「はじめの一歩 間柴vs木村 死刑執行(OVA)」

総合得点
71.8
感想・評価
122
棚に入れた
730
ランキング
763
★★★★☆ 3.8 (122)
物語
4.1
作画
3.7
声優
3.8
音楽
3.6
キャラ
4.0
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

DEIMOS

★★★★☆ 3.5
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

脇役同士の熱戦。

第1期の後、日本チャンピオンの間柴と一歩のチームメイトの木村とのタイトルマッチを描く。

脇役同士の戦いなので、TVシリーズではなく、OVAとしたのは納得。しかし、本シリーズでは、脇役同士の戦いも、主役級の感動を持つから不思議だ。とりわけ、本作では、「ボクサーの引き際」をテーマにしており、寿命が短いボクサーの哀愁を感じさせる。

投稿 : 2017/12/29
閲覧 : 66
サンキュー:

1

血風連あにこれ支部

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

光もいれば影もいる。うだつの上がらないプロボクサーの足搔き

スポーツアニメで正統派と言えば、努力して、かつ成功を収めるサクセスストーリーの事を言いますが、現実はそう上手くはいきません。
努力をしても、どうしても届かない壁だってある。
プロ選手と言えど、うだつの上がらない戦績でいつまでたっても上に上がれない。そればかりか、後輩に追い抜かれていく。
手を抜いているわけでもないのに。
同じジムの鷹村や一歩は成功しているというのに。
彼らが天才であって、自分はそうでないから?

スポットライトの光を浴びている選手もいれば、その影で目立たないながらも栄光をつかもうとしている選手もいる。
はじめの一歩の木村と青木はそういうポジションだと思っています。
この作品はそんな彼が巡ってきたチャンスをものにできるかどうか? という話なのですが……。
相手はかつて、一歩とも死闘を繰り広げた死神という異名を持つ間柴です。果たしてその結果は…?

個人的には、ベストバウトと言われる一歩VS千堂にもひけを取らない試合なのではと思っています。

投稿 : 2016/12/28
閲覧 : 93
サンキュー:

7

剣道部

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

個人的には、はじめの一歩のベストバトル!

ボクシング漫画の金字塔、「はじめの一歩」のサブキャラ、「木村」にスポットを当てたOVA。この作品単品を観るだけでもまあまあ楽しめますが、きちんと本編を観た方が100倍楽しめます♪

今作の主人公「木村」は、一歩の先輩ではありますが、苗字の通り、特徴のない「普通」の選手です。(全国の木村さん、すいませんw)

対戦相手の「間柴」は、「死神」という二つ名をもつ、日本チャンピオン。これまで、幾人ものボクサーを壊し、引退へと追いやった強者です。今回の試合も、世界を目指す上での踏み台程度にしか思っていません。

さあ、「普通」VS「死神」の戦いやいかに? という作品です♪

この作品を観る場合、ほとんどの視聴者は「木村」に感情移入して観ると思います。そのためには、やはり本編をしっかり観ないとダメだと思います。

「木村」は、厳密に言うと、「普通」ではなく、「秀才」。じゅうぶんに一流の選手だし、きちんと努力もしている。でも、「努力の天才、一歩」「真の天才、鷹村」らに囲まれる中で劣等感を感じてしまう。親友であり、同じく「普通(変態w)」である「青木」とともに、渋みがあるのに悲壮感のない、はじめの一歩に欠かせないキャラです。

はじめ一歩には、いくつも熱いバトルがありますが、個人的にはこの試合がベスト。男泣きしちゃうはずですよ♪

投稿 : 2016/05/30
閲覧 : 130
サンキュー:

12

はがね

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

良かったです( =^ω^)

OVA作品ですが、思い切りサブキャラにスポットが当たっています( ・∇・)

ストーリー自体はとってもボクシングに対する情熱が

しっかり伝わる感じで良かったです(゜▽゜*)

投稿 : 2016/02/26
閲覧 : 89
サンキュー:

5

初夏のライオン

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

木村が主役な作品

完全な実力差があるにも関わらず奮闘する木村

一歩以外の試合では1、2を争う良試合!
感動します。

投稿 : 2015/11/02
閲覧 : 96
サンキュー:

1

Alucard

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

2003.9 間柴vs木村

死刑執行www


原作を読んでてかなり印象に残るシーンだったのに
アニメ本編でカットされてた時にゃあ・・・

『木村よ・・・。泣』(哀。

だが、まさかのOVA!!
木村主人公じゃないか!!w

60分と短いが・・・
いや、木村にしては長いのか(笑)
アロワナのれーこに感謝!!

やっぱ面白いわー!!

投稿 : 2014/02/21
閲覧 : 161
サンキュー:

5

mikosaya

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

評価8

投稿 : 2013/11/19
閲覧 : 167
サンキュー:

0

ネタバレ

テンガロン

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

木村ーー!!感動をありがとーー!!

原作でも読んでたお話なので内容は把握済みでしたが
アニメで見るとやっぱ違いますね!最高でした!

死刑執行は上手すぎでした(笑)

投稿 : 2013/09/24
閲覧 : 183
サンキュー:

6

ネタバレ

ストライク

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

思った以上に激アツでした  (; ゜ ロ゜)!

OVA作品

本編 61分

ジュニアライト級の戦い
間柴了(日本王者) VS 木村達也(日本3位)

木村は、一歩の通う「鴨川ボクシングジム」の先輩です。

木村にとってはチャンピオンベルトを奪うビックチャンスのタイトルマッチ戦。

木村は昔、高校生の頃は、青木と二人で学校の札付きの悪。
「ビー・バップ・ハイスクール」のヒロシとトオルの様な感じの、元ヤンキーでした。

木村と青木も、鷹村 守 きっかけでボクシングを始めた訳だが・・・
そう考えると、鷹村ってやっぱ凄いな~ ^^

木村はソツのないアウトボクサーだが、一歩のような強いパンチ、タフネスさは無いし、これといった武器がない。

今回のチャンピオンである間柴の武器、フリッカーを攻略すべく必死に研究、練習します。
{netabare}
試合前には、 負けたら引退宣言までして自分を追い込みます。
間柴を倒し、チャンピオンになる為に、自分のアウトスタイルを変えてインファイトで戦い、凄まじい打ち合いです。

チャンピオンには、背負っている重さがあり、
木村にはもう後がない、引退を賭けた戦い。
{/netabare}
どちらも勝つ事に必死。

どちらにも負けて欲しくない。

だけど、勝者は一人だけなんですよね。


勝負の勝敗は、ほんの少し、数センチの差・・・

決着の時には号泣でした。q(T▽Tq)


木村 カッコいいよ!
一歩の時より感情移入してしまった。

声の藤原啓治さんが またカッコいい声なんですよね~
(●´ω`●)

最後は、やっぱりなオチがあるのでお楽しみw (^^;



最後に・・・
良い試合でした。
アツかったです。(*´ー`)

次は2期「はじめの一歩 New Challenger」を視聴です!

投稿 : 2013/08/17
閲覧 : 346
サンキュー:

35

カズくん

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

一歩の兄貴分、木村の活躍回!

はじめの一歩season1?の続きのOVAです。

新人王戦で一歩と死闘を演じた間柴と木村の試合ですw

ファンの間でも評価の高いこの一戦、見るべし!!!

投稿 : 2013/07/29
閲覧 : 118
サンキュー:

2

らしたー

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

1行感想

パンピー視聴者と鴨川ジムを結びつける接着剤なのが木村。
べつにスポットライトを当てなくても、彼は輝いているんですよ。

投稿 : 2013/06/10
閲覧 : 86
サンキュー:

0

ネタバレ

BOSSっす。

★★★★★ 4.1
物語 : 5.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

がけっぷちの人間の執念!!

この話では崖っぷちの人が
どこまで本気かをよく
わからせてくれた
すごい強敵を相手に負ければ引退
という信念を持ってのぞんだ
試合に木村は負けて
しまった
あと2cmでチャンピオン
にとどいていあたのに・・・
だけどこの作品を見て
信念をもってのぞめば
どこまででも通じることがわかった

投稿 : 2013/02/16
閲覧 : 125
サンキュー:

2

ネタバレ

ダマサキ

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

おもしろい

メインキャラではあるが、主人公ではない木村のタイトルマッチを描いたもの。
感動した。

投稿 : 2013/01/17
閲覧 : 140
サンキュー:

0

てつやん

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

泣いた

まさか木村の試合がこんなに熱いとは
ほんと号泣しました!!!

やっぱりはじめの一歩おもしろいです

投稿 : 2013/01/06
閲覧 : 156
サンキュー:

4

ネタバレ

ハネマン

★★★★★ 4.1
物語 : 5.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

こいつはまだ戦ってんすよ!!

通常のはじめの一歩のアニメはともかく、このOVAはとてもお気に入りです♪
原作マンガでも断トツこの話が好きなんですよね♪

このOVAでは一歩ではなく、同じジムに通う先輩である木村が主人公となって、ようやく巡ってきた、チャンピオンベルトをかけた間柴とのタイトル戦を描いてます。

従来のはじめの一歩同様、原作に忠実で、ボクシングの試合の臨場感を鳥肌もんに表現できていたのはもちろんのこと、木村の思い、青木の思い、間柴の執念がうまくまとまっていました。

キャラや声優、作画、音楽については通常のアニメとなんら変わらないクオリティーです。

{netabare}
試合の最後、木村がパンチ差し出したまま気絶し、そこに青木がかけつけて「こいつは、、こいつはまだ戦ってんすよ!!」っていうシーン、号泣でした。結局引退しないというのは少し都合が良すぎる部分は感じるもののそこはこのアニメのおもしろさには大して関係ないと思いますよ。{/netabare}

とにかく終始木村がカッコイイ!!男として憧れる作品ですよ♪でも、はじめの一歩のアニメや原作知らないとわからない作品なんで、とりまそっちを先にお願いします。

投稿 : 2012/11/14
閲覧 : 200
サンキュー:

15

ネタバレ

無毒蠍

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

木村達也の集大成!良い意味で男らしい作品です。

はじめの一歩の中でも人気のある木村達也VS間柴了の戦いをOVA化。
舞台はTVアニメ第一期終了直後でチャンピオンカーニバルです。
たしかこのときのチャンピオンカーニバルで木村は間柴と、
そして一歩は初防衛戦として真田と戦うんですよね。
そっちも映像化されてて面白いですよ。

尺は60分ほどですが内容は充実していて良作ですね、
よくぞ60分でここまで見せてくれたという感じです。
20分は試合までの練習で残り40分は試合という割り振りかな。

ランキングの一位と二位が逃げて三位の木村にチャンスがめぐってきたお話です、
そこで逃げなかったのはさすがですね。
一位と二位が逃げるのも仕方がないほどの相手ですよ。
下手したら再起不能になるかもしれないし…

木村にとってはボクシング始めて五年でようやくめぐってきたチャンス!
相手が間柴だろうと逃げるわけにはいかんのです。

間柴といえば元々フェザーでやってた選手で宮田に次いで登場した一歩のライバル的選手でした。
登場したてのころから危険な空気をだしていて
新人王のころには宮田に卑怯な手を使って勝っています。
今思うとそれも全てはかぞくのためなんですよね、間柴には絶対に負けられない理由があるのです。

この試合の面白いところは戦う両選手の背景にドラマがあるということ。
屈折五年でようやく手にしたチャンスの木村と唯一残された妹のために勝ち続ける間柴…
この背景が熱い戦いにしてくれました。

また木村は環境にも恵まれていてまわりでサポートしてくれる人間がいいやつらばかりですね。
間柴と対戦経験のある宮田の教えに影ながらサポートしてくれる親友青木。
青木は試合当日こそセコンドについていましたがそれまでは影のサポートに徹していたりと、
古い付き合いだから理解できる距離というものを感じました。

宮田との練習の中で露呈する欠点…
鷹村や一歩の陰に隠れがちで気づきにくいですが
木村は結構技巧派で良い選手なんですよね。
自分の持ち味を活かして戦えば強い選手なんだと思います。
ただ残念なことに彼は目立ちたがりなんですよ、
クレバーに戦えば強いのでしょうが性分とあまりマッチしていません。

しかし今回の木村はクレバーで強くカッコいいです。
悪いところがなければ良いところもない…
間柴の懐にもぐりこんだってそこからつなげる武器がない…
そんなふうに評された木村ですが良いところがなければつくればいい、
武器だってなければつくればいいんですよ!

木村の新必殺技ドラゴンフィッシュブロー…
ふとした切欠で思いついたパンチですが木村らしい実に理にかなってるパンチだと思います。
狙いは間柴のアゴ、しかし容易に当たるようなものでもありません。
弱点というのはそれだけ他の選手も狙ってきます、
狙われれば狙われるほど警戒心も強まるというもの。
ドラゴンフィッシュブローは
ボディをひたすら打ち続けてアゴが下がったらそこを狙うという単純ブローですが
やられるほうは嫌でしょうね、下かと思ったら上、上かと思ったら下。

負けたら引退という覚悟でのぞむ木村…。
正直今までは青木と同様のおふざけキャラという印象が強かった木村ですが
この戦いで見方が変わったという人も多いのではないでしょうか。
今まで目立った活躍をしてこなかったキャラがここぞってときに熱くなるのは感動しますよね。
実際泣けますよこの作品。

木村達也役の声優さんは藤原啓治さんですが胸が熱くなるような良い芝居してくれてます。
微妙な言い回しとか涙声でのセリフとか良かったです。
試合中に木村が喋ってるモノローグがまた熱いんですよ。

間柴も世界を意識して左一本で倒そうとしてましたが終盤では右を使ってましたね。
木村達也が間柴に認められた!という意味でも興奮します。
木村のことを最強の挑戦者と評してくれた間柴にも拍手ですよ。

必死に離そうとする間柴と意地でもくっつき続ける木村…
アウトボクサーで頭脳派の木村が勝つために
これほど無茶なインファイトをするというのも驚きですよね。
自身がアウトボクサーなどの枠にとらわれない木村は本当の意味での頭脳派と言えるでしょう。

完全にあたえていたプレッシャーでは木村が勝っていました、
よくよく考えてみたら間柴におびえていたのは試合前の序盤だけで
それ以降はいたって冷静でしたね、逆に終盤では間柴が木村におびえていましたし。

しかしあたえてるプレッシャーでは勝っていても体がボロボロなのはお互い同じなんですよ。
たった3cmの距離…その距離を打ち抜くだけの根性が足りなく木村はKO負けという結果に…
最後のカウンターで倒された瞬間に何とか立ったものの意識はなかったんですよね、
青木の声に呼応するようにパンチだけは繰り出しましたが間柴に届くまでは意識がもちませんでした…
作品的にはこういった結果でよかったのかもしれないが
個人的な気持ちでいえばやはり木村に勝たせてやりたかったよね。
五年でやっとまわってきたチャンスだったのに…

負けたけど悔いはありません…
そういった言葉をよく耳にしますがそんなのは嘘っぱちだ!
負けて悔いがないなんてことはないんですよ。
悔いが残らないのは勝った時だけ!
負けて悔いが残らなかったらそんな選手は引退してしまえ!

そういう意味では木村の引退はまだ早かったようです。
なぜなら間柴に負けたときのことを思い出すと涙があふれてとまらなくなるから。
彼には悔いしか残ってなかったんですよ、その気持ちがある限りボクシングは続けるべきだと思うよ。

木村達也→木村タツヤ
カタカナに改名して再デビューだぜ!

60分でここまで充実したOVAもそうはありませんよ。
はじめの一歩が好きなら是非みてもらいたいですね。
他の試合もOVAでだしてくれないかなぁ。

【A80点】

投稿 : 2012/09/13
閲覧 : 174
サンキュー:

2

papa0080

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

男には例え絶望的でも、やらねばならない時がある

はじめの一歩に登場する一歩のジムの先輩である脇役キャラの選手生命を賭けた作品

はじめの一歩に数多くある試合の1エピソードに過ぎないものだが
このエピソードには本当に感動した

自分より圧倒的に強い相手に対してどう立ち向かえばいいのか苦悩しながらも必死に努力する
そして初めて手にするチャンピオンの切符、諦めるわけにはいかない
この試合に負けたら・・・ある覚悟を決めた木村の姿は哀愁を漂わせる

この試合の結果がどうなったか、木村がどういった姿を見せるのか

ここでネタバレを見るのは勿体なさすぎる、是非自分の目で見届けて欲しい

投稿 : 2012/08/27
閲覧 : 192
サンキュー:

2

ネタバレ

tsukushi

★★★★★ 4.3
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

かっこいい!

なかなか成績がぱっとしない中堅ボクサー、木村。舞い込んできたチャンピオンになるチャンスに、これまでの全てを賭け直向きに挑戦する姿に感動した。最後は自然と涙が出てしまった。

投稿 : 2012/05/13
閲覧 : 134
サンキュー:

0

AKIRA

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

60分は短いと思った

原作においての木村のベストバウトだと思います。

木村にとってはランキング1位と2位が棄権してようやく回ってきたタイトルマッチ

対して間柴も妹の久美への思い

両陣営の心理状態も考えながらみるとより作品を楽しめると思います。

投稿 : 2011/10/13
閲覧 : 169
サンキュー:

1

ちゃぼ

★★★★☆ 3.9
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2019/05/20
閲覧 : 10

あき

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/02/14
閲覧 : 4

ハンカクカナ

★★★★☆ 3.8
物語 : 5.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2018/12/22
閲覧 : 5

コジロウ

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2018/09/17
閲覧 : 30

pop22

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2018/05/22
閲覧 : 8

肩幅♡名塚♡佳織

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2018/03/02
閲覧 : 7

黒光り

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2017/12/24
閲覧 : 5

ペルシャ

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2017/12/20
閲覧 : 12

RX-178

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2017/08/26
閲覧 : 9

山本

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2017/06/29
閲覧 : 10

神城 悠

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 2.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2017/04/03
閲覧 : 25
次の30件を表示

はじめの一歩 間柴vs木村 死刑執行のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
はじめの一歩 間柴vs木村 死刑執行のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

はじめの一歩 間柴vs木村 死刑執行のストーリー・あらすじ

森川ジョージ原作の大人気ボクシングマンガ、そのオリジナルビデオアニメーション作品。主人公・幕之内一歩と同じ鴨川ジムに所属する先輩ボクサー・木村達也のタイトル挑戦を中心に描かれる。木村のタイトルマッチ挑戦が決定。その対戦相手、すなわちチャンピオンはかつて一歩と死闘を繰り広げた猛者・間柴だった。自らの進退をかけるまでに決意を固める木村。そのとき、自宅で飼うペットのアロワナの動きをヒントに新たなパンチを思いつく。果たして木村は間柴を倒し、ベルトに手が届くのだろうか――。(OVA『はじめの一歩 間柴vs木村 死刑執行』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
OVA
放送時期
2003年9月5日

このアニメの類似作品

この頃(2003年9月5日)の他の作品

ページの先頭へ