一週間フレンズ。(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「一週間フレンズ。」

よみがな:いっしゅうかんふれんず。

放送時期:2014年春アニメ(2014年4月~2014年6月)

★★★★☆ 3.9
物語:3.9 作画:3.8 声優:3.8 音楽:3.9 キャラ:3.9
総合得点 79.8
感想・評価 2252
棚に入れた人 11345
ランキング 196
「私…トモダチの記憶、一週間で消えちゃうの──。」高校二年生の長谷祐樹は、人と一切関わろうとせずにいつも一人ぼっちでいたクラスメイト・藤宮香織の存在が気になり、彼女と友達になりたいと願う。しかし彼女の口から告げられたのは、大事な友達との記憶のみが一週間で消えてしまい、月曜日にすべてがリセットされてしまうという衝撃的な事実だった。しかし、それでも祐樹は香織と友達になりたいと願う。一週間の記憶を綴って、巡って、二人は友達になっていく。何度も、何度でも──。(TVアニメ動画『一週間フレンズ。』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 2252

ネタバレ
2017.04.25 19:30 れのん。の評価 | 観終わった| 67が閲覧 ★★★★☆ 4.6 評価対象: 一週間フレンズ。(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.5  声優 : 4.5  音楽 : 5.0  キャラ : 4.5

純粋なこころのファンタジー

 原作既読

 2014年4月~6月(全12話)
 監督 岩崎太郎  シリーズ構成 菅正太郎
 キャラクターデザイン 山﨑絵里
 制作 ブレインズ・ベース
 原作 葉月抹茶(月刊ガンガンJOKER 全7巻)

◆原作について
 葉月抹茶さんは若い女性漫画家ですが、その作品は、独特の淡い色彩世界のイメージがある。
 「君と紙ヒコーキと」・「一週間フレンズ」の二つの作品で共通しているのは、主人公の男性は「草食系」。ヒロインはとてもピュアで、なにがしかの人間関係の困難さを持っている。そして、四人くらいの男女のグループの話になり、そのなかでの恋愛要素は淡い。自分はもともと、女性漫画作家原作のアニメが好きな方だが、「一週間フレンズ」も女性らしい作品世界だと思う。
 このような葉月さんの作品世界のアニメ化として、「一週間フレンズ」の水彩画のような作画、色彩、やわらかなキャラデザは、きわめて優れているという印象を自分は持った。

◆主題歌
 op 「虹のかけら」, ed 「奏(かなで}」(スキマスイッチの曲のカバー 歌;雨宮天さん)とも、音楽が作品世界と結びついておりすばらしい。

◆登場人物について
 長谷君(cv )の方には、話しかけた動機からして恋愛要素があるわけだが、彼は藤宮さんに何度忘れられてもくじけず、毎週月曜に「俺と友達になってください」という。「俺とつきあってください」ではない。これは、藤宮さんが本当はだれよりも友達がほしいと思っていることを知っているからでもある。長谷君には思いやりの心がある。
 藤宮さん(cv 雨宮天さん)の方は、夏の海の前後から、長谷君が別の女子と仲よさそうにしているのに、もやっとしたり、好きということばをなにかの時に言いたくなったり、と変化はある。

 四人の主要キャラのキャラ設定・性格が、絶妙。
 長谷君には、かなり明確な長所・短所がある。(これは四人とも、明確)。その長所短所が、ストーリー展開上、必要。
 四人各自の長所短所が、結びつきあい、補い合い、響き合っている。
 長谷君あっての藤宮さんであり、将吾あっての長谷君である。
 藤宮さんのけなげさや優しさは折り紙付きだけど、あの純粋さとけなげさは、小六の時から高二まで、結果的に純粋培養されてきたことによる。
 普通より純粋な人というのは男女を問わずリアルにもいるものだけど、そういう人は、純粋ゆえ、自分自身の中に、時には他人に、よこしまさ、影の部分を他の人以上に見つけやすくそのことに悩みやすいと思う。
 純粋な上にそういう悩みがない人というのは、子どもがそうだと思う。藤宮さんの場合は、子どものような純粋さを持っているけれど、おとなっぽく理性的な面があるので、全体として子どもっぽい人、という印象ではない。子どもっぽいのは、天然キャラの山岸 沙希(cv 大久保瑠美さん)である。

 自分は、長谷君のキャラや物語の一部については、原作の方が好きな気がする。それは、たぶん、アニメ化するにあたって、1話目のストーリーを、その後の展開や尺から考えて原作から変更していることにも原因がある。
 原作の方が、はるかに、長谷君はかっこいい。男らしい。

 アニメ&漫画の中のキャラだが、ある程度のリアリティがあるので、キャラとしての魅力が生まれているのだと思う。藤宮さんの場合は、見た目の可愛さもあるが、その魅力は圧倒的に、その内面と、内面からくる表情やしぐさ、等々にある。
 雨宮さんの演技もすばらしい。印象に残っているのは、雨宮さんが藤宮さんを演じるにあたって、「自分は藤宮さんのように純粋じゃないので、藤宮さんの声をあてるときには、自分自身を純粋にしようとこころがけていた」と話していたこと。

◆設定と物語について
 設定は、リアルに考える人には、ありえなさすぎで違和感があるかもしれない。そして、このような記憶喪失を扱うドラマ等は、他にもかなりある。
 ただ、本作においては、とりわけこの設定そのものがファンタジーで、藤宮さんというキャラをなり立たせるためのみに、必要不可欠だった設定である。

 親しい人との記憶というのは、それが家族以外だったとしても、人にとってどれ程大切なものか計り知れない。
 その記憶が完全に失われるというのは、いわば、自分自身の中のきわめて大切なもの、かけがえのないものが、毎週、死ぬと言うことである(それが嫌だから、藤宮さんは誰とも友達になろうとしなかった)。

 さらに、長谷君にとっても、前の一週間に藤宮さんと過ごした時間の記憶が藤宮さんから消え去ってしまっていることは、辛い喪失だった。
 ただ、長谷君には思いやりの心があって、自分より辛いであろう藤宮さんのために、それでもなお、毎週何度でも、「俺と友達になってください」というのである。
 長谷君が藤宮さんと話したい、親しくなりたいと思ったのは、桐生君に「顔」といってるように、異性として惹かれたからである。
 だから、「俺と友達になってください」というのは、いきなり何の人間関係もないところからの、告白のようでもある。
 このときの長谷君の不屈?のねばりづよさは、アニメより原作の方がすごい。

 しかし、藤宮さんは少女漫画をよく読んでいて、「偏った知識」で、友達とは恋バナをするもの、と無邪気に思ったりはしているが、そもそも、異性への感情というのを、海に行った頃、「好きという言葉を、さいきん、いいたくなる・・」あたりで、淡い気持ちとして、疑問として自分のうちに始めて見つけたりしている。

 で、この物語は、独得な純粋さをもっているので、彼氏彼女としてつきあうというのでなく、長谷君の中に異性としての藤宮さんに惹かれるというのがきっかけとして強くありながらも、親しい友達に、あらゆる困難を乗り越えてなる、という一点に、より集中したものである。
 なぜなら、藤宮さんが誰よりほしいと願っているのは、彼氏なんかじゃなくて、、友達なんだと言うこと、そのことを、長谷君は知っていて、藤宮さんのそばにいて藤宮さんの笑顔をみたり親しくしたいと言う自分の気持ちを、友達になってください、ということで、彼女に伝える。

 「だからこのとき、何度でも言うと決めたんだ。。。」
 長谷君のことを、女々しいというのは、桐生も確か言っていたし、そう感じる視聴者もいるだろう。長谷君の、男らしい側面は、アニメより原作の方に強く感じられる。とにかく、何度でも、友達になってくださいと、言おうと決めたと言うだけで、だれにでも、これはできることではないね。

 サンキュー(15)
2017.04.11 02:42 オオミキの評価 | 観終わった| 24が閲覧 ★☆☆☆☆ 1.5 評価対象: 一週間フレンズ。(TVアニメ動画) 物語 : 1.5  作画 : 1.5  声優 : 1.5  音楽 : 1.5  キャラ : 1.5

予想以上に…

ネット上の評価が高かったので見たんですがはっきり言ってつまらない。びっくりさせられました。とても安っぽい話で終始真顔で見られました。唯一評価できるのは雨宮天の曲だけ。

 サンキュー(0)
2017.04.02 22:47 スカルダの評価 | 観終わった| 19が閲覧 ★★★★☆ 4.5 評価対象: 一週間フレンズ。(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.5  キャラ : 4.0

胸がギューッと締め付けられる思い

1話1週間のちょっと変わったループ物。
1週間で記憶がリセットされる女の子と友達になりたい男の子のお話。

パステル調の絵本のような作画も良いし、
男性向けながら、女性作家ならではの心の描写が光ります。
胸がギューッと締め付けられる思いになりますね。
毎話毎話金曜日が来ると泣かされてしまいました。

自分も記憶障害ではないけれど、
ストレスを感じると体のあちこちに異変が起こる。
「鋼のような心臓してるよね!」と言われるけれど、
受けてきたストレスが大きすぎて大した問題に感じないだけ。
実際にはストレスで涙腺が詰まって目を腫らすし、息が出来ない程肺が痛くなる事もある。
勇気を出して過去のトラウマを人に話した時には、全身の毛が抜け落ちました。
ストレスよりもストレスによる拒絶反応の方が大きな問題ですね・・・

脱毛症になってから、
自分を見つめなおすようにアニメを見るようになったけど、
4年経ってようやく心の整理な付いてきたのかなぁ。
冬になって脱毛症が急速に治りつつある。
また夏になるとごっそり抜けるのかなぁ・・・怖いなぁ・・・

色々考えさせられてしまった。

 サンキュー(5)
2017.03.17 23:45 sirosukeの評価 | 観終わった| 47が閲覧 ★★★★☆ 4.5 評価対象: 一週間フレンズ。(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.0  声優 : 5.0  音楽 : 4.5  キャラ : 4.5

なんか自分と重なって見てました。

実はこの主人公と同じで私も記憶がしばしばなくなっちゃうんです;;

記憶生涯で解離性健忘っていう病気で過去の記憶がどんどん消えてしまうんだけど、このアニメを見て、あっこれオレかもって思ったりしたw

じゃあどうすればいいか、対応策も参考になったしどうしたらいいのかも学んだ。

まぁ症状はそんなに頻繁でもないし定期的に記憶が消えるひどい状況ではないんだけど、主人公の気持ちになって見れたし、現実じゃあ絶対ありえない!って普通は思いながら観てしまう人もいるかと思いますが、、、。。

ここにいますw

 サンキュー(13)
ネタバレ
2017.03.16 00:36 まっしろんの評価 | 観終わった| 34が閲覧 ★★★☆☆ 3.8 評価対象: 一週間フレンズ。(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.5  音楽 : 3.0  キャラ : 3.5

面白い!けどもう少し!…

一.【物語】流れはとてもよかったが、フレンズと言うだけあって友達以上の関係が見れなかったのが少し残念。モヤモヤする関係(両思い)も悪くないがもう少し先に進んで欲しかった。
二.【作画】少女漫画っぽさがあって青春オーラが出ていたので文句なし!
三.【声優】私の好きな雨宮さんが出ていたのでよし!
四.【音楽】OP、ED共に良かったが、サウンドトラックのインパクトがもう少し欲しかった。
五.【キャラ】桐生の山岸に対する態度があまり好まなかった。最後だけでも桐生の笑顔を拝みたかった。藤宮と長谷に関しては見ていて清々しかった!

 サンキュー(3)

一週間フレンズ。のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
一週間フレンズ。のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。