「地獄少女(TVアニメ動画)」

総合得点
71.0
感想・評価
799
棚に入れた
5011
ランキング
1288
★★★★☆ 3.7 (799)
物語
3.7
作画
3.6
声優
3.7
音楽
3.6
キャラ
3.7

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

地獄少女の感想・評価はどうでしたか?

101匹足利尊氏 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

練り上げられた地獄送りの黄金パターン

午前0時だけにアクセスできるサイト「地獄通信」に恨みを晴らして欲しい相手を依頼すると、
「地獄少女」が対象を速やかに地獄に流す……。
メディアミックスプロジェクトのアニメ化作品の1期目(全26話)

【物語 4.0点】
全体構成は確立された地獄送りの定型による1話完結で地歩を固める1クール目。
恨みを晴らす行為に疑問を抱き阻止しようとするキャラなどを通じて、
パターンを徐々に崩して「地獄少女」自身が背負う業とテーマを掘り下げる2クール目に大別。

依頼主には「恨みを晴らしたらあなた自身にも代償を支払ってもらう。
人を呪わば穴二つ。契約を交わしたらあなたの魂も(死後)地獄に落ちる」
という条件が付くのがミソ。

そこで依頼主は自身の地獄落ちを確定してまで、恨んだ相手を地獄に流すのが本当に良いことなのか?
情状酌量の余地はないのか再考する。
で、さらに斜め上をいくゲスっぷりが明らかになり堪忍袋の緒が切れて藁人形の紐を解く。
→処刑執行の儀と相成る。
との二番底のシナリオパターンが秀逸。


終盤明かされる「地獄少女」こと、閻魔あいの過去も印象的ですが、
私は毎回、必殺仕事人風に悪が退治される前半部の方が好きです。


【作画 3.5点】
アニメーション制作・スタジオディーン

作画カロリーは低め。
が、「地獄少女」の出撃、処刑執行、地獄流し。
恨みを晴らした人間が地獄行き確定者として蝋燭に刻まれる締めの映像。
など各種バンクには磨きをかける。
特に閻魔あいの振袖の紋様が浮き上がるバンクが妖艶。

あいを人ならざる位置に、あり得ない向きで配置し、歪なアングルから撮影するホラー演出も良好。
(河に仰向けでプカプカ浮かんで待機するあいにチョットだけ萌えますw)
非現実に向けた助走も十分で、それが恨まれた人間に自業自得なしっぺ返しをもたらす、
超常的な地獄の報復映像への繋ぎもスムーズで、ある種の突き抜けた高揚感を視聴者に与える。

同スタジオはパターンを固めさせたら本当に良い仕事をします。
(余談ですが私がアニメ『Fate』シリーズでOP、ED→次回予告の流れが一番美しいと感じるのは
未だにスタジオディーン版『~stay night』なんですよね)
面目躍如のためにも優良なパターンアニメ企画が立ち上がり、
同スタジオが力を発揮できることを望みます。


それにしても和風な「地獄少女」のアジトにて依頼を受信する古びたMacがインパクト大w
妖かしの類もどうにかIT革命に喰らいついていますw

【キャラ 4.0点】
「地獄少女」こと閻魔あい。
物静かな言動が、逆に内に秘めた大きな怒り、罪と罰を想起。
一番クールなのが、自身では「地獄少女」とは名乗らず、あくまで依頼主等に「地獄少女」と呼ばせること。
「地獄少女」が噂の中の存在であることを印象付ける巧妙な設定です。

あいをサポートする一目連、骨女、輪入道の“三藁”の面々も濃厚。
特に輪入道は藁人形を担当して「恨み聞き届けたり」と呻いたり、
牛車に化けてあいを乗せ現場に急行したりと獅子奮迅の活躍。
ただ、何より不気味なのは声だけで姿を見せない“あいの祖母”。

「地獄少女」一味の正体を探り復讐の阻止を目論むジャーナリストの柴田一。
その娘・柴田つぐみは閻魔あいと視覚等を共有。
これが長きに亘る「地獄少女」との因果の始まり。


【声優 4.0点】
閻魔あい役の能登 麻美子さん。当時、静かな女性ボイスと言えば、まず名が挙がる声優さんの一人。
過去回等を除けば、「呼んだでしょ?」、契約諸注意、処刑前口上、「いっぺん、死んでみる?」など、
毎回8割方セリフは同じ。ですがセリフは毎回新録されますし、それが様式美。
(というより使い回したら呪われそうですw)
終盤、地獄に流すのが憚られるような善人を流す件があり、
あいが絞り出した「その恨み、地獄に流します」の定型句からこぼれる哀しげな口調が深く脳裏に刻まれています。

一話完結が基本ということで、恨む者、恨まれる者。毎回ゲストも多彩。
特に地獄に流されるCV.子安 武人さん、CV.くじらさん辺りのゲスっぷり、墓穴ぶりは職人芸の域w


【音楽 4.0点】
劇伴担当は高梨 康治氏と水谷 広実氏の共作。
不気味な女性コーラスから鳴り響く打楽器が処刑執行を告げる「地獄流し」
高梨氏らしいメタル調で対象を恐怖のドン底に突き落とす「地獄ロック」
三途の川から対象を手漕ぎ船で地獄に流す総仕上げのレクイエム「地獄の川流れ」
地獄の三連コンボが決まれば何人足りとも地獄からは逃れられません。

OP主題歌はSNoW「逆さまの蝶」
恨みつらみが飛び交う現代社会にて一人ひとりの形を模索する女性ボーカル曲。

ED主題歌はあい役・能登 麻美子さんの「かりぬい」
ピュアボーカルで罰の最中にある心中を吐露したバラードで、
恨みの連鎖の中で消えて行った者たちをも重ねて鎮魂するかの如き余韻を残す。

投稿 : 2022/08/29
閲覧 : 258
サンキュー:

19

atsu さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

救いはない

罪人が地獄へ送られて気持ちが晴れるという話でもないですが、
それは善人や被害者が最終的に同じ地獄へと送られ苦しむことに
なると分かっているからです。

また、「地獄に送られるのは悪い人ばっかだし。」
とつぐみは云っていますが、26話中で特に何もしていない人や
他人を救おうとした人が地獄に送られてしまう場合も数回見せらます。
これを見ていると、この融通の利かない強制連行システムは
何のためにあるのかと思わざるを得ませんでした。

そして、地獄少女を阻止できないジャーナリストは何をするために
登場したのか、とも思います。
しかし彼の過去や25話で明かされる地獄少女の過去と彼らの関係を
視た後では、彼にも役割が与えられていて良かったと思えました。

閻魔愛さんの過去は恐ろしいものでした。
現実にあったのかも知れないと思うと嫌ですね。
必ず守ってくれると信じる人に姿勢だけでも見せてもらえなかった
時の気持ちを考えると、化けて出るのも分かる気がします。
かわいさ余って憎さ百倍ですね。

まとめとしては、見て気持ちいいものでもなく、
各話不運な運命が積み重ねられていく印象です。
印象というか、実際送れば地獄行きですので。
閻魔愛さんの声優の方が良かったと思います。
キャラクターデザインも、決め台詞も。
しかしながら、救いがあっても娯楽としては良かったのではないかと
思います。

投稿 : 2022/08/23
閲覧 : 57
サンキュー:

5

九会 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 5.0 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

人間の弱さや醜さが描かれた袋小路のような作品

この作品では0時ちょうどに強い怨みを持ったものだけがアクセスできる「地獄通信」というサイトに怨恨を抱いた相手の名前を書き込むと「地獄少女」が会いに来てその相手を地獄に落としてくれるという都市伝説があります。
その「地獄少女」こそが主人公である「閻魔あい」になります。
しかしながら、主人公とはいっても彼女は物語の進行役で内面描写がないミステリアスな存在であり、寧ろ地獄通信を利用するゲストキャラの依頼主こそが主人公のオムニバス形式の作品で、一期では柴田親子と地獄少女との関係と共に展開されます。
話の流れとしては怨みのきっかけが描かれた後、依頼主が地獄通信に名前を書き込むと、どこからともなくあいが登場し、「藁人形の赤い糸を引くと怨んでいる相手を地獄に落とすことができる」という趣旨の話をし、藁人形を渡します。
ここで「どうして憎む相手をすぐに地獄に落としてくれないの?」と疑問に持つ方もいるかもしれませんが、この糸、実は「選択肢」なんですよね。作品を象徴するセリフで「人を呪わば、穴二つ」という言葉があるのですが、糸を引いて怨みの相手を地獄に落とすとなんと死後自身も地獄に落ちてしまうのです。死んだ後とはいえ、地獄が存在するならば行きたいと願うようなもの好きはいません。地獄行きになってまで怨む相手を地獄送りにするのか、それとも怨みを晴らさずにいるのか? もがき苦しみ、救いは無いのか・・・という展開がこれでもかと描かれる作品です。
また、依頼主が糸を引く瞬間は本当に追い詰められている状態で心苦しいものばかりなのですが、その後の処刑タイムの意趣返しが、悪趣味ではあるんですが、何だか癖になってしまうものなんですよね。見てみるとわかるのですがすごいシュール。作品全体がシリアスの塊なんですけど、ここだけはっちゃけてて好きなんですよね。BGMもおどろおどろしいのですが勢いがすごい。
しかし処刑シーンを見た後ただスッキリとはならず、地獄流しや依頼主に刻まれた印を映すことで後味悪く終るのが、またこの作品らしく、人を怨み、害することが決して正しいことではないというメッセージ性を感じます。

あいの仲間に骨女、一木蓮、輪入道という妖怪達(普段は人の姿)がいるのですが、このキャラクター達も中々魅力的です。あいがミステリアスな分、彼らがコメディリリーフな部分を担当しているところがあるからかも?地獄流しされる人々よりもよっぽど理性的で人間らしいキャラ達です。妖怪だけど。
彼らを演じる声優さん達もキャラに合っていて、主人公のあい役の能登麻美子さんの演技もこの世ならざる者感もすごい。音楽に関してはOPの逆さまの蝶は個人的には名曲だと思いますし、印象的なBGMも多くて良かったと思います。
総評としては、作画の古さと不安定さや終始シリアスの救いのない話ばかりであるので好き嫌いが分かれる作品だと思います。しかしながら人の弱さや醜い一面をしっかり描き、社会風刺など考えさせられる部分もあるのでシリーズ通して私は好きな作品です。鬱耐性がある方はどうぞ。

投稿 : 2022/06/10
閲覧 : 79
サンキュー:

5

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:途中で断念した

合う人なら楽しめると思います

3話で断念

まず最初に言っておきたいのですが、内容は普通に面白いです。
しかし、毎話ワンパターンの繰り返しなので、水戸黄門や必殺仕事人みたいなのを楽しめないタイプの人にはちょっと合わないかと思います。
自分はストーリー重視タイプなので、単純に合いませんでした。

投稿 : 2021/07/18
閲覧 : 604

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

人を呪わば穴二つ

その世界は地獄通信って言うのが存在して、恨みを持った相手を地獄に流せる世界なんだけれど、その代償に死んだ後に自分も地獄に落ちることになるっていう単純なワンパターンのアニメ出よくいえば安定してるけど飽きやすくなるアニメでもあった。
序盤はとくに嫌な奴多くてスカッとすることも多くて特に3話のやつはかなり胸糞でした。野球少年のお話なんですけど詳しくは見ていただければなぁと!ただ、マジで胸糞なので閲覧注意です!
ラスト3話は閻魔あいの話も出てきてなかなか見応えありましてよきでした!

投稿 : 2021/03/21
閲覧 : 244

栞織 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

必殺+和風ホラー

長く続いたこの地獄少女、シリーズの2ぐらいまでは見たと思います。必殺と和風ホラー、しかし私の嫌いなスプラッタやミミック系ではないので、わりと楽しく当時見られました。地獄少女の呪い発動のお花の場面はきれいで好きでした。声優さんも能登さん以外では考えられないぐらいはまっていたと思います。ただ恋愛要素があまりいい感じじゃなくて、地獄少女も過去ではいじめられていたとか、わりと悲惨ないじめ現場の話が多くて、それが見ていてダル系でした。アニメ画集を昔持っていましたけど、ある時手放してしまいましたね。私にはそういう作品です。

投稿 : 2020/10/29
閲覧 : 376
サンキュー:

6

もっちょん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

出来のいいホラーアニメ

地獄通信というサイトに人の名前を書くと相手を呪い殺すことができるという噂に様々人が書き込んでいくという話です。

投稿 : 2020/06/28
閲覧 : 308
サンキュー:

1

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

閻魔あい

幼稚園のころなのかなぁ。。

おばあちゃんのうちに
ストーブがあって
まわりにだれもいないとき
火あそびがしたくなったの

引き出しの中とかさがしたら
なにか書いてある紙をみつけた。。

その紙を火の中にいれた

そしたら
悪魔みたいのが出てきて

わるいことすると
ばちがあたるぞー!って
こわい声で言った


うわー!って泣きながら
パパママの部屋に行ったら

にゃんはこわい夢を見たんだよ。。って
いっしょに寝てくれた

今でもほんとにあった事みたいに
おぼえてる。。

でもそのころはずっと
ほんとのことだって思ってた。。


小学校にはいってすぐ
転校して新しい学校でいじめられた

そのころまた夢を見た

にゃんはたき火してる前に立ってた

でもそこでもえてるのは
ヒトの死体だって知ってた。。

すぐ目がさめて
すごくこわくって
すごくさむくって
ふとんの中でぶるぶるふるえてた。。


おばけに追いかけられる夢は
今でもときどき見る

どうしてか夜の学校に1人でいて

にげてにげて
学校中にげて

どこかのとだなにかくれてると
だんだん近づいてきて。。目がさめる!!

とってもこわい夢。。

小学校のころは
一週間に一回くらい見てたかも。。

そんなこわい夢をいっぱい見た

でもヘンな子わるい子って思われそうだから
このはなしはだれにもナイショにしてる。。

だからかな?
地獄少女ってこわいけど

にゃんには何だかとっても
なつかしかった。。

あいになら
そんなこと話しても分かってもらえそうだなって。。

地獄少女ってそんなコワい夢とか
人に話したりできない暗い思いとかいっぱいあって
見てると暗くなってくるかも

でもそんな思いってにゃんにもあるから
キライになれないのかなぁ。。


だれかがこのアニメの話してるの聞いて
見たらはまっちゃった

1ぺん死んでみる?

はときどき使いたくなるw
(でも こわくてぜったい言えないよね。。)


投稿 : 2020/03/08
閲覧 : 2215
サンキュー:

206

ネタバレ

Takaさん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

いっぺん 死んでみる?

いやいや、いっぺん死んだら生き返らないからー

殺したい程憎い相手がいて、深夜0時に「地獄通信」というサイトに、
相手の名前を書くと、地獄少女が来て、実行してくれるミステリー?モノ。

最初の話数は、テンプレ(水戸黄門、ドクターX)みたいな感じなので、
切りたくなるけど、そこを越えて、柴田親子が出てくると少し状況が
変わるけど、最後までみても全部は理解できなかった。

{netabare}
何故、閻魔あいは、恨みの柴田家の娘に憑依的なことができたのか?

柴田のおっさんも、自分が過去したことがあるのに正義感ぶって
動くのには正直偽善ヤローにしか見えなかったので、もう少し、
気落ちのいい動機が欲しかったかな
{/netabare}

能登さんのキレイな声でなければ、テンプレ回のうちに見るのやめていたかも。

投稿 : 2020/03/08
閲覧 : 231
サンキュー:

3

kumanya さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 1.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

見掛け倒し

アニメしか知らないけど、いじめられた側の人間の心理描写がまったくできていない。これが原作準拠だとしたら、原作者はいじめる側の人間だったかもしれない。その贖罪がこんな風だったら面白いかな、みたいな感じで、本当にいじめられた側の気持ちはまったく理解していないような描写だった。だからこそ、いじめられて復讐する側も地獄に落ちるっていう設定なんだろう。いじめた側の自分だけが貶められるのに耐えられないんだろう。
自分もそれほど深刻にいじめられてはいないし、どちらにも加わったことがあるけど、これはいじめた側からのセカンドレイプ的な感情しか感じられない。そういう意味で胸糞悪い。自己弁護の感情が強過ぎるため、物語としての(嘘でもいいからという)カタルシスもない。
能登麻美子を堪能したい人向けのアニメ。私も能登麻美子好き。

投稿 : 2020/02/08
閲覧 : 240
サンキュー:

1

ウィラード さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

1期と2期が地獄少女

1期と2期だけ視聴推奨
3期以降は、ガキ臭い

まだ少女漫画版の地獄少女見てる方がマシかもしれない
今見てもクソアニメとしか思えないかもな

鬱展開楽しめるくらいの心持ってないときつい
ゴブリンスレイヤーならファンタジー鬱だからなんてことは無いが
現実鬱なんでな 鬱の度合いが違う


現実鬱が好きなら見たらいいと思う
でも今思うと元祖ドラマアニメではあるか地獄少女は

深夜ドラマにやってそうなそんな作品
多分あの頃、そういうアニメ無かったから話題だっただけかも
アニメとして見るなら地獄少女よりひぐらしをおすすめするよ

投稿 : 2019/12/11
閲覧 : 315
サンキュー:

3

くろろ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

好き嫌い別れる作品❗️

個人的には面白かった。音楽が神!!ただ話のテンポが一定だから一気見するものではない(-_-;)後登場人物が結構胸糞なので嫌いな人は嫌いかも。個人的には好きだった。だんまちとかSAOとか好きな人には理解できない作品かもなー

投稿 : 2019/11/30
閲覧 : 199
サンキュー:

3

アニメ評論家1号 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.4
物語 : 1.5 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:途中で断念した

タイトルなし

3話

投稿 : 2019/11/09
閲覧 : 285
サンキュー:

0

既読です。 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 5.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

二度と観たくないです。

怒り、憎しみ、恨み等々
わが身に代えてでも恨みを晴らしたいか?
というテーマで話が練られています。

とても身近で、私たちの良心を問われるお話です。

そんなレベルで地獄送りにするか?
地獄送りにする基準は?

決して地獄に送るべきではないと言う父親と
地獄に送ってしまえばいいと言う娘の構図は

拡大解釈すると
死刑制度に対する問いかけでもある気がします。

愛着障害の友達の話などは
アニメにしては秀逸でしたが
ただ、どの話もあまりにも酷く醜く
その内容にうなされ夢にまで見てしまうに至り
もうセカンドシーズンを観る気になれません。

子供を放って笑顔で不倫している奥さんなど
地獄に送りはしませんが、許せる訳がない。

あの笑顔を見て、やり直せるか?
私にはムリです。

投稿 : 2019/10/14
閲覧 : 308
サンキュー:

5

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

ダメですね

「いっぺん死んでみる?」は名台詞だとは思いますが

お話変わっても流れは全部同じ
だからどうしても飽きる

なので断念

OP歌ってるSNoWのCDは買いましたけど

投稿 : 2019/07/27
閲覧 : 289
ネタバレ

くあれ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

一度は聞いたことがあるあのセリフ…「いっぺん○んでみる?」でお馴染みのミステリーホラー作品

あらすじはあにこれを参照。

一話一話メインとなるキャラが変わるので自由な展開が出来ていて退屈しなかった。内容のほとんどは不条理で胸糞悪いと思った。作画や音楽に関しては普通。

【第一話 夕闇の彼方より】
{netabare} 大人気作ということで知ってる人も多いからなのか、いきなり各話のメインとなるキャラの話が始まって理解が追いつかなかった。地獄少女について少し説明が欲しかったかも。作画は普通で音楽は地獄少女と正式に契約した後の終盤のBGMが恐怖感というより騒々しく感じた。 {/netabare}
【第二話 魅入られた少女】
{netabare} 序盤の進め方を観た時に話の結末が分かってしまい、案の定その通りだった。真に迫るとストーカーが誰なのかが分かった。登場キャラも限定的だったなので余計に。 {/netabare}
【第三話 汚れたマウンド】
{netabare} まだ三話目だったけど、一番胸糞悪かった。人を殺してその罪を他人に押し付けて自首してと言われたら何故?と開き直る。コイツは地獄に落ちた方がいいと思った。地獄少女(あいちゃん)ナイス。 {/netabare}
【第四話 聞こえぬ叫び声】
{netabare} 私も犬を飼っていたので自分と話のメインとなる少女(純子)を重ねてしまい、気分が悪くなった。
少女の場合は、実の親子も失っているので、私よりも辛い境遇だと思い、今後は頑張って強く生きてほしいと思った。 {/netabare}
【第五話 高い塔の女】
{netabare} 何故社長にまで上り詰めたのか理解できない。客観的に観ていたらただ無能としか思えない。人の弱みを握って自分の手は汚さない。完璧な悪役の立ち位置。 {/netabare}
【第六話 昼下がりの窓】
{netabare} 奥様の中でもスクールカーストのようなものがあるとテレビで観たことがある。夫が一流企業に勤めている奥様から取り巻き奥様が出来て中小企業に勤めている夫の奥様が下に見られるみたいな。本当に胸糞悪い。夫を支えるのが妻と聞くけど、妻を支えるのは?すごく困っていて今にも病みそうな姿見ていたら頭痛くなってきた。 {/netabare}
【第七話 ひびわれた仮面】
{netabare} あまり響かなかった話だけど養母のやり方は気に入らない。二人の少女がメインで人形も二人が持つという新しいパターン。一人の少女が圧倒的に悪役っぽかったから地獄に落ちる方は予想しやすく、やはりその通りとなった。 {/netabare}
【第八話 静寂の交わり】
{netabare} この話が一期の終盤にも大きく関わっている気がする。二人の親子がね。地獄少女(あいちゃん)の洗礼してるシーンがあって興奮。毎話欲しいね。 {/netabare}
【第九話 甘い罠】
あんまり覚えてないので、機会があったら観直す。
【第十話 トモダチ】
{netabare} サブタイみて思った。「私たち友達だよね?」こういう作品にありがちなセリフだから絶対言うと思ったら本当に言ってたからシリアスなシーンなのに少し笑ってしまった。 {/netabare}
【第十一話 ちぎれた糸】
あんまり覚えてないので、機会があったら観直す。
【第十二話 零れたカケラ達】
{netabare} 担任の先生が心配して家に来るのって普通なのか?私も不登校の時期に先生が家に来てくれたことがあった。この作品の場合は少しやり過ぎ感あったけど、部屋の扉強く叩いて不登校の少女(茜)を呼び出してた。流石に母親も「もうやめてください」って言ってたし。 あんなことされたら余計出たくなくなるよね{/netabare}
【第十三話 煉獄少女】
{netabare} 地獄少女(あいちゃん)の仲間きたこれと思ったら、ただの古本屋の本の作品名だったよ。少し残念。まぁ私は地獄少女(あいちゃん)一筋だけどね。 {/netabare}
【第十四話 袋小路の向こう】
{netabare} メインのキャラの進行と同時に八話から関わっている柴田家が前回に続き登場。地獄少女(あいちゃん)を探していて、理由が地獄に送るのはよくないからやめさせるらしい。けど、それだけ?なにか内に秘めてそう {/netabare}
【第十五話 島の女】
{netabare} 禁断の恋というものだね。恋の力って凄いよね。境遇にもよるけど地獄少女(あいちゃん)を頼るほどだからね。終盤では序盤から絡んでた柴田家が人形の糸を解かないように促してたけど、あえなく失敗。ハッピーエンドいけそうだと思ったんだけどなぁ。 {/netabare}
【第十六話 旅芸人の夜】
{netabare} 観てる中で不自然な動きがあったから引っ掛かってたんだけど、分からなかったなぁ。二人いますパターンだったか。私が表で輝いて私が影で生きる的なの。 {/netabare}
【第十七話 硝子ノ風景】
{netabare} 霧の中の館ほど怖いものはない。
しかもそこに少女(ニナ)がいる。怖いわ。
結論から言うと少女はニナではなくて、ニナが大切にしていた人形だったっていう。なんかありがちな展開だけど、予想出来なかったな。地獄少女(あいちゃん)が「あなたはニナじゃない」って言った時驚いたし。 {/netabare}
【第十八話 縛られた少女】
{netabare} 犬が関わるとこの作品碌な生き方しないから嫌だな。予想通り犬死んじゃったし。少女(美紀)が親か警察に相談してれば丸く収まったと思う。犬が人質みたいに囚われてたけど、芽衣子っていうおばさんが遺産目当てで家族を殺したことを美紀に知られたと思ったみたい。 {/netabare}
【第十九話 花嫁人形】
{netabare} こいつ人間か?と人間性を疑うほどに酷いことしてて胸糞悪い。この話にも柴田家が関わってる。というかほとんどの話に今のところ絡んできてる {/netabare}
【第二十話 地獄少女 対 地獄少年】
{netabare} 後半が進むにつれて地獄少女(あいちゃん)の心情が少しずつ変化しているように思える。
地獄少年についてだけど、地獄少女(あいちゃん)のライバルになるのか?と思ったらあっけなく地獄に流されてた。地獄に行くの2回目みたいだけど、正直なんとも思わなかった {/netabare}
【第二十一話 優しい隣人】
{netabare} 柴田家が大きく絡んでくる話、隣人というのは柴田家の隣人という意味。まさかの人形使わず終わるという珍しい展開。さすがの地獄少女(あいちゃん)の仲間たちも、このままでは邪魔になると意識を改めたみたい。 {/netabare}
【第二十二話 懺根の雨】
{netabare} ようやくたどり着いた。柴田家が地獄少女に関わる理由。母(あゆみ)が他界していて命日なので御墓参りに行くという話。回想が多めの話だったけど、回想がとても胸に刺さる。一生後悔が残ると思えるような内容。でも終盤では救われた気がしなくもない。 {/netabare}
【第二十三話 病棟の光】
{netabare} 納得いかない。すごくいい人だったのにモブキャラっぽいのに地獄送りされて、地獄少女(あいちゃん)と契約した本人は自殺。終盤でまたも胸糞悪いのぶっ込んできたよ。三途の川渡る時に地獄少女(あいちゃん)が少し揺らいでた気がした。 {/netabare}
【第二十四話 夕暮れの里】
{netabare} 柴田親子と地獄少女(あいちゃん)が立ち並ぶのは初めてじゃないか?お互いの因縁も明かされてもう話も終わりそう。 {/netabare}
【第二十五話 地獄少女】
{netabare} 回想みて思ったことは他作品の【黄昏乙女アムネジア】の回想思い出したってこと。村人から生贄にされて怨み、憎しみが生まれるって展開が似てる。本当に悲しい。こういうのって支えてくれていた人が裏切った時がより一層辛くなる。 {/netabare}
【第二十六話 かりぬい】
{netabare} 柴田親子が離れ離れになって地獄少女(あいちゃん)は昔の感情が再び芽生え覚醒して激おこ。能力も惜しみなく発動してて完全に我を失ってると思った。二十二話での回想を引っ張り出してきたな。ここで柴田親子は吹っ切れたみたい。地獄少女(あいちゃん)も間近で柴田親子の様子を見てなにか感じ取って正気に戻ったみたい。柴田親子は救われたみたいだけど、地獄少女(あいちゃん)はどうなんだろう。契約なしで地獄に送ると自身も地獄に行くらしくて、一度そうなりかけたはずだけどね… {/netabare}

投稿 : 2019/05/07
閲覧 : 401
サンキュー:

3

KINAKO音大生 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

うーん…飽きる…

初めは面白いです!
でも、飽きちゃいました…
決め台詞は好きですし、キャラもいいです!
さらさら観たい方にはオススメです^_^

投稿 : 2019/04/23
閲覧 : 355
サンキュー:

1

ネタバレ

たわし(爆豪) さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 5.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:今観てる

コンセプトは神がかっている

「人を呪わば穴二つ」

「必殺仕事人シリーズ」をアニメでやりたくて始まった企画だそうだが、妖怪地獄めぐりにしたほうがなるほど。。スパイスが効いていてアニメらしくてよくなったと思う。

ホラーというジャンルは取り分け少女漫画と親和性が高く、多くの少女漫画家がこぞって取り扱う題材でもあるのだ。

作画自体は1期2期3期そして4期と、さほど変わってはいないのだが人間の心理描写は非常にうまく表現されているし、脚本家もノリに乗って書いているのもわかる。

ただ、いかんせん人気のほどは中の上程度であるのが残念。

それほど視聴者の心には届いていないみたいだ。

投稿 : 2019/04/18
閲覧 : 367
サンキュー:

8

プクミン さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

午前0時に

人間の業を描いたような作品。
人は、恨み恨まれ、復讐をしたいと考える人もいます。
でも、復讐したいけど出来ない。
そんな人間の欲望を叶えてくれるのが『地獄通信』。
午前零時に恨んでいる相手の名前を書き込みアクセスすると、地獄少女(閻魔あい)と異世界っぽいところで会えて、藁人形を渡される。
藁人形についている赤い糸を解けば、相手を地獄に落とせるが、自分も死んだあと地獄に落ちるという、呪いのアイテム。
ちなみに本気で相手を恨んでいないとアクセスは出来ない。
という設定。
1話1話、復讐者(依頼者?)が変わって、地獄に落ちる人が変わるアニメ。

みどころ。
どうして復讐に至ったか。
地獄に落ちる人の人間性、恨みを持ち復讐をする者の気持ちが描かれているところ。

面白いかどうかでいうと微妙ですが、なぜか惹かれます。

投稿 : 2019/02/27
閲覧 : 318
サンキュー:

6

ネタバレ

とおる さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

とても良い作品でした。
最終話、復讐の為に糸を引かせようとなりふり構わない閻魔あいが
可愛くもあり怖くもあり。
過去にどっかでこの作品のどの話だかが胸糞だって聞いたことあるけど多分病院のやつでしょうねw
知らない人からでも問答無用で送られるとか。

そして何より、これは能登さんじゃないと無理!w

投稿 : 2018/12/28
閲覧 : 292
サンキュー:

4

ばぶえたん さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

リアルタイムで観たかった作品

基本的には、毎回憎い相手を地獄へ送るというオカルト系必殺お仕事人的な作品。
ですが、間にいろんな人間ドラマがあり、また依頼した側も死んだら地獄に落ちるというところから葛藤したりと、すんなり行かないところに面白さを感じます。

どこか古い昭和な臭いのする描写もまた綺麗で、不気味さや哀愁を感じます。

続けてストーリーを追うというより、これを毎週夜のふとした時間に観るという深夜アニメ的な見方の方がより味わい深く楽しめたかと思うと、リアルタイムを逃したのが悔しいです。

ストーリー的には、2期3期のようにちょっと不条理なところがあるものの方がよりいっそう鬱になれて好きです。

投稿 : 2018/12/19
閲覧 : 276
サンキュー:

7

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

メッセージ性の強いアニメ

この作品からは、学べることが多くある。
また、中盤から徐々に引き込まれていく。
依頼人などの人間関係以外にも一ちゃんとつぐみちゃんの2人の関係と考えの違いにも注目できる。
そして、最後は感動要素とドキドキ感のの詰め合わせ。

投稿 : 2018/09/26
閲覧 : 592

ffgmr16780 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

一見すると必殺仕事人ですが・・・

始めの方は1話完結の不死?の少女による必殺仕事人の物語。
ワンパターンで飽きかけてきた頃に本筋らしき物語に多少発展するので
気になって最後まで観れます。
まだseason1しか観れていないので色々まだ謎な部分が
season2以降で出てくるといいかなと思います。
閻魔あい(能登麻美子)の声が、やんわりとした雰囲気なのに
『一辺死んでみる?』とギャップがありそこもまた良いかなと。

投稿 : 2018/06/24
閲覧 : 256
サンキュー:

4

ゆい さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ワンパターンだけど

ワンパターンだけど、色んな話があるから飽きない!

クズが流れるのはいい!スカッとする。もっとやってほしいくらい。
地獄行ったあともみせてほしい!
でもたまに悪くない人が流されちゃうのは残念だったなぁー。
花嫁さんの話は、地獄におくらずに離婚すれば済んだのに!と思ってしまった

地獄少女も、過去に色々あったんだね‥

投稿 : 2018/06/18
閲覧 : 201
サンキュー:

4

ヌンサ さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

This Is Japan

チャイルディッシュ・ガンビーノに倣うのであれば、
このシリーズの全話視聴をオススメします。

日本の闇から目をそらしてはいけません。

投稿 : 2018/06/06
閲覧 : 200
サンキュー:

6

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

いわばアニメ盤必殺仕事人、ワンパターンを楽しむのが良いです。

一話完結もので
アニメ盤水戸黄門と言っても良いですね。
そういうのが好きな人には最適です。

まあ、今のアニメは主に深夜の時間帯にめくるめくストーリー展開の1クールアニメ(長くて2クール)が主流ですが、
昔のアニメは夕方やゴールデンタイムに放送され、しかも一年アニメが主流でした。人気が出れば何年でも放映され続けます・
そして代わり映えのないストーリーがずっと続くというものが多かったです。
一休さんなんて地獄少女同様にバターン化された話しでしたが298話も続きました。
地獄少女はそういう昔気質のアニメです。
ただ、数話のパターン外し話しとラスト数話は違う展開です。

一期は作画面のみがちょっと不満でした。
某所に「似た顔の人が登場する」とか「一部のキャラの目が真ん丸で離れすぎてて違和感がある」とかいう意見がありましたが、それは確かにそうですね。

投稿 : 2018/04/17
閲覧 : 200

ストックトン さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

タイトルなし

最初面白いと思って見てたけど、話がずっと
マンネリだった。
そろそろ違う方向に展開されていくんじゃないかって
思いながら見続けてたけど、ずっとそのままだった。

投稿 : 2018/04/15
閲覧 : 226
サンキュー:

3

ガタリリス さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 2.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ワンパはあかんよ(´・ω・`)

このアニメ。

依頼人が不幸にあって地獄少女に依頼する

地獄少女が依頼を受ける

依頼人に怨まれた人を地獄に落とす

以下ループ

を延々繰り返しているだけのアニメですw
中盤と最後の方で少し違う展開もありますが、正直2クールも要らんよねw
私は途中で飽きてしまいました。

このアニメの一番素晴らしい所はOPですね。
背景も素晴らしいですが音楽も良い(・∀・)
もし興味を持ったらユーチューブ等で聴いてみると良いと思います。
SNOWという方が歌っているのですが、地獄少女にすごくマッチした良い曲だと思いました。しっとりしていて落ち着いた雰囲気。
OPのお蔭で2クールのワンパ展開を耐えれた感じかなw
アニソンの中では一番のお気に入りの音楽ですね!

投稿 : 2018/01/06
閲覧 : 193
サンキュー:

5

ネタバレ

zzz さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

引きずる作品

観終わった跡、しばらく引きずる作品です。

理不尽な目にあった人が助かるための代償があまりにもひどすぎるので重たいお話になります。

第1期に関しては藁人形の赤い糸を解いた人の願い通りになるのが救いでしょうか。

投稿 : 2017/10/29
閲覧 : 254
サンキュー:

4

ざび さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

作業用アニメ

いわゆる必殺仕事人と同じで、晴らせぬ恨みを人外である閻魔あいが晴らしてくれるという1話完結型の物語。
1話から23話ぐらいまでの展開はほぼ同じなので、何かの作業用で流しておくのに丁度良いといった程度で、特筆すべき事もありません。

正直、同じような展開を毎回どうやって変えていけるのか興味深く観ていましたが、そこはあまり上手なアニメではなかったので退屈でした。
ただ最後の3話だけは、閻魔あいが必殺仕事人になった背景や、それにまつわる家族愛などがあり特別面白かったです。

最後に、400年前の人間である閻魔あいがなぜセーラー服を愛用しているのか、そっちの方に興味が沸きました。

投稿 : 2017/10/19
閲覧 : 226
サンキュー:

4

次の30件を表示

地獄少女のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
地獄少女のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

地獄少女のストーリー・あらすじ

最近、巷に或る都市伝説めいた噂が流れていた…。
深夜0時にだけアクセスできる「地獄通信」に怨みを書き込めば、どこからともなく「地獄少女」が現れて、憎い相手を地獄に堕としてくれる。晴らせぬ怨みや世に不条理はつきもの。納得できない理由や状況に抗えぬままに悲惨な運命を辿る者は多い。
地獄少女=「閻魔あい」は彼らの悲痛な叫びを聞きとげ、依頼主に契約の証である藁人形を渡し、「地獄流し」へ至る方法を語る。ただし、「その代償として自分自身も死後は地獄で永遠に苦しむことになる」とも言う。
地獄少女は全てを見通すかの様な涼やかな瞳を相手に向け、ただ一言告げる。「あとは、あなたが決める事よ」と…。(TVアニメ動画『地獄少女』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2005年秋アニメ
制作会社
スタジオディーン
公式サイト
www.jigokushoujo.com/
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E7%8D%84%E5%B0%91%E5%A5%B3
主題歌
≪OP≫SNoW『逆さまの蝶』≪ED≫能登麻美子『かりぬい』

声優・キャラクター

能登麻美子、松風雅也、本田貴子、菅生隆之

スタッフ

原案:わたなべひろし、原作:地獄少女プロジェクト、 監督:大森貴弘、シリーズ構成:金巻兼一、キャラクターデザイン:岡真里子、美術監督:菱沼由典、音楽:高梨康治/水谷広実

このアニメの類似作品

この頃(2005年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ