「この音とまれ!(TVアニメ動画)」

総合得点
72.0
感想・評価
203
棚に入れた
651
ランキング
751
★★★★☆ 3.6 (203)
物語
3.7
作画
3.6
声優
3.6
音楽
3.7
キャラ
3.6
ネタバレ

にゃん^^

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

「琴の勇者の成り上がり」。。@6話目

公式のINTRODUCTION
{netabare}
廃部寸前の時瀬高校箏曲部。
一人になってしまった部長のもとを訪れたのは不良少年とその友達、そして箏の天才少女だった。
それぞれの箏の音が紡ぐ青春学園物語―

累計300万部突破の大注目コミックスが待望のTVアニメ化!
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:アミュー(集英社/ジャンプSQ.連載)
シリーズディレクター:水野竜馬
シリーズ構成・脚本:久尾歩
キャラクターデザイン:山中純子
サブキャラクターデザイン:小林利充
総作画監督:山中純子、小林利充
アドバイザー:大庭秀昭
アニメーション制作:プラチナビジョン
{/netabare}
キャスト{netabare}
久遠愛:内田雄馬
倉田武蔵:榎木淳弥
鳳月さとわ:種﨑敦美
高岡哲生:細谷佳正
足立実康:石谷春貴
堺通孝:古川慎
水原光太:井口祐一
来栖妃呂:松本沙羅
滝浪涼香:浪川大輔
神崎澪:蒼井翔太
久遠源:金尾哲夫
倉田武流:花江夏樹
真白:朝井彩加
久遠衣咲:水樹奈々
{/netabare}


1話ずつの感想


#01 新入部員
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
新学期。時瀬高校2年の倉田武蔵は、先輩から託された廃部寸前の箏曲部を守ろうと一人必死に頑張っていた。
だが部室は不良たちに荒らされ、新入部員の勧誘もままならない。
そんな時、警察沙汰を起こし恐れられている新入生、久遠愛が部室に乗り込んで来た。おまけに箏曲部へ入ると言い出して――。
警察沙汰の事件の真相、愛と箏の絆とは。そしてそれを知った武蔵は……!?
{/netabare}
感想
{netabare}
武蔵クンは元ヤンの愛クンが入部するってゆうのをうたがって
ことわってたんだけど、愛クンの親友の高岡クンから
愛クンの起こした暴力事件がぬれぎぬだったって聞いて
その話を信じて、愛クンが箏曲部に入るまでのおはなし。。



武蔵クンが、愛クンに不良にからまれてるの助けてもらったのにお礼もないし
愛クンがなんども入部するって言ってるのにことわったり
不良にからまれるのが、自分が箏曲部にこだわるからなのに
愛クンとつき合ったからひどい目に合ったって思ったりする主人公が小さすぎ

それに、すぐにケンカをはじめる愛クンもウザすぎて
高岡クンが説明するまでギスギスしてて、見ててつかれちゃった。。


そんな2人が変わったのって武蔵クンの説明だけで
おじいさんと愛クンの関係とか、気もちが伝わりにくかったみたい。。

それに武蔵クンをおそった真犯人を自首させたのも高岡クン、って
大事な役を高岡クン1人にまかせちゃって
主役が誰だかよく分からなくなってたし。。


引き取ってくれたおじいさんが、信じてくれたから愛クンが変われた。。
それを知って、武蔵クンも変われた、ってゆういいおはなしだったんだけど
いそぎすぎてダイジェストみたくなっちゃって、もったいなかったみたい。。
{/netabare}
{/netabare}
#02 資格の在処
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
愛が晴れて箏曲部に入部。武蔵はさらなる部員勧誘のため部活発表で箏を演奏するが、全くいい所を見せられない。
にもかかわらず入部希望だという美少女、鳳月さとわが現れる。
さとわは『鳳月会』という箏の家元のお嬢様にして、コンクールで賞総ナメの有名な天才少女だった。その一方で、実は……。
愛も武蔵もさとわに翻弄され、数少ない部員がバラバラに!?
{/netabare}
感想
{netabare}
さとわに楽器をこわすような人は琴をひく資格がないって言われた愛クンは
琴を直すお店のお手伝いに行ってたって分かって
何となく3人がちょっと仲良くなったかな?ってゆうおはなしだったけど

はじめから愛クンが武蔵クンをおどかしたり、武蔵クンもオドオドしたり。。
さとわは、裏表があって、愛クンとケンカばっかり。。
武蔵クンはさとわが本気で日本一を目指すって言ったらキレる。。

さいごはちょっといい感じになったけど
まだ愛クンとさとわが仲よくなったわけじゃないから
あんまりすっきりしない終わり方だった。。


みんなマジメだから、自分が思った通りにならないとイヤなんだって思うけど
おはなしの半分以上、だれかが怒ってたみたいな感じで
怒ってる人のそばに行くとビクビクしちゃうにゃんは
ケンカばっかりで見てるだけでつかれちゃった。。

笑えるところもほとんどないし、来週もこんな感じで
みんなのイライラがつづくんだったら、見るのやめちゃうかも。。
{/netabare}
{/netabare}
#03 新生箏曲部始動
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
このまま部員が5人集まらなければ、箏曲部は廃部になってしまう。
さとわは、なぜか愛を慕っている3バカこと、サネ・みっつ・コータを人数合わせのためだけに声をかける。しかし裏目に出てしまい――。
箏曲部を潰そうとする教頭。それを阻止しようと、さとわの出した提案に、武蔵は度肝を抜かれる。
そんな中、さとわはことあるごとに愛とぶつかって……。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじには「裏目に出てしまい」って書いてあるけど
サネ・みっつ・コータくんたち3人が入ってくれなかったら
どっちにしても廃部だったんだから、よかったよね^^


それにしても教頭先生、愛クンを落とすことばっかり考えてて
今回のおはなし見てて「盾の勇者」の王さまのこと思い出しちゃった^^

やっぱりテンプレキャラだけど
愛クンを特別ににくむ、何かあるのかな?

何があるのか分からないけど
愛クンが入部したせいで教頭先生がつぶしにかかってるんだから
さとわが愛クンに言った通りだから、愛クンもがんばらなくっちゃネ☆彡



そんな教頭先生に対して、サネ・みっつ・コータくんたち3人が
愛クンに恩返し、って、本気出そうってしてくれたところはよかった☆

練習はじまったらビビってたけど
小学生の琴を聞いたら、負けられないよね^^



今回もギスギスしたところが多かったけど

さいごに、さとわがキビシイのって、さとわもきびしく教えられたから
ってゆうのが愛クンにも伝わったみたいだし
さとわも、愛クンたちがダンボールで作った琴を見て
みんなにもヤル気があるって分かったみたいで、これからが楽しみかな^^


それにしても、部長の武蔵クンが空気になりかけてて
誰が主役か、よく分からなくなってきてるみたい?
{/netabare}
{/netabare}
#04 初めての響き
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
『一か月で全校生徒を納得させる演奏が出来なければ廃部』――教頭と無謀な約束をしてしまった箏曲部。
懸命の練習に励む愛たちだが、教えるさとわに天才であるが故の思いも寄らない問題が立ち塞がる。
手を差し伸べる愛と武蔵。皆と触れ合うことで、頑なだったさとわも次第に心開いていく。
そんなある日、さとわから箏という楽器に込められている想いについて聞いた愛は、さとわも武蔵も驚くような音を奏でる。
{/netabare}
感想
{netabare}
箏曲部のみんながなじんできたのかな?ホンネで話せるようになってきて
今までギスギスしてたのが、ウソみたいに丸くなってよかった♪

さいごのほうで、軽音部?の人たちに武蔵クンがからまれてたけど
まわりはまだまだ、箏曲部が不良のたまり場だって思ってて
今回、武蔵クンが職員室に呼び出されたのも、悪いフラグみたいで
胃が痛くなってきちゃったけど、すごく見やすくなってきていいと思う☆
{/netabare}
{/netabare}
#05 響き届け 僕らの音
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
愛の過去を知ったさとわは呆然、動揺のあまり愛の前で涙を見せてしまうのだが……。
そしてついに全校生徒の前で『龍星群』を演奏する日がやってきた。
しかし生徒たちは全くの無関心。ろくに聞く気がないばかりかヤジを飛ばしたりバカにして笑ったり。
それでも真っ直ぐに自分たちの決意を告げる武蔵、心を一つにする部員たち。
箏の音が、愛の想いが、体育館に響き渡る! 大事なものを守り、届けるために――
{/netabare}
感想
{netabare}
今回は、愛クンの荒れてたときのおはなしから
サネ・みっつ・コータくんたちを助けて、箏曲部に入って。。って
仲間がふえて、だんだんと立ち直ってきたおはなしを
琴の曲に合わせてやってて、いいおはなしでいい演奏だった☆


前半は、せっかくさとわがあやまってるのに
愛クンがからかうようなこと言って
ツンデレ2人がまたちょっとギスギスしはじめたけど
根っこの方で分かりあえたみたいで

後半、龍星群をみんなの前で演奏するおはなしだったけど
もちろんミスはいっぱいあったけど
みんなで助け合ってる、ってゆう感じでよかった♪


とくに琴って、大きな音だとカミナリみたく派手に聞こえるのに
小さい音だと繊細に聞こえて
ピアノとかとくらべたらメリハリがはっきりしてて
そんなにうまくなくっても、音が心にまで届いて動かすみたいな気がした^^

聞いてた生徒がみんな、口とかポカっと開けてビックリした顔してて
ちょっとやりすぎかな?って思ったけど
愛クンのソロパートにみんなの音が重なっていくところは
にゃんも、ちょっと泣きそうになっちゃった^^


いいおはなしだった☆
{/netabare}
{/netabare}
#06見えない境界線
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
見事に『龍星群』を弾き切り、部の存続を勝ち取った箏曲部。
盛り上がる部員たちに、武蔵は改めてある提案をする。また愛はシズに一人だけ仁科楽器へ呼ばれて――。
すっかり箏曲部に対する周囲の見る目も変わり、これで安泰……と思いきや。
今まで姿を見せなかった顧問が急に現れたり、何か企んでいる新入部員がやってきたり、せっかくまとまった箏曲部にまたひと波乱が…!?
{/netabare}
感想
{netabare}
演奏も成功して、教頭先生も認めてくれて、次は全国目指す!って決めて
よかった♪って思ったら、顧問の先生はテキトーでイヤな感じ。。

新入生の妃呂も、アツい青春みたいのがにくんでて
ニコニコしながら部員の仲をこわそうってたくらんでる。。
そんなおはなし



今回入った妃呂(ヒロ)を見て
「盾の勇者の成り上がり」のマインを思い出しちゃった。。

それで思ったけど、このおはなしって
音楽部系「盾の勇者の成り上がり」みたいだな。。って


イジワルっぽいキャラが主人公たちを落とそうってしてきて
ギスギス展開のあと、まとまって
「よかった♪」って思ったらまたイジワルキャラが出てきて。。って


「盾勇」もそうだけど、こうゆうおはなしって
ギスギスしてたのが、だんだんまとまってきて
成功するところがいいんだって思うけど
にゃんは、こうゆうギスギスばっかりだったから
見てると苦しくなってきちゃって。。


イジワルな人だって、ほんとはふつうの人なんだけど
いろんなコンプレックスとかあって、イジワルなことしちゃうんだろうな。。
って思うんだけど、リアルな世界だとおはなしみたいにうまくいかなくって
けっきょく、まとまらないまま終わっちゃうみたい。。

だから、おはなしくらい、ギスギスパートはあっさり終わって
ハッピーパートを見たいな。。って思うんだけど
今回、ハッピーだったのは、ほんのちょっとで
「またギスギスパート?」って思ったら、気が重くなった。。

ただ、部員を仲間割れさせるために、妃呂がウソをいろいろ言ってきたとき
「オレは本人が言ったことしか信じない!」って愛クン言ってくれて
ジメジメした部屋に、さわやかな風がふいたみたいな気がした^^


愛クンだけは妃呂のウソに負けないで、みんなを信じてあげてほしい☆彡

それから妃呂は、どうしてあんなウソをつくのか分からないけど
たぶん何か、イヤなことがあったんだと思う。。

さとわにも、そうゆうのがあるみたいだけど
そんな2人の心の中のジメジメも
愛クンの風で、さわやかにしてあげられたらいいな、って☆彡
{/netabare}
{/netabare}
#07 知られざる音の葉
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
体調を崩して休んださとわにプリントを届けに行った愛。しかし住所のメモを頼りにたどり着いたのは、どういう訳かオンボロアパートだった。
熱にうなされ過去を夢にみるさとわ。
愛する母のため、箏に打ち込んでも打ち込んでも、すれ違い遠ざかる親子の距離……当時のさとわは一縷の望みを託し、一か八か行動に出たのだが――。
一方、箏曲部をバラバラにしようと目論む妃呂は、さとわの秘密を皆に暴露しようとする。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしで、さとわと妃呂の過去回。。
ちょっと急ぎすぎて、総集編っぽくなってたかな?
でも、気もちは伝わってきたみたい^^


メインはプリント届けに行った愛が
熱を出してたさとわにつきそってたおはなしで

さとわは、優秀な家元だったお父さんが死んで
やさしかったお母さんにみんなのプレッシャーがかかったせいで
お母さんがおかしくなっちゃって

そのプッシャーをこんどはさとわに回しちゃったから
さとわもたえ切れなくなって、お母さんに反抗しだしたら
縁を切られた(破門された)から、アパートで1人暮らし。。


にゃんは、こうゆうのってイジメとおんなじだ、って思う。。

家族とかに問題がある子が、プレッシャー感じてほかの子をイジメて
イジメられた子が、またほかの子をイジメるみたいな。。

ホントは弱い者どうし仲間になって、支えあえればいいんだけど
にゃんもそうだけど、ほかの人にその思いを伝えれなかったり

あと、まわりの人たちもみんな自分の問題でいそがしくって
その人が自分以上に悩んでたことなんて
その人が死んでからじゃないと気がつかなくって

自殺した人に「そんなに苦しかったんなら、相談してくれたらよかったのに」
なんて言ったりするけど
でもみんな、その人が生きてるうちは自分より苦しんでるなんて知らなくって
その人の悩みなんて、本気で聞いてあげれないんだって思う。。


愛クンはおじいさんがいい人で、愛クンを信じてくれて
それで立ち直れて、前より問題がなくなったから
心にほかの人を受け入れてあげれるヨユーがあるみたい。。

さとわにひと晩ついてて、おかゆまで作ってあげて
でも、さとわが自分から悩みを話すまでは何も聞かない愛クンのやさしさに
ちょっとなみだが出ちゃった。。


妃呂も似たような感じで
友だちからうらぎられてワルモノにされたから
こんどは、ほかの人にそれと同じことをするって間違ってるって思う。。

でも、そうやって、箏曲部の人たちみたいな
ワルモノの話でもちゃんと聞いてあげようってゆう
心にヨユーのある人をさがしていたのかも?

そうゆう人たちが見つかってよかったけど
今まで自分がやってきたことは消せないから
やり直そうってしても、ゼロからの出発じゃなくって
自分が掘ってきた、深ーい穴の下からだから、大変かも。。

2人ともがんばって☆彡


今回は、武蔵クンがまた、妃呂にダメ出しするのかな?って思ったら
ちゃんと受け入れてくれて、武蔵クンも変わってきてるみたいでよかった☆


前に「盾の勇者の成り上がり」みたい、って書いたけど
こっちの方がギスギスが長くつづかないから、見やすいと思う☆
{/netabare}
{/netabare}
#08 みちしるべ
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
改めて妃呂を部員として迎え7人となった時瀬高校箏曲部は、古典『六段の調』に挑む。
“自分なりの六段”“今の自分たちのゴール”とは何か――それぞれに悩む愛と3バカ、武蔵。
大事なものを掴んで少しずつ前へ進む箏曲部が次に目指すのは、関東邦楽祭への出場だ。
部⻑として忙しい日々を過ごす武蔵だが、ずっと心の奥にしまい込んでいたわだかまりを、ことあるごとに少しずつ感じるようになっていて......。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回はいろいろあったみたい。。


ほかの女子とランチを食べるようになったりして
さとわが明るくなってきてる^^

妃呂も自分が悪いことしてきた相手にあやまって、なぐられてきてたけど
変わって、笑顔が明るくなったみたい^^


気になるのは顧問の滝浪先生かな?
全国なんか目指すと、付きそいであちこち行かなくっちゃいけないから
メンドがってたけど。。


あと、愛クンのおばさんが出てきてた。。
ちょっとだらしなさそうだけど、いい人みたい。。


それから、他校の生徒がさとわの引き抜きに来てて
その子の所属してる部と明陵の部が、琴の合同練習するからって
箏曲部みんなで見学しに行くことになったけど
武蔵クンは明陵に落第してコンプレックスがあるみたい。。

それと、滝浪先生は付きそいメンドがってたのに、今回の見学は乗り気で
強豪校の実力を見せて、みんなをあきらめさせようとしてるのかも?



今回は、問題がおきそうな伏線をバラまいてたみたいだったけど
妃呂も変わって、みんな前向きになって
やっぱり、みんなが笑ってるところを見られるっていいな♪


むずかしい曲に挑戦するとかってゆうおはなしだったらいいけど
もう、イジワルな人が出てこないといいな☆彡
{/netabare}
{/netabare}
#09 突き刺さる言の音
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
さとわを追いかけて時瀬高校箏曲部の部室に乗り込んできた少女、かずさ。
「あなたたちじゃ、さとわちゃんにはつり合わない!」
そう主張する彼女に言われて、関東の強豪である姫坂女学院と明陵高校の箏曲部が行う合同勉強会へ見学にやって来た愛たち。
しかしよりによって明陵は武蔵が受験に落ちた因縁の高校だった。
かずさたち姫坂の演奏を聴いて打ちのめされた武蔵は、あることがきっかけで愛と言い合いになり――。
{/netabare}
感想
{netabare}
姫女の琴を聞いた武蔵クンが、全国レベルが高すぎて落ちこんでるところに
いっしょに明陵を受けた子たちが通りがかって
いま、琴をやってるって言ったら笑われたんだけど
その会話を聞いてた愛クンがキレて言い合いになって

また、部がギクシャクしだしたけど
みんなの言葉とやさしさで、立ち直って
できないなりに、みんなで全国を目ざそう!!
って、決まったところでオシマイ。。




姫女の琴がすごかった^^
指揮者がいるわけじゃないのにピッタリ合ってて、すごい♪

それで感心してたら、さとわが姫女の子にさらわれそうになって
愛クンがさとわを引きよせたところとかよかった☆


武蔵クンが、昔の友だちに出会ったところは
にゃんは見てて、別にバカにされたなんて思わなかったけど。。

別れてから、連絡もなくって
でも、受かった人が落ちた人をなぐさめるのはかわいそうだから
武蔵クンから連絡してくるの待ってたんじゃないかな?

それで、久しぶりに会った友だちにどうしてるかたずねたら
ナナメ上の答えが返ってきて、意外だったから
思わず冗談か?って思って笑っちゃったのかも?

たとえば、中学校のころヤンチャだった子が
「今、聖書研究会に入ってて。。」とか言いだしたら
ギャップがありすぎて
マンザイのボケみたいで、思わず笑っちゃうかも?

でも、それって
聖書のことも、その子のこともバカにしたわけじゃないって思う。。

ただ、武蔵クンが笑ってごまかそうってしたから
おかしくなったんじゃないかな?って。。

マジメな顔で「今までに、近くで琴を聞いたことある?」って聞いて
「1音1音ひびいて、すごい感動するんだ!」とかって言ったら
相手も、冗談じゃなかった、って分かって、関心持ってくれるかも?

愛クンが武蔵クンに「。。だったらもっと堂々としてろよ」って言ったのって
にゃんは、そうゆうことじゃないかな?って。。

それを「キミにはわからないよ」とか言われたら
せっかく仲間になれた!って思ってたのに、ガッカリしちゃうよね。。


それから妃呂が、武蔵クンの家に来て
副部長になったから、相談して☆彡って来たところは
ふつう、副部長になるには、部長に相談するよね^^

でも、今まで、ずっと冷めてた妃呂が
みんなの中に自分から入って行こう、ってした気もち考えたら
やっぱり泣きそうになった^^


そのあと弟クンが、こんどはホントにバカにしてるのが伝わってきたけど
ディスる弟クンに武蔵クンが「何も知らないくせして、かってなこと言うな」
って言ったら、びっくりしてたみたい。。でも、本気は伝わったって思う

明陵の元同級生にも、そんな気もちで話してたら
きっと2人とも笑わなかったと思う☆彡


さいごに武蔵クンが、全国のカベは厚いこと分かってて
「それでもみんなと、目ざしたい!」って言ったところは
にゃんは好きだな。。

「風が強く吹いている」みたく、陸上やったことある人はみんな
「ぜったいムリでしょう!?」って言っちゃうようなことでも
がんばればなんとかなる、って押し切るより

「できないかもだけど、このメンバーでどこまで行けるかたしかめたい!」
ってゆう方が、ダメでもともとだから、がんばれそうかな?って^^



今回のおはなしって「突き刺さる言の音」ってゆうサブタイトルの通り
箏曲部のみんなが、おたがいのこと大事に思って話す
ひと言ひと言がすごく伝わってきて、うれしくってなみだが出ちゃった☆


あと、OPがニガテってゆう人がいるみたいだけど、にゃんは好き♪
「キミのトーン、ボクのトーン」ってゆうのが、耳からはなれなくなってw
{/netabare}
{/netabare}
#10 近くて遠い距離
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
『目指せ全国一位!!』――再び心を一つにした時瀬高校箏曲部。
日に日に暑くなる中、邦楽祭に向けてパートごとに分かれて練習を重ねる7人だが、それぞれ課題は山積みだ。
どうにかまとめて練習の時間が取れないかと考えた愛たちは、夏休みに皆で二泊三日の合宿をすることに。
しかし盛り上がるサネやみっつとは対照的に、コータの様子がおかしくて……。
{/netabare}
感想
{netabare}
民宿で合宿、おふろで女子トーク。。とかサービス回?って思ったら
コータクンが練習についていけなくなって、夜中にいなくなって
みんなでさがしに行ったら、山で1人で練習してて
よかった☆ってゆうおはなしだった。。


今回のおはなし見てて
コータくんはみんなにメーワクかけたくなくって帰っちゃったのかな?
って思ったけど、練習してただけで、よかったよね♪

別にベタベタしなくっても、つながってる人たちがいる、っていいな☆


今回は妃呂が「キツイこと言っちゃったかな?」って心配してたけど
キツイ言葉でも、その人のことちゃんと見ててゆうんだったら伝わると思う

でも、自分のこときらってる、って伝わってくる相手から言われたら
うらんで、復しゅうしてから死のう、って思う人も出てくるかも?

今回のコータくんだって、もし、みんなからきらわれてる、って思ってたら
うらんで、みんなの琴をこわして逃げてくとか、したのかも?

でも、みんながそう思ってないことは伝わってたから
きびしくされても、「もっとがんばろう!」って思ったんだと思う。。
{/netabare}
{/netabare}
#11 探してた音
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
苦手だった裏拍のリズムの取り方を滝浪に教えられ、懸命に練習するコータ。
武蔵とのかけ合いが上手くいかない愛も、滝浪にアドバイスを求める。
滝浪の一見いい加減としか思えない答えに武蔵は呆れるが、愛は何かを掴んだようで――。
ずっと曲想に悩んでいたさとわも、仲間たちに意見を聞いて気付きを得る。
合宿を通じて成長した7人。
いよいよ大会当日、時瀬高校箏曲部はライバルたちの集う邦楽祭の会場へ!
{/netabare}
感想
{netabare}
今回は「久遠」ってゆう曲がよく分からない
ってゆう悩みはあるけど、演奏はうまくなって
みんな喜んでたし、イライラしないで見れてよかった♪

先生も、ちょっと冷めた感じだけど
今までより協力してくれるようになったみたい☆

あと、さとわが転びそうになって
愛クンにしがみついたところが、ちょっとラブコメしてたみたい^^


後半、関東邦楽祭に参加して
1番はじめの明陵高校の演奏を聞いたんだけど
部をまとめてる桐生桜介クンの回想が入ったの。。

それで、全国ベスト4に入るだけの演奏で
みんな、ちょっとショックだった、ってゆうおはなし^^



桜介クンの回想は
近所に引っ越してきた朝乃が、体の弱かった桜介クンをことにさそってくれて
いっしょにいてくれたから
イジメられないように人を見て、研究してきてまとめるのがうまい。。

みたいなおはなしだったけど
琴って習うのにお金とかもかかるって思うし
遊びとはちょっとちがんじゃないかな?って
おはなしにちょっとムリがあったみたい。。
{/netabare}
{/netabare}
#12 ライバル
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
邦楽祭のトップバッターをつとめた明陵。桜介の演奏に圧倒される愛たち。
かずさたち姫坂、新たに出会ったライバル校、次々と素晴らしい演奏が続き、緊張をつのらせる妃呂。
一方、哲生と共に会場へ来ていた衣咲の口から、思いがけず滝浪の素性が明らかに…!?
そんなことは露知らず、順番が近付いてきた時瀬高校箏曲部は演奏の準備へと向かう。ところがそこでアクシデントが――
{/netabare}
感想
{netabare}
何か、みんな緊張してるけど
ほかのところとくらべたら、こっちは新人ばっかりなんだから
どんなに一生けんめいやってきたって、上位にはなれないんだから
くらべなくってもいいのにネ^^


滝浪先生が天才音楽家の家に生まれた、天才作曲家だったけど
自由な音楽が好きで、自由にやってる、ってゆう設定って
天才をかんたんに出しすぎみたい^^;
さとわだけでいいって思うけど。。


さいごは愛クンが手にケガしたみたい。。
どうせ、ほかのところとくらべられないんだったら
自分たちの実力を出し切ればいいだけなんじゃないのかな?
{/netabare}
{/netabare}
#13 久遠
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
倒れた箏からさとわを庇った愛は、本番を前に手を痛めてしまう。
それに気付いた滝浪は出場禁止を言い渡すが、愛は……。
部員で唯一そのことを知ってしまった武蔵は、どうするべきかと悩む。
愛の悲痛なまでの想い、そして武蔵の出した結論とは。
ライバルや応援してくれる人たち、観客が見守る中、ついに時瀬高校箏曲部の順番がやってくる
{/netabare}
感想
{netabare}
愛クンは手をいためて先生からは止められたけど
みんなといっしょに、大会でひきたいってゆう愛クンの思いを知って
武蔵クンがOKして、みんなにはかくしたまま出て
はじめはズレたけど、光太クンがみんなの気もちをもどしてくれて
演奏が合うようになって、さいごまで引き終わったところで終わり。。



先生の、ひねくれた性格が、子どもみたいで何か変。。

高校生だったら、まだ分かるけど
大人なんだから、やりたいことがあるんだったら自分でやったらいいし
何にもしたくないんだったら、だまってたらいいのに☆彡


愛クンは、痛いのガマンして、根性でさいごまで弾けてよかったけど
でも、みんなの足をひっぱってたみたいで
今回は、休んだ方が良かったかも?って思った。。

自分だけががんばればいいわけじゃなくって
みんなに関係あることなんだから
はじめにみんなに断ってから出たらよかったのに。。って

そしたら、ズレるかもしれない?って分かってるから
みんなが愛クンの分までがんばろうって
そんなにズレたりしなかったんじゃないかな?

そうゆう大事なことを、みんなに言えないって
きっと、まだ、チームがまとまってないんだって思う。。
{/netabare}
{/netabare}


見おわって。。


ってゆうか、割2クールなのは分かってるけど(次は10月から)
ちょっとハンパなところで終わりすぎみたい。。

それに、後のほうはだいぶ良くなったけど、全体的にギスギスが多すぎて
よくなった♪って思ったら、またすぐギスギスで、見るのが苦しかったかも?

だから1クール目はおはなしの☆は3つ。。

でも、2期まで見ないと、すっきりしないみたい。。

2期で、きれいにおわったら、もっと良くなるかも?




音楽は、琴はよく分からないけどよかったし
OPの「Tone」も、空にぬけてくみたいな曲でよかった☆


投稿 : 2019/06/30
閲覧 : 360
サンキュー:

46

この音とまれ!のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
この音とまれ!のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

にゃん^^が他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ