アクセルワールド(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「アクセルワールド」

よみがな:あくせるわーるど

放送時期:2012年春アニメ(2012年4月〜)

★★★★☆ 3.8
物語:3.8 作画:3.8 声優:3.7 音楽:3.8 キャラ:3.7
総合得点 85.4
感想・評価 3519
棚に入れた人 18378
ランキング 122
どんなに時代が進んでも、この世から「いじめられっ子」は無くならない。デブな中学生・ハルユキもその一人だった。彼が唯一心を安らげる時間は、学内ローカルネットに設置されたスカッシュゲームをプレイしているときだけ。仮想の自分を使って“速さ”を競うその地味なゲームが、ハルユキは好きだった。季節は秋。相変わらずの日常を過ごしていたハルユキだが、校内一の美貌と気品を持つ少女“黒雪姫”との出会いによって、彼の人生は一変する。少女が転送してきた謎のソフトウェアを介し、ハルユキは“加速世界”の存在を知る。それは、中学内格差の最底辺である彼が、姫を護る騎士“バーストリンカー”となった瞬間だった。(TVアニメ動画『アクセルワールド』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 3519

ネタバレ
2018.09.24 15:29 にゃん^^の評価 | 観終わった| 1275が閲覧 ★★★★☆ 4.1 評価対象: アクセルワールド(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

バトルだけど 泣いちゃった

いじめられっ子のおはなしだって
あにこれのレビューで気になって見てみたら
とってもいいおはなしだったよ☆

バトルとか多かったけど
{netabare}ヒーローが強すぎて
いつも勝ってばっかりとかじゃなくって
勝つときって自分の心が強くなったときだし{/netabare}

よわいハル君見てるとにゃんも自分のことみたいで
いつもがんばって。。って応援してた

でも
{netabare}信じてた友だちからうらぎられたり{/netabare}
だれにも分かってもらえない
くやしい思いとか悲しい思いとかあって

いつもだれかが泣いてて
にゃんもいつもいっしょに泣いてた。。

だから
だれかが信じてくれたり好きって言われたりしたら
こんどはうれし泣きになっちゃう。。
そんなみんなの気もちがにゃんはよく分かった。。

あと
にゃんがうらやましかったのは
ハル君のお友だちや応援してくれる仲間。。

にゃんはリア友いないしおばかだから
なにか言おうとしてもうまく言えなくって
うざいって言われちゃうし
聞いてくれる友だちがいるだけでもうらやましい(ぐすっ)


今は
あにこれで感想文ににゃんのこと書いて
それで
読んでくれたみんながいいねって言ってくれるから
よかったなって。。

それとにゃんは
ハル君のピンクの子ぶたが好きだったなぁ
むぎゅーってしたくなるネ♪

にゃんはシルバークロウって
ハル君には似合わないって思う
子ぶたのまま戦ってくれたらよかったのになぁ。。って
(たぶん男子はいやだよね。。ゴメンね)

でも
男子たちって
ハル君が太っててかっこわるいからいやだって
思ってる人が多いみたい。。

ヘタレってみんなから言われるけど
少しずつでいいから強くってやさしくなっていくハル君を
黒雪先ぱいといっしょに応援したいな。。


ときどき
むずかしい言葉とかもあったけど
分からなくっても見られたし
バトルもアツい気もちがこもってて
そんなにわるくなかったかも。。

あと
ちょっと恋のおはなしとかもあって
それもたのしみだった☆

 サンキュー(258)
2018.09.14 21:45 剣道部の評価 | 観終わった| 72が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: アクセルワールド(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

色々とツッコミ処はありながらも、ノリと勢いで楽しんでしまう作風

[文量→小盛り・内容→感想系]

【総括】
SAOの作者の作品ですが、SAOより更にエンタメ寄りというか、良いし意味で痛々しいです(笑)

作画もよく、バトルにも迫力があります。あまり頭を使わずに、シンプルに楽しんで見ることをオススメします!

《以下ネタバレ》

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
主人公がチビでデブで冴えない男子中学生。そのコンプレックスが、「加速」「飛行」という、仮想世界での能力に繋がっているのでしょう。バトルも格好よくて、逆に痛々しいですが、まあ、許してあげましょう、作風なので(笑)

ヒロインの黒雪姫ですが、学校のマドンナ的存在でありながら、なぜか主人公にベタ惚れという、それこそ男子中学生の妄想を具現化したような人物でした。まあ、痛々しいですが、許してあげましょう、作風なので(笑)

という具合に、没頭して楽しむのが吉ですね♪
{/netabare}

 サンキュー(15)
2018.08.18 20:43 塩谷ナオの評価 | ----| 147が閲覧 ★★☆☆☆ 2.6 評価対象: アクセルワールド(TVアニメ動画) 物語 : 2.0  作画 : 2.5  声優 : 3.0  音楽 : 2.5  キャラ : 3.0

タイトルなし

<7話で断念しました>

 サンキュー(0)
2018.07.11 02:33 kooodainの評価 | 観終わった| 53が閲覧 ★★★★☆ 4.1 評価対象: アクセルワールド(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 3.5  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

リアルでは底辺ヴァーチャルでは最速のブタ

リアルでは虐められているデブでとろい主人公が活躍する話。
早い話SAOのそのまた未来の話となっています。
フルダイブ意外にもARやら何やらと進化している世界です。

構成は吉野弘幸さん。
安心できますww
女性の可愛さや美しさの細かい表現はピカイチ。
そして色々な作品で培われた視聴者を飽きさせないテンポの作り方。
裸のシーンよりも力を入れるウッカリスケベシーン等ww
私個人としてはもはやこの名前を構成で見れると安心できるレベルです。

そして原作も原作でおそらく最高に面白いのでしょう。
SAOの未来ともあって設定で似通っている部分はありますが更に進化しています。
その進化の具合が面白いです。
1話か2話で明かされるので書きますがSAOと同じくヴァーチャルにダイブ出来ます。
そしてその世界で得たポイントを利用して時間を1/1000にすることが出来ます。
厳密には違いますがそこら辺はアニメで実際に確かめてください。
ここら辺の違いがSAOと異なる面白い点です。

そしてSAOと同じく現実世界かヴァーチャルかどちらが本物か。
みたいな命題も出てきます。
ただSAOとは全く異なりますのでその点でも楽しめます。

SAOのデスマッチ以降の世界のヴァーチャルのSAOが楽しめたなら楽しめます。
あと一応主人公最強系に分類はされると思います。
細かく言うと主人公特殊系ですがね…。

あと意外と面白かったのが恋愛要素です。
この手の作品の恋愛要素は強すぎていかんのですが結構薄くていい感じです。
ハーレム物でもないですしおそらく相手も明確に決まっていますし。
そこら辺で見ててうだうだならないのも良い点でした。

とてもバランスよくテンポも良い作りでした。

▼物語の評価
ある種の主人公の成長物語。ある種の主人公最強物語。
そして恋愛物でもある。
これだけ色々詰め込まれているのに飽きっぽくならず置いてけぼりにならない。
構成がとても良かったと言えます。また原作も素晴らしいのでしょう。
読んでないので知りませんがw
SAOに近いが全然違った面白さを体感できて満足でした。
▼作画の評価
全体的に素晴らしかったです。
スピード感のある描写だったりエフェクトだったりと。
あと吉野弘幸さんだからかラッキースケベのカメラワーク…こだわってますなw
▼声優の評価
おどおどしてるきゃらの梶裕貴は最高に演技が合っていますww
格好いいシーンもまぁ申し分ないですが…もっといい人沢山いるなぁと。
でもこの作品におけるこのキャラは梶裕貴さんがとても最適で合っていたと思います。
浅沼晋太郎さんは性格が個人的に嫌いですが演技もとても良く素晴らしかったです。
姫の声優さんは誰だったんだろう…知りません。
ですがこう上からすぎもせずツンデレっぽくもなく中庸な感じで良い配役だったと。
戦闘シーンの叫びがもっと聞きたかったかな…鬼気迫るシーンが無かったので。
他のキャラもまぁ問題なかったと思います。
▼音楽の評価
意外と良いBGMが2曲位あったように思います。
ちょっとSAOに似てる感じしたのはもしかしたら音響制作同じ?それか意図的か…。
OPは歌詞は作品にあっていましたが曲自体はちょっと微妙な感じでした。
EDの方がOPとしてふさわしい感じというか作品の感じに合っていました。
2OPはラップが嫌いですがそれ以外は全く問題なくとても合っていたと思います。
2ED……あれ?OPっぽいんですが…。
こっちもEDがOPだったほうが良いんじゃないかなって思いましたww
曲だけ見ればですが…歌詞はある特定の人の物なので相応しくはありませんが。
色々文句垂れましたがOPEDはどちらも作品には合っていたと思っています。
▼キャラの評価
意外と赤の王とかその側近?とかバイク乗ったやつとか良いキャラ多かったですw
まぁ結局は主人公とヒロインの関係と主人公と親友たちの関係の話ですが。

 サンキュー(5)
ネタバレ
2018.06.10 16:27 Keinerの評価 | 観終わった| 60が閲覧 ★★★★☆ 4.3 評価対象: アクセルワールド(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.5  声優 : 4.0  音楽 : 4.5  キャラ : 4.0

熱い

完成度の高いバトルアニメ。ラノベらしさもありながら、少年漫画的な熱さが特徴的。

友情や劣等感、孤独など、登場人物たちの心の問題や関係が、バトルを通じて解消、発展していく様は、王道少年漫画的な趣が強かった。特に、幼馴染三人のドロドロした関係を正面から描写し、しかも正面から向き合わせることで解決させた点は、熱い青春という感じで印象が良かった。

いじめられっ子でさえない主人公が成長していく過程もいかにも王道少年漫画という感じだし、熱くなれる要素だったと感じる。主人公は唯一無二の能力を持って入るものの、無双するような強さではなかったのも、設定とマッチしていた。途中に修行回が入るのも、ジャンプっぽさがあった。

ただ、そういう設定ながら、最初から美少女二人に惚れられている感じはラノベ的ご都合主義が出ていたと思う。リアリティはないが、設定やストーリーのリアリティはこの作品の売りではないと思うので、そこは気にしたら負けという気がする。

バトルの作画は非常に良く、各キャラの戦闘上の特徴付けなどもオーソドックスだが面白いものだったと思う。主人公も能力に頼り切ったり、素の実力で圧倒する感じではなく、一戦一戦工夫して戦っているので、見ごたえがあった。

アニメ化範囲までだと、人物関係上、黒雪姫がちょっと浮いている感じがして、謎が多いまま終わってしまう。素直クールな感じでかわいいのだが、ちょっとキャラがつかめない部分もあった。

キャラの心理はそこまで深くないので共感しやすく、その発展の仕方も分かりやすく爽やかで、SAOと同じ作者なのが感じられる。キャラはSAOほど多くなく、コンパクトにまとまっていて、個々の人物の描写がSAOよりもしっかりしているので、完成度自体はこちらの方が高く感じた。

続きがあればぜひ見たい。

 サンキュー(6)

アクセルワールドのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
アクセルワールドのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。