ピアノの森(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「ピアノの森」

よみがな:ぴあののもり

放送中:2018年春アニメ(2018年4月~放送中)

★★★★☆ 3.5
物語:3.4 作画:3.2 声優:3.5 音楽:3.7 キャラ:3.4
総合得点 60.1
感想・評価 109
棚に入れた人 564
ランキング 3494
 森に捨てられたピアノをおもちゃ代わりにして育った主人公の一ノ瀬海が かつて天才ピアニストと呼ばれた阿宇野壮介や 偉大なピアニストを父に持つ雨宮修平などとの出会いの中でピアノの才能を開花させていき やがてショパン・コンクールに挑戦するまでを描く、感動のストーリー。(TVアニメ動画『ピアノの森』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 109

ネタバレ
2018.07.20 18:38 professorの評価 | 今観てる| 18が閲覧 ★★☆☆☆ 2.5 評価対象: ピアノの森(TVアニメ動画) 物語 : 1.5  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.5  キャラ : 1.5

2期に期待する

NHK故に原作をすっ飛ばして放送するしかない所が多すぎたからだろうか、成長に必要な感情のぶつかり合いみたいな絶対要素が1期では見られなかった。ま、大人の事情がぶにゃぶにゃしたからでしょうけど。でも、クラシック音楽を芯としてるアニメの表現の限界だと思いますけど、2期では1期で割愛された人間のバックをもっとベーシック化して欲しいものです。1次が終わり海を通してのアジノ先生への審査員たちの反感は重要なテーマとなるでしょうし、海の人間的な成長のプロセスをどうストーリー化してくれるか等期待したい所です。
海君の周囲には餓鬼が嫌いな大人だらけなのだからそれ以上に大人が嫌いな海君との喧嘩が見られたらいいですね
この場合の大人とはコンクールの審査員達になるのでしょうか。。。コンクール参加者達は皆ショパンの弟子ですよね。よい先生は弟子が自分を超えてくれる事を望むものです。
それがいやならなにも世界中から音楽家を集めて限界線を設けてここまでよ...と自分たちの運動限界を見せるより降臨術に長けたSF仙術士を集めてショパンの霊を誰が呼び出すかを競うコンクールにすればいい。

 サンキュー(2)
2018.07.19 08:14 ミュンヘンの評価 | 観終わった| 18が閲覧 ★★★☆☆ 3.8 評価対象: ピアノの森(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 3.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 3.5

天才ピアニストと秀才ピアニストの葛藤

有名な作品のようですが自分は全く知りませんでした。制作がガイナックスみたいですね


個人的にはすごい面白かったです。4話あたりでのコンクールの話からの秀才の葛藤というものが凄いよく出来ています。日本じゃあの天才は評価されないという設定もこの展開に合っていてまさに結果で買って勝負で負けたみたいな感じが面白かったです少年編から大人編になり世界のコンクールでは当然より評価される対象がかわりここでもまた葛藤があります。ほんとにここの葛藤する流れに無駄がないという点が個人にこのアニメの好きなところです。


ただ、第2クールからが本格的なライバル達との戦いがあるところですが来年の冬に放送という事で待ち遠しいですね。

点数93

 サンキュー(3)
ネタバレ
2018.07.16 18:35 うにおいくらの評価 | 観終わった| 11が閲覧 ★★★☆☆ 3.1 評価対象: ピアノの森(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 2.5  声優 : 3.0  音楽 : 4.0  キャラ : 2.0

1クール終了。原作ファンにはちょっと物足りないかも。

一色まことによる日本の漫画。コミック26巻をもって完結。

2007年にアニメーション映画化されている。

これは2018年春のNHKアニメ。2クール目は2019年1月から開始。

内容は母子家庭に生まれ育った少年がピアニストになる話。
前作は主人公がコンクールに出場するまでだったがTV1クール目では、その部分+ショパン国際コンクールに出場するまでの話。

前作の映画と声優は総替え。

 はっきり言って正解。
主人公一ノ瀬 海は劇場版では上戸彩だったが、この頃は関西弁で話す役が多い白石涼子(少年時代)に変更。
 女優としては良いのかもしれないが声優としてはほぼ棒読みだった前作に比べて、やはり本職は上手い。安心して聞ける。ちなみに成長してからの主人子はこの頃売れて来た斉藤壮馬に代わる。

 主人公にピアノを教える先生阿字野 壮介は雨上がり決死隊の宮迫博之から 諏訪部順一へ。
前作を観た時、宮迫博之があまりにもはまっていたので驚いた。ここは変更なしでも良かった。が、諏訪部順一も聞きなれるとなかなかいい。
ちなみに彼の弾くピアノは反田恭平。



 このアニメの話題はなんと言っても実際に番組でピアノを弾くピアニストたちだろう。
阿字野 壮介は男子で最年少で日本音楽コンクール第1位を取った反田恭平。雨宮修平は新進気鋭のピアニスト髙木竜馬。パン・ウェイには同じく中国人の牛牛(ニュウニュウ)。レフ・シマノフスキはシモン・ネーリングと配役と合わせてピアニストを配置。クラシックマニアにも納得できる音作りを成功させている。

 流石国民の税金をガンガン使えるNHKである。オイラの払った受信料がこのアニメ制作のために使われていると思えば、喜んで払えるというものだ。


 アニメ制作は「ガイナックススタジオ」(福島ガイナックス)。
ピアノ演奏時の3D映像の完成度は高いが、2Dからの切り替えがあまりにもはっきりとし過ぎて少し違和感を感じるが、手元の動き自体はこだわりを感じる造りとなっている。

 私的には全体の作画、キャラデザインとあまり好きではない。
もう少し何とかならんのか?とは思う。これは好き嫌いの問題。

 この作品を京都アニメーションが制作していたらどんな映像になったのかと、思ってしまうのは僕だけではないと思う。


 原作を読んだファンからは多くの失望の声が上がっている。それは2クール24話で完結という枠では仕方ない事なのかもしれないが、「3月のライオン」で見せたあの冗長的な進行と比べてあまりにもご無体な削り過ぎとの批判の声も多い。

 私自信、中途半端に作るぐらいなら最初から作らなければよいのにと思う。原作からのファンが見たかったエピソードがごっそりと抜かれている。
ほぼダイジェスト版に近いノリだ。

 こんな中途半端なアニメに私の払った受信料が使われているのかと思うと残念でならない……って一体どっちの味方やねん。^^;


 兎に角、このアニメを見るなら原作を読んでいない方が良い。
読むならアニメを2クール見終わった後にするとよい。


 私的には面白いアニメだ。ただ惜しむらくは原作に忠実ではないところだ。
物語の割愛はアニメ化では仕方ない事かもしれないが、私的には「そこまで無理をするなら最初から作るな」と言いたい。

 サンキュー(3)
2018.07.16 17:57 Ka-ZZ(★)の評価 | 観終わった| 32が閲覧 ★★★☆☆ 3.9 評価対象: ピアノの森(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.5  キャラ : 3.5

このピアノを全ての人に捧げる!!

この作品の原作は全26巻で完結したようですが、私は23巻まで既読です。
私がこの作品の筆者である一色まこと先生の作品を最初に見たのは漫画「出直しといで!」でした。
登場人物の表情がとても豊かでお気に入りの作品でした。

そのため、この作品は原作から購入すると共に、2007年に上映されたアニメ映画は円盤を買い、2桁以上繰り返し視聴するほど大好きな作品なんです。

それがNHKでアニメ化される…
しかも物語の主軸を担う登場人物にはそれぞれメインピアニストが選ばれている上、選ばれたピアニストは牛牛を始めとする超一流どころばかり…

それだけじゃありません。
ピアニストの運指を忠実に再現するため、モーションキャプチャーが採用されています。
だから運指がとても滑らかで、鍵盤とリズムに狂いが生じない映像が素晴らしいです。
個人的にはピアノの運指をアニメで再現するのは不可能だと思っていたので、これは衝撃的事実でした。

だから自分の中では相当ハードルを上げた状態での視聴になったと思います。
こうして視聴に臨んだ訳ですが…

ピアノの演奏自体は、技術の粋を結集しただけあって素晴らしい出来映えだと思います。
特に物語の後半になるにつれ、否が応でも演奏シーンは盛り上がります。
最終話…カイの演奏を聴いた時なんて全身鳥肌モノでしたよ。

一方、声優さんですが、映画の方は女優さん、俳優さんが殆だったと記憶しています。
今回はしっかりと声優さんで固められていましたね。
カイと雨宮の小学生時代のイメージは、ほぼ映画と変わらず…
便所姫こと丸山 誉子のCVは、今回エンディングも担当した碧ちゃんでした。
映画版で声優を務めた福田麻由子さんとは声質が違うな…と最初は思いましたが、そこは我らが碧ちゃん…
物語の中盤で起こった奇跡に対する誉子のシーンなんか涙モノでしたよ…
やっぱり声優さんて凄いっ…!

そして肝心の物語ですが…
基本的に原作に忠実だと思いますが、これは原作既読者なら誰でも感じる事なのかもしれません…
物語がショパンコンクールに到達するまでが、マッハの如き早さだったと思います。
カイがあの場所に立つまで…もっと紆余曲折あったんです。

カイがこれまでどんな思いでピアノに向き合ってきたのか…
ピアノと向き合うために彼は何をしてきたのか…
決して映像映えはしないかもしれない…
けれど、色んな障壁を乗り越えて今のカイがそこに居るのに…
原作はそこをしっかりと描いてくれています。
カイのこれまでを知れば知るほど、彼の演奏に感動できると思うんですけどね。
まぁ、そこまで描いたらとても2クールには収まらないと思いますけど…

でも新進気鋭の若手のピアノの旋律と、演奏に対する作り手のこだわり…
興味があれば一見の価値があると思います。
気になる方は是非本編でご確認頂ければと思います。

オープニングテーマは、ショパンの原曲であるエチュード ハ長調 作品10-1が編曲された「海へ」
エンディングテーマは、碧ちゃんの「帰る場所があるということ」
オープニングには歌詞がありませんが、楽曲の持つ壮大さをしっかり感じられる作品です。
エンディングは誉子の気持ちに優しく寄り添った歌詞が印象的です。

1クール全12話で前半戦の折り返しとなります。
第2シリーズは2019年冬アニメで放送される予定です。
物語は、いま真っ最中なので第2位シリーズを踏まえた評価になると思いますが、この作品の見どころをとことん追求した良作になるのを期待しています。

 サンキュー(14)
ネタバレ
2018.07.15 06:55 たぢの評価 | 今観てる| 29が閲覧 ★☆☆☆☆ 1.5 評価対象: ピアノの森(TVアニメ動画) 物語 : 1.5  作画 : 1.5  声優 : 1.5  音楽 : 1.5  キャラ : 1.5

切り刻まれた無残な傑作

なんだこれは?
いったいこれは誰に向けて作った作品なのか?

物語の幹となる、登場人物の生い立ちや出会い、人間形成に関わるエピソードがほとんど丸々といっていいほどカットされている。

視聴者は延々とコンクールの場面だけを見せられることになっていて、これでは登場人物に感情移入する以前に"これ、誰?"状態。

原作を知らなければ意味がわからないストーリーを延々と見せられることになるだろうし、原作ファンからすれば侮辱以外の何物でもないだろう。

2期目があるとのことだが、こんな破綻した物語の先に何があるというの?この作品のシリーズ構成の人が関わったアニメは二度と見ないと誓った。

ここまでの原作レイプを見せつけられるのはGONZO以来だよ、まさかNHK製作で再会するなんてね…

 サンキュー(2)

ピアノの森のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
ピアノの森のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。