「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~(TVアニメ動画)」

総合得点
86.4
感想・評価
905
棚に入れた
3497
ランキング
141
★★★★☆ 4.0 (905)
物語
4.0
作画
3.9
声優
4.0
音楽
3.9
キャラ
4.1
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~の感想・評価はどうでしたか?

よしを さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

話題になる程か?

全体的に中二くさかったし、あまり面白いと思えなかったので切りました。

投稿 : 2020/01/19
閲覧 : 22
サンキュー:

0

桶狭間スイッチ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 2.0 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

言うほど。

制服とキャラが立ってるだけで、やってることはただのラブコメと変わらん。
天才頭脳要素皆無。そのプライドが邪魔して自分からイケないのよってだけで中二の青春そのまま。

感動も達成感も意表も驚きもなかったかな。

投稿 : 2020/01/19
閲覧 : 23
サンキュー:

2

キャプテン さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

再放送だが、初めて観る。

実写版も観ていないけど、
全く期待無しでいざ⋯お・お・お面白過ぎる‼️‼️‼️Σ('◉⌓◉’)
てか⋯この作品、面白くない要素が1ミリも無いではないか‼️

いや〜参りました。パーフェクト。

投稿 : 2020/01/10
閲覧 : 45
サンキュー:

3

ネタバレ

ふくまる子 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

ギャグ漫画だったのか

これは私の感じ方なのでファンの方悪しからず。

最初Amazonで見たときは、まどろっこしいラブコメだと思い1話の途中で断念。
現在の再放送で映画化もした人気作品なら、ともう一度トライ。
短編2話目から爆笑の連続でした。
特にタコさんウインナーの件りは最高でした。

という訳で視聴継続決定。
本当はAmazonで一気見したかったけど、何故か2回目以降有料に変わっていたので
テレビの再放送をボチボチ楽しみます。

投稿 : 2020/01/09
閲覧 : 31
サンキュー:

1

カオ^ω^モジ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

一流のギャグアニメ

毎エピソードごとにクオリティが高いギャグを仕込んでくる、学園ギャグアニメ
恋愛要素よりもギャグ要素の方が強い。
昭和チックな演出も混ぜてくるのがこのアニメの最大の特徴
伏線、流れがきちんとしており、かなり見やすい作りになっている。
メインのキャラの数が少ないにも関わらず、これだけ魅力的な話が作れるのは凄い

投稿 : 2019/12/31
閲覧 : 44
サンキュー:

2

ネタバレ

おでん さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

恋愛ものなのに軽い気持ちで見られる作品

生徒会役員たちによる、恋のドタバタ劇です
公開から現在ではかなり話題になりましたが、作品を見ればその話題になった理由がわかると思います
まず1つの話で1話完結型の話が3つ入っているのでボリュームを感じながらもスピーディーにみられるのが良いです
またキャラも非常に恵まれており、私のお気に入りは石上君です。彼はだいたい仕事放棄して帰ってますw
後はかぐや様もいいですね あの可愛くて怖いキャラデザインは素晴らしいですね
ちなみにつまらない部分もあった(詳しくは下で)
{netabare}
嘘である


この男、アニメ全話視聴後に16巻まで購入したほど、作品にハマってしまったのだ。
{/netabare}
↓総評
{netabare}不満点を上げるとすると後半が全く頭脳戦ではなかったこと。後は、石上の初登場がかなり遅かったこと。それを除いて考えると、しっかり原作の重要な話を中心に絞り込んで、なかなかスピーディーでよかった。ただ、月見のあたりまで行って欲しかった(2期での制作が決定している)。主題歌は最初こそアニソンぽくないと違和感を感じたが、徐々に聞いているうちに、好きになれた。edのチカっとチカ千花っがなぜ3話限定だったのかは謎だが、音楽面でも悪くなかった。
以上のことから考えると、かなり原作のムードを出しながらも、アニメならではの声優さんによる演技がきき、原作ファンも満足いく内容だったのではないだろうか。
{/netabare}

投稿 : 2019/12/28
閲覧 : 64
サンキュー:

1

ネタバレ

luhuipeng3 さんの感想・評価

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

タイトルなし

生徒会長でいつも学年トップを取る白銀御行と生徒会副会長で巨大財閥である「四宮グループ」の令嬢である四宮かぐやがお互いに恋をする。しかし、自分から告白することは恥なので、それぞれが頭脳を使い告白させようという物語である。

会長とかぐやさんの恋愛頭脳戦は見応えがあり、そこに藤原書記が入って乱れていくとい

投稿 : 2019/12/22
閲覧 : 79
サンキュー:

1

鎖天 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ラブ・ストーリーは突然に

原作既読。

本作の素晴らしさは、男女のすれ違いを描く王道ラブコメを
「心理戦」という切り口で描いてみせたこと。
お互いに頭脳を駆使して、いかに己の本心を悟らせず、
相手の自分への好意を露呈させるか。
この勝負に対する異常なまでの固執。このしょーもなさ、実に面白い。
想定外の事態が起こったりして狼狽える様に一体何回笑わされたことかw

ただ残念ながら、原作の魅力を十分に引き出せていたとは言えなかった。
個人的に本作の肝は
「モノローグ」と「ナレーション」にあると思っていて、
実際にキャラが口にする台詞よりも、上記の2つの割合が圧倒的に多い。
相手の戦略や心情を必死に推し量ろうとするキャラクターの心の声、
そしてその状況を冷静に俯瞰し、
キャラの滑稽な様子を煽りまくるメタ視点のツッコミ役。
「心理戦」を「コメディ」として描く上で、
これらがあってこその本作だと感じる。

実際にアニメを見てみると、モノローグ過多で、
アニメとして動きが作りにくく、テンポ悪いなぁと感じる場面があったり、
またナレーションも長ったらしく感じてしまい、
演技も過剰で、ちょっと主張が強すぎる印象も受けた。
(ぱっと思いついたところで、アカギの古谷徹みたいな
淡々とした語りであれば違和感なかったと思う)
アニメーションの特性を活かし、
台詞の量を削って映像で表現する方法もあったと思うけど、
原作はその細かな台詞一つ一つに笑える要素があるので、
単純にカットすればOKって話でもない気はするが・・・

不満は多いけど、キャラの魅力は男女問わずしっかりと描けてたと思うし、
最終話以降も原作で盛り上がるエピソードが多いので、第2期も期待したい。

投稿 : 2019/12/06
閲覧 : 56
サンキュー:

3

うぐいす さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

藤原書記可愛い

オムニバス形式であり、また登場人物が限られているのでゴチャゴチャしない。
ラブに目を向けると白銀が鈍感なだけだったりする。

鈴木雅之のOPがかっこよく、一度も飛ばさなかったのは初めて。
作中の効果音にも聴きなれたいくつかのイントロを使っており分かりやすくて良い。

静止画が多く、キャラデザは好みが分かれるかも。
ただ、花火のシーンはとても良い絵だった。

藤原書記が可愛く3話EDと4話のNGワードゲームはたまらんかった。
CVの小原好美は「まちカドまぞく」でも可愛かった。

投稿 : 2019/12/04
閲覧 : 48
サンキュー:

3

ネタバレ

TAMA さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

プライドが邪魔する『恋愛頭脳戦』!よーいよーいドーンだyo‼

いやぁ、切り口が面白いですね。
冒頭で恋愛したく…なれねぇよ!怖ぇーよ!
搾取する側とされる側?
怖い怖い怖い怖い(汗)

ま、内容はとても楽しめました(笑)


原作・未読。
アニメ・全話視聴。(全12話・30分アニメ)


簡単に。
将来を期待されるエリート達が通う名門校【秀知院学園(しゅうちいんがくえん)】。
全校生徒の憧れ、生徒会メンバーのストーリー。
副会長『四宮 かぐや(しのみや かぐや)』と『白銀 御行(しろがね みゆき)』はお互い惹かれ合っているが高すぎるプライドが邪魔をし半年が過ぎた。
半年の間に何があったか分からないが「告白」=「負け」の計算式が両者の常識になり、「告白させる」事ばかりを考える様になる。
『恋愛頭脳戦』を繰り広げる中、他の生徒会メンバーやクラスメイトや後輩等を巻き込むラブコメディ。
…ってとこですね。


最初観た時、「『白銀』って『藤原』と付き合った方が良いんでない?」でした。ヒロインだし、1話目から弁当作ってもらってるし、色々…。
#3のAパートは大笑いし、ED曲はかなり中毒性あって面白かったです。

基本1話毎Aパート・Bパート・Cパート(Dパートある所もアリ)で区切られていて各パートで完結しますが、後半継続回もあります。コメディもあればちょっとシリアスもあり、いい塩梅でした。


冷血なのかと思えば面倒見が良く笑いのツボもある知識量がそんなになので笑うところが…(笑)
思い込みや心の中の声が面白く(特に『藤原』に対してのはヤバい♪)憎めない副会長『かぐや』。
会計の『石上 優(いしがみ ゆう)』とのやり取りも結構好きです。
…『石上』、死ぬなよ。…にぼし。

完璧超人かと思えば近眼になる程勉強をし、その結果目つきが悪くなりコンプレックスに。ストーリーを観て行くと運動音痴など弱点が結構あって憎めない会長『白銀』。
努力してここまで来たってのは普通に凄いな。外部入学だし。


こんな憎めない2人がなぜ素直になれないのか?

そう、それは『プライド』。

その壁さえ…その壁さえ取っ払えれば簡単なのに…そうは行かないのがこの2人!
そのプライドのせいでコメディが非常に面白い事になってます。
それにプラス要素として生徒会メンバー『藤原 千花(ふじわら ちか)』と『石上』がいい仕事してます。うん、ムードメーカーというかトラブルメーカーというか、ね(笑)


ちょっと想像してた事があったんですが、『藤原』が話を挟んだり突然登場したりする部分を観てた時「もしかしてわざと?タイミング良すぎだし、これって『白銀』を!!??」って思ったりしてました。それで『かぐや』と争う…とか想像してました。それはそれで観てみたかったですが。
ま、全くそんな流れ無かったです。とてもええ娘でした(笑)
試験前は『白銀』と『かぐや』とは距離置いた方がいいよ。こんにち殺法♪


コメディ色って言うか笑えるポイントが増えるのは『石上』の登場ですね。ポイント2倍くらい面白かったです。OK、ブレイク石上って言えるくらい!
独特な考えと言うか行動と言うかかなり良いスパイスになってます。
ストックホルム症候群から吊り橋効果まで良かったぜ♪弓道の話は…よく生きてるね。


ラブコメディは笑えてシリアス部分も良かった。(黒歴史(笑))
こーゆー系がお好みの方にはオススメ出来る作品ですね。OP曲もED曲も悪くないです。
#3のED曲は好みが別れるかな。


ここから下はネタです。ネタバレになるから伏せます。

{netabare}
1話・A-両者敗北・B-かぐや敗北・C-かぐや勝利

2話・A-両者敗北・B-無し・C-白銀の一人負け

3話・A-かぐや敗北・B-無し・C-無し

4話・A-藤原敗北・B-白銀完敗・C-かぐや勝利・D-両者勝利

5話・A-かぐや敗北・B-白銀と藤原の勝利・C-引き分け

6話・A-石上敗北・B-白銀敗北・C-かぐや勝利

7話・A-白銀敗北・B-白銀勝利・C-藤原勝利

8話・A-白銀(妹)敗北・B-白銀勝利・C-白銀敗北

9話・全てのパートで無し

10話・A-両者敗北・B-両者勝利・C-藤原以外勝利

11話・A-無し・B-ラーメン戦、藤原勝利・C-無し

12話・A-無し・B-無し・C-撃墜王かぐや勝利

白銀・9勝12敗1分

かぐや・12勝9敗1分

藤原・ラーメン戦込3勝2敗

石上・1勝1敗

白銀(妹)1敗

個人的に数えたやつです。間違ってたらごめんなさい。
うーん、会長負けてますねぇ。2期で巻き返せるかな?(笑)


{/netabare}


さて、2期制作決定しましたね。
ラブコメで楽しめましたが各キャラに過去エピソードありそうだし2期でやるのかな?
とりあえず1期が結構面白かったので2期も大事に作って欲しいですね。期待してます!

投稿 : 2019/11/29
閲覧 : 59
サンキュー:

4

ネタバレ

ラティア さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

恋愛に勝敗がつくのがいい!

恋愛のもののアニメは何回か見たことがあるものです。

一言でいうと「自分から告白したらそれは恥である」ということに基づき恋愛頭脳戦が行われる。生徒会長でいつも学年トップを取る白銀御行と生徒会副会長で巨大財閥である「四宮グループ」の令嬢である四宮かぐやがお互いに恋をする。しかし、自分から告白することは恥なので、それぞれが頭脳を使い告白させようという物語である。

会長とかぐやさんの恋愛頭脳戦は見応えがあり、そこに藤原書記が入って乱れていくというのもとても印象的でした。

投稿 : 2019/11/19
閲覧 : 72
サンキュー:

2

レオン博士 さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

石上会計は許されたい

祝!2期制作決定! 2期も期待しています。

両想いである生徒会役員のイケメンと美女が、お互いに自分から相手に告白したら負けだと思っていて相手になんとか告白させようとアレコレ作戦を考えるという流れ。

基本的に両想いなんで、二人のやっていることは完全に茶番というか、イチャイチャしてるだけなんだが、この意地っ張りな二人を見ているだけで満足できるアニメ。

キャラクターがとにかくよい。
会長とかぐや様はもちろん、藤原書記と石上会計がまたすごくいいキャラ。

特にブレーキの崩壊した石上会計が好き。
石上会計が出てくるシーンで笑えないシーンはないくらい。
でもこれはいつか絶対、かぐや様に消されるわ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

それからやっぱりかぐや様が圧倒的に可愛い!!
藤原書記も可愛いけど、私の好みはかぐや様。
あの大和撫子な感じがいいね。
会長は嫌がってるけど、私はかぐや様に「おかわいいこと」って嘲笑されたい!

終始安定して面白いギャグラブコメ。

オススメ!

石上会計はとりあえず「会長とかぐや様はお似合いカップルだ」って言っておけばかぐや様に暗殺されずに済むと思う。

投稿 : 2019/11/18
閲覧 : 106
サンキュー:

20

ようす さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

恋愛頭脳戦。それは、素直になれない男女の戦い。

“頭脳戦”とタイトルについていますが、
さほど高度な駆け引きは行われていませんw

だけどそこが面白いし、可愛い♪笑

期待していたよりもはるかに楽しめたし、
好きな作品となりました♪

全12話です。


● ストーリー
恋愛においては上下関係がある。
好きになった方が負けなのだ。

なので、いかに相手に好きにさせるかが
プライドの高い人間には重要である。

名家のエリートたちが集う秀知院(しゅうちいん)学院。

巨大財閥の令嬢であり、生徒会副会長の四宮かぐや(しのみや かぐや)は、才色兼備の完璧女子高生。

生徒会会長の白銀御行(しろがね みゆき)は、外部入学ながら学力トップの実力で生徒会長に選ばれた男子高校生。

かぐやと白銀、互いに好意を持ちながらもプライドが高いため、今日も相手に好意を告げさせようと策略を巡らせる。


相手に好意を見せると、
相手から見下されるのではという不安から、

いかに相手に好意を見せさせるのかを
バトルしている二人。

大抵は空回りして終わるか、
書記の藤原千花(ふじわら ちか)に乱されるのですけど。笑

1話が3話分の構成なので、
短いエピソードをたくさん楽しめます。

そしてそのどれもが安定して面白い^^

笑えるし、時々きゅんとするし、
いやー、いい作品でした♪

最終話が終わる頃には大好きになっていましたね^^
なので2期決定とても嬉しいです♪

恋愛に不器用な二人の、
もどかしい青春、よかったです^^


● キャラクター
登場するキャラは多くないですが、
生徒会メンバーだけで十分面白いです。

いいバランスです^^


生徒会長の白銀。

たくましい庶民生徒会長はプライドが高くて大変そうですが、その分努力家でもあるし、時々意図せず好意を見せちゃうところがきゅんとする♪

うぶなところが、お可愛いです^^笑


副会長のかぐや。

こちらもプライドが高いため、というよりも恥ずかしくてどうしようもないため(笑)、

いかに白銀から誘わせるかを頑張っています。笑
ほとんどうまくいっていませんがw

素直じゃないけど、
照れたり動揺するかぐやは可愛い♪

かぐやのキャラが最初はあんまり好きじゃなかったけど、デレ成分が増すにつれて、だんだん可愛くなっていったように思いました♪


書記の藤原千花。

この子はこの作品に欠かせない子です。
というより、この子がいるからこの作品は面白くなりますw

明るく、可愛く、そして空気が読めない!笑
彼女がどんな行動に出るのかも読めませんw

私は藤原書記のキャラ大好きです^^
いいキャラですw可愛いし♪


会計の石上くんに関しては、
まだキャラが読み切れないところがありますが、

現状でも十分いいバランスだと思っています♪


● 音楽
【 OP「ラブ・ドラマティック feat. 伊原六花」/ 鈴木雅之 】

昭和歌謡曲な雰囲気漂うOP、意外と合っているから、選曲した人はいいセンスしてるなあと思います。

Love is War!


【 ED「センチメンタルクライシス」/ halca 】

このEDは聴けば聴くほど好きになります♪

歌詞がかぐやの気持ちにぴったりでびっくり。

OPと全然タイプの違う曲です。
私はどちらかと言えばED派かな♪


【 第3話ED「チカっとチカ千花っ♡」/ 藤原千花(小原好美) 】

3話だけのEDにするなんてもったいない!と思うほどのクオリティの高さ!
踊る千花ちゃんの映像も可愛いです♪

実はリアルタイム放送時にこのEDを見てしまったのですが、

しばらく中毒症状に陥って、
youtubeで何度も再生していましたw


● まとめ
最終話EDでこれまでの名場面を振り返ると、なんていい青春してるんだと感動しました。なんか泣けた。笑

うん、いい作品でした♪
大好きだわ^^

どちらかが素直になれば、と思うけど、簡単にそうならないのが二人のいいところでもあるのかも。

自分の気持ちを抑えきれなくなったその時が、見物ですなあ。
にやにや(・∀・)

2期が楽しみです♪

投稿 : 2019/11/17
閲覧 : 227
サンキュー:

37

ラノ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:----

おもしろい!

2期決定しましたね
キャラにそれぞれ特徴があります
面白い✕可愛い
はアニメにおいてはやっぱり最強ですね

投稿 : 2019/10/19
閲覧 : 73
サンキュー:

3

くにちゃん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

どちらかといえば‥

どちらかといえば、一発ネタ的な作品でしたが、適度な笑いネタなどをいれながらどうにかワンクールを乗り切った作品という印象です。

あと、A-1picturesさんにしては絵が最期まで劣化しなかったことでも印象に残りました。

投稿 : 2019/10/12
閲覧 : 100
サンキュー:

5

ネタバレ

はなぬゆ さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

偏差値の高い二人が織りなす、恋愛偏差値低めのラブストーリー

前評判も良く、期待してみましたが、やっぱり面白いです。コメディ仕立てのラブストーリーなのですが、バランスが良い。前段と後段ではテイストが異なり、後段はラブ度が上がります。

投稿 : 2019/10/09
閲覧 : 76
サンキュー:

4

ネタバレ

Jack さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

かぐや様

かぐや様の声が白鳥由里に聞こえてほっこり。

投稿 : 2019/10/06
閲覧 : 35
サンキュー:

3

ネタバレ

olive さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

おろしろーい!

『お可愛いこと』

投稿 : 2019/10/05
閲覧 : 53
サンキュー:

2

ネタバレ

ウル さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ラブコメ(コメディー部分がしっかりしてる作品)

第一感想はめっちゃ面白かったです。

1話の {netabare}お弁当の回から個人的にハマって見続けました。タコさんウインナーの為にあそこまで頑張るヒロインが面白かったです。けど好きな人のお弁当食べたい気持ちとかすごくわかります。私なら多分諦めてますが笑{/netabare}

2話の {netabare}ラインのID聞く回とか好きな人に聞くときって変に意識して聞きにくかったりしますよね。友達なら気にしないのに。その心理描写を見事にコメディーに落とし込んでる。面白いのに共感出来るいい話でした。恋愛IQの低い会長の相談もめっちゃ笑いました。けどこの回の言いたいことは考え過ぎず行動しないでいるよりまずは行動ってのが感じ取れてよかったです。{/netabare}

3話の {netabare}初体験の回はアンジャッシュの勘違いコント見てる感じで面白かったです。あとED藤原書記ヌルヌル動いててすごかったです。{/netabare}

4話の{netabare}猫耳の回、会長とかぐや様可愛い可愛かったです。NGワードゲームの藤原書記にもめっちゃ爆笑しました。あと携帯に親が出てくるところとか。{/netabare}

5話{netabare}会長の努力してる姿がいいですね。ここも笑っちゃいましたが。けど天性の天才じゃなくて努力の天才なのが知れるいい回でした。相合い傘もあんまにくだらない(褒めてます)頭脳戦が見れるとは。{/netabare}

6話{netabare}石上会計もめっちゃいいキャラクターですね。かぐや様に振り回されまくりです。心理テストの回も好きな人の答えとか気になりますよね。わかります。ラストも好きな人の変化褒めるの躊躇するのわかります。相手にどう思われるか意識しすぎて話せなかったりするんですよね。{/netabare}

7話{netabare}石上会計の回です。部費の削減の理由とか、かぐや様と藤原書記のいじりがめっちゃ面白かったです。あとシモネタの回も爆笑しました。あれは卑怯です笑{/netabare}

8話{netabare}会長の妹を引き込もうと頑張るかぐや様面白すぎます。そしてテスト回…みんな共感出来るんじゃないかなと思います。勉強してないってやつほどしてたりするもんです。そしてここでも会長の努力が見えるのがいい。好きな人においていかれたくないって気持ちも共感出来ました。そして面倒見のいいかぐや様もいいですね。{/netabare}

9話{netabare}好きな人と一緒に帰りたいって気持ちもすごくわかります。そして藤原書記のイカサマ…まさかこのアニメでリアル頭脳戦を見れるとは。風邪引いたかぐや様も可愛かったです。早坂さんのドア締めるときのフリが最高です笑絶対に押すなよ的なあれです。{/netabare}

10話{netabare}ケーキ回お互いがお互いの過去のこと覚えてるのいいですよね。お互い心に残る響いてるところいい。その次の相談回も面白い。もう柏木さんは普通にかぐやさんはどう思ってるんですかって聞かれてたり、石上会計の反応が面白かったりいい。唇に手をつけるところはもう早く付き合っちゃえばいいのに思っちゃいます。いいシーンです。{/netabare}

11話{netabare}かぐや様IT音痴すぎません?笑面白かったです。この回の後半から会長、かぐや様の好きが限界突破しそうになります。好きな人と早く会いたいですもんね。わかります。{/netabare}

12話{netabare}王道を行く恋愛展開!見せ方が綺麗で普通に感動してドキドキしました。タクシーの運転手になんで名前ついてるんだと思いましたけどこういうことだったんですね笑そして最後の会長のその時のテンションで痛いこと言い過ぎたと反省する回…爆笑です!{/netabare}

全体的に雰囲気は明るくてキャラクターも一人ひとり魅力的で不快なキャラクターが一人もいないです。
コメディー部分も面白く、恋愛部分は王道って感じがします。{netabare}普通はライバルキャラとか他に心移りそうになるところもありそうですがそれもない。それがいいんですけどね。{/netabare} 心理描写が多い作品でよりキャラクターの深いところまで知れて感情移入しやすかったです。基本1話完結なところも見やすいポイントだと思います。

2期があると嬉しいです。
あったら絶対に見ようと思います。

投稿 : 2019/10/05
閲覧 : 79
サンキュー:

11

ネタバレ

たんたんたぬき さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ネオラブコメ

自分自身はそれほどじゃない。いつもあにこれで評価の高い作品を1年のNO1として評価してるのだが、今回は鬼滅と2つ評価した。鬼滅の方は自分でも年度NO1に近かった。だがこっちはそうでもない。

天才達のって部分に違和感があったから。これ理屈っぽいんじゃんくて、屁理屈の駆け引きだよね?って見たから。こんな屁理屈ばかりこねくり回すって天才と言うより馬鹿なんじゃないか?と思えたから。良く考えるとこれタイトルで取りあえず目を引くか?程度の意味の気がしてきた。タイトルについて真面目に考えたことについて目を引くためだけのタイトルに騙された?ならたぶんそうかも…。

ただ強い刺激にはならないけど、屁理屈って笑えることが多い。笑えるって意味で面白かったと思う。途中まではこれ恋愛というよりただのコメディだよね?って見てた。

当時5等分とラブコメ対決と見られてたけど、私はこれラブコメ?って見てた。ラブ抜きコメディじゃないの?って。んでここで評価しようと思ったのは、私も面白かったからで、その面白さがコメディだけじゃなくなって、なるほどこの高い評価納得できる部分があると見たからになる。

これカグヤ様が多分可愛い。これ多分藤原書記の方が可愛い気がする。カグヤ様は藤原書記を超えていくような超絶美少女にアニメ絵でも見えない。どっちかと言えば書記ちゃんより地味じゃない?って見えていた。だが途中からああこのキャラデザでカグヤ様は合ってると思い出した。このキャラデザと内容が絡み合って初めて可愛く見える。

そうなってくると書記ちゃんの可愛さは所詮カグヤ様の引き立て役だと思えてくる。

何故この作品面白いんだろう?でラブコメじゃなくてコメディだからで安心していた私が再度これはガチラブコメだと思い直した。これほどすがすがしいラブコメは無い。良く男性はなんでもかんでもラブコメと言うがその半分以上はラブストーリーだと思う。ラブにはコメってつけないと気がすまないんだ。

だがこの作品はコメで見てたらラブがかなり強いじゃないか?と見えてきたため、これはもう純然たるラブコメだと言って良い。これが問題なんだ。深夜アニメになれていると分かると思うけど、ラブもラブコメもしこたまやりつくされた。もうラブコメと聞くだけでおなか一杯。

じゃ何故これ面白いの?コメディの部分が伏線的にラブに絡まってくるからストレートなラブコメとはかなり異なる。ほぼコメディなのに後から直球のラブをもってくるって形になる。その軸がああなんだ、あの屁理屈恋愛戦略論にあるんじゃないかと気がついた。ここが新しいんだ。

おおすごいじゃないか?そうとも言えないんだ。これ多分すぐ思いつく。カグヤ様ってのはありそうでなかったコロンブスの卵だと思う。

すごいって感じないのに、何故か意識じゃ分からないが面白いって結果の感情だけしっかりついてくる。その正体を探るとああこれ一応新しい形のラブコメなんだと分かる。

何かを上げて何かを下げるってあんまり褒められたものじゃないかもしれないが、評価ってのはとどのつまりそういうものだと思う。これに較べると5等分は古臭いね…。あっちの方がBD売れてるんだからBD売上は相変わらず奇妙なのと、こっちの方が儲かるシステムの方が正しい姿なんだろうなと。

実写で挽回できたかな?

投稿 : 2019/10/05
閲覧 : 55
サンキュー:

2

ネタバレ

まあ君 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ラストで逆転

実写版がそこそこヒットしてたようなので、アニメ版を観てみました。
序盤から中盤は、クスっと笑える場面は時々あるものの、あまり手応えを感じられませんでした。
ただ、ラストのタクシーの運ちゃん~トンネル抜けて花火は、ベタベタですが良かった。
これだけで見たかいがあったと思いました。
あと、赤いお目目がイイですね。

投稿 : 2019/10/02
閲覧 : 108
サンキュー:

3

ネタバレ

のんちくん さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

映画の話題で気になったので見てみたらよかった。

「天才たちの恋愛頭脳戦」というサブタイトルのとおり、それほど恋愛IQは高くない。OPの雰囲気通りの恋愛エピソードに、渋い声のナレーションが解説を加え、それっぽさを出している、と言えなくもない。

しかし、かぐやの第一印象がすごくかわいくて、白銀の人格もよくて、こんなやつらもいるんだなぁと心地いい展開。無理のないギャグ(ラブコメだろう)、笑いは十分取れているし、うっとおしいと感じる脇役も、それを1話以上引きずらない。次の回には、気分もリセットされている。これはすごい。

オムニバス形式ということで、無駄な話の引っ張りもなく、疲れないで見続けられるのもいい。

今、7話目だが、恋愛の諸事についてもともとネタが限られているのだろうか、中だるみっぽいところもある。まあ、この1シーンほしい、みたいな回もあったようだが、たぶん、もちなおしてくれるだろう。

明るい系ラブコメじゃないので、僕が初心者だからかもしれないが、これはもしかしたら新しいラブコメなのではないかと、ストーリーより絵のほうを褒めたいですね。令嬢いいですね。地味だけど、きっちり背景まで高級感がさりげないのが、すごくいい。



令和元年10月1日追記
すべて、見終わった。気づいたら、終わってた。ラブコメでなくなっていた。

「このすば」風の今回の勝ち負けは、何の勝ち負けなのか、結論づかないようなものもあったけれど、型としてはいいと思う。ナレーションの本編からの語り口調もよい、笑かしでは、決してない。作品本来の雰囲気(コメじゃない、むしろ青春やラブストーリーだろう)を維持させているのである。といっても、この歳では高校生に感情移入できるかというと、「かけひき」という点で客観的にならざるを得ないかと思いきや、四宮に感情移入しまくっていた。いや、応援していたのか・・・。


p。s。{netabare}
ところで、実写版の映画があるそうなのでみたいと思って調べたら評価が低かったんだけど、やはりアニメ比較なのかな? この作品が好きってのは、まちがいないんだけど。レンタル待とうかどうしよう。
{/netabare}

投稿 : 2019/10/01
閲覧 : 52
サンキュー:

8

オッチー さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

こんな生徒会だったら面白いだろうなあ

いかに相手に告白させるかを考える白銀会長と四宮副会長による青春ラブコメ(コメディ要素が半分以上だが)
この2人、すでにお互い恋に落ちているのにプライドが高いために自分から告白することに戸惑っているのである、2人の激しい駆け引きに、まるで「カイジ」を思い出させるようなナレーションが加わることでさらに面白さを増している、各キャラがしっかり立っていて、それぞれのキャラが生き生きとしているのがまた良い

OPとEDのギャップが凄い、OPの曲調は意外だったが頭に残る感じ、EDは劇中のイメージからかけ離れてはいるが純粋なラブソングである
また、3話だけ流れる特殊ED、これにも驚いた、あれだけ滑らかにアニメーションはなかなか見ないので作画の評価はここで通常よりやや加点気味

ラブコメではあるが、今までのアニメにはあまりないタイプのラブコメであり、ハマる人はかなりハマる作品であろう

投稿 : 2019/09/30
閲覧 : 51
サンキュー:

4

つきひちゃん さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

久しぶりに大ヒット

1クール作品
学校の人気者二人の武器用な恋愛のお話

駆け引きの展開の面白さとウブさが最高にカワイイ(*´ω`*)
すごくきれいにまとめた最終回もgoodでした

純粋に楽しめる作品です。

OPが鈴木雅之なところまでイカシテタ('ω')

投稿 : 2019/09/22
閲覧 : 58
サンキュー:

4

ROXY さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

久々にどハマりした名作である

ジャンルとしてはギャグコメディ色が強いように思う。テンポよく展開され、恋愛・青春を感じさせる。1度で2度美味しい作品。

主人公である白銀御行とヒロインである四宮かぐやの頭脳戦を描いている。くだらないことに大まじめ、そして緊迫したBGMがシュールさを演出している。

「恋愛=戦」がこの作品のキャッチフレーズであり、見所である。
これが他の作品では味わえない新鮮さと魅力だ。

かぐやさまかわいい。第三話のEDの藤原書記のダンスの中毒性が謎に高い。漫画の購入を決意。

投稿 : 2019/09/22
閲覧 : 63
サンキュー:

6

ネタバレ

Rottel さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

新感覚ラブコメ

「相手に告白させたら勝ち」
「自分から告白したら負け」
という、普通の視点からは離れた新感覚のラブコメアニメでした。

ギャグ要素が多めでしたが、感動する部分もたくさんありました。最終話でとても感動しました。{netabare} 花火を見に行きたくても行けないかぐや様を白銀会長が見つけ出すところも感動しましたが、僕が個人的に感動したのは、千葉の花火を見に行くためにアクアラインを通って千葉へ向かう時に、基本はいつも冷たい石上くんがタクシーの中で、「間に合えー!」と叫んでいたところです。 {/netabare}

OP,ED共に素晴らしかったです。また、作中のBGMも良い雰囲気を作っていたと思います。

投稿 : 2019/09/20
閲覧 : 46
サンキュー:

5

ネタバレ

鰺鱒 さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

この愛すべきポンコツども(頭は良い)め!

原作知らず。

多くの方にお勧めしたい作品です。
最初から最後まで楽しませていただきました。

「如何にして相手に告白させるか」という命題に対し、持てる知力体力財力を惜しみ無く投入する高校生男女の駆け引き(作中にいう「恋愛頭脳戦」)をネタにした、極めて良質なラブコメでした。甘酸っぱさと笑いのバランスが絶妙だったと思います。

主要人物の性格付けも、僕としては大変好ましい形でした。それらの絡みかたも申し分なしで、変なストレスを感じることなく観ることができました。

お話しの展開において、お馬鹿キャラの引っ掻き回しへの依存度合いって結構難しいと思うのですが、本作ではいい塩梅での引っ掻き回しだったと思います。本作では、強いて言うなら藤原書記がその役を担っていたと思います。彼女の引っ掻き回しは例外なく笑いに繋げられ、さらに、その後の甘酸っぱ展開へのリードとしている点が僕としてはとてもよかったです。個人的には、彼女が本作品のバランサーだったと思っています。とはいえ、藤原書記以外もみんなそこそこ以上にポンコツ(褒めてる)なので、全員がその役割を分担していましたね。

一方で、アジテーターとして欠くことのできないポジションをとったのが、ナレーションでした。この大御所をキャスティングできたことが本作の鍵だったのではないかと考えます。こういう、ナレーションで笑いを作れる方って千葉繁さんくらいしか思いつかないのですが({netabare}北斗の拳の次回予告は笑うものと認識している{/netabare})、ここに来てとんでもない大物を巻き込んだな、という感想です。また、ナレーションの使い方も大変よかったと思います。甘酸っぱいシーンではほとんどナレーション入らない、場面転換の頭にナレーション、など、これほど効果的に「場を作る」ことができるものなんだと感心しました。

11話の後半からやや暗く切ない展開となりましたが、その分、12話の生徒会役員どもはそれぞれの魅力が存分に弾けていたように思います。Jさんもグッジョブ。
単なる甘口展開で終わらせないまとめ方も心憎い。

OP/EDも、映像含めてとてもよかった。鈴木雅之なんて大物をよくぞ巻き込んでくれた。もちろん、チカダンスもよかった。

終わるのが惜しい。また来て欲しい。


「海外の反応」に関連して、ようつべのURLを一つ。
ttps://www.youtube.com/watch?v=tHytC1A5X84

投稿 : 2019/09/20
閲覧 : 142
サンキュー:

36

ネタバレ

ぺー さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

とっとと 御くっつきなさい

原作未読

原作はタイトルを知っていた程度。『惚れたら負け』をどう料理するのか興味がありまして。
いわゆる“惚れた者の弱み”とは、熱量のあるほうが気を揉んで焦る機会が多く往々にして上手くいかないことを指すと思うのですが、本作はそれが先鋭化していって、

・自分から誘うと「負け」
・自分から告白するともちろん「負け」

誘うと負けってww
ラブよりはギャグ色強めかと。どんなものでも先鋭化するとお笑い要素が出てきてその美味しいところを掬った感じです。
四宮かぐや(CV古賀葵)と白銀御行(CV古川慎)。両主人公のゴールは、『相手に告白させること』。前段として、『いかに相手に誘わせるか』に権謀術数張り巡らせるお話です。
{netabare}序盤こそは『天才たちの恋愛頭脳戦』でしたが、徐々に意地の張り合いになっていくのがなんとも微笑ましかったです。{/netabare}


2019年冬期で最も笑った作品でした。いいですね平和で (^^)


さっそくのOPは鈴木雅之feat.伊原六花。  ・・・出オチです。いきなりそう来たか!
組み合わせがバブル過ぎて、ハイここ笑うところですよ~の狙いかと思いきや、回を重ねるごとに病みつきになってく大人の味でした。このねっとり感は久々です。
{netabare}第4話。『渋谷で11時』 そう今から恋が始まるわけでもなく、土砂降りで会えずじまいというのもこの二人らしい。いつの日か二人でサボタージュできる日が来ると良いな~っておっさんしかわからん。{/netabare}
それに『ラブ・ストーリーは突然に』のあまりにも有名すぎるイントロギターのカッティングもろパクリだろっていう劇伴があったり、そんな古臭ささえも心地よく、去り往く平成に思いをはせてみました。


※こう見てました、の3つのポイント

■頭脳戦?ちゃうやろ
『天才たちの恋愛頭脳戦』の看板はちょっと違いますかね。天才を″ヘタレ”に置き換えるとしっくりきます。

{netabare}向こうが好意を持っているのを薄々感じているのに確証を得られないから動けないだけのことで、主人公二人を高スペックのヘタレと見て楽しんでました。
まじめにラブとして観てしまうと、「早くくっついちゃいなよ」か「はーめんどくせー」と思ってしまいます。「お可愛いこと・・・」ってかぐや様は一度たりとも言ったことない、というのがポイントです。やはりヘタレてるのであります。
ではイラッとくるかというとそうではない。白銀は筋を通すいい奴でかぐやは別の理由なんですが二人とも応援したくなるようなキャラなんですよね。{/netabare}

{netabare}むしろ時折登場する柏木さんと柏木さんの彼氏だけが普通にラブしてました。付き合いたて女子は成績落とし男子は上げるあるある。藤原書記の助言で『頑張って』最終話のエンドクレジットでは仲睦まじそう。絶対こいつら夏休みになんかあったな。カップルとしてはこちらがまともですしよっぽどストーリーになってます。{/netabare}


■テンポがいいよね
オムニバスになってもおかしくない一週につき3エピソードのサ○エさんスタイル。テンポの良さと合わせて物語としてきっちり進行していました。{netabare}ラーメン四天王ネタさえ回収する脚本の繋がりはお見事です。{/netabare}
1エピソード7分弱の計算になります。R-1で3分、M-1で4分、キングオブコントで5分の持ち時間。こうみると10分超えるネタ見せってないんですね。前の出番の組のネタを拾って繋げるリレー漫才を堪能するようなもんでした。


■狂言回しが優秀
脇役みんな優秀過ぎませんか?

藤原千花(CV小原好美) 石上優(鈴木崚汰) 早坂愛(花守ゆみり)の3名。 

空気の読みあい化かしあいの白銀VSかぐやが膠着状態に陥らないように波風立てるのは藤原書記と石上の両名。空気は読むものではない。作るもんだ藤原と壊すもんだ石上がいてくれてよかった。二人とも空気は全く読めません。
{netabare}弓道部からの胸の話で墓穴を掘りまくる石上に腹抱えて笑いました。{/netabare}


なんだかんだイチャコラを楽しむ作品になるのですが、ラブ ↓ コメ ↑ でテンポの良さと脇役たちの突っ込み突っ込まれが楽しい作品でした。

あと、かぐや様の声はしばらく茅野愛衣さんだと思ってました。




-----
2019.09.19追記


視聴時期:2019年1月~3月 リアタイ視聴


実写版公開。つきあいで鑑賞。
アニメを観るようになってから、実写とアニメの歴然たる差に気づくようになった。普段良いアニメ作品に私が触れてるということですね。



2019.04.14 初稿
2019.09.19 追記

投稿 : 2019/09/19
閲覧 : 415
サンキュー:

79

ネタバレ

※アニをた獣医学生◎ さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

恋愛対決! 告白しないのは訳がある! 漫画もよかよ!

原作既読。どこまでやるのでしょうかね?

白銀。御幸じゃなくて御行です。m(._.)m
{netabare}
夏休みとかの花火のところ?生徒会の終わり?文化祭?それとももっと先?

{/netabare}
二人の恋の行方はどうなることやら。漫画、面白いので先に見とくのもありかと。

オープニング、いいですね~♪鈴木雅之さん!
映像も音楽も最高!

作画すごいね。動く動く!3話エンディング。藤原書記のラップ。原画1000枚!?正気かよ!すげえ

原作読めば、何故ラップを覚えたかわかります。

1話。声優さん、とても良い。この感じ、次期に来そうな感じ。
懐かしい1話の感じ。勉強、努力一本の会長、白銀御幸に、全てをもつ副会長、四宮かぐや。
ポンコツっぽいがいろいろできる書記の藤原~♪
会計はまだですよ~♪

おかわいいこと!でた~♪
四宮、超まわりくどいがかわいい! 女の子。
カマトト!でた~♪ (数式使ってないだろ!)
カオス理論(笑) 藤原書記!

Aパート両者敗北。(引き分けではない。)

Bパート。
白銀、シャーペンを折る!おかわいいこと!
行くわけないでしょうが!この子脳に花でも沸いているんですか…って(笑)

せーんせーにいってやろー!(笑)
会長、手段選ばず。
藤原書記のおかげで敗北はかぐやさま。

Cパート。
会長のお弁当。会長は料理ができます。
(藤原さんに嫉妬しまくりなかぐやさま。)
でた~♪かぐやさま、嫉妬嫉妬嫉妬!
パルパルしてます。
素直にほしいっていえないかぐやさま、かわいい。
頭大丈夫って言い方(笑) 家畜、寄生虫(笑)

タコさんウインナー食べれたね。
今回はかぐやさま勝利。

はやさか~♪はーさかさ~ん!
(二人とも怖いんよ~♪)


まだこの頃は二人がどんどん攻める。

2話。安定して面白いと思います。原作の面白さを割りとテンポよく進んでいる感じです。
今さらですが、主人公は会長と副会長で、ヒロインは藤原さんです。一応。
Aパート。会長、スマホを買う。(はやさかだ)
ラインID聞きたい白銀。だが、自分から聞けない。
四宮家、働きすぎ問題。(会長、写真でつる作品)
四宮、会長大好きすぎ問題。出たぁ~♪
乙女の涙(インチキ)。スキルです。
こんなのに絶対記憶使うな!

四宮、ガラケーです。 今回、両方勝利?

Bパート。時間はあっという間にすぎる。身に染みる会長と副会長。山の旅行妄想にイシガミがいる…
(会長、星大好きなんだよね。)
海と山。どっちだ。水着かぐや!いい!
会長、カナヅチです。(だから、かぐや、みゆき大好きすぎだろ!)
藤原書記、おっぱい! 会長、おかわいいでた。

旅行保留。 本日、オジャン。


Cパート。恋愛相談。
出た~♪この二人。うざい系男子と、いちゃいちゃ大好き女子(権力塊女子、柏木さん)
会長、柏木さんの思考をよむ。(実際あってます)
実際好意を持ってる人が一人います。

壁ドン。四宮、ときめく!

恋の相談が逆になる。

そして好意を持ってなかった人と付き合うことになる

本日、白銀敗北。

四宮さん、いい突っ込みだ!

自分はこのナレーション好きです。
四宮の親戚に当たるこが失恋するのであった。


イシガミまだかなぁ。

3話。Aパート。エロ本?ではない。高校生してます。
割としてます。キスじゃないですよ?(⚪⚪⚪⚪)
誤魔化しの会長、「今は」 自信はあるという。
モンスター童貞白銀。

かぐやは勘違いしていた。エロの耐性がないかぐやは勘違いしていた。

初体験…キスじゃないです。箱入り娘、かぐやさん。
辱しめをうけたかぐやさんでした。
四宮、敗北。

Bパート。四宮かぐや。昔は人とのかかわり合いを避けていた。会長が変えたのだろう。
ラブコメ空間。今は二人きり。20の質問。
アキネーターですね。
質問7、好きなもの。俺じゃね?と思ってしまう。
罠だ…と思い込んでしまう。そう、ペスでした。
罠でした。

引き分け。

Cパート。四宮の道。歩きたいかぐやさま。歩いて登校がうきうきのかぐやさま。困ってる子はほっとけない人なのだ。(この子、あそびあそばせ…)
今雪男おったぞ!

時間がないかぐやさま。そんな時に現れるのが会長です。自転車二人のり。やったでおい。
このシーン、いいですわぁ~♪

これはかぐやさま勝利だね。


!?  藤原書記のラップ? ラップなのかな?定義がわからないけど、かわいいな!しゅきしゅき書記書記ドキドキだね!

4話。
Aパート。猫耳かぐや。これが後の会長を拗らせる。いや、もう拗れている。相性はマリアージュ!最高。
四宮にも効果抜群。マリアージュ!
会長大好きかぐやさま。メンチ切っている!
本日、藤原書記の負け。


Bパート。NGワードゲーム。チェケラ。
かぐやさま。喋らない!それはNO!NGワード。
白銀。本気。
四宮。好き。
藤原。チェケラ。

藤原書記。KYなのか。知ってた。うんうん、そういうとこがKYなんだよ。かぐやさんに嫌われるとこだよ。
だがどこまでが本当なのか…

本日。かぐやさまの勝ち。白銀負け。

Cパート。早坂登場。早坂、心底めんどくさそうだ!
買い出しの相談。早坂、電話を提示。
白銀パパ登場!(子安かよぉ!)
会長、風呂!早坂攻める! 会長、こういうとこ天然でかぐやさんをおとしにくる。

本日、かぐやの勝ち。だが、会長、雨でも待っていた。会長も勝ちだ!

Dパート。交流会。校長登場。
かぐやさま、フランス語ペラペラ。藤原書記も。
白銀、完全孤立。校長が与えた試練。
フランス校の副会長。めったうちにフランス語で否定
伝わらないから大丈夫。

だが、かぐやさまが怒りますよ。交流会で。
四宮、放送コード引っ掛かる言葉で罵倒。

会長は雰囲気で四宮が怒ってくれたことをわかっていた。そういうとこが好かれるんですね!

この回、漫画でもですが、アニメでも大好きです!

5話。会長のポンコツバレーボールで藤原書記奮闘回です。
Aパート。藤原書記。巨乳。衣替え。
ナレーション始まりでなくなった。
恋愛相談パート2。かぐやさんの方へ。
こなしたいかぐやさん。前にカップルになった二人。

会長の好きなところをあげていくかぐやさん。
目付きが悪いとこが好きなのは、それが努力の証だからなんだよね。
藤原書記、乱入。ラブ探偵ちか。
IQが3になるぞ! 因みに二人は愛が重いぞい!
嫉妬心がある二人。藤原書記、結構的確。
書記の洗脳始まった。的確だ。ラブ探偵。
会長も募金活動に協力する。そんな彼が好きになった四宮さん。恋する乙女の顔です。
四宮の親戚さん、また泣いてる…

かぐやさん、敗北。

Bパート。出たー!バレーボール!出来なさすぎる!
運動音痴、白銀御行。身体能力があるのだが、センスが無さすぎる!それが音楽にも出るんだよね…
…藤原書記の絶望が始まる…あーあ。藤原書記。そんなことをいうんじゃなかったって後悔するよ。
しちゃったよ。イップスを舐めてる会長です。
鬼軍曹。藤原書記。
クリーチャーって…
超うまくなったな。サーブ。サーブだけね…

トスとレシーブ。これは藤原書記が育てました。
泣いてる。泣いていいよ。地獄はこれから…


彼が今までできなかったことをできるようにするのが魅力の一つなのですけどね。

会長、藤原書記の勝利。

この回好き。

Cパート。本日は雨。かぐやさまは差されたい。
誘拐…藤原書記、なんかあったんだろうな…

相合傘シーズンの梅雨。
会長、人気だものね。同級生にも歳下にも。

二人とも、傘を忘れたふり。嘘暴きが始まる。
お前らは何と戦っているんだ…ホラー回ですか?
ホラーですか?何と戦ってるんだ!

かっぐっやさん!どんだけ準備してるんだ!

藤原書記の助け船のお陰で無事に相合傘。
今はこれが精一杯の二人。

引き分け(はんぶんこ)。

次回から石上かな?希望の星。

6話。皆大好き石上優だぞ!
Aパート。石上登場。会計です。彼は藤原書記特効属性だ。そんな彼が生徒会を辞めたいとな!
やめたい理由。四宮に殺される?目がそう言っているらしいぞ!?殺意の目…
それは四宮が張り巡らせたコーヒーの無料クーポン券をとってしまったのだ!
会長について、直球に聞いてしまった…そして半殺しに…藤原書記は本当にそういう目で見られているので石上の目はさすがです。
演技うまいな!四宮パイセンと藤原書記。
かぐやさん、こえーよ!

石上負け。いじめるな!やめてやれ!
怖いからやめたいけど、怖くてやめられない…


Bパート。心理テスト。会長は子供が9人欲しい。
多いな。石上くんもいるぞい。四宮、予習済み!
藤原書記の考えも想定済み。
石上くん、ネガティブすぎるぜ!かぐやさん、ムシケラって…
今回の会長は勘が良い。
石上、早退! 
ここで想定外。ネットからの問題。(ここの花束のところ、3dっぽかったな。3dでぬるっと動いた。)
花の持って帰る量は愛の大きさ。

白銀の負け。ナレーションざっつ(笑)吐き捨てるようにいったね(笑)


Cパート。早坂、ギャルモード!かわいいぞい。こういう使い分けが良いですね。
かぐやさんにおしゃれをさせる早坂さん。会長にかわいいと思われたいかぐやさん。
藤原書記、勘が良い。
(会長、気づいてないふりしてます。)
どこまでがセクハラかがわからない会長。

石上、リンスを変えたのを藤原書記に伝えたところ、キモいとドン引きされる。これはまあ、しゃあない。
直に石上が本領を発揮するさ。

会長、伝えるのが恥ずかしいけど、伝えようとしました!

最後、ナレーションに何があった!?石上!

7話。
Aパート。バイトしようぜ!な!手を繋ぎたいなら、バイトしようぜ!
そんな中、ラブ探偵チカ登場。
頑張る…そう、それ以外ないのだ!さすがラブ探偵。
猛省しなさい。(バイトしたい白銀でした。)

白銀のまけ。 まきちゃんを救ってあげて!

Bパート。石上登場。部活に悲観的な石上会計。
ピラミッド。ヒエラルキー。家柄と部活。
青春ヘイト石上。リア充のカップル税ですね(笑)
石上…お前…いい奴だな…
でた!TG部! そして石上…四宮と藤原書記にセクハラを聞かれていた…石上、死ぬなよ…
会長。部活に入る時間なし。

会長の勝ち。

Cパート。藤原書記、かわいい。
氷のかぐや姫か。馴れ初めも聞きたい。藤原書記を大事にしなきゃね…
かぐやさん、下ネタに弱い。特に他愛もない下ネタ。
チ⚪チ⚪いうな、藤原書記。
かぐやさん、かわいい。藤原書記…いじわる~♪

会長にチ⚪チ⚪を言わせてはいけない。
かぐやさん、すごい頭のフル回転だ!

痴女扱い…石上くん、鼻血!
ついてるわけねーだろ!いい加減にしろ(笑)

8話。
Aパート。家族愛に飢えたかぐやさん(後に重要。)
白銀圭。通称けいちゃん。会長の妹。
こんにち殺法。こんにち殺法返し!
アイキュー3になる。

会長が秀知院vipと話しているとき(本当にヤバイ人たち、2期に繋がるかもね。)けいちゃんが登場。
かぐやさんはけいちゃんと仲良くなろうとするが、ああ、案の定藤原書記。またごみを見るような目。
しかしすぐ仲直り。
けいちゃんからみてもかぐやさんは大好きな存在になりそうな様子です♪

圭ちゃん敗北。好みは似ている。ちなみにブラコンだったはず。ブラコンではないかも。

Bパート。期末テスト。会長の負けられない戦い。10徹中。会長がかぐやさんと張り合うには勉学しかない。その積み上げた努力をなくさないため負けられない。常に本気なのだ。石上、勉強あまりしたくない。藤原書記、振り回される。

テスト。会長の勝利。


Cパート。かぐやさん視点の期末テスト。彼女は自分のテストと同時進行で石上会計の赤点回避のために行動する。そこで石上の過去。彼は周りの人に何故か嫌われている。中等部のころに何かをしたのだと。

噂をされる。しかし、かぐやさんは自分の目で見て、自分が関係を持てると判断したと、周りの噂など気にしない人なのだ。そういうところが、会長が好きになったかぐやさんの一面であるのだろう。厳しくも決して見捨てない。それが四宮かぐや。
そういうかぐやさんはかっこいいし、かわいい。

会長の敗北。


本日はかぐやさんがおかわいいことでした!

9話。
Aパート。雷。藤原書記、大きな音が苦手。
普通とは?不通とは? 
かぐやさん、会長を家に送りたい。車デートしたい。
会長を送るため、かぐやさん、策を巡らす。
藤原書記が邪魔しないようにつれていったかぐやさんです。バイトがある会長、どうするか。
そんな時、電車復旧。かぐやさん、バッテリー切れ電池を使用。ドライヤーまで使って…

会長、自転車で帰ります…かぐやさん、天罰…
本日、かぐやさん、負けかな。風邪を引く。

弱ったかぐやさん、かわいすぎか!
お見舞い編、はっじまるよ~♪

Bパート。かぐやさんへのプリント届け。
甘えん坊かぐやさん、そのために会長、お見舞いへ。
(石上くん、行きたくないんだな…)

神経衰弱。(さあ、今回から藤原書記のひきょーものの考えが始まります。)
石上くんの罵倒が出たあああああ!
藤原書記…これが藤原書記なんや。
IQ3ですな。会長、自分のせいで風邪を引いたかぐやさんのため、本気出す。

藤原書記、この考えは頭いいですが、セコい…
石上くんがいきいきいてるぅ~♪

藤原書記「死にたいので帰ります」
石上「死なないでくださぁいねぇ~⤴」

演技ノリノリ。藤原書記の負け。

Cパート。本日の勝敗、不成立。決まり。駆け引きはない。ないのだ。
ハーサカでたぁ~♪

かぐやさん、かわいいわぁ~♪花火探してる…
(花火、これ鍵です。花火大事。)
かぐやさん、理性が外れた状態。本能のアホ。
ハーサカさん、楽しそうだな。
3時間…なんにもしてはいけないyo!
防音だけどダメだyo!

駆け引きはなし。かぐやさんの本心。彼女が抱えてるもの。会長とどう接するか…

一緒に寝よう!?  いーけ!いーけ!

会長、寝不足のため、熟睡…
会長、ファイトだ!

1期ラストらへんの会長、かっこいいと思うな!

のってきた石上、いいねぇ~♪

10話。
Aパート。かぐやさん、おこ。遺恨は残るかぐやさん。
何かされてないならないでむかっとする。
喧嘩です。ケーキで喧嘩。ケーキの譲合いで(笑)
1時間。石上、自責。藤原書記がいない。
なんだ、夫婦喧嘩か。かぐやさん、ショートケーキ好きだったことを覚えてくれていたこと嬉しそう。
会長、かぐやさんの優しさにデレデレ。
あーん攻撃!
藤原書記、割り込み。
二人とも負け。

Bパート。
恋愛相談。かぐやさん、仲直りするため柏木さんに。
石上くんは会長に。こっちは石上くん、荒れる。
柏木さん、正論。石上くん、ボロクソいう。
エンジンかかるの早い。かぐやさんにばれたら…
楽しそうに話すなぁ(笑) 
会長、自分に関して悲観的だなぁ…「ね、ね、ね」

やめとけ、石上、死ぬぞ。
柏木さん、かぐやさんの核心をつく。なんだかんだ石上くんも冷静ならいい判断。ほとぼり覚めるのもね。

それでも会長は言うんですね~♪
ひゃ~♪あまーい!
あらあああああああ!かぐやさ~ん♪
間接しないのね~♪ おかわいい!

Cパート。
夏休みに入ります。生徒会で何かしたい。というか会長とかぐやさん、期待している。
藤原書記、ハワイに行く、勝手に(笑)
かぐやさん、藤原書記を諦めている。
藤原書記をコントロールなどできない(笑)

ここで石上くんがどこかに行きたいという。心から。
花火。お祭りに。石上くん、藤原書記をのけ者にすることをためらいなし!(藤原書記かわいい。)

石上くん、正しい。会長とかぐやさんの御墨付き!

最近実写という言葉を聞いたような気がし…

ゲフンゲフン。アニメはいいなぁ~♪

11話。
Aパート。会長、夏休みにすることがない!
ツイッター。早坂のクツロギタイム、かわいい。
大変なお仕事だけど、なんだかんだ付き合ってくれる早坂さんです、いい子だよ…
39、44、47度。お風呂。47は熱い!

勝者なし。

Bパート。
藤原姉妹のグルメ話。ちかっちのグルメは結構通なのです。エグいもの食いよる。
バリカタ食うんだ。すごいな。
後に文化祭に来るおじさんである。解説おじさん。
食べてる姿は超かわいい。いっぱい食べる君が好き~

腹が減るなぁ~♪ガッツリ食べる書記はかわいい。
若さゆえか…おっさんになるのは仕方ない!

藤原書記の勝利。薄い本が厚くなるな!(適当)

Cパート。
会長とかぐやさん、御互いに誘えずに遊べない日々。
(自分からするのは、勇気がいる会長とかぐやさん。)
煽る煽る、煽る早坂。
圭ちゃんかわいい。おにぃ呼び、いいよね~♪

取り敢えず行動する二人。学校へ足を運ぶ。生徒会室へ。だがすれ違う。
誘っちゃいなよ~…

勝者なし。

cパート。かぐやさんの家事情。

早坂さんが激おこです。くたばれくそじじいですよ。
かぐやさんを小さい頃からみていたのでしょう。
そして父親から愛を受けていないことも知っている。

早坂さんはいつか、誰かが救ってくれると信じているのかもしれません。

かぐやさん、会長を信じて!


今回は甘さが足りない!次回への伏線か?最終回じゃああああ!


最終話。花火大会。かぐや父、あかんでぇ。
ゆるせへん。

早坂の下準備&かぐやさんの行動力。

そしてなんといっても、会長の行動力。イケメンはな、自転車でもカッコいいんだぜ。
なんといっても、かぐやさんのために動く会長はイケメンなんだぜ。見ろよ。好きな人のために動く会長。

ほぃ~♪イケメン登場。
タクシーから見る生徒会メンバーでの花火。

この行動力はイケメン。タクシーうんちゃんもいい。

ここから見る花火大会の景色は、かぐやさんにとって忘れられないものです。

そう。彼女がみていたのは彼の横顔。好きな人の横顔なのでした。一生懸命、自分のために動いてくれた会長の横顔。


cパート。会長の黒歴史になるキザな言葉。
ふぅ↑

楽しかった。2期くるんじゃないかな?


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
しゃべるしゃべる。いいっすな~♪

書くことが多いというか筆がのりますね!

おかわいいことはノルマ。

こっちも好きですが、個人的には5等分にもう少し頑張ってほしいです。こっちも大好きですが。


以下は漫画です。語りたいので。


原作ネタバレ注意。主に文化祭。

{netabare} 文化祭。
白銀御行。会長が自分から告白できない訳。それは四宮かぐやという人物は全てを持っている。自分とは違い、勉学、地位、家柄全てを備えた人物。そんな人に見てもらうには努力するしかなかった。勉学を一位になれば意識してもらえると思った。自分には告白するだけの資格があるのだろうか…ならば好きになってもらうしかない。自分が好きでも折れるわけにはいかなかった。

四宮かぐや。副会長。彼女が告白できない理由。それは恐いからだ。もし会長が自分のことを、恋人としての好きではなかったら?告白したら今までのような関係には戻れない。でも、会長が告白してくれれば、絶対に成功する。だって、四宮かぐやは会長、白銀御幸のことが好きだから。好きになってしまったから。それなら自分からではなく、告白してもらう方が…



交錯しながら文化祭最後。会長はある作戦に出る。
漫画を読もう。⬇は結果。
{netabare} 作戦は成功し、会長の想い、かぐやの想いは互いに伝わり、会長は自分についてこいと、これが四宮かぐやの運命を変えるのだろう…
一緒に大学へいくんだろう!

かぐやさんの幸せそうな顔は涙出ました。
{/netabare}

石上くんは?
{netabare} つばめ先輩と噛み合わず、3月までに返事が来る…いい方向です! そんななか、石上くんが落とし物を イイノミコに届ける。それはハート型。そしてキャンプファイアーを喜ぶ皆の顔。そんな彼女は恋する乙女の顔をしていた。{/netabare}


⬇ 14巻ネタバレ。考察。
{netabare}

遂に告白が終わり、かぐやさんはすっかりアホの子でキスやらなんやらでやらかしまくる。


ただ、そこには問題があった。
かぐやさんには氷の人格、会長に出会った頃、出会うまえの彼女がいた。
当然、彼女も会長のことを好きになり、現に今も好きでキスはしてほしかった、そのため、彼女のファーストキスは、会長からしてもらうということなのだろう。自分からではなく、会長から。

もしかしたら、かぐやさんは、会長に出会って、氷の人格が溶けていったということではないかもしれない。溶けていったのだとしたら、どの段階でということになる。中途半端な感じは、かぐやさんからして考えられにくい。

だとしたら、多重人格に近いかもしれない。父親から強制されたこともあっただろう。そういうこと含めて、会長に好かれる人格、会長を好きになりやすい人格というものを作ってしまったのかもしれない。

だとしたら、氷のかぐやさんは、どこかで一度眠ったのだろうか?14巻のように、何かがきっかけで入れ替わったのかもしれない。
氷のかぐやさんは、もう一度、会長に向き合うのではないのかな?だって、会長のことが好きだから。誰より好きで、かぐやさんのなかで、一番早く好きになって、変わるきっかけをくれたのだから。

{/netabare}



{/netabare}


漫画のことばっかすみません。
自分なりに、かぐやさんのことも上に考察してみました。


15巻。

{netabare}
会長が抱えるもの。それは弱い自分を見せない。勉強ができないという理由で母親は離れていった。
それだけなら彼も今みたいにならなかった。

恋をした。でもその相手を意識させるのに、今の自分ではどうしようもなかった。できない自分はいらない。そんな自分は必要とされない。自身の否定からうまれたのが、今の頑張ってかっこよく見せてる会長。
虚勢をはっている会長。

氷のかぐやさんが抱えるもの。彼女は英才教育から大抵のもの、ほぼすべてできる。だからできないこ、進歩が遅いこが真面目に取り組んでいないように見えた。だって自分はできるから。なんでできないか理解できないから。そういう風に教育されたから。
心の優しい彼女は人を傷つけまいと人を避けた。辛く当たって一人になった。そのままでよかった。
でも、彼女も恋をしてしまった。自分よりできる会長に。頑張っている会長に。そして、その頑張りを隠そうと必死に努力する会長に。

お互いすれ違うことは多かった。二人の恋の望む形はいわば逆だ。隠すこととさらけ出すこと。

でも、お互い頑固だからやめろといってもやめない。
ただ、少し疲れたときは、二人で休もう。虚勢を張ることをやめたり、無理にさらけ出すのもやめて、二人で座って休む。

そうして、今度はかぐやさんが望んだように、普通のロマンチックな恋のように、会長は静かに短くかぐやさんにキスをするのだった。

そう、これは不器用な恋のお話。頑張りすぎる会長と完璧を強いられた副会長。そんな二人が少しずつ歩み寄る恋のお話。

会長の過去、そしてあり方に涙です。かぐやさんも辛かったな。自分を受け入れてくれる、向き合ってくれる存在に出会えたんだな。嬉しかったです。

{/netabare}

15巻、涙出ました。いい話です。


16巻。メインは石上くんっぽい感じ。

{netabare}

かぐやさんと会長はいい感じの距離で安定してました。ラブラブです。

メインは石上くん。彼が想いを寄せるツバメ先輩。良い恋愛に巡り合わず、かつ、もうすぐ卒業で大学へ行く。だから石上くんの想いを受け止めきれるか?受け止める必要があるかと葛藤する。石上くんの想いの強さで周りをかまわしてしまう。

イイノさんも自身の感情に気づくのか?

石上くんの一途さと、空回りしてしまったり、自己嫌悪をしてしまうところに切なくなりつつ応援してしまう。


どうなるんでしょうね♪



{/netabare}


今回も良かった。

投稿 : 2019/09/19
閲覧 : 288
サンキュー:

19

次の30件を表示

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~のストーリー・あらすじ

家柄も人柄も良し!!将来を期待された秀才が集う秀知院学園!!その生徒会で出会った、副会長・四宮かぐやと会長・白銀御行は互いに惹かれているはずだが…何もないまま半年が経過!!プライドが高く素直になれない2人は、面倒臭いことに、”如何に相手に告白させるか”ばかりを考えるようになってしまった!? 恋愛は成就するまでが楽しい!!新感覚”頭脳戦”ラブコメ、開戦!!(TVアニメ動画『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2019年冬アニメ
制作会社
A-1 Pictures
公式サイト
kaguya.love
主題歌
【OP】鈴木雅之「ラブ・ドラマティック feat. 伊原六花」【ED】halca「センチメンタルクライシス」

声優・キャラクター

古賀葵、古川慎、小原好美、鈴木崚汰、花守ゆみり、青山穣

スタッフ

原作:赤坂アカ(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)
監督:畠山守、シリーズ構成:中西やすひろ、キャラクターデザイン:八尋裕子、総作画監督:八尋裕子/矢向宏志/針場裕子、プロップデザイン:木藤貴之、美術監督:若林里紗、色彩設計:ホカリカナコ、撮影監督:岡﨑正春、編集:松原理恵、音楽:羽岡佳、音響監督:明田川仁、音響制作:マジックカプセル

このアニメの類似作品

この頃(2019年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ