「銀の匙 Silver Spoon(第2期)(TVアニメ動画)」

総合得点
75.8
感想・評価
1042
棚に入れた
6003
ランキング
486
★★★★☆ 3.9 (1042)
物語
4.1
作画
3.8
声優
3.8
音楽
3.8
キャラ
4.0
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

にゃん^^

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

1期を先にみてね☆

OPとED変わったね
どっちもいい曲だと思う♪
ほかは前とかわってないみたい

1話目
{netabare}
八軒くんほんといそがしいね^^
副部長にもされちゃって。。
でもそれって
みんなから信用されてるってことなんだね

ミカゲさんって
素直だけどもう1歩。。って先輩に言われてたけど
今日のお話しと関係あるのかな?
駒場くんとおはなししてて泣いてたけど
八軒くんには関係ない!って。。

八軒くん
はじめはミカゲさんのこと好きだって気にしてたけど
駒場くんも野球に一生けんめいだし
副部長として。。って
悩みを聞いてあげようってしてたけど
ぎゃくにはげまされちゃった^^

八軒くんって
いつも一生けんめいやっててえらいなぁ。。
ミカゲさんともうまくいくといいね☆
{/netabare}

2話目
{netabare}
八軒くんが子犬ひろってきた。。

ほんとに人がいいね。。八軒くん
にゃんは犬に3回かまれたことあってこわいけど
子犬ってかわいいね^^
しつけって大事なんだ。。

副ぶちょーのことなんか言われるたびに
自分のこと言われてるみたいになる八軒くん
おもしろいねw

えぞ農祭が近いんだね
もやしもんでも学園祭あったけど
農業高校ってどうなのかな。。

牛がころんで駒場くんをかばった八軒くんやっぱりいい人
牛にやきもちやいてたけど
家畜ってけがすると殺されちゃうんだね。。

新人戦も近いみたいだけど
八軒くん大丈夫かな。。
{/netabare}

3話目
{netabare}
はじめ
副ぶちょーのしつけみたいな感じだったから
馬もゆうこと聞かせないとないといけないのかなぁって
にゃんは思ってた

でも
馬ってふつうの動物とちがうのかな?
ちゃんと信じてあげないと乗せてくれないのかも

八軒くん
イライラして馬が悪いとか
練習が足りないとか思ってたみたい。。
でも
そうじゃなかったんだ

さいご
八軒くん落ちちゃったけど
なんだか楽しそうだったね☆
{/netabare}

4話目
{netabare}
南九条さんがはじめて出てきた
おばかお嬢さまキャラで
ほかのアニメとかにも出てきそう^^

でも
今日のおはなしってちょっとちがったかなぁ。。

人を呪わば穴二つって「地獄少女」で言ってたし
にゃんもこわいなぁって思ってる
でも。。でも。。
ときどき思っちゃう。。人が失敗したらいいなぁとかって
八軒くんもおんなじだったみたい

だけど
ミカゲってすごいなぁ。。

くやしいって思っても
あの人が失敗したらよかったのに。。とか言わないで
「馬の気もちをもっとわかってあげられたら」とかって
できなかった自分が悪いって思えるの

にゃんもあんなふうに思えたら
たのしく生きられるのかも
うらやましいな☆
{/netabare}

5話目
{netabare}
エゾ農祭まであと2週間
八軒くんはいろんな仕事引き受けちゃってたいへんそう。。
なんでも一生けんめいやっちゃう八軒くんだから
いろいろムリしちゃってるよね^^

ミカゲもがんばってるね
それにおうちのこととかいろいろガマンしてそう。。

いよいよ明日
八軒くんはミカゲをデートにさそってかんたんにOK!
わーい!ラブコメになったぁってにゃんもよろこんでたら
ミカゲってドンカーン^^;
八軒くんの気もち気がついてなかった。。

マジメで悩みすぎちゃうとこって
ミカゲも八軒くんもおんなじみたい

でもさいご
八軒くんたおれちゃったけどだいじょうぶなの!?
{/netabare}

6話目
{netabare}
エゾ農祭はじまったけど
八軒くんは過労でたおれて入院しちゃって。。

お父さんとってもきびしそうな人
でもこんな人だから
八軒くんってテキトーなことできない人になったんだよね(きっと)

お友だちは誰もおみまいに来なくって
お父さんからもいろいろ言われて
なんとなく八軒くんすねてたね

勉強でぜったい負けないからみんなのこと下に見てた
そんなこと八軒くん思ってないと思うけど
そんな気もちってやっぱりあるのかな。。

メガネを買うのにくれたお金
くやしくって捨てようとしたけど捨てられなかった
ほんとにお金が大事だって分かってるんだね
それもエゾ農に来て分かったこと

エゾ農祭のあと部室にもどって読んだノート
ありがとうって書いてあって
それ見たら今まですねてたことなんか忘れて
泣いちゃったね。。
にゃんもいっしょに泣いちゃったよ

それで
くず芋おいしそうだった。。
{/netabare}

7話目
{netabare}
前半はミカゲとデート!?
クラスの女子はみんな応援してくれてる♪
馬のかたちの絵馬ってみてみたいな☆
それと将来の夢
何にでもなれるって思えたらいいなぁ☆

後半は野球部の全道大会
駒場くんがんばったけど。。
スポ根みたいでハラハラしちゃったけど
運がわるかったんだよね

さいごミカゲがあいた席見てボーッってしてたみたい
何かあったの?
{/netabare}

8話目
{netabare}
前半はチーズつくるおはなし
朝食とチーズって何か関係あるのかなって思ってたら
納豆がよくないって。。
へーそうなんだぁ。。

農業やってたら食べていける
って言ってたけど
後半は駒場くん家の倒産のおはなしになっちゃった。。
農業やってても食べていけないこともあるんだ

八軒くんはアツくなって何とかならないか?って
やめるな!みたいに
駒場くんとかミカゲさんに押し付けてたけど
夢をあきらめちゃう駒場くんたちが
きっとずっとつらい。。
きっと何にも言ってほしくないって思う

それでも八軒くん何か考えてるみたい
まきぞえ上等っていってたけど
何か八軒くんができることってあるのかなぁ?
{/netabare}

9話目
{netabare}
ミカゲさん好きって言いかけてたよね
カギかけようか?ってわらっちゃったw

お金ってやっぱり大事なんだ。。
駒場くんちの牛連れてかれるの
ドナドナの歌思い出しちゃうね。。

今週早かったって思ったらまだつづいてた

1500万円って
にゃんは考えられないけどいくらなんだろう?

ミカゲさんの夢
今までお家のために
自分の夢をあきらめようってしてたんだね。。
八軒くんが応援してくれたからとうとう言えた!

これからどうなるのかな?
{/netabare}

10話目
{netabare}
ミカゲって頭わるかったんだ。。
にゃんはすっごい共感しちゃった(はぁ。。)
歴史の人の名前とかってほんと似た名まえばっかりだよね
にゃんも職業高校で補欠入学w(こんなこと言っちゃっていいのかな?)

八軒くん、ミカゲこんなに近いのに付き合ってないなんて
リア充(仮)って
ちょっとかわいそうみたいな、ほっとしちゃうみたいな^^

みんなからのおみやげ
八軒くんって人気あるよね

ミカゲが家の仕事つがないって。。
みんなちょっとびっくりしてたみたいだけど
やさしい家族だなぁ。。
八軒くんも責任とるって言ってかっこよかったよ☆

でも
自分のにがてなことでもがんばれなかったら
夢をかなえたいなんて言っちゃダメなんじゃないかなぁ。。
家族はミカゲのこと応援してくれるみたい
あとはミカゲががんばるだけだよね☆(八軒くんも)
{/netabare}

11話目
{netabare}
今までのまとめ。。じゃないんだけど
八軒くんの変わってないみたいで変わったところ。。かな?

前よりがっちりしてトラクターも馬も乗れて
女子に勉強教えてたりって^^
中学のお友だちには変わったって分かったみたい

お父さんにも言い返せたし。。
みんなの気もちとかも考えてあげられて
受け止めてあげられる。。

あと
感想言ってほしいって何度も出てきたみたい。。
いいって言われたらもっとがんばろう!って思うし
ここが悪いって言われたら直さなきゃって思えるし。。

またつづきが見られるといいね☆
{/netabare}


見おわって

つづきだけど
1期よりもっとマジメなおはなしがふえてきたみたい
友だちのこと
自分のこと
悩んだりしても逃げないでがんばってる八軒くんのこと
応援したくなっちゃう☆

投稿 : 2019/08/23
閲覧 : 743
サンキュー:

119

ヒロウミ

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

炊きたてごはぁぁぁん!卵かけご飯の飯テロにご注意ください。

2019/8/1満足度再評価
2018/4/28初投稿

最終話、学校での1シーンの勇吾と勇吾の母とのやり取りで熱くなるのは親父目線。




まだレビューしとりませんでしたね、はい。この作品2期計2クールしかやってないんですね。単調な話しになりがちな学園日常ストーリーを入学からおおよそ6ヶ月間を22話の中にたくさんのテーマがたくさん詰め込まれていて、それはあたかもサクマ式ドロップのようにすっぽりハマるべくしてハマッたかのようにまとめられた物語は色んな顔や気持ちが見れて大好物な作品。
へ~で終わるような日常作品だと大体が中だるみダルダルでケータイでSNSやVODのエロ動画を見ながらしちゃってさ、いざレビュー書くときに覚えてないから困るのがよくあるパターン。下調べや準備無しに書き始めク○みたいな言葉は本人だけが日本語のつもり。ちゃんとメモしないから毎度ゴミレビューになるんだよなぁ!見直す度に「コイツあほやん!」ってちゃんと思ってますよ!
よく見てるレビューアさんには作品を褒め褒めモリモリレビューしてても「あ、こいつあんまり楽しんでねぇな」とか逆パターンもあったりなのだがバレてるみたいですけどね。ね、アニキ!
まぁこの自○行為レビューのスタイル変えないけど!


この作品のEDを歌ってるグースハウスがまた良いんですよね。公式YouTubeにのってるんで見てみてください。緩い感じなんだけど色んな才能がキラキラ見える。元気が無いときにしんみり聴いてるとそのまま寝れるんですわ!女の子可愛くないけど!



下手にアキとのラブコメに走らず勇吾の成長にフォーカスされたこの2クールは成長ストーリーとしては付加要素がとても魅力的で本当に良い作品。この先のお話しもっと見たいんです。本気で見たいんです。本気と書いてマジなんです!

恋物語も進展してるが「楽」と「小咲」の二人の様子を見てるようでむず痒い。けどもニセコイの二人よりももっと深い思いやりが実に心地良い。
ニセコイは実写化オオコケ確定で続編は恐らく望めない。中島ってナルシストにも成りきれんゴ○アイドルやねぇか!アニメ、ラノベばっかに頼ってゴ○脚本家しかいねーのか!本当に最近のドラマ、邦画ゴ○ばっか!全くつまらん!役者も何の余韻も残せないゴ○ばっかやねーか!ブサカワ吹石一恵のロケットオッ○イ復活頼むよぉぉぉ!ユニクロぉぉぉ!


アニメしか見ずにいるスタンスを貫いてる私としては何とかアニメでの完結を切望してるのだが・・・。アニメだし無理だろね。チッ(・ε・` )
単行本大人買いして転売してを繰り返しまくろうかな。

投稿 : 2019/08/01
閲覧 : 98
サンキュー:

13

ネタバレ

かんぱり

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

農業高校生活第二幕

2期は、八軒の農業高校での生活エピソードを中心にお話が進みます。
そして新キャラ「副ぶちょー」も登場します。

乗馬の試合に出るために練習するんだけど、馬と人間が一緒になって挑む競技だから馬の相性や気持ちを考えながら競技しなくちゃならないから大変だなあと思いました。

そしてエゾノー祭!!
ばんば競技をやることになったり、他にも色々イベントを考えて、八軒はてんてこ舞い状態。。{netabare}あんなに楽しみにしていたエゾノー祭当日の朝、過労で倒れて参加できなくなってしまう。{/netabare}
でも感想ノートを見て「ありがとう」って書いてたのを八軒が見て泣いてるところで私もうるっと来ました。。あんなに頑張ったもんね。

あと今回は農家の経営の大変さのエピソードも。。色々と考えさせられました。

そして八軒は自分の進む道を考えます。そして父親に会って話すために実家へ帰ります。八軒、成長したなあ。

ここで2期は終わりますが、原作はまだ続きます。
アキとの恋の進展もあるしね。原作の方が事情で休載しているので、再開を楽しみに待ちたいと思います。

投稿 : 2019/06/17
閲覧 : 35
サンキュー:

8

ネタバレ

kakelu

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

何かを一生懸命頑張ってる人はこんなにもキラキラ輝いているものなのか!全ての人に見て欲しい名作!

1話の感想 ★★★☆ 3.5
副部長
{netabare}
八軒、副部長になったんか!
ぽいね、ぽいぽい!!
なんか二人の間に秘密があるっぽいけど、なにかな?
雰囲気的に家の仕事っぽいけど……
甘酸っぱい関係なのか!?{/netabare}

2話の感想 ★★★☆ 3.5
副ぶちょー
{netabare}
子犬は可愛いな〜
でも、躾はちゃんとしないと舐められて酷いことになるぞ。
文化祭は自由でいいよな〜
普通の高校じゃこうは行かないぞ。{/netabare}

3話の感想 ★★★★ 4.0
馬と跳ぶ
{netabare}
トラウマのフラッシュバック。
八軒は中学時代、苦労してたもんな。
二人の関係も何だかいい感じじゃん。
お父さんが怒ったことに驚いてたけど、これはワンチャンあんのか?{/netabare}

4話の感想 ★★★★ 4.0
大会
{netabare}
八軒よくやったぞ!!
見た目はどうあれその真摯な姿、かっこよい。
お兄さんはどこにでも現れるな〜{/netabare}

5話の感想 ★★★☆ 3.5
学祭準備
{netabare}
どんだけ働くねん!!
未来の社畜だな。
しかし、私はあそこまで文化祭に熱を入れられなかったから羨ましいな。
御影とやっと進展があり!!!
漸く意識しだして、これから面白くなりそ!!{/netabare}

6話の感想 ★★★★ 4.0
当日
{netabare}
予想通りというかなんというか、八軒倒れちゃったね。
高校生から過労で倒れるってやばない?
両親も初登場したが、お母さんのイメージは儚げな雰囲気だと思っていたがそんなことはなかった。
1期のおにぎりからして、飯を作りなれてないと思ったんだけどな。
最後、御影が寄り添うようないい雰囲気になったじゃないの!!
これはこれは、眼福です。{/netabare}

7話の感想 ★★★★ 4.0
2人でデート
{netabare}
あの2人いい感じじゃん!!
向かう先が馬の絵馬がある神社だけど。
野球部は惜しかったな……
突風じゃしょうがないよな。
彼を責めるのは可哀想だわ。{/netabare}

8話の感想 ★★★★☆ 4.5
駒場の事情
{netabare}
1話からなにやら怪しい雰囲気だったが、あれは全てこの伏線だったのか。
御影はどういう気持ちで野球の試合を見てたんだろうな。
農家の子はお金はないが食いっぱぐれることはない。
そのセリフの後、駒場が借金で廃農するとはあからさまに狙ってるな。
最後の八軒のセリフは鳥肌がたったぜ。
かっくいぃ〜{/netabare}

9話の感想 ★★★★ 4.0
駒場牧場
{netabare}
八軒、よく行けたな。
重くなること間違いなしな場面なのに。
その後、御影の夢を応援するために着いて行くんだもんな。
お前ってやつはすげーよ。
こりゃ、御影も惚れるわ{/netabare}

10話の感想 ★★★★ 4.0
夢への1歩
{netabare}
御影は家の人に打ち明けることが出来て良かったね。
八軒も御影とくっついた(仮)し良かった良かった。
次は八軒の家の問題だな。
これが解決したらオールOKだ。
しかし、八軒は御影の家を継ぐ流れになってない?笑{/netabare}

11(最終)話の感想 ★★★★ 4.0
それぞれが夢に向けて
{netabare}
父をリスペクトしつつも、自分のことはしっかり言う。
成長したよな〜
みんながみんな自分の夢に向けて歩きだそうとしている。
これは恐らく自分一人じゃ行動してないんだろう。
誰かの影響を受け、そしてまた自分も誰かに影響を与える。
寮ぐらしの良さってそこだろうな。
私も頑張らなくては!!{/netabare}

投稿 : 2019/05/23
閲覧 : 55
サンキュー:

4

むらさきたましい

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

高校生も農業の現実とぶつかります

1期が農業を学ぶことにより、生命の大切さをわからしめた作品であることに対して、2期では農業の現実に直面する高校生たちがメインです。

特に駒場君のエピソードは、この作品の中心となるお話だったと思います。
また、それに続く、御影さんの家の話も含み、八軒を取り巻く現実が劇的に環境が変化しました。

本当に良心的で、かつとても面白い物語です。

原作もぼちぼちですが進んでいますので、最後まで書ききってほしいと思います。

投稿 : 2018/08/21
閲覧 : 83
サンキュー:

11

まなっぱ

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

いろんなことを考えさせられた作品

点数79点 原作未読

1期のネタバレは少しはいるかもしれませんがご了承ください。

1期は僕のレヴューでも言った通り僕が感じたことは生き物の命の尊さだった。豚丼という一匹の家畜に対する八軒の愛、迷い、苦しみなどを通り越して八軒がまた新たな1歩を踏み出すというものだった。
そのように1つのテーマを深く考えさせられたのに対して2期ではさまざまテーマを感じ取ることが出来た。
具体的に言葉にするのが難しいのだが多分見てくれればわかると思う。
正直1期見た人は2期も見ようと思ってると思うのでぜひ続けて見てください。
逆に1期で面白さがわからなかった人は見なくてもいいかもです。
個人的には1期に続きとても好きな作品になりました。

投稿 : 2018/08/16
閲覧 : 76
サンキュー:

4

hidehide

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

全ての人が観るべきなのでは、と。

笑い、友情、恋愛、現実、全て詰まったのでは、と思いますね。特に、酪農家や生き物との共生と
命の頂き方、その全ての難しさと、食べるだけの
人間にはわからないであろう現実。
教育、としても観ていい、と思いますね。

投稿 : 2018/02/15
閲覧 : 108
サンキュー:

1

たわし(ガガ)

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

漫画の方が面白い

以前の高橋留美子みたいに、漫画を描けば何かしら当たる荒川弘の大ヒット漫画のアニメ化。まさかの「日常」系漫画ですが、この人ひょっとして狙っているのか?と思うほど、高橋留美子と同じ路線を辿っている。

アニメに関しては三月のライオンの時も書いたが、原作が面白ければ面白いほどアニメ自体は原作の販促にしかなっておらず、例に某有名海賊漫画のアニメがあるが、アニメーションのクオリティは低い。仕方がないです。

投稿 : 2018/01/17
閲覧 : 98
サンキュー:

10

ネタバレ

剣道部

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

全てが僕の力になる

[文量→大盛り・内容→考察系]

【総括】
荒川さん、本当に凄い。農業(学び)と、友情とラブコメと、人生訓。全てを高いレベルで成立させている作品。

私は原作の大ファンなんで、ストーリーは全部知っている状況での視聴でした。じゃなければ、もしかしたら☆5を付けたかもしれません。

原作はここから、いよいよ色んな伏線を回収してまとめに入っていきます。3期、絶対に作って下さい!

《以下ネタバレ》

【視聴終了(大盛りレビュー)】
{netabare}
本作の主題は、凄く分かりやすい。

「リトライ(再挑戦)」「個性の尊重」

主人公の八軒は、受験に失敗し、農業高校に「逃げて」きた。しかし、そこで農業や畜産、馬術などを通し、これまでの(勉強一色だった)自分になかったものを吸収していく。そして、自分の人生に「リトライ(再挑戦)」する。そんな様子を、「馬術競技では、失格になった後でも時間に余裕があれば、馬に自信を持たせるために、失敗した障害をもう1度跳ばせる(再挑戦させる)」などという、「多くの視聴者が知らない事実」を通して優しく伝えている。教訓なのに説教臭くならない、実に絶妙なラインである。

と同時に、「1度の怪我や少しの病気で、食用にされたり殺処分されたりする経済動物の現状」や「借金により離農せねばならず、様々な夢を追いかけることの出来なくなった友人」などを通して、「リトライ(再挑戦)」出来ないこともあるのだと、シビアな現実を教える。このへん、単に綺麗事にしない、実に絶妙なラインである。

また、「リトライ(再挑戦)」が、「過去の否定」ではないことも、非常に印象が良い。八軒は、確かに勉強に挫折し、勉強とは違う世界での「リトライ(再挑戦)」を決めた。しかし、そんな彼の高校生活を支えたのは、やはり勉強だった。八軒が友人に頼られるのは、勉強絡みが多いし(御影に教えたりとか)、中学時代に勉強を通して身につけた(知識や理論を学ぶ姿勢や、論理的に物事を捉える)姿勢やスキル、根性が彼の根底にある。勉強が好きなことにも気づけた。人は、良くも悪くも過去は変えられないし、無かったことにも出来ない。辛い、失敗した過去かもしれないが、それでも自分にとってはかけがえのない過去であり、その経験は必ず自分の中に蓄積されている。「あの時の失敗も無駄ではなかった」と、そんなことを温かく教えてくれる。

また、「個性の尊重」も非常に丁寧に、安っぽくならないように伝えてくれている。

例えば、文化祭の後、「クズイモ(規格外)」のジャガイモを使ってフライドポテトを作るシーンがある。「多少色や形が悪くても、そのクズイモだからこそ出せる味や価値がある」という捉え方は、そのまま私達(人間)にも当てはめられるのだろう。

私は、その考え方が好きだ。(余談ですが)例えば剣道には、{netabare}柔道やボクシングのように階級がない。それは、「デカくてもチビでも、デブでもガリでも、自分を生かしきれれば対等に戦える」からだ(勿論、階級があるからこそ、対等な条件の中で、純粋に努力や技術を比べられるという考えも一方にあり、それはそれで素敵な考え方だと思う)。剣道だって、基本的にはデカい奴が有利だ。でも、皆が皆、身体能力や体格に恵まれるわけではない。それでも、やりようによっては戦える。そして、「クズイモだからこその技術や戦術」で勝っていく選手もいて、私はそういう選手がたまらなく好きだ。{/netabare}

閑話休題。

それは例えば、蝦夷農の生徒にも言えるかもしれない。蝦夷農の生徒は、色々と「規格外」だ。勉強は壊滅的だが、畜産の知識や金儲けのアイディアは天才的な、常磐。血をみただけで倒れてしまうが、獣医になるという熱い気持ちをもつ、相川。デブで大飯食らいだが、さりげない気遣いのできる、別府。超オタクだが、PCやサブカルの知識で助けてくれる、西川。(他にも、タマコや大川先輩、雨竜先輩や池田、稲田先輩など、サブキャラ達はみんな個性的であり、1度登場させたキャラをほとんど使い捨てにしないところに、荒川さんの愛を感じる)。

彼らは、もしかしたら一般社会では「学力」「一般常識」などで、はじかれてしまう人物かもしれない。でも、彼らは実に魅力的で、本当に良い奴らだ。ある分野では抜けた力もある。そんな彼らと出会い、「勉強だけが人を測る尺度ではない」と学ぶ八軒。そういう「出会い」を、「人」を大切にしていくために、新たな決断をしていく八軒。

と、このように、「個性の尊重」なんて安っぽくなりがちな、使い古されたテーマを、説教臭くならないように、素敵に温かく丁寧に表現していく。この辺は、原作者の荒川さん温かな人柄が伝わってくるようだ。めっちゃ素敵である。皆に弱点や良さやクセを持たせてリアルなキャラにしつつも、ちゃんと魅力的なキャラをたくさん生み出せる荒川さん。ホント、どこかの「異世界で片手間にちょちょいと完璧超人やっている」血の通わないチートキャラと、そんな彼に無条件にデレていくテンプレちょろインを量産している作家に、御手本にしてほしいと思った(つい嫌味を言う剣道部は、素敵でも温かくもない人柄です)w

この後八軒は、(原作ネタバレ){netabare}大川先輩と一緒に会社を起業する。その理念は、「誰もが自分らしさを失わず、努力が正当に報われ、対等の立場で並び立てる会社」であり、八軒が蝦夷農で学んだことの集大成となっていく。御影との恋愛も深まり、ニヤニヤMAX{/netabare}となっていく。

他にも「家族」「進路」など、「めちゃくちゃ真面目なテーマ」なのに、作風はライトでサクサク読める。やはり、途中途中に挟まれるギャグが秀逸だったり、御影とのラブコメが最高だったり(本作から、御影のバカさが良い感じの萌えを醸し出し、めっちゃ良いヒロインになっている)、線が少ない画風が見やすかったり、ヒトコマの中に遊び心があったりで、この辺のバランス感覚の良さは、マジで荒川さんは天才的だ。

ほんとに、3期、絶対に作ってくださいね!

ちなみに、レビュータイトルは、お笑い芸人の宮迫博之さんと山口智充さんがバラエティ番組の中で結成した、「くず」の代表曲。その曲の最後はこんな歌詞。

「立ち上がれないほどのダメージを受けても 自由な羽を誰かに押さえつけられても 何をやってもダメな今日があっても 全部ひっくるめて力にすれば良い そして 見たこともないような力になれば良い」

う~ん、銀の匙、だな~と(笑)

〔まとめ〕
○分かりやすく普遍的なテーマ性
◎深いのに説教臭くならないバランス感覚
◎良い話なのに綺麗事になり過ぎないバランス感覚
○ラブコメとしても優秀
◎荒川さんの、キャラへの愛情深さ
△原作好きなせいで、ストーリー知っちゃってた(個人的な事情)
{/netabare}

【視聴終了(要約バージョン小盛りレビュー)】
{netabare}
「リトライ(再挑戦)」や「個性の尊重」といった堅苦しいテーマを、農業や馬術といった牧歌的な雰囲気の中、ラブコメや魅力的なサブキャラクターらを通して、ディープかつライトに描いていく原作者(荒川さん)の力量とバランス感覚の良さ、温かな人柄が光る作品。

(良くも悪くも)過去の延長線上の現在であり、誰もがまだ知らぬ可能性を秘めた未来をもっている。

作品を観ながら、そんな勇気をもらえる名作だ。

レビュタイは、「くず」の「すべてが僕の力になる」の歌詞の一部から。この歌、本当に「銀の匙」のEDにしてもらいたいくらい、歌詞がぴったり♪

本来は☆5で良いのだが、原作を何回も読み返しているため、ほぼ全ての展開、会話が頭に入っていて、(知っているだけに)ストーリーにのめり込めなかったという個人的な事情により(汗) とにかく、傑作!
{/netabare}


【各話感想(自分用メモ)】
{netabare}
1話目
断らない男、断れない男w

2話目
副部長、可愛いw 八軒、不憫が似合う男w

3話目
武豊さんも確か、「基本的には騎手は重り(邪魔)」という主旨の発言をしていた気がします。御影、照れてる萌えw

4話目
南九条も良いキャラだよね。八軒の出走順が原作と逆? 説明を省いたからだね。徐々に落ちていくクダリもないし。

5話目
大人も楽しいこと大好き、その通りですね♪

6話目
失敗してもまた跳べるという、馬術の考え方、素敵です。クズイモのクダリと合わせて、主題に繋がるエピソードですね。

7話目
実はラブコメが面白いのも魅力な、銀の匙。雨竜さんが逆転タイムリー打つシーンをカットしちゃうと、最後のエラー、次の大会前のシーンが目立たないんだよな。雨竜さん、好きなのに。

8話目
駒場の悲壮な覚悟。御影家に迷惑かけたくないから夢を諦めるってのが、1段階深い。

9話目
人間を信用か、泣ける。兵どもが夢の跡。夢を大切に、とかそんな安っぽいことじゃないんだよね。

10話目


11話目
つらい過去が過去になったからこそ、中学の友達と話せる。一応、ただいまと言って入る八軒が好き。夢は車の片輪。1度失敗した人間は再チャレンジできないわけじゃない。障害馬術の2度ジャンプ。主題だね。たま子のパンチ(笑) 温かい友情。いや、完璧だろ、これ。
{/netabare}

投稿 : 2018/01/15
閲覧 : 118
サンキュー:

25

DB

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

原作未読です。
1期よりもいろいろ進展があり、毎週見るのを楽しみみしてたし、終わってみて大変面白かったと思う。
いろいろな視点を盛り込んでいながら、一本筋の通った話に仕立て上げていて中だるみもなく楽しめました。
3期も是非期待したいです。

投稿 : 2017/09/17
閲覧 : 57
サンキュー:

1

kooodain

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

1期より多少真面目、だけど面白い。

2期の方が1期より重くなりそうな予感が1話からあります。
ですが中盤までは基本的に1期と同じ感じです。
中終盤から農家の重い事情や恋愛模様が加速します。
なので終盤は特にこれまでの気楽感がなくなるという点だけ注意した方がいいです。
ただ当然完結しないのでもっと重い部分は本編の方になると思います。

2期のほうが内容はしっかりしていますがその分気楽さは減ります。
1期で描かれなかった家族との関係や恋愛模様が表面化します。
その部分だけ多少覚悟しておけば問題なく楽しめると思います。
また各話の主題が明確な分得られる事が少なくはなっています。
各人の感情等にフォーカスが行っているのも原因かもしれません。
他の部分は1期と全く同じ感じです。

▼物語の評価
1期よりもシナリオはしっかりとしているがその分気楽さが減った。
どちらの方が良いかは人次第だがバランスはとても良くできていた。
▼作画の評価
1期よりは雑さが目立っていないようには感じた。
▼声優の評価
1期と同じく演技も素晴らしい。
▼音楽の評価
OPEDは打って変わって完全に明るい曲。
ギャグっぽさの中に田舎感を含んでいてよく出来ている。
BGMは1期と質が変わらずよく出来ていた。
▼キャラの評価
1期とほぼ同じ。

多くは1期と変わらないので詳しくは1期の感想を御覧ください。

投稿 : 2017/09/13
閲覧 : 86
サンキュー:

6

エロマンガ先生(仮)

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

迷ったときは、オトノナルホウヘ→♪

汗と涙と家畜の酪農青春グラフィティ二期!
なんだこれ、、、めっちゃ泣けるな~おい
俺、不意打たれると弱いんだよ!あぁ~、あまじょっぺーww

今回は進路についての話がメインだったのかな。

僕も農家出身だから家族の期待に応えなきゃって言う責任感みたいなのはよくわかる、、、つもり。
行く行くは自分も農家を継がないと行けないから、、、別に嫌って訳でもないし、自分に夢があるって訳でもない、、、いや、夢を早々に諦めてしまったってのが正しいね。

農家継ぐからって理由で言い訳して夢を妥協した自分とは違って、御影は自分の夢を諦めないで、その夢に対する想いをしっかり親にもぶつけられて、八軒みたいな焚き付けてくれる友達がいて、、、ほんと羨ましいなw

自分にも八軒みたいな友達がいたら、、、そう思うと、俺は今御影に嫉妬している!ってのは冗談(笑)

でも、御影や八軒を観てたら自分も頑張らなきゃって気持ちになれました。
それと、EDのオトノナルホウヘ→に元気を貰えました。落ち込んだときはこれ聴いたら一発で立ち直れる気がします!

この作品、お気に入り確定です!
ほんと最近ヘコんでたけど、元気出ました!

ありがとう

投稿 : 2017/06/03
閲覧 : 241
サンキュー:

30

ネタバレ

PPN

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ぜひ続編を(人>д<*)

北海道の農業高校を舞台にした青春グラフティ。
若者達が酪農を通じ成長していく姿を描いた作品の第2期。
全11話。
原作:週刊少年サンデー連載中の漫画。(未読)


まず、この作品をより楽しむ為に1期から観て頂きたいです。
ストーリー、キャラ相関など世界観をより堪能できるかと。


1期のメインテーマは酪農・畜産を通して『生命』とは何か?
この2期のメインテーマは『農場経営』や『それぞれの夢』
といった感じでしょうか。
非常に難しいテーマですが、銀の匙ならではのコミカルなタッチで
重さを感じる事なく気軽に視聴できる内容になっていました。

シリアスとのバランスも兼ねてかラブコメ要素が強くなってます。
主人公・八軒くんの気持ちにようやく気付き始めたヒロイン。
周りの後押しもあり少しずつ関係が進展しつつあります(//ω//)
八軒くんのドタバタぶりが面白かったです(笑)

1期と変わらず飾りすぎない魅力的なキャラクター。
が、そこに更なる新キャラが仲間入りします。

ヒロインの幼なじみで何かと彼女(おまけで八軒くん)を
ライバル視する南九条あやめ[CV.矢作紗友里]
ハイテンションなキャラで新たな風を作品に送り込んでます。

皆のアイドル、可愛すぎる副部長!!こと副ぶちょー。
これは犬好きにはたまりませんね。 お気に入りキャラです。


夢を諦めた人、夢を追いかけ始めた人、自分の夢を持てずにいる人…
登場人物それぞれに様々な展開を迎えています。
自己投影し『自分の夢』や『やりたい事』に向き合ってみるのもいいかも。
そんな機会、きっかけを与えてくれる作品になってます。

《余談》
自営業者ですが……農場じゃなくても経営は難しいです(T□T)ノ



《キャスト》

八軒 勇吾(CV.木村良平)
御影 アキ(CV.三宅麻理恵)
駒場 一郎(CV.櫻井トオル)
常盤 恵次(CV.庄司将之)
相川 進之介(CV.島﨑信長)
稲田 多摩子(CV.高垣彩陽)
南九条 あやめ(CV.矢作紗友里)
吉野 まゆみ(CV.井澤詩織)
八軒 勇吾(CV.小西克幸)
校長(CV.三ツ矢雄二)



《主題歌》

OP
『LIFE』/フジファブリック
ED
『オトノナルホウヘ→』/Goose house


【2014 04/28 レビュー投稿】
【2017 04/29 レビュー加筆】

投稿 : 2017/04/29
閲覧 : 227
サンキュー:

41

かりん

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

一期の方が好き

投稿 : 2016/12/24
閲覧 : 74
サンキュー:

1

あいき

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

よかった

よかった

投稿 : 2016/11/18
閲覧 : 89
サンキュー:

2

シャンゼリゼN゜5

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

フルボリューム農業高校

農業高校の魅力たっぷり作品の2期です。
2期は学校生活に加えて、農業を専業?とする営みの難しさ、厳しさが伝えられています。

異なる環境から入学した主人公。
2期では、その生活に慣れてきて様になってきていますね。精神的にも成長し、自分だけで精一杯であった以前と変わり、周囲への気遣いが出来る心のゆとりにより、視野も広くなっているの。
それが仇になってしまうこともあるけれど、それは自身の充実ぶりとさっきも言ったように精神的成長の証なのかも。そんな一所懸命な人、困ったときには必ず誰かが手を差し伸べてくれます。
人間の成長過程は、まさにこういうものなので、より人間味を感じたかな。
この子、面倒なところありますけど、仕事させたら一途でがんばってくれそう。部下にいてもいいかも!?なんて、上から目線ですね(笑)

学園生活は、相変わらずに羨ましさを憶えてしまうほどに、楽しそう。
文化祭にあたっては、体を動かすことを苦にしない、作業内容を選ばない、ほんとナチュラルに頑張り楽しんでいる様は微笑ましいですね。グリッター10代、眩しいかぎり。

それから、農業という自営のリスク。当然、その手腕にもよりけりですが、良い側面だけでなく、当然、厳しい現実もある・起こりうるといった負の側面も描かれています。
その影響は、家族に直結してくるものであり、子供に突きつけられる酷な現実。家庭の事情や状況は、子供ながらに悟っているものだと思うから、それだけに我慢し妥協し、気持ちを呑み込み、受け入れるといった描写には胸が痛みました。
重くて繊細なテーマですが、たとえアニメ的描写とはいえ、広義において価値のあるものだと思います。

高校生活だけでなく、そこから裾野を拡げて農業を題材にしたテーマ性と人間味に溢れた素晴らしい作品。
1期から続く変わらぬ舞台において、パターン化することなく飽きることがなかったのは、このテーマ性人間性の充実によるものだったのかもしれません。

投稿 : 2016/09/10
閲覧 : 118
サンキュー:

4

てんてん

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

いいね

いい、面白かった。

投稿 : 2016/07/29
閲覧 : 98
サンキュー:

1

メリジェンヌ

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

11話

投稿 : 2016/07/10
閲覧 : 92
サンキュー:

0

ネタバレ

岬ヶ丘

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

それぞれの、未来へ

原作未読。本作は分類上は第2期となっていますが、そもそもこの作品は分割2クールものとのことなので、前作あわせて2クールで一つの物語として見るべき作品かな感じました。

後半クールの見どころは、八軒の馬術部での試合を通した成長、駒場の離農による退学、御影の将来を巡る葛藤あたりでしょうか。そのような比較的重いテーマに八軒も関わりながら、終盤は自身の家族との関係も描かれています。

1クール目は農業高校という特徴を生かした生き物や命を中心に扱っていた半面、2クール目は八軒自身や八軒の友人など「人」をテーマに、人物描写に重きを置いている印象です。駒場や御影を中心に、農業というある意味狭い世界ならではの、彼らの悩みや葛藤が明らかになっていきます。その一方で八軒自身の成長については、進展もあったものの、そう少し時間がかかるかもしれません。

作品全体を通して、農業や酪農の世界の魅力や面白さをエンターテイメントとして描きながらも、この世界の現実や厳しさもしっかりと描く、製作者の姿勢には好感が持てました。ただ2クール目は主に「農家の経営」や「お金」など人生全般に関するシビアな展開や描写も多かったので、農業高校でみんなでワイワイという展開はあまりありません。個人的には農業学校の延長線として、農業や酪農の世界で生きるとはどういうことか、を大人の世界から描いた点で、意義のある内容だと感じました。自分も学生時代に見ておきたかったと思えるほど、色々と得るものが多い作品でした。

作品を通じて、多くのキャラクターや生き物が、様々なメッセージを視聴者に訴えかけてきます。それらはすべて正解とは不正解だとか、簡単に答えが出せるものばかりではないでしょう。一つ確かなことは、今生きているすべての命には未来があるということ、だと思います。八軒やエゾノーで頑張る彼らを見ていると、未来のことはまだわからないけれど、前へ進もうと思わせてくれる、そんな作品でした。

3期についてはまだわかりませんが、楽しみに待ちたいと思います。

投稿 : 2016/06/15
閲覧 : 95
サンキュー:

3

Querl

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

1期の流れを想像して、この2期を観るとちょっと違和感というか

雰囲気が違いますよね。。。(´ω`*)

2期は、どちらかと言うと 人との関わり合いとか 家業の事とかとか・・・

メインのお話になっていますよね(´ω`*)

仕事の枠の中で 農業や、酪農?とかって 往々にして知らない事が沢山

あって、またそういう仕事って就職というより「継ぐ」っていうイメージ

ですよね( ̄s ̄;

表面上は、やっぱり生き物相手だから 大変な仕事なのはなんとなく想像

できるけど、経営とかとかのお話になってくると まったく未知の分野

ですよね~・・・

なんだろう、優しさだけじゃ、生きていけないけど 人として優しくなければ

生きていけない。。。そんな哲学的な言葉の意味をちょっとだけ

わかったような気になっている。。。ワ・タ・シ (´ω`*)

投稿 : 2016/05/26
閲覧 : 109
サンキュー:

9

ゆきか@ルルロロ静臨

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

面白い農高アニメ。

専門分野に特化したアニメ作品はだいたい面白い。
それが身近でリアルに感じられることで、
でも意外と知らない世界だとなおさら。

リアリティのないアニメも好きだけど、深く考えさせられたり、感想を明確に持てることが少なかったりする。私の言葉の引き出しの粗末さもあるが・・・。

このアニメは、農業高校という皆知ってる形態の高校を題材に、でも農高生じゃないと分からないことを知ることができる。また、農高経験者はあるあると思いながら見られるかなと。私は農高出身ではないが、専門分野を学んでいた。でも、学んでいくなかで感じ取れることは、同じなのだなと思った。感じ取らせてくれるモノが違うだけ。


2期で初めて出てきた、お嬢様みたいな女の子が不器用で面白くて可愛かったな。笑

アニメに抵抗がある人でも見やすいアニメかなと思う。

投稿 : 2016/05/15
閲覧 : 101
サンキュー:

4

ネタバレ

happyend

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

面白い!けど

 1期と同じく楽しかったんですが、1期は何度も見たくなったんですが、2期は一回でいいかなあって思いました。
 それは、2期は農業よりも人間関係を重視した内容だったからです。

 話が進むことよりも、のんびりと農業系の日常コメディが見たかったです。

投稿 : 2016/04/01
閲覧 : 98
サンキュー:

1

マーティン

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

1期から続けて観た

1期を1日で観てこちらも次の日に1日で観てしまった

1期に比べて人との関わりに重点を置いて描かれていたと思う

続きを早く観たいです

投稿 : 2016/03/09
閲覧 : 90
サンキュー:

2

ExJJL46296

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

のんびり飯テロアニメ

農業高校に通う学生たちを描いた作品。農業高校ならではの大変さなどがリアルに描かれています。そしてとにかく食べ物がおいしそう!! ご飯が食べたくなるアニメです。

投稿 : 2016/01/29
閲覧 : 108
サンキュー:

1

ネタバレ

にゃんちゅ(・ω・`

★★★★☆ 3.4
物語 : 2.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 2.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

青春している

1期見終わって2期へ

1期よりも青春していました。
酪農への大変な描写は少なく、人間模様を描いた作品となっていました。

個々の将来についてなど・・・
農業を(家の家業)を継ぐか継がぬか・・・

面白かったですが、
厳しい事を言ってしまうと、
3期を製作する前提に作っているのか、
主人公の進歩がないです。

将来について考えはしますが、定まらぬまま。

また、今作は前作と違い「命」に関しての描写が少なく、
ただの学園青春アニメとなっていました。

せっかくの農業高校なのに、
{netabare}同級生の実家牧場の倒産などの厳しい現実はあるにせよ
その辺はあっさり終わって、{/netabare}
部活模様や、恋愛模様、食べ物ばっかりって・・・

私は前作のが好きだったな~・・・

音楽は前作より良いね。
1期のOPは合わなかったし。

投稿 : 2016/01/14
閲覧 : 118
サンキュー:

4

井口ゆゆゆ

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

窯焼きピザ

勤労・協同・ 理不尽


2期は馬術部の方に比重が置かれてた感じですよね、その分"飯テロ"は少なめです。
当然色恋沙汰も増えてくるわけですか。

1期からスタッフがちょくちょく変わっていますね、監督は出合小都美さんになってます。
出合さんといえばOP職人、心なしかOPの映像が随分と良くなっている気がします。

校長先生の声は三ツ矢雄二さん、癒し系ですよね。
そういえば1期の方で、教員役に内海賢二さんが出演されています。
本作が亡くなる前の最後の出演となってますね。

OP「LIFE」は1期と打って変わって作品に合った曲だと思います。
EDのテロップに"モデルとなった場所や施設を訪問する行為は、動物の疫病を引き起こす等の原因ともなりえる危険な行為です"って出てましたよね。
公式が聖地巡礼自粛の構えなのは「苺ましまろ」を思い出しますが、まぁ問題起きても大変ですし、やんわりと断っているので、こんなもんが丁度良いと思いますよー。

タマコが痩せたのは2期でしたよね、あれは別に需要ないと思うなー。
ふとましくないタマコなんてタマコじゃないやい


1期か2期か忘れたんですけど、鶏殺すシーンありましたよね。
残酷だけど食べるためには仕方がないんだ的な、さも扇情的な感じに仕上げてましたけど。
あぁいうのって可哀想とか思っちゃうものなんですかね、人間生活を支えているわけですからねぇ。
可哀想って思える初な心の持ち主になりたかった・・・

投稿 : 2015/12/21
閲覧 : 126
サンキュー:

1

ネタバレ

STONE

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

感じられたキャラ達の成長

 原作は未読。
 実は1期は今一つピンとこない部分もあったが、本作はそういった部分が減り、キレが良く
なったような感があった。
 結果として、基本的内容やキャラはそれほど変わっていないにも関わらず、1期より面白く
感じる。これは監督交代による演出の差なのかな。

 内容的には1期と同じく農業高校の日々を描きながらも、本作は馬術大会や野球の道大会の
描写が加味されることでスポーツものとしての側面が強くなった感じ。
 こういった部分はやはり勝敗などに関心が行くために、より目を引く要素が増えたなといった
印象。

 1期では八軒 勇吾と豚丼の関係を中心に「食用のために家畜を育てること」をシリアス部分の
要として描いていたが、本作でのシリアス部分の中心となるのは駒場家の離農問題。
 1期のそれは倫理的問題でそれぞれの心構えの問題であるとも言えるが、今回は駒場家、
並びに御影家の経済的問題であるため、より事態は深刻。
 多額の借金が問題点であるために一介の学生である八軒はただ見ていることしかできないのが
辛いところであるが、それでも目を背けずに正面から向き合う姿勢は、今後の人生に何らかの
プラスになるように思える。

 キャラの成長が見られるのがこの作品の好きなところで、1期では逃げ場所として蝦夷農に
やってきた八軒が次第に馴染んでいく様が見られたが、本作ではより農業というものを
考えるようになってきた。まだ将来のビジョンはないようだが、今後が楽しみな存在。
 この成長という部分では、それぞれ別々の要素がある中、ある要素における一つの気付きが、
別の要素にも成長を与えていくところなど、話の作り方が上手いなという印象。

 そして、成長という点では本作で印象的だったのは御影 アキで、1期において所々で示唆
されていた好きなことが、本作では自身の明確な志望となり、一歩踏み出すことになった。
 これは八軒の影響、助けがあってのことで、互いに支え合う関係性は見ていて気持ちいい。
 二人の恋愛的部分も少しとはいえ、前に進んだみたいでそういう意味でも先々に興味の持てる
関係。
 この御影というキャラだが、多くのフィクション作品の真面目な性格のヒロインキャラは
勉強がそれなりにできたりするが、この娘は農業や馬関係以外は本当にダメなのがある意味
リアル。

 将来に向けて一歩進んだ御影と対照的に早くも夢が破れてしまったのが駒場 一郎で、「夢は
必ず叶うものではない」という部分を象徴しているような感じ。
 ただ、これで残りの人生が全て終わったわけでもなく、挫折からの再スタートを期待したい
キャラである。

 この作品の気持ちいいところの一つはいわゆる悪役がいないところかなと。
 稲田 多摩子のようなリアリストは作品によっては非情な悪役キャラにしそうなところで
あるが、本作では彼女のシビアな考え方をむしろ正論の一つとして捉えていいし、駒場家の
問題にしても、これまた作品によっては離農に追い込むような悪役キャラが出てきたりするが、
本作では現実によくある事象の一つとして描いている。
 八軒に対峙する存在としては父である数正がいるが、態度や雰囲気はともかく、その発言
内容は的を得たものばかりで、あくまで八軒とは意見が異なる存在としての描き方。むしろ
迷っている八軒に対しての成長を促すための対峙に見える。

投稿 : 2015/11/27
閲覧 : 217
サンキュー:

4

くまきっちん

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

家業の大切さ

家業がこのような牧場だと自分たちではわからないものの多分大変なのであろうと感じる2期でした

1期とくらべて世界観より人間的な部分、より現実的な表現になっていました

1期と2期どちらも共通して言えるのがこの作品を見ていると美味しいものを食べたくなります

ちょっと合わないシーンもありますが酒を飲みながら見ると喜怒哀楽が楽しめるいい作品です

投稿 : 2015/10/07
閲覧 : 117
サンキュー:

2

ネタバレ

あさがお

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

今回も酪農の大変さを教えてもらった

私たちはお金にものを言わせて購入しているだけ
向こう側には苦労してお肉や牛乳を届けてくれる人がいる

ありがたく頂きます

投稿 : 2015/09/25
閲覧 : 148
サンキュー:

1

ネタバレ

ソウ78

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

青春だなあ...

1期と同じようにいのちもテーマにされているが、それと同じくらい進路や恋愛などで悩んだり、喜んだり、泣いたり、喧嘩したりと青春してるなあと思った。
1期に負けず面白かったとおもいます。3期に期待!!

投稿 : 2015/07/09
閲覧 : 100
サンキュー:

2

次の30件を表示

銀の匙 Silver Spoon(第2期)のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
銀の匙 Silver Spoon(第2期)のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

銀の匙 Silver Spoon(第2期)のストーリー・あらすじ

大蝦夷農業高校での生活は、時間との戦いだ。
実習、部活、寮の仕事、そしてエゾノー祭の準備…
日はどんどん短くなる。断らない男・八軒は、断れない男でもある。
誰よりも忙しい八軒の秋は、めまぐるしく過ぎていく…(TVアニメ動画『銀の匙 Silver Spoon(第2期)』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2014年冬アニメ
制作会社
A-1 Pictures
主題歌
≪OP≫フジファブリック『LIFE』≪ED≫Goose house『オトノナルホウヘ→』

声優・キャラクター

木村良平、三宅麻理恵、櫻井トオル、高垣彩陽、島﨑信長、庄司将之、高梨謙吾、こぶしのぶゆき、井澤詩織、小西克幸、増谷康紀、三ツ矢雄二、小野友樹、水島大宙、田野アサミ、川原慶久、西村朋紘、内海賢二、矢作紗友里

スタッフ

原作:荒川弘(小学館『週刊少年サンデー』連載)、 監督: 出合小都美、脚本: 岸本卓、キャラクターデザイン・総作画監督: 中井準、動物デザイン: 室井康雄、プロップデザイン: 須藤智子、美術監督: 高木佐和子、美術設定: 杉山晋史、色彩設計: 土居真紀子/茂木孝浩、撮影監督: 青嶋俊明、CG監督: 門間和弥、編集: 西山茂、音響監督: 伊藤智彦、音響効果: 今野康之、音楽: 村井秀清

このアニメの類似作品

この頃(2014年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ