「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~(TVアニメ動画)」

総合得点
94.8
感想・評価
1648
棚に入れた
7064
ランキング
2
★★★★☆ 4.0 (1648)
物語
4.0
作画
3.9
声優
4.0
音楽
3.9
キャラ
4.1

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

Becky1618 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 2.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

うーん

評判が良かったので一気に見たのですが、自分には合いませんでした。ファンの皆さんごめんなさい。

投稿 : 2023/05/27
閲覧 : 20
サンキュー:

1

ねこ太 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

まずまず

男女の恋愛駆け引きにギャグの要素を詰めたような作品。

事前の予習は何もせずに本作をアマプラにて視聴。

早く告白しなよってこっちがヤキモキするw

投稿 : 2023/04/29
閲覧 : 31
サンキュー:

2

ケーオー さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

実写化は最低限だが、こっちは更に楽しい

週刊の形でこの物語を描いて下さった赤坂先生に感謝しています。

投稿 : 2023/04/03
閲覧 : 42
サンキュー:

1

タイラーオースティン さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

久しぶりに見返したらやっぱり面白かった

会長とかぐや様のラブコメもさることながら、そこに藤原書記と石上くんが絡むとおもしろさを飛躍的に引き上げているなぁと感じましたね。

特に一期のほぼ最初から登場している藤原書記の存在感の大きさたるや、彼女が良い感じに周りをかき乱す事によって笑いが生まれているように思います(3話でのEDは必見ですね)。それから、途中から登場する石上くんの陰気で時折見せるコンプレックスをこじらせるところも良いアクセントになっておりましたね。

また、事後的にみると、後に登場するキャラ達の名前や存在が至るところで確認出来たりと、見返す事で違った発見が出来るところも個人的に面白かったですね。

面白かったといえば、毎回の話で勝敗が出されるところもオチが効いていて良かったと思います。

投稿 : 2023/03/09
閲覧 : 63
サンキュー:

13

takato さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

時が育てる想い、俺はお前のことが…。久々に現れたラブ「コメディー」の傑作。

最初はお前のことは虫が好かん奴だと思ってたよ…。今になって思えば、みんなに人気者で才色兼備なお前に対して天の邪鬼な態度に出ちまったな…。


しかし、一年という時間を経てお前に再会してみて、自分でも驚くぐらい癒されてる自分に気付けたんだ。この間に、お前がどれだけ多くの人を笑顔にしてきたかを知ることができた。そして、俺にとってどれだけお前が大きな存在だったか離れてみてようやく気付けたんだ…。だから、俺はお前のことが…


というのが私の本作に対する想いです!。しかし、実写版、オメェーは駄目だ!。本当にうちに帰って反省しろよなマジに。俺のお前に対する想いは、新映画当たり屋のヨッシーさんが全て代弁してくれてるから、そっちも宜しくお願いします。

投稿 : 2023/02/14
閲覧 : 984
サンキュー:

46

りょん さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8
物語 : 3.5 作画 : 2.5 声優 : 2.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

あにこれで1位ということで過度な期待をしすぎたのかもしれないが、
思っていたより普通のラブコメだった。

投稿 : 2023/02/13
閲覧 : 120
サンキュー:

2

ネタバレ

たろすけ さんの感想・評価

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

何がおもしろいの?

暇潰しに再度 視聴してみました

途中で断念しました
やっぱりつまらん

何故 校長が没収してきた物が生徒会にあるのかが不思議
そもそも校長がなぜ没収なのか?
先生が没収するのは分かるが、なぜ校長
それをなぜ生徒会室に?

この高校って由緒あるだけのバカ学校かなと
頭脳戦とは・・・?
低知能のバカップルの話にしか思えなかった

今はこういうのが人気あるのかー

かぐや様は告らせたい~バカたちの大正恋愛編~
にした方が正解だな

投稿 : 2023/01/31
閲覧 : 284
サンキュー:

5

太郎 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

こんなラブコメを待ってました

正直、タイトルで敬遠してました。

だって、プライド高くて腹黒いお嬢様が出てきそうだし。(出てくるけど)

めちゃくちゃ頭のいいキャラの高度な頭脳戦なんて常人には理解できなさそうだし。(ある意味そうだけど)

男を歩く雑草くらいにしか思ってない高飛車な女が、男の方から歩み寄ってくるように仕向ける話っぽいし。(いやそうなんだけど)

でも、このサイトでも評価高いので見てみたら、違った意味でタイトルに偽りなし!ラブコメなんだけど、こっちが赤面するようなベタベタのラブコメではなく、かなりギャグ寄り。

そのギャグのキレと話のテンポの良さが抜群。天才すぎて一周回ってバカみたいな主人公2人が、相手に告らせようと策を弄するものの、かえって自分が窮地に陥って必死になる様を側から見るのが面白すぎる。それでいて最終回はきっちりラブコメするんだからそのギャップにやられます。脚本良すぎ。

それらを盛り上げる演出もやりたい放題。声優もノリノリ。パロディだらけのBGMは遊び心満載。すべての要素がまさに、奇跡的相性。

ラブコメ苦手ですが、これは本当に観てよかった。文句なしの100点。参りました。

投稿 : 2023/01/31
閲覧 : 70
サンキュー:

7

藤真 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ラブコメというより「ギャグ+美少女」

最近数年間のテレビアニメの中で1、2を争うくらい好きな作品。
音楽のセンス、声優の演技、映像面での演出など全てがハイレベル。
個人的には原作漫画よりも、アニメ版の方が好みです。

投稿 : 2023/01/24
閲覧 : 79
サンキュー:

12

誰か さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

これほど笑えて、楽しい作品も珍しい~(恋愛中以外の人限定)

実に面白いラブコメですね~~  恋する乙女が相手から告らせようとしているらしいんだけれども

普段の外面用メンタル(損得)と、恋愛対象がいる生徒会内メンタル(笑:8 恋:2位)の違いが

激しく、ほぼ生徒会内だけで話が進むギャグシーンが天下一品、ラブストーリーは突然にのイントロから始まる恋愛対決も

笑えるんで、全てが楽しめるアニメっすね!!!!




かわいいだけでも、かっこいいだけでもない主人公たちも良いです。

投稿 : 2023/01/16
閲覧 : 47
サンキュー:

5

U-yan さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

面倒臭せーっ!でもそこが面白い!

有名で大人気ラブコメという事で視聴。視聴した多くの人がこうツッコミたくなると思います。「さっさと誘えよ!」「素直になれよ!」そして「いいから告っちゃえよ!」とね。2人ともとことん突き抜けているからこそ面白い!約30分の1話の中にショートアニメが2~4コ(必ずしも1話完結って事ではありません。)って感じです。最初に書いたようにツッコミたくなるところもいいんですが、テンポがいいコメディはもちろんですが、主役の2人以外のキャラも個性が強く、それでいて登場人物が多過ぎないところがいいですね!藤原書記いいですね~w作画(変顔)もいいし音楽もいいし声優さん(ナレーターさん)もいいし全体的にかなり高評価のラブコメだと思います!

投稿 : 2023/01/14
閲覧 : 62
サンキュー:

6

ジパミィナ さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ラブコメとしては上々 78点

原作は未読。
OP、EDともに今期の中では好きです。
OPの方が鈴木雅之のネームバリューで話題になっておりますが、EDの方が好みです。

各キャラがそれぞれ良い味出していて、本作品独自の空気感があると思います。
コメディシーンの掛け合いはテンポ良く出来ていると思います。
恋愛頭脳戦がメインとして序盤は成り立っていたと思いますが、後半は頭脳戦?という部分が多かった為、2期がどうなるのかと思います。

ラブコメとしては、どちらかといえばコメディのデキが良く、ラブの部分はもう少し減り張りが欲しいところです。
すぐにカップル成立してしまう訳にはいかない部分はありますが、ちょっと展開が急な印象が感じられました。

人気作は引き延ばしせざるを得ない為、次回作以降中弛みしそうな予感がします。

だだ、全体的には楽に完走できる作品なので、十分楽しめると思います。

投稿 : 2022/11/12
閲覧 : 153
サンキュー:

14

ネタバレ

胡蝶しのぶ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:----

おもしろい

キャラの魅力が十分に伝わる作品でした

投稿 : 2022/10/29
閲覧 : 39
サンキュー:

0

元社畜 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

とても面白いのですが95は過剰かな

原作も読んでいますが非常によくアニメ化されていると思います。新しい方向性のラブコメです。
間違いなく面白く未視聴の方は視聴して損のない作品ではありますが,95点以上かと言われれば個人的には首を傾げます。爆発的な面白さ、思わず唸ってしまうような伏線回収というよりは、安定して楽しめるラブコメと理解した方がいいかもしれません。

投稿 : 2022/10/20
閲覧 : 80
サンキュー:

5

ナイアガラ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 2.0 音楽 : 3.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

【もうあにこれもオワコンかもしれない笑】

こんなスマッシュヒットレベルの作品が
総合1位だって笑

つまらなくはないよ?むしろまあ面白いレベルやと思う

しかしこんなんが1位ってwww

集計方法変えないともう退会しようかなって気持ち

タグで絞るとそれがさらに顕著にわかる

満足度とか、物語とかで絞ると

100とか200とかしか評価されてない作品が
10位以内に入ってくる

わけわからんやろ?笑

そもそも1500~2000しか評価受けてない作品が
10位以内に入るってどうゆうことなん??笑
他の名作って言われてる作品は軒並み
一万越えてるのにwwwwww

評価軸が総合1位って指標にあってないんよ

まあ初期の頃の沢山評価してた方々は
もうどんどん退会しちゃってるんだろな…

投稿 : 2022/10/11
閲覧 : 218
サンキュー:

4

賭けくるい さんの感想・評価

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

過大評価かな?

たくさんの人が面白いって言ってるから面白いとは限らない。

こよアニメはぎゃーぎゃーうるさい。

特にチカ

投稿 : 2022/10/05
閲覧 : 162
サンキュー:

4

ネタバレ

くまごろう さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

シュールな笑い

総合ランキング1位!

原作読了済
視聴完了
全12話

ジャンル
学園ラブコメ

あらすじ
会長とかぐやは両思い。
だけどお互い自分から告白したら負けだと思っているので、相手に告白させよう、と頑張るラブコメ。
1期は四宮を探せゲームまで。

感想
総評100点
文句の付け所がない。

よかった点
ストーリー、キャラ、演出、ギャグ文句の付け所がない。漫画も十分に面白かったが、アニメでしかできない演出をふんだんに追加しより奥深いものになっている。
また、主題歌もなかなか奇抜なところがはまる。

悪かった点
なし。

投稿 : 2022/09/23
閲覧 : 78
サンキュー:

3

overnao さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観たい

宮台真司いわく「祭りと性愛」

社会学者の宮台真司が、損得勘定を超えて人間らしく生きる数少ない手段が「祭り」と「性愛」だと主張していましたが、この作品の主題はまさに祭りと性愛です。
アニメ1期では花火大会、2期は体育祭を、今作3期では学園祭というように「祭り」を舞台に恋愛模様が描かれていきます。

投稿 : 2022/09/09
閲覧 : 121
サンキュー:

7

徳寿丸 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

久々に安心して観れた作品

原作未読(2019.6)
週刊ヤンジャ○連載作品。全く読んでないわけですがアニメになる作品なんですね。今期はほんとに一気観できる作品が少なくて・・・。正直あまり期待してなかったんですがレビュータイトル通り安心というかストレスフリーで観れる作品でした。内容は高校生男女の日常の中でのピュアな恋の駆け引きをコミカルに描いています。
最近の週刊少年誌は卑猥な表現の暴走こそが人気を取れると勘違いしている向きがある中、対極に位置する内容が逆に新鮮で不快な印象がなく良かったのではないでしょうか。最後のエピソードも1クールの仕上げとしていい形で納めていたと思います。故に個人的には続きはそれほど気にならないものになってしまったわけですが・・・。

私のツボ:フッ・・・お客さん、ちょっと飛ばしますよ


2期視聴済(2020.11)
他の続きモノ作品で少し触れているのですが(どの作品かは失念)この手の作品は続きがただの冗長モノ、蛇足モノになりかねない可能性を秘めています。素直になれない恋愛モノはいつまでたっても縮まらない距離感に観る側は飽きてきますし、やたらイチャイチャしだしても不愉快。そこでお邪魔新キャラなんかでなしくずしHappy,End(まぁ、そこで終わるわけですが・・・)というパターン位しかないので1期のレヴューでも触れているように、続きは別段なくてもいいというのが自分の考えです。
この作品はその縮まらない距離の駆け引きが肝ですがやはりネタ切れなのかこの作品のキャラには似つかわしくないベタベタ接触方向へシフトぎみでした(下品)。良かったのはサブキャラ二人の話だけといっても過言ではありません(私感)。
まだ原作は続いているのでしょうが次は終わりに持って行く位でないと厳しいんじゃないですかね。

私のツボ:俺ガイル的な?


ウルトラロマンティック視聴済(2022.8)
上記2期までで次で終わりに持って行く位でないとと愚痴っエtますが・・・ウルトラロマンティックでした。
今まで出てきた主要キャラが皆それぞれとても”らしさ”全開で良かったです。
流石にこれ以上となると蛇足ぎみかも知れませんね。
いや、良かったですよ。素敵な作品でした。3期迄の総合評価は4.1位ですかね。

私のツボ:何かラップがアニメで流行ってんの?

投稿 : 2022/08/03
閲覧 : 306
サンキュー:

21

ネキスト さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ラブコメの王道

ラブとコメディ、二刀流でもしっかり満足できるほど。

投稿 : 2022/07/26
閲覧 : 116
サンキュー:

3

ネタバレ

ナルユキ さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

引き出しの多いラブ「コメディ」

《人を好きになり……告白し……結ばれる。それはとても素晴らしいことだと誰もが言う。だがそれは間違いである! 恋人たちの間にも明確な力関係が存在する。搾取する側とされる側。尽くされる側と尽くす側。勝者と敗者…………もし貴殿が気高く生きようというのなら決して敗者になってはならない! 恋愛は戦!! 好きになった方が……負けなのである》(アニメ『かぐや様は告らせたい』冒頭より)
名ナレーターたる青山穣さんで読み上げられた本作の「恋愛観」に基づいて男女が周到かつ浅はかに立ち回る姿が面白い。
「どっちかが素直に告ればいいのに……」
そうツッコんでしまうことが我々視聴者の敗北なのである!

【ココが面白い:恋愛頭脳戦】
片や学力一本で名門校の首位・生徒会長の座を勝ち取った男・白銀御行(しろがね みゆき)。片や200兆円という国家すらひれ伏す莫大な資産を有する財閥のご令嬢兼生徒会副会長・四宮かぐや(しのみや ─ )。エリート中のエリートである2人にはそれ相応のプライドがある。その中の1つが「自分からは絶対に告白しない」ということだ。
1話3エピソード構成を基本とするこの作品で、第1話の1エピソード目という頭の頭でもう2人が相思相愛であることが明かされてしまう。ラブコメにおいてゴールテープが目の前で張られている状態。これを1クール終了までキープするというとんでもない作品だ(笑)
「いつか向こうから自分に告白するはずだ」とタカをくくって半年経過したところからスタートというのも面白い。「いい加減付き合いたい」という痺れを切らし始めた欲望と上記のプライドから、思考が「いかに相手から告白させるか」「いかに相手が自分を好きだという証拠(言質)を掴むか」という方針に切り替わってしまっている。その中で主に生徒会室で繰り広げられる会話劇、まあ面白くない訳がない!
かぐや様の行動力が素晴らしい。何気なく切り出される映画のペアチケットや第三者からのラブレター、心理テストをやる流れに送迎の車がパンクして使えない雨の日……全て彼女の仕込みなのだから(笑) しかし揺さぶられる(というか最早告白のお膳立てをされている)白銀会長もそう簡単に彼女の思い通りには乗らない。
(映画に誘ったけどこれ、かぐやに気があることになってしまうのでは!?)
(ここでかぐやを引き留めるのは彼女に告白してるのと同じことなのでは!?)
この危惧から一瞬で閃く回避策。かぐやの仕掛けを逆手にとって立場を逆転させる秀逸なものから「先生にチクる」なんてしょーもないものまで落差が激しく結構、腹筋や表情筋にくる。そして精度はどうあれ自分が入念に下準備をした策が崩された途端、余裕を失くし、(自分から告白しなければ何でもいい!)と形振り構わなくなってしまうかぐや様もまた面白く、お可愛いのである。

【ココも面白い:豊富な小話】
いかに相手から告白させるかを競う恋愛頭脳戦だが、これが早々に決着が着いてしまうようなら1クールも要らない。しかし決着の着かない勝負を何度も見せられても興醒めだろう。なので本作はそれ以外の要素がある小話もふんだんに投入しており、かつ本筋としてブレが少ない。どの話も会長やかぐや様の「沽券」に関わる事態に陥れることで面白おかしく彩られている。
恋愛頭脳戦のせいでどっちも交際経験皆無なのに各々「恋愛のプロ」と見込まれて相談を持ちかけられたり、校長が白銀を生徒会長に相応しいかどうか密かに試してきたりなど秀知院学園生徒会は会長又はかぐや様単身でも十分に波乱万丈だ。中でも爆笑を飾るのが会長の「運動音痴」。これは2~3期まで続く人気ネタでもある。
{netabare}1期はバレーボールがお題だが会長の初期レベルは正にギャグマンガ級。サーブの振り上げた手で自分の頬や後頭部を叩いてセルフにふっ飛んだり、空振りで落ちたボールに足を乗せてバナナスリップしてみたりと豪快。自他共に「死にかけのアルパカ」と称し、単純に出来ていないことをイップス(スポーツ選手のスランプのようなもの)だとおこがましい勘違いをするetc. これを生徒会書記の藤原千花(ふじわら ちか)が人並み以上に改善していく、という流れなのだが……もう「千花ちゃん、お疲れ様」と肩を置きたい気分にさせてくれるのである(笑) 1週間かけてサーブだけをプロ級に仕上げてようやく解放かと思いきや会長が「次はトスとレシーブを教えてくれ」と言った時の絶望の表情と声になっていない声が本当にたまらない。{/netabare}

【この娘が可愛い:チカっとチカ千花っ!藤原千花ちゃん】
すっかり苦労人なイメージを植え付けてしまったが、千花は基本的には天真爛漫でやや変わりもの風な女の子だ。生徒会書記の立場ゆえに会長とかぐや様の恋愛頭脳戦の場となる生徒会室には必ず居合わせてしまい、2人の対決に捲き込まれる形となる。
しかし振り回されることはそんなになく、逆に彼女は天然発言や予測のつかない行動で膠着した頭脳戦を一気に収束に導いたり、逆にさらなる混沌を呼び込んだりと「トリックスター」的な役回りをする。親にあらゆる娯楽を封じられてきた反動やテーブルゲーム部所属という特徴から、彼女から2人の頭脳戦を火蓋を切る「レクリエーション」を持ち出すことでそれがそのまま1エピソードになったり────と非常にポテンシャルが高いキャラクターだ。
そんな彼女の存在がこの作品の頭脳戦という激しい会話劇の中で清涼剤となっている。彼女の素直さ、二人と違ってプライドを感じさせない性格の良さ、意外と鋭いツッコミと可愛らしさがこの作品には欠かせない。
彼女がいるせいで2人の恋愛頭脳戦に決着がつかないともいえるのだが、それもまた一興。3人のメインキャラクターのバランスが素晴らしく、3人の何気ない、本当に何気ない日常会話をずっと聴いていたくなる。連絡先の交換、買い出しジャンケン、海か山か恐山か(笑) 話題自体は大したことがないのだけれども、その大したことのない話題をこれでもかと誇張し広げることで腹を抱えるくらいのギャグにしている。いつも3人でいる状況だからこそ千花がいない時────会長とかぐや様の2人だけの場面では妙な緊張感すら感じさせる。{netabare}まあそういう時に限って背後からヌッと出てくるのが千花ちゃんなんだけども(笑){/netabare}
そんな彼女は原作マンガ時点でキャラクター人気の首位を確立しており、そんな人気を見越してか第3話で彼女のみが歌って踊る特殊なエンディングが披露されている。CGのようにぬるぬると動く千花のダンスには制作陣の本作に対する意気込みが強く感じられる。

【でもココがひどい?:くどい演出(1)】
私はすっかり慣れてしまったが本作、ナレーションに「きつい」「うざい」といった反応が顕著に見られる。確かにナレーションを含む本作の演出はかなり過剰だ。
自らの中にある恋心とプライド。自らの性からくる本能とその恥ずかしさ……諸々入り混じる会長ととかぐや様の複雑な感情が会話によるラブコメを生んでいる。そこにまるでプロレスのリングアナのように状況を逐一実況するような青山穣さんのナレーションが入るのである。そのしつこさは『逆境無頼カイジ』の立木さんのものを凌がんとする勢いだろう。
《白銀、突然の窮地!》、《四宮、刹那の思考……》、《スキル“純粋無垢”発動!》
《追い詰める四宮、逆転の機を探す白銀。二手三手先を読む天才たちの頭脳は常人を超える速度で回転し、ぶつかり合う!》etc.
頭脳戦ということで各キャラクターの思考も含みを持たせず饒舌に発声させていく中でこの頻度のナレーション……正直、私も「うるせえな」と度々思ってしまっている(笑)
第1話ラストで恋愛頭脳戦の本質をナレーターが説明してしまっているのも興醒めだろう。「相手に告白させようとする」本当の理由は「自分から告白するのが恥ずかしいし断られるのが不安だから」というのは視聴者がかぐや様の表情や会長の様子を見て何となく察していくべき部分であり、それなりにアニメを観てきた人に向けてそれを全部説明してしまうのは余計なお世話にも感じるのである。

【でもココがひどい?:くどい演出(2)】
ただ、このナレーションがあるからこそ彼らの恋愛頭脳戦がより盛り上がり、笑いが際立っていることも本作を客観的に評価するなら認めなければならない。
ナレーションは頻度こそくどめだがワードセンスは秀逸だ。キャラクターに対してやや上から目線で毒づいたり、かぐや様の仕込みや会長のしょうもない回避策を敢えて大仰かつ丁寧に解説することでラブコメの「コメディ」の部分を強く引き立てている。「嘘である」「罠である」というような、短く断定的な言い方にもじわじわと笑いが込み上げるような面白さがある。原作リスペクトを多分に込めて、やはり本作にはナレーションが必要だ。
{netabare}とくに第7話Cパート『かぐや様は堪えたい』はナレーションの弁解がないとかぐや様が只の下ネタで爆笑するような低俗なお嬢様に成り下がってしまう。
《現在かぐやはちょうどちんちんやおっぱいで笑ってしまう時期。誰もが一度は通った道に今まさに差し掛かっていた》
とフォローが入ることでキャラクターの名誉を守りつつ(?)コントが続けられるのである。{/netabare}
そして曲。相手の言葉にときめいた瞬間は『ラブストーリーは突然に』、傷ついたフリをかまして相手の動揺を誘う際には『冬のソナタ』みたいな曲が流れることがある。もはや20代後半でないと通じない可能性も高いパロディをあえて入れることで場面場面に完璧にハマる劇伴を付けることに成功しており、ここでラブコメの「ラブ」も際立たせてつつ、笑いどころも作っている。
これらの演出は確かに過剰だ。だが本作が「ラブコメ」における「コメディ」の要素が強いからこそ、そのしつこく過剰な演出を取り入れることで強い笑いにしているようにも感じる。カメラワーク、キャラの表情、動き、曲、声優の演技。様々な部分の演出が強烈であり、それが故に人によって手厳しい意見が出る部分────“クセ”の強い部分となっている。

【他キャラ評】
石上優(いしかみ ゆう)
この作品はメインキャラクターを3人で回していくのかと思いきや、6話でこの石上くんが追加される。
正直、最初はあまり歓迎しなかった。会長・かぐや様・千花で形成されたゴールデントライアングルに男────しかもオタク陰キャを投入するのだ。その異物感はファンが思う以上に凄まじいものがある。最初はね
ただやはりオタク陰キャの発言はアニメを観る人に多く含蓄する“同類”への共感を生む。そんな彼の発言や失敗を「わかる」「あったあった」「これをやられたら死にたくなるよな」と笑い、懐かしみ、同情していく内にいつの間にか愛おしくなる、そんなキャラクターだ。
失言をして制裁される、制裁によって繊細な心が傷つき彼の退場理由になる、という好感度・出番のコントロールがしっかりされており、最初の不安を取り越し苦労で終わらせてくれた。時として生徒会のゴールデントライアングルの頂点が欠ける際にはそれを見事に補う役割も果たしており、現在となっては彼もまた生徒会に無くてはならない人材だと言える。

【総評】
2022年現在もあにこれ総合ランキング1位の玉座に就く作品だが、それにも納得がいく斬新で面白いラブコメだ。
互いの気持ちには気づきつつも自分の気持ちには素直になれない2人。だからこそ繰り広げられる「恋愛頭脳戦」という会話劇を、しつこいまでの演出で過剰に盛り上げることで笑いを生み、そんな理屈ったらしい会話劇から感情的な恋をしてるからこその面白いオチにつながる。
元来、シチュエーションコメディはマンネリ化の早いジャンルであるが、本作は話の引き出しに恐ろしい程の幅があり、その展開が複雑多岐に渡るので一切、飽きが来ない。「スマートフォンを買いました」「Twitterを始めました」程度で1エピソードになり、加えて生徒会特有の活動からラブコメ定番の学校行事も盛り込んで、それらの状況が生み出す食い違いや不条理さも独特と来ている。やっていることは大したことない筈なのに笑いの取り方が変幻自在で内容が濃い。こうしてふざけたり真面目でもズレていたりする天然ボケ、それらに振り回されるも鋭いツッコミもこなすキャラクターたちに段々と愛着が涌いてくるのである。
1人ひとりのキャラクターもデフォルトで可愛らしい。素直になれない2人もさることながら、能天気とされる千花も見方・言い方を変えれば「天真爛漫」でかぐや様とは全くタイプの異なる可愛さを持っている。途中参戦の石上はその異物感が初め、少しネックに感じてしまうものの、その陰キャオタクっぷりは違った角度のギャグやキャラの一面を引き出すキャラクターになっている。まさに本作の「スパイス」と評しても過言ではないだろう。
{netabare}各キャラの愛着が深まった最終話付近ではシリアスでセンチメンタルなエピソードも投入しており、それまでとは毛色の異なる雰囲気づくりにも成功している。両者が結局奥手だからこそ学校のない夏休みを孤独同然で過ごしていくという空虚な描写は2人と共に儚い気持ちにさせられるし、人並みの遊びが赦されないかぐや様を生徒会一丸となって花火大会に連れ出す最終話はとても感動的であった。{/netabare}
メインキャラは基本的には3人、中盤からは4人になったが、この少ないキャラクターで見事な会話劇を繰り広げており、そんな会話劇をコメディとして見せつつ「恋愛」描写もしっかりと描くことでゲラゲラと笑う面白さとニヤニヤとしてしまう面白さを両立した作品だ。
会話劇であるがゆえにそれを盛り立てようとやや演出が過剰になってしまっている部分があり、そのあたりでやや好みが分かれる部分はある。言い方は悪いが「押し付けがましい」。しかし、そんな演出過剰な部分も含めてこの作品をラブコメとして盛り上げよう、面白い作品に仕上げようとしている所もまた本作の愛おしい部分だ。

投稿 : 2022/07/06
閲覧 : 227
サンキュー:

12

ネタバレ

剣道部 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

中1かよ(笑)

[文量→小盛り・内容→感想系]

【総括】
断っておきますが、頭脳戦なんてないですよ、ただのラブコメです(笑)

設定がなかなか面白く、キャラクターが良い。演出など、なかなかクセが強く、合う合わないはありそうですが、独特の魅力があって、好きでしたね♪

2019冬 ED剣道部大賞(非公式)受賞w

《以下ネタバレ》

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
いや~、笑ったわw

いや~、萌えたわ♪

この2点だけで、感想のほぼ全て(笑)

かぐや、可愛かったっすね♪ ポイントポイントで、萌えさしてきますね。安易なんですが、ハマりました♪ 特に、お見舞い回の「弱りかぐや」、からの「積極かぐや」、良かったっす。

藤原さんのギャグは超安定して笑えたし、早坂はナイスキャラ♪ 原作だと、石上君ももっと活躍するのかな?(これから原作揃えてみようと思う)。

しっかし、この二人、あまりにもあんまりで、恋愛レベル中1かよ、と思う(笑)
{/netabare}


【各話感想(自分用メモ)】
{netabare}
1話目 ☆4
OPは面白いな。ライトな賭けグルイかな? 設定が面白いラブコメかな? なんか、実写化できそうな作風だな。1つのネタを引っ張り過ぎ、テンポが落ちてるな。この作風なら、解説などを省き、さらにハイテンポで回し、考える隙がないくらいネタを連打した方が良さそうだな。最後が一番笑った、しょうもない理由なんかい(笑)

2話目 ☆4
ガラケーかいw 化物語w かぐや、水着は恥ずかしくないの? おカワイイ胸部(笑) 藤原書記、恐山てw 会長ダメだろ(笑) あなたも馬鹿なのw かぐや、チョロい(笑)

3話目 ☆5
藤原さん、カワイイな(笑) 白銀、モンスター童貞w 勘違いコント(笑) 貴族の歪みw かぐや、超箱入り娘w 無駄に滅茶苦茶良い風景の作画ぶち込むなや(笑) ケッ(笑) イエティいたw 二人のり、要所要所で作画や音楽が素晴らしい。ED(笑) これも化物語オマージュ?

4話目 ☆4
うまるフードやん(笑) 猫耳怖い(笑) ここで前話のEDが伏線がw 藤原最強(笑) メイド、良い味出してるな(笑) 携帯の防水機能、伏線が上手い。流石に毎回、ED変えることはしないか。

5話目 ☆4
かぐや、デレデレやな(笑) ラブ探偵チカw どやさ(笑) 藤原最強w イップス→おこがましい(笑) 育てた(笑) ただ傘を忘れた二人w 楽しそうだな(笑) 又貸しですのかぐや、可愛いことw

6話目 ☆4
ここでようやく新キャラ、というか、むしろたった3人でよく回してきたよな。怖い怖いw 虫けら程度w 白鳥が着飾りますか(笑)? 死にたいので帰りますw

7話目 ☆4
手を繋ぐ話はそんなだったけど、乳へのイジりからの、ハリセン連打は面白かったし、チンチンの流れはかなり笑えた(笑) バカすぎるだろw

8話目 ☆4
嘘である(笑) 普通に赤点w かぐやがメイドさんに泣きつくところは萌えたな♪ かぐや、いい子や(笑)

9話目 ☆5
インチキ、ばれる(笑) 弱かぐや、可愛いな(笑) シロかな(笑)

10話目 ☆4
相変わらず、書記は可哀想(笑)

11話目 ☆3
どうした、Bパートラーメン(笑) 早坂、良いキャラ♪

12話目 ☆5
ギャグからの、シリアス路線、、、からの、ガチでギャグ路線(笑) これだよこれ(笑)
{/netabare}

投稿 : 2022/07/05
閲覧 : 348
サンキュー:

50

たこわさ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.4
物語 : 1.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 1.5 状態:途中で断念した

1話で断念

設定に微塵も魅力を感じなかった。全く笑えない。ナレも欝陶しい。
声優の評価は小原好美さんの分。
作画は良いと思います。

投稿 : 2022/07/03
閲覧 : 122
サンキュー:

2

はろい さんの感想・評価

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:途中で断念した

今まであにこれのランキングは

かなり参考にして観ていたので、挑戦してみました。

1話観て駄目な人は駄目だと思いますし、2話まで観る必要はないと思います。

ランキングの信ぴょう性が低くなりました。

投稿 : 2022/06/21
閲覧 : 192
サンキュー:

3

よこちゃん さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

かぐやの性知識(笑)

3期観るため視聴済みだが復習もこめて再視聴。
だいぶ前に観たんですが、2週目の今回の方が面白く感じました。

名門秀知院学園の生徒会が舞台。
会長白銀と副会長かぐやの恋愛(アホ)頭脳戦。
お互い好きなのに、プライドが以上に高すぎて、自分から告るのは負けだと思っている。さらに二人とも恋愛経験なく、知識も乏しいから、幼稚な戦いになってるのがウケる。特にかぐやが計画的に責めるが、詰めの甘さで失敗し、白銀のターンになってしまい、慌てふためいてデレるかぐやが可愛くて面白い。

作画は普通に良いし、キャラ絵も私の好みで、美少女キャラモブも含め全員可愛い。そして、どのキャラも個性的で分かりやすい。アホそうで実は生徒会内で一番常識人の藤原書記が、天然なので白銀、かぐやの計画を無意識にぶち壊し、オタク男子の会計石上が、勘違いを繰り返す。かぐやの使用人クールな早坂の学校での態度。白銀妹の兄への接し方など、サブキャラ達も魅力で飽きません。

そして、ベテラン声優さん、青山穣のナレーション。
前に視聴した時はあまり思わなかったんですが、このナレーション改めて聞くと面白い。くだらん説明、1話に2.3エピソード全部に誰が勝ち負けしたか判断。とにかく大げさなんですよ、ウケます。

OPが鈴木雅之なんですよ。甘い声で歌って妙にこのアニメの雰囲気にあってる。
EDも良いです。

私はラブコメ好きなんですが、その中でもかなり面白く評価は高いです。
ラブコメに興味ない人も楽しく観れますよ。
ぜひ、お勧めのアニメです。

2期も復習のため観ます。

投稿 : 2022/06/13
閲覧 : 171
サンキュー:

27

Tnguc さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

【お気に入り】 胸いっぱいの愛で頭脳戦どころではない!?

~
 正直、この手のタイトルは至る所で散見するので、粗製濫造なラブコメだと思い少し敬遠していたが、原作がまさかの「ヤングジャンプ」であったため、ある種の興味を持ったのがキッカケだった。タイトルやビジュアルを見る限りでは、なんだか「賭ケグルイ」や「ライアーゲーム」の亜種にも見えるけど、実際のところは、素直になれない二人の強がりみたいなやり取りばかりなのでとても微笑ましい。お互い、恋愛から無縁だったため恋には奥手で、しかも出自や環境によって蓄積された変な自尊心によって思考はねじ曲がり、「付き合っても良いけど自分から告白するのはイヤ」というプライドを経て、「相手から告白するように仕向ける」という共通の目的が発生。結果として、二人はしばしば恋の駆け引きをする構図になるわけだけど、序盤はそれなりに恋愛頭脳戦みたいなことをやっていたような気もするが、途中からは自身の恋心に振り回されているだけのようにも見えた。でも、それを眺めるだけで破顔一笑できるだけの魅力がこの作品には詰まっていて、別に恋愛頭脳戦なんてなくても十分に面白いし、なにより可愛い。かぐや様は告らせたいけど、なんなら自ら告りたいくらいに大きな愛のうねりがあって、その葛藤が最高にいじらしい。こういった「友達以上恋人未満を永遠に引き延ばした作品」の中でも、この作品はコメディーとロマンスがバランスよく描かれ、さらに、1話の中に小話が複数あるためにテンポも良く全く飽きさせない。そして、パッと見る限りでは逆玉な関係なのにそれが全く匂わない点もとてもクリーンで紳士的だ。青春モノの定番イベントをヘシ折って進む不器用な二人の不完全燃焼な恋模様は、ある種の遠距離恋愛みたいなドラマ性があって不覚にも惹き込まれてしまった。

個人的評価:★★★★☆(4.0点)

投稿 : 2022/06/02
閲覧 : 350
サンキュー:

22

ネタバレ

taka_2 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

財閥令嬢のヒロインと秀才の主人公が、どっちが先に告白させるかを争う醜い争い

あにこれのランキング上位だったので、アマプラで見始めた。
いたってまじめに無駄に頭脳を使って、相手に告白させるかを競ってるんですが、あまりにも滑稽な感じが面白いです。

面白すぎて一気見しました。
最終話の手前まではおちゃらけ展開でしたが、最終話だけガチな感じがあってよかった。まあちゃんとオチもついてましたがw
2期と、2022年4月クールでいまやってる3期もあるので、楽しみに続きをみたいと思います。まあ、3期終わっても告白はしてないだろうな。それに近しい展開はありそうだけども。

投稿 : 2022/05/26
閲覧 : 160
サンキュー:

5

ネタバレ

STONE さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

面白さは恋愛バトル要素だけで終わらない

 原作は未読。
 それなりにネタに毒があったり、シモネタもあったが、最後まで上品だった印象の作品。
 「天才たちの恋愛頭脳戦」と謳っているが、四宮 かぐやにしろ、白銀 御行にしろ所詮は
恋愛未経験者による机上の空論に過ぎず、共に恋愛に関しては見事なポンコツ振りを発揮
しているのがおかしく、可愛らしい。

 むしろ頭脳を駆使している感が強かったのは作者の方で、主要キャラである生徒会の面々や
早坂 愛は決して性格が良いとは言えず、その行動や思考など一歩間違えれば視聴者に不快感を
与えかねないところを絶妙なバランスで面白く、かつ愛らしいキャラに仕立て上げているように
思えた。
 このバランスという点ではコメディとシリアス、映像の動と静などもバランスの良さを感じる。

 四宮と白銀のキャラ設定だが、名門校のツートップで対立要素もあるメインの二人と
言うことで、自分なんかだといずれもセレブのオールラウンドハイスペックキャラに
してしまいそうだが、二人の間に経済的格差を付けて、更に能力的部分も白銀が秀でているのは
勉学のみといった差別化を図っているのはなかなか上手い作りだなと思った。
 二人のバトル部分だけに着目すると、似たような立ち位置の方が平等感は
出てくるのだろうけど、こういった格差が理解不足からくるネタに繋がったり、相手を救える
立場になれたりといった感じで、ギャグにしろ、シリアスにしろ、話作りにうまく作用
しているような感があった。

 ネタとしては藤原 千花が持ち込んで、生徒会室で行われるゲームやクイズのような
イベントものが好き。
 単純にネタになっているのと同時に、こういったゲームやクイズは過去に実際にやったことの
あるものもあり、その時の楽しかった感覚が蘇ることで、より面白さを感じたりもする。

 EDのかぐやの夢オチに終わる「天使かぐやの逃走劇」とでも言うような映像で、最初は単なる
イメージ画像かと思っていたら、終盤においてかぐやの家庭環境が判ると、かぐやの願望としての
夢という至極納得のいくものだった。
 このかぐやの家庭環境問題が唯一の重苦しい要素といった感じで、コメディに鬱要素を
持ち込むのを嫌う人がいるが、この辺は好き嫌いが別れそうな印象。
 いいとこのお嬢様ゆえの自由を謳歌できない悲劇という点で、本作放映時期に最終3話が配信
された「ハイスコアガール」の大野 晶に通じるような。まあ、定番と言えば定番設定
なんだけど。

2019/04/15
2022/05/22 追記・修正

投稿 : 2022/05/22
閲覧 : 242
サンキュー:

13

zeroone01 さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

MVPは藤原書記!

2期まで視聴済みでの感想。

 1年位前に2話まで観たのですが、その時はかぐやのキャラが何か嫌で好きになれなかったのと、ナレーションの最後の「本日の勝負、〇〇の勝ち」ってのがいまいち好きになれず、観るのをいったん止めてしまいました。

 しかし3期が放送開始になり評価も高いようなのでもう一度最初から見直すことにしました。
まぁ何とか前回より先に進もうと3話4話と観ているうちにある事に気づく。

「かぐや可愛い」

いつの間にかそう思っていましたw
恋愛に関してはポンコツな所が良いですねぇ、凄くかわいいw

一般的なラブコメだったら両思いなのにいつまでもくっつかない二人にもどかしさを感じる所だけど、飽きさせない演出が素晴らしくコメディ部分もしつこさも無く面白い。
なんと言っても他の生徒会役員がまた良いキャラしてますね。

特に藤原書記。二人の関係を本人無意識で能天気に邪魔したり良い感じにしたり、本来ならウザいキャラと思われてもおかしくない立ち位置なのに、全くウザくない。
個人的には藤原書記の声のトーンが凄く好き。
CVは小原好美さんで、「まちカドまぞく」のシャミ子もそうだったけど、とっても聞きやすい心地よい声をしてます。
これがもう少し高い声の声優さんだと少しウザいキャラになってた気がする。
藤原書記のキャラ、その魅力を100%引き出している声優さん、この作品ここまで面白くしてくれたMVPは藤原書記と言っても過言では無いんじゃないでしょうか。

3期はまだ見ていませんが評判は良いようなので楽しみです^^

投稿 : 2022/05/18
閲覧 : 147
サンキュー:

7

ネタバレ

uQcus51094 さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

全てがハイレベル?なラブコメ!

原作未読。

本当に典型的なラブコメですが、かなり面白い!
かぐやのキャラがはまる人には最高かも

{netabare}
基本的には頭脳戦といいつつ、かぐやがやや攻める→会長が自爆→藤原さんがぶち壊す、という王道と言えば王道パターン。
石上君もいい感じにかぐやの怒りを買っていてよかったです。ボロクソ言われてるけど(笑)
虫けら程度って…(笑)
初期のかぐやのキャラが怖すぎます

藤原書記もかぐやにボロクソ言われていてすごかった…。ダンスも素晴らしい。

かぐやのこういうキャラが好きな人はハマるアニメ

あると言えばあるラブコメなんだけど、なぜここまで面白いのだろう?
音楽や作画、声優さん、演出、キャラすべてのクオリティの高さかな
個人的にはかぐやの表情・性格が面白すぎる
かぐやはやばい人かと思っていたら、色々ありそうです…?

個人的な神回は、初体験のくだりと傘のシーン。

声優さんもよかったです
花守さんはまたメイドですがいい感じ

ここのランキング1位というのは色々な意味で驚きですが、やはりラブコメはいいですね!

{/netabare}

投稿 : 2022/05/08
閲覧 : 146
サンキュー:

6

次の30件を表示

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~のストーリー・あらすじ

家柄も人柄も良し!!将来を期待された秀才が集う秀知院学園!!その生徒会で出会った、副会長・四宮かぐやと会長・白銀御行は互いに惹かれているはずだが…何もないまま半年が経過!!プライドが高く素直になれない2人は、面倒臭いことに、"如何に相手に告白させるか"ばかりを考えるようになってしまった!? 恋愛は成就するまでが楽しい!!新感覚"頭脳戦"ラブコメ、開戦!!(TVアニメ動画『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2019年冬アニメ
制作会社
A-1 Pictures
公式サイト
kaguya.love
主題歌
《OP》鈴木雅之『ラブ・ドラマティック feat. 伊原六花』《ED》halca『センチメンタルクライシス』

声優・キャラクター

古賀葵、古川慎、小原好美、鈴木崚汰、花守ゆみり、青山穣

スタッフ

原作:赤坂アカ(集英社『週刊ヤングジャンプ』連載)
監督:畠山守、シリーズ構成:中西やすひろ、キャラクターデザイン:八尋裕子、総作画監督:八尋裕子/矢向宏志/針場裕子、プロップデザイン:木藤貴之、美術監督:若林里紗、色彩設計:ホカリカナコ、撮影監督:岡﨑正春、編集:松原理恵、音楽:羽岡佳、音響監督:明田川仁、音響制作:マジックカプセル

このアニメの類似作品

この頃(2019年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ