「ドラえもん のび太の恐竜(アニメ映画)」

総合得点
66.3
感想・評価
99
棚に入れた
579
ランキング
2401
★★★★☆ 3.6 (99)
物語
3.7
作画
3.3
声優
3.7
音楽
3.4
キャラ
3.7

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ドラえもん のび太の恐竜の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

haruto さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

2021.1.24

2021.1.24

投稿 : 2021/01/24
閲覧 : 43
サンキュー:

0

ネタバレ

蒼い星 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

子供には戻れないことを痛感。

【概要】

アニメーション制作:シンエイ動画
1980年3月15日に公開された劇場アニメ。
原作は、藤子不二雄が『月刊コロコロコミック』
にて連載していた「大長編ドラえもんシリーズ」作品。
監督は、福冨博。

【あらすじ】

スネ夫の家でパパのお土産のティラノサウルスの爪の化石を見せびらかされ自慢される、
のび太たち。もっとよく見せて!とせがむ、のび太であったが、
スネ夫から除け者扱いされて、自分だけ化石をよく見せてもらえなかったことに腹を立て、

『ツメだけじゃなく、恐竜まるごとの化石を発掘してみせる!!』

と悔し紛れに宣言してしまった。あまりの突拍子の無さに皆から笑われたのび太は、
帰宅するや否やドラえもんに泣きつくが、呆れの言葉の数々をかけられてしまう。
そして、本で地層について調べて自分で恐竜の化石を掘り出してみようとしたのび太は、
紆余曲折の末に丸くて大きい石を発掘するのだった。 

『恐竜のたまごだ!』

と喜んで持ち帰ったのび太であったが、他の可能性を羅列して否定するドラえもん。
と、口ではあれこれ言いつつもドラえもんは、“タイムふろしき”をわざと落として、
のび太を見守るのだった。のび太がタイムふろしきで大きな石を一億年前の状態に戻すと、
それは間違いなく卵だった。のび太は卵を温めて孵そうとするのだった。

【感想】

25本ある大長編ドラえもんの第1作目。幼い頃にぼーっと観た覚えがあるのですが、
最初から最後までちゃんと観たことがなかったので、観てみました。

うん?ドラえもんの知識がなまじっかあると、割と粗だらけな話ですよね。

首長竜のピー助が大きくなりすぎて飼えないから、一億年前の世界に戻そう。
というわりにスモールライトを使うのは持ち運ぶとき限定。
飼育するだけならば、ライトで小さくして水槽で飼うこともできますし、
異空間にピー助が住める生態系環境を作って、もとの大きさで飼うことも可能。

厳密に言うと人間と首長竜では住む世界が違うから本来の環境に戻そうという、
意味合いなのかもしれませんけどね。
あと、本来生まれることが出来なかったピー助が一億年前の世界で子供を作っちゃうと、
歴史に影響しちゃうような気がしますよね。

四次元ポケットの中にあるドラえもんのひみつ道具は本来なら何でも出来るのに、
何故かそうしないことが気になるのですよね。

それは、一億年前の恐竜の世界でドラえもんたちは話の都合で思考の幅を狭めて、
使うひみつ道具の種類や運用方法を何故か限定してしまうことであって、
本来楽勝な逆境を無理やりピンチに変えてしまっているのが目に付くのです。

でも、そんなこと気にしちゃダメなんですよね。

子供の純粋な気持ちで、のび太に共感して、一億年前の世界を楽しんだり、
のび太とピー助の触れ合いの物語に癒やしや感動を得る。
それが、正しい鑑賞方法なんだと思います。

自分としては、『おばあちゃんの思い出』『のび太の結婚前夜』『45年後…』
あたりは本当に傑作だと思いますし、
素晴らしい大長編ドラえもんが何本もあるのを承知の上で『のび太の恐竜』は、
ドラえもんの傑作エピソードと比較して、あまり感動できなかったと断言します。

のび太に懐いたピー助は他の古代生物と違って、妙に表情が人間っぽい。
そのピー助を成長促進剤を使って短期間で無理やり成体に成長させる。
一億年前の世界でアメリカ大陸から日本列島に移動する時に襲ってくる恐竜などは、
“桃太郎印のきびだんご”で自由な意思を奪い強制洗脳して頭の上で遊んだり乗り物扱いしたり。

これは人間が恐竜と友達になる話でもあるのですが、敵となる恐竜ハンターとは違う形で、
ドラえもんたちもまた、恐竜などの生き物を人間のエゴと都合で支配して利用しているような?

と、いろいろ思うことがありすぎて感動するどころではなく、
こんな点数になってしまいました。


これにて感想を終わります。
読んで下さいまして、ありがとうございました。

投稿 : 2020/03/22
閲覧 : 171
サンキュー:

36

ネタバレ

りゅうへい。 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 5.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ヽ(*´∀`)ノ

ъ(゚Д゚)グッジョブ!!

投稿 : 2014/10/24
閲覧 : 204
サンキュー:

0

ネタバレ

ValkyOarai さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

のび太とピー助の原点 アレンジもされた

声優が変わったアレンジ版は見てません

これがないとドラえもんは成立しなかった映画だと思います。

投稿 : 2012/10/04
閲覧 : 232
サンキュー:

0

暴走インコ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/12/14
閲覧 : 8

こくてん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/07/09
閲覧 : 23

くまお さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/04/12
閲覧 : 27

ヴァッハ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/08/25
閲覧 : 38

ELFピエール・元春 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2018/10/17
閲覧 : 54

N14 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2018/08/20
閲覧 : 55

にいちん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:----

投稿 : 2018/07/07
閲覧 : 58

anikorepon さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2018/05/31
閲覧 : 60

ひみこ さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2018/04/23
閲覧 : 50

藤乃 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2018/01/06
閲覧 : 60

腰痛 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2017/07/18
閲覧 : 58

DAIKI∞ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2017/05/16
閲覧 : 61

VMmAt08230 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:----

投稿 : 2017/04/24
閲覧 : 67

神城 悠 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8
物語 : 3.5 作画 : 2.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2017/02/25
閲覧 : 61

ILNso09340 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2016/09/07
閲覧 : 50

空いるか さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.5 作画 : 2.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2016/08/27
閲覧 : 50

ともひさ~ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2016/08/20
閲覧 : 31

ふふ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2016/05/15
閲覧 : 26

pokaerion さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2016/05/06
閲覧 : 40

さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2016/01/19
閲覧 : 34

AKIRA777 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2015/10/01
閲覧 : 40

サイコベア さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2015/06/08
閲覧 : 31

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2015/05/01
閲覧 : 40

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2015/04/29
閲覧 : 36

atsuman さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2015/03/29
閲覧 : 48

カワミ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2015/03/19
閲覧 : 44
次の30件を表示

ドラえもん のび太の恐竜のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ドラえもん のび太の恐竜のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ドラえもん のび太の恐竜のストーリー・あらすじ

スネ夫のパパのアメリカ土産「恐竜のツメの化石」を見せてもらえなかったのび太は本物の恐竜を見つけると宣言、やむなく、のび太は化石発掘を始め、悪戦苦闘の末、化石らしき物を見つけた。ドラえもんのタイム風呂敷にかぶせて一億年前の姿に戻すと、これが巨大なタマゴ。それから毎日、のび太はふとんの中でそれ抱いて寝むるのだった。(アニメ映画『ドラえもん のび太の恐竜』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
アニメ映画
放送時期
1980年3月1日
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%81%88%E3%82%82%E3%82%93_%E3%81%AE...
公式サイト
www.dora-movie.com/film_history/history_1.html
主題歌
《OP》大山のぶ代・こおろぎ'73『ぼくドラえもん』《ED》大山のぶ代・ヤング・フレッシュ『ポケットの中に』
挿入歌
大杉久美子『ドラえもんのうた』

声優・キャラクター

大山のぶ代、小原乃梨子、野村道子、肝付兼太、たてかべ和也、加藤正之、千々松幸子、よこざわけい子、鳳芳野、青木和代、井上和彦、宮村義人、島宇志夫

スタッフ

原作:藤子・F・不二雄
監督:福富博、脚本:藤子・F・不二雄/松岡清治、監修:楠部大吉郎、作画監督:本多敏行、レイアウト:芝山努、美術監督:川本征平、撮影監督:三沢勝治、録音監督:浦上靖夫/大熊昭、音楽:菊池俊輔

このアニメの類似作品

この頃(1980年3月1日)の他の作品

ページの先頭へ