「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~(TVアニメ動画)」

総合得点
94.2
感想・評価
1343
棚に入れた
5699
ランキング
2
★★★★☆ 4.0 (1343)
物語
4.0
作画
4.0
声優
4.0
音楽
3.9
キャラ
4.2
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~の感想・評価はどうでしたか?

takato さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

時が育てる想い、俺はお前のことが…。LOVEよりコメディー(87点)。

最初はお前のことは虫が好かん奴だと思ってたよ…。今になって思えば、みんなに人気者で才色兼備なお前に対して天の邪鬼な態度に出ちまったな…。


しかし、一年という時間を経てお前に再会してみて、自分でも驚くぐらい癒されてる自分に気付けたんだ。この間に、お前がどれだけ多くの人を笑顔にしてきたかを知ることができた。そして、俺にとってどれだけお前が大きな存在だったか離れてみてようやく気付けたんだ…。だから、俺はお前のことが…


というのが私の本作に対する想いです!。しかし、実写版、オメェーは駄目だ!。本当にうちに帰って反省しろよなマジに。俺のお前に対する想いは、新映画当たり屋のヨッシーさんが全て代弁してくれてるから、そっちも宜しくお願いします。

投稿 : 2021/05/10
閲覧 : 330
サンキュー:

34

gNTmu02634 さんの感想・評価

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

アニメはくそ

漫画は面白いのにアニメはつまらん。見る価値なし。評価が高い意味が不明

投稿 : 2021/05/07
閲覧 : 27
サンキュー:

1

響け! さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

かなり面白いラブコメ

自分の中でお腹抱えて笑える久々のラブコメですごく良かったのと、個人的に古賀葵と小原好美の声がめっちゃ好きなのでドンピシャでした!
一つ一つの話も小さくまとまっていてスピード感あって飽きないですし、本当に好感の持てるアニメでした。
ラブコメ好きな人、重たい気分から少し離れたい人、すごくおすすめです。

投稿 : 2021/05/07
閲覧 : 113
サンキュー:

7

ネタバレ

シロクロ さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

作者のギャグセンスが高すぎる笑笑

漫画を読んでその後にアニメ見たけど、やっぱり同じくらい面白かった!とにかくギャグセンスが高すぎるんだよね!石上会計の被害妄想と的確なツッコミがマジで好き笑笑 キャラがしっかり分かれてるからそれぞれが目立っててすごくいい作品だった!

投稿 : 2021/04/29
閲覧 : 25
サンキュー:

5

Corrout さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

パーフェクション

面白い番組、素晴らしいキャラクター、大好きです

投稿 : 2021/04/21
閲覧 : 35
サンキュー:

3

ASKA さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

お互いが気になる男女二人の恋愛頭脳戦

原作未読です。観終わりました。
お話は秀知院学園生徒会に属する生徒会副会長の四宮かぐやと生徒会会長の白銀 御行がお互いが気になっているのに自分からアクションを起こすのが恥ずかしいので相手にアクションを起こさせようと心理戦を仕掛けるラブコメですね。ラブコメなので笑えるシーンもいくつかありました。また二人以外に生徒会書記の藤原 千花や生徒会会計の石上 優なども加わりラブコメ作品担っております。ハーレム要素はあまりなく主にかぐやと御行の二人の駆け引きを楽しむ作品ですね。かぐや様が可愛いですね~うん。白銀くんが羨ましいですね~

2021/04/12 再視聴完了
2周目観終わりました。やはりかぐやと白銀のラブコメはいいですね。
書記の藤原ちゃんやネガティブな会計の石上もいいキャラしていました。

投稿 : 2021/04/12
閲覧 : 243
サンキュー:

41

ネタバレ

こたろう さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

大好きな作品のアニメ化!

原作大ファンで近年1番楽しみにしてた作品です!

ただ好きな作品なために不安もありましたが作画、構成、声優、音楽全てで満足いく内容でした♪

作品へのスタッフの愛が感じられましたね♪♪
特に3話の藤原EDは色々衝撃的過ぎて画面上で一体何が起こっているのかの脳が処理しきれなくなりましたww
あとは最終回花火で綺麗に終わらすのでなく、✳︎アスタリスク回までやっていただいたのは、このオチまでいってこそかぐや様だよなぁwスタッフ解ってるねぇww
と1人で上から目線で悦に浸ってましたw


最終話の花火回まで行くために後半は伏線の張られている回ばかりでまだまだある至高のギャグ回達をもっと観たかったなーというのが心残りです。

是非二期をお願いします!!(切実)

最終話EDに雑魚ちゃんが映ってたってことは二期(2クールで)期待していいんですよね?!

2クールで文化祭UR作戦までギリギリ届くはず!!

喋ってる雑魚ちゃんとツンデレ先輩が観たいんです!

〜天才達の恋愛頭脳戦〜のサブタイのせいでハードル上がってるかもしれませんが推理も謎解きも伏線もなく頭空っぽにして楽しく観れるので一押しの作品です。

気に入れば是非原作漫画もおススメしますw
きっと後悔はしないはずです!

投稿 : 2021/03/30
閲覧 : 182
サンキュー:

27

ネタバレ

scandalsho さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

キャラ設定のしっかりとしたラブコメの秀作

原作未読。最終話まで視聴。

主人公2人は言うまでもなく、周囲の登場人物もキャラ設定がしっかりしていてとても面白かった。
味のあるナレーションも魅力です。

ショートストーリーが続く構成も、テンポの良さを生んでいて高評価です。

【天才たちの恋愛頭脳戦?】
{netabare}確かに序盤は、『いかに相手に告白させるか』という頭脳バトルが展開されていた気がするんだけど・・・。
途中から単なるツンデレというか、頭脳バトルとは違う展開になっている気がする(笑)。

だけど、この変化も含めて、コメディ色の強いラブコメとなっています。{/netabare}

投稿 : 2021/03/18
閲覧 : 591
サンキュー:

76

ネタバレ

haruto さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

2021.3.17

2021.3.17

投稿 : 2021/03/17
閲覧 : 51
サンキュー:

1

ネタバレ

モズカッちゃん さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

IQ3のラブ探偵チカが最高にお可愛い

ペスの〇ンチン目当てに視聴。
聴いてた通りカオスでした。

藤原書記、ほんとに恐ろしい子!
新しいバカですか、、、ほんとにしょうもない。
でも、それがいいw

この作品は白銀会長と四宮副会長の恋愛頭脳戦がメインですが
それに水を差す藤原書記が最高にいい味出してました。

毒にも薬にもなる藤原書記の
何げない一言が毎回楽しみでしょうがなかったです。

藤原書記に翻弄される生徒会メンバーも見ててお可愛いことw

個人的には藤原書記の高度な天然頭脳戦(頭脳戦?)を楽しむアニメでした。

三話のEDの藤原書記、ぬるぬる動いて最高にお可愛いですw

投稿 : 2021/03/16
閲覧 : 77
サンキュー:

20

ネタバレ

ぺー さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

とっとと 御くっつきなさい

原作未読

原作はタイトルを知っていた程度。『惚れたら負け』をどう料理するのか興味がありまして。
いわゆる“惚れた者の弱み”とは、熱量のあるほうが気を揉んで焦る機会が多く往々にして上手くいかないことを指すと思うのですが、本作はそれが先鋭化していって、

・自分から誘うと「負け」
・自分から告白するともちろん「負け」

誘うと負けってww
ラブよりはギャグ色強めかと。どんなものでも先鋭化するとお笑い要素が出てきてその美味しいところを掬った感じです。
四宮かぐや(CV古賀葵)と白銀御行(CV古川慎)。両主人公のゴールは、『相手に告白させること』。前段として、『いかに相手に誘わせるか』に権謀術数張り巡らせるお話です。
{netabare}序盤こそは『天才たちの恋愛頭脳戦』でしたが、徐々に意地の張り合いになっていくのがなんとも微笑ましかったです。{/netabare}


2019年冬期で最も笑った作品でした。いいですね平和で (^^)


さっそくのOPは鈴木雅之feat.伊原六花。  ・・・出オチです。いきなりそう来たか!
組み合わせがバブル過ぎて、ハイここ笑うところですよ~の狙いかと思いきや、回を重ねるごとに病みつきになってく大人の味でした。このねっとり感は久々です。
{netabare}第4話。『渋谷で11時』 そう今から恋が始まるわけでもなく、土砂降りで会えずじまいというのもこの二人らしい。いつか二人でサボタージュできる日が来ると良いな~っておっさんしかわからん。{/netabare}
それに『ラブ・ストーリーは突然に』の有名すぎるカッティングもろパクリだろって劇伴があったり、そんな古臭ささえも心地よく、去り往く平成に思いをはせてみました。


※こう見てました、の3つのポイント

■頭脳戦?ちゃうやろ
『天才たちの恋愛頭脳戦』の看板はちょい違いますね。天才をヘタレに置き換えるとしっくりきます。

{netabare}向こうが好意を持っているのを薄々感じているのに確証を得られないから動けないだけのことで、主人公二人を高スペックのヘタレと見て楽しんでました。
まじめにラブとして観てしまうと、「早くくっついちゃいなよ」か「はーめんどくせー」と思ってしまいます。「お可愛いこと・・・」ってかぐや様は一度たりとも言ったことない、というのがポイントです。やはりヘタレてるのであります。
ではイラッとくるかというとそうではない。白銀は筋を通すいい奴でかぐやは別の理由なんですが二人とも応援したくなるようなキャラなんですよね。{/netabare}

{netabare}むしろ時折登場する柏木さんと柏木さんの彼氏だけが普通にラブしてました。付き合いたて女子は成績落とし男子は上げるあるある。藤原書記の助言で『頑張って』最終話のエンドクレジットでは仲睦まじそう。絶対こいつら夏休みになんかあったな。カップルとしてはこちらがまともですしよっぽどストーリーになってます。{/netabare}


■テンポがいいよね
オムニバスみたいな一週につき3エピソードのサ○エさんスタイル。テンポの良さと合わせて物語としてきっちり進行していました。{netabare}ラーメン四天王ネタさえ回収する脚本の繋がりはお見事です。{/netabare}
1エピソード7分弱の計算になります。R-1で3分、M-1で4分、キングオブコントで5分の持ち時間。こうみると10分超えるネタ見せってないんですね。前の出番の組のネタを拾って繋げるリレー漫才を堪能するようなもんでした。


■狂言回しが優秀
脇役みんな優秀過ぎませんか?

藤原千花(CV小原好美) 石上優(鈴木崚汰) 早坂愛(花守ゆみり)の3名。 

空気の読みあい化かしあいの白銀VSかぐやが膠着状態に陥らないように波風立てるのは藤原書記と石上の両名。空気は読むものではない。“作るもんだ”藤原と“壊すもんだ”石上がいてくれてよかった。二人とも空気は全く読めません。
{netabare}弓道部からの胸の話で墓穴を掘りまくる石上に腹抱えて笑いました。{/netabare}


なんだかんだイチャコラを楽しむ作品になるのですが、ラブ ↓ コメ ↑ でテンポの良さと脇役たちの突っ込み突っ込まれが楽しい作品でした。

あと、かぐや様の声はしばらく茅野愛衣さんだと思ってました。



視聴時期:2019年1月~3月 リアタイ視聴

-----
2019.09.19追記

実写版公開。つきあいで鑑賞。
アニメを観るようになってから、実写とアニメの歴然たる差に気づくようになった。普段良いアニメ作品に私が触れてるということですね。



2019.04.14 初稿
2019.09.19 追記
2021.03.13 修正

投稿 : 2021/03/13
閲覧 : 807
サンキュー:

102

QzfAR76032 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

楽しかった

かわいい作画と声に似合わず、たまに下ネタをぶち込んだりしつつも、下品にならないバランスが絶妙だった。くだらない事を真剣にやる面白さ。

投稿 : 2021/03/08
閲覧 : 25
サンキュー:

2

ネタバレ

kochan さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

ツンデレ、ラブコメですが
終盤の花火回ではラブストーリが突然に

投稿 : 2021/02/22
閲覧 : 35
サンキュー:

2

ネタバレ

GAMMA さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 2.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

恋愛バカサバイバー

【視聴の動機】
友人がハマっていたので視聴.

【概要】
プライドが高すぎる男女の心理をギャグで笑い飛ばす.

【雑感】
最終2話は おセンチな恋愛系なので本編らしくない.
第11話で二人が夏休み中にもかかわらず制服を着て
生徒会室を訪れてしまうシンクロニシティが最高.

基本はギャグで,二人のコっ恥ずかしい恋愛青写真を眺めて
それが破綻して顔真っ赤になる瞬間を楽しむ.
二人とも高飛車で世間知らずなので
失敗する姿が自然と滑稽に映る.
普段嫌味ったらしいので,視聴する側としても
笑うことをためらわずに済む.いいキャラクターだ.

【オススメする視聴者層】
むっつりスケベの男子.またはお笑い好き.
原作ファンもぜひ.

【今後について】
続編もなるべく視聴したいが,
この手の作品は続くにつれて恋愛ドラマパートが増えるので
今期ほどの楽しさは見込めないだろう.

投稿 : 2021/02/17
閲覧 : 86
サンキュー:

14

ネタバレ

アニメ量減らしたい さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

食わず嫌いしてすいませんでした┏●ペコリ

【2020年6月〜】1期 12話
秀知院学園 生徒会
四宮かぐやvs白銀御行の告らせたい頭脳戦
能天気書記な藤原千花
ネクラ会計の石上優
などの良キャラがおりなすドタバタ学園ブラコメ。

実写映画化など人気があるのは知っていたが、それらの先入観から食わず嫌いをしていたが、2期が週間アニメ6週連続1位と驚異的な人気のためHuluで視聴…見事にどハマり、食わず嫌いを反省。一気見。

ラストは感動の夏休み花火回→休み明け花火のかっこつけすぎを黒歴史として悶え苦しむ会長(笑)
と、感動で終わらないところが秀逸!!

とにかくみんかかわいい、かぐや様尊し!
そしてめちゃくちゃ笑える(特にちんちん、御行の特訓回)
更に熱い回も、泣ける回もあり万能。

ナレーションの青山 穣さんが最高です。

♪OP『ラブ・ドラマティック feat. 伊原六花』鈴木雅之
♪ED『センチメンタルクライシス』halca
♪ED(3話)『チカっとチカ千花っ♡』藤原千花(CV.小原好美)

投稿 : 2021/02/05
閲覧 : 120
サンキュー:

8

511 さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.5
物語 : 1.5 作画 : 1.5 声優 : 1.5 音楽 : 1.5 キャラ : 1.5 状態:途中で断念した

むり

おもんなすぎておもんなすぎて

投稿 : 2021/01/31
閲覧 : 96
サンキュー:

2

セシウス さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ラブコメのようでそうでもないお話

 原作漫画は未読です。2期まで視聴した上での感想です。
 ジャンルは学園ラブコメですが、秀才どうしがお互いの気持をわかった上で相手から告白させようと知略をめぐらせる駆け引きがユニークな作品です。生徒会室の中が主な舞台で、最初の方は日常系コメディに近い雰囲気を感じます。ところが少しずつ主人公2人や主要キャラの背景が説明されはじめ、この作品が一本筋の通った成長物語であることがわかってきます。これが本当に少しずつなので、2期が終了した時点ではかえって気になることや知りたいことが増えてしまってもやもやしてしまいます。続編必須のストーリーですね。

 キャラクターは非常に魅力的です。タイトルにもなっている主人公のお嬢様は、創作の世界によくいる金持ちお嬢様ですが、これ以上ないくらいキャラがたっています。生い立ちや家族構成、生徒会に入った動機などまだ詳細に明かされていないことが多々あるにも関わらず、視てる側にしっかり入り込んでくるキャラクターだと思います。また演じる声優さんが「この人しかいない」というレベルで素晴らしいと思いました。
 
 作画は普通レベルでしょうか。場面が生徒会室内であることが多く背景の見どころはさしてありません。キャラクターの表情などはよく描けていると思いました。

 OP音楽として鈴木雅之の起用は面白いと思いましたが作中はパロディ系の音楽が多いです。

 個性的なキャラ達の掛け合いによるコメディが好きな人におすすめです。青春物語が好きな人は原作が完結してからの方が良いかもしれません。

 ギャグは小中学生レベルの下ネタ(「ちんちん」とか「シコシコ」とか)が結構多いです。MALでの異様に高い評価点を見るに海外でどのようにこれらの下品なネタがウケているのか興味深いです(笑

投稿 : 2021/01/20
閲覧 : 117
サンキュー:

6

PHXAL28812 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ツンデレのデレを見せたら終わり

…と思い込んでる(内心)相思相愛の二人と、周囲で二人を応援したりブチ壊したりしておちょくる人たちのコント。

ひねくれた見方をすれば、高スペックな人の弱点を笑う…と言えなくもない?
ただ、基本的に思いやりのある人物ばかりという設定。それが弱点こそ愛せるというギャップ萌えに変換させる要因だろうか。

とにかく嫌みなく笑わせにくるんでストレスが少ない。
たまーーーにしかアニメ観ない層にもオススメしやすい良作。

投稿 : 2021/01/19
閲覧 : 57
サンキュー:

3

byGar61324 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

面白い

恋愛とギャグでショートコントみたいになってて面白い
後半のシリアス展開は個人的には好きじゃなかった。
シンプルに面白い

投稿 : 2021/01/03
閲覧 : 71
サンキュー:

3

みゃー さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

このアフレコが尊い2019

漫画原作、原作は未読、あらすじは割愛

声優アワード(2019年度)で古賀葵さんが主演女優賞
を、古川慎さんが助演男優賞を受賞されました。
その理由はこのアニメを見れば一目(一聞?)瞭然です。
それぐらい納得しか有りませんでした。

脇を固める小原好美さん、鈴木崚汰さんも
とても素晴らしく、メインキャスト全員が
近年稀に見るハマり役だと思えました。

スポーツではチームワークを評価する際にしばしば
チームケミストリーという言葉を使いますが、
原作・製作陣・キャスト陣が良い化学反応を起こすと
これだけ面白い作品が出来上がるのですね。

ちなみに私は石上くんが出てくるだけで
ワクワクが止まりませんw

投稿 : 2020/12/30
閲覧 : 156
サンキュー:

24

スプリット さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

1対1なのに飽きない!新しいのに昔を感じる

 原作未読で第1期を見ました。
 ラブコメ作品の中でもコメが強いです。かといってラブが弱いわけではありません。この作品は主人公の四宮かぐやと白銀御行がお互いプライドが高く告白できないので相手に告らせようとするのがコンセプトです。
 正直、この作品のあらすじを見て「これどうなの?」と作品を見始めました。どちらかと言うとマイナス寄りのスタートです。そして第一話、いきなりど肝を抜かれました。OPがラブソングの王様、鈴木雅之。これだけで一気に恋愛作品としての箔がついちゃいます。おそるべしです。奇をてらったOPの人選で失敗するアニメはありますが、この作品は鈴木雅之さんと不思議と相性がいいんです。ラブコメにはラブソングの王様を。発想は確かにわかりますが、これをできるのはかぐや様しかないと感じました。
 この作品の最大の魅力はギャップにあります。かぐやはプライドが高く性格が悪い、がしかし可愛い一面を持っている。そしてこのような性格になった生い立ちがあり、それは結構闇深く物語の11話と12話につながるわけです。会長はとにかくかっこいいんです。女性にも男性にも人気が高いのではないでしょうか。そして優しさを持っている、がしかし欠点が多い(笑)その欠点を克服するための努力中毒者。ちなみに私は会長が一番好きです。そしてヒロインの藤原書記は可愛いのに打算的で引っ掛け回すジョーカー。裏主人公の石上会計は根暗で愚痴も多いが熱いものを持っているキャラ。このキャラだからこそOP映像で藤原はジョーカー、石上はエースなんでしょうね。
 この作品は常に勝負しているなと感じました。キャスティングもしっかりオーディションで選んだことがわかります。最近のラブコメの中では飛び抜けて面白いんじゃないでしょうか。安定を求めず新しいものに挑戦しているのにどこか昔を感じる。ストーリーが面白いので子どもでも大人でも楽しめる。そんな作品です。

投稿 : 2020/12/08
閲覧 : 114
サンキュー:

12

daruma さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

 頭脳戦が下らなくて面白かった笑 シリアス展開はあんまり面白くないのでずっとギャグ回やって欲しい。

早坂のキャラデザとクールなキャラが好きなので二期以降の出番に期待。

投稿 : 2020/11/30
閲覧 : 55
サンキュー:

4

徳寿丸 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

久々に安心して観れた作品

原作未読(2019.6)
週刊ヤンジャ○連載作品。全く読んでないわけですがアニメになる作品なんですね。今期はほんとに一気観できる作品が少なくて・・・。正直あまり期待してなかったんですがレビュータイトル通り安心というかストレスフリーで観れる作品でした。内容は高校生男女の日常の中でのピュアな恋の駆け引きをコミカルに描いています。
最近の週刊少年誌は卑猥な表現の暴走こそが人気を取れると勘違いしている向きがある中、対極に位置する内容が逆に新鮮で不快な印象がなく良かったのではないでしょうか。最後のエピソードも1クールの仕上げとしていい形で納めていたと思います。故に個人的には続きはそれほど気にならないものになってしまったわけですが・・・。

私のツボ:フッ・・・お客さん、ちょっと飛ばしますよ


2期視聴済(2020.11)
他の続きモノ作品で少し触れているのですが(どの作品かは失念)この手の作品は続きがただの冗長モノ、蛇足モノになりかねない可能性を秘めています。素直になれない恋愛モノはいつまでたっても縮まらない距離感に観る側は飽きてきますし、やたらイチャイチャしだしても不愉快。そこでお邪魔新キャラなんかでなしくずしHappy,End(まぁ、そこで終わるわけですが・・・)というパターン位しかないので1期のレヴューでも触れているように、続きは別段なくてもいいというのが自分の考えです。
この作品はその縮まらない距離の駆け引きが肝ですがやはりネタ切れなのかこの作品のキャラには似つかわしくないベタベタ接触方向へシフトぎみでした(下品)。良かったのはサブキャラ二人の話だけといっても過言ではありません(私感)。
まだ原作は続いているのでしょうが次は終わりに持って行く位でないと厳しいんじゃないですかね。

私のツボ:俺ガイル的な?

投稿 : 2020/11/23
閲覧 : 143
サンキュー:

17

はなちゃん さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

会長と四宮かぐやの駆け引きを楽しむ

ラブコメではありますが、個人的には深い作品だなと感じます
四宮かぐや、会長の考えや性格が柔和になっていく様を描いていたり、それでいて互いに告白させたいというテーマから逸れる事無く、何とか相手から言わせようという姿勢
けれど、徐々に変化する過程があり、当初はいがみ合う様な対立を描いていたのが、何時しか本当は互いに思い合い、その結果として「言わせよう」から「言ってもらいたい」になっていきます
その変化の最中、コメディ色も強くなっていきますが、ただドタバタしている単純なものではなく、ちゃんとお互いの距離感が縮まっているんだなって確りと恋愛作品としても視聴出来ます

小難しい感じに書きましたが、1話観てすぐ引き込まれ、グイグイと最終回まで魅了されてしまった作品の1つです
男女関係なく、うずうずした気持ちになったり、時には声を出して笑ったり、そして時にジーンとしたり、そうやって詰め込んでいるけれど嫌味なく、また無理矢理感もなく、スムーズに展開させていく作品だなと感じました

投稿 : 2020/11/22
閲覧 : 55
サンキュー:

9

take_0(ゼロ) さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

良質のラブコメ、正にラブコメディ。

某アベマなTVで一気見。

ラブコメ・・・、
オジサンにはなかなかに手ごわいジャンル。
苦手というよりも、あまりにもワザとらしいのが苦手で敬遠したりすることも多々あるのですが、これは面白かった。

最近見た中では「からかい上手の高木さん」あたりがラブコメ系統的には近いものになる気がするかなぁ、あくまでも「系統」としてはという意味で。

よくあるパターンのラブコメなんかだと、一方の片思いが伝わらずドタバタあったり、すれ違いまくって、観ている側がイジイジ、ニヤニヤするってのがある意味テンプレ的かなぁ、って思うのですが。

この作品は
主人公の四宮かぐや、白銀御行が、お互いに相手に「告白させよう」とアレヤコレヤ(無駄な)頭脳戦wを仕掛けるという点がユニーク。
二人とも同じ生徒会に属しているので、すれ違いは基本的には無い。
クローズドサークル的な中での頭脳戦?という事になります。
そして、そこには(ラブ)探偵も登場する・・・、あれ?これなんてミステリー?
ところで「告白してもらおう」ではなく「告白させよう」という点が重要である。
その理由は、まぁプライドだったり、意地だったりするんだけど、ホントこの構図は面白い。
・・・まぁ、頭脳戦というよりも、ただの(無駄な)深読みだったりするんだけれども。

でも、色々とポイントポイントでは恋愛時の心理的マウントの取り合いなんかの点ではツボを得ている点もあったとは思うんですけどね。
実際、ここまでめんどくさい深読みしていたら、前には進まんわなぁ。
「恋愛は勢い」ってよく言う人がいるけれども、あながち間違いじゃないかもね。

素直になれば1話の1/3で話は終わっちゃうのにねw

あと、ラブコメとしてこの作品が優秀なのは、サブキャラクター達の力も大きいと思います。


生徒会書記の藤原千花:
前述の探偵さんですw自称ラブ探偵だそうです。
この娘はホントに明るくて面白いです。時に素直にかぐやが越えられない壁を軽く飛び越え御行の懐に入っていき、かぐやをモヤモヤさせたり、かぐやをフォローする様で何も考えていなかったり、作品を豊かにしてくれるキャラです。
かぐやとは別ベクトルで、かわいらしいですよね。
3話目だったっけ、特別なED、歌はヘタウマ的でしたが可愛らしいEDでした、あとバレーボール回やラーメン回も印象的でした。

生徒会会計の石上優:
かぐやの仕込みを邪魔してしまい地雷を踏む。
以降、様々な地雷を踏み生徒会室から退出していくシーンが増える。
陽キャの千花に対しての陰キャ的な立ち位置か。
御行の代わりに先行して地雷を踏む重要な役目を担うこともあるキャラ。

早坂愛:
かぐやのお付なのかな。
素直になれないかぐやをちょいちょいプッシュしたり、助言をしようとするのだけれども、結局、上手くいかず、ジト目になることも多い。
精神的にはかぐやよりも大人かな、この辺も対比が効いています。


それぞれのキャラが、対比となるキャラを持っており、キャラ立ちもしている。
メリハリと対比が効いていて優秀で楽しいサブキャラ達だと思います。
それぞれのエピソード回的なものもありましたしね。

もう一人、忘れてはならないサブキャラクターとして、ナレーターがありますね。
勝敗をつける審判として、ポイントポイントでの解説者・状況説明者として非常に重要な役割を果たしています。
何なら、めちゃくちゃセリフ多いやろwこれ。


あと秀逸なのは、スピード感でしょうか。
一話を3エピソード的に区切ってあるようなのですが、これが絶妙なスピード感を醸し出しているのです。
しかも、それぞれのエピソードもボリューム的に不足感を感じることなく、違和感なく連結されており、結局「一話」として完成しているのです。
これはなかなかにすごいと思います。


系統的に似ているかな?
と前述した「高木さん」はニヤニヤ、背中がくすぐったくなりながら観ていましたが、こちらは、瞬間的に噴き出してしまうようなシーンが何回もありました。
正にラブコメと言ってもいいでしょう。
とても楽しい作品でした。

最後に、
OP曲によくこれをもってきて、映像と合わせて形にしましたね。
これもスゴイと思いました。
EDも映像と相まって魅力的だったと思います。

総合力、バランス力が非常に高いレベルの良作だと思います。

2期もあるようなので、近いうちに何とか見てみようと思っています。


楽しい作品をお求めの方は、ぜひご覧ください。

投稿 : 2020/11/16
閲覧 : 305
サンキュー:

30

Fanatic さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

原作の面白さを忠実に映像化!

制作はA-1 Pictures。
監督と脚本は、「昭和元禄落語心中」でコンビを組んだ畠山守さん(監督)と中西やすひろさん(脚本)。キャラクターデザインの八尋裕子さんも、「グランクレスト戦記」で畠山監督とコンビを組んでいた方です。

原作既読。
個人的にはストライクど真ん中のラブコメ作品です。

主人公は、生徒会メンバーである四宮かぐや(副会長)と白銀御行(生徒会長)。
惹かれ合ってるくせに高すぎるプライドが邪魔をして素直になれない二人なんですが、ただ単に自意識が高いだけでなく、それぞれに弱味もあって、そこがすごく人間味があって好感が持てます。

最初は、高飛車で傲岸不遜にも見える二人ですが、かぐやは箱入りで世間知らずだったり、成績こそ学年トップの御行も勉強以外はポンコツだったりと、かなり弱点も持ってます。
時折見せる優しさなど、お互いに根は良いところもあり、憎めないキャラとなっています。

こんな二人が、相手から先に告白さようと頭脳戦を繰り広げる、というのが基本的な流れになりますが、この作品の素晴らしさは脇を固めるキャラがものすごく機能していること。

個人的に、主人公以上に重要キャラだと思っているのが、書記の藤原千花。
空気を読まない天然キャラで、かぐやと御行の頭脳戦をいつも無意識にひっかき回します。
彼女が変数となることでかぐやと御行も想定外の対応を迫られることが多く、地味になりがちな基本プロットに躍動感を与えています。

また、天然なだけでなく、テーブルゲームに関しては腹黒い一面を見せたり、御行のポンコツぶりを見ておかしな母性を発揮したり、困っている人を見るのが好きだったりと、まさに八面六臂の活躍。
展開に詰まった時の千花頼み……と思っているかどうかは分かりませんが、主人公の二人以上に、物語を動かすパワーを持ったキャラクターです。

次に重要なのは、キャラクターではないですが、青山穣さんが担当するナレーション。
かぐやと御行の心理戦パートでは、当然二人のモノローグが多くなりますが、それだけでは補えないクレバープレー&心理状態の実況を青山さんが熱弁。
立木文彦さんを髣髴とさせるそのナレーションは、さながら〝恋愛版カイジ〟といった印象。

セリフの内容は原作とほぼ一緒なので、元々作者の赤坂アカさんもカイジの心理戦の雰囲気を意識して漫画を描かれていたのではないかと思ってます。

さらに、かぐやや千花の人間性を上手く引き出して掘り下げる〝正論で殴るDV男〟石上優(会計)や、かぐやの恋愛ポンコツぶりに呆れながらも、彼女の恋を応援している早坂愛(かぐやの付き人)など、脇を固めるキャラクターたちが、適材適所できっちりと良い仕事をしています。

内容は、いくつかカットされていたり、順番が入れ替わったりしている部分もありますが、ほぼ原作準拠。
かぐや役の古賀葵さん(「慎重勇者のエルル」など)や、御行役の古川慎さん(「転スラ」のベニマル)、千花役の小原好美さん(「まちカドまぞく」のシャミ子)など、CVも原作のイメージ通り。
漫画の面白さを忠実に再現できているアニメ化だと思います。

基本的にはコメディ中心で進んでいきますが、ちょいちょい感動系の話もあり。
一期のクライマックスは、原作の中でも有数の神エピソードである花火イベント(第五巻)。
ハードルを上げたくはないですが、絶対泣きますわ、あんなの……。

青年誌連載で原作者も男性ですが、女性でも十分に楽しめる内容だと思います♪

投稿 : 2020/11/12
閲覧 : 49
サンキュー:

12

リタ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

恋の頭脳戦

先に2期からレビューしてしまったけれど、話題の高評価を知った上での視聴だった為、期待し過ぎて実際は普通な印象になってしまった。

ちかちゃんのエンディングなんかめちゃくちゃ可愛いし、会長もかぐやもイライラしつつ無駄に策を張り巡らせ過ぎて自爆共倒れする姿などユニークなんだけど、可愛さに欠けるというかイマイチ入り込めなかった。

(そして2期を見てかなり気にいるんだけれど、そこからまた一期のコチラを見返すとまた違った高評価になりそうな気がする...けれど先ず見た時のレビューとしてはこの評価に。)

投稿 : 2020/11/12
閲覧 : 38
サンキュー:

4

ああああああ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

中々面白い

ラブコメとしてよくできてるしキャラクターの魅力も際立っていて完成度の高い作品だと思う。
爆笑とはいかなくてもクスッとくるギャグが多くて飽きさせない。

投稿 : 2020/11/04
閲覧 : 30
サンキュー:

4

ネタバレ

キリカ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

悪くないけど過大評価

面白いけど過大評価。これずっとやるってなると飽きてくる。12話の会長はかっこよかった♡

投稿 : 2020/11/01
閲覧 : 52
サンキュー:

5

かいかい さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

いい

キュンキュンとまらん
こいがしてぇー!!

投稿 : 2020/10/31
閲覧 : 39
サンキュー:

4

次の30件を表示

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~のストーリー・あらすじ

家柄も人柄も良し!!将来を期待された秀才が集う秀知院学園!!その生徒会で出会った、副会長・四宮かぐやと会長・白銀御行は互いに惹かれているはずだが…何もないまま半年が経過!!プライドが高く素直になれない2人は、面倒臭いことに、"如何に相手に告白させるか"ばかりを考えるようになってしまった!? 恋愛は成就するまでが楽しい!!新感覚"頭脳戦"ラブコメ、開戦!!(TVアニメ動画『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2019年冬アニメ
制作会社
A-1 Pictures
公式サイト
kaguya.love
主題歌
《OP》鈴木雅之『ラブ・ドラマティック feat. 伊原六花』《ED》halca『センチメンタルクライシス』

声優・キャラクター

古賀葵、古川慎、小原好美、鈴木崚汰、花守ゆみり、青山穣

スタッフ

原作:赤坂アカ(集英社『週刊ヤングジャンプ』連載)
監督:畠山守、シリーズ構成:中西やすひろ、キャラクターデザイン:八尋裕子、総作画監督:八尋裕子/矢向宏志/針場裕子、プロップデザイン:木藤貴之、美術監督:若林里紗、色彩設計:ホカリカナコ、撮影監督:岡﨑正春、編集:松原理恵、音楽:羽岡佳、音響監督:明田川仁、音響制作:マジックカプセル

このアニメの類似作品

この頃(2019年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ