「村祭(アニメ映画)」

総合得点
計測不能
感想・評価
4
棚に入れた
9
ランキング
5786
★★★☆☆ 2.6 (4)
物語
2.3
作画
2.8
声優
3.0
音楽
2.7
キャラ
2.3

村祭のストーリー・あらすじ

ビクター・レコードの文部省唱歌「村祭」とシンクロナイズした、画面に同曲の歌詞までが登場する、音楽切り紙アニメ。 後年に隆盛するミュージッククリップアニメーションの嚆矢のような内容で、切り紙(千代紙)アニメを制作したのは、同分野の第一人者である大藤信郎。作品の趣旨上、ストーリーは無い約4分の小品で、主題曲「村祭」の歌詞の上を、白い玉や子犬のちんころ平平(へいべい)などが弾むように飛び回る。なおちんころ平平は、大藤の他作品『心の力』(1931年)などにも登場する、レギュラーの動物キャラクターである。 もともと本作は米国の巨匠アニメ作家マックス・フライシャーがトーキー映画台頭期に制作した「スクリーン・ソング・シリーズ」を模倣した面もあり、そんなオリジナル作品と比較しながら鑑賞するのも興味深い。(アニメ映画『村祭』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
アニメ映画
放送時期
1930年10月14日

既に3件のレビュー・感想・評価が集まっています

天地人

★★★☆☆ 3.0

続私的アニメ感想簿90

1930年に製作された作品で、文部省唱歌の「村祭」に合わせて神輿や獅子などが踊るアニメです...

イカちゃん☆休止中

★★★☆☆ 3.0

☆千代紙アニメ

お神輿や獅子舞の場面がそれなりに楽しいです♪♪♪~☆ 大藤信郎(1900-1961)氏...

きききき

★★☆☆☆ 1.9

もっとみる(全4件)

村祭のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
村祭のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分

6位以下の成分も見る

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

このアニメの類似作品

この頃(1930年10月14日)の他の作品

ページの先頭へ