アニメのことなら!ランキングと口コミでさがすアニメ-あにこれ

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)
2018年 年間アニメBEST10
64
view
 サンキュー(28)
2018年内に最終回を迎えた作品(自分が感想を書いたのは88作品)から選びました。ここに挙げたのはどれも好きな作品でしたが、おおまかにいうと、1位は文句なしの完成度、2位~4位は特に好みのタイプの作品、5位以下の順位はだいたいこんな感じ、といった決め方。この他にも面白い作品が多くて、全体的にとても良い年でした。
BEST10作成日:2019.01.12
18年1月~3月の1クール。4人の女子高生が南極を目指す青春アニメ。笑えて泣ける作風ですが、その泣けるの部分の内容が、決してネガティブにならないところが素敵です。全体的に隙のない、非常に完成度の高い作品でした。
★★★★★ 4.2
18年10月~12月の1クール。女子高校生の百合アニメという分類になりますが、もっと枠を広げて恋愛アニメという括りで観ても、非常に出来の良い作品。作画も綺麗でしたし、高田憂希と寿美菜子の声も良かったです。是非この続きもアニメで観たいです。
★★★★☆ 3.8
18年1月~3月の1クール。両親を飛行機事故で亡くした男子高校生が、ベビーシッター部の部員として子供たちの世話をするハートフルコメディ。とにかく子供たちがかわいくて、毎回癒されたり、泣かされたり。善良で温かい作品でした。
★★★★☆ 3.6
18年7月~9月の1クール。様々な遊びに興ずる3人の女子中学生の日常を描くギャグアニメ。ちょっと下品なネタやブラック風味のユーモアも多くあって、とても面白かったです。執事の前多など、脇役にも強烈なキャラが揃っていました。主人公の声も良かったです。
★★★★☆ 3.8
18年7月~9月の1クール。1990年代の川崎近辺を舞台にした、ゲーム好き少年少女のラブコメ。笑えるだけでなく、切なくて泣ける純愛作品のような一面もあって、ゲームに興味がなくても、恋愛物が好きなら観る価値がある作品だったと思います。
★★★★☆ 4.0
18年10月~12月の1クール。ゾンビアイドルが寂れた佐賀を救うために奮闘する、ギャグコメディアニメ。笑えるだけでなく、ときには泣ける話もあり、アイドルアニメとしては楽曲の質も高くて、とてもエンタメ性の高い作品でした。
★★★★☆ 3.9
18年4月~6月の1クール。若手ヤクザと超能力少女との同居生活を描くコメディ作品。馬鹿馬鹿しいギャグと人情溢れる良い話が、高いレベルで両立していて、とても面白かったです。個人的にはアンズ回の人情エピソードが好みでした。
★★★★☆ 3.9
18年1月~3月の1クール。山梨県周辺を舞台に、女子高生たちがキャンプをする日常系作品。景色、グルメ、豆知識など、キャンプの魅力が上手に描けていますし、コメディとしてのセンスもある作品でした。音楽もとても良かったです。
★★★★☆ 4.0
18年1月~6月の2クール+9月に4話。人間と、人間以上の知性や能力を持つ機械との関係を、バトルや恋愛っぽい要素も絡めて描いています。序盤がとっつきにくいですが、物語の全体像がわかってくる中盤くらいからは、とても面白かったです。女性キャラもかわいくて、特に紅霞がお気に入りでした。
★★★★☆ 3.2
18年4月~6月の1クール。実在の往年の名馬たちを擬人化して、その日常やレースを描く美少女スポ根アニメ。競馬がいちばん盛り上がっていた時代の実際の競争成績を元にして作られているので、これだけ面白いのもある意味当然だったかも。
★★★★☆ 3.8
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。