第一話がピーク約束のネバーランド(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「約束のネバーランド」

よみがな:やくそくのねばーらんど

放送時期:2019年冬アニメ(2019年1月〜)

★★★★☆ 3.9
物語:4.1 作画:3.9 声優:3.9 音楽:3.8 キャラ:3.9
総合得点 70.1
感想・評価 392
棚に入れた人 1450
ランキング 684
母と慕う彼女は親ではない。共に暮らす彼らは兄弟ではない。ここグレイス=フィールドハウスは親がいない子ども達が住むところ。至って平穏なこのハウスでささやかながらも幸せな毎日を送る三人の主人公エマ、ノーマン、レイ。しかし、彼らの日常はある日突然終わりを告げた…(TVアニメ動画『約束のネバーランド』のwikipedia・公式サイト等参照)

oxPGx85958さんの感想・評価

2019.04.16 11:07 oxPGx85958の評価 | 観終わった| 43が閲覧 ★★☆☆☆ 2.2 評価対象: 約束のネバーランド(TVアニメ動画) 物語 : 1.5  作画 : 3.0  声優 : 2.0  音楽 : 3.0  キャラ : 1.5

第一話がピーク

予備知識なしに見たので、この世界のあり方が提示される第一話には驚きましたが、残念ながらそれがシリーズ通してのピークでした。

脚本が間延びしているのと、演出・演技が平板でくどいせいで、この孤児院とそこに住んでいる大人および子供たちに現実味が感じられず、彼らを襲う危機にも彼らの機転にも何の感情移入もできないまま話が終わったという感じです。

作劇上の問題として、登場人物たちの必然性のないコミュニケーション不足を物語を進めるための装置として使うのは気にくわない。また、複数の登場人物たちのあいだで視点を恣意的に移し、その視点からの見え方をもとに、視聴者に対して話術上のトリックを仕掛けるというやり方は、やるにしてたかだか一回しか使えない奥の手だと改めて思いました。

もし何度も使いたいのであれば、視点の移動を恣意的なものと感づかれないようにする工夫が必要だったと思います。たとえば1エピソードごとに機械的に変わるとか。そのような工夫がない本作では、視点が変わったこと自体が話術トリックの導入を示唆してしまっている。まあそれ以前の問題として、個々の場面で誰の視点が使われているのかはっきりとしない、というのはあります。神の視点のあり方も含めて、そこらへんがちゃんと考えられていないという印象がありました。これはたぶん原作にすでにあった問題なのでしょう。

内田真礼は、同時期に放映された『ドメスティックな彼女』および『盾の勇者の成り上がり』と合わせて、演技の幅を広げようとしていることが伝わってきて好印象でしたが、本作はこの人に限らず、演出が凡庸すぎました。

 サンキュー(6)

このレビューは参考になりましたか?
『この人をキャッチ』を押すと、この人が新たにレビューを書いた時に、アナタのマイページに通知され、見逃す心配がなくなります。 アニメの趣味が合いそう、他のレビューも読みたいと思ったら、とりあえずキャッチしてみましょう。

これらの口コミはユーザーの主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
口コミの内容に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。