ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校」

よみがな:はいきゅーからすのこうこうばーさすしらとりざわがくえんこうこう

放送時期:2016年秋アニメ(2016年10月~2016年12月)

★★★★☆ 4.0
物語:4.1 作画:4.0 声優:3.9 音楽:3.7 キャラ:4.0
総合得点 70.3
感想・評価 268
棚に入れた人 1210
ランキング 598
「堕ちた強豪、飛べない烏」―――。
かつてそう呼ばれた烏野高校が、ついに辿り着いた“頂"の舞台。
春の高校バレー宮城県代表決定戦、決勝。

インターハイ予選準決勝で青葉城西高校に惜敗し、春高予選へと再始動した烏野が、
さらなるレベルアップを求めて挑んだのは関東強豪チームとの合同合宿だった。
梟谷、生川、森然、音駒と並み居る全国レベルのチームとの力量差を痛感しながらも、
烏野高校はチームの“進化"を求めてただひたすらに挑戦をし続けた。

迎えた春高予選。
一度は封印した日向と影山の「変人速攻」もさらなる進化を見せ、
個々の歯車が噛み合い、チーム全体が動きだし、烏野は並み居る強豪を打ち破っていく。

そして宮城県代表決定戦準決勝で再び立ちはだかった、宿敵・青葉城西。
因縁の相手を前に一歩も譲らぬ攻防を繰り広げ、試合は総力戦にもつれ込んでいく。
ぶつかり合うプライドとプライドの果て、
体力の限界を超えた激戦を制したのは、烏野高校だった。

全国まで、あと一つ。

対するは絶対王者、白鳥沢学園高校。
超高校級エース・牛島若利を擁する県内最強のチーム。
激闘を制し、春への切符を掴むのは一校のみ。

烏野高校 VS 白鳥沢学園高校

今、烏野高校最大の挑戦が始まる――! (TVアニメ動画『ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 268

ネタバレ
2017.01.22 20:29 tejiの評価 | 観終わった| 9が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

おもしろかった

おもしろかった 全国編も 見ものですよね 
やるのかなぁ

 サンキュー(2)
2017.01.18 21:41 たからの評価 | 観終わった| 101が閲覧 ★★★★☆ 4.4 評価対象: ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 5.0  声優 : 4.5  音楽 : 3.5  キャラ : 5.0

自分のお気に入りシーン

簡単な感想をいうと
作画演出が最高に熱かったですね。
作画に関してはまるでアニメ映画を見てるような感じがしました。
アクション作画がとてもハイクオリティです。

あと、改めたてキャプテン澤村の存在がどれだけすごいのか思い知らされましたね。
みんながルーズになった時どうすればいいかを知っている。こうゆう人は憧れちゃいますね。でも今回は澤村ですら心の余裕がなくなってました。

そんな中チームのルーズな状況でいい仕事をしてくれたのが
月島、西谷、養烏監督でした。
そのシーンがお気に入りですので↓に載せています。
ただ最後のプレー?はチーム全員の底力が見れました。

あと、若利の強さがとてもクールでした。
ああいう強さにも自分は憧れてしまいますね。つとむの気持ちが分かります。
白鳥沢はみんなが一丸となる烏野とは違って個人でチームに貢献して
若利を支えるという感じのチームでした。とくに天童はとても活躍をしてたと思います。もし、天童が最後の烏野の1点の時にコートに居れば勝敗は分かんなかったかも。
まぁでも王道はどんな状況を作り上げようとも勝たせなくてはいけませんが。。。
ただ、ハイキューはそれでも緊張感があるのが見どころだと思います。


それではお気に入りシーンをです。
{netabare}
①月島が若利のスパイクをブロックしたシーン。

白布のトスが月島の思惑通り失敗して
ネット側に寄りすぎたボールを若利が打って
月島がブロックしたシーンです。

あれは気持ち良かったですね。
その後の月島のガッツポーズがキマってました。
まさか月島のガッツポーズが見れるなんて考えてませんでしたから。
月島の集中力も半端ないですね。

これが黒尾が言っていたバレーにハマる瞬間ということですね。
この一回でチームにどうれだけ影響を与えたことか。


②覚の「間違えたぁぁぁぁ」

これは個人的にツボりましたw
チームの迷惑考えずに勘でブロック飛んであれですからw
完全に逆方向に自信満々に飛んでるんですからw

ただそんな覚にはイジメられてた過去があります。
ただそんな時に覚えた快感があります。
ブロックした時の相手が悔しがる顔を上から眺めた時の快感。
これがあったから覚は強くなれたんだ思う。
覚ってかなり目立ってましたね。手の動きもすごいし。
最後の烏野の一点で、
覚がいたら白鳥沢勝ってたかもしれない。


③若利のスパイクを夕がレシーブした後の台詞

「太ももがはち切れようとも、空中戦は頼みます!」←名言。
ピンチの時にこんなこと言われたらやるしかないですよね。
リベロのカッコよさが充分に伝わったシーンです。
自分もこんな風にカッコよくなりたいです。
リベロは「みんなにやる気を出す」という
仕事もあるんだなぁ〜と改めて感じました。

リーダーの澤村ですら足が動かなかったんですからね。


④第8話 自分にとって田中一成さんの最後の言葉

烏養さんの台詞
『下を向くんじゃねえええええ!!!』
『バレーは!!!』
『常に上を向くスポーツだ』

このセリフ聞いた時普通に涙出ちゃいました。
感動というよりもかっこいいんですよね。
こうやって部員たちを立ち直させるその実力もそうですが、
会場全体に響き渡るように堂々と言える度胸と
バレーや部員への思いが心の奥まで伝わりました。

この台詞の直後に月島が復活するシーンにはワクワクしましたね。


その他にも
菅原の手を清水が握ったシーンとかも好きです。
最後の一点は心の盛り上がりが頂点に達しましたね。
{/netabare}

{netabare}
『声優』
・牛島 若利(うしじま わかとし)
CV:竹内 良太(たけうち りょうた)

・大平 獅音(おおひら れおん)
CV:丹沢 晃之(たんざわ てるゆき)

・天童 覚(てんどう さとり)
CV:木村 昴(きむら すばる)←ジャイアン『ドラえもん』

・五色 工(ごしき つとむ)
CV:土屋 神葉(つちや しんば)

・白布 賢二郎(しらぶ けんじろう)
CV:豊永 利行(とよなが としゆき)←竜ヶ峰帝人『デュラララ』

・川西 太一(かわにし たいち)
CV:大森大樹

・山形 隼人(やまがた はやと)
CV:福田 賢二(ふくだ けんじ)

・瀬見 英太(せみ えいた)
CV:寺島 拓篤(てらしま たくま)←アポロ『創聖のアクエリオン』

・鷲匠 鍛治(わしじょう たんじ)
CV:中尾 隆聖(なかお りゅうせい)←ばいきんまん『アンパンマン』

・斉藤 明(さいとう あきら)
CV:杉村 憲司(すぎむら けんじ)
{/netabare}

最後の最後まで熱い展開を見せてくれてありがとうございました!!!

 サンキュー(30)
2017.01.18 15:57 根越 詠汰の評価 | 観終わった| 28が閲覧 ★★★★☆ 4.6 評価対象: ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.5  声優 : 4.5  音楽 : 4.5  キャラ : 5.0

ここまでチーム一丸なバレーボールアニメ、見たことないです。

 5セット一試合アニメでここまで、バレーボールにすべてをかけるような展開のアニメは、今まで見たことはなかったです。
 見てきていて、目が離せない展開で、次どうなるのだろう?どうなるのだろう?これから見るときに見ずにいられない展開だったです。ハイクオリティとでもいうのですかねです。

 白鳥沢高校って、牛若のワンマンチームでしかないような印象でしか今まで見れてなかったけど、チームメイトそれぞれに個の力があって、それが牛若を支えているチームだったです。
 天童、五色、白府、大平と牛若以外に存在感があった中でも、陽気に見える天童がカンというのか?先を読むブロックが印象的で、日向くんも苦戦したなぁです。

 そんな強敵達に怯むことなく、烏野高校も今までの成長に加えて、正にチーム全員一丸になって戦ったことが、印象に残ったです。
 今までは、日向くん景山くんのコンビが目立っていたけど、今回は特に月島くん大活躍だっと思うです。前作途中までまでは、やる気があるのか?分からないキャラだったけど、粘り強い冷静な判断と読みで白鳥沢高校に一番対抗できたのではと思ったです。成長がこれほどみられるキャラだと思わなかったです。{netabare}ここでという所で、怪我をしたのを見たとき、烏野高校大丈夫か?と思ったです。付き添う潔子さん仁花ちゃんも良かったです。{/netabare}

 月島君だけでなく、西宮くん田中くん澤村くん菅原くん東峰くん山口くんといった全員が、実力以上の以上の能力を発揮した姿が、印象に残ったです。
 終盤のシンクロ攻撃連続は、凄すぎる感じです。

 そんな中でもこの白熱した試合で、勝負をつけるのはやはり、{netabare}日向くん景山くんだったのは、{/netabare}ハイキュー!! ならではだったです。牛若のアタックを顔面ブロックした日向くんを見ているとキャプテン翼の石崎くんを思い出すです。日向くんも小さな体でこの試合も動き回り、大活躍だったです。{netabare}低いトスが上がったとき、とっさに右手から左手に切り替え天を決めたシーンは、日向くんの火事場のクソ力に見えたです。何といっても最後の得点シーンは、皆が驚き固まるほど凄かったです。{/netabare}

 終わりらしくない終わり方もまだまだ続く感じで、これもこのアニメらしいと思うです。今度、これ以上の展開がまだまだあるのかなぁ?と思うとワクワクするです。

 サンキュー(9)
2017.01.16 18:41 Sbt∀Gawkniの評価 | 観終わった| 8が閲覧 ★★★☆☆ 3.6 評価対象: ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 3.5  声優 : 4.0  音楽 : 3.0  キャラ : 4.0

全10話で「烏野高校 VS 白鳥沢学園高校」を描く作品。

1、2、3期を連続で見ました。
3期は「烏野高校 VS 白鳥沢学園高校」を全10話で描く作品。
1、2期は選手たちが成長していく姿、これからの展開が気になって楽しめたのですが、3期は10話かけてひたすら1試合なので、途中で熱が冷めかけました。

個人的には、昨今アニメ化された「黒子のバスケ」、「弱虫ペダル」には及びませんでしたが、原作はまだ週刊少年ジャンプに連載中なので、これからでしょうか。

主人公の成長していく姿や、個性的なキャラクターたち、とにかく熱いスポーツアニメが見たい人にはオススメです。

 サンキュー(1)
2017.01.15 19:39 CCの評価 | 観終わった| 12が閲覧 ★★★★☆ 4.1 評価対象: ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.5

いやー、すごいね。

原作は見てないんだけども、今回の試合は二期にたくさん伏線あったから結果は予想できてたんだけど、試合内容は『ハイキュー』の作中では一番よかったですね。二期でやった青葉城西との対戦も面白かったんだけど、位置づけがスラムダンクの陵南に似ててね。これまでもスポーツは違えど、別のスポコン漫画の設定や展開に既視感覚える事は結構あったんだよね。
でも、白鳥沢戦はそういうのは感じなかった。相手チームの心理描写の描き方が凄く好きで、天童くんは良くできたキャラクターだと思う。牛島くん中心で描いてくると思っていたので、その辺りは面食らった。
試合展開も青葉城西から、次の試合まで『修行期間』がなかったからどんな展開になるのかなーっと思ってたら結果以上の試合内容で凄く良かった。
結果以上ってチョット日本語おかしいけど、予想してた結果だったけど、面白さは予想以上だったみたいな感じの意味。

白鳥沢戦は面白かったし、原作者の成長がもの凄く感じた試合でした。これからもっともっと面白くなっていきそうですね。
アニメはアニメで、もの凄く迫力ある画で、試合って事をもの凄く大事に描かれていたと思う。アニメを見ている中で試合を観戦しているような感覚になれたのは制作会社の力の賜物ですね。
制作側の『ハイキュー』に対する愛が視聴していた私からも感じ取れました。

 サンキュー(2)

ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。