祖母の記憶を覗いてしまうと、今までの嫌な記憶や出来事より、妖怪達に情が出て 彼等の気持ちを理解しようとします。
一見いたずら好きに見える妖怪も 気持ちを知ると優しい者。たった一度人と出会ったばかりに人恋しい者。そんな妖怪がなんと多い事でしょう。
悪さをするのは一部の者で、ほとんどが楽し可笑しで のんびりと暮らしているという優しい世界ですね。
1話完結で六期まで続いている作品ですが、一期は 心あたたまる話が一番多い様に感じます。第1話~第4話、第6話、第8話、
二期以降では、三期の第3話、第4話、四期の第4話、五期の第2話、第11話、六期の第8話、この辺りが個人的に好きな話です。
祓い屋関連よりも、夏目と妖怪の触れ合う話の方が好きで、あたたかい気持ちになります。
なっつめ様~  中級妖怪のペアーが、いい持ち味をだしていました。

投稿 : 2020/01/15
閲覧 : 130
ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

妖怪と人のハートフルドラマ

小さい頃から妖怪が見える貴志が、祖母レイコの残した「友人帳」に書いてある妖怪たちとのお話。
妖たちに名前を返していくうちに、色々な思い、気持ちに出会います。
誰かを大切だと思う気持ち。誰かに会いたいと思う気持ち。
それは小さい頃からひとりぼっちだった貴志に影響を与えていきます。
また、よく知らなかった祖母が、妖(あやかし)に名前を返す時に昔の祖母の思念が入ることで、祖母という人を、妖たちを知っていくことになります。

この物語の舞台は自然が多くて森も近くにあって。「ふらいんぐうぃっち」もそうだったけど都会ではこの雰囲気は出せないなと感じました。
にゃんこ先生って、うしおととらのとらみたいな感じでしょうか。
毎話、ラストからEDへの入りがいいですね。EDもまったりした感じで癒されます。OPも良かったです。
皆さんの評価も高いので、視聴してみましたが、評判通りの作品だと思いました。
じわっとしたり、まったりしたりする話が多かったので私好みで満足です♪
各話のレビューは以下のとおりです。

1話
{netabare}貴志がにゃんこ先生と友人帳に出会い、物語は始まります。
昔レイコと友達になったヒシガキが、レイコに名前を呼ばれることを長い間ずっと待っていたけど一度も呼ばれることがないまま月日が流れて・・
これを見て、手塚治虫の雨ふり小僧の話を思い出しました。こういう話ってじわっときますね。{/netabare}
2話
{netabare}雨乞いの神として祀られていた妖の露神。昔は沢山拝んでくれたけど、今はたった一人だけ。
そのお婆さんも病気で亡くなり、信仰してくれる人がいなくなり、露神は姿を消してしまう。
時代の流れとともに、こういう古いものは忘れ去られていくけど、ちょっと寂しい気持ちになります。{/netabare}
3話
{netabare}妖怪から、自分たちをいじめる人間を退治してくれないか、と言われるけど・・
その正体は近くのお寺に引っ越してきたお坊さんで、息子が体調を崩しやすいため、周りをお浄めしていたみたい。
その息子の田沼要くんも妖を感じることができるみたいだけど、貴志と友達になれるのかな。{/netabare}
4話
{netabare}学校で肝試しをすることになったんだけど、みんな次々とどこかへ消えてしまって。
昔ここに閉じ込められた福神が、人を恨み妖になってしまい、その妖が原因みたい。
その妖は元々とてもやさしかったのに、ちょっと妖がかわいそうでした。{/netabare}
5話
{netabare}レイコに名をとられた妖のサントと喧嘩した妖のミクリを会わせるために霧が森へ行くことに。
ミクリは負の感情を地霊に利用されて暴れてたけど、正気に戻ってサントと仲直り。
傍から見ると喧嘩してるみたいだけど仲がいい妖たち。貴志は何を思ったんだろう。{/netabare}
6話
{netabare}ダムの底に沈んだ村。そこにいた燕の妖に会いたい人がいるので連れて行ってほしいと頼まれて。
それは昔、よくエサをくれたやさしい人。その人は見つかったけど、燕の声は聞こえない。
ひぐらしの鳴き声とピアノの音がまたせつない情感を誘います。
妖を友だと言って、懸命に人間の姿になれる浴衣を取ろうとする貴志を見て、手助けするにゃんこ先生。
浴衣を着て会いに行く燕。ラストの燕がはにかんだ笑顔で写っている写真を見てうるっときました。{/netabare}
7話
{netabare}森で他の妖にいじめられていた子狐を助けた貴志。
子狐は貴志に興味を持って、会いたくて人間に化けて会いに行く。
義父母と幸せそうにご飯を食べてる姿を見て、貴志がひとりぼっちじゃないことが分かって帰ろうとするけど・・
このエピソードすごく好きです♪見てると気持ちがほっこりしてきます(*^_^*){/netabare}
8話
{netabare}妖が見えていたのに、ある日突然見えなくなった男の話。
貴志はその話を聞いて、なぜか嫌だと思ってしまう。以前はそう願っていたのに。
男は女性と出会い、結婚することになって、蛍の妖は本当の蛍に戻って男に最後の別れを告げに・・
綺麗で儚いお話でした。{/netabare}
9話
{netabare}貴志と同じように妖が見える俳優の名取にお祓いの手伝いをしてくれないかと言われて。
でも名取は貴志とは妖について考えがちょっと違うみたい。{/netabare}
10話
{netabare}アカガネという妖にアサギという妖に琴をもう一度弾かせたいから体を貸してくれと言われて。
寝てる間にアサギが憑依して、結局協力することに。
琴を一から作って、森の中でアサギが美しい音色で弾いて。{/netabare}
11話
{netabare}にゃんこ先生の回♪
貴志とケンカした先生が、数日ぶりに帰ってみると他のネコがいてショックを受ける先生(>_<)
落とし穴の中で出会った女の子とのやつとりも微笑ましかったです。{/netabare}
12話
{netabare}妖怪に呪いをかけられてしまい、ヒノエという妖に五日後に死ぬと言われる。
ヒノエからもらった巻物で召喚したシキにより、呪いの妖怪は消えた。
貴志が召喚主としてふさわしいかのテストだったらしいけど、死んだらそれまでって妖は怖いな(-_-;){/netabare}
13話
{netabare}秋のお祭り。7話の子狐や、名取など、以前登場したキャラが色々と。
やっぱり子狐ちゃんいいなあ(*^_^*){/netabare}

投稿 : 2019/12/24
閲覧 : 166

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

友人たち

わたしがはじめて見た深夜アニメです。
それまでもちらっと見る夜中の“大人向けアニメ”に興味がなかったわけではないのですが、自分がこんなにもこの世界にハマるとは思っていませんでした。

会社の同期の友人からの「これアニメなんだけどすごく良いから見てみ!夜中だけど録画して!」と勧められたのが始まりでした。
4期が始まる時にリアタイで見始めて、同時にレンタルで1期から見始めるというとても変則的な見方で、わたしはこの夏目友人帳の世界に入り込んでいったのです。

けれど、彼女はもともとそんなにヲタという程でもなく、しかも結婚を契機に完全に脱ヲタしてしまい、一方すっかり夏目貴志くんに恋してしまったわたしはそのままズブズブと深夜アニメ沼にハマっていくことになりました。
彼女はいまやすっかり奥様です。たぶん6期は見てないでしょう。

というわけで、わたしのアニメ人生は、熱くなった頃には誰も語り合える友人がいない・・・という淋しいものになってしまったのです。

どこが「友人帳」だ。
わたしは貴志くんのせいでレイコさんのようにひとりぼっちではないか。
でもいいか。
わたしには貴志くんがいるからいいか。
いいのか???


なので普段はまったくの「隠れヲタ」なのですが、でもわたしのこの大人になってからのアニメ好きを知っている友人はいて、高校時代からのたぶん親友と言っていいと思う子なんですが、何とか仲間に引きずり込めないかとこの夏目友人帳をうちで座らせて見せたことがありました。

そこは選びに選んで1期6話 『燕』の回。(どうです?ベストチョイスでしょ?)
最初は「いいお話!」ってちょっと涙ぐんでくれたもので、わたしが調子にのって貴志くんがいかに色っぽいかを力説し、特に名前を返すときの恍惚とした悩ましい表情がたまらんからと、確か『時雨』の回を見せて、貴志くんがうっすら目を閉じて「ふぅっ…」って名前を吹き上げるその瞬間に、「ここだっ!」って叫んで振り返った時、わたしは長い付き合いでも初めてくらいの可哀想な子を憐れむ目で見返されました。

きっとその時わたしは鼻息荒く顔をほてらせていたのでしょう。
ちょっと馬の妖怪っぽかったのかもしれません。

それ以来、わたしは彼女にはわたしの趣味を許容してもらえていればそれで充分、と思うようにしています。



「友人帳」というタイトルなのに、貴志くんはひとりぼっちです。
だんだんと人間の友人も増えていきますが、でも貴志くんと同じように”見える”友人はほとんどいません。
それでも理解しようとしてくれる何人かの友人が、本当に優しくて、嬉しくて…。

2期のエンディングの雪の上の足跡を思い出します。
貴志くんひとりだけだった足跡に、曲がりくねっていろんなところからだんだんと近づいてきて、やがて並んで歩いてくれる足跡たち。


わたしはこのあにこれに入って、何人かアニメで語り合っていただける人たちと巡り会えて、実はそれはわたしにとってはひとりぼっちのトンネルからやっと暖かい光のある場所に出てこられた…みたいなすごいことだったんです。

みなさんのことを「友人」なんてお呼びしてはいけないのかも知れない。
ネットでのお付き合いなんてはかないものですものね。
貴志くんも妖怪のことは「友人」とは思ってないのかも知れないし。

だけどわたしにとってこの場所という「友人帳」は、他にはない大事な宝物です。

そうなの?と言われても
でも、そうなんだからしかたありません。

投稿 : 2019/12/21
閲覧 : 268

退会未定のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

紙を口に挟むところ好き

ほのぼの日常系。もとい、非日常妖怪譚。

投稿 : 2019/12/07
閲覧 : 63
サンキュー:

1

和光同塵 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

心洗われる

心が洗われるんですよ。
普段きたねーのでね。

投稿 : 2019/12/03
閲覧 : 73
サンキュー:

1

ネタバレ

ウル さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

雰囲気がめっちゃいいです

1話読み切りで見やすく、見ていて心が温かくなります。
またノスタルジックな雰囲気があって、その雰囲気と音楽がすごくあっています。
物語ラストの音楽からのEDの流れが本当に素晴らしいです。
1話見るごとに癒されるのがわかる。
派手さはない、個性的なキャラクターでもない、けど確かに心に残ります。

これっといって悪いところはないですけど、{netabare}
主人公が名前を返すところをニャンコ先生がもっと必死に止める描写があってもいいのと思うぐらいです。 {/netabare}
あとは、キャラクターの書き分けがもうちょっとわかりやすかったらなと思いました。

気になるのはそれぐらいで、あとは素晴らしいと思いました。

レビューで語れる所は少ないですが、いい作品なのは間違いないです。

癒やされたいって思う人にかなりおすすめです!

2期も見てみたいですね!

あと、ニャンコ先生可愛すぎます!

投稿 : 2019/12/01
閲覧 : 90
サンキュー:

14

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

夏目に聞いてみたい

夏目たかしは子供の頃から妖怪が見える男の子
お父さんもお母さんもいない独りぼっちの男の子

あるとき
新しい親戚のうち(とってもいいおばさんがいる)
に引っ越してきた夏目は

あるときおばあちゃんが残してくれた友人帳をみつけた
おばあちゃんもひとりぼっちだったんだけど
でも妖怪のお友だちはたくさんいたみたい

友人帳に名前が書いてあったのはそんな妖怪たちなんだ

ある日夏目はにゃんこ先生っていう妖怪にあって
にゃんこ先生はぶくぶくのぶたねこだったw
でもほんとはかっこよくて強いまだらっていう妖怪だ

友人帳を見つけてから夏目の所には
自分たちのなまえを返してもらうために
次々に妖怪たちがやってきたの

夏目はにゃんこ先生に助けられながら
来た妖怪たちになまえを返しはじめたんだ

でも
どうして妖怪は友人帳のなまえを返して欲しいのかな?
友だちだからいいんじゃないかな?

友人帳のなまえが傷つくとじぶんの体も傷つく
だからかな?他にもあるみたいだけどよく分からなかった


にゃんは思った
夏目とにゃんは似てるって(うん)
にゃんも小さい時からときどきいない人を見たりしたし
友だちもあんまりいなかった
そしてにゃんこが大好きだったし

でも
違うところは夏目はとってもやさしい
にゃんみたいに人をうらんだりしない
どうしてあんなにやさしくなれるんだろ?

いっぱい傷ついてきたはずなのにネェ?

見ていると夏目のやさしさに泣ける
だれにも分かってもらえなくっても
そのやさしさは変わらない

そして妖怪たちとほんとの友だちになったり
人間の友だちができてくるのにちょっとうれし泣き(そう)

そしていつも
にゃんが大好きなにゃんこ先生もそばにいる

新しいうちのおじさんおばさんもいい人だし
いままで悲しいだけだった夏目の毎日が
ここに来て何かが変わってきたみたい。。


にゃんも
「あにこれ」に来て何かが変わったみたいだナって思う
にゃんをうざがったりしないみんなと
にゃんこ先生はいないけど話を聞いてくれるお兄ちゃん
おっちゃんたちが応援してくれる!

だからうれしいんだ♪

きっと夏目もこんな感じじゃないかなぁ。。
こんな風に感じてるんじゃあないのかな?

あんまり感情を出さない夏目に
いちど聞いてみたいナ。。。

投稿 : 2019/11/30
閲覧 : 2442
サンキュー:

382

maako さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

安定

夏目は安定に面白い!ただ次、はよ次観たい!!!とかでは無い、ゆっくり暇な時にのほほんとみる。そして心があったまる。そんなアニメ

投稿 : 2019/10/22
閲覧 : 78
サンキュー:

1

めかぶ さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

優しさとひとつぶの涙

舞台は原作者の故郷で熊本県の人吉

主人公の夏目 貴志
妖怪が見える祖母の力を引き継いでおり彼女が過去に
自身の子分として従わせた妖怪の名前が書いてある友人帳

それを受け継ぎ妖怪に名前を返していくというお話

第一話でほぼこれからのお話の基本設定が語られます

まとめると
夏目には妖怪が見えて、そのせいでたびたび困らされている

幼少期は親戚の家を転々としており、妖怪が見えることは理解されなかった
今は妖怪が見えることを秘密にしている
祖母レイコも同じように妖怪が見え、孤独を抱えていた

レイコの遺品である友人帳には、名を書かれている妖怪を従える力がある
そのため友人帳を狙って襲ってくる妖怪がいる

ニャンコ先生は本体の斑が招き猫の依り代に封印された姿で
夏目の用心棒をして名前の返還に協力する代わりに
夏目の死後に友人帳を譲り受ける約束をし
レイコとも面識がある

一話でこれだけの説明がありますので
あとはがっつり六期+αまでこの優しい世界に浸ってください
基本的に一話完結型で観やすいのもとても良いです

妖怪とのふれあいが優しいだけでなくギャグもあり
登場キャラもとても魅力的で
全体的に非常に完成度が高いです

幼少期のエピソードは可哀想ではありますが
それだけに今の夏目がいかに幸せであるかひしひしと伝わってきます

「レイコには会えたかい?」

二期までは原作に近いややあっさりとした作画となっています

どうぞ楽しんでください

投稿 : 2019/08/22
閲覧 : 149
サンキュー:

4

ネタバレ

ライロキ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

心が落ち着くし、優しい気持ちになれる。

祖母と同じ妖怪を見ることができる能力が強く孤独に生きてきた
主人公が、祖母の形見の友人帳に書かれた妖怪の名前を返すこと
を決心し、それを通じて祖母の記憶を見ることで、自分と同じ能力
を持つ祖母がどんな人だったのか興味をもったり、人間とも妖怪とも
心を通わせる物語。
ストーリーは抜群ですね。心が浄化されます。6期まですべて視聴
済みです。単発ごとの話はもちろん面白いし、祓い屋とのからみの
話も今後どうなるのか楽しみだし、祖母(レイコさん)の過去も
もっと知りたいし、ニャンコ先生もかわいい。

投稿 : 2019/08/17
閲覧 : 138
サンキュー:

10

える908 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

優しくて、さびしくて、静かで暖かい日々。

交信あるレビュアーさんからのお勧めもあって、
今回、観てみました。

妖怪と人間の、
対立とか反目とかもある、
でも、お互いに友人を求めてる、
そんなさびしい存在同士の、
ひとときの交歓や会瀬や慈しみを描いた、
とても優しい、
触れ合えることが、
それだけで嬉しい、
そんな物語が、
水彩画のように、
つつましく、
いとおしく、
描かれていました。

人間も、
妖怪も、
等しく慈しむことのできる。
そんな主人公が、
とても美しい。

そう思える作品でした。

投稿 : 2019/08/09
閲覧 : 157
サンキュー:

21

ネタバレ

re2oh さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

面白いです。

基本的に一話完結なので見やすくだらつく事もなく、
雰囲気も終始いい感じのままで良。
涙することもしばしば。
是非、一話見終わった後のEDまで見て余韻に浸ってください。

投稿 : 2019/07/11
閲覧 : 213
サンキュー:

4

えりお さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

何度見ても素晴らしいです

ほのぼのしてて好きです。
あやかし一つ一つにストーリーがあって面白いです。
主人公の夏目も素敵な人達に恵まれてよかった。
にゃんこ先生飼いたすぎる୧꒰*´꒳`*꒱૭
そして、やっぱり音楽も素敵です。

投稿 : 2019/06/20
閲覧 : 117
サンキュー:

2

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

優しい世界があってもいいのだ

この作品から、なにか懐かしいものを感じた。

今まで忘れかけていた感覚が蘇ったかのようになる。

豊かな自然、生きるものたちの温もりを直接感じられるアニメだった。

投稿 : 2019/06/02
閲覧 : 115

もちごめ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ゆったりとした時間

ゆったり見られるアニメです。
ニャンコ先生はぬいぐるみなどで度々見ていたので、ニャンコ先生だけ知ってました笑

そして人気があるのを聞いていたので、視聴してみました。
内容は基本的に一話完結型です。
妖怪は、心優しい妖怪、口は悪いが慈悲深い妖怪、憎めない妖怪、中には主人公を襲う怖い妖怪もいます。(たまにギョッとする事も…)

でも、全体を通すと優しいお話が多い印象で、そのストーリーにジーンと心に染みるものがありました。
第2話が、個人的に余韻に残るものがありました。
ジーンと来るタイミングでEDの夏夕空が流れるので、更に涙が…。

最初はそこまで期待せずに見始めた作品ですが、自分の肌に合っているのかな。
とても素晴らしい作品に出会えたなあと思います。

他の作品を並行して見て、その息抜きにこの夏目友人帳を見ています。

投稿 : 2019/05/06
閲覧 : 108
サンキュー:

4

みろり さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

儚く切なく優しい

この作品と出会ってからもうどのくらい経つでしょうか。初めはニャンコ先生の可愛さに釣られて見たものの、話が良くて大好きになり、暇があれば見るくらい大切な作品の一つです。あやかしが見える夏目貴志のお話ですが、視聴者側は多分「見えない」側が殆どでしょう。でも、夏目を通して見える側にも見えない側にもなれる作品何ですよね。だけど、見えても見えなくても、切ないものです。自分で言うのもあれですがとても美しい涙を流せる作品だと私は思っています。邪悪な?心が浄化されていくような。私は自分の心が荒み始めてる気がした時に夏目を見ます。見えるものが全てじゃないと遠回しに言われてる気がします。夏目を見ると些細な日常も大切にしようっていう気持ちになりますね。素晴らしくて不思議な作品なんですよ。

投稿 : 2019/04/16
閲覧 : 146
サンキュー:

4

ネタバレ

tinzei さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ニャンコ先生

『夏目友人帳』全体の評価。


昔から妖怪が見えるせいで周りからイジメられていた夏目は祖母の遺品である友人帳のせいで妖怪からも狙われる、妖怪から逃げている途中で封印を破ってしまいブサイクな猫が現れる。


夏目がニャンコ先生と共に友人帳の名前を返したり、妖怪の困りごとを解決したり、時には襲ってくる妖怪を退治したりする。
基本的に一話完結で一話につき一匹以上の妖怪が出てくる、妖怪と言っても世間的に知られている妖怪はあまり出てこない、作者オリジナルなのかマイナーなだけか・・・


ovaと映画も足せば80話近くある、朝夕方枠ならまだしも深夜枠だけでここまで続くのも珍しい、そして六期まで続いてるだけあって面白い、一話完結で見やすいし、各ストーリーも感動話だったり日常話だったり様々、話数も多いから人にもすすめやすいし、最悪途中から観ても(おそらく)理解できる、ホント非の打ち所がない作品。
そこまで難しい内容でもないし下ネタやグロもないから朝夕方枠にやっていてもおかしくない、というかこの一期の再放送は夕方にやったらしいし、ワンチャン七期は夕方かな、、、、、、、、いやないな。


声も豪華、主人公に神谷さん、神谷さん自身これが代表作になっているしある意味これが出世作なのかな?
ニャンコ先生は井上和彦さん、普段のブタ猫状態の声とマダラ状態の声の使い分けがすごい、最初ブタ猫状態は別の声優さんが当ててるのかと思った。
他のレギュラーキャラやゲストキャラ(妖怪)も結構豪華、というか話数が重なれば重なるほど増えていくから豪華にもなっていく、☆評価はレギュラーだけの評価。

自分用
1→ニャンコ先生との出会い
2→死にかけ老婆と祠の小さい神、ツユカミ
3→中級、ミスズ登場、田沼との出会い
4→肝試し、笹田とシグレの過去
5→切符、サントとミクリに会いに行く
6→ダムに沈んだ村の妖怪ツバメ、人間に会いに行く
7→子供狐の妖怪が夏目に懐く
8→妖怪が見えなくなった人とホタルの妖怪
9→名取登場、柊との出会い
10→琴を弾くために夏目に憑依
11→ニャンコ先生の家出
12→ヒノエ登場、メリーさんみたいな影
13→祭り、子狐が夏目に会いに来る、田沼が夏目のことを知る

投稿 : 2019/03/13
閲覧 : 139
サンキュー:

3

既読です。 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

いい作品だと思います。

現実に病んでいる方には
「見える」みたいですね。

主人公は「見える」設定ですが
現実問題として身近にも
「見える」人たちがいる訳で、
彼ら彼女らは他人に理解されず
困っているのでしょう。

あり得る設定です。

で、アニメとしての評価ですが
とても優しく鑑賞後にしんみりとなる
良作アニメだと思います。

主人公の「友人」は、

「人」なのか?「あやかし」なのか?

たぶん・・・

ありのままの夏目君を受け入れてくれる
そんな存在が「友人」なのでしょうね。

投稿 : 2019/03/05
閲覧 : 171
サンキュー:

5

プクミン さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

雰囲気は好き

主人公の夏目貴志は、妖怪が見える。
友人帳とは、妖怪の名前が書かれてあり、その妖怪は持ち主に従う契約になっている。
でも友人帳は元は祖母の持ち物。
それを孫である主人公が持つ事になり、物語が始まる。

激しいバトルでも無く、特別仲良くという訳でも無く、ちょっと独特の雰囲気。

だけど物語の方向性、主人公の目的や目標が見えないので、面白くなくなり断念。

良さそうな作品の雰囲気はありました。

投稿 : 2019/02/27
閲覧 : 144
サンキュー:

6

たま さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

夏目イケメン

どちらかというと女性向け?

主人公最強ですよ!(霊力とかが)
主人公最強、特殊能力設定が好きな方にもおすすめしたいです。

投稿 : 2019/01/22
閲覧 : 195
サンキュー:

2

てっく さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

一視同仁の美しい友人達

始めに。
『美しい』とか、『心地よい』とか。
そう言った感情が、ふと現れた。そんな作品でした。
メカニズム的は事は、上手く言い表せません^^;

<あらすじ>
夏目貴志は幼い頃に両親と死別し、親戚をたらい回しにされて来た。
親戚をたらい回しにされた原因でもある、『アヤカシ』と呼ばれる存在が見える貴志は、そのせいで周囲には変な目で見られ、いつも孤立していた。
そんな中、毎度のごとく妖に追われた先の神社で猫の姿をした妖と出会う。
その妖から、貴志の祖母にあたる『夏目レイコ』と間違われて妖に追われてることや『友人帳』の存在を聞かされることになる。
友人長とは、レイコが妖と勝負し、勝った暁に妖に名前を書かせたもので、名前を書いた妖はレイコに呼ばれればいつでも参上し主として従う契約書の様なもの。
猫の妖は貴志が持つ友人帳を狙っていたが、レイコとは違う雰囲気の貴志に興味を持ち、しばらくは貴志の用心棒として友人帳を見守ることにする。
友人帳を手にした貴志は、友人帳に記された名前を元の妖に返そうと決意し、猫の妖を『ニャンコ先生』と名付け、多様な妖達との物語が始まる。


お節介で自分より他人を優先する姿は、まさに、阿良○木くんである。
いや、一緒にしてはイケないのだが、どうしても引っ張られる。
神谷さんと言うだけで、テンションは上がりますから↑↑

妖にも多様な妖が居て、友人帳の力を手にせんと強欲な妖もいれば、心優しい妖も居るなど、個性豊な妖達。
そんな彼らとの関わりの中で、何か「心地よさ」を感じる。


「人だとか妖だとかそんなことじゃなくて
自分にとって大切なのかどうか
その瞬間の想いや幸せを心のまま素直に
迷うことなく受け止めていけたらと思う」

この言葉に全てが詰まってる。そんな素敵な作品。



とまぁ、彼の活躍を見届けたくなる作品。
シリーズが多いので、追って観て行きたくなる作品です。

投稿 : 2019/01/16
閲覧 : 164
サンキュー:

20

キシリトール昆布 さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

やさしい

こんなにも優しい物語は久しぶりに見た。
絵もクセがなく受け入れられやすい。
心に響くモノは今流行のグロイものだけではないと気づかせてくれる。

投稿 : 2018/12/27
閲覧 : 231
サンキュー:

6

一言 さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ほのぼのしたい、心疲れた人にぜひ勧めたい

一言で言えば、妖との少し切なくほっこりする日常アニメ。


一期放送当初は視聴していませんでした。
アニメをチェックする度に夏目友人帳の新作がやってて、5期とか6期という表記を見るたびに、そんなに続くってことは面白いのか…?でも一期見てないから急に途中から見るのは……という理由でスルーし続けていたんですが、、。

視聴し始めること、もう4期後半です。
2018年10月公開の劇場版にも足を運びました。

いやはや…本当に良い作品です。
夏目友人帳を6期まで身終えてしまったら…考えるだけでおそろしい。
多分辛すぎて絶望さえする…。
今や会社から疲れて帰ってきた時や、憂鬱になっている日曜夜の精神安定剤になってます。なので一気見せずにゆっくりみるほどです。(無論、一気見が向いてる作品ではないですが)

あまり作品の説明になってないですが、言わんとすることは伝わったと思います。


人と妖怪の優しさにほっこりしたり、ちょっと切ない話があったり。
でも最後にはあたたかい気分になっている、この世界観が大好きですね。
6期まであるということで長いために避けてきた人や、少女漫画出身の作品ということでなんとなく視聴を断念している人、日常アニメ、特にほっこりするアニメが好きならぜひ視聴してみてください。

きっと合うと思います。


ただ、日常アニメがそこまで好きではない人や、妖怪もの、アクション、ラブコメ要素を求める人にはオススメしません。
自分は好きだから全く飽きませんが、同じような展開はやっぱり多いので、そこで退屈と感じる人もいるかも。

まずは一期からどうぞ。

ちなみに4期までみてますが、op.edも良い曲かなり多いです。
一番好きなopもedも、今の所どちらも一期かな。

曲だけでも聞いてみてはどうでしょうか。

投稿 : 2018/11/23
閲覧 : 150
サンキュー:

5

ネタバレ

KINAKO音大生 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

夏目友人帳

こんなに情緒がある、妖怪、幽霊、あやかし関係のアニメはすごい。
新しいあやかしの付き合い方に感動した。ただの妖怪成敗的なアニメも多く、逆に妖怪と仲良しだけのアニメは沢山あるが、ここまで、あやかしと対等に距離感ある付き合い方にも関わらずなんとも言えない温かさがこめられるアニメはもう出てこないんじゃないか?と思わせるぐらいの作品です。主人公の非力さも好きだな。変に強かったらここまでの作品にはなれなかっただろうし。

投稿 : 2018/11/06
閲覧 : 139
サンキュー:

3

次の30件を表示

夏目友人帳のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
夏目友人帳のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

夏目友人帳のストーリー・あらすじ

魔妖怪が見える少年、夏目貴志はある日祖母の遺品である「友人帳」を手にする。しかし、その「友人帳」は祖母・レイコが負かし、名を奪った妖怪の名が書いてある契約書だった。
それ以来、名を返してもらおうとする妖怪達から狙われるようになってしまった夏目は、とあるきっかけで用心棒となった妖怪のニャンコ先生と共に、妖怪達に名を返す日々を送りはじめる─。(TVアニメ動画『夏目友人帳』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2008年夏アニメ
制作会社
ブレインズ・ベース
公式サイト
www.nasinc.co.jp/jp/natsume-anime/
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%8F%E7%9B%AE%E5%8F%8B%E4%BA%BA%E5%B8%B3
主題歌
≪OP≫喜多修平『一斉の声』≪ED≫中孝介『夏夕空』

声優・キャラクター

神谷浩史、井上和彦、小林沙苗、石田彰、堀江一眞、伊藤美紀、沢城みゆき、木村良平、菅沼久義、藤村歩

スタッフ

原作:緑川ゆき(白泉社『月刊LaLa』『LaLa DX』連載)、 監督:大森貴弘、シリーズ構成:金巻兼一、キャラクターデザイン:高田晃、妖怪デザイン:山田起生、美術:渋谷幸弘、色彩設計:宮脇裕美、撮影:田村仁、編集:関一彦、音楽:吉森信

このアニメの類似作品

この頃(2008年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ