「モモキュンソード(TVアニメ動画)」

総合得点
54.9
感想・評価
221
棚に入れた
989
ランキング
5402
★★★★☆ 3.1 (221)
物語
2.8
作画
3.2
声優
3.4
音楽
3.1
キャラ
3.1
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

デューク

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

健全なお色気アクション!桃子の桃胸が弾みます!

美少女桃子たちが、オークの如き鬼たちにあんなことや・・・とか想像してましたが全くそんなことはなかったです。
とても健全で鬼たちバッタバッタやっつけちゃいます。
憑依合体で変身シーンがあるのですが、ここもなんとスンドメ!
子供向けなんでしょうかね。
唯一雉神との憑依合体の衣装が良かったのですが、登場が少なくて。

桃子はもちろん、キャラはみんな可愛いです。
特に天女隊のカリンとマロンはとても可愛い!
なんだ、あやちも、るみるみも、ゆかちんも、リアルに可愛い子ばかりじゃないですか。
フライングドッグが売り出そうとしたのかもしれませんね。

投稿 : 2019/02/24
閲覧 : 67
サンキュー:

3

ネタバレ

にゃん^^

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

桃太郎のかわりに桃から生まれたのが女の子だったら。。

あらすじはあにこれのを見てね☆


えっと。。
おばあさんが川でひろった大きな桃から出てきたのが
桃太郎じゃなくって桃子ちゃんだったってゆうおはなしw

桃子が巨乳でかわいくって
あと
助けてくれる4人の天女さまたちもかわいくって。。
ちょっとHなコメディ
ちょっと変身してバトル
たぶんそれだけみたい^^


男子向けアニメとかでよくありそうな
ぜんぜんむずかしいおはなしじゃないから
ボーッって見てたら1話目おわってたw

おはなしもあんまりなさそうだし
にゃんはやめちゃうけど
キャラが好きだったらいいかも☆


1話目
{netabare}
桃子はぬれたり服がやぶれたりして
はずかしそうにするけど
それだったらもっと
ふつうに胸がかくれる服着たらいいのに。。
{/netabare}


このおはなしとあんまり関係ないかもだけど
「桃太郎は女の子だった」ってゆう記事をネットで見つけて見たら

香川県のむかしばなしに
「生まれてきた女の子があまりにも可愛らしいので
鬼にさらわれないように桃太郎と名づけた」ってゆうのがあって


そのほかにも
明治時代に今みたいなおはなしになる前は
おじいさんとおばあさんが、桃を食べて若返って桃太郎が生まれたとか

ほかにもちょっとHなおはなしがいっぱいあってびっくり!


ほんとはこのアニメのほうがほんとのおはなしに近かったりしてw


投稿 : 2019/02/16
閲覧 : 350
サンキュー:

48

ネタバレ

げろりん

★★★☆☆ 2.2
物語 : 1.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

ナニコレ?

本当になんで全部見ちゃったかなぁ…
思い返すと面白いところどこにもなかったなぁ。
おっぱいと尻しか記憶に残らないアニメでした。

投稿 : 2017/12/22
閲覧 : 149
サンキュー:

1

大先生

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

一話でだめでした。

視聴中
【モモキュンソード】
立派な桃だな
アマゾン気にしてて全然見てなかったせいだけじゃないと思うけど空っぽな気がしてならない

切った

投稿 : 2016/09/22
閲覧 : 102
サンキュー:

1

麦茶

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

B級アニメの魔力

【B級アニメの魔力】(2014.7/24)

そこまで面白いわけじゃない物語、数は多いがそこまでパッとしない主要キャラ、そこまで動かない戦闘シーン、そこまで絶賛するほどじゃないBGMやOPED、そこまでエロくないサービスショット。

声優や一部のキャラについてはなかなか良いですが、それでも特筆して視聴意欲に関係するかと言えば微妙なところです。まあ鬼姫は他作品のキャラとくらべても申し分なく可愛いし、正直褐色ドストライクだし、桃子の額当てで中分けになってるテンプレ前髪も大好きですけどネ。さらには憑依合体で色々なコスプレも披露してくれて、なかなか目には優しい作りになってます。

それでも、何故自分がこのアニメを見ているか聞かれてもよく分かりません。

実際、旅中に流れるのどかなBGMや、変身バンク中の90年代チックなBGMは聴いているうちにだんだん癖になりつつありまして・・・。このようなアニメは、今までも1クールの中にだいたい一つは見かけてました。前期は何だったかな~。まわりの評価は高かったみたいですが、私の中では極黒のブリュンヒルデがそれに当たるのかもしれません。

な~んか見てしまうんですよねw そして気が付くと1クール終わってるんです。本当に不思議だ・・・。
自分が気付いてないだけで、こういう作品には何かしら魅力があるんでしょうね。

モモキュンキュン。まあでもこういう時間もなかなか悪くないと思います。

(追記・・・)
OPのサビ前にある乳ドリブルはあれ一体なにがあったんや・・・。
バインバインどころじゃないぞ。おっぱい痛そう。

投稿 : 2016/06/21
閲覧 : 154
サンキュー:

11

ネタバレ

ANKR2gou

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

桃太郎の女性版に天女や陰陽師(安部晴明)、かぐや姫なども出てくる。
鬼退治より、桃の欠片を集めるのが主目的。

可愛い子の乳揺れ(揺れ過ぎだけどw)と尻を愛でるアニメ。
偶数話にサービスシーンが多い(特に4、8話)。
9話から一気に話が進む。
中堅の女性声優が沢山。

投稿 : 2015/12/02
閲覧 : 72
サンキュー:

1

赤羽 和人

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

桃からうまれた桃太郎ではなく桃からうまれ桃子❗❗

はじめは昔話の桃太郎かなと思ていたが観ていくとやっぱり桃太郎だった
内容は桃太郎だが桃からうまれた桃子というのも観ていて面白いと感じた
絵はとてもきれい
キャラクター数はちょっと多いかな?

投稿 : 2015/10/01
閲覧 : 112
サンキュー:

2

ネタバレ

退会済のユーザー

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

モモキュンソード

女の子桃太郎の桃の欠片を探して冒険するお話。
胸の揺れとお尻の作画にこだわりを感じるアニメだった。
でもOPの走りは胸痛そう…。

4話、8話はいつもより肌色成分多めのサービス回。
9話からシリアス。

各話感想↓
1話 憑依合体! モモキュンソード!!
{netabare}
動物相手でもスケスケは恥ずかしい桃子。胸元開けてる方が恥ずかしいと思うけれども。
栗可愛い。
絵がヘタな桃子。鬼でかい。木刀折れる。
憑依合体!
天女様意外とゆるい。{/netabare}

2話 合縁鬼縁!? 鬼姫参上!
{netabare}ももまん対決。どんどんおでぶに…。400個分の代金凄い事になってそう。
街が火事に!幻術でした。服がとける幻術。えろい。服だけ切る技術。
ドMの天女様お付き。天女が作るきびだんご。
猿と憑依合体して金髪に。
欠片奪われた。{/netabare}

3話 一心同体 天女隊!?
{netabare}天女無能。
安倍晴明登場。式神可愛い。
捕まったかりん。
艶鬼はレズっ気がある?
天女隊仲間思い。
雉と憑依合体。緑髪に。服の生地が少ない気がする。
鬼姫に服掴まれたから胸丸出しに。{/netabare}

4話 豊乳乱舞!? 三保の松原!
{netabare}天女の慰安旅行。敵とエンカウント。
雉の人間姿可愛い。サービス回。
敵だけど仲良い。
雉の水着エロイ。
天女様の料理は…。
巨大イカを釣りあげた!?{/netabare}

5話 疑心暗鬼!? 霧に潜む罠
{netabare}話飛ばしたかと思った。そして欠片奪われた。
不仲。いつまで睨み合ってるの。
BGMが凄くカッコいい。{/netabare}

6話 歌姫爆誕! 天女隊でびゅ?!
{netabare}街の人怖い。
天女隊の入浴シーン。
アイドルに!痛鎧。天女饅頭。
安倍晴明が親衛隊に…。
鬼姫はアイドルに興味が。
凄い行列。
アイドル引退。返金騒ぎ。
裸の桃子絵人気。{/netabare}

7話 喪失危機!? 桃子の大切なモノ
{netabare}いきなりの戦闘。大事なモノが崖下に。
構ってもらえないのが寂しい鬼姫。
晴明が欠片発見。お持ち帰りに。晴明挙動不審。
あきらめる桃子。
鬼姫いい鬼。{/netabare}

8話 桃色企画?湯煙に消えた下着!?
{netabare}女子がウキウキ。4話と同じくエンカウント。
男湯も映す。トウテツガード。
晴明がのぞき!誰もいなかった。
全員のパンツが消えた。天女様…。
身内の不祥事。
生け贄のクシナダ。まだはいてない女の子。
生身はいらない!?下着フェチ。天女様の下着捨てられた。
パンツ食べた!?
雉と憑依合体!はいてない。
若い人のじゃないとパワーダウン。
パンツ吐き出した!?なぜ亀甲縛りなのだろうか。{/netabare}

9話 超急展開!? モモの秘密!
{netabare}結構集まっている欠片。
似たもの同士。お揃いの指輪。
天女と鬼の子供…それが桃子と鬼姫という事は双子の姉妹!?
鬼だらけ。鉄鬼さん久しぶり。{/netabare}

10話 驚天動地! 逆襲の鬼ヶ島!!
{netabare}科学者カグヤが月から日本に。
欠片が勝手に動き出した。
久々のおじいちゃんとおばあちゃん。
鬼が島は海底にあった。そして浮かんだ。
手当たりしだいに攻撃!?天界に攻撃。
鬼に攻撃したせいで桃が欠片になっていた。{/netabare}

11話 最終決戦! 桃子対邪鬼王!!
{netabare}邪鬼王まで裏切った妖鬼。
もう迷わない!鉄鬼瞬殺。
邪鬼王強い。
封印なんてあったのか。三神合体!髪の毛はピンクに。母と似てますね。
倒す時の作画カッコいい。{/netabare}

12話 桃色幻想! モモキュンソード?
{netabare}カグヤ生きてた。妖鬼粉々に消えて桃も砕け散った。
桃子 vs 鬼姫
落下が止まった!鬼は飛べない!
急に採点する桃子。
落ちた二人。どうなると思ったら描写なかった。

もう数カ月。新・天女隊!
旧天女隊のが可愛い。またアイドルやるんですか。お金がないんですね。
平和な鬼ヶ島。角が生えた鉄鬼さん。
毎日戦う桃子と鬼姫。100戦目。
カグヤの入浴シーン!
めでたしめでたし。{/netabare}

2015/08/19ニコ生一挙放送視聴 ニコ生アンケート↓
とても良かった 87.4%/まぁまぁ良かった 7.9%/ふつうだった 2.4%/あまり良くなかった 0.6%/良くなかった 1.7%

投稿 : 2015/08/19
閲覧 : 145
ネタバレ

あのみ

★★★☆☆ 2.6
物語 : 1.5 作画 : 2.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 2.0 状態:観終わった

頭空っぽにして見れば

声優はいいし音楽もそこそこいいので見れない(聞けない?)ことはないと思う。
ネットサーフィンしながらだとかブラウザゲーしながらだとかなら作画の崩れもよくわからんストーリーも気にならずそこそこ豪華な声優陣の声で聞き続けれる、というとてもポジティブな考え方

ただ少しでもアニメの内容について考えてしまうと恐らくそこで市長は断念することになるかも

投稿 : 2015/08/12
閲覧 : 154
サンキュー:

1

ネタバレ

ぷりんもう

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

パチンコ原作っぽい。

昔ばなしの「桃太郎」の
萌えバージョンって感じの
ファンタジー、ギャグ、バトルのアニメ…かな。

桃のかけらを集めるため
主人公の桃子は旅立つんだけど
桃子
鬼属
天女
朝廷
とそれぞれの思惑があり、それぞれの目的がぶつかり合う、そんな内容です。

ただ、シリアスな展開はあまり無くて
バトルシーンも楽しく見ることができました。

微エロを楽しみつつ
キャラを愛でる、
そういう視点で見ると結構楽しめそうなアニメです。

投稿 : 2015/05/31
閲覧 : 140
サンキュー:

2

ネタバレ

kochan

★★★☆☆ 2.5
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 2.5 音楽 : 2.5 キャラ : 2.5 状態:途中で断念した

おっぱいアニメ

桃太郎をオマージュしたおっぱいアニメ
桃子が犬、猿、雉との3種の合体変身する設定は悪くない。
でもストーリがいかんせん単調すぎる。
揺れるおっぱいに頼りすぎ、桃なんだから尻アニメなら完走できたかも

投稿 : 2015/03/02
閲覧 : 130
サンキュー:

1

karinchaco

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

王道ストーリーが好きで鬱展開が苦手の人に見てほしい作品

パチマネーの道楽アニメ位にしか思っていなかったのだが、いい意味で裏切られました。
とにかくおっぱいが揺れる揺れる。ただでさえ不自然なくらい大きなおっぱいなのに大丈夫かというくらい揺れる。ここまではパチマネー特有の作画にお金かけてますよアニメ。このケースは脚本がくそで見るに堪えないものが多いなか、思っていたより面白かったです。

物語の骨子は桃太郎を下敷きにしているので世界観や情勢がすっと受け入れられます。主人公の目的がはっきりしていてその動機づけもしっかりしており、その取り巻きもおつきの三匹に加え天女さんが4人ついてきますがいずれもしっかりキャラが描き分けられています。戦隊モノのテンプレのような敵側もキャラがはっきりしていて、かつ鬼姫というライバルまで登場します。
ストーリー自体も特別複雑なことはなく、ちゃんとお色気のための水着回、下着回を踏まえつつラストバトルになだれ込んでいく姿はもはや様式美すら感じます。ラストも理不尽な展開は特になく多くの人はこのエンディングで納得できます。絶賛することはできませんが、できもしないのに伏線はりまくった挙句、最終回で突如過去に戻るという謎展開をやらかし爆死するよりはよっぽどましです。

キャスティングも豪華です。声だけ聴いてると一瞬ゆるゆりと聞き間違えることがあるかもしれませんがご愛嬌です。

当初の期待値が低かったため私としてはいい作品のように感じましたが、出来としては中の中です。しかし、王道ストーリが好きで鬱展開が苦手の人やとにかく何でもエロが見たいという人には積極的おすすめしたい作品です。

投稿 : 2014/12/19
閲覧 : 106
サンキュー:

8

ネタバレ

Baal

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ももたろうさん、ももたろうさん。お腰につけたきび・・・って女の子なの!

「桃太郎は女の子だった・・・」という設定で

パチンコ機が作られ、スタッフ有志によって

新たに世界観等を組み立てられデジタルライトノベル

としてできたものをさらにテレビアニメ化した作品である。


桃から生まれた桃子が犬神、猿神、雉神と桃里郷で

暮らしていたところある宝を狙って鬼が攻めてきた。

その宝にまつわる話を天女たちから聞き、鬼に奪われない

ように集めてまわる旅に出るのだった・・・。


地元が桃太郎の伝承が強くある、全国的にもわりと

有名な(たぶん)岡山であるので、視聴した次第で

あるのだが、どこまでがこれにあるのかが謎では

あったが、まあ物語として元ネタを踏襲しつつ一つに

縒り合わせて完成させるにはこのくらいがいいのかな

と思います。

作品としてはとにかく揺れるところが揺れますねと

いう印象がかなり強く出ていたように思いました。

その点は男向けなのだろうと思います。

まあ全体的にそういう感じの女の子ばかりがいまし

たから。

元ネタが元ネタなので鬼と戦うところがあるのですが

その戦い方はお粗末なものに思いました。

結局、三神と合体するととても強化される。そして

ある程度までは一撃。そのうち気力だけで強化。

という展開が繰り返されただけのように思うからです。

桃子だけでなく天女や陰陽師が戦うところもあります

がそれもあんまり変わり映えのしない感じに思いました。


間の穴埋めのため流れがよく分からんところがある

ように思いますがくだらない展開と思って見ると

いいのかなと思いました。

◆個人的点数評価 73.235点


余談

{netabare}
桃太郎の伝承は様々な地域に残っています。その中に

実は女の子だったという地域も存在しています。

そのあたりの話をうけていたのではと思いました。

いろいろと言いたいことが山ほど出てきそうなのですが

他地域の伝承等に相容れないところもあるので

そのあたりは書かないことにしておきます。

くだらない話まで読んでくださり誠にありがとうございます。
{/netabare}

投稿 : 2014/11/24
閲覧 : 204
サンキュー:

26

K

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

桃!

昔話を萌アニメ化するとはなかなかやりますね。
他の作品もやってほしいですね!?

投稿 : 2014/11/22
閲覧 : 117
サンキュー:

2

テンガロン

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

遊技機業界色が濃い作品

初見の感想としてはタイトル通りの感想ですね。

・オタク青年層をターゲットにした萌えキャラ
・昔ばなしを題材にした誰でも分かる設定
・パチンコ、パチスロで使い勝手の良い色設定
・素材流用を前提とした画面構成

アニメ制作をし、他のメディアでも流用して
コストを抑えましょう、というビジネスモデルから
発案された企画ではないでしょうか?

この手のビジネスではその道のプロの
協力無くしては成り立たないんですよね。

「餅は餅屋」が一番ベストなので
あとはどうハンドリング出来るかが一番重要ですね♪

今後もこういった挑戦的な企画は
無くならないで欲しいです!

アニメの濃い色を見る度に
「こいつは色ナビ要員かな?」
「これは激アツキャラかな?」と妄想して
見てると面白かったです(笑)

パチンコ、パチスロはつまんなそうなので
やりませんけど(笑)

昨今では 遊技機もエロ規制が厳しいみたいですね。
モモキュンのエロ不足もそういう理由なのかな?

投稿 : 2014/11/14
閲覧 : 160
サンキュー:

22

ネタバレ

Lovin

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

観た感じ

■概要{netabare}
 原案:キビダンゴプロジェクト

 監督:柳伸亮
 シリーズ構成:玉井☆豪
 キャラクタデザイン:冨岡寛
 制作:トライスラッシュ×project No.9

 OP:「桃色ファンタジー」
     by 千菅春香

 ED:「モモキュンソード」
     by 桃子(竹達彩奈)
{/netabare}
■感想
 原作ライトノベルは未読でTV放送を視聴。桃太郎の話。

□最初に書いた感想
 {netabare}世界ではなく日本に飛散した、手に入れた者に絶大な力を授けるといわれる伝説のアイテムの欠片を集めようとしている。

 お供に犬、猿、雉を随え鬼を退治(対峙?)すると言う、基本的な設定は御伽噺の桃太郎と同じ。

 人ならざる鬼と対峙するために用意されたのは、何れかのお供と憑依合体するという技。

 この設定とお色気のゴリ押しで、視聴する姿勢が一気に冷静になってしまう。

 見切ったとか、先が読めるとか偉そうなことは言わないが、最終的には{netabare}一人と三匹が一つになるんでしょ{/netabare}的な発想は自然に発生する。

 素性の知れない老夫婦に育てられた得体の知れない子供が帯刀というのは少々解せない。あと片田舎の老夫婦に育てられた割に、無駄に衣装が派手。

 桃太郎には犬、猿、雉のお供に仕えているという前提で始まっているが、普通の畜生ではなく犬神、猿神、雉神らしい。神々しい存在が何故お供しているのか、何故敬称が「様」なのかも疑問。

 {netabare}鬼の姫君との因縁を持たせたのは若干気にはなる。{/netabare}

 とりあえず純粋で冷静な目で見ることが出来そうにないので、第2話視聴時点でレビューしておく。

 あと、パチ屋マネーが凄いのか、キャストも無駄に豪華。{/netabare}

□2014/11/14追記
 私如きの考えた結末は通過点であって、もっと他のテーマが待っていた。主人公とその周辺に感じた疑問もあの設定ならば当然と言える内容だった。

 そして決着後は、昔話をモチーフとした本作品に相応しく、視聴者を安堵させる内容で、「終わり良ければ全て良し」とは言わないが、昔話を聞き終えた時のような穏やかな気持ちになった。

投稿 : 2014/11/14
閲覧 : 134
サンキュー:

31

ローズ

★★★☆☆ 2.4
物語 : 1.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

全然キュンキュンしないです

桃から生まれた桃子。
犬神・猿神・雉神と修行をする日々を過ごしていた。
ある時、三千実の桃の欠片を鬼から守った事によって皇天女(すめらぎてんにょ)に欠片集めの依頼をされて旅に出る事となった。

正直なところ、内容は微妙です。
微妙なストーリーに微妙なキャラ設定、微妙なエロと何かが足りない内容です。
もう少しエロを徹底すればエロ枠作品として視聴できるのですが、これもダメ。
あまり楽しくない作品という事ですね^^;

桃子と鬼姫との関係もよくありがち。
三千実の桃の欠片集めも単調です。
最後に決戦があるのですが、いまいち盛り上がりに欠けます。

本作品に期待したらダメだと思います。
まあ暇潰し程度だと思って視聴するのがいいでしょう。

投稿 : 2014/11/13
閲覧 : 183
サンキュー:

32

ネタバレ

退会済のユーザー

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

桃太郎はお伽話からSFファンタジーへ・・・桃尻万歳

おはモモー!
・・・というフレーズを流行らせようとしてたみたいですが、流行らない気がします。

でもED「モモキュンソード」はすごく可愛らしく、こっちは中毒者続出間違いなしです!
敵も味方もない平和な雰囲気に癒されます。
お前ら本当は仲良しなんだろ~と思っちゃいます。
‘ソード キュンキュン♪’と‘急接近 待って!3つ数えて レッツゴーナーーゥ!!’のとこがたまりません。


それはさておき、モモキュンソードが単なる『桃太郎』の女体化アニメだと思われていたならば残念でなりません。
桃から産まれた桃太郎ならぬ桃子ちゃんが主人公、というところまではまさしく只の女体化なのですが、それ以外は大胆にアレンジが施されています。

桃太郎といえば鬼退治、ですね。
では何故鬼退治するのかというと鬼が人間に悪さをするからです。
今作はその勧善懲悪のストーリーを膨らませ、強大なエネルギーを秘めている「三千実(みちみ)の桃」の欠片を巡って鬼たちと戦い、地球を救う壮大な感じになってます。

桃の力を悪用しようとする鬼族、それを阻止しようとする天界、そして人間界を守るため政府から遣わされた安倍晴明(なぜ?)。
鬼族・天界・人間界の三つ巴の争いに新たに加わるのが主人公の桃子、というお話です。

その他設定。
{netabare}
まず、雉・猿・犬はそれぞれ雉神・猿神・犬神となっており、桃子が生まれたときから彼女のお供をしている、ということになっています。あと、人間の言葉を喋ります。
三匹を手なずかせるために用いられたきび団子はなんとも凄いアイテムに。
雉神・猿神・犬神いずれかと共に心を通じ合わせきび団子を食すことで、「憑依合体」をすることができます。これが中々面白い設定だなと思います。


対する鬼も女体化しますがそう安易ではなく、鬼の長・邪鬼王には鬼姫という娘がいた、ということになっています。
この鬼姫がことあるごとに桃子と対峙し競い合う中で友情のようなものが生まれ、しかし自身は鬼であるために複雑な気持ちに苛まれる。
もう一人の主人公として申し分ない存在感でした。


最後に、鬼が島。モモキュンでの鬼が島は、お空の上の天界に攻め込んだことで逆に地中深くまで沈められたという経緯があります。
そのため邪気王はじめ鬼たちは天界に住む天女を激しく恨み、復讐の機をうかがっていました。
天女の長・皇天女(すめらぎのてんにょ)と邪気王の長きにわたる確執、というのも物語の醍醐味になりそうです。

〈追記〉
あと、あの‘かぐや姫 ’も関わっています。なぜか。月から地球に研究のため降りてきたものの、船が壊れて戻れなくなったため、桃の力で月へと帰りたい。そのために安倍晴明と鬼を利用し、裏で暗躍します。
これだと黒幕みたいですね(笑) でもあまり良い描かれ方はしてないですね。可哀想なかぐや姫。
{/netabare}


作画は丁寧で、戦闘描写も閃乱カグラなんかを凌ぐ迫力でした。
音楽も同じく、侮りがたい本格仕様で‘天女隊のテーマ(BGM名は知りません)’など渋くてかっこいい。
声優はヒロイン達よりも脇を固める男性声優・・・猿神役の森久保祥太郎さん、邪鬼王役の銀河万丈さん、妖鬼役のチョーさんらが凄い。
いやしかし竹達さんの迫真の演技も結構いいものです。きっと某プロレスアニメで腕を上げたのだと思います。
ヒロイン、たくさんいますけど一番可愛いのはトウテツです。あんなに可愛い顔してるし声優も加藤英美里さんだし、男の訳がないと思っています。というか、たとえ男の子でも・・・。
巨乳揃いの中で孤軍奮闘した栗(マロン)ちゃんにも、人知れずエールを送りたいと思います・・・・。



パチンコ原作、その後ライトノベルに派生ということで、雑多な設定とパロディとお約束のお色気がもりだくさんです。
ある程度は時代背景に沿って真面目に行くのかなと思いきや、色々と外してきたので面食らいました。
{netabare}
大和絵はあんなにカラフルなのか、とか現代の水着を普通に着ちゃってるじゃん、とかフライング○ッグって口に出しちゃダメでしょ、とか。
{/netabare}

中盤の展開はアニメオリジナル?だとしたら設定のハチャメチャ感やパロディの連発はもう少し抑えて欲しかったと思います。あれはあれで楽しかったのですが、勿体ない気もしたので。
お色気シーンが多すぎ、あざとすぎという見方に関しては・・・元々ああいったものを目当てに見ている視聴者に向けてのサービスということで、仕方ないかと。


それでも、最終的な到達点と思われる「桃子は何のために戦うのか?」というテーマは桃太郎にも通じるものがあります。
人間のためというよりかはお爺さんやお婆さん、大切な人のために戦う。そんなヒロインとしての桃子が魅力的でした。
意外とおとぎ話みたいに教訓めいたメッセージが込められているかも?
モモキュン、主人公だけでなくキャラクター全員にスポットが当てられて綺麗に纏まっていたのが一番嬉しかったです。良作です。

投稿 : 2014/11/11
閲覧 : 153

Querl

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

昔話風な、ちょいエロアニメ (*´・ω・)

「桃から生まれた・・・桃子」(*´・ω・)
一応、お話に大きな軸はあるのですが、基本1話完結的な内容なので
とても観やすいんじゃないでしょうか(*´・ω・)

メインヒロインの「桃子」以外にも女の子イッパイ出てくるのでありがちな
パターンで、ちょいエロシーンも多々あります(*´・ω・)

笑いあり、ちょっとシリアスな場面もあり、でも最後はハッピーエンド?なのかな???

ちょっと重い、シリアスなアニメを見た後にでもどうぞ^~^

投稿 : 2014/11/11
閲覧 : 127
サンキュー:

8

イスラフェル

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:途中で断念した

1話で

無理でした。
キャラとか、作画とか、話とか・・・・

投稿 : 2014/11/03
閲覧 : 98
サンキュー:

4

PPN

★★★★☆ 3.1
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

桃太郎が女だったら( ´艸`)

『桃から生まれた桃太郎』が女だったら
桃のようなおっぱいがメインのお話に。
ってアホかァァァァヽ(`Д´#)ノ
……失礼。
でもまぁそんな感じのお話でしたw
2014年夏アニメのエロ枠と言った作品ですかね。


ストーリーはとても分かりやすかったです。
桃太郎女の子版と思って頂ければ間違いないかと。
逆に新鮮味に欠けるかなと思う程ベタな展開でした。

まぁ、あれだけ沢山の女の子が限界ギリギリと
思われるサービスカットを披露してくれるので
ストーリーよりもキャラで楽しめって事ですかねw
とにかく毎度ベタなエロいシーン満載ッスww

作画はこの内容に合ってたと思います。
キャラデザなどは思ったより丁寧でしたしね。
声優陣は主人公を竹達彩奈。
脇はなぜか「ゆるゆり」声優が多くてビックリw
事務所的なヤツですかね?


中身よりキャラで勝負の1本になっています。
エロやおっぱい祭りが好きな方に特にオススメの作品w
全力で男の子向けってところですね(〃ω〃)v
はい、そこ!おっぱいおっぱいハシャがない!
廊下に立ってなさい!



《キャスト》
桃子(CV.竹達彩奈)
猿神(CV.森久保祥太郎)
雉神(CV.今井麻美)
犬神(CV.羽多野渉)
天女隊 林檎(CV.三上枝織)
天女隊 水花(CV.三森すずこ)
天女隊 栗(CV.大久保瑠美)
天女隊 花梨(CV.大坪由佳)
鬼姫(CV.津田美波)
邪鬼王(CV.銀河万丈)
安倍晴明(CV.日野聡)
トウテツ(CV.加藤英美里)
かぐや(CV.小松未可子)
クシナダ(CV.下田麻美)
皇天女(CV.浅野真澄)



《主題歌》
OP:『桃色ファンタジー』/千菅春香
ED:『モモキュンソード』/桃子(CV.竹達彩奈)

投稿 : 2014/11/02
閲覧 : 268
サンキュー:

37

キリン 

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

先が読めて、それが当たってて、うれしい

とりあえず
おっぱいが凄い

はじめて観たときは、ティクビが丸出しかと思ってびびりました。
頬を赤らめる表現のように
乳房を赤らめピンクのグラデーションをかけて
一瞬
「ティクビが出てるっ!!」
と思わせる制作側の姑息な罠にひっかかり
序盤は何度もハッとさせられました。


話は打って変わって
おっぱいの揺れ具合ですが
笑えるほど揺れています。
と言っても、本当に家で一人で
おっぱい観ながら笑っているわけではありません。

でもOPは引きちぎれそうなくらい揺れています。


序盤で
「こんな感じか・・・」
とだいたい雰囲気が掴めたところで
先が何となく読めて、もう観るの止めようと
思ったのですが・・・

私が中学生のころ大好きだったアニメ
『桃太郎伝説』がチラついて
結局、最後まで見届けました。

もう一度『桃伝』が観たいと思ってたんです。
キャラ設定などが似てるんですよ
この『モモキュンソード』と言うやつは!

まあ、元ネタがどちらも『桃太郎』ということで
ある程度似てしまうのは仕方が無いとして、
それを差し引いても似てたんです。
(別に怒りの感情はないです)

ストーリーもほぼ想像どおりの展開で
ハラハラドキドキは無かったですが、
終わると思うと、どこか寂しい。
いつのまにかキャラに愛着が湧いてしまった感じです。

OP曲は、なかなか癖になりました。
仕事中に誰にも聞こえないようにこっそり歌います。


中盤で女の子のパンツを食べてパワーアップする鬼がいますが
それが一番印象に残っています。

僕は食べたことはありませんが、
力が湧いてくる感じは伝わってきました。

投稿 : 2014/10/30
閲覧 : 182
サンキュー:

25

fluid

★★★★☆ 3.1
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

桃から女の子の赤ちゃんが、桃太郎の女バージョン。

戦う女の子とサービスシーンがメインのアニメ。
いつもおっぱいがゆれてます(笑)

1話の冒頭、
「女の子がすくすくと成長し、とっても立派な桃が実りました(胸ズーム)」

ももこのはだけた胸が桃に見えるデザインが小学生のいたずらみたいな感じでウケました(笑)

桃太郎を意識してるのか、小難しい話も無くとても分かりやすい演出。
ハマる要素はないけど息抜きに見るにはちょうど良いアニメですね。

投稿 : 2014/10/28
閲覧 : 86
サンキュー:

8

ooty

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

一言感想

桃太郎の題材のせいか、ゆる~い話しの子供向けな感じ
安倍晴明なんてのもでてきたが、単なるおバカキャラでした
おバカキャラといったらもうひとり、生贄天女!
唯一、過激な登場シーンで、頭を抱えてしまった(笑)
=以上=

投稿 : 2014/10/25
閲覧 : 96
サンキュー:

4

Ka-ZZ(★)

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

「桃から生まれたのは――女の子!?」

この作品の原作は未読・・・もともとはWebライトノベルで毎週朗読されていた作品のようですね^^
事前情報は公式HPをチェックしていましたが、これも放送を待ちわびていた作品の一つでした^^

なぜなら主役の桃子を演じるのがあやち・・・(//∇//)
彼女のコロコロとした声色は、桃子のような元気な女の娘にピッタリなので^^

桃から生まれた桃子は、桃里郷で犬神、猿神、雉神と日々剣術の腕を磨きながら暮らしていました。
しかし、ひょんなことから日本各地に散らばった三千実の桃(みちみのもも)のカケラの収集を手伝うことになりました。
でも、その桃のカケラは鬼たちも狙っていたのです。
こうして鬼たちと桃のカケラをめぐる争いが始まっていきます・・・

桃子は犬、猿、雉と一緒に鬼退治・・・
これらの構図からも分かるように勧善懲悪モノです^^
でも、物語は私達が知っている昔話と展開が異なるので、最後まで目が離せないのですが・・・

それよりキャラ重視・・・というより、桃子の・・・いえ、竹達さんの魅力がギュッと詰まった作品だったのではないでしょうか・・・?
彼女のファンには堪らない作品だったと思いますし、私もしっかり堪能させて頂きました(//∇//)

日常の桃子・・・鬼と戦い剣を振るう桃子・・・あやちの声をあてた桃子はとてもイキイキとした魅力に溢れていましたし、キャラとCVのイメージもピッタリでした^^

もちろん、天女隊や安倍晴明の活躍も見どころは十分ありましたし、鬼姫のエピソードも決して嫌いではなくむしろ好み・・・
だけど、それ以上に桃子の・・・あやちに色々と持っていかれてしまった・・・というのが本音です(//∇//)

オープニングテーマは、千菅春香さんの「桃色ファンタジー」
エンディングテーマは、桃子(竹達彩奈)さんの「モモキュンソード」
ノリの良いオープニングも好きですが、エンディングの冒頭で左右に歩く桃子が妙に目に焼きついてしまって・・・エンディングは毎回欠かさず見てました^^;
エンディングを歌っていたのがあやちだったので、2倍楽しめた気がします^^

Webライトノベルの方では、第1期と第2期があるようで、この作品は1期に相当する作品のようです。
第2期のアニメ化はあるのでしょうか・・・もしあるなら、またあやちの魅力が堪能できる作品になるのでしょうね^^

このレビュー・・・振り返ってみると、あやちの事しか書いていない(//∇//)
竹達さん・・・今後益々のご活躍を期待しています?

投稿 : 2014/10/19
閲覧 : 107
サンキュー:

17

plm

★★★☆☆ 2.8
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

も、桃・・・

 声優がたけたつにみもりんにゆるゆりパーティやらミンゴスとなかなかにカオスだったので、
気になって観てみたものの、あまりにありきたりすぎるストーリーであえなく5話断念。

正義と悪が分断されてて画一的な目的のために薄い葛藤で勧善懲悪一辺倒なのもつまらないけど、
敵と中途半端に馴れ合うあたりもそれはそれで面白くないという、まぁ色々と合わなかった作品。
バトル展開はやっぱり結末がわからない方が好きだ。この作品の場合お約束に過ぎないからなぁ。

ただ一つ気に入ってた部分は技名!技名がかっこいい。
『六爪刃拳』!『咆哮烈波』!!『光矢乱激』!!!
シンプルだけど、なかなかの語感の良さでいいなーこれ、と思った。

エロ要素は正直あざとすぎて、低俗すぎない?これ。
あの露出の多い服で、胸見せて 桃です って…… Oh..

投稿 : 2014/10/15
閲覧 : 113
サンキュー:

10

ネタバレ

37111

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

おっぱい

おっぱいアニメ。

最後だけシリアス感出しても。。。ねぇ。。。

投稿 : 2014/10/10
閲覧 : 114
サンキュー:

3

ネタバレ

もあにめ♪

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

♪よくもわるくもないのも好きですね♪

このアニメは、5点のうちの 「3点」 ジャストのカテゴリーにふさわしいのかなと思います。つまり、よくもわるくもない、ふつうのレベルといったところでしょう。たくさんの人に見られたり、とことん好かれるタイプのアニメではありませんが、マイナー、もしくはニッチなテーマからは、ひねりのあるエフェクト、および、ふだんでは気がつきにくい、ビジョンやアングルを変えてみないことには 「あっ!そっか~♪」 とならない、目からウロコなフレーズが出てきたりすることがよくあります。アニメスタッフさんによるユーモラスないたずらを見かけたりも。たまにそれらがオープニングとエンディングのシーンにかくされている、もしくは、歌そのものにかかっていることも。そういったものをさがすのも楽しいものですよ。かくれんぼです。

どこかぬけ~ちゃってる感じがする、けれど、桃子さんはゴーイング・マイ・ウェイでありつづけていたい。そんな気持ちを歌った 「モモキュンソード」 のエンディングテーマが好きだったりします。オープニングのほうも、歌にあわせて 「あいあいあい、こころはれやかに~♪」 とかえ歌したくなる。さくらのバックがすごくきれいですね。

大きなオニのほかには、わるさをするモンスターはほとんど出てきませんでしたね。小さなオニさんたちは、クライマックスのときにくずれてくるお城からギリギリでなんとかにげられましたね。桃子さん + 天女隊たちとおなじように。ほんとうによかったです。天女隊、ラストでかっこよかったです!

10/8/2014: すこし書きなおしました。

投稿 : 2014/10/08
閲覧 : 79
サンキュー:

7

ato00

★★★★☆ 3.4
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

桃色アニメ? いいえ、オニキュンソードです。

日本昔話、桃太郎がモチーフ。
作画が派手な桃色燃え萌えアニメです。
モモから生まれたヒロイン桃子さん。
日本の平和を守るため、犬神、猿神、雉神を従えて、桃のかけらを集めます。
桃の国、備前を出発し、全国行脚。
鬼たちとの戦闘で、桃子さん、お決まりの憑依合体で鬼退治です。

このアニメ、悲壮感がありません。
戦闘が楽しそうです。
なんだかんだで、陰陽師や天女隊、はては鬼たちも加わり、当然の温泉回です。

桃子さん、モモキュンだけあって不自然に胸が大きい。
OPの胸の揺れ方はホント気色悪いです。
気色悪いと言えば、桃色唇の猿神がピカイチ。
そこまで、桃色にしなくても・・・。
一方、天女隊といえば、アイドル路線に走る始末。
商業的な戦略とは言え、何でもアリですね。

一番の好感キャラは、鬼姫ですね。
ツンデレ入った姫言葉。
お決まりの八重歯と澄んだ目。
負けん気の強い性格。
鬼だけど、ソーキュート。
やっぱりこのアニメ、オニキュンソードです。

投稿 : 2014/10/06
閲覧 : 175
サンキュー:

38

nk225

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

『モモキュンソード』は、キビダンゴプロジェクトが制作するデジタルライトノベルを中心としたコンテンツ。

「桃太郎は女の子だった――」という設定で2009年に発売された株式会社西陣のパチンコ機『CR桃キュン剣(ソード)』。その後、スタッフの有志が集まり、奇想天外の「冒険おとぎファンタジー」として新たなストーリー、世界観を設定。「デジタルライトノベル」を中心としたコンテンツ化を計画し「キビダンゴプロジェクト」を立ち上げ、「モモキュンソード」シリーズが誕生した。

脚本には前山信頼、作画協力にCG製作で評価を受けている株式会社トライスラッシュ、音楽制作は株式会社トライアンフ、これにキャスティング協力として株式会社青二プロダクションが加わり豪華声優陣による第一期「モモキュンソード 〜星と黄金の太刀〜」を公開(2012年8月31日)。第二期「モモキュンソード 〜雪と白銀の少女〜」は、2013年7月12日にスタートしている。

2014年7月より9月までテレビアニメが放送された。またこれに合わせ、西陣からパチンコ機『CRモモキュンソード 〜星と黄金の太刀〜』もリリースされる。

奇想天外な世界観ゆえの外来語を用いた自由奔放な台詞回しや、女性キャラクターのテレビ本放送時における露出の自主規制をネタとしたメタフィクション要素を含む台詞回しが散見されるほか、第2話以降はその話の舞台地におけるゆるキャラがカメオ出演しており、エンディングにも「ゆるキャラ特別協力」としてクレジットされている。

オープニングテーマ
「桃色ファンタジー」
第1話ではエンディングテーマとして使用。

エンディングテーマ
「モモキュンソード」(第2話 - 第5話、第7話 - 第12話)
第1話では未使用。
「Ready Go!! -絶対無敵の天女隊-」(第6話)

投稿 : 2014/10/04
閲覧 : 85
サンキュー:

4

次の30件を表示

モモキュンソードのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
モモキュンソードのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

モモキュンソードのストーリー・あらすじ

ヒロインの『桃子』は、桃から生まれた天然系美少女。「皇天女」から一つになると世界を変えられるほどのパワーを持つ三千実の桃(みちみのもも)のカケラを探し集めて欲しいとの願いを受け、持ち前の正義感から犬神、猿神、雉神のお供を連れ、旅へ出ることに。天界側、鬼族、そして人間界。それぞれの思惑が交差する。日本各地を舞台にドタバタあり、ギャグあり、変身あり、バトルあり、そしてちょっとセクシーな争奪戦が繰り広げられる。冒険おとぎファンタジーのはじまり、はじまり!! (TVアニメ動画『モモキュンソード』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2014年夏アニメ
制作会社
project No.9 / トライスラッシュ
主題歌
≪OP≫千菅春香『桃色ファンタジー』

声優・キャラクター

竹達彩奈、津田美波、森久保祥太郎、今井麻美、羽多野渉、三上枝織、三森すずこ、大久保瑠美、大坪由佳、銀河万丈、江川央生、チョー、たかはし智秋、菅沼久義、日野聡、加藤英美里、小松未可子、下田麻美、浅野真澄

スタッフ

原案:WEBライトノベル『モモキュンソード 星と黄金の太刀』、 監督:柳伸亮、シリーズ構成・脚本:玉井☆豪、キャラクターデザイン・総作画監督:冨岡寛、プロップデザイン:大河原晴男、アクション監修:加藤洋人、美術監督:柴田千佳子、色彩設計:児玉尚子、撮影監督:林コージロー、編集:斉藤朱里、音響監督:菅原輝明、音響・音楽プロデューサー:野崎圭一、音響制作:ドッグオンビート/青二プロダクション、主題歌プロデューサー:福田正夫、挿入歌プロデューサー:西辺誠、音楽制作:フライングドッグ

このアニメの類似作品

この頃(2014年夏アニメ)の他の作品

ページの先頭へ