七星のスバル(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「七星のスバル」

よみがな:しちせいのすばる

放送中:2018年夏アニメ(2018年7月~放送中)

★★★★☆ 3.1
物語:3.1 作画:3.1 声優:3.2 音楽:3.1 キャラ:3.1
総合得点 55.0
感想・評価 30
棚に入れた人 308
ランキング 4885
かつて世界的人気を博したMMORPG≪ユニオン≫で伝説となった小学生パーティ「スバル」。 しかし、 ゲームオーバーとなった旭姫は現実でも同時に死亡してしまう。 ≪ユニオン≫は運営停止となり「スバル」のメンバーも散り散りになった。 それから6年後──。 新生≪リユニオン≫にログインした高校生の陽翔は、 そこで死んだはずの幼なじみ・旭姫と再会する。 彼女は電子の幽霊なのか、 それとも…?(TVアニメ動画『七星のスバル』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 30

2018.07.23 10:54 うざっしーの評価 | 今観てる| 84が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: 七星のスバル(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

3話。あの花の盗作。あの花もぼくなつのパクりだけどここまで丸コピーはしてない

https://twitter.com/gagaga_bunko/status/842737655280357376
ガガガ文庫公式アカウントが「あの花オンライン」というタグを使用。
あの花との共通点
{netabare}・主人公が死んだヒロインが好き
・脇役男も死んだヒロインが好きで主人公とそりが合わない
・死んだヒロインが復活する
・サブヒロインAは主人公が好きでツンデレな態度
・サブヒロインBは脇役男が好き
・各キャラの見た目もかなり似ている{/netabare}

なおこのレビューに反発して悪質な誹謗中傷レビューも出てきていますが片っ端からブロックしています♪あにこれの一番の楽しみはブロックする事なので(レビューは自ブログにも載せていてそっちがメイン)。そういう意味ではありがたい作品が出てきてくれたなぁと。

盗作ってのはわからないようにやれば追及されないものだけどね。例えばクオリディアコードのストーリー展開が絶賛されていたが、オブリビオンというゲームで同じ内容のミッションがあったりする。ゼイリブという映画に似ているという指摘はあったがそれとは比較にならないくらい似ている。でもオブリビオンが続編のスカイリムに比べて知名度が低いから言われないというだけで。
しかしこの作品は過去の有名な作品のキャラや人間関係やプロットを丸パクリしてるのだから盗人猛々しいというか。

1話
ネトゲミステリーもの。ガガガ文庫原作は好きな作品が多いので見てみたが…(され竜は除く)。
{netabare}HP0でキャラロストってネトゲあるのか?大昔のWizardryみたいだなw
旭姫はゲーム内で死んだだけなのに現実でもなぜ死んだのかという所からミステリーが始まっているのだろうか。
単純に考えると復活した旭姫はNPCか、片思いしてた咲月のなりすましってところか。

死んだヒロインが主人公の前に現れるという展開だけでなく、キャラクターや恋愛関係があの花っぽいから似てると言われてしまうよな。咲月=あなる、貴法=ゆきあつ、希=つるこに見えてしまう。{/netabare}

作風は全体的に古臭い感じがして作画も止め絵ばかりでしょぼい。Lercheだから大崩れはしないだろうけど。プチミレが主題歌のアニメに当たり無しの法則がまた発動してしまうのか…。

2話
{netabare}貴法(ゆきあつ)のサイコパスっぷりとか、咲月(あなる)の巨乳や服のセンスとか、{/netabare}ますますあの花っぽくなってきたな。
{netabare}旭姫の正体はAIってオチしかないかな。ただのデータかバグかもしれないと作中でも言われ始めたし。とか思ってたら実は希のなりすましとか。{/netabare}

3話
{netabare}めんまとあなるが和解する話。{/netabare}作者はあの花は{netabare}めんまが最初からじんたん以外にも見えればいいのに{/netabare}と思ってこの二次創作を書いたのだろうな。

 サンキュー(4)
2018.07.21 16:59 kororinの評価 | 今観てる| 27が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: 七星のスバル(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

あの日見たアニメの名はソー〇アート・オン〇インじゃなかったのかもしれない・・・

2018.07.21
仮想空間で自身のアバターを使い体感プレイするMMORPG『ユニオン』。(『SAO』じゃないよ)

その中に『小学生』だけで編成された強レベルの部類にあたるチーム『スバル』がいた。(『超平和バスターズ』じゃないよ)

メンバーは、
天羽陽翔(あもうはると)→(『じんたん』じゃないよ)

空閑旭姫(くが あさひ)→(『めんま』じゃないよ)


碓氷咲月(うすい さつき)→(『あなる』じゃないよ)陽翔に片思い。

御門貴法(みかど たかのり)→(『ゆきあつ』じゃないよ)旭姫に片思い。

日下 希(くさか のぞみ)→(『つるこ』じゃないよ)

クライヴ=ヴィヴァリー(海外からのログイン)→(容姿は似てないが『ぽっぽ』の代り)

ある日、チーム『スバル』はダンジョンクエストのボス戦において、突っ走る陽翔の身代わりになってボスキャラの攻撃を受けた旭姫。
そのまま旭姫はゲームアウト・・・と思いきや、リアル(現実)において旭姫は突然の心停止(死亡)という結果に驚愕する4人。(『SAO』じゃないよ)
葬儀の日、陽翔を激しく攻める貴法。その日を境に陽翔、咲月、貴法、希の交流はなくなってしまった。(『あの花』じゃないよ)
『ユニオン』の運営会社も事故責任を危惧してか、サービスを終了。

そして6年の月日が流れ・・・
巷では『ユニオン』の後継『リユニオン』が人気になっていた。
成績によって受けられる様々な特典、
・運営であるプレローマインダストリー社の幹部幹部候補生の権利
・留学、奨学金助成など
(『SAO オーディナル・スケールの「オーグマー」』じゃないよ)

陽翔は知人の誘い(パーティーの頭数が3人以上が必須)を受け、全然乗り気はしなかったが、しつこすぎる誘いに止む無く『リユニオン』にダイブ。
初心者の洞窟クエストの途中、「急」にダンジョンに切り替わり目の前に大きな宝箱が。
陽翔がその宝箱を開けると「6年前に死んだ旭姫」のゲームアバター(記憶も6年前の小学生のまま)が眠っていた。(『あの花』じゃないよ)・・・・



『あの花』&『SAO』を知らなければ、それなりに面白いかもしれません。しかし、
『あの花』&『SAO』をすでに周知していれば、眉間に皺が寄りまくるかもしれません(笑)
アレンジした亜流モノですが、今のところそんなに酷くもなく見易い感じだと思います。

 サンキュー(6)
2018.07.21 11:30 にゃん^^の評価 | 今観てる| 132が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: 七星のスバル(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

「A」+「S」が「七星のスバル」だったらAとSは何?って聞かれたらアニメファンならすぐ分かりそう。。

公式のINTRODUCTION
{netabare}
かつて世界的人気を博したMMORPG≪ユニオン≫で伝説となった小学生パーティ「スバル」。しかし、ゲームオーバーとなった旭姫は現実でも同時に死亡してしまう。≪ユニオン≫は運営停止となり「スバル」のメンバーも散り散りになった。
それから6年後──。新生≪リユニオン≫にログインした高校生の陽翔は、そこで死んだはずの幼なじみ・旭姫と再会する。彼女は電子の幽霊なのか、それとも……? これはオンラインゲームで紡がれる、幼なじみたちの”約束”の物語。
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:田尾典丈(小学館「ガガガ文庫」刊)
キャラクター原案:ぶーた
監督:仁昌寺義人
シリーズ構成:吉岡たかを
キャラクターデザイン・総作画監督:山本由美子
プロップデザイン:竹上貴雄/本多弘幸
魔法陣デザイン:岸克芳
モンスターデザイン:廣瀬智仁
精霊・使い魔デザイン:梶山浩
エフェクトデザイン・監修:橋本敬史
アクション監修:もりやまゆうじ
美術設定:山本恵
美術監督:鈴木友成
色彩設計:加口大朗
モニターデザイン:スタジオ・ネオン
3Dディレクター:金田貞徳
撮影監督:芹澤直樹
編集:伊藤利恵
音響監督:本山哲
劇伴制作:SUPA LOVE
アニメーションプロデューサー:比嘉勇二
アニメーション制作:Lerche
{/netabare}
キャスト{netabare}
天羽陽翔:高梨謙吾
空閑旭姫:大森日雅
碓氷咲月:鬼頭明里
御門貴法:石川界人
クライヴ=ヴィヴァリー:寺島拓篤
日下希:花守ゆみり
エリシア:安済知佳
{/netabare}


1話ずつの感想

--------------------キリトリ線--------------------

第1話「再会と再開」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
かつて世界的人気を博したMMORPG“ユニオン”で、最強の小学生パーティがあった。
名は「スバル」。ある日、スバルの一員の旭姫は、ゲーム内で幼馴染の陽翔にある約束とともに指輪を交換する。だが、その後のダンジョン攻略中に、旭姫は陽翔を守ろうとしてゲームオーバーとなり、現実でも死亡してしまう。
ゲームは運営停止、スバルも散り散りとなるが、6年後、新生“リユニオン”にログインした陽翔は、死んだはずの旭姫と再会する…。
{/netabare}
感想
{netabare}
公式のINTRODUCTIONのおはなしなんだけど
ほかの人が書いてるから「A」と「S」が何かは書かないけど
1話目はふつうにパク○っぽかった^^


「A」のおはなしは

仲のよかった子たちがある女の子が死んじゃってからみんなバラバラになって
死んじゃった子が高校生になった主人公の男の子の前に幽霊になって出てきて
「叶えてほしいお願いがある」って。。
それであのときのみんなが集まって。。

ってゆうおはなして
ヒロインにやきもち焼いてそうな女の子もいたし。。


これからこのおはなしがどうなるか分からないけど
旭姫のためにあの時のみんなが集まってくるんだったら
にゃんはパク〇ってゆうのあんまり好きじゃないけど
そっくりすぎて引いちゃうかも。。

「S」のほうは設定が似てるだけかな?


今回のおはなしで気になるところって
死んじゃったヒロインの子が新しいゲームにあらわれた
ってゆうところだと思う

でも「S」でリアルで死んだラスボスの人のコピー人格が
ゲームの世界で生きてくってゆうおはなしがあったし
「SG0」のAMADEUS SYSTEMとかもあるから
べつにゲームの中で生きてたってそんなにフシギじゃないyone?。。

ってゆうか、にゃんは
死んだ旭姫が生きてたことよりもっとフシギなことがあって

ユニオンの中で死ぬとアカウントがなくなって
そのゲームができなくなるとか
「センス」ってゆう特性がないと遊べないとかってゆうのがフシギ。。

だって、そんなゲームでどうやって会社がお金をかせいでたんだろう?って

せっかく高いお金を出して買っても
すぐ遊べなくなるようなソフトなんかだれも買わないから
たぶんユニオンってソフトを買うようなゲームじゃないって思うし

基本プレイ無料で課金でもうけてるんだったら
たくさんの人が遊んでくれたほうがいいから
そんな変なルール作らないって思う。。

それに何回もむずかしいクエストに挑戦してる
ヘビーユーザーの人がいなくなっちゃったら
それ以上、課金してもらえなくなっちゃうし。。

そんな、もうからなくってもいいってゆうゲームを作る会社があったら
その会社って何かほかのこととか考えてそう?

「センス」ってゆうのが実はリアルな戦闘能力とかで
ある人だけ集めて社員にしてリアルで世界征服とか?


これからのおはなしってどうなるか分からないけど
スバルのみんながそんな事件に巻きこまれてく
ってゆうおはなしになるんだったらパク○なんて言われないって思う^^

ってゆうか、これだけ似てるのに
「A」とか「S」よりおもしろくなかったらがっかり。。

もっと感動したりもっとびっくりするようなおはなしになってほしい☆彡
{/netabare}
{/netabare}
第2話「秘めたる想い」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}

{/netabare}
感想
{netabare}
陽翔クンは旭姫が生きてること信じられなくっていろいろ聞いてたけど
ログアウトできなくなってて
さいごにおぼえてるのはクエストに失敗して消えたことで
今でも6年前だって思ってた。。


それから昔、陽翔クンたちにからんでた人がまたからんできたけど
貴法クンが今の仲間といっしょにあらわれて追いはらってくれたの
今は上位ギルドのイルミナティのリーダーみたい。。

あいかわらず陽翔クンには冷たくって
旭姫がまた3人でやろう!って言ったらことわって
何かあったら呼んだら助けに来るって言いのこして行っちゃった。。


あと、咲月が6年ぶりに陽翔クンの家をたずねてきて
陽翔クンをゲーム内で見かけたからビックリして来たみたい

陽翔クンはゲームで旭姫に会ったこと話して
自分はわざと死んでID抹消されにリユニオンに行っただけで
もう、行かないみたいなこと言ったら
過去から逃げるのか?って言ってきたの

それから咲月は家に帰ってゲームにログインして
旭姫と陽翔クンに会ったけどやっぱり旭姫が生きてるの信じられなくって
ちょっときついことも言っちゃったけど
旭姫のほうは自分が死んでること信じれないみたい。。

3人で話してたらまたほかのギルドが旭姫をねらっておそってきて
こんどは咲月が精霊の女王の力でやっつけて、もとのアジトに行ってみたの
そのギルドのボスのところには貴法クンが行って
2度と手を出すなっておどかしてた。。

アジトで旭姫は自分のアイテム倉庫が空になってるの発見して
辺りをさがしてて何か見つけたみたい?咲月と取り合いしてたw

その間、1人になった陽翔クンの前に女の子?があらわれて
「私はエリシア、襲撃者ではない」って言って
心奏使いで人の心が読めるから、ちょっと未来が分かるけど
「旭姫のセンスはこの世界に設定された6種のセンスの範疇外にある」って

「そして彼女のセンスを覚醒させようってカゲでおそわせてる連中がいる」
「巨大なギルドもすでに動きだしている。。旭姫を頼んだよ」
って言って消えそうになったから陽翔クンが止めようってしたら

「君は。。君たちは思い出さなければならない。。
向き合いたまえ天羽陽翔。。君の過去に。。」って言って消えちゃった。。

それで陽翔クンが
「オレの。。過去?」って言ったところでオシマイ。。


1話目の感想に、このゲームがあやしいみたいなこと書いたけど
やっぱり何かヒミツがあるのかも?

あと、タイトルが「七星のスバル」になってて
あと3人もどってくるのかな?って思って1話を見なおしたら
スバルはもともと6人だった。。

クライブと希が帰ってくるとして公式のキャラ紹介を見たら
エリシアを入れて7人しかのってない。。
もう1人はエリシアになるのかな?

それから旭姫はもともとなのかもだけど
自分が死んだとか、ログアウトできないってゆう
とっても大事なことなのに悩まないのってフシギだよね?

お家に帰りたいとかって思わないのかな?

もしかして、ゲームの旭姫ってコピー人格だから
そうゆうことは考えれないようにしてあるとかじゃないのかな?って。。

にゃんは「シュタゲ0」を見てて
{netabare}アマデウスの紅莉栖が自分はコピーだって悩まないのかな?
ってフシギだったけど
コピー人格だったらそんなことで悩まないようにしてあるはずだよね?{/netabare}
{/netabare}
{/netabare}
第3話「あの日の約束」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
リユニオン内で旭姫に再会した咲月は、旭姫を失って6年間ふさぎ込んでいた陽翔のことを想い、旭姫に「もう陽翔には関わらないで」と声をかける。しかし、それが6年前に、陽翔と旭姫のある出来事を目撃して以来抱いていた旭姫に対する嫉妬でもあったことに気づき、今度こそ負けないと決心する。旭姫の正体を確かめるため、3人はかつて旭姫がゲームオーバーとなったダンジョンに向かう
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしで
むかしみんなで買ったパーティリングを陽翔クンは旭姫と交換してて
旭姫が死んじゃったからお墓の近くにうめておいたのを取りだしに行ったら
入れちがいになったみたいで貴法クンは2人をかくれて見てた

それから魔樹の樹液を旭姫といっしょに取りに行くおはなしで
旭姫がその樹液でパーティリングを作ってスバルにはめようってしたら
陽翔クンは自分ではめておけって言って旭姫の左手の薬指にはめてあげて
その指輪を見た咲月がやきもち焼いて自分のも作ったりって^^


それでさいごは旭姫のナゾを調べるために
旭姫がやられたダンジョンに来たんだけど
ボスはいないと思ってたらエリシアがあらわれて
消えたって思ったらそこからあのプルガトリオが赤目になってあらわれたの

出口もこわされて3人で戦うことになったんだけど3人ともピンチになって
陽翔クンはパーティリングを見てあのときの旭姫との約束が
旭姫は陽翔クンを守るから陽翔クンは旭姫を守る
ってゆうことだったの思い出したの。。

そしたらチートパワー(?)が出て立ち上がって戦えるようになって
あともうちょっとってゆうところまで行ったところで
旭姫の未来視が直接送られてきて勝つことができたの☆


それで旭姫のプロフェアータ、見た咲月は旭姫が死んでないってみとめて
ログアウトの手伝いすることになったの

それからスバルはみんなで伝説を作ろうって約束したから
また貴法クンとか呼びもどそうってするのかな?



旭姫が生き返るって、ほんとに死んでたらゼッタイないよね?

もしかして旭姫のお父さんってユニオン、作った人とかで
陰謀のために植物人間になった旭姫を死んだことにした。。とかなのかな?

ユニオンのゲーム会社ってふつうの会社じゃないみたいだから
そうゆうことしててもフシギじゃないよね?

あと、貴法クンがちょっと映ったとき2つの指輪をネックレスにしてたけど
あれってクライブの?送るって言って送らなかったのかな?


まだ3話目で分からないこといっぱいあるけど
このおはなしって原作はまだ続いてるんだよね?
ちゃんとおわるのかな?

ナゾのまま「俺たちの戦いはこれからだ!」エンドだけはやめてほしいな☆彡
{/netabare}
{/netabare}

 サンキュー(15)
2018.07.17 23:35 pookiの評価 | 今観てる| 7が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: 七星のスバル(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

<55> オレツエから始まるゲーム内ファンタジー。青春ものか恋愛もの。

1 話視聴。
オレツエから始まるゲーム内ファンタジー。ラノベ。
テンプレ展開から妙な雲行きに。少し外してみた感じの青春ものか恋愛もの。それぞれに成長した昔の仲間との絡みが見所か。
最後の展開なんかは想像の範囲内だし、ラノベ的作風は変わらないから、大きくは期待しない。暫くは観るつもり。

 サンキュー(1)
2018.07.17 21:08 蜷ノI|の評価 | 今観てる| 56が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: 七星のスバル(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

(笑)

コンテ酷すぎ(笑)
思わず馬みたいな声出して笑っちまったじゃねーか(笑)

 サンキュー(1)

七星のスバルのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
七星のスバルのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。