「劇場版 マクロスF[フロンティア] 恋離飛翼〜サヨナラノツバサ〜(アニメ映画)」

総合得点
74.1
感想・評価
722
棚に入れた
4226
ランキング
614
★★★★★ 4.2 (722)
物語
3.9
作画
4.3
声優
4.0
音楽
4.5
キャラ
4.1
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

劇場版 マクロスF[フロンティア] 恋離飛翼〜サヨナラノツバサ〜の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

shitasama さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

どうしても

ランカ派なのでこのラストは…と思ったがアルトごときにランカちゃんは勿体無いのでOKです、とにかく歌がよかった!
シェリルの歌も悪くはないのだけれども何処かクドい様な感じて少し苦手、やっぱりランカだよな〜

投稿 : 2019/05/24
閲覧 : 85
サンキュー:

2

ネタバレ

ピピン林檎 さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

マクロスシリーズ一括評価《改訂》

マクロスシリーズの諸作品を最近色々と見直したので、以前「愛・おぼえていますか」のレビューに書いた同シリーズの一括評価を改訂します。
---------------------------------------------------------------

◆マクロスシリーズ一覧&評価 ※全7シリーズ(+α)計18作品

★が多いほど個人的に高評価した作品(最高で星3つ)
☆は並みの出来と感じた作品
×は脚本に余り納得できなかった疑問作
●は未視聴
※人名は監督、(総)は総監督、SDはシリーズディレクター、SCはシリーズ構成
※以下は、作中の架空の西暦年代の順です(制作順ではありません)。

 ---------------------------------------------------------------
 【1】 マクロス ゼロ (西暦2008年の世界) ※冒頭で1999年7月の災厄が語られる
 ---------------------------------------------------------------
№1 《OVA》 「マクロス ゼロ」 (河森正治/全5話/2002-04) ★ 4.1

 ---------------------------------------------------------------
 【2】 超時空要塞マクロス (西暦2009-10年の世界)
 ---------------------------------------------------------------
№2 《テレビ》 「超時空要塞マクロス」 (石黒昇(SD)・松崎健一(SC)/全36話/1982–83) ★★ 4.5
№3 《劇改作》 「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」 (石黒昇・河森正治/1984) ☆ 3.7
●№4 《OVA》 「超時空要塞マクロス Flash Back 2012」 (河森正治/1987) ※30分、西暦2012年の世界

 ---------------------------------------------------------------
 【3】 マクロスプラス (西暦2040年の世界)
 ---------------------------------------------------------------
№5 《OVA》 「マクロスプラス」 (河森正治(総)・渡辺信一郎/全4話/1994-95年) ☆ 3.8
№6 《劇改作》 「マクロスプラス MOVIE EDITION」 (河森正治(総)・渡辺信一郎/1995年) ※115分 ★ 4.0

 ---------------------------------------------------------------
 【4】 マクロス7 (西暦2045-46年の世界) ※読み「マクロスセブン」
 ---------------------------------------------------------------
№7 《テレビ》 「マクロス7」 (河森正治(原作)・アミノテツロー/全52話/1994-95年) ★ 4.2
№8 《劇新作》 「マクロス7 銀河がオレを呼んでいる!」 (アミノテツロー/1995年) ※33分 ★ 4.0
№9 《OVA》 「マクロス ダイナマイト7」 (アミノテツロー/全4話/1997年) ☆ 3.6 ※西暦2047年の世界

 ---------------------------------------------------------------
 【5】 マクロスF (西暦2059年の世界) ※読み「マクロスフロンティア」
 ---------------------------------------------------------------
№10 《テレビ》 「マクロスF」 (河森正治(総)・菊地康仁/全25話/2008年) ★ 4.4
№11 《劇改作》 「マクロスF 虚空歌姫〜イツワリノウタヒメ〜」 (河森正治/2009年) ★★ 4.5
№12 《劇改作》 「マクロスF 恋離飛翼〜サヨナラノツバサ〜」 (河森正治/2011年) ★★ 4.7
№13 《劇改作》 「マクロスFB7 オレノウタヲキケ!」 (アミノテツロ/2012年) ★ 4.0
№14 《OVA》 「娘クリ Nyan×2 Music Clip」 (/2010年) ★ 4.0 ※『マクロスF』劇場版の映像を流用した音楽劇

 ---------------------------------------------------------------
 【6】 マクロスΔ (西暦2067年の世界) ※読み「マクロスデルタ」
 ---------------------------------------------------------------
№15 《テレビ》 「マクロスΔ」 (河森正治(総)・安田賢司/全26話/2016年) ★ 4.0
№16 《劇改作》 「劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ」 (河森正治/2018年) ☆ 3.8

 ---------------------------------------------------------------
 【7】 超時空要塞マクロスII -LOVERS AGAIN- (西暦2090年代の世界)
 ---------------------------------------------------------------
№17 《OVA》 「超時空要塞マクロスII -LOVERS AGAIN-」 (八谷賢一/全6話/1992年) ☆ 3.5

 ---------------------------------------------------------------
 【+α】 その他 
 ---------------------------------------------------------------
●№18 《OVA》 「マクロス超時空ゼミナール!!」 (/2012年)


以上

1. TVシリーズ+市販用OVA 8本(5+36+4+52+4+25+26+6=158話)
2. 劇場版 7本 (愛おぼ/マクプラME/マク7銀呼/マクFB7/マクF虚空/マクF恋離/マクΔ激ワル)
3. PV用特殊OVA 3本 (Flash Back 2012/娘クリ/超時空ゼミ)
---------------------------------------------------------------
※視聴済み16作品の個人評価(単純平均) ★ 4.05 
※テレビシリーズ4作品だけなら(単純平均) ★ 4.275 (初代/7/F/Δ)


◆作品別短評

【1】 『超時空要塞マクロス』(初代マクロス)

本サイトでは、何故か劇場版の評価が非常に高く、TVシリーズの評価が低めですが、TVシリーズをちゃんと見ていないと劇場版もさほど楽しめないし、マクロスシリーズ全体のコンセプトを誤解してしまう怖れがあると思うので(※私がそうだったので・・・)やはりTVシリーズの方を先に視聴する方が良いと思います。
逆にいうと、劇場版を見てまずまず楽しめた人には、TVシリーズの方も必ず見て欲しい作品です(※劇場版は作画・音楽が良く“楽しめる”作品だけど、TVシリーズは作画の酷さやシナリオのグダグダさという欠点を凌駕する“予想外に大きな感動”のある作品と思うので→マクロスシリーズが現代まで続いている人気の源泉はここ)

【2】 『マクロス7』

『初代マクロス』(TVシリーズ)の設定&作品コンセプトを確り受け継いでいる作品であり、逆に言うとそこを押さえておかないと、本作自身の設定&作品コンセプトが最後まで余りよく理解できないし、いまいち楽しめない作品ではないかと思います。
※ヒロイン(ミレーヌ)の両親が初代マクロスのあの{netabare}子づくりカップル{/netabare}だと知ってビックリ!etc.
・・・ということで、私の個人評価も『初代マクロス』を確り見ていなかった1周目時点は ☆ 3.7 でしたが、同作完走後にもう一周して ★ 4.2 に急上昇しました。

【3】 『マクロス プラス』

全4話と短く作画良好&シナリオもコンパクトに纏まっているので、ここからマクロスを見始めるという手はあると思います。
但し、マクロスシリーズ全体からみると、他作品との関連は薄く、視聴を後回しにしても余り問題ない作品とも思います。

【4】 『マクロス ゼロ』

初代マクロスの前日譚なので「ゼロ」という作品名なのでしょう。
その初代で活躍するエースパイロット(ロイ・フォッカー少佐)の雄姿が存分に楽しめる作品でもあるので、彼のファンは必見です。
そして、『マクロスF』に引き継がれる伏線も多い作品。

【5】 『マクロスF』

新規ファン開拓を主眼としエンタメ性が大幅に強化されているので、ここからマクロスシリーズを見始めても十分楽しめると思いますが、『初代マクロス』(TVシリーズ)を確り見終えたあとに再視聴すると、本作が初代の設定&シナリオを巧みに本家取りしていることが分かってきて、楽しみが更に増すと思います。
因みに、『マクロスゼロ』の方も先に視聴しておけば、そちらのエピソードとの関連も発見できて更に楽しめます。
更にいえば、『マクロスF』に関しては、TVシリーズよりも劇場版の完成度の方が圧倒的に高くなっているので、TVシリーズ完走後に引き続き劇場版(前後編2本)を続けて視聴すると作品への愛着や感動が倍増しになることでしょう。

【6】 『マクロスΔ』

『初代』よりも『マクロスF』の設定&シナリオを色々と本家どりした作品となっています。
但しTVシリーズ&劇場版とも出来はそこそこという印象。

【7】 『超時空要塞マクロスII -LOVERS AGAIN-』

初代マクロス制作10周年を記念して制作されたOVAということですが、河森正治氏その他の初代マクロスの主要スタッフが制作にあまり関わっておらず、マクロスシリーズの中では完全に浮いた作品となっています(シナリオ&設定も他作品とは整合性が取れていない完全なパラレルワールドもの)。
内容は可もなく不可もなく、といったところか。

---------------------------------------------------------------

《まとめ》私のお薦め視聴順位

1番目 『マクロス ゼロ』(OVA・全4話)
2番目 『超時空要塞マクロス』(TVシリーズ・全36話)
3番目 『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』(劇場版・1本)
4番目 『マクロスF』(TVシリーズ・全25話)
5番目 『劇場版マクロスF』(劇場版・2本)

※この順に視聴していくと、設定&シナリオの繋がりが一番分かり易く、かつマクロスシリーズ全体のコンセプトが早めに把握できて感動のオーバラップ効果も生まれやすいと思います。
※以降、残りの作品は、お好みの順番で。

投稿 : 2018/12/18
閲覧 : 159
サンキュー:

6

ネタバレ

Robbie さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

TV版と大きく異なる

まず、劇場版のマクロスFの魅力としてはTV版と違いサブキャラにスポットライトをあまりあてない代わりにアルト、シェリル、ランカの3人にしっかりとスポットライトを当てているところだろう。
そのため、本作ではTV版ではあやふやだったことしっかりと解決している。
さらに、後半は劇場アニメらしい作りになっている。
TV版も劇場版もそれぞれ違った良さがあるためどちらともオススメだ。

投稿 : 2018/10/14
閲覧 : 172
サンキュー:

2

ネタバレ

Koganei さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

シェリル派なのでオール5

シェリルエンドありがとう!
シェリルエンドありがとう!
シェリルエンドありがとう!

歌・作画が神です。
ラストのバトルシーンは相変わらず最高。
何度もリピートしちゃう。

投稿 : 2018/09/10
閲覧 : 120
サンキュー:

0

ネタバレ

pop22 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 1.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

マクロスF オナニーノツバサ

回避推奨。
制作陣のオナニー作品。

▼理由
{netabare}無駄で無意味で無用な必要性が無いバッドエンドにうんざり。{/netabare}

▼実況メモ{netabare}
・出だしのシェリルの歌、ナース服か…
 スカートのナース服って、ブルマやスク水と同じく、
 神話の時代の産物になっちゃったんだよな。
 このアニメの時代を感じる。
・ランカがバジュラ擁護発言。
 アホで迷惑な子になる伏線か。
 前作、ランカの目の前でバジュラにボコられた兄者、無駄だったな。
 ↑がランカがバジュラに好意を持たなくなる伏線だと思ってたのに、
 完全真逆だった。
・TV版では、おいしいとこどりのラスボス眼鏡が逝った。
 主犯はキノコ頭。お前は出来る子だと思ってたよ。
 まあ、間違いなく無様な最期を遂げるのだろうが。
 TV版では悪役のくせに
 やたら正論を吐きまくるキャラで俺のストライクだったのだが、
 劇場版ではナイフのような正論吐くシーン無いな。
 これでTV版と物語が大きくずれていくな。
・ほっぺた赤いショタ逝ったー。
 ナイスキノコ頭。
 劇場版でのキノコ頭はどうやら徹底して悪党設定みたいだな。
・ほっぺた赤いショタ生きてたのか。
 はー、なんだろ、今のこの気持ち。
・仲間が集まって会議、という名の視聴者へ物語の説明タイム。
 劇場版は親切で分かり易いな。
・シェリルを助けに行く理由、そうきたか。
 金で雇われが伏線だったとは良い脚本だ。
・ラスボス眼鏡生きてたw
 キノコ詰が甘すぎ。
 土壇場でラスボス眼鏡にいいとこ取りされて、
 キノコ逝くパターンじゃん。
・劇場版の歌詞、どれもこれもイマイチだ。
 TV版はこのアニメの核心を直球勝負な歌詞で突いてきて、
 熱さが直球に伝わってきたのに。
・アルト完全にただのオカマ野郎になった。
 歌舞伎への嫌悪無しの設定変更は
 こんなステージをやるためのものだったのか。
 正直、凄くくだらない。
・バジュラをコントロール。
 劇場版は段階を追って、ここまで到達。
 非常に分かり易くて良い。
・キノコオオオオオオ!!!
 無様に死ぬのは仕方ない。
 だが、ゴミのようにあっさり死にやがった。
 脚本、キノコに恨みでもあんのか。
・バジュラの子供がシェリルを助ける展開。
 まさか人間とバジュラ仲良くルンルンエンドの伏線じゃないだろうな。
・ラスボス眼鏡がいい奴に…
 劇場版のラスボスでも予想して遊ぶか。
・バジュラが人を庇う。皆仲良くルンルンエンド濃厚。
 作品としては纏まってよいオチなのだろうが、
 全く俺の好みじゃない展開。
・黒幕、そのまんま本作の本当のラスボスだった。
 劇場だから捻らずストレートで来たな。
・最終決戦で主人公消すパターンを使ってきたか。
 エンドロール流れた後にアルト一瞬出てくるんだろ。
 ワンパターン。
・シェリルどうすんだ。TV版みたいにご都合主義で良くね?
 不幸にして何かプロットに意味あるの?
 こういう無駄で無意味で無用なバッドエンド、
 下らねぇから止めてくれ。
 スピードグラファーみたく意味のあるバッドエンドなら好物。
 バッドエンドが遺伝子レベルで大好きな日本人に高評価ってか。
 勝手にやってろ。俺を巻き込まないでくれ。
・ぎゃー!エンドロール流れた後アルト復活劇無かった。
 シェリルもやらかしたし、続編も特にない。
 製作者のオナニー作品決定。 {/netabare}

投稿 : 2018/06/08
閲覧 : 127
サンキュー:

0

ZORRRO さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

TVアニメ版とは似つかない展開で新鮮

一言で言うと、TV版より内容は暗いです。

細かいが同じなのかはよく分かりませんが、TV版の続きというか補足という見方もできました。
無論、劇場版前編の続編であることはもちろんのことです。

前編に引き続き、TV版よりも歌が活躍します。

あとは、未来の話でぶっ飛んだ展開が多いアニメではありますが、
後編では現代チックな展開が多かったように感じます。

正直TV版とどっちがと言われるとどっちも好きですね(笑)

投稿 : 2018/02/27
閲覧 : 119
サンキュー:

3

陽太郎 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

作画に磨きがかかった劇場版アニメ

マクロスフロンティアの劇場版(後編)。

前編に当たる虚空歌姫~イツワリノウタヒメ~は、アニメのダイジェスト版みたいな感じだったけど、本作品はアニメ版とは全くの別物といった感じ。

良い言い方をすれば、アニメ版を観た人も観なかった人も楽しめる作品。悪い言い方をすれば、アニメ版の信仰者にとっては残念な作品かな。

アニメ版を観ている私にとっては、途中までは微妙なストーリーだと思っていたけど、終わり良ければ全て良しって感じで、アニメ版と甲乙付け難い作品のように感じた。

■良かった点
・作画が素晴らしい。戦闘シーンも躍動感があって素晴らしいと感じた。
・三角関係に決着が付いた点は良い。

■残念だった点
・個人的にはOKなラストだったけど、賛否両論じゃないかな。

投稿 : 2017/10/11
閲覧 : 82
サンキュー:

0

ネタバレ

オリヴィエ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

劇場版後編

ラストのいきなり打ち切りにでもなったような唐突な最後になんもいえねぇ。
あ、冒頭のナース服シェリルは狙いすぎ感が強かったけど、せくしーなんでオッケ ━━━ (ゝ○_○) ━━━ イ !!
あとは囚人服シェリルとかジャンヌ・ダルク風シェリルとかΣd(ゝ∀・)イイッ!!
さらにさらに歌舞伎見に来てたロリシェリルたまらんね滾るね!!デッカルチャーだよ!
{netabare}
アルトシェリルランカのトライアングルも決着付いたけど、シェリルの思いに応えないでアルトはランカと一緒になったほうがよかったかな?
シェリルにはやっぱり孤高の歌姫であり続けて欲しい。
そして最後はバジュラクイーンと共にアルトはフォールドして行方不明。
シェリルはランカにフォールド細菌抗体を輸血されるも意識不明のまま。
ランカ1人残されるっていう誰得END{/netabare}

全体通してFとは完全別物ってかんじでTV版で亡くなったキャラとかも生存ルートでお祭り映画って感じになっちゃったかな・・・。

投稿 : 2017/08/20
閲覧 : 76
サンキュー:

4

ネタバレ

カンタダ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

比翼連理

サブタイトル通りの恋離飛翼、もとい比翼連理で物語は完結。演出もよく出来ていて楽しませてくれた。

TV版での反省を活かしていた劇場版前編の続いて、後編も物語の焦点は主人公と二人のヒロインにしっかりと当てられ、他を多少犠牲にしてでも、それを最大限前に押し出す制作側の姿勢はファンの期待に答えるものだろう。

ミシェルやクランなどの描写が少ないことに不満が残るファンもあろうが、個人的には些事に部類するものだ。制作側もそのことは心得ているようで、余計なものは大胆に切り捨てていて、思い切りが良いのも好印象だった。

さて、物語について少々述べたい。比翼の鳥は中国の故事に由来する空想上の鳥のことだが、一羽一翼で鳥一羽だけでは飛ぶことができず、飛ぼうとすればつがいになって飛ばねばならない。

とうぜん一羽が死ねば、遺されたもう一羽は飛ぶことができない。飛ぶことのできないことは鳥にとって死を意味する。
{netabare}この作品に引きつけて言うならば、アルトが消えれば、選ばれた、つがいであるもう一羽も飛べなくなるのである。

つまり、アルトに選ばれたシェリルは飛ぶことを許されなくなるのである。これが本作品の恋離飛翼の意味するところだ。従って(幸いにも?)選ばれなかったランカはアルトが去った後も健在でいられたのである。{/netabare}

強い紐帯を持ったつがいの鳥は、運命をも共にし、大空へ飛び去ったのだろう。

ところで最後辺りにマクロスプラスのイサムがいたような気がする。いたとすれば彼は44歳か。

投稿 : 2017/03/26
閲覧 : 88
サンキュー:

2

ostrich さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

シリーズ最高傑作~ふたりはアイドル~

マクロスフロンティア(テレビシリーズ)と、本作と前作の二本の劇場版をひとつのシリーズと考えたとき、間違いなく本作がもっとも出来がよいと思った。

テレビシリーズのレビューに書いたことではあるが、私は本シリーズはとにかくヒロイン二人の魅力で成立している作品であり、それに比べればロボットとかバトルとかややこしい設定とかシナリオの緻密さとかは、正直、どうでもいいとさえ思っている(そもそも、テレビシリーズも劇場版もシナリオはまったく緻密ではない)。

ところが、前作の劇場版では、そのどうでもいいことをまだ一生懸命やっている感があり、もうこのシリーズはここまでだなと判断し、最後の一作である本作をしばらく視聴せずにいたのだが、ふとした気まぐれで視聴してみたところ、最後の最後に逆転ホームラン。

「そうそう。これが観たかったんだよ」

と溜飲を下げた次第である。

本作はややこしい設定等はちゃっちゃとセリフで説明して圧縮し、女子二人のライブシーンを大幅に増やしている。早い話、「女子要素」に振り切った作品になっている。
察するに、本作の作り手たちは最後の最後でようやくシリーズの本質をつかんだのではないだろうか。そう、このシリーズはとにもかくにも「アイドル映画」であるべきだったのだ。

実写のアイドル映画においては、シナリオの多少の粗はさほど問題にされず、「主演アイドルがいかに輝いているか」が何よりの評価軸となる。ゆえにそもそも、そのアイドル自身に魅力を感じない方には、まったく通じない作品になってしまうわけだが、もう、そこは織り込んだうえでの、この割り切り。これは断固として、英断と言わせていただこう。

そして、この決断はある確信がなければできないことも想像に難くない。

実写のアイドル映画の場合、作品全体の肝となるアイドルの魅力は、主演するアイドル自身に備わっているところからスタートできる。言い換えるなら、すべての要素を主演するアイドルその人を軸に考案していくことができるわけだが、アニメの場合にはそういうわけにはいかない。なにせ、そもそも「その人」がリアルには存在しないのだ。

だから、まずは作り手が考えたアイドル(本作においてはシェリルとランカ)が少なくとも作品内に実在する感触を視聴者に植え付けることから始めなければならない。
本作というか本シリーズの場合、その植え付けにテレビシリーズと前作を費やした格好になっていると思うのだが、おそらく作り手たちは、最後の最後で、その点については、確信を持ったのではないだろうか。

「シェリルとランカには魅力がある」

その確信がなければ、ここまで割り切ることはできない。
作り手の内面から出てきたキャラクターについて、作り手自身がここまでの確信を持てるのは、なんというか、とても幸福なことだと思う。

まあ、もうちょっと早く確信を持ってもらって、アイドル映画方向に振り切ってくれてもよかったとは思うのだが、最後に本作が観れたので、終わりよければ何とやら、である。
今は、シェリルとランカという歌姫をこの世界に降臨させてくれた作り手たちに大いなる感謝の辞を述べたいと思う。

--------------------------------------
蛇足
--------------------------------------

私が本シリーズを視聴するきっかけになったのは、本作とタイアップしたパチンコ機だったりする。
パチンコをしない方にはどうでもよい話だと思うが、こちらもかなり出来が良い。パチンコを嗜む方で遊戯したことがない方には強くお勧めする。

で、これはパチンコファン以外の方にもお伝えしておきたいのだが、この機械は、ある条件を満たすと、本作のエンディングで使用した楽曲にあわせて、オリジナルの映像(3Dモデルを使用した、シェリルとランカのライブ)が流れる。

前述のとおり、私はパチンコ機から本シリーズに入っているので、てっきり、本作のシーンを3D化したものだと思っていたのだが、どうやらオリジナルのようだ。で、この映像が本作を鑑賞した後だと実にぐっとくる。
おそらく、パチンコ機を制作したスタッフにも歌姫たちの魅力が伝わったのだろう。
現在、パチンコを嗜んでいない方に、パチンコを勧める気は毛頭ないが、本作のファンならば、観る価値は十分にあると思う。

どこかのサイトで見かけたらぜひご視聴のほどを。

投稿 : 2017/01/30
閲覧 : 112
サンキュー:

2

ネタバレ

がぁべら♪ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

「歌は祈命(いのち)」

2部作の後編デス。
前編より、バトル・歌・恋愛・策略が目まぐるしく展開しています。
とても見応えありました。
TV版とはまた違う展開で、楽しめました。

投稿 : 2016/12/24
閲覧 : 65
サンキュー:

1

くまきっちん さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

イツワリノウタヒメから

イツワリノウタヒメからの続きです

本作はランカががんばって前へ出てきます

評価的にはイツワリノウタヒメとほぼ一緒です

作画、歌、声優とどれもよかったです

個人的な感想としてはランカのライブがマクロス7風だったのがとても良かったです

ラストの終わり方もよくマクロスFを見た方、見てない方のどちらにもおすすめできます

投稿 : 2016/10/09
閲覧 : 81
サンキュー:

2

ネタバレ

にゃーん。@活動休止 さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ライブシーンが素晴らしい

「イツワリノウタヒメ」はどちらかというとシェリルメイン、
「サヨナラノツバサ」はどちらかというとランカメインかと思います。

良いとこいっぱいあるんですけど、
ランカちゃんのライブシーンが特に良かったです!!

{netabare} ライブシーンより。

「虹いろ・クマクマ」 か、かわいい!!!

「星間飛行(LIVE in アルカトラズ)」こっちは感動!!
アルトくん女装似合う!(笑)

追加曲は、「放課後オーバーフロウ」が学生らしくてさわやかで好きです♪

ラストはちゃんとアルトが1人を選んでくれて良かった。
二股はダメですよね~(笑)

ちなみにシェリル派なので、シェリルを選んでくれたのは嬉しいけれど、
なぜシェリルを選んだのかはいまいちわからなかったです…(^_^;

{/netabare}

投稿 : 2016/05/01
閲覧 : 106
サンキュー:

7

SUGAR MAN さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

前半よりは良かった。

テレビアニメ版マクロスFのストーリーや設定を変えて再構築した劇場版2部作の2作目。

テレビアニメのシーンを端折りまくってつなげていた1作目とは違って2作目のこちらはほぼ(全部!?)オリジナルみたい。1作目のようなストーリー上の不自然な箇所はなくて良かった♪

後半は盛り上がってきてなかなか良いかも!!
と思ってたらラストがね・・・^^;

こっちのほうが良いって書いてる人もいるし好みの問題かもですが。。


ラスト以外は良い作品だったと思います♪

でもやっぱりテレビ版のほうが好きですw

投稿 : 2016/04/13
閲覧 : 97
サンキュー:

6

ネタバレ

KazuHiroくん さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

集大成の中の集大成。完璧。

前作の劇場版イツワリノウタヒメからの続編。

イツワリノウタヒメの真の物語へと続くストーリーはただただ感動の連続。

後半に畳み掛けるライブはテンションが収まりきれない情熱が感じられる。

曲ごとに変わるランカとシェリルの衣装チェンジは戦闘と同じくらいの見どころである。

そして、マクロスの象徴とも言える超時空要塞の変形シーンはあまりにもかっこ良すぎる。


ストーリー言動の細かいところは、なかなか理解が難しいところも多々あるため、飲み込むには少々骨が折れそうであるが、そのリスクと引き換えるだけの価値はあるのではないかとボクは思う。

やっぱり、アニメっていいね。
そして、映画っていいね。

投稿 : 2016/04/10
閲覧 : 88
サンキュー:

2

ネタバレ

SRIno20886 さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

TVばんと違った結末に涙

アルトの気持ちがテレビ版とはちがいハッキリしていてよかった。まさかアルトが最後にああなるなんて···号泣しました。サヨナラやメドレーも良くて、クマクマもランカらしくてよかったです。エンディングのホシキラとdシュディスタbは最高でした

投稿 : 2015/10/11
閲覧 : 143
サンキュー:

0

37111 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

全てでテレビ版を上回った。

テレビ版を見たうえで映画を観た感想。

結末が変わったり、テレビ版で死んだあいつが死ななかったりかなり変わっていますが、ベースの歌で解決!三角関係は崩さずぶれない。

作画も映画だけあってとてもきれい。

自分はピンク派なのですっきりです。


とにかく楽曲がどれもすごく良い。
ライオン
いて座午後九時
ダイアモンドクレパス
キラッ☆
などなど。

投稿 : 2015/10/03
閲覧 : 267
サンキュー:

9

ネタバレ

てーお さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 1.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

なんじゃこりゃぁ・・・

ラストがしょっぼーーーぃ
こんなんなら、TV版のラスト流しとけやぁ~

ラストのおかげで台無しじゃ!!
劇場に足を運ばなかったのが唯一の救いでした。

投稿 : 2015/10/02
閲覧 : 154
サンキュー:

0

ドンリトン さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

テレビ版とは違う終わり方

マクロスの代名詞である歌と三角関係とロボットバトルを全て完璧に受け継ぐ素晴らしい作品でした。
テレビ版とは違う終わりで個人的には劇場版の終わりの方が好きです。

投稿 : 2015/09/22
閲覧 : 162
サンキュー:

0

ネタバレ

Takaさん さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

あいつ・・・傾いてやがる!

劇場版 マクロスF 後編

Tアニメ版とは違った結末だったけど、
三角関係に決着がついたのは良かったけど、
こっちはこっちで消化不良な感じだった。

{netabare}
アルト=バジュラと共にロストで行方不明の生存不明
シェリル=手術終了。でも、眠ったまま起きず…

ランカにとっては、痛手が少ないような感じ
{/netabare}

三島のゲスっぷりも楽しめたので、前編の総集編ぽいのより楽しめた。

投稿 : 2015/08/02
閲覧 : 329
サンキュー:

1

ひたぎエンド さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

余韻に浸っています。

ネタバレというほどでもないですが、ほのめかすような表現などが含まれるので閲覧ご注意ください。

単に悪として表現されていたキャラクターが少し違う立場として表現されていたり、最後は少し切ない気持ちでエンディングを迎えたり、テレビアニメと劇場版で違いがありますが私は両方観て、両方を好きになってほしいなと思います。テレビアニメで悲しい結末を迎えたキャラクターが報われていて、また逆も然り、といったようなエンディングでした。
ただ本心として全員がハッピーエンドを迎えて欲しかったなと思います。
どうしても切ない気持ちになるのは嫌だ思っている方には前編だけ観るのもありじゃないかなと思います。
そしてテレビアニメでははっきりしなかった恋の行方がここで決まります。テレビアニメでモヤモヤを抱えていた方にはその点においておすすめです。
最も素晴らしかった点は戦闘と音楽の融合シーンです。心揺さぶられ感極まりました。ロボットアニメは今まであまり興味がなかったのですが、むしろロボットでの戦闘シーンを最も楽しめたのは、音楽が増長させるスリルがあったからだと思います。
余韻に浸ってしまって、日常生活がまんねり化してしまった気さえしてしまいます。笑
たくさん時間があるときに観てほしいです。
どんな方にでもお勧めしたくなるような作品ではないでしょうか。

投稿 : 2015/05/05
閲覧 : 175
サンキュー:

0

ネタバレ

ゆりなさま さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

サヨナラノツバサ

マクロスF劇場版完結ですね!
最後はどうなったのか。。。

ネタバレ注意!!


{netabare}
正直にのべるとアルトのはっきりしないとこにイライラしました。
まぁしょうがないのかもしれないですがw
簡潔に言うとアルトはシェリルを選んだということですね。
戦闘にでる前ランカの告白に対して返事は言わないで。でしたが
ランカを抱きしめたのに・・!!
完全に個人的な意見になってしまいますがやはりランカ派な私としては
ランカとくっついて欲しかったと思いました^^;
ですがシェリルに気持ちを伝えるとこであの終わり方、
アルト=行方不明の生存不明
シェリル=眠ったまま起きず・・ 
ランカにとってあまりにも悲しい結末なのでは?と思いました。

河森監督は戦争をテーマにしている以上ハッピーエンドにはしたくないそうですね。

{/netabare}

結論はあまりスッキリした結末ではないかと思います^^;
それでもマクロスFは好きなのでこれからも曲とか聴いたり
カラオケで歌ったりしていきます(○`・∀´・)ゞ★
名曲がそろった作品♪と私の中で思った結果です。

読んでくださりありがとうございましたヽ(*´∪`*)ノ"

投稿 : 2015/02/19
閲覧 : 186
サンキュー:

30

ネタバレ

蒼い星 さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ランカちゃんファンのための映画!

劇場版イツワリノウタヒメのステージはシェリルがメインだったのに対し
今回のサヨナラノツバサはランカの歌が多いです。

『虹色クマクマ』のステージ観てて幸せな気分になれました!
あの大観客に混じって『オープン ランカ!」 』って言ってみた~い。
正直なところTV版時点ではシェリルの歌のほうが好きだったんですね
でも劇場ではランカも負けてない!
私の好みが変わったのか中島愛さんの歌唱力が上がったのかわからないですけどね!

監獄ライブの、『星間飛行』も良かったですね
囚人たちもノリにノッてるし、 みんなバカばっか(褒め言葉
でも、これがマクロスの世界の魅力なんでしょうね。

『放課後オーバーフロウ』
ランカの気持ちが込められてましたね
この歌に乗せて、マクロスサーフィン、観てて気持ちよかったです!
河森監督がやりたいことを詰め込みちゃいました…感じ。

そして、終盤のシェリルとのデュエット!
ランカのことばかり書いてしまいましたが
やっぱりマクロスFはダブルヒロインです!どっちが欠けてもいけません!
アルトとブレラのドッグファイトを最高に盛り上げてくれます!

ストーリーはイツワリノウタヒメと比べて
TV板とは大幅に違ってて、映画版の尺できちんとまとめられて
良かったと思います。

そしてEDで流れる『ホシキラ』これも凄くいい歌ですよね!

何度でも また会おうね
愛すること 私が選んだ

ランカのファンになって本当に良かったと思える歌です。
恋が片想いでも、それでもアルトにとってランカは大事な人には変わりありませんよね
気持ちは届いてると思います。

最後にシェリルと一緒に歌う『dシュディスタb』
ここまで聴いてこの映画は見終わったといえるでしょう。

出会えて本当に良かった、そんな劇場作品です。

投稿 : 2014/12/24
閲覧 : 195
サンキュー:

13

ストン さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

最後、アルト姫が漢になった!

劇場版の後編です。

前編からの流れでつながっていきますが、
TV版からちょっとずつ逸れていきます。

賛否両論あるかもしれませんが、
尺を短くするためには最良の選択だったと思います。

TV版と大きく違うのはラスト!

ラストバトルの最中にバックで流れるライオンに脳汁が出まくります。
やっぱ菅野よう子はすげぇ。

そして、バトルが終わった後、
アルト・ランカ・シェリルの三角関係に明確な結末が訪れます。

アルト、漢になったな。
さぞやオズマも喜んでいることでしょうw

TV版よりもスッキリした後味でした。
いや、一方のファンにとっては悔しい思いをしたかもしれませんが。

この映画版を見てからTV版を観ると、
映画の中で大した説明もなく使用されていた語句などについて、
しっかりと理解することができますし、
掘り下げられた人間関係を理解できます。

投稿 : 2014/12/23
閲覧 : 139
サンキュー:

5

ネタバレ

bj2みくろ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

TVアニメ版より好きです

TV版から迫力のあったマクロスFですが、
キャラ同士の会話がイマイチ噛み合ってなかったり、
感情移入ができなかったのが難点でした。

前作から見ましたが、映画版はTVと大分流れが違うのですが話がわかりやすくて、
TV版よりはキャラの気持ちも伝わってきたし、流れもわかりやすく余計なところがなくて良かったと思います。
TVでは「この設定、あんまり意味なかったような・・・・」って思った部分もあったのですが、映画ではキャラの諸々の設定もちゃんと活かせてると思います。

ランカちゃん派の私ですが
{netabare}最後アルト氏がシェリルさんの方を取るのですが、
はっきりしないで二人に押されっぱなし、曖昧なままのTV版よりはアルト氏もちゃんと自分で色々選択してたので、
ランカちゃんが失恋しちゃうとしても{/netabare}、こっちの方が良いです。
TV版のアルト氏はどっちつかずでイメージ悪すぎたので(´д`;)

やっぱりクライマックスになる、マクロス伝統?の歌姫も共闘する戦闘シーンは、好きだなぁ。
迫力あるしキレイだし、マシンなどには興味なくても感動できます。

投稿 : 2014/10/16
閲覧 : 130
サンキュー:

3

nobi0244 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

観た人に委ねられたラスト。

マクロスフロンティアの劇場版後編。
前編は総集編+αだったのに対し後編は完全オリジナルストーリー。
皆さんの感想を見てると不完全燃焼の方も多いようですが
私は、観てる人に委ねられた良いラストだったのではないかと思います。

感想短いけど、かなりお気に入りです( ̄∀ ̄)
Blu-ray買っちゃったし(笑)

映像綺麗!歌最高!戦闘シーンかっこよし!
主要キャストの成長も見れる!
ミシェルが生きているーーー!(歌舞いてやがる byミシェル)

満足、満足♪

欲を言えば、ランカにもハッピーな恋をさせてあげて欲しい。
世の中「男」はアルトだけじゃない!
スピンオフでいいからその後、益々成長したランカに素敵な殿方をw

ミシェルとクランのスピンオフにも期待!

...ないか(笑)

投稿 : 2014/10/12
閲覧 : 113
サンキュー:

2

ネタバレ

じぇんき さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

劇場版第二弾!!

アニメシリーズ(?)を見ていないとわからない作品なので、マクロスのFシリーズが初めての方はそちらからどうぞ!いきなり見ても内容がわからないという意味で物語の評価を下げてます。また、劇場版なのでしょうがないのですが、時間の関係で話が早めに進む感じで、その面でも評価を…

声優,キャラの評価に関してはアニメシリーズと変わらずなので…
作画,音楽ともに劇場版なので、文句はございません!!アニメから劇場版になっても何故こんなに挿入歌を増やせるのか!?というぐらい、この作品用に歌が書き下ろされています!僕は残念ながら劇場で見れなかったのでDVDで見ましたが、この作品を見る前に待ちきれずサントラ先に聞いてしまいました。が、自分の聞いていた曲がこんなところに!!的な感想があって面白かったです!

やはり音楽が大きいですが、作品全体的にも理屈より雰囲気とシリーズの勢いを楽しむものかと思います!!

ライブいきたかったなぁ…

投稿 : 2014/09/07
閲覧 : 215
サンキュー:

1

ネタバレ

神崎凛 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

マクロスF本当の最後

(過去のレビューがあまりに適当だったので書き直します...)


イツワリノウタヒメを観た時は総集編に新規映像を増やした感じだったので同じような感じかと思っていました...

だけど全然そんなことなくて私が観てきたマクロスシリーズの中で個人的にはかなりのお気に入りになりました!

歌も凄く素敵でランカちゃんも可愛いしシェリルさんもかっこいいしでとにかくライブのシーンも凄く凝っていました。もちろんアルバム買いましたよ!w虹いろクマクマの映像が特にお気に入りです!

戦闘シーンやシリアスなシーンすべて釘付けになってしまいました。
とにかく凄く盛り上がる映画になっていたと思います!!

最後は本当に衝撃的な終わり方でした....。
こういう展開、嫌いじゃないです(むしろ好き)


{netabare} テレビ版からアルトとシェリルはとてもお似合いだったからランカの告白を断ったときはやっぱりそうかーってなりました。最後にランカ1人になってシェリルはずっと眠ったまま...。でも最後に口が少し動いたってことは....{/netabare}

投稿 : 2014/09/01
閲覧 : 214
サンキュー:

16

ごはんちゃん さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

劇場版第2弾

物語は前作の三ヶ月後からのスタートみたいです。
展開がものすごく速くて、テレビアニメ版と全然違いますので、
今回のと、アニメ版との差で驚きながら見ました。
あっという間に終わりました。2回見ないとついていけないかも。
最後のあの終わり方は、自身納得できませんが、あれはあれでよかったのかなあ?
私はテレビアニメ版の終わり方の方がスキです。個人的に。

音楽は相変わらず、鳥肌ものです。
特に、戦闘に入ってからの音楽とバトルの激しさが相まって・・・!
素晴らしいです。流石、マクロス。

是非オススメしたい作品のひとつです。

投稿 : 2014/08/07
閲覧 : 115
サンキュー:

2

次の30件を表示

劇場版 マクロスF[フロンティア] 恋離飛翼〜サヨナラノツバサ〜のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
劇場版 マクロスF[フロンティア] 恋離飛翼〜サヨナラノツバサ〜のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

劇場版 マクロスF[フロンティア] 恋離飛翼〜サヨナラノツバサ〜のストーリー・あらすじ

人気SFアニメ「マクロス」シリーズで、2009年に公開されて大ヒットした『劇場版マクロスF~イツワリノウタヒメ~』から続く完結編。軸となるテレビ版ストーリーを大幅に改変し、二人の少女の歌声に秘められた謎をめぐる死闘を描く。監督は、テレビシリーズ第1作目からスタッフに名を連ねる河森正治。「マクロス」史上かつて類を見ないハイクオリティー映像で繰り出される激しいメカアクションと、テレビ版とは異なる新たな結末は必見。(アニメ映画『劇場版 マクロスF[フロンティア] 恋離飛翼〜サヨナラノツバサ〜』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
アニメ映画
放送時期
2011年2月26日
制作会社
サテライト

このアニメの類似作品

この頃(2011年2月26日)の他の作品

ページの先頭へ