「Another(TVアニメ動画)」

総合得点
87.6
感想・評価
4904
棚に入れた
21705
ランキング
121
★★★★☆ 3.9 (4904)
物語
4.0
作画
4.0
声優
3.7
音楽
3.7
キャラ
3.8
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

Anotherの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

コーヒー豆 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ホラーアニメはアリですね!

前情報として・・・

『Another』は、綾辻行人による日本の小説作品であります。
実写映画化もされており、山崎賢人君が出ていたようです。

簡単な内容としては、この中で妹は誰だ!ではなくて、
この中で犯人は誰だ的なお話です。
名探偵コ○ンより最後は楽しめますw

さてさてホラーですが、そんなに怖くないというか自分は10話くらいから怖くなったかもしれません。怖さというより、サスペンス・ミステリーてな感じですかね。この作品も、もっと評価されたたい系作品なのかもしれません。人気はありのかな?


{netabare}
水着回
ラッキー水着回で人が死ぬのは私も初めてみたけど、死に方は一捻りあってよかったと思っています。

10話
心霊写真が一番怖かったですw


11話
もうひとりを探す合宿。おれやっちまった~て生徒、管理人がある生徒を刺して火事になるなど、ドタバタ展開wしかし、私のココロはもうひとりが誰しかないのである。それか、ミサキは可愛いなぁくらいwそしてバトルロワイヤルへ。11話すげぇ。

12話

最後は、何となく気づいてたけど、あの人か~そうなのね~!で納得。
{/netabare}

最初は、これ途中でやめるパターンかなと思ったけど、途中から次が気になって
一気に観ました。

・よかった点
①OPの歌が、おどろおどろしい雰囲気でgood!ランティスさんらしいいい曲でした。
②キャラも作画もよかったと思う。
③音響というか効果音でドキドキワクワク感を感じられます♪

これ2012年アニメなんだよね。ちょい昔もいい作品が多いようですね。実写は見る気がないけど、面白いってことの証明だし、アニメ版観てね☆

投稿 : 2021/01/11
閲覧 : 32
サンキュー:

2

とーよ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

水着回で人が死んだの初めて見たw

作家の綾辻行人さん原作小説のアニメ化。小説は未読。綾辻さんと言えば、叙述トリック(物理トリックでは犯人が警察や刑事を騙しますが、叙述トリックは文章上の仕掛け表現で作者が我々読者を騙します。)が十八番の方なので、文章がアニメになるとどうなるのかと興味深く最後まで視聴しましたが、アニメでもやはりコロッと騙されましたwちょっとアニメの都合で止むを得ずズルいところもありますが、それを差し引いてもこの犯人には辿り着けないですね。いっぱい死人が出てしんどいですが、叙述トリックならではの最後の大ドンデン返しで吹き飛ばしてくれました。犯人が分かったところでの2周目の伏線確認も楽しいです。
作品ジャンルはミステリーホラーでしょうか。当然グロいシーンも多いですが、音楽や雰囲気も良く、綾辻さんの作品を水島監督がとても上手くアニメで映像表現していると思います。そしてP.A.WORKSさんの作画の良さもある意味この作品では裏目に出てると言えるでしょう(怖いよw)

アニメの水着回で死人が出るのはこのAnotherだけではないでしょうか?(笑)

投稿 : 2020/12/13
閲覧 : 197
サンキュー:

18

ネタバレ

たわし(冨岡) さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ホラーとアニメの相性は抜群

映画好きの人間は必ずと言って良いほど「ホラー映画」の話をする。なぜならスプラッターやオカルトなどの特撮技術、大物監督の初期作品などの話題に事欠かないからだ。

特に日本のホラー映画は心理的な恐怖を描く作品が多く、スティーブンキングの小説以降のモダンホラーと、日本特有のジメジメした陰湿な恐怖が非常にマッチしているからである。

この水島努監督の「another」はアニメーションのホラー作品としてはかなり良いものであり、心理的恐怖とゴア描写の塩梅も非常に冷徹さを感じる。

人間はいざとなると「エゴで動く」という身も蓋もない結論だが、そこにリアリティが有り、常に日常と非日常が隣り合わせであることを示している。

余談ですが、おそらく2018年の中ではトップクラスの恐ろしさだったハリウッドホラー映画「ヘレディタリー/継承」の試写会に行ったのですが、日本のホラー作品を真似た演出や表現が多く、ものすごく恐ろしいホラー映画ですがおすすめします。あっ、間違っても心臓の悪い方はご注意ください。ホラー映画にはいつも途中退席される方が多いのですが、今回も例に漏れず途中で退出する人が後を絶たないくらい中盤から心的生理的にえぐいシーンが多いです。

投稿 : 2020/12/01
閲覧 : 474
サンキュー:

21

ニワカ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

まぁまぁ面白い

めちゃくちゃストーリーが面白い、秀逸ってわけじゃないけど、引き込まれる。
何が起こっているのか、そしてこれから起こるのかが気になって、先を見たくなるくらいにはうまく作られている。
なかなかよかった。

投稿 : 2020/12/01
閲覧 : 203
サンキュー:

2

ネタバレ

筒井筒 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

コミックスを先に読んだ方は、買ってまで見ない方がいいと思います。

コミックスの方が、入りがいいんだよね~。
アニメ版はキャラも明るいし、劇画タッチのアニメーションがむずいのか、
ペルソナかなんかに特許でも握られてるのか、まさかの日常を書いたのか?
綾辻ワールドにアニメは合わないというアピールでしょうか。
コミックなら4冊、洋版DVDBOX なら14話。
見る順番間違えたかなぁ? いや、見なくていいものは見なくていいよ。

というのも、第5話目を見ようと2枚目のディスク入れたら、リージョンエラーが出て、1話目から全部消えてしまうという残念ごと。輸入品だから仕方ないかぁ。もう、ちゃんとお金貯めてまともなの買おうと思いました。

投稿 : 2020/11/19
閲覧 : 87
サンキュー:

3

aegis さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

めいかわ

めいがずっと可愛かった
人は沢山死んだけどストーリーはそれ程鬱に感じなかった

投稿 : 2020/11/11
閲覧 : 147
サンキュー:

2

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ホラーとミステリーが好きならいいかも

にゃんはこわいおはなしってこわいけど
つい見ちゃうw
それではじめはホラーだからドキドキしながら見てた

はじめめいちゃんが
{netabare}仲間はずれにされてる{/netabare}のがとってもいやだった
いじめられるのっていやだけど
{netabare}だれにも話しとかしてもらえない{/netabare}って
ほんとにくるしいって思う。。
先生とかも知ってるのになにもしないってどうして?

にゃんは
はじめはどうなってるのかよく分からなくって???
でもこわくなってきそうだったから見てた

{netabare}3年3組が呪われてるんなら
3年3組なくしたらいいだけかも。。
そうしたらこんどは3年4組が
おんなじみたいになるのかな?{/netabare}

ちょっとフシギだったけど
こんなことってあってほしくないなぁ。。

大人はどう思ってるのかな?
呪いのせいでみんな
おかしくなってるのかも(きっとそう)

にゃんが1番こわかったのは{netabare}人形の家{/netabare}かな

めいちゃんのあとをついてって
ちょっとどきどきしながらのところ

あんなところにはいったらほんとうにこわいって思う
夜1人で見られないよね(ドキドキ)

それから今度は
{netabare}こういちくんとめいちゃん2人で仲間はずれになったから{/netabare}
にゃんはちょっとうれしかった
だんだん二人がなかよくなってよかったって思った

Anotherは人がいっぱい死ぬ
気もちわるい死に方が多くっていやだなぁって思う

でもそんなにこわくなかった
きっと死んだ人たちのことよく知らないからだって思う
好きな人が死んじゃったら
きいただけでなみだが出ちゃう。。

にゃんのおばあちゃんが死んだとき
ねむってるみたいなおばあちゃんが
とってもこわかった。。

やさしいおばあちゃんだったから
おばあちゃんがこわいんじゃなかったのに。。
にゃんもいつか死んでいなくなっちゃうのかなぁ。。
ってこわかったのかな?

{netabare}だからさいごにみんなでころしあったとき
なんだかヘンだった

一人ひとりみんなが気もちをもってて

あっころされる!いやだ!とか
でもあんなに仲よしだった子はころせない。。とか
むかっていくのはこわいなぁ。。とか
あの子好きだったのにかなしいなぁ。。って

みんなに心があるはずなのに(ねぇ){/netabare}

だから
さいごはわーわーってさわいでるだけみたいで
にゃんはかなしくもこわくもなかった。。

とちゅうまではよかったのになぁ。。

さいご死者がだれかって分かっても
そうなんだ~って思っただけだった


{netabare}なにか出てきそうな暗いところとか
ざざーっっていう電話とかカセットの音とかに
どきってしたり{/netabare}
とちゅうまではほんとにこわかったのに。。

投稿 : 2020/10/25
閲覧 : 1432
サンキュー:

291

overnao さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ミスリードを誘う脚本、ホラー系苦手でも意外と見れる?

「アナザーなら死んでた」というセリフが流行ったことからわかるように、登場人物がじゃんじゃん死んでいくホラー・ミステリー系の作品です。

この作品が他の同ジャンル作品より優れている点は、視聴者のミスリードを誘うようなストーリーになっているということです。ネタばれになるので詳しくは書きませんが、「ここが怪しい」と思ってもその予想は大抵外れます。ミスリードを誘うという点以外は、ミステリー的にそこまで練られた脚本ではありませんが、テンポよく話が進むので退屈せず見れます。ご都合主義もありますが、作品全体をテンポよく進めるための手段だと思い納得しています。

全体的に殺伐とした緊張感あふれる作風ですが、ヒロインの見崎鳴というキャラクターのお陰で陰鬱感がある程度中和され、見やすい作品になっています。人がたくさん死ぬという前評判を聞いていたのでおっかなくてなかなか見る勇気が出ませんでしたが、実際は割と軽めのホラーでした。

投稿 : 2020/10/13
閲覧 : 269
サンキュー:

4

ネタバレ

ブラッキー さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

精神がおかしくなった…で済むのか?

夜見川中学の3年3組は呪いのクラスとして有名だ。26年前のある出来事をきっかけにこのクラスでは特定の年(数年に一度くらい)になると生徒が一人増える(この増えたものは死者である)。記録も改竄されていて誰がそうなのかはわからないが机が一つだけ足りないことで増えているかどうかが確認できる。
勿論今回はその特定の年であり、その特定の年になぜか主人公を3年3組に転校させてしまうというところから物語は始まる。
まず見崎鳴というヒロイン枠の女の子がいるのだが、8話の水着回ではスク水というかなりシンプルなものでありながらもタコに絡まれたシーンなどはエチエチでよかったと思う。正直この水着回が本作品で私が最もお勧めする回である。とはいえ、この回も誰かが死んでしまうため、そういった要素が苦手な方にはどうしても厳しいが。
内容は、そこまで突飛なものはなく典型的なホラー物といったないように思える。そこに、様々なシチュエーションのグロシーンが入っておりこういったシーンが好きな人にはお勧めしたい。しかし、今回私はdアニメストアで見たのだが、配信だと基本的に規制が入っており、そのせいもあって拍子抜けを食らうことになるため、円盤を買うなりレンタルするなりで見るべきものではあるが。
また、最後の方のシーンであるが{netabare}、ホラー物であるために真っ暗闇でだれが出てくるかわからない恐怖シーンを作りたいのはわかるがそのせいで何が起こっているのかわかりずらい。規制も入っているのだろうが、誰がどう死んでいるか全くわからずかなりの頻度で置いて行かれた。円盤ではもう少しわかりやすいのだろうがせめて最低限何が起こっているかわかるように描くべきであろう。これでは緊迫感が全く伝わってこない。
また、最後の方で様々な人が精神を病んでそのせいで大量殺人を犯すというシーンがある。これは、この呪いを克服するための方法が増えた死者を殺すというやり方であり、大量に殺した人たちの中に死者がいれば結果オーライだという原理なのはわかる。わかるのだが、いくら精神を病んだからと言って彼らは普通の人間であろう。サイコパスであったり元軍人であるとすれば納得も行く。狩猟を生業としているなら百歩譲って分からなくもない。しかし、精神を病んでいるのはごく普通の中学生とごく普通の合宿所の管理人夫婦だ。彼らにそんな経験があるとは思えない。どんなに病んでいても人を殺してはいけないという道徳を嫌というほど叩きつけられてきたはずだ。流石にご都合主義な感じがしてくる。
とはいえ、ラストの増えた死者を殺すのに(死者はクラスの副担任であり、主人公の叔母に当たる人である)主人公が葛藤し、それでもクラスのために彼女を殺したときのシーンはそれなりに見ごたえのあるものであった。その後のシーンもしっかりとまとまっててよかったと感じる。{/netabare}
最後の方のあの訳のわからないシーンさえなければ問題なく高評価できるのだがあれでかなり冷めてしまったのが残念で仕方ない。

投稿 : 2020/10/03
閲覧 : 111
サンキュー:

2

ネタバレ

あすから さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

廃校にすれば解決

投稿 : 2020/09/20
閲覧 : 59
サンキュー:

3

ネタバレ

dFRjS80566 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

怖いけど、流石は綾辻クオリティー

十角館の殺人、等の 綾辻行人 原作のホラー作品、1話めからのダークな展開

内容は、夜見山に転校してきた主人公(榊原恒一)が友好的なクラスメイトに受け入れられる中

何故かクラスで居ない存在として扱われてる眼帯の少女(見崎鳴)が
虐められてるのかと感じた、恒一は鳴に関わりだす、鳴は恒一のみには返事をするが
自分にはもう関わるなばかり

クラスメイトも鳴については、歯切れ悪くそれには関わるなの一点張り

恒一の行動が発端となり、クラスメイトが異様な事故に巻き込まれ次々に
惨たらしく死んでいく
鳴が存在しないものとして扱われた理由は、26年前の3年3組

今の(恒一のクラス)でのミサキと言う人気者の女子が死んだ時に
そのクラスメイトがミサキが生きてるように振る舞ったせいで
このクラスが死に近付いたと言う、少々難解な設定で

それ以降クラス関係者が毎月、死んでいく死のループに
さいなまれたので、鳴が存在しないものとして扱われる事で
死のループを回避する、おまじないのような対策を講じていたらしいですね

死のループを止める手だては、クラスに紛れ込んでいる死者を見つけて
殺害するのみ、見た目では死者と判断不能な上
死者の記憶が関係者から抜け落ちるので判断は困難・・・

生徒の死に方はグロく、愉しい作品とは言えなかったが
ストーリーは気になって最後まで視てしまった

死者の記憶が抜け落ちるの点について
町から離れて他所の報道や関連記録を調べたら良くね?🤔
と思ったが、その情報すら夜見山に戻れば消える設定なのかも・・・😑

なら電話で誰かに伝えるなり、命懸けなら何でも思いつきそうなものだがw
有無を言わせぬ、クラス関係者の死に、そんなん冷静に考えてられるか!
って気持ちも無くはない

思い出したが、クラスメイトの姉の看護士が、この事件に興味を持って調べてまわったら
エレベーターで悲惨な目に遭ってた・・・( ´-ω-)

主人公でもなければ、事件の収束を図る思考に思い立った時点で謎の力で
夜見山から排除されてるのかも知れず、ここに考えを書き込んでる私も登場人物だったら
恐らく消されてるので・・(ー_ー;)

限られた人物以外は解決出来ない推理小説に近い展開だったのかな
死者を、殺害してこの現象を止める・・と言うのも、目星付いても
一歩間違えたら、単なる人殺し・・容易に実行出来るとは思えない・・・( ´-ω-)

残念な点は後半のペンションでのジェノサイドシーンから
大暴れしたオーナー婦人だが実は呪いじゃなくて
オーナーが精神を病んでたって説明でかなり萎えた(´д`|||)

いやそこはちゃんと呪いに絡めようよ(´゚ω゚`)
ラストでの、呪いの原因(死者)は恒一の関係者でしたが
祖父母の家で、仏壇がやたらと描写されてたのはそれだったのね( ´-ω-)

原作未読の私は本気で主人公 恒一を死者かと疑ってた
理由はことごとく事故死を免れてたので

逆に原作ファンからすれば犯人(死者)判ってるので
只のグロめのホラーアニメに映ってたのかな?

放送終えてから、綾辻行人さんのAnotherに関するインタビューで

ファンの死者の変更に期待する、アニオリ展開を熱望する声が聞こえてたが
あれはどうやっても変更出来ない
それよりは内容を濃く描いて欲しいと考えていた
なので1クール12話では、到底無理なので2クールで御願いしたと話してました

クールに関しては、3度程、製作サイドと話し合いになり、1クールならアニメ化はお断りすると伝えたとも話してた

ラノベ原作アニメで(原作者)これ1クールで終わらないのはファンなら判ってる・・
良く耳にしますが、まさにこれらしいですね、ドラマ等、多方面でも活躍されている
綾辻氏ですらこんなに時間を掛けて話し合いしてるので

実績の少ないラノベ作家なら1クールだと収まらない!!
とか文句つけにくい環境なのかもしれませんね・・

かなり昔の話なんで、うろ覚えですが、ラノベアニメ黎明期に
全10話でアニメ化された(原作者は乗り気でなかった)作品で

新人監督とシナリオライターとの打ち合わせで
原作者としてはキャラの立ち位置は絶対変更しないでと念を押したのに
いざアニメ化されたら、主人公のキャラが勝手に変更されてブレブレで
別人に描かれていたとか・・監督とライターに抗議しても

いやぁ・・こうなっちゃったんで・・ヽ(●´ε`●)ノ と謝罪すら無かったとか
恐らくその関係者はもう業界には居ない・・・と思いたいですが・・( ´-ω-)
ジビエートの青木良だったとしたら最悪ですね・・

実際矢面に立つのは原作者が大半なので非がない責めには辟易するのも理解出来ます

現在は原作者の要望は可能な限り聞いて貰えるみたいなので話数以外の
クレームは原作者責任と捉えても良いのかなw

投稿 : 2020/08/21
閲覧 : 127
サンキュー:

8

アハウ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

怖いけど鳴ちゃんの可愛さで最後まで見ました。

音が恐怖心を煽りますね。

疑心暗鬼って怖いですね。

生徒の中に死者がいるって煽って・・・
生徒じゃなくてもいいの?

鳴もわかっているだったら恒一に伝えろよ。
(10話の最後以前に・・・海のシーンとか)

一番の問題は今年の災厄は大丈夫だけど、
根本的に解決できていない。
カセットテープ貼ったけど。
(カセットテープって古すぎ。)

鳴ちゃん、スカート短かすぎ!

夏にカモメが飛ぶのはおかしいです。
カモメは冬鳥です。
ウミネコはいる可能性はあります。
タコに絡まれた鳴ちゃん可愛い。

投稿 : 2020/08/10
閲覧 : 224
サンキュー:

17

ネタバレ

おでん さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ミステリーでもパニックホラーでもネタでも傑作

原作未読。地獄の夜でのイッキ観(非常に心臓に悪いけど何故か次へ次へと行きたくなった)

の視聴からおよそ2か月ほど経ちましたが、最近夏になり暑いため涼むために再視聴。(つまり2周した)

未視聴の方もお察しではあると思いますが、ホラーです。具体的にはミステリーホラーですね。そしてまぁまぁグロいです。グロさ的には、かなり直接的な物も多く、イマジネーション力豊かな方にはきついかも…個人的にはホラーの描写の方が強いので、気持ち悪さよりは不気味さが印象に残ると思います。

ホラーとしての仕上がりは非常に素晴らしかった! 深夜に観ていたのもあるが、視聴中マジで何度も震えたw もともと私はホラーがすごく苦手なのもあるが非常に良い出来であった!
内容も、このようにホラーが苦手である私でも何故か次の話へと進めるほど引き込まれ、悪くない。
OPテーマも素晴らしく、まさにこのAnotherのために作られた曲である。
ここまでは評価点だ。

賛否両論の意見となりそうなのは、まずグロへの描写だ。この作品は非常にたくさんの人が、簡単にお亡くなりになられます。(通称、アナザーなら死んでた)また、恐怖倍増を狙った為か、かなりその光景は地獄絵図です。その為か、途中離脱者(視聴を途中で止める人)が後を絶ちません。
この作品を観る際はそれなりの覚悟を決めて臨むのをお勧めします(食事中などは論外だと思う)

個人的に気になった点↓(物語の核心に触れるようなネタバレあり)
{netabare}
①前半戦がゆっくりで後半戦が超急展開だった。 転校から芸術的傘芸のところまでは正直もう少しまとめてほしかった。

②グロ要素はここまで必要なかった希ガス。 担任の例のシーンとかあそこまでケチャップフェスティバルしなくてもよかったよなぁ~… よりホラー要素を強めるために真っ赤な誓いしているのかもだけど、私が求めるのはグロさよりも、傘グッサのような純粋な恐怖でした。

③いくつかの矛盾点が目立った。 例えば、3-3にもう一人が侵入していて、他のクラスにはないとか言っていたのに、結末は3-3ではなく職員室でしたとか、もう一人が普通に町の外の海に行ったりと、おかしな点がちらほらあった。 まぁこういうミステリーアニメには、矛盾は割とつきものなのでとても気になるわけではないのですが、例のあの人の扱い方がもう少しうまくできたと思いました。

④物語を通して無能が多すぎる。まず榊原、君は空気を読むことを覚えろ。あと恐怖にも立ち向かう気持ちは立派だが、時には逃げたり避けたりすることを学んでくれ。河原、赤沢、とかは多田野殺人犯の素質がある人たちだし、望月は仲間との約束はちゃんと守ってくれ。 そして見崎! 正直君が一番の戦犯だぞ。左目の能力は確かにすごかったけど、それを除くと今回の話で犠牲者が大量発生した一番の原因は君の行動力不足だぞ!
…とまぁ、3-3には有能人が少なすぎる… 本当に千曳さんいなければみんな仲良くコープスパーティーでしたね…

⑤物語後半(海水浴あたりから)は前半に比べると評価が落ちる。 正直、クラスの謎がわかりそうでなかなかわからないあの前半のミステリアスな雰囲気が今作の一番の評価点だっただけに、後半からの死者を増やすためのネタ会やバトルロワイヤルは、面白かったが少し残念だ。 ただ最後のどんでん返しは圧倒的に騙されたので、そこは非常に良かった。

⑥合宿行かなかった組が圧倒的勝利であること。 正直合宿行かなかった組はその地点で死を確定させてほしかった気持ちがある。(どう考えても合宿死亡組がかわいそうすぎる)

⑦結局その場をしのいだだけだったこと。この悪夢を全く排除できず、また死の連鎖が繰り返されるとなると、すごくもやもやする。 まぁそのもやもやがたまらなく好きだが、せめて再発を防ぐための対策をもう少し入れてほしかった。{/netabare}

総評としては、ホラーアニメの代表作なだけあって、絶妙に怖く、雰囲気もいい。暑くて困っている方は是非一度ご覧あれ。

投稿 : 2020/07/22
閲覧 : 315
サンキュー:

5

ネタバレ

Pocali さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

最初の方の人形が一瞬映るの良かった

だんだんホラー感がうすれていって、最後は色々と本人達の思うようにいかない感じが、なかなか一緒になってイライラして良かったですw
時代を感じましたが、個人的に今見るにはちょうど良かったです。
ツインテールの女の子が最後に死んだとき、綺麗でした。
ガラスが刺さりまくってて。
あんな一瞬で死なんだろうとは思いましたがw
私は好きですが、お勧めするほどでもないです!

投稿 : 2020/07/20
閲覧 : 127
サンキュー:

1

ネタバレ

クロ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 3.5 音楽 : 2.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

出会いは理不尽な悲劇の始まり

この作品を端的に紹介するならサスペンス ・ ホラーです。 この表現ですぐに思い浮かぶ作品は 「リング」 や 「ひぐらしのなく頃に」 などでしょうか。

この作品のジャンルは、サスペンス ・ ホラー ・ ミステリーと紹介されているのに、何故 “ミステリー" を省くのか ? それは、この “ミステリー" の部分に大多数の視聴者は注目して “推理" することに集中しようとするからです。

この作品は、アニメとして表現されている映像 ・ 音響 ・ 舞台設定など作品から放たれる “雰囲気" から、視聴者は恐怖感を味わい、何故、災厄は起こるのか、どうすれば良いのか、と自然に感じた方が楽しめると思います。

勿論 “推理" することが悪い訳ではなく、この作品を楽しむ一つの要素ではありますが、それ自体が楽しみではないと思うのです。 仮に視聴中トリックに気付けたり、見事推理が実って死者が特定出来たとしても、それが事件の解決には繋がらないのですから、達成感は得られないと思います。

この作品の恐怖感を煽る “雰囲気" そして “演出" は素晴らしいと思います。 そこを十二分に味わった方がお得だと思いますので、私は敢えて “ミステリー" は省き、この作品は “サスペンス ・ ホラー" と紹介したいです。


“雰囲気" や “演出" の素晴らしさとは裏腹に、“結末" そして “その後" に物凄く違和感を感じます。 確かにあの “結末" は悲惨であり、恐ろしいです。 しかし、やり過ぎのように思います。 今まであったであろう 「ある年」 の中でも、災厄が止まったにもかかわらず、一番悲惨な結末ではないでしょうか。

そして “その後" ですが、とても悲惨な結末を迎えた後の会話とは思えません。 恒一の下した決断はそんなに軽いものではなかったはずです。 辛過ぎる出来事だったのですから、空元気とも受け取れなくはないですが、それにしても清々しささえ感じる “その後" の描写は違和感ばかりが付き纏います。

恒一達の年は災厄が止まりましたが、これからも 「ある年」 は続いて行くのです。 個人的には最後まで “雰囲気" を大切にして欲しかったなと思っています。

投稿 : 2020/07/14
閲覧 : 233
サンキュー:

1

ネタバレ

ぴえん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

納得できない点が多い

ずっと前から見ようと思っていたのですが、ホラーでグロいみたいだしどうしようと思って倦厭してましたが、漸く見ることができました。

で、総括的にはよくできていたと思います。鑑賞者に興味を抱かせる構成になっていましたし、ミステリアスな美少女が出てくるとかいかにもじゃないですか。ホラー演出も恐ろしかったし、人が亡くなる時の緊迫感も良く描かれていたように感じました。真面目にファイナルデスティネーション思い出してめっちゃびびりました。あれ、最初の飛行機墜落するシーンが本当にダメなんですよね。このように良い点もたくさんあるのですが、納得できない点も多くあります。


以下微妙にネタバレ。

まず、なぜ誰も恒一に事情を話さなかったのか、という点です。その理由についてはいろいろ考察がなされているみたいですが、本当に人が死ぬのを止めたければ、どんな事情があれすぐに話すはずです。これで人が死んでいく理由を恒一だけのせいにされていたら流石に胸糞でしたが、そうはならなかったので安心しましました。でもとりあえず病室に行った点で話せよ。怜子さんでもいいけど話そうぜ。な?

次に、恒一の空気の読めなささです。物語を通してみるに、彼はなかなか察しが良く空気が読めるタイプみたいです。それなのに、なぜ鳴をずっとストーキングして話しかけたのか、謎は深まるばかりです。明らかにクラスメイトに意図的に無視されていて、それがクラスの総意だとわかるはずなのに、なぜ、なぜずっと話しかけようとしているんだ(だいたいお前怜子さんにクラスの決め事は守ようにって言われてただろ。みんな話しかけていない時点で大体察せるだろ)。虐められていることが原因になって転校してきたなら、そういう空気読まない行動は再びハブられる原因になるって思わなかったんですかね。

また、赤沢さんが言うように、なぜ鳴も恒一のことを無視しかなったのか。これは「四月から厄災が始まっていることに気づいていたから、無視する意味がないと知っていた」ということにつきるのかもしれませんが、事情を知らない周囲から見たら「いやお前なにしとんねん」ってなります。そうなって恒一や自分が責められる原因になるって思わなかったんですかね。自分のためにも恒一のためにも徹底的に無視するのが一番良かったのでは?あと、行動が遅すぎます。四月の死亡者の件然り、死者の件然り、もっと早く行動していればこんなことにはならなかったはずです。全てをわかっていながらも腰が重いと言うのはホラー作品において致命的だと思いますし、本当にお前呪いを止める気あったのかよ、という点において疑問です。

最後に、主人公ご都合主義過ぎます。Anotherなら死んでるだろ案件に、恒一が何回も何回もエンカウンターしているのにも関わらず、主人公補正で全て乗り切っています。見ている側としては主人公のスーパープレイ振りに驚くと同時に、興醒めします。だってこの時点で主人公死なないことが確定しているようなものやん。そこのハラハラ感はなかったですね。だいたい、合宿に行く必要がないとわかったなら、いかなければいいのに。カセットテープ聞いた時点で合宿で何か起きるってわかってただろ。何で行ったんだ。まぁこれは主人公だけじゃなくてその周辺にも当てはまります。彼らが合宿に行かなければ、カセットテープをその場で聞かれることもなかったですし、あんな事態にはならなかったかも、と思うと少し胸糞悪いですね。

総合的に考えると、キャラクターが全員迂闊すぎます。死ぬかもしれないという恐怖にされされて、そうなっていまったのはわかるのですが、それにしてももう少しやりようはあったはずです。特に鳴。恒一も。

それ以外は概ね良くできていたと思います。キャラとしては鳴が人気あるみたいですが、あの人を食ったような態度が私は気になりました。主人公がたまにKYだけど良いやつだしイケメンだしでそこは良かったです。ここまで多くの人間が登場したのにも関わらず、激しく嫌われるキャラがいないと言うのはなかなかすごいと思いました。あと赤沢さんかわええええええ。

あ、OPもめっちゃよかった。ありがとうアリプロ。今までで唯一最終話までOPを飛ばさなかったアニメだよ。


以下めっちゃネタバレ。

実はですね、私、三神先生と美術の先生の区別がつかなくて、途中でググっちゃったんです。えぇ、二人は同一人物なんですが、馬鹿な私はそれに気付かなかったんです。で、画像検索するじゃないですか、怜子さんでてくるじゃないですか、ここで怜子さん=三神先生になってなるほどってなるじゃないですか。画像良く見るためにクリックするじゃないですか、概要に「死者は三神怜子だったんですね」って書いてあるじゃないですか…、ということで四話を見たあたりでネタバレされた私は、大人しくどう伏線が描かれているのかと言う点について重点的に見ました。ネタバレされた後は後でまぁまぁ面白かったですよ、はい。最初怜子さんってニートなのか、とか思っててごめんなさい。

あと主人公が通り魔説もあったみたいで、逆にそっちの方が話的には面白かったかもなんて思っちゃいました。

投稿 : 2020/06/11
閲覧 : 180
サンキュー:

3

ネタバレ

けいぴぃ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ホラーすぎる青春

全部理解できてない。

何で榊原君は一年半前の事を覚えてないの?

誰か教えてほしいな~

↑のレビューから翌日

榊原君はレイコさんの葬式の為に夜見山を訪れたがレイコさんの復活によりそれを忘れていたんですね。赤沢ともそこで会ったけど赤沢も記憶が曖昧になり、やはり葬式に参加していた松永さんも記憶を消されたんですね。

皆さんレイコ=三神先生て事を最後に分かって驚かれたみたいですが、自分アホなんで「あれ?そういう設定だったっけ?」て思っちゃった。自分がちゃんと観てなかっただけかと。

完全に生徒の方に注目してたからそれ以外の事に頓着なくなってましたヤラレタ。

それを踏まえて所々見直してみた。

一話の榊原君の回想でレイコさんの夜見北中の心得3まで出ててその4を思い出そうとした時におばあちゃんから呼び出し。
最終話、レイコさんを目の前にして、榊原君の回想の続き、夜見北中の心得その4、学校ではレイコさんじゃなく三神先生て呼びなさいというシ-ンが披露される。

海に行った回は格好はレイコさんのままで榊原君もレイコさんと言っていた。
そこは三神先生と呼べ榊原君w他の生徒もいるんだし。
海でレイコさんを海の中に落とすシ-ンがあるけどレイコさんがメガネを落として探すが顔は映さず。

小説だと名前を変えれば騙せるけど、映像があるアニメだとあの手この手で同一人物だと思わせないようにしてたんですね。お疲れ様ですw

青春はホラーと言っても
これはホラーすぎるw

投稿 : 2020/06/09
閲覧 : 232
サンキュー:

8

ネタバレ

褐色の猪 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

サスペンス?ホラー?いいえ、私達の聖戦(ケンカ)です!

6月6日,7日で視聴

幹は隠し、

終盤までサクサク進むストーリー、

ラストでドヤァ!っと、 聖戦(ケンカ)です!

原作や漫画よりキャラを増やしたのかな?

この本編では小枝も余り深入りはせず、

各キャラ浅めだったのがちと残念ではありますが、

1クールですっきり見易かったです。

投稿 : 2020/06/08
閲覧 : 100
サンキュー:

10

akasa79 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 2.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

良作

恋愛要素は皆無だったな。最後に入れても個人的には良かったけど。ちょっとグロめ。あと、見崎鳴以外のキャラに魅力が無さすぎる笑。まぁいいんだけどね。

投稿 : 2020/05/24
閲覧 : 126
サンキュー:

3

ななし さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

上手く騙される

絵だけ見て、萌え要素あるのかと思ったら1ミリもなかったです笑
グロいって聞いててそうでもないと思ったけど最後の方はしんどかった。
視聴者を上手く騙すような演出が多くて、特に最終回はびっくりした、、。ずっと誰かなって思ってたけどまさかの、、2回びっくりした。思い返すと違和感のある部分があって、あとで軽く調べて伏線がすごいと思った。もう1回見返したい。

投稿 : 2020/05/24
閲覧 : 129
サンキュー:

6

つねち さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

P.A.works × 本格ホラーミステリー

主人公が転校してきた3年3組を舞台に、
前半では、主人公がその不思議な存在感に目を惹く
眼帯の少女は何者なのか、
後半では徐々に明かされる3年3組にまつわる呪い、
ルールからクラスに存在する○○を探し出す、
謎解きミステリー×ホラー×グロになっています。

前半でキーパーソンとなる眼帯少女の不吉さ、
何かに怯えどこか異質な空気を放つ教室、
次々と明かされていく謎、真実に迫っていく緊張感、
そして怪奇的な現象に襲われ壊れていく
少年少女たちの心、絆
それら全てが、神がかった音楽と演出により
完成度がとても高くその世界観に釘付けとなります。
作画は安心安定のP.A.works。

全体を通して、惨劇は最後まで止まらず
絶えず緊張感が走り、グロいし怖いですが、
中盤以降からはどんどん秘密が明かされ、
最終回で明かされる○○までの謎解きは
序盤から張り巡らされていた伏線をしっかりと回収し、
ただのホラーとしてだけではなく
ミステリーとして、話としても
とても納得できて面白い内容でした!
ホラーアニメの名作!

投稿 : 2020/05/03
閲覧 : 155
サンキュー:

3

ネタバレ

shino73 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

虚ろなものたち

原作は新本格ミステリーの綾辻行人。
「ホラー」は実写に限るが持論の僕でも、
前半から引き付けられ止まらなくなる。

謎解きや動機探しがミステリーの醍醐味だが、
それ以上にシナリオ構成と演出が見事でした。
前半の緊張感たるやアニメとは思えない。

死に近い呪われた3年3組。
少女は言う、私には近寄らない方がいい。
{netabare}僕にしか見えない女の子。
いないことにされた女の子。{/netabare}
ミサキメイ、最高に雰囲気を持っている。
キャラも声優も実に素晴らしい。

悲劇は連鎖し始めますが、
後半もう一捻りカタルシスが欲しい。
ただそれを差し引いても、
このジャンルの傑作であることは間違いない。
人間描写もしっかりとしていて好印象だ。

猟奇的ミステリーご堪能あれ。

投稿 : 2020/04/30
閲覧 : 625
サンキュー:

90

シュロ・チャンネル さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

期待しないで見始めたが…

水島努監督の作品のなかでは、『迷家 マヨイガ』があまり好みではなかったため、見るのを躊躇っていたが、結果とても面白かった。

ミステリやホラーの小説はほとんど読んだことがなかったせいか、あっさり騙された。一応ジャンルはサスペンス・ホラーなんだけど、いつの間にか主人公たちの謎解きに夢中になっていて、ミステリ要素もあると言えると思う。そのジャンルに詳しくないので自信はないけど。
シリーズ通してのストーリー構成の鮮やかさが印象的。

あと、キャラクターに嫌な人物がほとんどいない、むしろ普通に善良なキャラクターが多い。あと突出したバカもいない。この点でストレスが少なかった。
グロさもほどほど。

続きが気になって、ストレスも少なく、サクサク見られる良アニメだった。

投稿 : 2020/03/12
閲覧 : 232
サンキュー:

3

ネタバレ

お茶まろ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ストーリーもなかなか凝っていて面白い
作画がとても丁寧。血の表現が美しい
そんでもって傘怖い

投稿 : 2020/01/31
閲覧 : 131
サンキュー:

3

鹿目ほむら さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

グロいけど見入ってしまう

グロ耐性のない人でも、ついつい見入ってしまう作品だと思います。

投稿 : 2020/01/05
閲覧 : 213
サンキュー:

4

yosshi____ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

普通に面白い

ホラーと言うよりかはグロい描写が多く、
僕だけがいない街に似てると思いました。
グロいのが苦手でなければ一度見て欲しい作品です。

投稿 : 2019/12/12
閲覧 : 184
サンキュー:

3

BLEU62 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

怖い!面白い!

OVAを見てから本編を見るのがおすすめかも?

投稿 : 2019/12/10
閲覧 : 105
サンキュー:

3

ネタバレ

イリヤ さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 2.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

前半の神展開からのギャグアニメ

 前半は間違いなく面白い。1話する人はまずいないだろう。見るのがおっくうになっている人にはぜひ1話だけでも見てほしい。そしたら自然と、5話くらいまでは見ることになる。

 ただ、6話以降から視聴者諸君はあれ?と思うことになるだろう。
「もしかしたらこのアニメ、ギャグ?」そう思った視聴者諸君は非常にかしこい。私は原作を読んだことがあるが、原作は後半も普通に面白い。
なのでこれは、アニメを作成したPA worksサイドに問題があるように思える。前半の展開を重視するあまり、後半のしゃくを考慮してなかったように思われる。

 しかしながら、見て損はないアニメだとは思うし、本サイトでも妥当な点数、順位なので、この順位の付近のアニメを楽しめる視聴者諸君は退屈しないであろう。
以上 アニメ評論家イリヤより

投稿 : 2019/12/06
閲覧 : 236
サンキュー:

4

ネタバレ

ユージン さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

アニメ版ファイナルデスティネーション

ホラーアニメとしての雰囲気は一級品。
特に音響、カメラカットは素晴らしく、画面から不気味な雰囲気が醸し出されている。
緊張感があり、先が気になるストーリー展開・・・なのだが、ラスト2話が酷い。
それまでもいくらかツッコミ所はあったのだが許容できるものだった。
しかし、ラスト2話は流石に堪えられなかった。

切迫した状況だというのにお散歩気分で歩き回る登場人物。
殺される寸前にも拘らず落ち着き払ったヒロイン。
火事だというのに建物に戻り暢気に携帯電話を掛けだす主人公。
その電話に応対するヒロイン・・・・・・
ツッコミだすとキリがないが、B級ホラー並みに死んでいくクラスメイト達はさながら映画の「ファイナルデスティネーション」のようで笑わずにはいられなかった。

一応注意深く観ていれば死者が誰か推理することが出来るように作られているので、ギリギリミステリーとしての体は守れたと言えるが、非常に惜しい作品だった。

投稿 : 2019/11/30
閲覧 : 170
サンキュー:

3

ネタバレ

めぐ さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 3.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

終盤はかなりハラハラ

小説を先に読んでいて、どんな風に映像化されるんだろうかと思い視聴。

まずアリプロのOPがとてもカッコ良かったです。
原作者ファンなのでイントロが始まると同時に「原作者 綾辻行人」と出た時はとてもワクワクしました。


音楽が序盤から不安を煽りに煽ってくれて、ついに死人が出てしまった時の絶望感。
夜見山を出て安心したと思いきや、そこでも死者が出て、それでも死因は夜見山の中で起こったことだったとわかった時の恐怖。
終盤の合宿まで中だるみすることなく本当に怖かったです。

合宿で惨劇が始まった時はもうハラハラしっぱなしで、ずっと何かを握りしめてました。恒一君無敵か!とも思いましたが、そこは主人公。

あまり原作からキャラの扱いが変更されるのは好きではないのですが、赤沢さんの改変は良いスパイスだったと思います。

鳴の声優さんが上手で鳴の達観して浮世離れしている感がとても良かったです。


最後の死者の部分は小説だからこそのトリックなので映像化すると無理があるのですが、スタッフ側の色々な工夫が感じられました。


ここまでハラハラする作品はなかなか無いですし、原作の雰囲気もよく出ていてとても良作だと思います。

投稿 : 2019/11/28
閲覧 : 179
サンキュー:

5

次の30件を表示

Anotherのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
Anotherのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

Anotherのストーリー・あらすじ

その学校のそのクラスには、誰にも話してはならない“秘密”がある・・・。1998年、春。夜見山北中学に転校してきた榊原恒一(15歳)は、何かに怯えているようなクラスの雰囲気に違和感を覚える。不思議な存在感を放つ美少女 見崎鳴 に惹かれ、接触を試みる恒一だが、いっそう謎は深まるばかり。そんな中、予想もしなかった惨事が! この“世界”ではいったい、何が起こっているのか…?(TVアニメ動画『Another』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2012年冬アニメ
制作会社
ピーエーワークス
主題歌
≪OP≫ALI PROJECT『凶夢伝染』≪ED≫Annabel『anamnesis』

声優・キャラクター

高森奈津美、阿部敦、前野智昭、米澤円、野中藍、山本和臣、榊原奈緒子、平田広明

スタッフ

原作:綾辻行人、キャラクター原案:いとうのいぢ、 監督:水島努、シリーズ構成・脚本:檜垣亮、キャラクターデザイン・総作画監督:石井百合子、色彩設計:井上佳津枝、美術監督:平柳悟、3D監督:山崎嘉雅、特殊効果:村上正博、撮影監督:並木智、編集:高橋歩、音響監督:岩浪美和、音楽:大谷幸、音楽制作:ランティス

このアニメの類似作品

この頃(2012年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ