「Another(TVアニメ動画)」

総合得点
87.6
感想・評価
5034
棚に入れた
22256
ランキング
137
★★★★☆ 3.9 (5034)
物語
4.0
作画
4.0
声優
3.7
音楽
3.7
キャラ
3.8

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

Anotherの感想・評価はどうでしたか?

hidehide さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.5
物語 : 1.5 作画 : 1.5 声優 : 1.5 音楽 : 1.5 キャラ : 1.5 状態:観終わった

見崎 鳴 の復讐?

ミステリー…ホラー…
『…ぽく』狡猾に作られているのだとは思います。
…が…
ある程度、歳を重ねてから見た今、
高評価を挙げていた自身が恥ずかしい…

これ、
『見崎 鳴』が
4月からの事実と、義眼の能力を話していたら、
少なくとも、テープを聞いた後にでも話していたら
あれ程の人死には出なかったのでは…

…と、それを言うと本末転倒なのでしょうが。

要するに、
『誰か1人』『自分だけは知っている』により
内容を左右できる、結末を変えられる要素を持っている。
この時点で、
『死』という土俵に上げられた3組の全生徒とは
既に平等な立ち位置にはいないワケで。

そこは、
全員、何も知らず、謎を解き、驚異、恐怖と
戦わないといけないのだ、という『流れ』…で
作られていたのではなかったか、と。

それが、回を重ねる度に、色々『知っていた』と。
皆が右往左往している間も、彼女は色々『知っている』
…これ、
この序盤の内容からはナシではないですか?

双子に死により、4月から、と知っていた、
死者の色が見え、その死者が誰なのかも知っていた、
机は職員室の…と…知っていた…

そして、最後になって、
『私がやらなきゃ』…と殺る気を出す…
今まで、何一つ語らなかったのに?

バカスカ生徒が死んだ後、
『私見たの!彼女が死ぬ所を』…と
ドヤ顔でネタバレし、『だから殺して!』…と
言われましても…

敢えて黙っている事で、謎が解明されぬまま
日増しに死者は増える…
合宿に参加すれば、もっと大勢が死ぬかも…と、
自身を
『いない者』とした3組生徒への『復讐』とも
とれなくはないのですが…

そうではないのであれば、
ワケ知りのチート持ちを混ぜ込んではダメかと。

皆さん思いませんでした?
『何だよ知ってんじゃん!』『早く名前言えよ!』と。

結局、作中では、
あの『何か』『現象』については明かされませんでしたね。
副担任という位置、増えた机は職員室の…

…それならば、
C組と名称を変更してもダメ、
要するに3番目のクラスが云々という設定は、
もはや関係ないのでは…と。

1回見ると驚くでしょうから高評価になるのでしょうかね。
2回目、冷静に見るとツッコミ所が満載です。

投稿 : 2022/08/04
閲覧 : 262
サンキュー:

7

ネタバレ

ぴえん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

納得できない点が多い

ずっと前から見ようと思っていたのですが、ホラーでグロいみたいだしどうしようと思って倦厭してましたが、漸く見ることができました。

で、総括的にはよくできていたと思います。鑑賞者に興味を抱かせる構成になっていましたし、ミステリアスな美少女が出てくるとかいかにもじゃないですか。ホラー演出も恐ろしかったし、人が亡くなる時の緊迫感も良く描かれていたように感じました。真面目にファイナルデスティネーション思い出してめっちゃびびりました。あれ、最初の飛行機墜落するシーンが本当にダメなんですよね。このように良い点もたくさんあるのですが、納得できない点も多くあります。


以下微妙にネタバレ。

{netabare}

まず、なぜ誰も恒一に事情を話さなかったのか、という点です。その理由についてはいろいろ考察がなされているみたいですが、本当に人が死ぬのを止めたければ、どんな事情があれすぐに話すはずです。これで人が死んでいく理由を恒一だけのせいにされていたら流石に胸糞でしたが、そうはならなかったので安心しましました。でもとりあえず病室に行った点で話せよ。怜子さんでもいいけど話そうぜ。な?

次に、恒一の空気の読めなささです。物語を通してみるに、彼はなかなか察しが良く空気が読めるタイプみたいです。それなのに、なぜ鳴をずっとストーキングして話しかけたのか、謎は深まるばかりです。明らかにクラスメイトに意図的に無視されていて、それがクラスの総意だとわかるはずなのに、なぜ、なぜずっと話しかけようとしているんだ(だいたいお前怜子さんにクラスの決め事は守ようにって言われてただろ。みんな話しかけていない時点で大体察せるだろ)。虐められていることが原因になって転校してきたなら、そういう空気読まない行動は再びハブられる原因になるって思わなかったんですかね。

また、赤沢さんが言うように、なぜ鳴も恒一のことを無視しかなったのか。これは「四月から厄災が始まっていることに気づいていたから、無視する意味がないと知っていた」ということにつきるのかもしれませんが、事情を知らない周囲から見たら「いやお前なにしとんねん」ってなります。そうなって恒一や自分が責められる原因になるって思わなかったんですかね。自分のためにも恒一のためにも徹底的に無視するのが一番良かったのでは?あと、行動が遅すぎます。四月の死亡者の件然り、死者の件然り、もっと早く行動していればこんなことにはならなかったはずです。全てをわかっていながらも腰が重いと言うのはホラー作品において致命的だと思いますし、本当にお前呪いを止める気あったのかよ、という点において疑問です。

最後に、主人公ご都合主義過ぎます。Anotherなら死んでるだろ案件に、恒一が何回も何回もエンカウンターしているのにも関わらず、主人公補正で全て乗り切っています。見ている側としては主人公のスーパープレイ振りに驚くと同時に、興醒めします。だってこの時点で主人公死なないことが確定しているようなものやん。そこのハラハラ感はなかったですね。だいたい、合宿に行く必要がないとわかったなら、いかなければいいのに。カセットテープ聞いた時点で合宿で何か起きるってわかってただろ。何で行ったんだ。まぁこれは主人公だけじゃなくてその周辺にも当てはまります。彼らが合宿に行かなければ、カセットテープをその場で聞かれることもなかったですし、あんな事態にはならなかったかも、と思うと少し胸糞悪いですね。

総合的に考えると、キャラクターが全員迂闊すぎます。死ぬかもしれないという恐怖にされされて、そうなっていまったのはわかるのですが、それにしてももう少しやりようはあったはずです。特に鳴。恒一も。

それ以外は概ね良くできていたと思います。キャラとしては鳴が人気あるみたいですが、あの人を食ったような態度が私は気になりました。主人公がたまにKYだけど良いやつだしイケメンだしでそこは良かったです。ここまで多くの人間が登場したのにも関わらず、激しく嫌われるキャラがいないと言うのはなかなかすごいと思いました。あと赤沢さんかわええええええ。

{/netabare}

あ、OPもめっちゃよかった。ありがとうアリプロ。今までで唯一最終話までOPを飛ばさなかったアニメだよ。



{netabare}

実はですね、私、三神先生と美術の先生の区別がつかなくて、途中でググっちゃったんです。えぇ、二人は同一人物なんですが、馬鹿な私はそれに気付かなかったんです。で、画像検索するじゃないですか、怜子さんでてくるじゃないですか、ここで怜子さん=三神先生になってなるほどってなるじゃないですか。画像良く見るためにクリックするじゃないですか、概要に「死者は三神怜子だったんですね」って書いてあるじゃないですか…、ということで四話を見たあたりでネタバレされた私は、大人しくどう伏線が描かれているのかと言う点について重点的に見ました。ネタバレされた後は後でまぁまぁ面白かったですよ、はい。最初怜子さんってニートなのか、とか思っててごめんなさい。

あと主人公が通り魔説もあったみたいで、逆にそっちの方が話的には面白かったかもなんて思っちゃいました。

{/netabare}

【22/1/2 追記】
原作読みました。意外と原作に忠実で驚きました。原作の方が「なんで誰も恒一に災厄のことを説明しなかったのか」ということをきちんと説明していて納得できる仕上がりでした。
ただ、アニメの方がストーリーとして面白かったと思います。原作も面白いけど、ちょっと口説いな〜と思う場面がありました。

投稿 : 2022/07/28
閲覧 : 469
サンキュー:

5

atsu さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

まれにある面白い作品

過激な描写も多いですが、至高ののミステリーであり
十分なホラー作品です。キャラも世界観も魅力とミステリアス
な雰囲気をもっていて最後まで引き込まれ続ける評価の高い
作品となっているでしょう。
ただ、終盤は原作小説よりもギャグのような展開になっていて
少し残念なところもあります。原作がなんと言っても面白く、
アニメも面白いなかなかで会うことがない良い作品でした。

投稿 : 2022/07/16
閲覧 : 82
サンキュー:

3

makkotty さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 5.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

見ている時間がすごく長く感じるアニメ

なのですが決してつまらないという訳ではないです。
むしろ・・・面白いっていうと何かこの作品の感想としてはあっていないし、つまらないの反対が面白いという語彙しか持ち合わせていないのが悔しいです。

半クール分視聴しました。
続きが気になるし・・・気になるし。
オカルトが好きなのか、ミステリーが好きなのか
どちらか一方でも好きな人にはおすすめです。

原作を買ってきてしまったのでもう積んで置くのはやめて読んでしまいたい気分です。
いや、終わるまで我慢するのを今日やめます。
そのくらい面白いです。
いや・・・でも面白いっていう感想は何かしっくり来ない。

////////////////////////////////////////////////////

結局、たぶん覚えてないからアニメは途中で断念したんだろうな・・・。
と、思いつつも『これ、よくアニメ化したな』と原作全部読んで思いました。
叙述トリック的なものがどうやってアニメになったんだろうと思いつつ。
原作を読んでみて、すごい話だった。自分の知っている厚い本の中で京極夏彦の次くらいの厚さなのに読み切るのに二日くらいでつい没頭してしまいました。
これは、犯人(クラス内の幽霊)を殺さないといけないという事実が途中で明らかになるのですが、その間にまるでイジメみたいなおまじないで防ごうとクラスが奮闘したり、その中心になって対策している人が死んじゃったり、とにかく死人が多いですね。
犯行のトリックは呪いです片っ端から。京極夏彦的な言い方だと祟りに分類されるものだと思います。本編ではそういう『現象』という扱いで、何て言うとしっくりくるか・・・ジョジョリオンみたいです。

京極夏彦的な説明。
呪い=生きている人が生きている誰かを呪う。
祟り=死んだ人が生きている人を呪う。
現象=妖怪。

毎年その『現象(クラスメートの二等親以内の人が死ぬ)』主人公たちは真実にたどりついて何とかなるんだけれど、『ある年』、『無い年』があるということは、その次の年、その先も想像すると多分同じことが起きるんだろうな・・・。イジメみたいなおまじないから再開するんだろうな。
お化けは死なないんだろうなあ。
そう思うと怖!
そういうサスペンスホラー作品でした。
※☆の評価は思い出せないので3にしといて、物語だけ☆5にしました。そこが評価できてないです。申し訳ないです。

投稿 : 2022/07/15
閲覧 : 323
サンキュー:

7

タイガー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

いくら繋がっているように見えても本当は独りきり

学園ホラーミステリー

死に方がちょっとリアルありそうでゾクゾクした

テンポ早いからスピーディーに視聴

恒一と鳴のダンスシーン元気出たw

キャラ一人一人に感情移入が出来んかったので死んでもああ、死んだ。みたいな気持ち

最後まで死者の正体ゎ予想つかんやったけど解っても驚くというより鳴なにしてん!って気持ちのが強かった

ちょっと都合良すぎかな?って思いながらも惨劇ゎ好きだから楽しめた

3年3組にゎなりたくない作品

投稿 : 2022/06/02
閲覧 : 87
サンキュー:

3

U-yan さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ホラー好きにはおススメですっ!

先に言っておきますが、なかなかグロい死の描写があります。苦手な人はご注意ください。このアニメはキャラデザインが可愛いのに結構ゾクッとさせられるような不気味な雰囲気をうまく表現しているホラーアニメだと思います。そして死の恐怖からのパニックアニメでもありますね。芯となる謎の部分も最終回を観るまで気付かなかった!うまく出来てますね。

投稿 : 2022/05/24
閲覧 : 49
サンキュー:

1

ネタバレ

ネムりん さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

話の内容が深くてとても面白かったです

原作が綾辻行人氏。
ホラーとミステリーを掛け合わせたサスペンス色が強いP.A.WORKS作品。

第10回本格ミステリー大賞を一票差の次点で逃しただけあって、ミステリー要素を含んだストーリー展開がとても面白かったです。
1話観たら止まらなくなる感じで、作風にあった音楽やBGM、実物以上にリアルな作画がとても惹きつけられるものがありました。

初回冒頭から物語の結末に繋がる重要な内容が次々に出てきて、或る人物が自分の身の上について話していた内容や動物が意味深に喋っていたこと、物語の途中で主要人物の親族が何気に呟いていた内容、別人だと思っていた人物が実は同一人物だったり、過去に登場人物同士が出会っていて記憶の過去改変が行われたことが何を意味するのかなど、意識して観ていないと軽視してしまいがちですが、どの内容も実は物語の核心に触れる或る人物に繋がるもので、結末を知った時は衝撃的でした。
最終話を観てから初回に戻ってみるとまた衝撃的で、所々結末へのヒントを与えているけどそれを分かりにくくして視聴者を釘付けにさせる話の展開の面白さが高い評価を与えられます。

また登場人物の心理描写も繊細に描かれていて、{netabare}榊原恒一が災厄の事件に必要以上に関わろうとするのが、(心理学上)人が過去の記憶を探ろうとする人間の行動心理に基づくもので、それが過去の夜見山の記憶をなくしていた話しに繋がっていたり、見崎鳴が義眼の真実を明かして死者の存在を打ち明けなかったのは、クラスメイトが疑心暗鬼に陥っている中で事実を伝えたところで状況は変わらないと冷静に判断していたからで、唯一義眼の存在を伝えた榊原恒一も三神怜子が恒一にとって大切な人と知っていたから明言を避け、最終話で恒一に裏庭に来ないように伝え、怜子を目の前にして迷いの生じていた恒一に言った「信じて」の言葉に想いが集約されているのが、{/netabare}人の心の葛藤を上手く取り扱った作品だと感じました。

グロ要素が強めの作品のイメージがありますが、それ以上に伏線の張り方や話の展開の持って行き方、個人の心理描写がとても優れている作品。

『Another』のために作られたALI PROJECTのOP曲『凶夢伝染』も作風に合っていてとても良かったです。

投稿 : 2022/03/28
閲覧 : 359
サンキュー:

7

ネタバレ

テングタケ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

雰囲気はすごく良い

私の理解力が足りないのでしょうか。
今一つ内容が理解できませんでした。
前半の、主人公にしか見えない少女の下りが
あまりストーリー全体に生きているようには思えませんでした。
また、絶対に「その期間中」には見つけられない筈の「犯人」が
「超能力で最初からわかってました」ってのはどうなんでしょうか。
評判はいいようなので、いつかまた再見したいです。

追記:
再見しました。初回でよく分からなかった点は、
1.物語前半の、いない人の下りはどういう意味があるのか
2.あの人が同一人物ということにどういう意味があるのか
ということですが、再見してよく分かりました。どちらも大して意味無いですね。
あと登場人物の記憶が物語に都合よく改ざんされるので、もう何でもありですね。
最終話でSAWシリーズの種明かしシーンのように回想が入りますが、お爺さんが仏壇の前で「A子もB子も可哀相なことをした」みたいな台詞があります。ドヤ顔して伏線のように見せてますが、爺さんの記憶も改ざんされてなきゃおかしいので破綻してます。
終盤は、誰が死人なのか?とミステリー色が濃くなりますが、前述のように超能力で分かってしまいます(そしてそれ以外の糸口すらない)。う〜ん…。
タイトルのように、不安を煽る雰囲気はとても良く出来ていました(特に序盤)。でもミステリーとしてはアンフェアだし、ホラーとしてはパンチが弱いかなあ。皆さんグログロ言いますが、傘が喉に刺さるぐらいどうということもないのでは?グロと言うには1.目に刺さる。2.口の中から喉に刺さる。3.アソコに刺さる。ぐらいやって欲しいところ(いや、本当はやらないでいいです)。とりあえずホラーの名作ファイナル・デスティネーションと比較するにはまだまだですね。
最後に、割と評判のいい主題歌ですが、何言ってるか聴き取れなくて私的にはダメでした。

投稿 : 2022/03/09
閲覧 : 244
サンキュー:

1

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ホラーとミステリーが好きならいいかも

にゃんはこわいおはなしってこわいけど
つい見ちゃうw
それではじめはホラーだからドキドキしながら見てた

はじめめいちゃんが
{netabare}仲間はずれにされてる{/netabare}のがとってもいやだった
いじめられるのっていやだけど
{netabare}だれにも話しとかしてもらえない{/netabare}って
ほんとにくるしいって思う。。
先生とかも知ってるのになにもしないってどうして?

にゃんは
はじめはどうなってるのかよく分からなくって???
でもこわくなってきそうだったから見てた

{netabare}3年3組が呪われてるんなら
3年3組なくしたらいいだけかも。。
そうしたらこんどは3年4組が
おんなじみたいになるのかな?{/netabare}

ちょっとフシギだったけど
こんなことってあってほしくないなぁ。。

大人はどう思ってるのかな?
呪いのせいでみんな
おかしくなってるのかも(きっとそう)

にゃんが1番こわかったのは{netabare}人形の家{/netabare}かな

めいちゃんのあとをついてって
ちょっとどきどきしながらのところ

あんなところにはいったらほんとうにこわいって思う
夜1人で見られないよね(ドキドキ)

それから今度は
{netabare}こういちくんとめいちゃん2人で仲間はずれになったから{/netabare}
にゃんはちょっとうれしかった
だんだん二人がなかよくなってよかったって思った

Anotherは人がいっぱい死ぬ
気もちわるい死に方が多くっていやだなぁって思う

でもそんなにこわくなかった
きっと死んだ人たちのことよく知らないからだって思う
好きな人が死んじゃったら
きいただけでなみだが出ちゃう。。

にゃんのおばあちゃんが死んだとき
ねむってるみたいなおばあちゃんが
とってもこわかった。。

やさしいおばあちゃんだったから
おばあちゃんがこわいんじゃなかったのに。。
にゃんもいつか死んでいなくなっちゃうのかなぁ。。
ってこわかったのかな?

{netabare}だからさいごにみんなでころしあったとき
なんだかヘンだった

一人ひとりみんなが気もちをもってて

あっころされる!いやだ!とか
でもあんなに仲よしだった子はころせない。。とか
むかっていくのはこわいなぁ。。とか
あの子好きだったのにかなしいなぁ。。って

みんなに心があるはずなのに(ねぇ){/netabare}

だから
さいごはわーわーってさわいでるだけみたいで
にゃんはかなしくもこわくもなかった。。

とちゅうまではよかったのになぁ。。

さいご死者がだれかって分かっても
そうなんだ~って思っただけだった


{netabare}なにか出てきそうな暗いところとか
ざざーっっていう電話とかカセットの音とかに
どきってしたり{/netabare}
とちゅうまではほんとにこわかったのに。。

投稿 : 2022/02/23
閲覧 : 1656
サンキュー:

299

ネタバレ

梨の妖精 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

死者は誰なのか?最後まで読めませんでした

自分の好きなピーエーワークスの作品ということで視聴しました。珍しくオリジナルでは無く原作付きなのですね。

原作は未読です。またミステリーやホラーは普段あまり観ないジャンルではあるのですが、非常に楽しめました。

ネットで有名?な言葉で「Anotherなら死んでた」って言葉があるらしいですが、ほんとにあっさりと人が死にますね(笑)

ホラーが苦手ってわけでは無いのですが、キャラが死ぬシーンはちょっと身構えてしまいますね(痛々しい死に方が結構あるので)

ストーリーは謎解き要素が強く、死者が誰なのか気になってしまって最後まで楽しんで見ることが出来ました。

最後まで死者の正体は正直読めませんでした。よく出来てますね。

あんまり観ないジャンルなのでわからないですが、昔見たホラー映画がバッドエンドで後味が悪く、ホラーってそういう終わり方が多いのかなと勝手に思っていたのですが、今作はそういう事もなかったので良かったです。

メインキャラで死んでる人もいるのでハッピーエンドってわけではないですが…
3年3組の問題も根本的には解決してないですしね。

あと通り魔が榊原君にしか見えなくて色々調べてしまったのですが、あれは似てるけど別人という事で安心しました。

ほんとに榊原君だったら後味が悪いので(^^;)

いつものPAとは全然違いますがめっちゃ面白いです。おすすめの作品です♪

投稿 : 2022/01/19
閲覧 : 141
サンキュー:

4

デッカード さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

こんなクラスは絶対に嫌だ

隠し事と謎だらけの序盤、どんどん引き込まれた。
ピタゴラスイッチみたいにキャラが次々と死んでくところ、ファイナルデスティネーションシリーズみたい(笑)
なんかあやふやな答えが多いなあこの人、なんて思ってたらそういうことかぁ・・・最終回の真相は鳥肌たったww
ホラー&ミステリーの傑作アニメなので超オススメ。
見崎鳴ちゃんめっちゃ可愛い、高森奈津美さんの演技力に感心。

投稿 : 2021/12/17
閲覧 : 174
サンキュー:

7

ネタバレ

shino さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

虚ろなものたち

原作、新本格ミステリーの綾辻行人。

ホラーは実写に限るが持論の私ですが、
前半から引き付けられ止まらなくなる。

謎解きや動機探しがミステリーの醍醐味だが、
それ以上にシナリオ構成と演出が見事でした。
前半の緊張感たるや、アニメとは思えない。

死に近い呪われた3年3組、
少女は言う、私には近寄らない方がいい。
{netabare}僕にしか見えない神出鬼没な女の子、
いないことにされた不気味な女の子。{/netabare}
ミサキメイ、最高に雰囲気を持っている。
キャラクターも声優も実に素晴らしい。

いよいよ悲劇は連鎖を始めますが、
{netabare}後半、もう一捻りカタルシスが欲しい。{/netabare}
ただそれを差し引いたとしても、
ジャンルの傑作であることは間違いない。
人間描写もしっかりとしていて好印象だ。

猟奇的ミステリー、ご堪能あれ。

投稿 : 2021/12/12
閲覧 : 926
サンキュー:

99

Chill さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

グロい!

原作とはまた違った楽しみ方が出来ました!
ホラー小説のアニメ化は外すことがかなり多いですが、コレは大当たりでした。

投稿 : 2021/11/17
閲覧 : 138
サンキュー:

4

ネタバレ

ちあき さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.6
物語 : 1.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

う~ん

やっぱり人間のほうが怖いと思うですよね。
結局、ああいう終わり方だったので、個人的にはしらけてしまいました。

投稿 : 2021/10/26
閲覧 : 352
サンキュー:

1

ネタバレ

貫通 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

グロアニメです。

恋愛要素が皆無でしたね。

投稿 : 2021/09/14
閲覧 : 194
サンキュー:

2

ネタバレ

ねっち さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

水島努のサスペンスホラー

 回を追うごとに事件の真相に少しずつ迫っていくゾクゾク感がたまりませんでした。「もうひとり」とは一体誰なのか、どうすればこの負の連鎖を止めることができるのか、分からないことだらけの状態から最後もうひとりが誰なのか判明した時は鳥肌が立ちました。
 キャラの死に方もかなり悲惨で目をつむりたくなるようなシーンもありました。ただ最終回に関してはやりすぎやろwwと笑ってしまいました笑
 あとやはり水島努というだけあってギャグのセンスは最高でしたね。三﨑鳴が軽くキャラ崩壊するたびに笑ってたような気がします。
 全体的に話もよくできており、キャラの魅力も出てていい作品でした。 

86/100点

投稿 : 2021/08/29
閲覧 : 180
サンキュー:

4

ネタバレ

sig さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

本格ミステリー

この物語は様々なジャンルの要素を持っていますが、どのジャンルのアニメとして見ても、すごくレベルが高い。

僕が特にすごいと思ったのは、ミステリ部分です。最終話まで見終わってまた一話から見返すと「ああ、ここも伏線だったのか……」という部分があふれるように出てきます。

原作がミステリ界の巨匠綾辻行人ということもあってミステリの部分はすごくよくできています。

ミステリが楽しめる作品ランキングだんとつの一位です。
ミステリやサスペンスが好きな人にはおすすめです。ホラー的演出にビビらないでぜひ見てほしい作品です。

投稿 : 2021/08/21
閲覧 : 183
サンキュー:

2

ミルク さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:----

ホラーにミステリー要素も付け加えられた、独特の世界観

とある中学の3年3組で起きる不可解な現象に巻き込まれる主人公やクラスメイトの様子が描かれた作品です。
ホラーアニメだということもあり、演出は視聴者をドキドキさせるものも多く、ホラー好きにはたまらないアニメだと思います。
最終回で今までの伏線が回収された時の爽快感がたまりませんでした!

投稿 : 2021/08/20
閲覧 : 198
サンキュー:

1

ネタバレ

ひろたん さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ホラー、スリラー、サイコ、サスペンス、ミステリー・・・全部入り!

anotherの意味を調べると「他の1つ(一人)」です。
つまり、この話はタイトル通り、それはだれかを追っていきます。
それは、ヒロイン、自分、委員長・・・。さぁ、だれか。
ホラー、スリラー、サイコ、サスペンス、ミステリー・・全部入りです。

投稿 : 2021/08/15
閲覧 : 153
サンキュー:

7

ネタバレ

Rere さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ただ怖いだけのアニメじゃない

シリアスシーンの面白さは言わずもがな、唐突に降りかかる不幸や日常の死の理不尽さがしっかり描かれている。
が、今作で個人的に秀逸だと思ったのは、ヒロイン見崎の扱い。
初めではただただ不気味で怖かった見崎の発言が、後からわかる真相により意味を変える。見崎の発言やキャラクター性は初めから最後まで一貫しているが、事の真相を知るか否かでその印象を180度変え、最終的に見崎は立派なヒロインとして、可愛いヒロインとして見えるように描かれているのだ。
初め見崎を幽霊であるかのように描いた上で、最後には共に協力し合う仲間として描いており、彼女の印象は見事に変わっている。
真相を知った上でもう一度初めから見直すとなお面白いだろう。

一つだけ気になった点としては、最終話で死者が副担任=主人公の叔母?であると発覚し主人公がそれを自らの手で殺すシーン。
物語上副担任は叔母と違いあまりはっきりと描かれず、副担任=叔母でした!という予想しようのない終わり方は確かに面白いが唐突すぎていまいち納得がいかなかった。
何より死亡する際に描かれるのは副担任の姿の叔母、つまり直前に副担任=叔母であると言われたあまり馴染みのない姿の叔母なため、やはり主人公自ら叔母を殺したというものを見せるには一歩足りないかもしれない。

総じて秀逸で、視聴者を騙すようなトリックも残酷なシーンも可愛いヒロインも1クールにしてはかなりのボリュームだと思う。
1クールでサクッと見れるのにこれほどの見せ場を作った製作陣は本当にすごい。
ぜひ深夜に部屋を暗くして雰囲気を出しつつ視聴してほしい1作品。

投稿 : 2021/08/13
閲覧 : 100
サンキュー:

4

ゆ〜ふぉるど さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

なんか怖い…

呪われているという噂がある3年3組を舞台にした、
ちょっと変わったホラーアニメです。

序盤はわけがわかりませんが、後に謎が少しずつ明かされていきます。
テンポもちょうどいいので、恐怖感(?)を損なう事無くだれずに観れました。
終盤は賛否両論ですが、個人的にはまあ悪くない終わり方だったと思います。

演出はかなり不気味です(特に序盤)。
BGMも良い仕事をしていて、何かが起こりそうでずっとソワソワしてました ^ ^;
作画は線が細かくてきれいですが、このホラーアニメにはちゃんとピッタリ合っています。

こういったホラーが最近なかったので楽しめました。
けれどホラー系が苦手な人や、少々グロい場面があるのでグロ系が苦手な人は控えたほうがいいです。

投稿 : 2021/07/05
閲覧 : 333
サンキュー:

17

ネタバレ

Bハウス さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

え~皆さんには今からデスゲームを始めてもらいます

原作は綾辻行人先生の小説
監督は「侵略イカ娘」から「大魔法峠」まで手掛ける水島努氏
キャラデザは「灼眼のシャナ」「涼宮ハルヒの憂鬱」のいとうのいぢ先生

ホラー作品はあまり気が進まないんだけど
スタッフの名前と後番組が「パパ聞き」なのもあって
リアタイで見ていた

最初は学校の怪談に絡めて「見えざるもの」として
ヒロインの鳴ちゃんが扱われている

主人公の恒一君は転校生だったので
噂話を知らず鳴ちゃんと接点を持った事で
一気に物語が加速

最初の事件になる傘の柄で刺されて死んだり
いきなり担任の先生が生徒の目の前で自殺したりと
なかなか重々しい展開で実況ツイッター全く呟けずw

一番怖かったのはクラスメイトのお姉さんが
勤めていた病院のエレベーターの導線が切れて
そのまま真下に落ちた奴
落下系は昔のある映像を見てからトラウマなんだよなぁ~

その一方で鳴ちゃんの落ち着きぶりや
恒一に好意を思っている赤沢さんの対策係としての奮闘など

ホラー作品らしい重厚なトーンで
ネットでは「アナザーだったら死んでいた」という
造語がはやるほど怖くて引きつけられていた

12年前のクラスとの因縁がこの事件の引き金であり
最後は林間学校で様々な謎が解明されるのだけど

最期まで目が離せない
引きこまれる展開だったと記憶している

実写版は鳴ちゃんが橋本愛さんが演じているんだとか
首切りのシーンがあるので怖いけど
観られる機会があるなら見ようかな

投稿 : 2021/06/16
閲覧 : 283
サンキュー:

3

tinzei さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8
物語 : 2.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 2.0 状態:観終わった

ファイナルデスティネーションだけど・・・・・・

昔、『ファイナルデスティネーション』が好きな友達にオススメしたら喜ばれた。


洋画好きになら日本版『ファイナルデスティネーション』って言えば伝わるけど、向こうと違ってエロ要素は少ない。向こうみたいに全裸で日焼けマシーンに焼かれるシーンとか欲しかった。

投稿 : 2021/06/13
閲覧 : 153
サンキュー:

1

ネタバレ

nyaro さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

残念ながら原作を読んでいました。記憶を消して見たかった。

 ネタバレを描かないとこの話の凄さが言えないのが辛いですね。ネタバレレビューですが、もし視聴前の確認ならレビューは後回しにしたほうがいいです。

以下、ネタバレのレビューです。

{netabare} 「一人、気が付かないうちに教室に人が増えているとき、いる人をいない人として扱わないと死者がでる」というストーリーは荒唐無稽ですが、ホラーの前提ですのでまったく気になりません。原作者が有名な推理作家なので、このホラー要素以外は、ストーリー展開は筋が通って、謎解きになっています。

 推理小説でいう「叙述トリック(作中の語りや文章で仕掛けられるトリック・ミスリード)」の要素を取り入れていますが、普通、小説だから成り立つ、つまり文字だけだから成り立つ種類のトリックを映像化したのは、本当にすごいと思います。

 キャラデザも映像もホラー的な雰囲気がよく出ています。人形館、ヒロインの双子設定、病院、なぜか携帯に入る雑音。ゾクゾクしてきます。

 結果的に驚きの構造は、犯人?である三神怜子の描き方です。映画「シックスセンス」ですね。まあ、あれのオマージュと言えなくはないですが、換骨奪胎して素晴らしい作品に仕上げています。

 三神=怜子=死者=一人増えている人ということが謎解きになっています。

 この世にいない死んだはずの怜子が主人公と話をしています。主人公と
同じ家に住んで、主人公と会話をしているのに、おじいちゃん、おばあちゃんとまったく絡んでいないことに見返すと気が付きます。そして、この三神は既に死んでいることが、よく見るといろいろ感じられる演出があります。
 カナリアの声「れいちゃん、どうして…」も後から見返すと…「あああ」となります。
 1年半まえの事件の時の葬式にからんで、インドの父親と主人公に記憶の改ざんがおこりますが、それが携帯のやり取りで読み取れます。

 また、生徒が対象だと思わせておいて、先生だった、しかも副担任というのも驚きポイントでした。机の数が当初ぴったりだったというのもすごい伏線です。

 一つだけ不満点は、三神先生でいるときと怜子でいるときの髪の色とかズルイところはありますが。ただ、周囲の灯りの具合でそう見える(蛍光灯と自然光など)風には取れなくはありませんが。
{/netabare}

 ホラー好きなら必見、推理好きの人もかなり楽しめます。緻密なストーリー、構成、演出、OPなどどれをとってもかなりのレベルの作品でした。

投稿 : 2021/05/18
閲覧 : 243
サンキュー:

4

ASKA さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

学園舞台にした本格的なホラー・サスペンス。

1998年、春の夜見山北中学の3年3組に伝わる呪いとこのクラスに転校してきた榊原 恒一の学園生活を送りながらも次々起こる謎の死と呪いの真相を徐々に明かされていくストーリーが怖いながらも面白いです。
終始暗い雰囲気ですが、ショッキングなシーンも出てきますので注意。
製作はP.A.WORKSです。全12話で、水島努監督です。

投稿 : 2021/04/15
閲覧 : 386
サンキュー:

26

がおー敦煌 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 2.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

普通な作品

一周目でほとんどの人が犯人特定までは出来たはずですが、ついつい二週目を見返してしまう作品ではないでしょうか?

二週目を見ると何気ない伏線がわかりこの時点で容疑者をあげてくれてるんだなってよりわかると思います。

さて今回は主人公の榊原くんの性格が壊れてる話をします。

アナザーヒロイン見崎に対する執着心が序盤からすごい。
私も転校経験者ですが、初日は適当にクラスメイトと話名前を覚えいい印象を刷り込む仕事から始まります。

しかし彼は違った。病院入院中に一回あっただけの女の子がなぜ病院のB2にいたのかしかもその時には苗字まで覚えているという執着。

お前屋上で何してるの?授業でなくていいの?何の絵をかいてるの?なんで病院にいたの?
これをほぼ初対面の女の子にするわけです、ぶっちゃけた話恐怖でしかありません。

主人公が小学生の高学年ならこの質問をするかもしれません。
しかし主人公は中学3年生、思春期ともいえる年齢に女子に対してこの対応なのは成長障害なのかな?っと思える怖さもあります。

しかもその行動がエスカレートして病院の看護師にまで聞きに行く始末。
物語がグロイとか作画が怖いとかのレベルじゃなく私は素直に主人公が恐ろしい。
将来悪質ストーカーとしてニュースに取り上げられるんだろうなっと現実の人物でもないのに想像してしまうほどの気持ち悪さがあります。

よく考えてくださいこの主人公はマジでやばい。
少女に質問責め→病院で個人情報をさぐる→その後ストーキングして少女の追跡。ここまででも常軌を逸してる。

っと主人公の気持ち悪い行動などを含めたこの作品なので見る人からしたら不快でおわるかもしれませんが個人的には凡作です。

神戸連続殺傷事件をモチーフにしているので主人公が粘着質であるのは納得できますが気持ち悪い作品でした。

投稿 : 2021/04/11
閲覧 : 186
サンキュー:

4

めんまぁ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

惜しいなぁ

面白かったけど終盤が少しお粗末。何がお粗末かは見ればわかる。

投稿 : 2021/03/25
閲覧 : 197
サンキュー:

1

ネタバレ

セシウス さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

怖っ、、特に前半

 原作小説は未読です。
 ある地方都市を舞台にしたホラー・サスペンスです。母親の実家へ引っ越してきた主人公が転校先のクラスで祟りのような超常現象に巻き込まれてしまうお話です。
 話の展開や見せ方が秀逸で驚きのエンディングまでほぼ隙がありません。前半はホラーで後半はグロと謎解きって感じですかね。本当におもしろいストーリーでした。超常現象は記憶と記録を改変してしまう、というキツい設定がミソで主人公が自分のことすら信じられなくなったりするのが視ている側もドキドキさせます。

 絵は背景や動画は今ひとつです。キャラクターはいとうのいぢさんの美麗な絵で登場人物は大半が美形です。美形は凄惨なシーンとよくマッチするな、と思いましたw

 音楽はローゼンメイデンが好きな人は合うと思います。オープニングの動画は物語の進行とリンクしています。効果音はとても効果的に使われていました。

 夜一人で見ることをおすすめします(笑
 {netabare}この作品は叙述トリックが使われ、主人公が視聴者に明かさない事実があります。{/netabare}しかし、そもそも記憶が改変される設定なので、嫌いな人も許容できるのではないかと思います。
 

投稿 : 2021/03/23
閲覧 : 193
サンキュー:

2

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

サイコホラー

PAworksだから絵はめっちゃきれい!
水島努さんが監督を手がけたPAの中でもかなり人気の作品ですね!

毎年3組には祟りが起こるんだけど、
その一人をいなかったことにすれば死から逃れられるのだが主人公がそれを知らなくていなかったことにしてた人に声をかけてしまったことをきっかけに毎月死ぬ人が現れてしまうことがはじまり…
結構グロさがトラウマ級なので見る人を選ぶと思うけれどもめちゃめちゃ面白い作品であることは間違いないです!

投稿 : 2021/03/14
閲覧 : 131
ネタバレ

コーヒー豆 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ホラーアニメはアリですね!

前情報として・・・

『Another』は、綾辻行人による日本の小説作品であります。
実写映画化もされており、山崎賢人君が出ていたようです。

簡単な内容としては、この中で妹は誰だ!ではなくて、
この中で犯人は誰だ的なお話です。
名探偵コ○ンより最後は楽しめますw

さてさてホラーですが、そんなに怖くないというか自分は10話くらいから怖くなったかもしれません。怖さというより、サスペンス・ミステリーてな感じですかね。この作品も、もっと評価されたたい系作品なのかもしれません。人気はありのかな?


{netabare}
水着回
ラッキー水着回で人が死ぬのは私も初めてみたけど、死に方は一捻りあってよかったと思っています。

10話
心霊写真が一番怖かったですw


11話
もうひとりを探す合宿。おれやっちまった~て生徒、管理人がある生徒を刺して火事になるなど、ドタバタ展開wしかし、私のココロはもうひとりが誰しかないのである。それか、ミサキは可愛いなぁくらいwそしてバトルロワイヤルへ。11話すげぇ。

12話

最後は、何となく気づいてたけど、あの人か~そうなのね~!で納得。
{/netabare}

最初は、これ途中でやめるパターンかなと思ったけど、途中から次が気になって
一気に観ました。

・よかった点
①OPの歌が、おどろおどろしい雰囲気でgood!ランティスさんらしいいい曲でした。
②キャラも作画もよかったと思う。
③音響というか効果音でドキドキワクワク感を感じられます♪

これ2012年アニメなんだよね。ちょい昔もいい作品が多いようですね。実写は見る気がないけど、面白いってことの証明だし、アニメ版観てね☆

投稿 : 2021/01/11
閲覧 : 191
サンキュー:

7

次の30件を表示

Anotherのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
Anotherのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

Anotherのストーリー・あらすじ

その学校のそのクラスには、誰にも話してはならない“秘密”がある・・・。1998年、春。夜見山北中学に転校してきた榊原恒一(15歳)は、何かに怯えているようなクラスの雰囲気に違和感を覚える。不思議な存在感を放つ美少女 見崎鳴 に惹かれ、接触を試みる恒一だが、いっそう謎は深まるばかり。そんな中、予想もしなかった惨事が! この“世界”ではいったい、何が起こっているのか…?(TVアニメ動画『Another』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2012年冬アニメ
制作会社
ピーエーワークス
主題歌
≪OP≫ALI PROJECT『凶夢伝染』≪ED≫Annabel『anamnesis』

声優・キャラクター

高森奈津美、阿部敦、前野智昭、米澤円、野中藍、山本和臣、榊原奈緒子、平田広明

スタッフ

原作:綾辻行人、キャラクター原案:いとうのいぢ、 監督:水島努、シリーズ構成・脚本:檜垣亮、キャラクターデザイン・総作画監督:石井百合子、色彩設計:井上佳津枝、美術監督:平柳悟、3D監督:山崎嘉雅、特殊効果:村上正博、撮影監督:並木智、編集:高橋歩、音響監督:岩浪美和、音楽:大谷幸、音楽制作:ランティス

このアニメの類似作品

この頃(2012年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ