当サイトはアリフィエイト広告を利用しています

「ティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~(TVアニメ動画)」

総合得点
70.4
感想・評価
169
棚に入れた
522
ランキング
1519
★★★★☆ 3.6 (169)
物語
3.5
作画
3.5
声優
3.7
音楽
3.5
キャラ
3.7

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

四季姫 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.1
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 1.0 状態:観終わった

個人的に楽しめなかった

一回ギロチンエンドで死んだわがまま姫がループしてどうやってギロチンエンドから逃げられるかという話です。

基本姫(ヒロイン)は物事を自分ファーストで考えなしのバカです。
そして登場人物のみんなさんが姫の話を勝手に過大に解釈する話をどんどん進むです。

まずヒロインは不愉快です、ギロチンエンドでなんも学んでないし…前回のエンドでにルードヴィッヒ・ヒューイット(文官)に最後までいろいろ学んだのに全然活かしてないし、結局今回も全てを他人任せ。マジでこの人なにをやってるか!っとイライラします。

あくま私の感想ですが。
様々な転生アニメやループアニメなど見ました、これほど酷いなのは久ぶりだなぁと。もちろん楽しめる人もたくさんいますが、自分には全然合わないでした。非常に残念でした。

投稿 : 2024/02/27
閲覧 : 18
サンキュー:

0

ネタバレ

徳寿丸 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

わがまま王女のやり直し・・・ですわ

原作未読(2024.2)
清々しい位「はめふら」オマージュとでもいいましょうか。
また、「陰実」の如く、周りの深読み勘違いによる結果オーライ物語。
ただ、1クールで精一杯この作品の魅力を描こうとしたのは伝わってきました。
比較としてはゲーム転生の違いはあるが10代前半の王女という点で「ラス為」が近いと思います。シリーズ構成も同じ赤尾さんですし。1クールアニメとして(原作は共に未読)どちらが好感持てるかというと主人公の差でこちらですかね。個人的にはあちらは行動原理が「偽善」の上に成り立ち(そもそも民の為に尽くしますというのがどうにも胡散臭い。無論、偽善自体悪い事ではないがチート補正でリスクのないマッチポンプ感が半端ない)。対してこちらは、単純に処刑されたくない、それだけ・・・実に明快で解りやすいですよね(まぁアニメの作り自体の差もありますが)。
でもまぁ。どちらも年端もいかぬ王女がそんな権限あんのかよ?って所は共通してますが・・・そこはそういうもんだと呑み込むしかないわけですがね。
ただ、なんというか、どうしたって転生前にわがまま好き放題して、国家の寿命を縮めた遠因は彼女にもあるわけで、それが実は他国の謀略だったから可哀想みたく最後に補填するのはずるいとは思いますけども。

私のツボ:流石にラストの反乱話はグダグダ過ぎると思う。

投稿 : 2024/02/11
閲覧 : 63
サンキュー:

1

ネタバレ

たくすけ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

悪くないが自分が乗り切れなかった。

この手のものは飽きてるのだが久しぶりに「はめふら」テイストの明るい作風だったのは良かった。
ミーアが処刑回避のために奮闘するがどこかポンコツで駄目かもってなるのだが周囲のキャラがミーアが優秀だと勘違いしてくれるおかげでとんとん拍子に上手く事が運ぶといった内容。
ミーアは可愛いし作画も良いし見やすい内容なのだが…


個人的な好みの話で申し訳ないが上坂すみれの良さがわからない。
演技に関しては問題ないのだが自分には演技が全く刺さらない。
上坂すみれで良かったなと思うのは長瀞さんくらい。
見た目は良いしキャラ的にもウケてるのはわかるけど何であちこち出れるの?と思ってます。
キャリア長いし年齢的にもプッシュされる立場じゃないのに。
それでもってキンレコアニメというのがなぁ…
嫌いじゃないけどこの人と内田真礼は近い世代の声優と比べて演技は刺さらないんですよね。
色んなアニメ出てて「またか…」みたくはなってる。

書いておいてなんだけどファンの方、気を悪くしたらごめんなさい。
何かほざいてるなとでも思って下さい。

作品としてはまあまあ。
結局は「はめふら」には及ばないかなぁ。
同期の「私の推しは悪役令嬢」の方が好き。
制作に絡む部分が違ってたら印象変わってたと思う

ちょっと前に舞台化されてるんですね。
アニメより先に舞台やるの珍しいイメージあるけど2.5次元が流行った影響でアニメやってから舞台という流れじゃなくなってるのかもしれない。

投稿 : 2024/02/10
閲覧 : 48
サンキュー:

1

ネタバレ

直感派 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:今観てる

おもろい

作画のいいギャグ漫画。ココイチみたいに気軽に食いたくなるいいアニメ。

コメディがアニメノリの痛い系が多少あるが、8割はおもろい。
ツッコミが某有名アニメらしさがあってそれはノベルや漫画にないアニメの良さを感じた。
とにかく作画が良いので大満足です。

投稿 : 2024/02/03
閲覧 : 33
サンキュー:

2

ネタバレ

シボ さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

清々しいくらい自分が一番大事(褒めてますよ)!

民衆の怒りを一身に受け3年もの間、
投獄され惨い仕打ちを受けた後にギロチン処刑となった
ミーア・ルーナ・ティアムーン姫。
マリーアントワネットの末路を思い起こさせるような中々に
衝撃的な死に様。

時を遡って
あの最悪な末路を避けるべく人生をやり直す物語です。

文章を書いててなんだか重くて暗い展開なのかなって
なりますけど、ヒロインのミーアが、もともと
ちょっとおバカで奔放で我がままし放題って性格は
あまり変わらないので作品の雰囲気は底抜けに明るい感じです。

そして血塗られた日記にある最悪な未来を変えるべく
改心して?何とかしようと奮闘する
彼女の行動が一々笑えて楽しいんです。

感心するくらい見事なままに、会う人会う人が
彼女の行動を良い意味で勘違いしてくれる展開が面白いです。
それは違うからって一々ツッコみを入れるナレーションも
笑っちゃいます。

もはや中盤以降は
一つ一つの勘違いの出来にこれは実は
意外と良く練られた物語なのかもって観てました。

キャラは断トツでミーアの魅力が光ってて
アベル王子にしてもシオン王子にしても引き立て役な感が
強かったかな。
生徒会長のラフィーナとの絡みをもっと観たかったです。

裕福で世間知らずでなんの苦労もしない人生では決して
得られない。
苦労したからこそ得られるプライスレスな経験。
色々、波乱ありつつも創意工夫して一緒に乗り越えようと
してくれる人間関係が大事なんだよって
物語全編で教えてくれる。
まあそんなことを説教臭くなく楽しく伝えてくれる作品でした。


OP 「ハッピーエンドプリンセス」/ 上坂すみれ
ちょっとおバカだけどチャーミングなミーア姫の魅力が
全開のキラキラした楽曲です。
「ですわ♪ ですわ♪ ですわ~♪」能天気さが良い!


ED 「Queen of the Night」 / カノエラナ
ドラマティックな音楽も余韻があって良いんですけど
美しい星空の元で未来の自分と楽し気にお茶するミーア
の絵が印象的なんです。
このやり直しの物語を読み返すような歌詞も好きでした。

続きはないかもですけど
ちょっと大人になったキャラデザのミーアの話も観てみたいな~。

投稿 : 2024/01/26
閲覧 : 76
サンキュー:

17

ネタバレ

四ツ谷ミツル さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ちょうどいい良作

原作未読でコミカライズ版のみ追っている者です。普通に良作アニメです。

ミーアの自分ファーストが最後まで一貫してる所とか、ただの良い子ちゃんで終わらない強かさと、いわゆる"勘違いコメディ"な部分もまあ良かった。

OPED共に良曲。
OPは王道アニソン感満載でクセになる可愛さがあり、EDも何回か飛ばさず聴いちゃうくらいには雰囲気が好みだった。

ナレーション含めて声優さん達の演技は素直に良かった。ミーアの顔芸シーンの上坂すみれさんの演じ分けなんかは流石だ。

ストーリーについてだが、結構展開が早い。
コミカライズのみ追っている自分がこう感じるんだから原作からは結構端折られているのではないかと思う。
テンポが良い分ダレること無く見やすいが、その分印象に残るようなシーンは個人的にはあまりなかった。まあでも、あのラストまで描きたかったからこそのテンポ感だと思えば全然アリ。
ラストカットのミーアは綺麗で可愛いかった。
これで終わりでもよし、続編があってもよしな最終話は良かった。

作画について。
大きく崩れる事は無かったがもう少し動いて欲しかった。舞踏会の所とか。
ギロチンや背景作画は細かく描き込まれて綺麗だったが、ちょっとのっぺりしたキャラ達の作画が浮いてる気がしなくも無い。

一クールでしっかりまとまっているので、暇つぶしとか隙間時間に見る分にはちょうど良いタイプの良作だ。

投稿 : 2024/01/15
閲覧 : 37
サンキュー:

2

ネタバレ

をれ、 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

キャラ絵だけで高評価中w。

公式サイト;
https://tearmoon-pr.com/

周りの勘違いで運命好転系のお話しでした。が断頭台で処刑された筈のミーア姫は、もう一度同じ境遇で以前の記憶を持ったまま12歳からやり直すことになります。今度は何としても断頭台に上りたくないので、前世とは異なる様々なことをします。中身は元のママで自分ファーストですが、周りが勘違いをしてドンドン断頭台から離れていきます。周りの勘違いと、事実とのギャップには何度も笑わされました。また、過剰にシリアスな場面はないので、気軽に楽しめました。
 本作を推すかと言われたら、比較的万人ウケする方だと思います。ただ、ワタシは気にしませんが、細部に拘る人からは目くじら立てられる可能性があるかもしれません。

投稿 : 2024/01/06
閲覧 : 128
サンキュー:

4

ネタバレ

タック二階堂 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

なろう発だけど期待の大きい作品…だったんですが…

詳細は公式サイトでも。

「小説家になろう」連載中の餅月望さんによるラノベのアニメ化作品です。制作はSILVER LINK.、シリーズ構成・脚本は赤尾でこ氏です。

また「なろう」で、ガワだけ見ると悪役令嬢モノっぽい雰囲気。ですが、本作に関しては、いわゆる「死に戻り」系で、ギロチンで処刑される未来を変えるために、第一王女ミーアが奮闘するといったストーリー。

ただ、奮闘といっても特に心を入れ替えるわけでもなく、ただ本来の道筋から自分に対する協力者を大切にするといった行動をすることで、わがままで傲慢な王女像から臣下の見方が(勘違いだけど)好意的に変わっていくというストーリー。これが、すれ違いコントのような面白さになっているという作品だそうです。

ということで期待していたのですが…

うーん、なんていうか。
とりあえず作画とかキャラデザは、まあ「なろう」作品を手癖で作るシルリンらしさ全開。「とりあえず『はめふら』っぽく作っとけばいいだろ」という感じが伝わってきますね。。

原作が面白そうなのに、初回がちっとも面白そうに感じなかったのは、おそらくは構成・演出のせい。赤尾氏は、種牡馬で例えるならノーザンテースト。名馬も生み出すけど、それ以上の駄馬も排出しましたね、ノーザンは。まさにそんな感じ。このままだと、数多の駄作ルートにいきそう。

どこがどうというのを指摘はできないんだけど、こうじゃないんだよなあという印象を拭えない初回でした。いちおう期待作なので、巻き返しに期待します。

=====最終話視聴後、感想ですわ。
{netabare}
面白かったんじゃないでしょうか。
まあ、私の斬首回避の旅はこれからですわENDではあるのですが、キリのいいところで終わらせるために終盤ちょっと冗長になってしまったかなといったところではありますが。

えっと、作風的には「すれ違いコント」なわけなので、こういった雰囲気でいいのでしょうけど、ちょーっち軽すぎるかなという気も…
それもこれも、すみぺの声質と演技に依るところが大きかったですね。これが、りえりーあたりがキャスティングされていれば、また印象も違ったのかもしれません。

最終的に可もなく不可もない作品というところに落ち着いてしまったのは、ちょっともったいなかったかな。
{/netabare}

投稿 : 2024/01/05
閲覧 : 168
サンキュー:

2

ネタバレ

スイキ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

悪役令嬢もの

悪役令嬢やり直しもの
過去にタイムリープして人生をやり直す内容

投稿 : 2023/12/29
閲覧 : 52
サンキュー:

0

ネタバレ

mamiko さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

運命を変えられるか

ミーアは自分中心で動くがいつの間にか周りを巻き込んでいく物語です。opもミーアらしい歌だなぁと期待してたのですが、次回も見るかは検討するアニメでした。

投稿 : 2023/12/27
閲覧 : 21
サンキュー:

0

ネタバレ

teji さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

まぁまぁ 面白かった

まぁまぁ 面白かった
でもさすがにこの手の作品飽きてきた

投稿 : 2023/12/25
閲覧 : 31
サンキュー:

0

ネタバレ

えりりん908 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

自分ファースト×結果オーライ!なのですわ~

自分の過去に戻って人生をやり直す帝国のお姫様の物語です。
ただこの王女様=ミーア姫、
やり直しの人生にあっても、
20歳で断頭台の花と散るまでの経験を記憶として持っているけど、
異世界ではなくて過去へのタイムスリップ。
転生では無くて人生やり直し。
そして、物語世界へのスリップではないから、
小説世界やゲームの中の別人に「なろう」とかじゃなくて、
生前、というか前の人生と、人間性はまったくいっしょなんです。
中世?のヨーロッパが舞台だから、剣や弓矢は出てくるけど、
魔法も魔獣もいっさい出ては来ません。
潔い世界観設定に共感w
なによりもアクシデントが起こるたびに、
ご都合主義なんていうよりずっと都合のいい、結果オーライでの解決。
この辺がコメディ路線として安定していてノーストレスで楽しい(*^▽^*)

そして、
20歳→12歳に戻って人生やり直しになっても、
このミーア姫、基本的性格は生前同様「自分ファースト」!ww

自分の保身のために立ち回っているだけなのに、
周囲の王族とか配下の役人とか騎士とか、周辺国の人々とかがみんな、
勝手に「帝国の叡智」とか勘違いして、勝手に深読み、それが誤解なのに、
結果的に上手い方に解決しちゃうから、
ミーア姫への過大評価というか間違った尊敬・賞賛が
どんどん膨らんでしまうのが、
笑いどころだし、この作品の見せどころ。

おでこさんがシリーズ構成に携わると、
時々こういうスマッシュヒットかましてくれるのが、面白いです!

そして登場人物がみんな、ミーア姫を勝手に勘違いして、
勝手に聡明だとか「ここまで計算してたのか!」とか
ボケまくってくれるのが、好きになれれば快感でww

作品の中にひとりも洞察力あるキャラクターがいないから、
ミーア姫自分ファーストで言動→周りは帝国の叡智だからと感服。
このギャグ展開が延々とつづいて、
ここに突っ込み入れてくるのが、
作品の外からの「ただの〇〇である」というナレーション。
これ、ちびまる子ちゃんのキートンさんのナレーションといっしょですねw

まあ深いことは何も考えずに、
上坂さんのハッチャキ演技を楽しんで、
全部結果オーライに収まってしまうシナリオをたどって、
気分爽快、ああ楽しい!でオッケーかとww

こういう感じで鑑賞すると、
けっこう、というか、かなり楽しめます。
なにより、秋アニメでは私にとっては、
結果オーライでベスト5にはいっちゃう作品なのですわ(笑)

投稿 : 2023/12/24
閲覧 : 70
サンキュー:

17

ネタバレ

Bハウス さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

どうする姫殿下?

本好きの下克上で流れたCMを見て
ビビーンと来てましたわぁwwwww

「ビックウェーブが来てますわ~」

上坂同志の声を聴いて当たりと確信
慎重勇者以来かもなw

原作はTOブックスで連載されており
シルバーリンクが制作

OPから物語の展開も
かなり「はめフラ」を意識している作風だが

ミーヤ媛殿下は地頭がいいから
要所要所は帝国の叡智を存分に見せている

はずw

物語はティアムーン帝国崩壊から始まる
皇女ミーアは革命により失脚し投獄されていた

20歳のある冬の日ミーヤは
ギロチンでの処刑を執行される

刃物が振り下ろされクビをはねられた瞬間
ミーヤは宮殿の自分の部屋に立っていた

姿は12歳の子供として

半信半疑で革命を夢と思っていたが
手元にはギロチン前日までつづられた
血の付いた日記帳がある

読み返し改めて処刑された現実を確かめると
回避のために全力で奮闘するのだった

当初の世界線ではわがままで傲慢
政治に無関心という典型的なダメ皇女

しかし革命後は各地を流浪したうえ
劣悪な地下牢に3年投獄されていたので
些細なことでも感動できる性格になっていた

ミーヤはまず自分の味方として最後まで
仕えてくれたメイドのアンヌを専属にして
やり手の文官ルードビッヒを側近に据える

学園入学後は革命時の対抗策として
軍事力のあるレムノ王国を後ろ盾にすべく
第二王子のアベルに近づく

その一方で処刑された際に敵対した辺境伯の娘・ティオーネ
革命軍に加勢するサンクランド王国のシオン

学園の生徒会長で同じく革命に尽力した
ヴェルーガ公国のラフィーネとは関わらないように決めていたが

運命のいたずらでそれぞれがミーヤに好感を抱き
関わることになってしまう

タイトルを今年の大河ドラマ「どうする家康?」とかけたのは

ミーヤは日記の事柄を逆算して対応しているけれど
その都度イレギュラーな選択肢が出てきて
結果的にはその選択により周りが都合よく解釈するw

まさに帝国の叡智()

歴史好きって結構イフの世界線妄想しがちだが
この作品はある意味追体験させてくれる

物語はキリのいいところで終わり
はめフラ同様桜が舞い散るEDとなった

実はねはめフラを引き合いに出したのは
続編の重要人物であるキャラがドラマCDでぇ

おっとまあ期待しようじゃないのw

追記

そういや「ハッピーエンドプリンセス」のMVで
野球の打ち返すしぐさが振りになっていたが
続編あったらあの人から指導あるのかな(謎理解)

投稿 : 2023/12/24
閲覧 : 97
サンキュー:

3

ネタバレ

Takaさん さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

帝国の叡智(笑)

マリーアントワネットが元ネタと思われる面白いやつ。
コミカライズが面白くて期待大。
SILVER LINK.なのに、作画の力の入れ方が凄い。

ギロチン回避の為に自己保身に走る帝国の叡智ミーア。
回ごとに皆の目を曇らせ、忠臣や親交を深めていく・・・

松岡君アベル王子かーはめふらとは違う王子役ね。
内田さんは成人のミーアと。。。

8話で、未来日記無くなったけど、ギロちゃん回避からの
ミーア大躍進ルート確定?
9話から、アベル王子救出ルートとミーアが過去体験していない
イベント発生!ヒロインは、アベル王子???

目が曇っていく人々…
1話:アンヌ(忠臣:メイド)
2話:ルードヴィッヒ(忠臣:敏腕文官)
   エリス(忠臣:アンヌ妹お抱え芸術家)
3話:ティオーナ(革命軍の聖女→今回は親友?)
   シオン王子(ティオーナと共にミーアを断罪→好意?)
   アベル王子(以前の時間軸で接点なく、ミーアに好意を)
   ラフィーナ生徒会長(以前の時間軸では、ティオーナ、シオン王子と親交
8話:ディオン隊長
   ルドルフォン辺土伯(ティオーナ父)
   セロ・ルドルフォン(ティオーナ弟)
   ルール―族族長
12話:レノム王国の髭の騎士

11話の作画崩壊は残念だったけど、今シーズンの中ではかなり面白かった!

投稿 : 2023/12/24
閲覧 : 366
サンキュー:

5

ネタバレ

てらし さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

叡智?聡明?

主人公のミーア姫が人生をやり直す話

失敗前世とやり直し人生
どちらも出発点となるのはミーアの利己的な考えだけど、自身の何に重きを置くかの違いがターニングポイントになり、そこでようやく
自分の命(国)を守る⇒国(自分)を支えるのは民(仲間)⇒自分が民(仲間)を守る
という三段論法が生まれ、物語が展開していく
といった感じでしょうか

やり直し人生ではコミカルとシリアスのバランスが程好く、ミーア姫が帝国の皇女とは思えないボケムーブをかまします
要所で繰り出される顔芸もアホの子可愛い
いのちだいじにって言ってんのにやってることはガンガンいこうぜだったり、魅力的な愛されキャラになってます

おそらくバッドエンドな話にはならないんでしょうから、素敵なエンドロールを期待したいです

投稿 : 2023/12/09
閲覧 : 70
サンキュー:

1

ネタバレ

アハウ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:今観てる

コミックは面白い

ミーア可愛い。制服姿もいい。
そして雰囲気も色合いもとても綺麗。

人気アニメであっても暗いアニメが好きではないです。
ひきまりは思ったよりダークでした。

コミックはミーアの発言を好意的に、受け取ってくれて
変な方に話が進む。みんな目が曇る。
傲慢な姫が、思いやりが必要と感じ物事がよい方向に展
開していくのは面白い。
アンヌ会議は沢山のアンヌが出て草。

ただギロチンが少々疑問。
それ以前は刑吏が処刑していたのが、うまくいかないこ
も多かった。
「車輪刑」も人気で、手と足の骨を砕き、車輪に張り付
けて太陽に翳すものだった。
数日経つと絶命したと思われます。
(他にもローテンブルクでいろいろなものをみました)
だから、ギロチンの方が痛み等の負担は少ないと思われ
ます。
悲劇のマリー・アントワネットの見すぎでは。

投稿 : 2023/11/04
閲覧 : 183
サンキュー:

9

ネタバレ

K2 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:今観てる

ご都合主義を逆手にとって

映画でも漫画でも小説でもアニメでも、ご都合主義が過ぎると鼻につくものだが、今作はそれを逆手にとってギャグに上手く昇華している。
主人公が能動的に何かするのではなく、作中でも言われているが、ただただ自己中心的に斬首刑を免れたいだけ。
周りが勝手に意図を良心的に組みとって好転していくストーリー展開が吉と出てる感じかな。
作画の乱れが多少ある物の、全体的に雰囲気をまとめて上手く作られているので対して気にならない。
この秋アニメでは、一番ストレスフリーで見てられるかも。
良作!

投稿 : 2023/10/29
閲覧 : 115
サンキュー:

3

ネタバレ

にゃんたろう さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 1.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

原作、コミックは面白い

第一話感想
作画、声優、音楽は問題は無いが良いとも思わなかった。

脚本に不満も不安もある。

特に無駄にぶっ込んできたシーンが駄目で、
その捕まった時シーンで自身の地位を盾に「斬り捨てろ」と言わせたのは大きく主人公のイメージを損なっている。
これだと、わがまま姫というより傲慢な姫だと思う。
原作では牢屋に入れられる直前のミーアは、自身、帝国、民のために各地を奔走していた。無知でわがままではあるが優しい面を持っていたから最後まで支えてくれた人いたのに、それを殺しの命令するのは台無しだと感じた。

断頭台に送った側の人の中には、主人公の処刑を後悔するエピソードもあるのに・・・

最後のナレーション「この物語は・・・」のシーンもコミック版の方が端的で分かりやすかったが、アニメ版は無駄に変更していると感じた。(原作には無い)

投稿 : 2023/10/08
閲覧 : 38
サンキュー:

1

Ricky さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2024/02/27
閲覧 : 0

567 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2024/02/24
閲覧 : 0

テツ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2024/02/23
閲覧 : 0

CiRk さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:今観てる

投稿 : 2024/02/22
閲覧 : 0

ざわ さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2024/02/22
閲覧 : 0

たかし さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2024/02/18
閲覧 : 0

kumanogawa さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2024/02/18
閲覧 : 0

ぬまお さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2024/02/11
閲覧 : 0

siroutoi さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.5
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 2.5 音楽 : 2.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

投稿 : 2024/02/10
閲覧 : 0

ドビー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2024/02/04
閲覧 : 0

Lollipop さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2024/02/02
閲覧 : 0

たかたけ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2024/01/31
閲覧 : 4
次の30件を表示

ティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~のストーリー・あらすじ

「首が…ある!? 幼く…なってる!?」 大国・ティアムーン帝国で“わがまま姫”と蔑まれた20歳の皇女ミーアは、民衆の革命によって断頭台で処刑された。 はずが、目覚めると12歳の頃にタイムリープしていた! どうやらここは、やり直しの世界――彼女の枕元に置かれていたのは、処刑される前に自らが綴った血染めの日記。 第二の人生を歩み始めたミーアは、帝国の立て直しを決意。 帝国の未来のため? 民衆を飢饉から救うため? 内戦により命を落とす多くの兵士のため? じゃない! すべてはギロチンの運命を回避するため!! 「こ、これぐらいわたくしにかかれば簡単ですわ!」 小心者で、保身上等&自己中最強のポンコツ姫が、自分のために大奮闘。わがまま姫様の行動がまさかの奇跡を巻き起こす、歴史改変ファンタジーが始まる。(TVアニメ動画『ティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2023年秋アニメ

この頃(2023年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ