新型コロナウイルス感染症(COVID-19/SARS-CoV-2)の感染拡大の影響を受け、一部作品の放送・配信時期に延期、変更が発生しております。
掲載している放送時期と異なる場合がありますのでご了承ください。

「リコリス・リコイル(TVアニメ動画)」

総合得点
84.0
感想・評価
739
棚に入れた
1912
ランキング
285
★★★★☆ 4.0 (739)
物語
3.7
作画
4.2
声優
4.0
音楽
3.9
キャラ
4.1

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

リコリス・リコイルの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

プラ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

謎を多く残したまま終わってしまった・・・

2022 年・7~9月期のアニメでいちばん話題になった作品ということもあって、期待大で見始めた。確かに、キャラもかわいくて作画も良いので人気が出そうだ。しかし、期待しすぎてしまったのだろうか、内容は不十分に感じてしまった。

面白くないわけではないが、最終回にかけて展開が怒涛すぎる。ちょっと詰め込みすぎ。謎を残して終わること自体は悪くないが、考察させたいならもっと分かりやすくしてほしかった。

〇テロリストは大方処分されたけど、真島はまだ生き残っているようだし、最終的な解決には至っていない。
〇相手が悪党とはいえ、少女たちが平気な顔で人間を銃撃していくのは少し違和感を覚える。
〇秘密警察組織ができた理由は?そもそも、テロリストの目的は?

投稿 : 2023/02/06
閲覧 : 29
サンキュー:

2

ネタバレ

ノエル さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

気楽に観れる面白さ

少女を殺しのエージェントするという設定では、ガンスリンガーガールが傑作ですが、そういう切なさや悲愴感はなく、ハッピーエンドです。日常的なシーンも多く、設定の重さが伝わって来ないので、単に面白かったというだけの評価ですが、後半の真島との戦いは良かったです。もう少しシリアスに悲劇的な部分もあって終わった方が、心に残る作品になった気がしますが、気楽に観れて面白かった、というところで、まあいいかって感じです。根本的な解決をしてないので、2期があるのかもしれないですね。

投稿 : 2023/02/05
閲覧 : 19
サンキュー:

2

metabo さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

会話のラリーが心地よい

可愛い、元気いっぱい、会話がおもしろい

話題に上がっていた作品にはそれなりの理由があるということを証明してくれました。

「カタいのかな?」でお茶吹いたことは忘れません。

投稿 : 2023/02/04
閲覧 : 18
サンキュー:

2

是正 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 2.0 作画 : 5.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:途中で断念した

自分は切ったけど人気があるのはわかる

絵が綺麗でキャラ魅力に優れているため人気があるのはまあわかるけど自分は4~6話くらいでまあもういいかなってなった。
ただ自分は切ったけど好きって言う人がいるのは全然理解できるクオリティしてると思う。主人公かわいいしね

投稿 : 2023/02/02
閲覧 : 32
サンキュー:

1

ネタバレ

ヘンゼル さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

設定は大味、しかしキャラクターの完成度は高い

リコリスという日本を裏で支える治安維持組織が、日本の犯罪者を問答無用で銃で撃つという、バイオレンスな作品かと思いきや、リコリスという組織に忠実で躊躇なく人を撃てるが、人との関り方が下手な「井上たきな」という女の子と、自由奔放でリコリスでも最強であるが、不殺の主義を貫き人付き合いが上手い「錦木千束」という女の子の二人が危機や付き合いを通じてどう変わっていくかを味噌とした作品である。

こういった作品で似たような作品と言えば、ゾンビ映画が挙げられるだろう。ゾンビという危険や壁を乗り越える人間ドラマを主軸とし、ゾンビという敵をそこまで深堀りはしないし、設定も大味な場合が多い。

リコリスリコイルで、ゾンビの役割を果たすのは、「リコリス」という組織、そして「真島」という敵の存在である。彼らに対してそこまで深堀りはされずに話は進むため、ストーリーに重きを置いている人達からすれば好みに合わないと思う。本作品はあくまで、二人を主軸とした物語である。それらをメインに、世界観や設定はあくまで副菜かデザートのポジションで見れば良いのかもしれない。

本作品の特徴は「百合」(女性同士の恋愛関係)に近い友情を上手く描いている点である。たきなが千束と関わっていくうえで、心の内が開けていく様は、表現としてもとても上手く、距離が縮まり、いつしかかけがえのないものになっていくのは観ていてとても心が温かくなった。
アクションシーンの作画もものの見事に描き切っていて、最後まで力尽きることなく完成しきった制作陣の方々には感謝しかない。

彼女たちはどこか不器用で、どこか繊細で、しかし信念や自分を持っている強い女の子である。そこに愛らしさも兼ね備え、まさに2022年を象徴するアニメキャラクターの一員になったであろうという事は間違いない。

ブレないテーマを貫き、魅力的なキャラを生み出した本作品は星4.3とする。

投稿 : 2023/02/02
閲覧 : 38
サンキュー:

1

カミタマン さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

彼岸花推しなのか??

2023/01/29 初投稿

良かったです!!

何が良かったって?千束ですw
もうちょい限定すると,千束の声というか話し方なのかな?
口調,イントネーション,アクセント?
なんか分からないけど,聞いていると幸せ♪ずっと聞いていたいw
オマケですがビジュアル的にも好みです。大きいけど,ブルンブルンわざとらしく揺れたり,ピッタリとラインが強調される乳袋を装備したりして自己主張しないのが好感度高いです。
さらにオマケで,弾丸を躱すアクションが意外に快感w
新たなアニメの表現の定番になり得る新発明と言えるかも!

もう一度言わせて下さい,千束の声が最高でした。演技なのか素なのかは不明。普段声優にほとんど興味持っていないのですが 安済知佳さん調べました!
「刻刻」の佑河樹里「灰と幻想のグリムガル」のメリィ印象に残っていない・・・
「響け!ユーフォニアム」の高坂麗奈。「響け!ユーフォニアム」まだ見ていないので見ないと!

「リコリコ」な話に戻ると
ストーリーもまあまあ面白かったと思います,ストーリー偏差値57くらい(もちろん適当な値ですw)
引っかかりポイントは,とにかく命が軽く感じられること・・・結構致命的なのですが,軽すぎてもはや重大に感じられないレベル^^;
千束は実弾使わない設定なのに,それでもどうしようも無く軽く感じます・・・

雑談
最近アニメにリコリスって良く登場する印象
どうやら彼岸花を含む種類の総称らしいけど,アニメではほぼ彼岸花が描かれている印象(印象ですので,事実と異なっている可能性有り)
ぱっと思い浮かぶところでは,86で彼岸花が出ていたシーンが印象に残っています。あとSAOでなんかリコリスなんとかってあった気がする・・・
って,具体的に思い浮かんだのは全部A-1 Picturesの作品ですね・・・
社内でブームになっているのか?
自分としては,彼岸花って不気味なイメージなんだけど・・・
見た目蜘蛛っぽいし,名前も不気味だし,お墓の近くで見るし,毒あるし,とにかく独特の生態だし・・・推す意味が分からない

さらに別件ですが
A-1 Picturesと言えば,最近のA-1 Picturesの作品によく見られる,トレス線の白い縁取りが無かったので良かったです!

最後にもう一回!
千束の話し方が最高でした!!

投稿 : 2023/01/29
閲覧 : 166
サンキュー:

23

ネタバレ

37111 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

たきなが人間になる物語

たきなが千束に影響されだんだんと人間の心を取り戻していく様が非常に秀逸に描かれている。
人間の心を取り戻すにつれ千束に恋愛とも家族愛とも異なる愛情を募らせる。
千束の余命が少ないことが分かると、他を全て投げうってでも助けようとするその愛の深さ。でもそれを咎める千束。
最終的にハッピーエンドに落ち着くところもこの物語のすばらしさ。

全13話に無駄な部分が一切なく、千束もたきなも、リコリコのメンバーもDAの名前のある人たちも、そして真島さーんも全てキャラが立ってて良かった。

2022この作品に出合えてよかった。

投稿 : 2023/01/16
閲覧 : 81
サンキュー:

15

Sophia さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

良くも悪くも普通

楽しんで見れるラインの作品。
最初から最後まで特に驚かされることはなく、見れた。
尖ってないのでthe普通。
ガンスリをマイルドにキャッチーに作った故に強烈なインパクトもなく、数クール後には「そんなんあったな」くらいで忘れるだろう。

投稿 : 2023/01/09
閲覧 : 74
サンキュー:

2

ネタバレ

ちょま さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

あの特製スイーツ食べたい

日本の平和維持のため密かにテロリストや犯罪者を抹消する秘密組織、という設定のもと、命令違反で左遷されたエージェントのたきなと、新たな配属先で出会ったトップエージェントちさとの二人が織りなす賑やかでシリアスな物語。町内会のお手伝い、子供の面倒、喫茶店業務、で、たまに発砲…

もうこれが作画がすごいしアクション派手ながら銃の構え方なんかはリアリティ感じさせてエンタメと現実描写の適度なバランス!オタク心のくすぐり方がわかってますよ!
生真面目なたきな×柔軟で楽しいことを求めるちさとの凸凹ながらなかなかいいコンビ感、バディ者としても良質だし百合の妄想しがいがある!
喫茶店マスターでパパ感あふれるミカや、ダウナーぽいけどホントは大事に思ってくれているハッカーのクルミ、元同僚で敵対的だけど信頼はしてくれるフキなど、脇を固める個性的で魅力的なキャラクターもいっぱい!
ん〜いい仕事してますねぇ!

メインストーリーはそこまで見所があるわけじゃないのだけど、やっぱキャラがいいからそこがとても楽しい。メインのたきなと千里以外が主役になる話はないのでちょっと物足りなさもあるが。

とはいえやはり、たきなとちさとの関係性はなかなかの見どころで、はじめこそちさとがたきなを引っ張ってあげてるのだけど、ちさとの明るさはどこか不自然で不穏さを感じさせる。終盤になってその理由が明かされるけれど、そこからはたきなの【生真面目で融通はきかないけれど素直に感情を表に出す】性格が心の救い!バッドエンドを漂わせる中で思わず「頑張れ!」って応援したくなっちゃう!
そんなたきなにちさとが心動かされる、みたいな描写はないので完全にこっちの読み違いだけど、ともかくハッピーエンド!あ〜良かった良かった…いやふざけんな!ちさとてめー!明るく振る舞ってりゃいいと思うなよ!たきなを見習えよぉ!もっと感情だせよぉ!涙涙

続編を匂わせるラストではないけれど、完全に設定が消化しきれているわけでもないのでぜひとも2期を所望する。しっかしこんな劇場アニメレベルの作画、テレビシリーズで見れるんだからすげぇ時代だよ

投稿 : 2023/01/08
閲覧 : 42
サンキュー:

5

aikawa さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 1.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

シナリオがイマイチでした

かなり期待していた作品でしたがシナリオの粗が多くガッカリしました。
世界観や作画は好き。
百合ファンにはたまらないシーンも多いと思います。
1話のAパートの雰囲気の延長線上が見たかったですが、直ぐに日常に落とし込まれて期待していた展開もなかったので残念。
予想通りの展開に進んでいくからワクワクできないし期待感も次第に薄れて、結局後半は13話のAパート以外は特に楽しめなかったです。
1話Aパートのディストピア感をもっと全面に出して欲しかったのと、ご都合主義展開が多すぎて意外性のかけらもなかったのがとても残念。
映画的セリフは自然な挿入ではなくかなりあざとい形だったので悪目立ちしていて、緩急の演出も微妙であまり楽しめなかったです。

投稿 : 2023/01/08
閲覧 : 74
サンキュー:

6

趙海如 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

オリジナルゆえに、期待を裏切ってくれた良作

ギャグのセンスがそれなりにいいし、シリアス部分も容赦なくシリアスにしてくれる、感動部分に涙を奪われました。
物語もキャラも良いし、声優もいい演技してくれました。作画に力も入れていますし、音楽も卑怯な程にいいタイミングに入れてくれて印象深いです。

ただ、伏線を全部回収できたとは言え、多く張り過ぎましたね。「考察班」とラジオのお陰て色々細かいところに気づく事が出来ましたが、テレビで一回しか見ない「一般人」にとって分かりにくかったのではなかったでしょうか?それによって秋アニメにの勢いに負けてしまったのかが心配です。

とても好きなアニメです。2期も期待!ですが、なくても特に気にしない自分がいる為、低評価にさせていただきます。

投稿 : 2023/01/08
閲覧 : 33
サンキュー:

3

ネタバレ

uQcus51094 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ストーリー、キャラ、音楽のバランスが最高!

なんとなく広告で見かけたので視聴。
事前知識なしで見ましたが、はまり具合は2022年で一番だったかも。

ストーリーとキャラ、音楽、戦闘が非常によくあってます。

内容としては、ガンスリンガーガールや緋弾のアリアが近いかも。
でもこちらはギャグも多いので、見やすかったです。
千束のキャラが最高で、いつも笑わしてもらいました。
たきなとの組み合わせもよくあるパターンですけど、いいですね。

声優さんの演技も非常によかった。印象がかなり変わりました。

Clarisも自分は久しぶりに聞きましたが、相変わらずよかったです。

戦闘シーンはもう少し、銃撃戦が戦略的だとよかったかな。
主人公が無双すぎる。
リコリスももう少しいろんな人がでて活躍してほしかったかな。

終わり方はかなりカオスだったので、2期があるといいなあ。

投稿 : 2023/01/08
閲覧 : 20
サンキュー:

3

ネタバレ

アニメアンチの憂鬱 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

アニメファンの感性を残酷なまでに問われる惨い作品

●暗躍する「陰謀機関」の正体
感のいい方のお察しの通り本作ではとある「秘密機関」が描写されています。
それについて知っているかどうかでも本作に対する見方、評価は
180度違ったものになるのかもしれません。

一つは {netabare}【烏】。一つは【梟】。
「SPY家族」の「オペレーション【ストリスク】」、「惑星のさみだれ」の「【梟】の騎士」
そして「後宮の烏」には「【烏】妃」と【梟】が登場します。
これはほんの一例に過ぎず、特に【梟】が(意味深に)登場する作品を探し出したら
きりがないくらいに【梟】は至る所に存在するのであります。

世界の基軸通貨「ドル」の1$札にはさり気なく【梟】がプリントされていますが
恐らくこれはFRB(連邦準備制度理事会)の株主、つまり世界標準として
ドル基軸通貨体制を構築した「陰の実力者」の所属を示す【刻印】
のようなものであると個人的には理解しております。

【梟】が暗示する【メイソン】の情報をネットで調べたらそれこそ腐る程出てまいりますが
所謂「都市伝説系」の人達が積極的に情報発信しているこの手のものは特にフェイクが多く
当方も迂闊にこれに食いついて騙された口でありますが、得られた情報の点と線を地道に
つなぎ合わせるという地味な作業を長年にわたって継続した結果、パズルのピースはかなり
揃ってきたと実感する位までには到達できたように思います。

【メイソン】の話は某アニメ評論家の岡田斗司夫氏もtubeで披露しており
【メイソン】と【錬金術】の関係性を見事に暴露しているのは、核心をついていて
十分評価すべきでありますが、その一方で【ローマカトリック教会】の理解も含め
【メイソン】の本質には今一つ届いていないように思いました。

【メイソン】に関する話が厄介なことになる原因は今の組織が2重構造、ないしは3重構造
になっているからだと個人的には理解していますが、岡田斗司夫氏ご指摘の通り
「近代メイソン」はただの社交クラブ化しているというのは、ある意味
正しい解釈であると思います。

近代になり立ち上がった【フリーメイソン】は「自由・平等・友愛」を掲げる
ただの「社交クラブ」であることは多くの証言からしても事実であると考えられます。
しかしそれは組織の8割9割の部分でしかなく、「ロッジ」によっては【33階級】まである
とのことですが、例えば【33階級】の頂点を極めた重鎮が一般会員と同じように
社交クラブごっこを目的に活動してるのかと言えば、
そんなわけがあり得ないという結論に至るわけでございます。

【メイソン】とは【石工職人】であります。
この【石工職人】は【錬金術】の系譜の末裔であるというのは岡田斗司夫氏ご指摘の通りであり
【石工職人】の影響力が薄れた近代メイソンが社交クラブ化したのも
ある意味事実であるようにも思えます。

「【海賊】王女」で描写された【オーパーツ】的な「不思議な石」はある種の
パワーストーンでありますが、それを鑑定した【石工職人】とは恐らく
【メイソン】を暗示するものだったのでありましょう。

石工職人の系譜と関連深いのは【古代メイソン】であります。
それに対してその影響力が薄れ近代化したメイソンが今の【フリーメイソン】であります。

【古代メイソン】を近代化したのは誰だったのでしょうか?

一説によればその改革者は【イルミナティ】という輩であるとのことであります。

彼らは近代合理主義の洗礼を受け、「自由・平等・友愛」のスローガンを掲げ
革命の旋風を巻き起こした【陰の実力者】であります。

フランス革命を引き起こし、あるいは裏で煽動していた秘密結社が存在していた
という説がありますが、ある説によればそれは【フリーメイソン】であると言われ
またある説では【イルミナティ】であると言われています。

「自由・平等・友愛」とはフランス革命のスローガンでありますが、そもそも
それを掲げたのは【フリーメイソン】の中に暗躍していた【イルミナティ】という勢力
であったというオチであります。

世界史の授業で習いました近代合理主義における「【啓蒙】思想」という聞きなれない
「ワード」、【啓蒙】とは「闇を【光】で照らす」的な意味合いがあります。

【イルミナティ】とは「【光】に照らされたもの」「【光】の洗礼を受けたもの」であります。

早い話が「【啓蒙】思想」というワードの語源は【イルミナティ】であり
「近代【合理主義】」を世に拡散したのも【イルミナティ】であります。

近代革命の旋風に乗って現れた「フランス人権宣言」や「【理性】の崇拝」という奇妙な宗教、
【ギロチン】という悪趣味な処刑装置、すべては彼らの思想と連動しておるわけでございます。

1$札の裏面には【ピラミッド】とその頂点に【光る眼】が描かれていますが
ピラミッドは【石工職人】=【古代メイソン】の仕事であり
頂点に輝く【光る眼】は【イルミナティ】を象徴しております。

【フリーメイソン】や【イルミナティ】と言えば都市伝説扱いの話とされていますが
フランス人権宣言や1$札だけでなくありとあらゆるところにその形跡が
確認出来てしまいます。

アニメの元ネタが「フリーメイソン」という事例も挙げればきりがないほどありますが
さて、アニメ制作者の方々は皆【オカルト】マニアとでもいうことでありましょうか?

秘密結社に関する {/netabare}謎は深まるばかりでございます。

●メサイヤ×スクランブル
・「汚〆」待ちに「汚〆」無し
{netabare}総合的に考えると相棒系の物語としてはかなり上質の完成度であったと評価できますが
最終話で、 たきな の活躍が期待していていた程ではなかったこと、そして
「心臓」の件は個人的には千束もしくは たきな の決断により解決してほしかったのですが
二人の父親同士の決闘の末、先生の独断?(あるいはすべてを見越した吉松氏の計略?)により
あっさり解決されてしまったのが少しだけ残念でありました。

「彼岸花」が暗示する「死亡フラグ」も吉松氏が全部引き受けることで
一番危うい立ち位置にあった千束、仲間思いの念が強すぎて見境なくなる
という意味で何かやらかしそうだった たきな も事なきを得たようです。

人気・評判・実力の総合評価では今期最高水準であることを証明したような本作でありますので
続編が期待されるのは当然の成り行きでありますし、だからこそ千束や たきな の手によって
命の問題を解決させようとする結末を描かなかったのには理解はできるところもあります。
というのも、原理上、命の代償は命であるのが必然だからであります。

前回の展開の過熱感は限界突破をするほどの熱を帯びているように思えましたが
最終話ではピークアウトを迎え少しだけトーンダウンしたようなような印象も受けました。

ただ続編への繋ぎということならば、若干ぬるめのハッピーエンドみたいな締めでも
ファンにとっては好印象であったのかもしれませんし
まだまだ物語が続くなら、それを待たずして激辛評価というのも早計でありかつ
期待が持てる終わり方というのも印象は悪くないかったように感じました。
結論は、概ね着地成功という話にございます。{/netabare}

・すり替えのトリック
{netabare}「プリンセスプリンシパル」と「探偵はもう死んでいる」から導き出される
「心臓のすり替え」には、トリックが仕組まれていたことが最終話で判明します。

千束の「代替心臓」は実はケースの中にあったというのが真相ですが、
では吉松氏が人工心臓を自らに埋め込んだという話はただのブラフだったのでしょうか?
個人的推測では、計算高い吉松氏のことですから実際に装着して性能テストをする必要性を感じ
ただろうということと、ただのハッタリでは千束が信じないかもしれないという判断から、
自身に人工心臓を埋め込んだのは真実であると判断いたします。

目的のためには手段を択ばない狡猾なトップエリートであるのが吉松氏の本性でありますが
そんな彼でも、千束には父親としてなんとかして生きて欲しいという願いを抱いて
いたという話であります。

愛娘のような千束を欺き、親友のミカを欺いてでも自分の思いを貫く純粋なる狂信者吉松氏と、
片やそのような一方的で残酷な解決法を望まない千束とは、考え方が真っ向から対立しますが
誰かのために生き、誰かの命を救うために生きることとは、千束にとっては理想的な生き方で
ありそれこそが彼女にとっての「救世主」であったというわけです。

千束としては、吉松氏の一方的なプレゼントとメッセージについてはひどく受け入れ難いものの
ため「これ」を海に投げ捨てますが、そのシーンで彼女が断ち切ったもの、断ち切りたかった
ものとは過去であり、ある意味吉松氏によって与えられた未来には真っ向から向き合って生きて
行く決意を表したような意味合いが、そこには込められていたようにも思えます。

今の千束には救世主に対する憧れはもうありません。
等身大の自分が生きる道、未来につながる道をひたすら歩んで行くだけです。

例え与えられた命でも生きる権利があるのは本人であり、
どう生きるかも本人の専権事項であります。

親がなければ子は生まれませんが、親はなくとも子は育ち、やがて巣立ちます。
未来とは親のためではなく子どものためにあるものです。
そして親とは子どものために、子どもを思い生きる存在であります。
自分の理想を一方的に押し付けるようなことは本来親がやるべきことではなく
もしも吉松氏が本当に千束を自分の子と思い、自分は父親と自覚していたなら
それが間違いであることに当然気づくでしょう。

吉松氏はどちらだったでしょうか?{/netabare}

・「メサイヤ・コンプレックス」
{netabare}「アラン機関とは【フリーメ@ソン】のことではないか?」というような指摘を
他のレビューアーさんがされてましたがそれについての詳しい話は今回は割愛いたします。

ただ真島というキャラが魅力的に見えるのは、本人が言うように真島が弱い者の味方であり
現状の腐った政治が蔓延する日本という社会においては過激な改革こそが庶民にとっては
正義であり救いであるというのが真実であるからであります。

テロリストというのはある意味「メサイヤ・コンプレックス」という精神病理に憑りつかれている
ような存在でありますが、この狂った世界に生きていれば誰しもが病みを抱え鬱積した感情の
どろどろのマグマがやがて臨界点を迎えるのも致し方ないことのように思われるわけであります。

本作に登場する都知事が(ノンフィクション作家の著作)「女帝」というタイトルの暴露本で
学歴詐称並び公職選挙法違反の疑念を抱かれる対象の某都知事と瓜二つなのは、偶然ではなく
必然であると考えられますが、その問題の某都知事はジョージ・ソロスという世界的大富豪の
お知り合いという話でございます。

都職員による実績評価は過去最悪級の某都知事でありますが、どういうわけか?選挙にはやたら強く
某独裁与党に所属していた時から大臣などの重要ポストを当たり前のように手に入れてきたという
経歴を持つというなんとも「狐」につままれたような奇妙な話でありますが、政治の世界、
いえ、この世のすべては人脈やコネこそが肝心要であり、
実力やら誠実さやら信頼などは二の次三の次のことなのでしょう。

某与党で重要ポストを得てきた女議員とは、よく見りゃみんなよく似てる
「女狐」であるという笑えないオチであります。

だからこそ真島というキャラの思想性に自分の憧れや理想を重ねてしまうわけですが
テロを起こそうが起こすまいが、ガチガチの完全性で固められている現世界システムは
強固なる鉄壁性を示すのみでありましょう。

ただし、その鉄壁性という性質は我々庶民に対してのものであり
もしも権限ある強者たちが世界を変えると決めた時は、逆に多くの庶民が抵抗したところで
いともあっけなく劇的に変わってしまうというのは何とも皮肉な話であります。

アラン機関のイメージから真っ先に思い浮かんだのは
「WEF」により提示された「グレートリセット」でした。
これに対して我々庶民にできることと言えば、心の準備をして覚悟を決めることぐらいしか
今は対策が何もない状態でありまして、もしも本物メシアが降臨したなら棚ボタ的ラッキー
みたいなとても救いようのない話であります…{/netabare}

●彼岸花が暗示する最終結末の予感…
{netabare}千束同様 たきな も良いキャラであることは間違いないのですが
たきな についてあれこれ考えてるうちにふと浮かんだイメージは
鉄血のオルフェンズの主人公三日月でした…

唐突な話ですが、本作リコリコのマスターが「ミカ」と呼ばれていることと
鉄血のオルフェンズ主人公の三日月の愛称が「ミカ」であることには何か関係性があるのでしょうか?
ただの偶然思い違いならいいのですが、もしも偶然ではなく必然だとしたら?
たきな は…

いえ、現段階ではただの偶然…ただのこじ付けと考えるべきでしょう…{/netabare}

●すり替えの妙技
「すべて」は吉松氏の{netabare}計画、陰謀{/netabare}であったという事実を目の当たりにして軽く身震い
を感じました。

「プリプリ」と{netabare}「??は?????いる」のパターンを追随するような予感はしてましたが
まさか吉松氏{/netabare}がそれを自らやるとは予想外で衝撃的でした。

{netabare}「探偵はもう死んでいる」と「プリンセスプリンシパル」に共通するものとは「すり替え」、
つまり「心臓のすり替え」であります。

テロリストの真島もなかなかいいキャラでありますが、いかにもエリートらしい吉松氏の
目的のためには手段を択ばない純粋なる狂気っぷり加減もなかなかによい塩梅であります。
自分の信念を純粋無垢に貫いてブレない千束との対比効果が鮮明で個人的には{/netabare}
かなり燃える因縁の対決シーンでありました。

そして仲間思い千束思いの たきな の{netabare}鬼の形相、必死すぎる表情も上手いこと描かれており、{/netabare}
クライマックスに向かいつつそれぞれのキャラがここまで立っているのは、
お見事と言ったところではないでしょうか。

千束もいいキャラですが、個人的には たきな のあの{netabare}「熱い感じ」にかなり好印象を抱きました。
一見して物静かでクールなように見えて一度火がつくと爆発しまくる感情のブレ幅{/netabare}具合に
思わず感化されてしまいました。
たきな のより詳細なキャラ分析をすべきかもしれませんね。

優秀なる官僚主義である楠木司令も最後の最後で{netabare}上層部に一矢報い名誉挽回できたようです。
最後の切り札=千束を政治力を駆使して温存していたこともありますが
それ以上に最後の最後でものをいうのは人脈であるということなのかもしれません。{/netabare}

今回、見所満載で具材が煮詰まり尽くしまくってましたが
これ以上熱量を上げてのフィニッシュはかなり難しいようにも思え
期待もある反面、最終局面に向け不安も相応に感じます。
最後は真島が何とかしてくれるだろうということで、
次回の展開に胸を躍らせつつ見守ることにいたします。

●最後に個人的に気になった用語について記します
{netabare}・リリベル
リリーベルとは和製英語で鈴蘭の花を意味するらしいですが、
より多くの人に頭に焼き付けて欲しいのは「リリベル」という言葉自体
表記自体に重要な意義があるという話です。
詳しい話はいずれということで・・・

・延空木
天空に延びる木なので、世界樹=ユグドラシル(ゼロ活のクジラ回にもあった)のことを
指しているようにも思えますが
「伸びる」ではなく「延びる」の方は時間空間的なものを指して使われるということです。
電波塔は塔ですから「バベルの塔」みたいなものとも解釈できますが、
「バベル」には「混乱」という意味合いがあるらしいです。
「混乱」という言葉には情報(の錯誤)というものが含まれ
結局のところ「延空木」とは情報網の枝が次元に延長されていった結果
構築される世界樹のようにスケールが大きい巨大情報網のことを指すようです。

5Gが実現する世界こそがまさにその状況を示すのだということになりますが、
最も肝心なことは高度情報化社会は既に進行しており、その社会に暮らす一般庶民とは
絶えず押し寄せる情報の海に溺れ漂流し続ける儚い存在でしかないという真実です。
ハッカーによる情報操作に翻弄され無様に踊らされるという本作に登場する愚民たちとは
結局のところ我々無力な庶民の事を示しており、現時点で真実が何であるのか{/netabare}見えているのは
限りなく無に等しいという…非常に残念なお話でございました。

●現場にのこのこ現れる指揮官?や総理大臣?は無能ですって??~例えば福島の件とか???
{netabare}今のDAの最高指揮官は楠木司令ですが前の指揮官はリコリコのマスターです。
この二人の性格や人間性などを比較してみたら色々見えてくるかもしれません。

片や組織の責任問題=組織挙げてのオペレーションの失敗の責任をすべて部下に押し付けて
何事もなかったかのようにトップの地位にのうのうと居座り始末書の処理だけは優秀で、お役所仕事を
ただこなすためだけに存在するような機械人形みたいな最高責任者と

片や部下の境遇について親身になりすぎた結果として、組織の意向について行けなくなり
最高責任者の地位を退き、それ以降もその部下の事を見守り続ける責任だけは
果たそうとする不器用な男…

この世界で出世し勝ち残り優秀と言われるのはお役所仕事をそつなくこなす方なんですが、
しかしながら要するに、そういう人は無能で信頼もできないし
自己保身が最優先事項なので実は全く使えないというのが真相でしょう。

ハッカーや真島に何度もしてやられて自分の面子や上司からの評価がガタ落ちの状況を
何とか打開しようと功を焦り、真島検挙の手柄を独り占めしようと目論み
自ら現場にしゃしゃり出てきたDA司令官でしたが…取らぬ狸の皮算用の狸が逆に化かされて
失態の上に失態を重ねて、上司激ギレの結果、切り札の千束を使えという鶴の一声のオチであります。

一方1話における たきな の独断による機関銃発砲判断はあの状況では他に選択肢がなかった故に
ベストか?ベターな?選択であったとしか言いようがありません。
たきな の判断として最優先事項は仲間のリコリスの命を救うことでしたから
その目的を果たす選択肢を上司から提示されない限りは自分が信じる道を行く
それが たきな という生き方であり、そういう生き方が気に入ったので千束は 会って早々
たきな にご執心なわけであります。

リコリスの任務とは治安維持のために人殺しさえ厭わないものですが
仲間の命を救うために尽力する たきな とは千束にとってはまさに
救世主的な存在と言っても過言ではなかったのでしょう。

組織人ならば組織の命令や上司の命令に従うのはある意味当然ですが、
しかし上司が無能で組織自体も形骸化しており機能不全起こしてるならば
訓練された無能力集団の命令に従うことほど間抜けなオチはないと言えましょう。

真島やハッカーはそれについて十分熟知しているので
某都知事含めてコケにされているという展開であります。

結局のところ現最高司令官は千束と たきな、
あるいは真島の引き立て役でしかないという残念なオチでありました。{/netabare}

●本作の落としどころと未来予想 
{netabare}~命短し弾けよ乙女~
逃れられない決定的な死からの救済がもしもあるとしたら?
それはどのような形で成されるのかを漠然と考えてみた結果
思いついたのが以下のようなものになります。

本作の特徴はバディ系作品故に相方の たきな という存在が
とても重要な鍵になるような予感が大いにします。
あまりに先を急ぎ過ぎるのもあれですが、「バディ」というキーワードを念頭に置き予想するに
「プリプリ」と「??は?????いる」に共通する方程式でもって答えは導かれるのではないか?
と大胆な提言をさせていただきたく思います。

もしも本作が本当に覇権を取るとしたら!?
そのくらい大胆な展開を先に用意していてもおかしくないと思えるからであります。

とは言え先の事よりも、9話に至るまでのバディ二人の関係性について明らかに示さねばならない
要素が山積みですから、そっちを先にやっつけずに究極のバディ理論めいたものを突然持ってきた
としても説得力がまるでないという話になりかねませんよね…{/netabare}

●彼岸花と{netabare}不殺{/netabare}の必殺仕事人
9話、10話で本格始動を確認いたしました。

見所満載の10話を見て色々とインスピレーション受けた結果として…
{netabare}本作で焦点が当たる「えんくうぼく」という名の電波塔とは
5Gが普及する近未来を端的に示しており、劇的な変化を遂げ生まれる
新世界秩序の誕生を示唆しているようにも思えます

新世界秩序を作り出すための重要な鍵となるプレイヤーは中国とも言われており、
中国が推し進める一帯一路構想と5G建設計画には密接な関係性があるようです。
世界秩序の劇的な変化の反動、反発としてテロが引き起こされるのは
必然であると言えるのはないでしょうか。

第1話における東京で「桜開花の情報」のテロップが「東京」ではなく「関東」に差し替えられていた問題に関して考えられる仮説の一つとして挙げられるのは
情報操作=「情報のすり替え」の暗示があったのだと推測いします。

東京は関東に属しますが、仮に東京の桜が開花したとしても
関東全体が桜の開花したというのは確かに論理の飛躍が惨過ぎますよね。

そういうことがちゃんとわかっている賢明な?視聴者の方々は当然テロップの違いに
突っ込んでますが、本作における東京及び関東に属するような愚民風情の我がニッポン国民とは、
そんな明らかな論理の飛躍=あからさまな情報のすり替えや情報改ざんの類にはまるで気が付かない
間抜けでお人好しな、救う余地がまるでないような程に絶望感が惨過ぎるからこそ、
例えテロリストになってでも真実を伝えようとするような真島の真摯的な
態度には共感以外に言葉はなく、
一方であまりに哀れ過ぎる我がニッポン国民の愚民性をこのような対比でまざまざと見せつけられたら
笑って誤魔化すしか手立てがないとかいうのは、とても皮肉な話であります。

1話に登場した電波塔とは(改ざん可能な)高度情報化社会を象徴するシンボルであった
可能性が濃厚だと感じました。

ウクライナ紛争、台湾有事という通過点を通り過ぎた後
NATO諸国と対立を深める中国、ロシアを筆頭とする世界連合が頭角を現し
米国主導による現在の世界秩序は大きく揺らぎ始めるでしょう。

あまりに唐突な話しですけど、WEFとはワールドエコノミックフォーラムの略称です。
通称「ダボス会議」とも呼ばれる世界意思を表すこの国際会議の結論は我らが愚民が生息する
この世界に「グレートリセット」という名の天変地異を引き起こすことを決した言わば
神の意志みたいな(厳密に言うとこれは皮肉にすぎませんが)意味合いを有していますが、
つまり現状の世界を華麗に容赦なく全力でぶっ壊すという世界意思の決定に我々庶民はどう対応
すべきかというある意味とても間抜け?で深刻な話題をアニメ作品を媒介にして突きつけられた
という、まるで最低最悪の悲劇を再現したみたいな話でございまいた…{/netabare}

いかれキャラ真島の{netabare}テロ{/netabare}目的が明かされて
ツウと呼ばれる人たちもその説得力みたいなものに思わず唸ってしまう程に
高クオリティーな作品完成度が本作にはあると判明しましたよね??

考察しなければならない要素が山ほどあり、ある程度まとめてから
レビューを書くべきだったと後悔しても後の祭りですが…

1話で たきな が仲間から{netabare}殴られて{/netabare}左のほほに{netabare}白い傷テープ{/netabare}をしていていましたが
{netabare}白い彼岸花の{/netabare}花言葉は「また{netabare}会う日を楽しみに」「想うは{/netabare}あなた一人」です。
彼岸花自体が{netabare}死{/netabare}を暗示する花でありますが、物語を最初から普通に追跡できていれば着地点の方向性についてはおおよその見当はつくものと考えられます。

1話において某作戦{netabare}の失敗{/netabare}の原因は某リコリスの{netabare}スタンドプレー{/netabare}によるものとして
組織内部では処理されていますが、要するにただの{netabare}責任転嫁のしっぽ切りのために
たきな は左遷されたという話であります。
情報操作と虚飾にまみれた組織とそれによって守られた治安のいい?国家=我がニッポン、
そこに住まう意識が高い?国民性を持つ小奇麗な我が家畜たちの間抜けな幻想、
そういうもの一切合切を痛烈に皮肉ってるようなメッセージが胸に突き刺さり、
その刺激に心地良ささえ感じ得られる、10話の出来栄えはお見事でした。
しかも「緑の」都知事には思わず苦笑w皮肉が凄いですw
{/netabare}

フィクションの中に「真実」を込める、それが上手くできているは、
本作に優れた描写力あることを証明しているのだと確信いたします。

●赤い{netabare}彼岸{/netabare}花の花言葉は
情熱 独立 再開 諦め 悲しい思い出

これらは{netabare}千束と喫茶リコリコ{/netabare}での出来事を暗示してるようにも思え、
考察しなければならないこと山ほどありますが続きはまた後程ということで。

9話、10話の作品クオリティーが高いからこそ、惜しむらくは
{netabare}「二人のお父さん」のBL的{/netabare}関係性であります。
確かに「この世の」上流階級の人たちは、そういう連中が多いというのはその通りで
説得力はありますが、{netabare}主人公の父親的{/netabare}ポジションとなると話は別と言いますか
悪趣味な印象は排除できないので減点評価しておきます。


●的外れな意見やミスリードが多発する原因とは?
{netabare}まず考えられるのがジャンルを捉え間違えていることからくる思い込みがあるのだと思われます。
ここのアニメの成分分析の筆頭に「ガンアクション」とありますが、確かに構成要素として
ガンアクションの要素もあるといえばあるのですが、それは本作においては主題でも、
最大の見どころでもないのはストーリーを冷静に追うことができるならば
自然と見えてくるはずの話でございます。
にもかかわらずある種の先入観を一方的に抱き、期待したのとは違ったと失望するとしたら
それは展開を読めてない自分自身に原因があるのかもと考えてみるべきではないでしょうか?
本作にガンアクション、銃撃戦、戦闘のみを期待してるミリタリー系の人が失望するのは
ある意味当然のことであり、そもそもジャンルセレクトを間違えたという話であります。

本作はどういうジャンルに属するのか端的に言うなら、{netabare}相棒系友情物語{/netabare}であり銃撃戦は
おまけみたいなものという話であります。

一方的な思い込みや先入観を捨てまずは冷静にストーリーを追うことこそが
基本中の基本であると個人的には考えます。{/netabare}


今期作品の中でも、前評判№1と囁かれる本作の実力が第9話で確定いたしました。

OPの「全力{netabare}けつキック{/netabare}合戦」に何かしらなものを感じ取ったアニメファンの方々は…
見事なまでに圧倒的な大正解でした!

その一方でそのシーンに何も感じない本作アンチの方々は、この度は大変ご愁傷さまでございましたと付け加えておきましょう。

まさに前評判通り {netabare} でございましたね。本作はただ単に作画がいいだけではなく、ただ人気があるだけで中身がスカスカなのに異常に高い評価を受けている意味不明な見るだけ時間の無駄な作品に
比べたら、マシどころか至極上等!人間ドラマを見事に描き切っている点を考量にいれたら作画がいいだけで評価されてる{/netabare}糞作品予備軍を軽く圧倒しております。

千束とたきなのキャラ設定の意味をまるで理解できてないのに? {netabare}したり顔で酷評してるとかお話なりません…どういう風に見たらそんな雑で説得力がまるでない意見を披露できるのか
唖然茫然一日一善、ご飯は三膳いう話ですよ。{/netabare}

評価は自分の趣味嗜好だけ {netabare}で、酷評の根拠は不明瞭過ぎて他人に対してまるで説得力のないレビュー書くような人が?作品のテーマをちゃんと理解している程にまともな感性を持っている
アニメファンの人たちから共感が得られるとかどう考えても無理な話であります。{/netabare}

●第1話で何が描かれていたか?
{netabare}それを掴めなかったならば、恐らくそこで置いてけぼりになっていると予想します。{/netabare}
重要なポイントは{netabare}千束とたきなの人間関係がどのようなものか?を正確に理解できるかであります。
独断専行による不祥事を引き起こし左遷された?たきなではありますが
そんなたきなを知り千束は何を思ったのか?それ{/netabare}を読み取れたか否かが
勝敗を分ける分岐点であります。

千束はたきなに対して{netabare}何を思い、たきなは千束に何を思い、マスターは千束に何を思ったか?{/netabare}そういう分析をまるでしないでこの物語を追っても
{netabare}見当はずれミスリードの{/netabare}落とし穴に嵌って終わる{netabare}だけであります。

登場人物たちの人間関係をおさえる。
それができた後の批判ならばある程度の説得力はあると思いますがそれをせずに本作の解説しても的外れで終わるしかないものと確信いたします。{/netabare}

OPと第1話から諸要素を積み重ねて9話に繋がる。
{netabare}それをちゃんと読み取れたでしょうか?
そうでないならもう一度1話からやり直した方がいいかもしれませんね…{/netabare}


千束とたきなの「全力 {netabare}けつキック{/netabare}合戦」が象徴する通りに!?物語はまさに佳境を迎えますが、それについて正確に把握できるのは人間的感性がまともな種類の人たちだけ…

この世界はとても不平等だと痛感したのが、アニメアンチの本心であります…

これは蛇足ですが
{netabare}OPに伏線を仕込むとか、今時誰でも知ってるはずのアニメの常識的セオリーまるでを知らない輩が増えたのは鬼滅のなんとか影響ですか?
それは兎も角、まずは黙って100回見ろと言いたくなる程話が通じなくて困り果てました…{/netabare}

投稿 : 2023/01/07
閲覧 : 704
サンキュー:

19

ネタバレ

れるびい さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

現実にもDAやアラン機関は存在する??

個人的に2022年で一番の作品です。

特別この手のジャンルが好きな訳でもないし
視聴前特別な期待はしていませんでした。
観てみるとストーリーも作画も音楽も声優の演技も
パーフェクトに近かったです。

特に、半端じゃないなーと思ったのが
主人公千束の声優の安済知佳さんの演技です。
キャラクターの魅力が凄まじいなと思いました。

あと、登場する組織も非常に面白かったです。
モデルとなっている実際の団体があります。

リコリス達が所属する組織はDAという裏から
日本の秩序を守っている組織です。八咫烏(やたがらす)
という名前で古くから日本に存在しています。
3本足のカラスがシンボルです。6話で八咫烏の組織図が出てきます。

でもこれ、歴史や都市伝説好きな人の間では有名ですが
八咫烏は実際に日本に古くから存在する組織だと言われてます。
天皇を守護し、儀式的な行事を仕切っており、裏天皇とも言われています。
身近なところではサッカー日本代表のシンボルマークが八咫烏です。

組織としての八咫烏はさておき、戦国時代織田信長が
もっとも恐れたと言われる雑賀衆(さいかしゅう)
という鉄砲傭兵集団がいます。そのリーダー雑賀孫市の家紋は八咫烏です。
鉄砲をばら撒いた真島一味のモデルなのかなーと思ってます。

八咫烏のトップには大烏と言う3人のトップが居て
天皇にもしもの事が起こった場合、この3人が天皇の代わりを果たすそうです。
その下には十二烏と言う重要な役職の12人が居ます。

その下に居るのが烏天狗で、かなりの人数居ると言われています。
八咫烏の構成員は戸籍を持っていません。
この作品で言うと烏天狗がリコリスに当たると思われます。

明治維新以降、八咫烏は解体されかけた様ですが、
今もなお存続しているらしいです。

一方、千束や真島がバックアップを受けているのは
アラン機関と言う組織です。
こちらは現実世界で言うと完全にフリーメイソンという組織です。

活動は非公開の16世紀頃から存在する団体で、
歴史上の錚々たる人物たちがメンバーと言われています。
ウィキペディアにも載ってるので挙げるとキリがないですが
歴代アメリカ大統領やダヴィンチやウォルトディズニーなどです。

日本では数年前に高須クリニックの高須院長が入会して少し話題になってました。
東京だと、東京タワーのすぐ近くにグランドロッジ(日本総本部)があります。
シンボルがフクロウで、才能のある人にバッジを送り
資金や物資提供等の支援をする組織というところから、
アラン機関のモデルはフリーメイソンで間違いないと思います。

と言うかアニメとは言え、黒い噂も大量にある組織なので
ここまで露骨に描いちゃって大丈夫?と心配になるレベルでした。

DAの支部である喫茶リコリコを中心とした日常パートと、ガンアクション等の
ハードボイルドパートのバランスが絶妙で、引き込まれました。

最終的にリコリコメンバー全員でハワイに行くという
まさかのハワイエンドも予想外で楽しめました。

円盤の売り上げもかなりなものらしいですが、
ここまでの盛り上がりはスタッフさん達も予想していなかった様です。
2期が来なかったらアラン機関からの圧力でしょう(笑)

投稿 : 2023/01/07
閲覧 : 108
サンキュー:

31

のか さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

超!!面白かった!!でも、面白かったって言っていいのかな?

オリジナルアニメーション(らしい)
全13話

あらすじ
政府非公認の暗殺者となった女子高生たちが戦うお話し


では感想を
超~~~が付くほど面白かったですね。
そして色んな考えが混じり合ってとても深いお話でした

ツッコミ満載のアニメでしたが、それも良い!
アニメだから全てスルーです

思想アニメでもありました
キャラがめっちゃ可愛いので忘れがちですが、かなり人間思想の深いお話しをしていると思いますよ

何が正しい、間違っている。何が正義で何が悪か
視聴すると色んな事を考えさせられるアニメだと思いますよ

唯一の正解は
目に見える範囲の人を笑顔にしたい(みたいな事です)
と思いました(個人的意見ですよ)

それで良いと思います^^
(〃^∇^)o_彡☆あははははっ

アクションシーンもよく動いてましたし、色んな感情の動きもあります
他のレビューワーさん達も軒並み高評価!!

とても楽しめるアニメだと思いますよ


作画は良かったと思いますよ。
崩壊も無かったし、背景も良かったです

声優さんも凄かったですね!はまり役だと思いました
さすがはキリト君ですね。あれで死なないって(←視聴すれば分かります)

音楽はClariSは大好きです。
クライマックスにBGMでかかった時には鳥肌が立ちました

キャラは女性キャラは宝庫ですよwww
元気っ娘にクール、お姉さまにロリ、ツンデレ、僕っ娘
選り取り見取りだと思いますよ


百合アニメって言われる方もいましたが、私にはそこまで感じませんでしたよ
キャラデザ&性格で萌え成分を稼ぎつつ、アクションシーン満載!

そりゃ人気が出ますよね^^

ダブルヒロインなのに、片割れの活躍シーンが少なかったのはちょっと残念です
もう少しライトを当ててあげても良かったかなって


アクション系、青春系、成長系が好きなら絶対に完走できると思います。
ぜひ、続編希望!

って言って良いのか、分からないのがこのアニメなんですよね^^;
超~~~~面白いんですけどね

理由は絶望ネタで
まだ視聴していない方は是非見ちゃってくださいなwww




では最後に一言
絶望した~!女子高校生に殺しをさせるアニメに絶望した~!
そりゃ可愛い女子高生がカッコいいアクションすれば人気が出るでしょうよ!
確かに面白かったですよ!ハマりましたよ!
でも部活で戦車乗ったり、南極行ったり、戦艦に乗ったりとは訳が違います!
いくらアニメとはいえ、良いんですかね?
このアニメを面白いと思った自分に絶望した~!!
そしてこのアニメが高評価になって世の中に絶望した~~!

投稿 : 2023/01/04
閲覧 : 248
サンキュー:

26

生涯萌え豚 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

2022年No.1アニメ

千束とたきなが中心のガンアクション作品ですが日常系として扱いたいくらい見やすい
2022年は豊作でしたが一つ飛び抜けています
オープニングもかなり好きです

投稿 : 2022/12/29
閲覧 : 52
サンキュー:

5

ネタバレ

カミリス さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

キャラが魅力的なガンアクションアニメ

キャラが魅力の一言に尽きる作品です。
ストーリー自体はスタンダードな構成で、展開もわかりやすく捻った作品を好む人には向かないかもしれません。アクションはあるものの、そこまで熱くなるような展開も無く、非常に緩やかな起伏のある雰囲気は日常系アニメを観ているようでした。こういうながら作業で見れるような作品は個人的に好きなので高評価です。

投稿 : 2022/12/28
閲覧 : 44
サンキュー:

6

ネタバレ

ねじまき さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

最近のアニメってすごい

けっこう久しぶりにアニメをみたら映像も音楽も一昔前よりずいぶんクオリティーがたかいなぁとびっくりしました
というかこの作品がすごいだけなのでしょうか
全話見ましたが作画がいまいちと感じる回もなかったしとっても楽しく観ることができました
僕個人の感想として悲しい結末でないのは本当に良かった

投稿 : 2022/12/27
閲覧 : 42
サンキュー:

4

たこす さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.0 作画 : 5.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

今時アニメ

 今時のおしゃれアニメ。背景やキャラデザの美しさのみならず海外映画や国内ドラマの演出のオマージュなどが随所にあり、動きの映像美も一級品。音楽や挿入歌も非常にイマドキ!
半面声優の技量不足と物語の浅さは否めない。声優に関しての育成姿勢があまり感じられず、力半分で最後まで終わった印象とよくある物語と構成で取り立て驚く部分はなく、3年後に内容を尋ねられても答えられないだろう。

投稿 : 2022/12/26
閲覧 : 37
サンキュー:

5

ヘラチオ さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

2人のメインキャラクターの可愛さで持ってる

女性にとってもトランクスは快適でしょうね。勝負下着にはならんだろうが。

人工心臓5話でようやく触れられると

命を粗末にするやつは嫌いだとはどこかで聞いたことがあるようなセリフ。調べてみたらゲド戦記に似たようなセリフがあったようだ。若干違うけど、どおりで聞いたことあると思った。

おじさん同士の愛がビンビン伝わってくる
ある意味千束は同性カップルの間に授かった子供の比喩みたいなもんね
意味不明なオートアサシノフィリア

銃弾よけられるのに、圧倒的に遅いはずの肉弾戦よけられないのは謎。
不殺の誓いで抜刀斎顔負け。

以上、取り留めのない感想を抱きつつも完走できたのは、ひとえに千束とたきなの可愛さあってのこと。
クルミも可愛いよ。
ミズキの結婚願望を叶えてあげる気がなさそうなキャラクター設定は可哀想。


OP
ALIVE ClariS
第13話でALIVE LycoReco Version
ED
花の塔 さユり
主題歌はどちらも好きだった。
花の塔がさユり応援してるのもあってか頭にずっと残る


以下はアマゾンプライムから引用のあらすじ。
平穏な日々--その裏には秘密がある犯罪を未然に防ぐ秘密組織--「DA(Direct Attack)」。そのエージェントである少女たち--「リコリス」。当たり前の日常も、彼女たちのおかげ。歴代最強のリコリスと称されるエリート・錦木千束、優秀だけどワケありリコリス・井ノ上たきなが働く喫茶「リコリコ」もその支部のひとつ。ここが受けるオーダーは、コーヒーやスイーツの注文から、こどものお世話、買い物代行、外国人向けの日本語講師etc、「リコリス」らしからぬものばかり。自由気ままな楽天家、平和主義の千束とクールで効率主義のたきな、二人の凸凹コンビのハチャメチャな毎日がはじまる!


1. Easy does it
日本の治安を守る秘密のエージェント「リコリス」である井ノ上たきなは、ある事件をきっかけに喫茶「リコリコ」への転属が命じられる。超優秀なNo.1リコリス(?)の千束とバディを組み、DA復帰を目指し意気込むたきなだが、リコリコでの仕事はひとクセもふたクセもあり!?

2. The more the merrier
トップハッカー・ウォールナットからリコリコに依頼が舞い込んだ!同業者のハッカーから命を狙われ、国外逃亡を手助けしてほしいという。リコリコのメンバーは力を合わせてウォールナットを逃がそうとするが、千束たちに厳つい武装集団が襲いかかり……!?

第3話 More haste, less speed
健康診断と体力測定のため、しぶしぶDA本部に行くことになった千束。それを聞きつけたたきなも、DA復帰の直談判をするためついていくことに。たきなと一緒に千束も掛け合うが、まったく聞く耳を持たない司令。さらに、元パートナーのフキは新しい相方と組んでいて……。

4. Nothing seek, nothing find
DA本部での一件以降、順調なリコリコライフを送る千束とたきな。そんなある日、千束はたきなの下着が■■■■■なことに気づく……。自分のことに無頓着すぎるたきなに呆れた千束は、たきなをショッピングに連れ出すことに!

5. So far, so good
今回の依頼主は、身体を機械に繋がれた男・松下。自分の先が長くないことを知った松下は、故郷である日本に観光のため訪れる。その護衛を依頼された千束たちは、松下の東京観光を全力でサポート!そんななか、たきなは千束のとある事実を知り--!?

6. Opposites attract
リコリスが連続で襲われる事件が発生。単独行動を避けるべく、たきなは千束の家に泊まり込むことに。ところが、初めての二人暮らしは予想外のことばかりで!?一方、DAが持つ情報をこっそりと探っていたクルミは、リコリス襲撃事件の意外な真実に迫る--。

7. Time will tell
ミカの元に一通のメールが届いた。たまたまメールを覗き見た千束は、楠木が自分をDAに連れ戻そうとしているんじゃ!?と勘繰り騒ぎ立てる。計画を阻止するため、リコリコの4人は力を合わせ、ミカには内緒で待ち合わせ場所のBARに突撃する!

8. Another day, another dollar
リコリコが深刻な赤字経営と知ったたきなは、自ら経理担当に名乗り出る。やたら弾を無駄撃ちする千束の制止や、店のメンバーのフォローまで完璧にこなすたきな。さらに新メニューまで考案するが、そのメニューはなんとも形容しがたい形をしていて!?

第9話 What’s done is done
千束の人工心臓が狙われた。バッテリーの充電ができなくなったことで、千束は余命を宣告される。替えのない人工心臓の手がかりを追うクルミは、ミカに当時のことを尋ねる。一方、DAは大規模な真島の討伐作戦を控え、千束を本部へと呼び出すのだった。

第10話 Repay evil with evil
千束はミズキやクルミが自分のことに囚われないよう、喫茶リコリコの閉店を切り出す。その頃、DAに戻ったたきなは千束の命を救うため、真島を足掛かりに吉松を追おうとしていた。ついに真島の依頼者を捕らえ、アジトに潜入するが……?!

11. Diamond cut diamond
真島を止めるため、DAのリコリスたちが延空木に乗り込もうとしていた。作戦直前、楠木から千束と連絡がつかないと聞かされたたきなは、急いで喫茶リコリコに向かう。しかし、ロボ太からの脅迫を受けた千束とミカは、人質に取られた吉松の救出へと向かい--。

第12話 Nature versus nurture
旧電波塔で真島との戦いに苦戦を強いられる千束だったが、間一髪のところでたきなが駆けつける。一方、真島の策略により存在が世間に明かされてしまったリコリスたち。本部では楠木の指揮権が剝奪され、延空木にいるフキたちリコリスを処分するという決断が下されていて……?!

第13話 Recoil of Lycoris
延空木での事件も一件落着--と思われたその時、旧電波塔で倒したはずの真島が、再び千束の前に現れた。延空木に爆弾を仕掛けたという真島は、爆破を賭けて千束に一対一の勝負を挑む。千束自身のタイムリミットも迫るなか、最後の戦いが始まる--。

投稿 : 2022/12/23
閲覧 : 72
サンキュー:

18

どりを さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 1.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:途中で断念した

人気だったので見てみたが…

テストであれば68点!中の上!この人ちょっといいかも?止まりだったなぁ…

可愛い!綺麗!カッコいい!脳ミソ空っぽで見れる!
これだけの表面評価であれば人気が出るのは頷ける。

さあさあ…
捻くれてる頭硬いアニヲタはそういきやせんよ兄貴。
俺TUEEEE系はもう旨味搾りきっちゃってるんすよ。
相手弱すぎやしませんかえ?
ストーリーがガッタガタグラついてませんかねぇ??
設定ヒョロヒョロ〜っと飛んでいきそうですなぁ!
インパクトは元気玉3人分くらい?

以上、捻くれアニヲタからでした。
ごめんちゃい。

投稿 : 2022/12/22
閲覧 : 96
サンキュー:

5

アニメ記録用垢 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

キモオタに媚びた作品

素材と題材も悪くなく、序盤の掴みも良かっただけにラストが残念
キモオタ用に結末をマイルドにしてしまった為
――結局主人公サイドは誰一人として死なずに終了

千束が結局助からず、だけど千束が残した結果は世の中の為になったみたいなENDを期待していただけに残念極まりない
最近は胸を抉るような――鬱――展開の作品がなくて困る

投稿 : 2022/12/18
閲覧 : 77
サンキュー:

3

ネタバレ

mamiko さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

バトルと物語が面白い

喫茶店をやりながら、裏で悪を倒す。バトルも夢中になるようなドキドキハラハラです。百合も入っているので苦手な方は見ない方がいいです。声優さんもキャラクターに合ってました。

投稿 : 2022/12/13
閲覧 : 73
サンキュー:

3

ネタバレ

てたい さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

さすがに

さすがに千束とたきな可愛いすぎやん?
二人の絆みたいなんが、どんどん深まって行く感じ。たまらへんな!
リコリコに出てくる人みんな好きやわ。

これはいっぺん見てみて。
終わり方もちゃーんと、綺麗な終わり方したしな。
けど全然続き作れそうな感じやん?
2期でもええし、映画でもええし、是非よろしくお願い致します。

投稿 : 2022/12/10
閲覧 : 68
サンキュー:

6

うにゃ@ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

キリトのように目の動き等で射線を予測してよける特殊能力持ちのガンスリキタコレ

暗殺?秘密結社?公安?要素の入ったバディ物。
千束が明るく軽い感じでバタバタと倒していくのが爽快であったり、バディ物典型の会話やノリといったテンポの良さが心地よかったりと楽しく視聴できる作品。
ノリがライトで軽いので、秘密組織の闇とか鬱展開を期待してはいけないし、DAの情報は秘匿のわりに元DA情報部員が巷で生活できる軽さと言ったものに突っ込んではいけない。
一話一話短編を重ねる展開ではなく13話で一つの話で中だるみなく楽しく最後まで見れる。
かわいいJKバディで動きもよく作画も申し分ない。

100点中82点

投稿 : 2022/12/08
閲覧 : 48
サンキュー:

7

かとー さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

なぜリアルタイムで見てなかったんだ俺!

この作品の口コミが高いので見たらめちゃくちゃ面白い!間違いなく2022年度NO1アニメだね!

キャラが良い
絵が可愛い
話がわかりやすい
主人公の千束とたきなのコンビが可愛い

これ当たり作品です。人気があるの納得!
JKの年齢のスパイアニメで有名なのは【プリンセスプリンシパル】もあるけど、どちらも良かったから制作会社さんには面白いJKスパイアニメの制作をお願いしたいです笑

投稿 : 2022/12/02
閲覧 : 96
サンキュー:

10

ネタバレ

ひたむき さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ふたりの関係性

話題になっていたので、遅れての試聴。
見た目からして、百合っぽくて敬遠していたが、百合要素はあまりなく、内容もしっかりとしていた。
A1の本気を見た気がする。

評価ポイント
・OP、ED共に名曲だね。アニメにおいて主題歌の影響って計り知れないと思う。
SPY×FAMILYやチェンソーマンみたいなプロのアーティストの起用も悪くはないが、やはりアニソンっぽい曲が一番だわ。つい先日ClariSのライブを見に行ったので、 aliveが脳裏にこびり付いて離れないw 花の塔もガチの名曲。

・ふたりの関係性がちょうど良い。いちゃいちゃ百合っぽくなければ、いざというときには命を掛けれる関係。普段の問答の一つ一つに面白みがあって飽きない。

・敵キャラの真島には魅力がある。ただの悪いやつではなく、ちゃんとした目的があり、話も通じる常識人。ちさとと真島が停戦して話し合っている時の妙な安心感よ。CV松岡禎丞の敵キャラはいい奴が多い傾向にあるね。子安とは違ってw

・肝心の内容に関しても、単純にリコリスVS悪役というガンアクションものではなく、複雑に設定が張り巡らされている。吉松の目的も最後まで全く予測できなかったし。

(追記)
設定がワールドトリガーに似てるなと思った。少数派の支部にエースが所属していて、本部には疎まれている。二人の関係性もモロにおっさむとくがっち。製作陣も少し意識してるっぽいよな。

投稿 : 2022/11/29
閲覧 : 95
サンキュー:

9

つきひちゃん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

バランスがいい作品

1クール作品

事件も無く平和な日本は、女子高校の格好をして潜伏している秘密組織によって平和なように守られ!情報統制されている。
という設定。

主人公は女の子2人。
1人は殺し屋としての別格な才能を持ちながらも、特殊な過去と背景を持ち本部ではない喫茶店に居る。
とても明るい性格。に見える
もう1人は真っ直ぐな性格で、上司の指示を無視して仲間の命を守ろうとして本部から飛ばされた黒髪ロングのツン系女子。
2人の信頼関係が出来上がっていく感じが絶妙に描かれていて違和感がない。
描写もキレイ、歌も声優もよく、登場キャラもしっかりと目立てていてとてもバランスのとれた作品です。
物語がもっと良かったらとても良い作品になったかもです。

投稿 : 2022/11/29
閲覧 : 49
サンキュー:

8

バナディ さんの感想・評価

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:今観てる

何故またこのパターン

若い女性を無理やり物語に当てはめてしまうのはヤメよう。
 何故若く、未成年者である必要があるのか?
 この手のキャラ構成になぜ縛られる必要があるのか?
 若い未成年の女性達をたくさんだしてミッションさせる枠組み、みたいな制約でもあるのか? 
 もうたくさんだ。

投稿 : 2022/11/25
閲覧 : 110
サンキュー:

4

katokou さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

文句なく5点満点。

結構重たい内容なはずなのに千束の緩さ?のおかげで子供から大人まで楽しめる作品になってます。

投稿 : 2022/11/23
閲覧 : 79
サンキュー:

7

次の30件を表示

リコリス・リコイルのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
リコリス・リコイルのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

リコリス・リコイルのストーリー・あらすじ

東京の下町にある和カフェ「リコリコ」 。 カフェが受ける注文は、おいしいコーヒーにあま~いスイーツ……だけじゃない!? ちょっとそこまでのお届け物から心細い夜道の送り迎え、ゾンビ退治から巨大怪獣…!? なんでもお悩み、相談ください! お客さまの「困った」をなんでも解決しちゃいます! 皆さまをお待ちするのは、いつもスマイル看板娘と、クールで真面目なド新人。働きたくないちびっ子に、結婚を焦るアラサー女子? そして店長は、日本かぶれのナイスガァイ!! どんなご注文(オーダー)も、おまかせあれ♪ (TVアニメ動画『リコリス・リコイル』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2022年夏アニメ

このアニメの類似作品

この頃(2022年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ