「シリアルエクスペリメンツ・レイン[serial experiments lain](TVアニメ動画)」

総合得点
73.9
感想・評価
728
棚に入れた
3337
ランキング
616
★★★★☆ 3.7 (728)
物語
3.9
作画
3.6
声優
3.5
音楽
3.9
キャラ
3.7
ネタバレ

TaXSe33187

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

一連の物語としては繋げづらいけど圧倒的な面白さがある

ゲームプレイ済み、アニメに関しても何度か繰り返し視聴

ゲームとアニメとで内容は全く異なる
登場人物で共通するのは岩倉玲音のみ、あとは橘総研という存在が中核になるくらい
ただしテーマは共通していて、「ネットワークとリアル」「肉体と精神」「人間とは」という部分を扱っている

ゲームは岩倉玲音という一人の少女のカウンセリングの様子や、日記で語られる学校・家の様子を通して人間の本質に突き進んでいく
アニメは岩倉玲音という一人の少女が遭遇する奇妙な事件やネットワークの世界を通して人間の本質を突きつけられていく

どちらのシナリオでも重要になってくるのがNavi(パソコン)とwired(インターネット)の存在
制作当時より少しだけネットワーク技術が発達した時代を想定した物語になっている
そのため、パソコン通信だの画像のデコードだの当時の文化を思わせる部分もある
それ以上に、そういう当時の文化を地続きに発展・想像した世界のため、現代の技術や社会問題をかなりの精度で描いている衝撃が大きい
そういう精巧な想像の上に成り立つため、ゲーム・アニメそれぞれの結末に対してどこか現実の手触りを感じてしまう部分がある

ここからはアニメの話
{netabare}少女の自殺から始まり、「死んだ子からメールが届く」という学校での会話もあり、完全にホラーアニメな始まり方
影に血痕を思わせる斑点があったり、頻繁に電柱や送電線のカットが入り、ノイズが流れてくるなど不穏な雰囲気が漂う
そして玲音はこの送電線から流れるノイズを「人の声」として聞き取れてしまうなどどこか普通でない少女として登場する
また、玲音の学校生活でも突然視界がぼやけたり幽霊にも思える幻覚を見たりと謎ばかりが山積する
そしてラストで玲音も死者からのメールを受け取り、段々と不思議な世界とネットワークに引き込まれていく

ここから数話かけて、
アクセラ
ファントマ
プシューケー
KIDS
東方算法騎士団
と話が色んな所に飛んでいく
このあたりは正直話のつながりが薄弱で、雰囲気だけの退屈な時間とも言える
ただし、単品で見ていくとテーマも面白く各話の見どころもあるため面白いと感じる人は一気に引き込まれる
とは言え、それぞれの意味や役割についての解決は得られるものの、世界における「事件の解決」という形を得ることは殆どできない

それらの事件を追ううちに現実やwiredに時折見え隠れする、自分とは性格も振る舞いもまるで違う「レイン」
更にはそれとも違う、あらゆる場所に偏在する「れいん」も現れる

これらは何者か、自分は何なのか、家族は、友人は、世界は?
混乱を深める中で「神」を名乗る人物が現れ、玲音に対して選択を迫る
この辺はもう完全にエヴァ風味を帯びた内容と言っていい

話としては全てが断片的かつ難解で、繰り返し見ても一連の糸のようなものを見出すことは難しい
ある意味「倒すべき敵を倒す」という基本がシンプルだったエヴァの方が何杯も親切な内容と言える

ただ、エヴァで見られた空想の終末ではなく、現実と地続きに存在する終末は単なるフォロワーに収まるような小粒なものではない
また、エヴァと違い作中でしっかりと答えを提示する優しさも持ち合わせている

手放しに褒められる内容では決して無いけれど、独自の魅力と広大な世界観、その世界に踏み出せそうな「近さ」は本当に魅力的
音楽も単体でも楽しめる出来なので、まずはOPだけでも聴いてみるといいかも
{/netabare}
まあ色々書いたけど、結局大事なのは
くまパジャマ可愛い
お姉ちゃんモデム可愛い
ありすエロい
唇鰐口クリップエロい

これだけ

投稿 : 2019/10/10
閲覧 : 37
サンキュー:

2

シリアルエクスペリメンツ・レイン[serial experiments lain]のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
シリアルエクスペリメンツ・レイン[serial experiments lain]のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

TaXSe33187が他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ