ゾンビランドサガ(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「ゾンビランドサガ」

よみがな:ぞんびらんどさが

放送中:2018年秋アニメ(2018年10月~放送中)

★★★★☆ 3.3
物語:3.2 作画:3.2 声優:3.4 音楽:3.2 キャラ:3.3
総合得点 56.9
感想・評価 60
棚に入れた人 447
ランキング 4536
『ゾンビランドサガ』はアニメスタジオMAPPA×エイベックス・ピクチャーズ×Cygamesが手がけるオリジナルアニメ。監督には劇場版『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』の境宗久、キャラクターデザインはアニメ『アイドリッシュセブン』の深川可純が手がけており、ゾンビワールドを生き抜く少女たちを描く。(TVアニメ動画『ゾンビランドサガ』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 60

2018.10.24 00:09 oxPGx85958の評価 | 今観てる| 55が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: ゾンビランドサガ(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

2話までなら2018年度ベスト

3話を見ての感想

2話までを見た時点では今期どころか今年最高の作品になるかと思ったのですが、3話の出来がひどかった。いや、ひどいと言うと語弊があるけれども、脚本も演出も「普通のアニメ」レベルで、さらに悪いことに物語の作りがベタな「アイドルもののアニメ」なので、これがこの作品の今後の方向性を示しているのだとしたら、見るに堪えないものになっていきそうな気がします。

脚本も絵コンテも別の人がやってるんですね。

----
2話まで見ての感想

1話で衝撃を受け、2話での展開に安心できたので、このまま行けば私にとって2018年度のベスト作品になるかもしれない。突拍子がないのに隙がなく、オフビートなのに盛り上げるべきところはしっかりと盛り上げる。音楽の使い方がよく、絵がかわいくてきれいに動く。視覚的に美しいだけでなくセンス・オブ・ワンダーを感じさせるシーンがいくつもある。

主演の本渡楓はようやくワールドクラスの主演作品に恵まれた。本人のユーモアのセンスによくマッチした役。『ヒナまつり』の瞳に似た巻き込まれからの開き直り型。

と、個人的には盛り上がってます。何度かリピートして見てもまだ面白い。これがシリーズ最後まで続くことを心の底から願っております。

 サンキュー(5)
2018.10.21 18:29 ひとりよねりの評価 | 今観てる| 33が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: ゾンビランドサガ(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

ゾンビ de アイドル!?落ちぶれた佐賀を救え!!

どうも、にわかアニオタです。原作はなく、完全なオリジナルアニメですね。
平成最後の秋アニメで、まさかの覇権候補とまで言われているこの作品、ぶっちゃけノーマークだったのですが、突如ニコニコアニメランキング総合一位に急浮上したため、視聴を決断しました。
ではそんな今期のダークホース(?)のレビューと行きましょう。

【一話まで観てみた感想】
いやぁ、正直馬鹿にしていました。春夏の不作っぷりを見て、どうせ今年のオリジナルアニメ覇権はよりもいだけだろうとか思ってました。
一話観てみただけですが、これはかなり期待できそうです。良い意味でイカれていて、良い意味で斬新奇抜、期待を超える変化球展開が続いていました。
斜め上のボケとツッコミが織り成していく、しかもジャンルはゾンビになって異世界転生.....ではなく、ゾンビになったらイカれたアイドル活動&大舞台がまさかの佐賀県。このギャップについてもインパクトが強かったです。オリジナルアニメの唯一無二の長所になりうる予想できないストーリーが、本当に良い意味で面白さに結びついています。
全体的に内容が色々イカれているのと、テンポの早さが割と早めであることから、この作品は勢いで観る系のアニメです。恐らく、オリジナルである事を逆に武器にした良作になりうるでしょう。そのほかopや声優等、演出面もぶっ飛んではいますが決して悪くはなく、文句なしの一話でした。勿論視聴継続致します。
ただ、僕が危惧してるのはただ一つ............この勢いのまま失速するなよ!

【各話評価】
1話 ★4.7
2話 ★4.6
3話 ★
4話 ★
5話 ★
6話 ★

 サンキュー(3)
2018.10.21 13:07 剣道部の評価 | 今観てる| 54が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: ゾンビランドサガ(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

さ、佐賀の良さ、伝える気あります? (仮)

☆アニオリ作品のみ、1話ずつ更新レビュー☆

【総括(仮)】
今のところ、カオスな作風に引き付けられています(ゾンビNGの私でも)。あまり、どんなアニメかを書けなくて残念です(ネタバレ厳禁系)。

【1話ごとの感想】
1話目「グッドモーニング SAGA」 ☆3
{netabare}
いやにリアルな事故シーン(汗)。そのままヘビメタ風のOPに入る演出は良かったね。ガチのゾンビものなら即で切るんだけど、「さんかれあ」みたいな、ゾンビネタアニメなら観られそう。いやいや、警官、下手したら死ぬぞ。ゲソw 宮野さんのハイテンションツッコミ、今のところ、やや滑ってるかな? やっぱり化粧はするんか。首が折れてるヘッドバンティングは、笑ったw う~ん、「君はゾンビに萌えられるか?」ってレビュータイトルにしたいけど、ネタバレ厳禁系らしいから、ダメだな。とりあえずツカミとしては悪くないかな? 死んだのが10年前なら、どこかで家族との絡みもあるかもね。
{/netabare}

2話目「I♡HIPHOP SAGA」 ☆4
{netabare}
一人ずつ覚醒するんじゃなくて、一気に覚醒ね。OP、毎回変えるの? だったらすげぇけど。佐賀は、、、塙さんの歌のイメージだけだな、、、よ、吉野ヶ里遺跡?(苦笑) 首跳ぶのは、カオス(笑) なぜ、自然にヒップホップ(笑) 花魁w 天才か(笑)
{/netabare}

3話目「DEAD OR LIVE SAGA」 ☆3
{netabare}
なんだ、同じOPか。飛ぶんかい(笑) たまにぶちこむゾンビネタ。 意外とちゃんとアイドルアニメやってる(笑) 中盤までキャラ回やって、終盤がゾンビ(身元)バレシリアス、最後に綺麗にまとめるってところかな? あと、たえ の正体が分からんが、最終話まで引っ張るかな? とりあえず、3話やったけど、アイキャッチ以外で、佐賀の良さを伝えてないと思うけど(汗)
{/netabare}

 サンキュー(16)
2018.10.20 18:28 moaimoaiの評価 | 今観てる| 22が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: ゾンビランドサガ(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

「もっとやれ!!!笑笑」が湧き上がる振り切り感

2話 見せ所の
{netabare}「ラップ指導誰やろ?」「RHYMEBERRY参考にした感」というにわか的印象

アイドルラップユニット回なので…笑

からの近々のフリースタイルダンジョンが脳裏に(ネタに反応する恥じらいも感じつつ)w

FORK
「You know?って何だよ 恥ずかしくねえか? まるでコメディ映画のアジア人みてぇだ

確かに そう言っとけばHIP HOPっぽい
だが「っぽい」っていう所が大事なポイントだ

それっぽい感じだったら何だっていいのか? それじゃガキの夏休みの宿題と一緒だ

幼稚すぎるぜ その理論 これ以上 恥をかく前にステージを降りろ」

てな感じのが「ネタとして」グルグル頭を巡りながら「ダセェwww 馬鹿杉www(以上、全て褒め言葉)」と作り手さん達の振り切っちゃってる感じに好感を抱きながら大いに楽しませてもらった回でした。{/netabare}

 サンキュー(1)
ネタバレ
2018.10.20 11:36 にゃん^^の評価 | 今観てる| 80が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: ゾンビランドサガ(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

SITあイドル・イン・サガ~♪ 伝説のおばか&おばけアイドルアニメになれるかな?

公式のINTRODUCTION
{netabare}
いつもの朝。いつもの音楽。いつもの自分。
7人の少女たちの安寧は、突如崩壊する。
死して蠢く、ゾンビによって……

否応なく踏み込んだ世界、そこは“最高×最悪のゾンビワールド”
少女たちの願いは、たった一つ。
「私たち、生きたい。」
これは、少女達が起こす奇跡の物語サガ。

「ユーリ!!! on ICE」MAPPA × 「おそ松さん」エイベックス・ピクチャーズ ×「ウマ娘 プリティーダービー」Cygames
の3社が偶然にも手掛けた100%肉汁オリジナルアニメが誕生!
年齢も性別も時代も超えて、びんびんに刺激する『新感覚ゾンビ系アニメ』の幕がいま上がる。
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:広報広聴課ゾンビ係
監督:境宗久
シリーズ構成:村越繁
キャラクターデザイン:深川可純
美術監督:小倉一男
撮影監督:柳田貴志
色彩設計:佐々木梓
編集:後藤正浩
音楽:高梨康治
音楽制作:エイベックス・ピクチャーズ
音響監督:境宗久
音響制作:dugout
制作会社:MAPPA
{/netabare}
キャスト{netabare}
巽 幸太郎:宮野 真守
源 さくら :本渡 楓
二階堂 サキ:田野 アサミ
水野 愛 :種田 梨沙
紺野 純子:河瀬 茉希
ゆうぎり :衣川 里佳
星川 リリィ :田中 美海
山田 たえ :?
警察官A :吉野裕行
ロメロ :高戸 靖広
{/netabare}


1話ずつの感想


【第1話】グッドモーニング SAGA
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
その生きる屍は、ある洋館でひっそりと目覚めた。
それはただ、自分が誰かも、その場所がどこかも、何もわからぬまま、徘徊するのみ。
やがて生きる屍は、恐るべき現実を目の当たりにし、自らの運命を告げられる。
偽りの仮面をかぶり、闇の中を歩き続けるしかないのだと。
そして、生きる屍に天からの光が差した時、人々は聞くだろう。
狂乱の中に響き渡る叫びを。
その、破滅の叫びを。 ―――――《巽幸太郎》の日記より
{/netabare}
感想
{netabare}
新学期で高2になったばっかりの源さくらが
新人アイドルの応募用紙を片手に明るく家を出ようってしたところで
トラックにはねられちゃった!


気がついたら知らない洋館にいて
次つぎにゾンビ少女たちにおそわれて
はげしく雨がふる街に逃げだしたらおまわりさんに会って
助けをもとめたら、さくらを見てコワがったおまわりさんから撃たれたの。。

そのとき道路の反射鏡にうつった自分の顔はゾンビ。。

そこに、夜なのに黒いサングラスをかけた男(巽さん)が来て
おまわりさんを気絶させたのを見たところでさくらも気を失ったの


気がついたらまた洋館のへやで、鏡を見たらやっぱり自分はゾンビ。。
撃たれたあとも残ってて、デモ。。なにも思い出せないの

そしたらさっきの男の人がきゅうにあらわれて「お前は源さくらだ。。
10年前おまえは死んだ。。だが、ゾンビ―になって復活した。。
そしてお前はこれから、ゾンビ1号として佐賀をすくうんだ。。」って。。

何を言ってるか分からないさくらに彼は
「すぐ分かる。。オレのゆう通りにしてればすべて問題ない!」って。。

それから、巽さんはゾンビのみんなを集めて
「今日からアイドルめざしてがんばりましょー!!」って言って
さくらがゾンビになったわけを聞いたらザックリ話したけどサッパリ???
アイドルになるわけは佐賀をすくうためだって^^;

記憶がないけど大丈夫か?って聞いたら
ほかのみんなはもっとヘビーな状態だから大丈夫ってw

それでこれから桜の仲間になる6人の紹介。。
巽さんが佐賀をすくうためによみがえらせた伝説の女たちだって
大正時代から今までの伝説のアイドルとかの。。

みんなまだ自我がもどってないけど、そのうち何かの刺激でもどるみたい。。


それで、いきなり連れてかれたのがライブ会場で
飛び入り参加させてくれる会場がここしかなかったんだってw
巽さんがハリウッド級特殊メイクでみんなをふつうのアイドルっぽくして
これから練習も無しでいきなり本番ライブをやらせられるみたい^^;

巽さんは「誰も期待してないから」ってw


さくらははじめビビってたけど
たえがお客さんに飛びこんだのをみて
アイドルにあこがれてたときのことちょっと思いだしたみたい?

音楽にノって頭をしならせるダンスと叫びで
みんなといっしょに会場をわかせたけど
さいごはみんながあばれ出してメチャクチャになったみたい^^

それで洋館にもどって落ち込んでたら
へやの中から正気にもどった子たちの声が聞こえてきたの^^

それでたえだけはもどってないけど
ゾンビにかこまれてこわがってるみんなに向かってさくらが大声で
「おはよーございまーす!!」って言ったところでオシマイ。。



はじめ、幼女向けアニメみたいな明るい出だしで
ふつうに見てたらいきなりさくらが車にはねられて飛んで
ショックだった。。

でも、そのあとの宮野真守さんのノリで
これっておばかアニメだったんだって^^;

ちょっとグロいところはあるけど
はじめのショックのあとはふつうに笑えるおはなしになったみたい^^

キャラは萌え系で背景はふつう。。

宮野真守さんが「多田くんは恋をしない」の伊集院クンっぽいノリなんだけど
あのおはなしとくらべて浮いたりスベったりしてないのって
きっとこっちはおばかアニメだからだって思う^^

でも、鳳凰院凶真みたいなウザいノリがキライだったら
きっとこのアニメもニガテかも?^^


アイドルが国会議員になったり
ヤクザがアイドルになるおはなしがあるくらいだから
ゾンビがアイドルになるアニメもあってもいいみたい^^
{/netabare}
{/netabare}
【第2話】I♡HIPHOP SAGA
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ただのゾンビィだったメンバー全員が自我に目覚め、《さくら》も安心したようだ。
ようやくここからアイドルグループとしての活動を始められる。
まずは、あいつらにゾンビィバレをした時の恐怖を叩きこまなければ。
グループ名も『デス娘(仮)』だと方向性が偏りそうなので、今変えてしまおう。
思い付かないので、今度にしよう。
あとは、アイドルグループにふさわしい初舞台の用意だ。
何か良いイベントはないものか。 ―――――《巽幸太郎》の日記より
{/netabare}
感想
{netabare}
6人が正気に戻ったから、巽さんはさっそくみんなを集めて
明日の佐賀城で行われる鯱の門ふれあいコンサートに参加するって発表したの

それで、レッスンがはじまったんだけどがんばってるのはさくらだけ。。

ほかの子は関心ないか、はじめからあきらめてて
とくにサキは何かってゆうとさくらにからんでくるの。。
巽さんの言いなりに、いい子になってるのが気にくわないのかな?


巽さんの日記には「全員が自我に目覚め」って書いてあるけど
伝説の山田たえ(w)ちゃんだけはまだ。。

で、いつもかみつかれてる4号の純子と3号の愛の元アイドルの2人が
ゾンビバレしたら、頭をつぶされるから気をつけろ
って巽さんにきつく言われてるのに、夜こっそり逃げだして

止めようってするさくらと街を歩いてたらラッパー3人にからまれて
逃げようってしてたらおまわりさんが来たんだけど
3人を見て発砲してきたから逃げ出したの。。
これで2人も、外がこわいところだって分かったんじゃないかな?


それでコンサートの日
7人は「グリーンフェイス」ってゆう名まえでステージに立ったんだけど
たえがまたあばれ出しそうになって止めようってしたさくらともめて
うでと頭が取れちゃった!?

ゾンビバレ気にして
さくらは必死で手品だってごまかそうってしてるのに
サキはぜんぜん気にしなくって、たえの頭で遊びだしたから
さくらがキレてラップでサキにモンクを言いはじめたの

そこにカゲから巽さんがアカペラしだして、
ゆうぎりも三味線で合いの手入れてきて
リリィも楽しそうにたえの口にマイクつっこんだりして遊んで楽しそうw

さいごは調子にのったさくらがおじいさんたちにお説教w

それで会場も盛り上がって
さくらがサキにみとめられたみたい☆
「アイドルか。。これで全国制覇ってのもオモロいかも」って言わせたの^^


そんなみんなを見てほほ笑んでる巽さんが写って
今回のおはなしは終わり^^



ギャグはそんなにはおもしろくなかったけど
いきおいがあってテンポがよくって
次はどうなるんだろ?ってちょっと楽しみになってきたみたいw

これで、元アイドルの2人もヤル気になってくれたら
歌っておどれるアンデッドパフォーマーって有名になるかも?w
{/netabare}
{/netabare}
【第3話】DEAD OR LIVE SAGA
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
佐賀城でのイベントも想定通りに盛り上がった。
《さくら》と《サキ》の爆発力もなかなかだったが、盛り上げに徹した《ゆうぎり》と《リリィ》もさすがに肝が据わっている。《たえ》はあれでいい。
が、どうも全体的にアイドルっぽさが足りないので、強引にアイドルっぽい感じのやつをやらせるとしよう。
経験者の《愛》と《純子》が引っ張れば、全く問題ないはずだ。
ワンフォーゾンビィ! オールフォーゾンビィ! ―――――《巽幸太郎》の日記より
{/netabare}
感想
{netabare}
今週は、唐津駅前でゲリラライブをやることになって
ユニット名もかわいい腐乱臭衆じゃなくってフランシュシュ^^


愛と純子以外の5人は練習がんばってたけど、経験者の2人は
こんな練習不足の芸なんか見せれないって思って休んでた。。

でも、ライブでみんなが失敗するたび気になって
さくらが歌詞を忘れたときには出てきてくれて
さいごはみんなで終われてよかった☆



だんだんアイドルアニメっぽくなってきたみたい^^

でも、たえも落ち着いてきたからかな?
ギャグはキレがなくなってきたかも?


ダンスははじめて3DCGをつかったのかな?
けっこうちゃんとしてたって思う☆

歌もふつうによかった^^


あと、たえ役の声優さんがとうとう分かったけど三石琴乃さん。。
やっぱり伝説の人だった^^
{/netabare}
{/netabare}

 サンキュー(23)

ゾンビランドサガのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
ゾンビランドサガのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。