「それでも歩は寄せてくる(TVアニメ動画)」

総合得点
68.5
感想・評価
182
棚に入れた
602
ランキング
2035
★★★★☆ 3.4 (182)
物語
3.2
作画
3.4
声優
3.5
音楽
3.3
キャラ
3.5

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

ネタバレ

STONE さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

とりあえず簡単な感想

 原作は未読。
 山本 崇一朗原作のアニメ作品第三弾といったところだが、やはりこの人は
「からかい上手の高木さん」(以後、「高木さん」と表記)と同様に、「初々しい恋を描くのが
持ち味を発揮するな」と感じた。

 「高木さん」とは攻めと受けが男女が別で、更に「高木さん」の高木さんがからかいという
形で好意をカモフラージュしているのに対して、本作の田中 歩の場合はかなりストレートな
感情表現で、歩の実直な性格に合った行動といった印象。
 もっとも、これで告白はしていない状況と言うのは、ある意味おかしかったりするが。

 一方の受ける側も「高木さん」の西片が高木さんの行動に対して、ある程度の好意を
感じつつも「あくまでからかわれているだけ」と危惧しているのに対して、本作の
八乙女 うるしは歩の好意を明らかに分かっている模様。
 全体的には中学生と高校生との違いか、本作の方が恋愛というものを明確にした作りに
なっている感じだが、歩とうるしに関しては単体としても二人の関係性にしても好感度の
持てるものになっている。

 メインモチーフは将棋。
 「高木さん」の主軸の二人が共に帰宅部ということで、二人の話題は様々なものであるのに
対して、本作の歩とうるしはほぼ将棋の話題。
 特にうるしに関しては「将棋が好きで好きでしょうがない」みたいな気持ちがよく
伝わってきて、これが可愛らしい。
 とは言え、いわゆる将棋ものではないので、将棋はあくまでキャラ同士を結びつける
舞台装置止まりの印象。

 「高木さん」と同様にメインの二人だけでない恋愛模様も描かれるが、こちらの
角竜 タケルと御影 桜子も単体キャラ、関係性共にいい感じ。
 「高木さん」の方は各カップルが出来上がっているが、本作は現状では香川 凛が
あぶれている状況で、ちょっと可哀想な気が。

投稿 : 2022/10/02
閲覧 : 119
サンキュー:

3

それでも歩は寄せてくるのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
それでも歩は寄せてくるのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

STONEが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ