「約束のネバーランド(TVアニメ動画)」

総合得点
71.0
感想・評価
464
棚に入れた
1670
ランキング
612
★★★★☆ 3.9 (464)
物語
4.1
作画
3.9
声優
3.9
音楽
3.8
キャラ
3.9
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

瀬名

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 2.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

原作の方がはるかに良い

原作を最近読み、アニメ化しているのは知っていたので、アニメはどうかなと視聴。
ですが、正直がっかりでした。

漫画では、かなりゾッとした描写や展開が、随分とあっさりとしており、ゾッとしない。
特にシスターの最後のシーンは、変に間延びさせすぎて、全く怖さを感じられないものでした。
私はあのシーン、原作でかなり怖いと感じたのですが、アニメではなぜあんな風にしたのかちょっと意味がわかりませんでした。

他でも、もっと短縮していいシーンが長い尺を使われていたり、なのに入れた方がいいようなシーンが省かれていたり。

原作から入ったから作品の良さを最大限に感じられましたが、アニメから入っていたら原作買っていたかわかりません。

悪い意味で、原作とアニメのギャップがありました。

声優さんも悪くはなかったですが、無理に主要キャラ全員を女性声優にしなくても良かったのではと思います。
最近では、幼い声出せる男性声優さんもいるのですし。
なんだか、神妙なゾッとくるようなシーンも、無理に低い声を出しているように感じられて、迫力をあまり感じられませんでした。
特に、レイのような序盤から重要なキャラは、男性声優が良かったのではと思ってしまいます。
ドンはレイより年下なのに男性声優ですし、そこは変にリアリティを求めなくても良い部分だったのでは?

作画やOPEDは丁寧で、音楽も良かったかと思います。
こだわりは要所要所に感じられましたが、こだわり方を間違えているのではと思わざるを得ない。
原作ありきのアニメ作品には、アニメならではの良さを感じさせてほしいです。

原作は本当に素晴らしいので、このアニメを観て、大して面白くなかったなと思う人がいないことを祈るばかりです。

投稿 : 2019/05/23
閲覧 : 39
サンキュー:

5

ネタバレ

STONE

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

とりあえずの簡単な感想

 原作は未読。
 設定こそはSF仕立てだが、内容的には閉鎖環境におけるサスペンスといったところ。平和そうな
表面の下での管理者であるイザベラらと真相を知ったエマ達とのやり取りはかなり緊張感の
あるもので、加えてホラー的演出も相まって、かなり引き込まれた。

 エマ、ノーマン、レイの3人の子が切れ者との表現がなされていたので、エマ達とイザベラとの
高度な頭脳戦を期待していたが、常にイザベラが先を行く感じで、視聴者としても絶望感を募らせて
しまう感じ。
 それだけに終盤の大逆転とも言える展開はかなりカタルシスが得られるものだったし、そこに
至るまでの真相を知るに少なくとも後半はイザベラが「先を行っていた」のではなく、エマ達が
「先を行かせていた」ようで溜飲が下がる思いがあった。
 「エマ達が悪いママにいっぱい食わせました」で終わらないところが良いところで、最終話で
イザベラの過去が描かれることで、脱走を諦めたところからママへの道を歩みながらも、ある種の
絶望感を持ち続けていたようで、同じような状況でありながら諦めなかったエマが脱走したことで、
それが解放されたように思えた。
 そういう意味ではエマ達の旅立ちの話であり、イザベラの魂の救済の話でもあるような。

 どうしても気になったのが深夜に大声で話したりするところ。
 心情を映像化したデフォルメ的演出なんだろうけど、全体が写実寄りの描写のため、「あんなに
大声で話したら気付かれちゃうよ」という気になってしまう。

2019/04/13
2019/05/19 誤字脱字修正

投稿 : 2019/05/19
閲覧 : 34
サンキュー:

11

ネタバレ

そう

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

死と隣り合わせでも強か立ち向かう子どもに感動

少年ジャンプに連載中の漫画が原作で、以前から気になってたものの、作画がそこまで好みではなかったので、スルーしていたが、奥深くて面白い
主なキャラが子どもなので一見お花畑なファンタジーを彷彿とさせるけど、中身は死と隣り合わせの牢獄から脱出する頭脳戦といった感じ
頭のキレる子どもたちが毎度考える策略は綿密に考えられており、特に矛盾も感じないので、作者の頭の良さやこの作品への想いが感じられる

生まれてからずっと化け物に食べられるために生きていたという絶望を知ってもなお、自分の人生を自分のために生き抜くべく頭と体を使って試行錯誤して成長するキャラ達には感動する
#2019.04

投稿 : 2019/05/14
閲覧 : 29
サンキュー:

4

ネタバレ

ゼロムス

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

次が気になる

久々に気になって寝れなくなるやつですね。かなりミステリアスです!

投稿 : 2019/05/10
閲覧 : 14
サンキュー:

1

ネタバレ

菊門ミルク大臣

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

声でかいぞバレるぞ!

捨て回なく最後まですんなりと見る事が出来ました。
概ね満足しているのですが、こっそりと行動しないといけない割に声デカかったり
小学六年生程の子供とは思えぬ頭脳と胆力でそこら辺だけがちょっと気になりました。まぁ脳みそ肥えさせる為というのがあるのでそういう事なんでしょうけど。

続編もあるらしいのでそちらも楽しみですね。

投稿 : 2019/05/09
閲覧 : 15
サンキュー:

2

ネタバレ

てぃーえむ

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ネバーランド

原作未読です。

こういう謎が多そうなお話は色々考えながら見るのが好きです。

第一話についてですが、
{netabare} タイトルと施設の状況から、子ども達が何かの目的のために飼育されているんだろうなという予測はできました。

施設については、子どもの頃に読んだアークザラッドというマンガに
白い家っていうさらってきた子どもを人体実験するために飼育する施設があって、
それと設定が一緒だなと思ったのでピンときました。

というか、たぶんそこから着想を得ている気がします。
ほぼ一緒の設定ですし。
{/netabare}


子ども達はみんな12歳未満なのに妙に賢すぎるところが気になりますが、
息をつく間もない濃密な展開が続いて先が気になりますね。

設定も面白いし、絶望と希望を交互にちらつかせるところとか
引き込み方が上手だなーって思いました。

最後まで視聴して一番予想外というか、驚いたことは、
主人公のエマが女の子だったことです!
最初、男の子だと思ってました(;´Д`A ```
1話の後半くらいまで普通に男の子だと思ってました。
なんか、女の子みたいな口調だし、スカートはいてるし
何なのこの子って思ってたけど、ただの女の子でした。
失礼しましたm(。_。;))m ペコペコ…


あまり語るとネタバレになりそうなので、
最後まで見ましたが、とても楽しい時間でした。
見てよかったです。
思っていたより複雑なお話ではなかったけど、先の気になるお話でした。


以下、重大なネタバレとともに視聴中に途中でした考察など

ドンについて
{netabare}
ホントに10歳?! どう見ても大人な体ですが・・・(-_-;)
{/netabare}

フィルについて
{netabare}
セリフ多くないのにEDのキャスト紹介が前のほうなのできっと何かあると思っていました。
ところどころ怪しい描写ありましたけど、結局ただの賢過ぎる幼児でしたね。
こんな4歳いないでしょー(-_-;)
{/netabare}

第8話
{netabare}
エマが負傷して帰ってきたのを見て、比較的大きめの子4人(名前わかんない)の反応がかなり気になりました。驚き方が心配というより恐怖なような。フィルもその4人の様子を見て何か感じている様子だし。
もしかしてこの4人も事情知ってる?

年長に近そうだし、もうすでにノーマンが話しているのかも。

フィルは監視役? やけに鋭いような。
シスターの家探しも、感づいて誰かに報告してる?
{/netabare}
9話
{netabare} やっぱりあのわんぱくそうな2人組事情知ってそう。
{/netabare}

ギルダは、顔のパーツが小さすぎてかなり顔がへんなよーな。

全話見終えて
{netabare}
やっぱり一部の子は結構前から知らされてたのね。
・橋ではなく崖を渡ろうとするのは予想通りでした。
・レイがイザベラの息子だったのは予想できなかったけど、
振り返ってみたらそういえばレイがイザベラを
2人きりの時でも「ママ」呼びするのが
ちょっと違和感あったので、なるほどーって思いました。

みんなが一生懸命脱出しようとする姿に心打たれました。
とても良かったです。
色々伏線っぽいものがまだ回収されてないのあるし、2期楽しみですね。

あと、ノーマンは死んでない気がします。

{/netabare}

投稿 : 2019/05/03
閲覧 : 55
サンキュー:

16

ネタバレ

teji

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

圧巻 なんですか これは めっちゃ おもろいじゃないですか!

圧巻 なんですか これは めっちゃ おもろいじゃないですか!
なんか 久しぶりに あたり作品に出合った気がする・・・
これほど 2期を心待ちになるのも 珍しい・・・
ただ ただ 面白かった

投稿 : 2019/05/01
閲覧 : 76
サンキュー:

7

ネタバレ

みつぽん

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

過去にこの作品を見た記憶が全く無いのに

なんか個人的に凄くデジャブー感が強くいつか見たシーンな感じがした

人間牧場で育てられその秘密を知った子供たちが脱走する

よくありそうでないようなストーリー

引き付けられて見入ってしまったラストに盛り上がりのピークが来ます

凄い面白いハラハラヒヤヒヤスリル満点の内容だと思いました

二期があるのか?無いのか?

鬼退治までのストーリーがあるのなら是非見てみたい作品です

個人評価76点いいです

もし私がここの子供だったらいろいろやってみたい

リスク管理戦略面白そうですね

投稿 : 2019/04/29
閲覧 : 38
サンキュー:

4

ネタバレ

Jun

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

脱獄もの、わかっていても熱くなる

原作は知りません。大脱走ものは失敗すると完全鬱になるので、普通は虐待されながらも最終的には大成功するのは分かっています。エンターテイメントなので。

権力に屈せず、最終的に弱者が強者を出し抜くところが快感になります。いろんな対立軸がありますが、これは大人社会と子供共同体ですか。最後の看守というか保母さんというか園長先生が凄く綺麗。敗者の美。大失敗したサラリーマン管理職の顔に似ている。崖から飛び降りるか、首をくくるかと思ったけど、戻って4歳児以下の世話をしているところがプロ。

現実社会ではありえないので、せめておはなしの中でくらい、みなさん頑張って、脱獄の後、革命までうまく達成できればエンターテイメントとしては満点。

あと原作にあたって下さいということなのでしょう。

投稿 : 2019/04/26
閲覧 : 30
サンキュー:

7

ネタバレ

weoikoiji

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

冒頭かなり世界観を開示してしまって、ミステリー的な要素が削がれてどうかなと思いましたが
むしろそちらの方が結果的に良かったかなと

構造的には進撃の巨人と近い作品ですが、子供という設定ゆえ戦闘で勝つという発想が難しくその縛りはいい意味で働いていたかと、都度都度困難な方へ誘導する裏切りはストーリーとして優秀。

最初見たときは家畜に対する価値観の見直しみたいな設定だけのワンアイディアの作品かなと期待していませんでしたが、面白かったです。

3Dの背景を活かした演出もあり、そのおかげで演出の幅がぐっと増えているなあと
かなりレベルの高い作画もあいまって全体的によく練られた作品。

投稿 : 2019/04/26
閲覧 : 20
サンキュー:

5

ネタバレ

にゃわん

★★★★★ 4.8
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

続きが見たい

最高と言って良いほど傑作
覇権アニメでした!

アニメでは、描かれていないストーリーもあるので
原作が追いついていないのかとお見受けします。
OVAとかあったら個人的に嬉しい

投稿 : 2019/04/19
閲覧 : 13
サンキュー:

3

ネタバレ

ともえもん

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

これならきっと大丈夫。

来年、2期放送決定か…。
大体、どのアニメも2期が始まる頃には、物語のラストを忘れてる。残念な脳みそやけど、これは終わり方が綺麗やから、来年でも大丈夫やと思うねん。覚えてられると思うねん。
あ、でもラストは覚えてても、キャラクターを全然、覚えてない可能性もある…!
全然、大丈夫じゃない(笑)
まぁ、でも2期近くなったら再放送とかやるやろしな。うん、大丈夫や。きっと。
アニメの感想は、脱出までが長すぎて、ちょっと見るのやめよかなと思ったけど、確か評判が良いはずやし、と思って頑張って見てたら、良かった!
もう、最終話を見た瞬間に全部、報われたよね。子供とか別に好きちゃうし、ママを引きずり降ろそうとしてた補佐の女の人(名前忘れた)とか、意味深なシーンを引っ張るの長すぎるとか、見るのがちょっと苦痛やったけど、それを我慢して見て、ホンマに良かった、報われた!笑
きっと2期もちょいイライラしながら見るんやろうけど、楽しみや!絶対見よう!!

投稿 : 2019/04/18
閲覧 : 34
サンキュー:

6

ネタバレ

のんちくん

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

楽しみ。不思議な不気味な話が流行るのは文明の成熟か?

原作を見ていないのですが、リアルな方の友人に薦められたので、とりあえず、見始めました。

第1話だけしかまだ見ていないのですが、時系列がわからなかったり、現実か夢なのかわからなかったり、まだ、なんとも言えないので、どう展開して話を見せてくれるのかと、期待しています。分割2クールだそうです。


でも、最近評価されつつある狂気ものとして、一応チェックしてみました。


2話目見ました。
設定が確立しましたね。やはり、殺されていました。
酪農のように人間を管理するという世界観のようです。
そのハウスからの脱出ものなんですね。
ただ、子供の頭が賢すぎるので、大人への視線が、思い込みや偏見だということを排除するのは、まだ難しかった気がします。
でも、セリフにウソはなさそうなので、素直に話を聞いていいようです。

こちらの原作はジャンプ作品。ラノベ感覚で見てると、変な深読みをしそうですが、柔軟に頭を働かせましょう。設定が頭にあれば、結構入り込んで、見れそうです。{netabare}バッドエンドなら、夢という線も残ってますし。{/netabare}

19/4/17追記
最初は、毎回、続きが気になるような終わり方をしている。リアルタイムで見る人には、飽きさせなかったのかもしれない。
作品は、感情移入方というよりは、主人公たちを見守るような感じかな。
ストーリーも、ミステリー要素は、ほとんど種明かしをしながら展開するし、脱落する人はいないだろう。

作品の感想としては、{netabare}やはり、ノーマンは連れて行かれ、残った子たちには自由が手に入ったが、その自由は、希望と絶望をはらんでいたと思う。ハウスから逃げ出しても、食べ物や住処の調達など、頼れるのはエマとレイだけ。脱走しない平和が主題かも、とも僕的には思いたいけど、社会に出るというような、我々の日常の成人儀礼のようにも見れてしまう。働き方改革が話題の今なら、そんなプレッシャーを感じないかもしれないが、一方にいるボッチやニートの、社会に出る怖さを思っていると思う。約束されない未来を信じて生き続けられるのかという現代性もあるかな、とも思う。まあ、心の豊かさだけが子供の希望だし。
最後は、明るい日差しを差した美しい絵で終わったが、何も約束されていないのだ。知らぬが仏と言ったものだ。正直者は馬鹿を見ないと言う言葉もあるが。{/netabare}

全体的には、小説っぽいと僕は思う。{netabare}
セリフとか展開の技術について。少し大げさなのは、やはり、設定の奇妙さからだろう。でも、鬼の残虐性の表現の少なさ、食用人間にも鬼側につける(ママだけが仕事じゃないだろう)出荷と終われば、OPの鬼は、狂気の象徴的な意味だけで、ちょっと気まずい普通の家の事情とも言えなくないのではないか?いじめの逆だし、鬼やママは、ほんとにそういう家庭はありそうだと思う。{/netabare}

長々書いてしまったが、1クール見てしまった以上、僕はレビューを書かざるをえないのさ。

投稿 : 2019/04/17
閲覧 : 42
サンキュー:

12

ネタバレ

HANIHO

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

タイトルなし

おもしろい

投稿 : 2019/04/17
閲覧 : 23
サンキュー:

2

ネタバレ

シャベール大佐

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

全体的に質の高い、サスペンス風味のダークファンタジー

わけありの孤児院を舞台にした、サスペンス風味のダークファンタジー。全12話。
この手の作品は、内容にどこまで触れていいのかわからないので、たいしたことは書いていませんがネタバレ有りにしておきます。
予備知識ゼロで、どんなジャンルの物語なのかすら知らずに観始めましたが、第1話はそれほど衝撃的という感じでもなかったです。かなり過激というか残酷な設定だけど、発想自体はそれほど珍しいわけでもなかったですし、原作を読んでいない者としては、物語が出オチで終わらずに、ちゃんと面白くなっていくかはわからないわけで、とりあえず様子見かな、というのが最初の感想でした。で、実際に観ていったわけですが、良い意味で地味というか、着実に物語を進めていくので、途中で大きく失望したり、緊張感が切れるようなことはありませんでした。ストーリーには適度な意外性があって先が読めないですし、この世界の全体像は一体どうなっているのだろうと気になったりもして、最後まで普通に面白かったです。
作画は綺麗。見せ方にも工夫があって、静かな怖さの表現なども上手でした。キャラは、それぞれ個性がしっかり描けており、特にイザベラとクローネは存在感があって良かったです。声では、諸星すみれの声質が耳に残りました。
観終わって、全体的になかなか質の高い作品だったと思います。2020年に2期が放送されることが決まっているようなので、普通に楽しみです。

投稿 : 2019/04/17
閲覧 : 65
サンキュー:

11

ネタバレ

すがさ

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

高クオリティ・サスペンス

天才たちの駆け引きが非常に見応えのあるアニメ。

恐怖心を抑えて必死にもがき続けるエマたちに対して、イザベラの表情にはいつも余裕がある感じで不気味だった。

そして、敵だけでなく味方の心の内にも、秘めている"何か"を演出しているのが面白い。
特にレイの本心は意外だった。


来年放送の2期にも期待です。


そういえば、ノーマンの声がまれいたそなのはエンドロール見るまで全然気づかなかった。
この声優さん、"アホの子"を演ってた時のイメージが強すぎてずっとその印象が抜けなかったんですけど、アホじゃない声も出せたんですね…(失礼)

思い返してみれば、最近は色んなタイプの役に挑戦されている気がするので、これを機に応援してみようと思いました。

投稿 : 2019/04/14
閲覧 : 137
サンキュー:

37

ネタバレ

fu+i

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

現代版ミノタウロスの皿?

マンガは、鬼がやたら出るようになってから読まなくなったが、アニメの約ネバは、毎週チェックしとくかな

「お約束の~」で半分ギャグアニメと化してたけど、綺麗な終わり方だったかな

投稿 : 2019/04/14
閲覧 : 146
サンキュー:

17

ネタバレ

カラオケ鍛錬中

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

こういう展開はワクワクする!

発売されて少ししてから漫画は読んでいて内容は知っていました!それでも子供たちと大人の駆け引きが面白いしまったく飽きさせることなく最後まで突っ走った感じでした!この感じで2期、3期と作成して行ってほしいです。ジャンルは違いますけどジャンプ版進撃の巨人的な面白さがあると思います。

投稿 : 2019/04/07
閲覧 : 12
サンキュー:

7

ネタバレ

スライムベホマズン

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

緊張感がたまらない!

原作未読。

身寄りのない子たちが集まる孤児院を舞台に、ある秘密を知ってしまった子どもたちが脱走を企てる物語。 {netabare}第一話、孤児院の日常をほのぼのとたっぷり描き、ラストに衝撃的な事実を突きつけるという構成で、完全に見入ってしまった。{/netabare}そこからは秘密を知った成績優秀な、エマ・ノーマン・レイを中心とする子どもたちと、孤児院を管理しているママやシスターとの頭脳戦。毎話ラストの引きは鬼がかっており、そこで終わるの!という風に続きが気になりすぎてしまう。全体を通してカメラワークと演出が素晴らしく、そう言う意味でもヒヤヒヤドキドキが止まらない。

そして最も良かったと感じたのは最終回。{netabare} まさかママであるイザベラの過去を大きく持ってくるとは。最初からエマたちにとっての障害であり、そして最後までエマたちのママだったイザベラ。子どもたちを愛しているけれど、どうやっても子どもたちが生きられない現実に縛られ、抗うことをやめ冷徹な孤児院のママとしてしか生きられなかった彼女が、エマたちの脱走によって解放されたその姿に感動した。「行ってらっしゃい、気をつけてね」と送り出した彼女はまぎれもないエマたちのママだった。{/netabare}

そして{netabare} 最終回はギルダとドン、フィルもよかった。ギルダはエマでさえ気づかなかった他の孤児院の子どもたちも気遣って心配した。ドンは皆の訓練のリーダーを精一杯務めた。脱出本番、ロープを木にかけるところで訓練時とシンクロし、スローモーションになる演出は印象に残っている。そして率先してロープを渡るその姿はかっこよかった。孤児院に残る提案をされたとき「待てるよ」と力強くこたえたフィルは、四歳ながらも強いなと思った。きっと彼ならうまくやってくれるはず。このように主役のエマ・ノーマン・レイ以外のキャラクターも非常に魅力的だった。{/netabare}

グロもエロも物理的なバトルもほとんどない頭脳戦は案外珍しいような気がする。そして心理戦。登場人物たちの葛藤。目標は決まっているはずなのに、親友のため、愛する家族のために、気持ちが行き違えてしまう。そのような人間関係、心情の描き方も素晴らしいと思った。二期も非常に楽しみ!

投稿 : 2019/04/07
閲覧 : 35
サンキュー:

12

ネタバレ

Tom

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

無題

あーんまりアニメに関係ないこと書いてる気がするので。
個人的記録用。いやまあ普段からそうなんですけど。
{netabare}

【2019.03.08】
ただの毒親アニメじゃねえか。とw
結構、嫌気さしながら観てる。

・子供に順位を付ける
・食い物にする
・墓守娘として残す(女だけってのがもう…)

グランマとか、ママとか。世代間連鎖ですかみたいな。
共依存、毒親、ボーダー…。
なんか、見ててかなり疲れるんだけど、分かりつつも色々本を漁って読んでる身としては、成り行きが気になるのは気になる。
ので、ついつい継続してしまうというw
これ何話とかもう出てるんですかね?そういう情報調べないので、長くつづくならキツイかなあと思いつつ。
大きな動きがあるといいなと思いつつ、取り敢えず継続です。

因みに、原作の方の絵書かれてる方、の画集立ち読みしたんですけど。
あれ、めちゃくちゃ好みです。たまらん。
この作品の絵の雰囲気とまた違うような気がします。オススメ←

あ、原作は未読です。




【20190405】
うーん、ママの幼少期の時のママは形からして以前出てたグランマだよね。
ママがエマに『ママになる』ことを提案している時に、子供の話しをしていたので、人質にするんだと思ってたら…。まさかだもんな…。
お腹の中の記憶、という特殊なものが無ければ、知ることなく、その手でってことでしょ。残酷過ぎるだろ…。反吐がー反吐が出るー←

自分では成せなかったこと。
悔しさはある気がする。そして諦め。どこかで安堵。
「いってらっしゃい」


なんかもう凄いなこれ。どう受け止めたらいいのやら。
出し抜いて、最後のシュルっと解いた瞬間の達成感は凄かった…。
自由は。
あーーこれからどうなるんだろう。今までの流れからして、きっとこれからも大変なんだろうな…。乗り越えて行けますように。続き楽しみにしてます。
{/netabare}

投稿 : 2019/04/05
閲覧 : 49
サンキュー:

7

ネタバレ

ストライク

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

今はまだ籠の中の鳥

原作:漫画 未読


ネタバレ感想

農園という 狭い籠の中の鳥のように暮らす子供たち。
最初に感じた印象がコレ。
初めから謎の多い設定の話で、分からないことだらけで そこが興味深く心をくすぐられて引き込まれる感じでしょうか?

子供の脳を食べる化け物がいて、その化け物に従ってる?大人がいる世界。
人間の大人と化け物との関係はどうなっているのか?
農園で家畜のように何も知らずに集められて暮らす子供たちがいて、首に番号の刻印まで付いてる。
何のための番号?名前があるのに必要なの?
何処で、どのような大人たちが、どのような環境で子供が生まれ、どのように農園に連れて来られるのか?
農園の壁の外側はどんな環境なのか?
等々、明かされていない事象が多く、視聴者に考察させる話の運び方が上手いし、人の命がかかってるから、シリアスで緊張感もあって面白いです。

 ジャンプは、毎週「ハイキュウ」と「僕勉」だけ立ち読みしてるんだけど、この前、パラパラ~とページ捲ってたら、ちょうどこのネバランのとこ開いちゃって{netabare} 出荷されて食べられたハズのノーマンが出てたので、「え!?生きてるの?」ってなり、かなりのネタバレ喰らった次第です。(苦笑)
んで、あぁ~ 主要人物は殺さない ジャンプらしいというか、子供向けというか、偽善?設定なんだ...っと、ちょっとガッカリして冷めちゃいました。
その点では、「デスノート」は重要キャラでもバッサリ退場させてたから好きでしたけど。
{/netabare}

話の進め方としては、キャラと同じ目線となって、解らないことは仮想を建てて計画し、打開していくので面白かったし、ママにバレないよう行動する件も緊張感あってよかったです。
最後は、なんとかママの裏をかいて壁と崖をクリアし、外側へ脱走成功できたとこで終わっちゃって、キリはいいけどマジこれからどうなるの?って感じなので、続きが知りたくてたまらんかったです。
でも、最終話のCMで、来年2期放送決定の知らせがあったので、まずはモヤモヤせずに済んで助かったw
結果的に、インパクトの強い設定の話だし、ラストも記憶に残るシーンだったので、とりあえず来年まで忘れずに待てそうです。

やっと籠から抜け出した小鳥たち。
これからが本番!って言えるような話を期待したいです!

投稿 : 2019/04/05
閲覧 : 51
サンキュー:

25

ネタバレ

MuraBustan

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

シリアス

ママも結局同類、悲しい話。早く続きが見たい。

投稿 : 2019/04/04
閲覧 : 22
サンキュー:

13

ネタバレ

名前に無頓着

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

賢いやつばかりの世界はめんどくさい

主要な登場人物はいわゆるキレ者ばかりで、発言や行動を鵜呑みにすると視聴中ずっとだまされることになります。

みんないろいろ画策して秘密裡に動いたりするので面倒だなぁと思いながら見ていました。

欲を言えば教育についてもっとつっこんだ考察が欲しかったです。

善良なこどもが育つための作者の見解が作品に練りこまれるともっと深みがでたかと。

だって誰一人として悪いこどもがいないんですよね。

愛情の一言で片づけるのはもったいなさすぎる。

あとは最高級品にストレスかけまくってるのはあまりよくないような(笑)

もとの設定からしてつっこむところが多くなってしまうのは仕方ないのでいいんですけどね。


一周だけしましたが、まだしっくりきていないことが何点かあるのでもう一周しようと思います。


予測できない展開が多く、誰かが覗いているかのようなカメラワークも素晴らしい。

若干グロテスクなシーンがあるのでそういう作風を受け付けない方は回れ右してくださった方が良いと思います。

週刊少年ジャンプで連載しているんですね…こんな教育に悪そうなもの(笑)

続きが気になって仕方がないので原作読むかもしれません。

投稿 : 2019/04/04
閲覧 : 61
サンキュー:

18

ネタバレ

をれ、

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

次が気になる。(12話めまで視ました)

12話まで視聴終了記念書込(04/03/2019)
いつものように原作未読、公式サイトやPVなどの事前情報なしで視聴開始。
当初この物語のジャンルが良く分かりませんでした。最初は、子供たちが白い服を着ているのが、何故か恐ろしく感じました。今は、子供たちが、ファームをどんな風に脱出するかを予想しながらハラハラドキドキ視る、推理系サスペンスだと思っています。それまではスリラーか虐殺系かと思っていましたから。でもここで、推理系は私のアタマの程度からいって、理解や楽しむのは無理かなと不安が過りましたが、2話めからは次回が楽しみになり結局完走しました。
 物語が非常によく考え抜かれていることは明白で、登場キャラの行動や言動の積み重ねでお話が進んでいく感じがしました。所謂伏線を張り、そして回収することの連続です。その伏線の表現がとても丁寧に描かれているのも好感が持てました。時々は演出が悪趣味だなあと(特にクローネの最期)思うこともありましたが、過剰にグロいシーンは無かったと思います。
 後半の方で一つだけ気になったのは、これしか方法がない、またはこんな事はムリだ、と話中で断定しておいて、次回のお話でそれを早速覆します。ある選択肢を除外させる情報を与えておいて、結局その選択肢+αが正解、つまり子供たちが取る手段になります。これはちょっと卑怯というか納得がいかない気がしましたが、何度か繰り返されると、むしろヒントに思えてきましたw。
 原作があるのは知っていますが、続編があれば続編をアニメで視たい気がします。
 
 



----以下感想纏作成用参考メモ----
旧題;苦手な話になりそうな予感しかしないので視聴中断します
この作品が優れたものかどうかについては一話視ただけでは、当然分かりませが、いわゆるクオリティは決して低くないと思います。
  一話めで、犠牲者フラグが立ちっていたとはいえ、退場者が出ました。予想の範囲内でほとんどショックはありませんでしたが、おそらくこれからも退場者が出ると思います、勝手にそう思っているだけですが。幼い子供が悲しい目に会っている話は苦手なので、私には見続けるのはちょっとムリかもな感じです。

この時の題;やっぱり合わないかも(2話めまで)
  念のため二話めも視ました。
恐れていた事態、大虐殺や毎回何人かずつ欠けていく、そういった展開にはならず、ちょっと安堵。お話は、主役級三人が子供たち全員をファームから脱出させ、その後の生活まで見据える、というものでした。頭脳を使って、監視者からどうやって逃れるかが、今後の見どころになるのでしょうか。
 
・さらに念のため三話と四話も視ました。(02/03/2019)
  心の準備ができたので視てみました。なるほど、孤児院風ファームでのサスペンスなわけですね。結局{netabare}内通者は誰だったの{/netabare}でしょうか?という処で次回になりました。

お話内のトリックや構成が巧みな気がするので、次回に興味が持てます。次回も楽しみです。

(六話めまで視聴に付き修正(主にタイトルの話数更新);02/16/2019)

投稿 : 2019/04/03
閲覧 : 206
サンキュー:

19

ネタバレ

ミホ

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

2期決まってよかった・・・。今期は、モブサイコと約束のネバーランドが好きだった。

今期は、モブサイコと約束のネバーランドが好きだった。

原作未読。

エマがいちいち可愛い。
進撃の巨人ほどではないけどゲスイ面がちょくちょくあって、
人間味のあるキャラクターが多くて好きだった。
(ノーマンとアルミンってちょっと似てない?)

最終話の、みんなでハウスから脱走するシーン良かったな。

ママが、「あの子達、何履いてた?」
からの、「レイ、どうしてその歌を・・・?」
からの、「安心しなさい、無事に逃げて行ったわ」

の、この一連のシーンが好きで、ここは何回も観た。

2期が決まって安心した。2020年が楽しみ。

投稿 : 2019/04/02
閲覧 : 21
サンキュー:

12

ネタバレ

どどめ

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

毎週ドキドキ楽しみにできるアニメでした
作画は所々乱れてたよね…
でも不安を煽るホラー映画的なカメラワーク?も面白かった
もっと次々と人が死んでしまうかと思ったけどとりあえず目に見える犠牲者が少なくてよかった…
2期に期待エンドだったのでとりあえず素直に期待して待ちます

投稿 : 2019/04/02
閲覧 : 15
サンキュー:

8

ネタバレ

けいぴぃ

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

原作漫画との比較

クローネ、なんだあの人形?
いきなりミュージカルみたいに歌い出したり
原作よりキャラが強烈になってる(@_@)

あの読み方不明の文字が
アニメだと「あの方」言ってたね。

ノーマンとエマの
糸電話のエピソード
本編でやってくれるとは(;_;)

最後イザベラはエマを捕まえられそうなほど接近(*_*;
ドキドキしました。

ちょっと思ったけど、
イザベラは
「ハウスの中で愛情いっぱい」と言ってたが、
ハウスの中でイジメとかないのか?
あったら即出荷かな(被害者の方が)?

投稿 : 2019/04/01
閲覧 : 179
サンキュー:

25

ネタバレ

U

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

A. ネタバレ注意 - 上質なサスペンス

白井カイウ(原作)、出水ぽすか(作画)による漫画
「週刊少年ジャンプ」で2016年35号より連載中

<主要登場人物>
・エマ:諸星すみれ
11歳の女の子 認識番号は63194
・ノーマン:内田真礼
11歳の男の子 認識番号は22194
・レイ:伊瀬茉莉也
11歳の男の子 認識番号は81194

・マム・イザベラ (ママ):甲斐田裕子


物語はグレイス=フィールドという孤児院から始まる
優しいママと赤ちゃんから11歳の38人の孤児が
血は繋がっていなくても家族のような関係を築き何不自由なく暮らしている(ように見える)

2045年のある日6歳のコニーが里親に出されることになった
エマとノーマンはコニーの忘れ物を届けるため禁じられている門へと向かい
実は子供は里親に出されるのではなく鬼の食用として”出荷”されている事実を知る
エマとノーマンは同じ年のレイたちと協力して飼育場からの脱獄を目指す

その後わかった事は施設で育った子供は6~12歳の間に出荷されるが
12歳の子供が一番の上物であること、
脳が一番大事な部所であるらしく外で自由に遊べたり本が充実しているのは脳を育てるため
そのためテストの成績が悪い子は12歳を待たずに出荷される
美味しいご飯と清潔な暮らしは子供たちを高級品にするためだったのだ

エマ達が事実を知ったことはママにはばれているが
自分も子供時代に脱走を諦めた経験から高い塀に囲まれた施設からの脱獄は無理だと思っているため
満期(12歳の誕生日)まで見張りながら飼育を続けるつもりでいる

ママと子供たちの頭脳戦、二重スパイ、見張役のシスターの登場 などドキドキの展開の中
エマたちが外の世界を目指す物語

***

今までにない物語なのにとっても分かりやすい
1話目から衝撃の事実が明かされ
子供たちの行動にドキドキハラハラで続きが気になり一気観しました
12話ですが、感覚的には上質なサスペンス映画を1本観たくらいの感じです
来年、続編の放映が決まってるようですが漫画読んじゃおうかなっていう位先が気になります

あれほど全員で脱出するって主張していたエマがすぐに出荷されない小さい子は置いていくって
決断したのもよいですね
仮に自分で歩けないような子供を連れて脱出成功してたら印象が変わっていたと思います

ママも子供たちも優しい顔と裏の顔、苦悩の顔、表情の描写がよかったです
最後、子供たちを見送るママを見て彼女もかわいそうに思えてきました
ママも含めて皆が人間らしく生きられますように

19.3.31

投稿 : 2019/04/01
閲覧 : 61
サンキュー:

17

ネタバレ

スズメバチ

★★★★☆ 3.7
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

大声で密談?

かなり頭脳戦の雰囲気をただよわしているが、

大声で作戦会議をしたり、バレないのがおかしい脱走準備をしたりと

変わったストーリーと演出をする作品だなとおもった。

追記

かなり昔に読んだタイムマシンの小説を思い出した。

ついでに藤子不二雄の牛のやつと猿の惑星も思い出した。

投稿 : 2019/03/31
閲覧 : 32
サンキュー:

12

ネタバレ

かんざき

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

続きが気になりますよね

原作未読なので、その後があるのか分かりませんが…とても気になる内容です。

投稿 : 2019/03/31
閲覧 : 18
サンキュー:

5

次の30件を表示

約束のネバーランドのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
約束のネバーランドのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

約束のネバーランドのストーリー・あらすじ

母と慕う彼女は親ではない。共に暮らす彼らは兄弟ではない。ここグレイス=フィールドハウスは親がいない子ども達が住むところ。至って平穏なこのハウスでささやかながらも幸せな毎日を送る三人の主人公エマ、ノーマン、レイ。しかし、彼らの日常はある日突然終わりを告げた…(TVアニメ動画『約束のネバーランド』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2019年冬アニメ
制作会社
CloverWorks
公式サイト
neverland-anime.com
主題歌
【OP】UVERworld「Touch off」【ED】Cö shu Nie「絶体絶命」

声優・キャラクター

諸星すみれ、内田真礼、伊瀬茉莉也、甲斐田裕子、藤田奈央、植木慎英、Lynn、河野ひより、石上静香、茅野愛衣、日野まり、森優子、小澤亜李

スタッフ

原作:白井カイウ・作画:出水ぽすか『約束のネバーランド』(ジャンプコミックス)
監督:神戸守、シリーズ構成・脚本:大野敏哉、キャラクターデザイン・総作画監督:嶋田和晃、プロップデザイン:板井寛樹、美術設定:池田繁美/大久保修一/友野加世子/乗末美穂、美術監督:池田繁美/丸山由紀子、色彩設計:中島和子、撮影監督:塩川智幸、CG監督:福田陽、編集:松原理恵、音楽:小畑貴裕、音響監督:清水勝則

このアニメの類似作品

この頃(2019年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ