一週間フレンズ。(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「一週間フレンズ。」

よみがな:いっしゅうかんふれんず。

放送時期:2014年春アニメ(2014年4月~2014年6月)

★★★★☆ 3.9
物語:3.9 作画:3.8 声優:3.8 音楽:3.9 キャラ:3.9
総合得点 79.6
感想・評価 2221
棚に入れた人 11117
ランキング 197
「私…トモダチの記憶、一週間で消えちゃうの──。」高校二年生の長谷祐樹は、人と一切関わろうとせずにいつも一人ぼっちでいたクラスメイト・藤宮香織の存在が気になり、彼女と友達になりたいと願う。しかし彼女の口から告げられたのは、大事な友達との記憶のみが一週間で消えてしまい、月曜日にすべてがリセットされてしまうという衝撃的な事実だった。しかし、それでも祐樹は香織と友達になりたいと願う。一週間の記憶を綴って、巡って、二人は友達になっていく。何度も、何度でも──。(TVアニメ動画『一週間フレンズ。』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 2221

ネタバレ
2017.02.20 14:13 ろだの評価 | 観終わった| 22が閲覧 ★★★★☆ 4.0 評価対象: 一週間フレンズ。(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

感想

2回目視聴。

やわらかいタッチの絵と少しずつ築かれていくトモダチ関係が瑞々しい。
藤宮さんの笑顔がとにかくかわいい。

放送当時は公式HPで藤宮さんの日記が更新されることが楽しみだった。

2017.02.20

 サンキュー(0)
ネタバレ
2017.02.19 18:37 あらいぐまの評価 | 観終わった| 15が閲覧 ★★★★☆ 4.5 評価対象: 一週間フレンズ。(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.5  声優 : 4.5  音楽 : 4.5  キャラ : 4.5

キャラが可愛い!

王道のベタなシーンも多いが、そんなこと気にしないくらい作画が好き!今までにないタイプなのにトップクラスの可愛さ^^*

EDの奏も合っててよい!なんで実写化しちゃったかなー…(இ௰இ`。)

 サンキュー(1)
2017.02.18 17:05 k-papaの評価 | 観終わった| 44が閲覧 ★★★★☆ 4.8 評価対象: 一週間フレンズ。(TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 4.0  キャラ : 5.0

中原麻衣の母親役に驚き。作品そのものは原作のイメージ通りです。

原作漫画。
原作既読。(またも立ち読み。BOOKOFFありがとう。)

作品の内容は今更、説明するまでもないです。
(作品紹介欄読んでね。)
原作のほのぼのとした感じが生かされています。

ヒロインのお母さんが中原麻衣さんなのが驚きましたわ。
もう、お母さん役やるの!って感じです。
でも、良い感じで優しい母親役で納得です。

EDはカバーなんですね。
とても切ない感じで作品のイメージに合っていました。

 サンキュー(8)
2017.02.18 00:53 カミカゼの評価 | 観終わった| 105が閲覧 ★★★★☆ 4.4 評価対象: 一週間フレンズ。(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.5  声優 : 4.5  音楽 : 4.0  キャラ : 4.5

え、実写化・・・? なんで実写化してしまったんだぁあああああああああああああああああああああああああ!?

とても見やすくて面白い。

作画と内容のバランスがとてもとれている作品なのではないかと思う。

感動するところや笑えるところもあって飽きることなく見ることができた。

 サンキュー(15)
2017.02.18 00:18 OASISの評価 | 観終わった| 23が閲覧 ★★★☆☆ 3.7 評価対象: 一週間フレンズ。(TVアニメ動画) 物語 : 2.5  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

腑に落ちない結末

アニメ視聴中、どのような結末を迎えるかいくつか想像しながら見ていた。(原作は読んでいない。)

1,友人の記憶が無くなるということは、それ以上の関係になれば記憶は保たれる。つまり付き合って病克服。

2,過去の友人との問題を解決、(具体的には旧友からの謝罪等で和解し、トラウマを解消。)それ以来徐々に病克服。結局お付き合い。

3,友人であっても、記憶が断片的に残るケースがあることに着目。実は友人の記憶こそ記憶が保たれ、友人以下だと記憶が消去されることを悟る。主人公がクラスに病のことを話し、クラス一丸となって病克服に全力を尽くしみんなとお友達に。ついに病を克服する。その中心的役割を果たした主人公とお付き合い。

4,なぜ1週間という定まった期間なのか。実は、記憶がリセットされる直前、日曜日の夜にある行為をしていたからであった。過去の記憶を呼び覚ますような何かを。(小学校時代の親友からの誹謗中傷の手紙を見たなど。)それを回避するようにしてから、病克服。そしてお付き合い。

最終話を見て結局上記のどれでもなく、何のひねりもなく終わってしまった…。おそらく作者は、「好き」「付き合う」「恋人」などの直接的な表現を使わないことに固執、美学を感じているのだと思う。直接表現を避けた部分は共感したいところだが、それにしても「友達」というワードをこれでもかと押してくるこの感じは何だろう。最終回ラストのシーンでは「友達」よりも「大切な人」などの格上げされた表現を使っていただきたかった。これでは最終回のタイトル通りではないか。そして今後の彼らの進展を想像できるような最終回であってほしかった。

 サンキュー(2)

一週間フレンズ。のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
一週間フレンズ。のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。