一週間フレンズ。(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「一週間フレンズ。」

よみがな:いっしゅうかんふれんず。

放送時期:2014年春アニメ(2014年4月〜)

★★★★☆ 3.9
物語:3.9 作画:3.8 声優:3.8 音楽:3.9 キャラ:3.9
総合得点 80.8
感想・評価 2425
棚に入れた人 12598
ランキング 194
「私…トモダチの記憶、一週間で消えちゃうの──。」高校二年生の長谷祐樹は、人と一切関わろうとせずにいつも一人ぼっちでいたクラスメイト・藤宮香織の存在が気になり、彼女と友達になりたいと願う。しかし彼女の口から告げられたのは、大事な友達との記憶のみが一週間で消えてしまい、月曜日にすべてがリセットされてしまうという衝撃的な事実だった。しかし、それでも祐樹は香織と友達になりたいと願う。一週間の記憶を綴って、巡って、二人は友達になっていく。何度も、何度でも──。(TVアニメ動画『一週間フレンズ。』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 2425

2018.11.04 23:27 ネロラッシュの評価 | 観終わった| 24が閲覧 ★★★★☆ 4.4 評価対象: 一週間フレンズ。(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 5.0  声優 : 4.0  音楽 : 5.0  キャラ : 4.0

原作ファン

原作ファンとして、さてアニメ版はどうかいな?
なるほど…
自分がイメージしていたCVではなかったが、観てるうちに慣れてきた(^^)
色彩設定は原作を忠実に再現しているし、ブレインズベースはこういったほんわかしたお話を作るのは巧いと思う。

九条が転校して来てからの展開も原作と違うし、キレイなラストではあったが…
だってあれでは記憶喪失のままじゃん!
そこだけが不満だな。

友達以上恋人未満…
自分は耐えられぬが、他人事ならニヤニヤしてしまう。

 サンキュー(4)
2018.11.02 01:36 oneandonlyの評価 | 観終わった| 126が閲覧 ★★★☆☆ 3.3 評価対象: 一週間フレンズ。(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 4.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.5  キャラ : 3.0

設定の色が強いほのぼの恋愛系作品

世界観:5
ストーリー:5
リアリティ:6
キャラクター:5
情感:5
合計:26

高校二年生の長谷祐樹は、普段から人と関わろうとせず、いつもひとりでいるクラスメイト、
藤宮香織と友達になりたいと思い、彼女に話しかける。
だが、彼女は「私、友達の記憶…一週間で消えちゃうの…」とそれを拒む。
少年との思い出を失い続ける少女と、
その思い出をひとつひとつ紡ぎあげていく少年―。
たくさんの“切なさ”と“ひたむきさ”が詰まった、珠玉のストーリー。
(公式ページより)

こちらも泣けるアニメを探す中で目にしたので視聴してみました。実写映画化でも話題となっていたようです(視聴開始したときにCMをやっていて知りました)。

ヒロインの藤宮香織は1週間で(毎週月曜日に)友達の記憶がリセットされるという設定。こういった設定モノは、アニメ視聴者としてはお馴染みですが、物語の中の人たちにとっては現実として描かれる必要があり、最初にそのことを話したときの桐生の反応はとても良かったし、友達を作らないとする藤宮のクラスでの冷淡な反応も自然でした。

もしそうなったら{netabare}日記をつければよい、というのは直前に見たefで予習済でしたが、実際のところ月曜日の朝に読み切れなくなっていくだろうなと思ってきたり。

この作品でも、藤宮と長谷が落ちあう場所として屋上が使われているのですが、生徒個人に屋上の鍵が委ねられているというのは現実的ではないと思います。構図として映えるのはわかりますが、アニメのパターンを感じてしまいました。

序盤はこの設定を用いてどんな世界や人間関係を描くのだろうと思いましたが、藤宮さんは序盤の影はどこへやらのいい人になっていきましたし、長谷もいい人(ちょっとうざいが)。山岸さんが出てきたあたりから物語に停滞感が出てきて、そのまま大きな盛り上がりがありませんでした。

長谷と藤宮は基本ラブラブな感じで、終盤は少し距離が開きますが、最終話で問題なくハッピーエンド。最後の「友達になってください」は、キーワードを持ってきて綺麗に締めたようにも見えますが、私はお洒落じゃないと思ってしまいました(教室で言うのはおかしいかもしれませんが、流れ的に付き合ってくださいでしょう!←ラブラブなのに付き合うって言わないもどかしい関係が続くのが苦手らしい。この点、耳すまの聖司の思い切りは悪くない)。長谷にもあまり共感できずに、桐生に共感しながら視聴していました。

日常系のため、リアリティ面はそんなに悪くなかったですけど、ひとつだけ言わせてもらいたいことが。藤宮のお母さんが長谷と公園で待ち合わせたシーン、藤宮母はスーパーに寄ってから来たのか、ベンチに買い物袋を置いているのですが、これ見よがしに精肉が描かれているんですよ。しかも、長谷は補修か再テストかでかなり遅れて到着します。6月くらいの設定ですよね、主婦感覚としてこれはないと思います。{/netabare}

優しい絵柄で、毒気も少なく雰囲気の良い作風で、爽やかな恋愛ものを見たい方には面白いかもしれませんが、私は物足りなかったです(全く涙は出ませんでした)。いわゆる設定モノの枠を出なかった作品という評価になります。

(2017.2視聴)
(参考評価推移:3話3.7→7話3.6→10話3.5→11話3.4→12話3.3)

<2018.11.2表題及び本文を微修正>

 サンキュー(29)
2018.10.17 03:48 gazabataの評価 | 観終わった| 35が閲覧 ★★★★☆ 4.8 評価対象: 一週間フレンズ。(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 5.0  声優 : 4.5  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

記憶の中にいる

オンエアしていたころに一度見て好きだったのでもっかい見てみようかなと思い視聴。ちなみにこのレビューには「君の名は。」のネタばれっぽいのが入っています。(読めばなんでかわかる)

ストーリー:
一見あんまり特別ではないように見えるが物語のコアがものすごくしっかりしているので集中して見ると結構素晴らしくできているなと思う。ほとんど無駄がなく作られているように感じる。何がしたいかよく分かっているからだと思う。

キャラ:
性格が極端なので個性があるのはもちろんだが他のキャラとのかみ合わせがすごく良いのもプラス。
欠点というか好みに分かれるが主人公は悪く言えば割と女々しいほうなのでそういうのが嫌な人は注意してみたら良いかと。
後は全体的に他のアニメに比べてキャラのエンパシー度が高いので良い。思いやりがあって相手が何を考えているかちゃんと予想できるキャラ達なので無駄なケンカとかすれ違いがない。これは本当に偉い。恋愛物でここまで無駄なドラマがないのは好き。考えれば考えるほど偉いと思う。いくらでも無駄なドラマを押し込むことができたのに…

声優:
全体的に声が高い人が多いので少し聞いているのがつかれるかもしれない。でも内容と演技が良いので大丈夫。

アニメーション:
アニメーションは無駄に頑張ってるなと思うほど考え込まれていると思う。実際のアニメーションというよりも色遣いと背景の良さと言ったほうが良いかもしれない。

君の名は。:
このアニメは「君の名は。」に結構似ているような気がする。どちらも記憶についてだしどちらも大切なものを失う感情を中心に作られている。だがテーマが似ているという点以外で似ていることはあまりない。そこで面白そうなので自分なりにどこが違っているか考えることにした。なんでこんなことをしたかと言うと、自分はあまり君の名はが好きではないのに(良いアニメだと思うし、ほかの人が好きな理由もよく分かる)このアニメはすごく好きだったからだ。(なんで君の名はが好きではないかではなくなんでこのアニメが好きなのかを言っていきたいと思う)
まず違うのが物語のスケール。一週間フレンズは一人の記憶がおかしい女の子とその友達がどう関係を深めていく小さいスケールの話なのだが君の名ははそれに似た話に加え、体の入れ替わり、タイムトラベル、隕石、人命救助、などがありスケールが非常に大きい。どちらかが絶対的に良くてどちらかが悪いわけではないが一週間フレンズの小さいスケールはキャラたちの関係を深めたり、心境を繊細に表すことができている点では良かったと思う。
もう一つの違いは全体的なアニメの雰囲気だと思う。一週間フレンズはとてもマイルドに優しく心に入ってくる。嬉しい時も悲しい時もゆっくりと沈み込んでくる。君の名はは皆さんご存知の通りとても過激に感情を送り出してくる。音楽を使ってブワーと鳥肌を立たせてアニメーションとドラマチックなセリフで過激に揺さぶるように感情を送り込んでくる。どちらかが良いというわけではないが面白い違いだと思う。
最後の大きな違いはアニメーションと色と音楽の使い方。君の名はよく動く、キラキラでつるつるのアニメーションを使って、色は眩しいほどはっきりしていて、音楽はさっきも言ったように鳥肌を立たせるような過激な音楽。それに対して一週間フレンズはさぼっているわけではないけどさほどアニメーションが動き回るわけではなく、色は全体的に優しい色を使っており、音楽も後ろで静かに流れている感じだ。この違いも本当に面白い。面白くないですか?

最後は自分が見つけた二つのアニメの似ている点を少しだけ。
・どちらもタイトルの最後に「。」が付く。
・どちらも神社で大事なシーンがある。
・どちらも四季が見れる。
・どちらも名前を重要視しているシーンがたくさんある。
まだ探せばあると思うけどネタなのでまあいいか。

監督:
このアニメの監督をした人、岩崎太郎という方なのだがこの人はもしかしたら本当にすごいんじゃないかと思うようになってきた。もう細かいところを見てみると本当に頑張ってるんだなと思う。
たとえば色と光の使い方。先ほども言った通り、このアニメは優しい色を全面的に使っている。もちろん漫画がそうだったからと言ってしまえば簡単なのだが自分はそんな単純ではないと思う。その理由に光の使い方がある。このアニメの背景の色と光の使い方はまるで記憶の中にいるように感じさせられる。何か良い記憶を思い出すときにちゃんとは思い出せないけどどんな色でどんな景色だったかは大体わかる。そんな表現をしていると思う。そしてこのアニメは記憶の尊さとそれを失う悲しさがテーマになっているので全体的に記憶を想像させるようにしたのだと思う。これは偉い。すごい。
あとたまに画面の端があいまいになっていることもある。これも記憶を想像させる。
他にも言いたいことがたくさんあるが長くなるので止めておきます。自分で見てください!

まとめ:
よくこんな頑張って作ったなと思う。褒めるところがほかのアニメと比べると比べ物にならないくらい多い。まあそんな感じ。完ぺきなアニメじゃないけどね。

点数:9/10

 サンキュー(5)
ネタバレ
2018.08.28 01:42 ぺるくまの評価 | 観終わった| 30が閲覧 ★★☆☆☆ 2.3 評価対象: 一週間フレンズ。(TVアニメ動画) 物語 : 1.5  作画 : 2.5  声優 : 2.5  音楽 : 3.0  キャラ : 2.0

どこまで真面目に見ればいい?

前置きとして書いておきたいが、悪い作品ではないと思う。キャラクターの抱える葛藤や苦悩を否定したくはないから。

率直に言うと最終話を見て心底ガッカリした。記憶障害というクソ重たいテーマ、その解決を描かなかったこと。
せめて主人公と藤宮さんの絆パワーでもなんでも良いから問題を乗り越えてほしかった。
なぜそれをやらなかったか?ただ都合のいい設定としてみなしているだけ、だからだ。
そもそも人間が社会的存在として生きていく上での障害なのだから、抜本的な解決を図るのが道理というもの。
独善的な主人公の成長物語、そのダシに使われた、では納得行かない。
友達から始まる初々しくてプラトニックな恋愛ドラマを普通にやればよかったと思う。その場合タイトルを変えないといけないが...

 サンキュー(1)
ネタバレ
2018.08.19 22:11 ももはしの評価 | 途中で断念した| 45が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: 一週間フレンズ。(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

主人公女々しすぎ

見る前にあらすじとかは大体わかって上で視聴しました。
なので、ヒロインの女の子が一週間で記憶がなくなる(家族以外)という設定にも特に不満はなくそして、その事を主人公が知る展開までの流れは、割りとあっさりしていて見やすかった

4話くらいまでみて思ったんだよね。。。
主人公女々しすぎない??? 見てるこっちがイライラしてくる。

まあ 友人のキリュウ君がクールなキャラでバランス取ってるって感じなんだろうけど、この事に関しては、好みがあるんだろうけど自分はこの主人公苦手でみるのを断念しました。

ストーリーは最後まで見てないからなんとも言えないけどこの後の展開どうなるんだろうってワクワカ感とかも無いし(どうせ付き合うんでしょ)みたいな

最後に、自分的には一週間で記憶がなくなるという設定はすごく良いと思うんだけどなんか盛り上がりが少なくもったいないなという印象だった

 サンキュー(4)

一週間フレンズ。のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
一週間フレンズ。のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。