「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~(TVアニメ動画)」

総合得点
71.0
感想・評価
486
棚に入れた
1754
ランキング
610
★★★★☆ 4.0 (486)
物語
3.9
作画
3.9
声優
4.0
音楽
3.9
キャラ
4.1
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ピエロ

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

大型新人鈴木雅之と書記のチカがヤバすぎる件について

見終わってからだいぶ時間が経ったのですが今更感想書きます笑
まず原作勢も納得する出来の良さ、アニメ化の超成功例のお手本のようなアニメでしたね笑
作画も安定していて、演出等もかなりのものでした!
またOPがあの超大型新人鈴木雅之さんということで色々とビックリです笑
OP聞いてなんか聞いたことある声だな〜と思ったら、、笑
これはナイスな人選だと思います笑
またこのアニメ特有の演出といえばナレーション!
あれも要所要所で良い感じにハマっててよかったですね〜
あとはやっぱり書記のチカ!!!
可愛すぎだろわろたってなりましたよ笑
ストーリー面も花火大会辺りは良かったし、そのほかの各話でもとにかく面白く飽きることがありませんでした!
今期1番安定感がありましたね!
何はともあれ鈴木雅之さん、書記のチカがヤバすぎた。
ラブドラマティック聞いて、チカっとチカ千花聞いて寝ます。

投稿 : 2019/04/21
閲覧 : 12
サンキュー:

3

Maskwell

★★★☆☆ 2.7
物語 : 3.5 作画 : 2.5 声優 : 2.5 音楽 : 2.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

愛とは愛されたいと願うこと

好きになって欲しいと思ったときには好きになっているものである。
ギャグの中にも、きっちりと青春している姿が描かれている作品だった。

終わり方もそれなりに良くて、だらだらと時間つぶしには良い作品。
かなり特殊な要素が多い割には、万人受けするアニメだと思う。

投稿 : 2019/04/20
閲覧 : 13
サンキュー:

1

ネタバレ

うにおいくら

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

全き期待していなかった

 正直言って全く見る気はなかったが、1話目を見て「ふふん。そこそこ面白いな。次も見ようか」と思い2話目突入。
「結構面白いな」
と速攻でオジサンはこのアニメにハマってしまった。陥落。

 ストーリーは高校生の男女の恋の駆け引き。
原作は赤坂アカによる日本の漫画作品。現在はヤングジャンプに掲載中。

内容的にはどっかで見た内容のような気もしないではないが、それが気にならないほど話の流れが面白い。多少強引ではあっても面白いから許せる。

オジサンでも十分楽しめるアニメだと言える。


四宮かぐや役の古賀葵、白銀 御行役の古川慎、ヒロインを食ってしまった感もある藤原千花役の小原好美。この主役級三人をオジサンは全く知りませんでした。

 ただ古賀葵は「ゾンビランドサガ」で暴走族のおねーちゃん役で登場していたのは知っていたが、その時はそれほど気に留めていなかった。
佐賀弁で口汚く喚き散らしていたが、今度は打って変わって正真正銘のお嬢様役。もちろん佐賀弁で喚くことはない。

 刀剣乱舞が大好きな腐女子の我が娘は古川慎を知っていた。大倶利伽羅という役だとちゃんと知っていた。

 ナレーションの青山穣。白銀の父親役 子安武人。
四宮かぐやのメイド役に花守ゆみりと脇を固めている声優の方が有名だったりするのは、よくある新人プッシュのコンボか?と思わなくもないが、そんな事はどうでも良い。


「天才たちの恋愛頭脳戦」と謳ってはいるが後半はどう見えても単なる「ツンデレ物語」のような気がするが、それはそれで面白いのでオジサンには全く問題ではない。


ラストの花火シーンは珍しく話を引っ張るが、オチはそれなりに良い話でオジサンでも安心して見られた。

老若男女にお勧めの一品。

 ちなみに市ノ瀬加那は「ダーリン・イン・ザ・フランキス」「色づく世界の明日から」に引き続き好きな男を知り合いに取られる役回りを演じている。どうでも良い話なんだけど……気になって仕方ない。
これからもこういった役を延々と演じてもらいたいと心の隅で期待している。

投稿 : 2019/04/20
閲覧 : 7
サンキュー:

2

オパビニア

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

予想を上回ってよかった

藤原書記が可愛い、可愛すぎる。個人的にその一点でこのアニメを見ることに決めました。
生徒会室という狭い空間で8割方の物語が展開していきますがその中でも上手く飽きがこないように構成していて最後まで楽しく見れました。日常と恋愛とギャグの配合がちょうど良かった点も評価できます。
特に前半と後半、そして最後の2話それぞれにおける主人公の心情変化の描写はとても興味深い点でそこに見所があるのでは…?
これで実写の代わりに藤原千花が主人公のスピンオフをやってくれれば一生ファンになります。
とりま原作にも手を出したい…オススメのアニメです!!!!!!

投稿 : 2019/04/20
閲覧 : 47
サンキュー:

11

ぼーち

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

お可愛らしい初恋ラブコメ

主人公は生徒会副会長の高校生の女の子かぐや様。
かぐや姫の様に見目麗しい彼女が、いつのまにか気になりだしたのがもう一人の主人公の生徒会長です。

物語は、2人がそれぞれ明晰な頭脳を使い、いかに相手に自分を誘わせるか、好きと言わせるかを策略を立てるうちに、それぞれがお互いを想いあって行く様が描かれた初恋の話です。

それがとてももどかしくて、相手に言わせたいが為に素直になれなくてコメディ感のあるすれ違いに発展したり、予想外に仲が深まったり、見ているこっちがドキドキしてしまいます。

個人的な見所は、5話の相合傘のお話がとてもよかったので、これからご覧になる方にはこのお話をお勧めしたいです。(きゅんきゅんしすぎてのたうち回りました

作画ですが、特にかぐや様の表情の描き方が繊細で1話と12話では全然違う表情をしています。
恋してる顔最高だyo!

最近ドキドキが足りてない(ドキドキを知らないでもok)や、笑って気軽に楽しめる恋愛モノが観たいという方に気軽に見始めて貰いたい作品です。

投稿 : 2019/04/18
閲覧 : 23
サンキュー:

4

明日は明日の風

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

恋愛頭脳戦? これは単にラブコメである(優良)

原作未読。続きが気になるので読んでみたいと思う。

OPにリーダーを使ってしまうという、マジかよ!な始まり方にまずは驚きです。鈴木雅之といえば、自分世代にはラブソングの帝王みたいな感じですが、まさか深夜アニメのOPにねぇ…

生徒会副会長で超×10なお嬢様の四宮かぐやと、生徒会長で実力で上り詰めた天才努力家の白銀御行の、くっつくのかどうか毎度やきもきしてしまうストーリーを軸に、書記の藤原、会計の石上などが加わってドタバタな話に展開するという、ギャグも満載な作品でした。個人的にはとても気に入った作品でした。とにかく2人の大好き度が伝わるのがとても良いし、簡単には進まないもどかしさというか、それでいてさらに好き度が深まっていくようなところもまた良いです。

かぐや様、お気に入りのヒロインです。なんだか藤原書記が人気あるみたいですが、やっぱりメインヒロインがヒロインしていないと作品が成り立ちません。お嬢様系の気品が良いと思わせて、世間知らずなところ、ドジな面、ツンとしたり照れたり、毎回表情がコロコロ変わるのがなんとも可愛らしいです。

3話のEDが話題になりましたが、確かに動くわ動くわで驚きでした。よく調べてみたら担当した人は京アニ出身だったんですね。納得です。

続きは絶対にあるでしょう。楽しみに待ちたいと思います。

投稿 : 2019/04/18
閲覧 : 46
サンキュー:

22

tachikoma

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

よ~い、よ~い、ドーンだ YO!
ぜひ2期やってほしい

投稿 : 2019/04/17
閲覧 : 20
サンキュー:

1

月火ちゃん

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ラブコメの頂点

これぞラブコメって作品。ギャグ成分が多めなので終始笑いながら観ることが出来るし、その中にカッコいい所や感動するシーンが混じっているから余計に引き込まれてしまう。頭脳戦でお互いに駆け引きをしてる所も他のラブコメ作品には無い魅力。今、1番推したいアニメの1つです。

投稿 : 2019/04/17
閲覧 : 29
サンキュー:

2

猫耳サイクロップス

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

お可愛いこと

ジャンル:学園ラブコメ

登場人物全員面白かった。

総評:
「かなり面白かった」

投稿 : 2019/04/16
閲覧 : 56
サンキュー:

3

ネタバレ

もも

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

恋愛

天才たちの恋愛、面倒くさい!だが、面白い。

投稿 : 2019/04/16
閲覧 : 20
サンキュー:

3

ネタバレ

STONE

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

とりあえずの簡単な感想

 原作は未読。
 それなりにネタに毒があったり、シモネタもあったが、最後まで上品だった印象の作品。
 「天才たちの恋愛頭脳戦」と謳っているが、四宮 かぐやにしろ、白銀 御行にしろ所詮は
恋愛未経験者による机上の空論に過ぎず、共に恋愛に関しては見事なポンコツ振りを発揮
しているのがおかしく、可愛らしい。

 むしろ頭脳を駆使している感が強かったのは作者の方で、主要キャラである生徒会の面々や
早坂 愛は決して性格が良いとは言えず、その行動や思考など一歩間違えれば視聴者に不快感を
与えかねないところを絶妙なバランスで面白く、かつ愛らしいキャラに仕立て上げているように
思えた。
 このバランスという点ではコメディとシリアス、映像の動と静などもバランスの良さを感じる。

 EDのかぐやの夢オチに終わる「天使かぐやの逃走劇」とでも言うような映像だが、最初は単なる
イメージ画像かと思っていたら、終盤においてかぐやの家庭環境が判ると、かぐやの願望としての
夢という至極納得のいくものだった。
 このかぐやの家庭環境問題が唯一の重苦しい要素といった感じで、コメディに鬱要素を
持ち込むのを嫌う人がいるが、この辺は好き嫌いが別れそうな印象。
 いいとこのお嬢様ゆえの自由を謳歌できない悲劇という点で、本作放映時期に最終3話が配信
された「ハイスコアガール」の大野 晶に通じるような。まあ、定番と言えば定番設定なんだけど。

2019/04/15

投稿 : 2019/04/15
閲覧 : 18
サンキュー:

3

ストックトン

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

今期のアニメの中でも1番笑った作品だった。
2人の意地を張り合った駆け引きや裏での努力や
根回しっぷりが面白い。
最後はジーンときちゃったけど。
でも1番頭がキレるのは藤原書記なんじゃ
ないかと思う。

投稿 : 2019/04/15
閲覧 : 13
サンキュー:

2

ネタバレ

すがさ

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

天才(おバカ)たちの恋愛頭脳戦(茶番劇)

正直、最初は寒いラブコメだと感じてたんだけど、書記ちゃん可愛いな~って思いながら観ていくうちにハマっていった。

具体的には、{netabare}3話・チカ千花EDからの、4話・「NGワードゲーム」回{/netabare}が決定打だったかなあ。

この作品はギャグ色が強いから忘れてたけど、ラブコメの"笑い"って基本的には、
"smile"に寄った"laugh"だったなって。
好きでないところからはひとまず目を背けて、好きだと感じた部分を軸として受け入れ範囲を拡げていくのが、私流のラブコメの楽しみ方だった。

石上会計がその代表例で、
{netabare}登場回である6話に、私のお気に入りキャラであるチカの「きぃもーっ!あははw」を引き出したファインプレーで好感を抱き、
キャラクターが馴染んできた頃の9話で反撃「でも死なないでくださいねぇ↑」が爽快だった。{/netabare}

で、この作品にハマるのが遅れた原因なんだけど、私、実はかぐやさんが最初からそんなに好きじゃなくて、そのことを意識しすぎてしまったせいかも。
白銀会長は普通にイケメンだと思えるのに、なんでだろ?


…よし、最終話の話をしよう!
最終話は、{netabare}他の話とはかなりテイストが違っていたから、途中までなんだこれって思っちゃったけど、
《その横顔から、目が離せない。》というモノローグでは興奮した。良い最終回だった。

{netabare}…と、なりそうなところを、後半ギャグで上塗りしたのはこのアニメらしいなってw{/netabare}{/netabare}


全体を通して、製作陣の力の入れようが見て取れたし、本当に秀逸なアニメだと思う。
こんな作品が増えるといいな。

投稿 : 2019/04/15
閲覧 : 189
サンキュー:

39

ネタバレ

ごー

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

記録

とても面白かった。若者でピュアな二人の拗れた駆け引きに笑いを誘うナレーション、笑いありキュンありの名作だった。
今から友達におススメしてきます。

投稿 : 2019/04/14
閲覧 : 18
サンキュー:

3

ネタバレ

scandalsho

★★★★★ 4.9
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

キャラ設定のしっかりとしたラブコメの秀作

原作未読。最終話まで視聴。

主人公2人は言うまでもなく、周囲の登場人物もキャラ設定がしっかりしていてとても面白かった。
味のあるナレーションも魅力です。

ショートストーリーが続く構成も、テンポの良さを生んでいて高評価です。

【天才たちの恋愛頭脳戦?】
{netabare}確かに序盤は、『いかに相手に告白させるか』という頭脳バトルが展開されていた気がするんだけど・・・。
途中から単なるツンデレというか、頭脳バトルとは違う展開になっている気がする(笑)。

だけど、この変化も含めて、コメディ色の強いラブコメとなっています。{/netabare}

第2期を期待して待ちたいと思います。

投稿 : 2019/04/14
閲覧 : 75
サンキュー:

35

dvmsi35301

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

先に告ったら負けと思ってる二人の恋愛頭脳戦

面白かったです。
ラブコメとしてだけではなく、ちゃんとコメディとして面白い。
内容自体も良いんですけど、そこに音楽と演出がピタッと嵌まってました。

投稿 : 2019/04/14
閲覧 : 22
サンキュー:

5

ネタバレ

ぺー

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

とっととくっつきなさい

原作未読

原作はタイトルを知っていた程度。『惚れたら負け』をどう料理するのか興味がありまして。
いわゆる“惚れた者の弱み”とは、熱量のあるほうが気を揉んで焦る機会が多く往々にして上手くいかないことを指すと思うのですが、本作はそれが先鋭化していって、

・自分から誘うと「負け」
・自分から告白するともちろん「負け」

誘うと負けってww
ラブよりはギャグ色強めかと。どんなものでも先鋭化するとお笑い要素が出てきてその美味しいところを掬った感じです。
四宮かぐや(CV古賀葵)と白銀御行(CV古川慎)。両主人公のゴールは、『相手に告白させること』。前段として、『いかに相手に誘わせるか』に権謀術数張り巡らせるお話です。
{netabare}序盤こそは『天才たちの恋愛頭脳戦』でしたが、徐々に意地の張り合いになっていくのがなんとも微笑ましかったです。{/netabare}


今期(2019年冬クール)で最も笑った作品でした。いいですね平和で (^^)

さっそくのOPは鈴木雅之feat.伊原六花。  ・・・出オチです。いきなりそう来たか!
組み合わせがバブル過ぎて、ハイここ笑うところですよ~の狙いかと思いきや、回を重ねるごとに病みつきになってく大人の味でした。このねっとり感は久々です。
{netabare}第4話。『渋谷で11時』 そう今から恋が始まるわけでもなく、土砂降りで会えずじまいというのもこの二人らしい。いつの日か二人でサボタージュできる日が来ると良いな~っておっさんしかわからん。{/netabare}
それに『ラブ・ストーリーは突然に』のあまりにも有名すぎるイントロギターのカッティングもろパクリだろっていう劇伴があったり、そんな古臭ささえも心地よく、去り往く平成に思いをはせてみました。


※こう見てました、の3つのポイント
■頭脳戦?ちゃうやろ
『天才たちの恋愛頭脳戦』の看板はちょっと違いますかね。天才を″ヘタレ”に置き換えるとしっくりきます。
{netabare}向こうが好意を持っているのを薄々感じているのに確証を得られないから動けないだけのことで、主人公二人を高スペックのヘタレと見て楽しんでました。
まじめにラブとして観てしまうと、「早くくっついちゃいなよ」か「はーめんどくせー」と思ってしまいます。「お可愛いこと・・・」ってかぐや様は一度たりとも言ったことない、というのがポイントです。やはりヘタレてるのであります。
ではイラッとくるかというとそうではない。白銀は筋を通すいい奴でかぐやは別の理由なんですが二人とも応援したくなるようなキャラなんですよね。{/netabare}
{netabare}むしろ時折登場する柏木さんと柏木さんの彼氏だけが普通にラブしてました。付き合いたて女子は成績落とし男子は上げるあるある。藤原書記の助言で『頑張って』最終話のエンドクレジットでは仲睦まじそう。絶対こいつら夏休みになんかあったな。カップルとしてはこちらがまともですしよっぽどストーリーになってます。{/netabare}

■テンポがいいよね
オムニバスになってもおかしくない一週につき3エピソードのサ○エさんスタイル。テンポの良さと合わせて物語としてきっちり進行していました。{netabare}ラーメン四天王ネタさえ回収する脚本の繋がりはお見事です。{/netabare}
1エピソード7分弱の計算になります。R-1で3分、M-1で4分、キングオブコントで5分の持ち時間。こうみると10分超えるネタ見せってないんですね。前の出番の組のネタを拾って繋げるリレー漫才を堪能するようなもんでした。

■狂言回しが優秀
脇役みんな優秀過ぎませんか?
藤原千花(CV小原好美) 石上優(鈴木崚汰) 早坂愛(花守ゆみり)の3名。 
空気の読みあい化かしあいの白銀VSかぐやが膠着状態に陥らないように波風立てるのは藤原書記と石上の両名。空気は読むものではない。作るもんだ藤原と壊すもんだ石上がいてくれてよかった。二人とも空気は全く読めません。
{netabare}弓道部からの胸の話で墓穴を掘りまくる石上に腹抱えて笑いました。{/netabare}


なんだかんだイチャコラを楽しむ作品になるのですが、ラブ ↓ コメ ↑ でテンポの良さと脇役たちの突っ込み突っ込まれが楽しい作品でした。

あと、かぐや様の声はしばらく茅野愛衣さんだと思ってました。

投稿 : 2019/04/14
閲覧 : 199
サンキュー:

49

山本耀司

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

まだ評価はデフォの星3→見終わった

1話でレビューを書きたいと思える内容でした
ギャグ調でありながら引き込まれる内容でした

視聴終了
冬アニメの中では上位に入るレベルで面白かったです
キャラと声もあっていてナレーションもいい味出していました
毎週楽しみになるくらいには良かったです

投稿 : 2019/04/13
閲覧 : 47
サンキュー:

6

せいじ08

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

まさしく頭脳戦

自分の学生時代の経験上、男の本能としてその時のいきおいで告白してしまい、、、失敗。
あの時もっとこれだけ頭働かせてたら、、、それも失敗してただろう。
塩梅が丁度いい。
とても為になるが、実践できない作品。
最後、東京○ブストーリーで音楽評価5に押し上げ。

投稿 : 2019/04/13
閲覧 : 25
サンキュー:

4

ネタバレ

ValkyOarai

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ラブコメの恒例、それは修羅...じゃ無く告白したら=敗者、賊軍 かぐやは大野晶と同じようなもんだった

舞台は秀才が集まる高校
そこの生徒会会長と副会長が互いに恋しているのだが...
ラブコメの常識をぶち壊せ
頭脳戦で

四宮かぐや=宮田ゆり(つうかあ)
白銀 御行=サイタマ、ベニマル
藤原 千花=ミルキーさん、野村香純
ナレーション=はたけカカシ、ハピプリのレッド

書記ではあるが、しれっとプリキュアがおるwwwナレーションがラスボスwww
千花がボケる、もしくはどちらかがボケて
頭脳戦を立ち上がらせるのである...

いやあ~テンポいいなこれ
ナレーションもいい味出してるしwwwww
でも結局は両者負けて、締めくくるって寸法、もしくは千花も勝敗に巻き込む形
たかだか映画に誘うだけでこーんな戦するなんて...www
チケットくらいフツーに渡せやwwwでもそうしたら終わっちゃうからね~

2話 毎回学園の説明かよ
{netabare}スマホを買った御行
だが...
「連絡先を聞きに来たら負け」
だからかぐやは動かない...
だって、買わせたのは周りがみーんなかぐやの手先だったから...www
だが、かぐやが持っていたのは
ガ ラ ケ ー
あれ?LINEできない...?
はい両者負けーwwwww(即ち引き分けー)

次は海or山
どっちに行くか対決ッ
山で告白するか?海で告白するか?
あなたはDOCHI?
しかも海での対策もバッチシだしwwwwwホント用意周到だなこのヒロインは...
しかし、懸念材料があった
そう、LEVEL...千花には絶対に勝てない...(´;ω;`)
だが実は千花が行きたい所があった。それは
恐山...
あ、無理...
はいDROW~

次は恋愛教えてくれ~の男子生徒
だが会長は{netabare}SOXに入会してない...{/netabare}
どう教えりゃええねん...
バレンタインにチョコは貰ったが、チョコボール3個wwwww
どう足掻いても義理wwwwwwフラグねーなwww
まあそうだろ、クラスの女にからかわれてるからな~
しかし会長は...「モテ期だ」wwwwwwww{/netabare}

3話 たまに片方が負けるが、片方は勝てないまま
{netabare}高校生の34%は{netabare}SOXに入会しているらしい...{/netabare}
ならば彼女作らねばと焦るッ!
そのルートを作ろうとするかぐや
煽ってく~~!!
しかし、当のかぐやも「初めて」がどこまでかを知らなかった...
彼女の言う答えは{netabare}んちゅー{/netabare}まででしょう
だった...

かぐやは常に車で登校
だがしかし、今日は車の調子が悪いので
歩いていくわ
そこに一人の小学生が...どうやら横断歩道を渡れない模様、多くて
付き合ってあげるわ
しかし...ここ何処?これじゃあ遅刻ね
と思ったら...奴が来た。自転車で...
早く乗れ!遅刻だ!生徒会としてあるまじき行為だ!
というわけで二人乗りするのだった

ED変わってる~~{/netabare}

4話
{netabare}今度は留学生との交歓会~
なんだが...何故か猫耳www
そして何故かマリアージっているキセキというかツボというか
そんなのが生まれたーーーー

だがかぐやはそれを使って
脅 し に か け る
ア ン タ が 外 道 や
ガン飛ばしてる~~

しかし、たかだか買い出しのための戦い
それに勝ったのはかぐや
でもこれはあくまで「告白」ではない...
だがその買い出しの日、ガルパンと同じく
非 情 の 大 雨

次はパーティ
だがフランス語
駄目だ...喋れねえ...
そこに口撃をするのは相手校の副会長...!
しかし、わかんねーの一点張り...
皮肉言ってもわかんねー...
結果:両方勝利かよwwwww{/netabare}

5話 衣替えとLEVEL...挑まなければならない壁...
{netabare}今日はかぐやに相談が
は?円満に彼氏と別れたい!?
わっけ分かんない...
まあそんな時は相手のどこが好かないかを知らなければ
そうか、これが嫉妬...

次はバレー
へ?会長オンチなの!?
そこに書記がやって来た
サーブが入っただけなのに...スゲーー!!wwwwww
そして特訓はじまた...
その結果ボロボロwww

今度は梅雨、即ち相合傘
実は品定めの時期である
そう、この二人は折り畳み傘を持っているのだ!
だから傘を出したら負け...
どう出る?
そう、完全に彼女の方が一手先を見ていたッ...!
事前準備をしていたんだから...!
だが後一押しの所で水を差すッ...
あ の 書 記 が 傘 を 持 っ て {/netabare}

6話
{netabare}会計:石上
満を持して登場
しかし第一声が...
は!?辞めたい!?!?
ああそうか、かぐやが仕掛けたコーヒー無料のチケットを見つけたから...

その次は心理テスト
トラック1台分の花...
それは...{netabare}愛の重ささ{/netabare}

次は爪をさりげなくメイクしてみる
会長が見てくれなければ意味が無い
そこでまたしても書記が水を差すッ...!
だったが...
かぐやに軍配...だと!?{/netabare}

7話
{netabare}今日も相談~
その内容は...は?どうやったら手を繋げるか!?!?
わっけわかんない...
恋愛にはA~Cまでレベルがある
Aが手を繋ぐ程度
Bがイチャイチャする程度
Cが{netabare}SOXに入会すること{/netabare}
こいつはAすらしてねえ...www

ならばバイトしよう!
バイトするならタウンワーク!!wwwww

次は石上のターン
ヒエラルキーで纏まっている学園
だったが...何故俺には女がいない...
そして胸囲のネタを言ったら...
「志村、後ろ後ろ!!」wwwww

その次はもっとひでえ...
だって書記が犬の芸で{netabare}ちんちん{/netabare}って言ったから
そりゃあ吐くわwwwwwww
っつーか今の宇宙人プリキュアにそんな発言させんなやwwwwww
それがドツボにハマって...{/netabare}

8話
{netabare}やって来たのは、白銀の妹ッ!
悪いが兄貴はいらっしゃらないので待っててね

だが、ここでかぐやは攻勢に出るッ...!
何故ならば、周りの親密な人から攻略していけば、会長は告白せざるを得まい...!!
だからいい人アピールをするが
や っ ぱ 水 は 差 さ れ る
石上ィ...!
終わったと思ったら次は千花...
話できねえ...
と思いきや、愛称呼びだと...!

次は期末試験~
なんだけど、その結果前に遡る
石上ぃ、今度赤点だったら留年だぞ!
そこにかぐやはやってくる...
おい、ドSプレイじゃねーかwwwwwそんな鞭持ってたらwww
そして小魚を大量摂取wwwww{/netabare}

9話
今日は雨~だから迎えが欲しいんだけど...
雨バシャーーーwwwww
そりゃあ自転車で帰ったらそうなるわな

次は見舞いのターン
ゼリーはまあ差し入れでいいよね...
しかし、かぐやは風邪を引くと...あれ?性格変化!?

10話
そして夏休み
さてどこ行く?
ここで藤原を使っての頭脳戦...心の中でツッコミつつwwwww

11話

もう半月過ぎた...wwwwwはえーよ
会長は家でゴロゴロしてたwww
一方かぐやは...
何でツイッター始めるのにPC壊すんだwwwww
そうか、オンチか...

その次は千花の旅行~~
何だけど、まさかのラーメン
おいポニーテールに髪結ぶのって...小泉さんじゃねーかwwwww
そしてバリカタwww
すすらないで、レンゲに乗せる...

そんな中、会長とかぐやは...
家で完全にダウンしていたwww
互いにメールのやり取りをして...だが飽きたので出かける~

12話 大野晶の家族の気持ちが理解できる、雁字搦めは教育によくねーよ
そして花火大会
だがかぐやは親に呼び出される...
皆は特別扱いするのを喜ぶか?ふつーに陰口を叩くだろうに...
会いたいだけなのにクソッタレな家族の分際で...

そしてこの世界にGODなんざいるわけが無い
だったが...
まだよ...まだ千葉県があるッ!
飛ばせタクドラ!うみほたるに向かえ!!

そして2学期は始まる...
おい照れ過ぎだぞ会長wwwww
そうだ、前回の一件で互いに照れている...
喋ったら負けだッ...!

また日常は帰って来るのであった...
今後とも仲良く喧嘩しな

投稿 : 2019/04/13
閲覧 : 370
サンキュー:

16

ネタバレ

U

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

A. ネタバレ注意 - 頭脳戦?は微妙ですが笑えました

赤坂アカの漫画
「ミラクルジャンプ」で2015年6月号から2016年2月号まで連載
その後、「週刊ヤングジャンプ」17号より連載中

<主要登場人物>
・四宮 かぐや: 古賀葵
秀知院学園高等部2年 生徒会副会長 財閥「四宮グループ」の令嬢 万能型の天才
・白銀 御行:古川慎
 〃 2年 生徒会長 エリートが学ぶ名門校では珍しい一般階級 努力型の天才
・藤原 千花:小原好美 
 〃 2年 生徒会書記 政治家一族
・石上 優: 鈴木崚汰
 〃 1年 生徒会会計 玩具メーカーの息子

・ナレーション:青山穣

物語(バトル)のほとんどは高校の生徒会室が舞台
会長の白銀と副会長のかぐやは両片思いなのだが、自分から気持ちを打ち明けられない
恥ずかしくて。。。というより自分から行くのは負けと思っているようで相手から告らせようと奮闘する

かぐやさんは白銀を好きすぎて(意識しすぎて)自分から告白どころか映画に誘ったりLINEを交換することもできない(といってもかぐやさんはガラケー)
白銀はかぐやに何か言ったりしたりすると「お可愛いこと。。。」と言われそうでできない

そんな2人の間にかぐやの友人でもある書記の千花が混じり、2人を助けたり・意図せず邪魔してかぐやから嫉妬されることも

書記の石上は好きすぎるが故暴走するかぐやを恐れていて「かぐやが怖いから生徒会をやめたい、けどかぐやが怖くてやめられない」

2人を中心に生徒会室でのやりとりが描かれるコメディ

***

「天才たちの恋愛頭脳戦」という題名から想像した内容とは違いましたが面白かったです
30分に3エピソードと1つのエピソードが短いしナレーションが2人の心情を語るので分かりやすい

DISCに保存するかどうか悩んでましたが4話の「ちぇけら」で保存決定しました(笑)

スタート前にかぐやさん役の古賀さんを紹介していましたが
本人はかぐやさんと違ってふんわりした雰囲気で人気がでそうですね

古川さん、若手で群を抜くうたうまだと思っているので
主演なんだったら OP/ED どちらでもいいので歌って欲しかった~

19.4.7

投稿 : 2019/04/12
閲覧 : 38
サンキュー:

8

シワーる

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

面白かった

互いに好きあっているが、自尊心が強すぎるため、自分からではなく相手に告らせようとするコメディです。

原作が人気漫画でも、アニメ化して成功するとは限らないが、これは成功した作品だと思いました。面白く見せるための演出が良く出来てるなと思います。また、自分の笑いのツボにもハマりました。ほとんどのエピソードを再視聴しちゃったぐらいです。声優もぴったりだった。

投稿 : 2019/04/12
閲覧 : 30
サンキュー:

4

ninin

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

恋愛頭脳戦?

原作未読 全12話

お互い好意をもっているのに相手から告白させないと一生頭が上がらないと思って、学校の生徒会室で生徒会長白銀 御行(しろがね みゆき)と副会長四宮 かぐや(しのみや かぐや)が2人が色々な作戦を使い繰り広げられる恋愛頭脳戦、その2人を取り巻く役員たちや学生たちをコミカルに描いたお話です。

タイトルからイメージで、凄い戦略を立てて相手を屈服されるぐらい行動をするのかと思いましたが、基本好意をもつ同士のなので詰めが結構甘いですねw

また、2人の役員が出てきますが、この2人がアクセントになっています。

特にかぐやの友人で書記の藤原 千花(ふじわら ちか)の不思議ちゃん行動は面白かったです。天然でよく2人の勝負を壊してくれましたねw

終盤はちょっと切ないお話もありました。

「四宮 かぐや」というキャラを気に入ったら観てもいいかもしれませんね。私は楽しく観させてもらいました。

OP ベテランの鈴木雅之さんが歌っています。某番組で「アニソン新人歌手です!」って言っていましたねw
ED halkaさんが歌っていますが、3話のみ書記の藤原さんが歌っています。

最後に、かぐやのデレは可愛かったですね^^

投稿 : 2019/04/12
閲覧 : 56
サンキュー:

19

シャベール大佐

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ネタ、キャラ、作画、声など、満遍なくレベルの高い学園ラブコメ

名門高校の生徒会を舞台にした学園ラブコメ。全12話。
生徒会会長・白銀御行(しろがねみゆき)と副会長・四宮かぐやという、美男美女で学業にも優れた2人が主人公。お互いに惹かれ合っているけれど、どちらもそのプライドの高さや、実際に交際を開始したときに優位に立ちたいという思惑のため、自分からは告白せず、なんとか相手の方から告白させたいと策略を巡らせている、みたいな設定。
予備知識ゼロで観始めた当初は、「天才たちの恋愛頭脳戦」という部分を強調している割にはそれほど高度なバトルという感じでもなく、やや大袈裟な印象もあったのですが、物語の早い段階で、そのあたりを過度にプッシュしない普通のラブコメとして観れるようになって、それ以降はとても楽しめました。
この作品、長所はいくつもありましたが、まずなんといってもキャラクターが良かったです。黒髪に赤い瞳が映えるヒロインのかぐやは、クールに装った外面と純情な内面のギャップがとてもかわいかったですし、一方の御行もただ優秀なだけでなく、ダメな部分や影の努力なども描かれていたりして、無理なく応援できます。メインの2人以外でも、物語の掻き回し役でもある書記の藤原千花は非常に楽しいキャラでしたし、石上や早坂といった脇役も悪くなかったです。声は、かぐや役の古賀葵の演技や声質が、キャラの雰囲気にぴったり合っていました。作画は全体的にとても綺麗。第3話のEDの映像も印象的でした。音楽は、OPの鈴木雅之には驚きましたが、曲自体は意外と違和感なかったです。
最後まで観終わって、特にこれといった欠点もなく、ネタ、キャラ、作画、声など、満遍なくレベルの高い学園ラブコメだったと思います。個人的には、冬アニメの中でも特に楽しめた作品でした。

投稿 : 2019/04/11
閲覧 : 38
サンキュー:

12

ネタバレ

ストライク

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

もうお前らなんでもいいからはよ付きあえよ!

原作:漫画 未読

感想

2019年冬アニメのあにこれランキング1位のこの作品、僕的には「そうなんだ」っと、ちょっと予想外。
まぁこの冬作品で「これ!」っていう程の断トツで面白いのがなかったので、世間一般ではこういう評価なのかな?っと。

白銀もかぐやもお互い惹かれあってるのに、学年2トップの頭脳の持ち主がゆえか?プライドが高すぎて素直に気持ちを伝えられない なんとももどかしくて、観ていて歯がゆい展開が続くので、こっちとしては、ちょいイライラ。。。
もう いわゆる なんでもいいからはよ結婚しろよ!状態でした。
こういう気持ちにさせられるのがず~っと続くと、ちょいストレス溜まります。
しかし、そこを二人の“恋愛頭脳戦”に気づいてない天然 藤原 書記が起こす言動で、トラブルに発展する件などで和ませてくれます。
(何気に空気クラッシャーのトラブルメーカーだと思うw)
あとは、石上くんと書記ちゃんの二人が絡むの何気に面白かったです。
書記ちゃんが、ネットでは何故かメインヒロインのかぐやより人気だというのはちょっとというか結構意外。
僕的には、ちょっと腹黒いとこや、空気読めない言動が苦手であまり好きじゃなかったです。
3話のEDでは、書記ちゃんが歌って踊る特殊ED映像で、ネットのみなさんが可愛いと騒いでいたようですが、僕には んんん?でした(苦笑)
それより、僕には普通にかぐやの方がまだ可愛かったかな。。。
特に、かぐやが風邪を引いて寝込んだとき、普段とは真逆の甘えん坊さんに変わっちゃった彼女は、そのギャップもあってかマジ可愛かったです。
もしかしたら お酒飲んでもああなるのかも^^
あとは終盤の花火回。いつも強気なかぐやだけど、会長に逢いたくて屋敷を抜け出したものの渋滞で花火に間に合わず、心折れて弱気になった姿は、極普通のか弱い女の子みたいで可愛かったです。
あとはもっと素直になれれば断然可愛くなれるのにね。(惜しい)


観ててちょっと解らないというか疑問に思った事なんだけど
白銀とかぐやって、お互いが惹かれあってるの知ってるのでしょうか?
二人とも自分から告白することを「負け」と捉え「いかにして相手に告白させるか」ばかりを考えてるって、ウィキのあらすじでは書いてあったけど、
自分は原作未読なので、アニメだけ観てた感じでは、二人とも意識してるのは解ってるかもだけど、お互いに相手が「好き」だとは気づいていないように思えました。(間違ってる?)
そうなると、タイトルに“恋愛頭脳戦”って書いてあるけど、互いに好意を持ってること知らなかったら、好きだと言わせることできないじゃん?
まずは相手を惚れさせてからじゃない?って。
なので頭脳戦もクソもないような気がしました。
いや、ちゃんと好き同士と分かってるなら間違ってないんですけどね。^^;
なんて思った次第です。

まとめると
恋愛モノは好きですが、恋愛の駆け引きばかりを見せられると、ちょっとストレスが溜まります。(たまにはいいんだけど)
やっぱり恋愛モノって、好きなのがバレバレで、観てるこっちが恥ずかしくなったり、ヒロインがデレる可愛い姿 いっぱい見たい訳じゃないですか!?
そういうのがこの作品には少なかったかなっと。
あと、ヒロインは可愛いけれど、態度が上から目線で高飛車になっちゃうとことかそんなに好みじゃなかったのも大きかったかな。
僕としては、面白いは面白かったけど、録画保存するほど好みではなかった作品でした。
なので、自分のこの冬アニメベスト10ランキング作るとしても、1位にはなれそうにないです。
これは好みの問題なので、しゃーなしと思って頂きたい。m(_ _)m

投稿 : 2019/04/11
閲覧 : 62
サンキュー:

21

ネタバレ

maquit

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

違う、そうじゃない

シチュエーションコントとして考えたら
そこそこ優秀な切り口を見つけたと思う
ただ
主役が高校生で
経済力やその後の発展性を考慮すれば
自ずとその限界も見えてくるだろう。
でも、そのリミッターを外すのは実に簡単!
過去の名著アーカイブを紐解けば誰にだって容易に見つけられるだろう
それは
{netabare}ライバルの出現{/netabare}
だが、この作品の面白さは一対一に限定したという割り切りにある
これに手を出したら末期なんだろうなぁ

ちなみに
実写映画化されるということで
人気がある、というか投資対象として優秀のようだ
個人的には
千年さんは書記ちゃんの方が適役だと思う

投稿 : 2019/04/11
閲覧 : 53
サンキュー:

10

ZORRRO

★★★★★ 4.2
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

キャラクターが良いっすね。ドーンだYO!!

一応、恋愛すれ違いモノになるのかな?
会長とかぐや様の初々しい(!?)ラブコメディになります。

キャラ等の設定自体はわりとありがちな感じですが、設定は二の次な印象。
見るべきは“会長とかぐや様の駆け引きとその周辺”と言ったところですか。


原作知らん&予備知識無しで見ると、
序盤、こういうタイプのラブコメか!というのが中盤まで続きます。
恋愛頭脳戦?かは分かりませんが、まあそういう感じです(笑)

中盤以降は徐々にシリアスめな展開覗かせつつも、比較的展開が読みやすい恋愛アニメって感じでした。


キャラクターが良いと書きましたが、各々良いキャラしてたなって思いました。
決してキャラクターは多くありませんが、あまり出番のないキャラまでもなかなか味のあるキャラばかりです。
生徒会のキャラ自体、温度差がありますが、石上くんが特に良かったかな。
メインの会長とかぐや様のやり取りもさながら、藤原書記と石上くんのやり取りも見どころ。


作画に関しては普通かなとも思ったのですが、
3話EDで「流石A-1ヤバすぎだろw」ってなったので満点。
2Dであのヌルヌル描写は正直見たこと無いですね。。。驚愕。


品があるようで品のない会話だったりするし、藤原書記のテンションが異様に面白いくせに可愛いし、
最後まで面白かったです。

投稿 : 2019/04/10
閲覧 : 28
サンキュー:

9

pooki

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

<70> 知性や理性やプライドに縛られた高校生の、回りくどくてお可愛いラブコメ。

知性や理性やプライドに縛られた高校生の、回りくどくてお可愛いラブコメ。
恋愛の駆け引きを心理戦と頭脳戦の観点から観るギャグかラブコメ。エピソードも短くて観やすいし、ラブとコメ、それぞれ充実してて絵も安定。隠しきれない初々しさがお可愛い。
第 3 話 ED を録画し損ねたのが心残り。二期希望。

<65> 知性や理性やプライドに縛られた高校生の理屈っぽいラブコメ。
1 話視聴。
知性や理性やプライドに縛られた高校生の理屈っぽいラブコメ。
コメディとして面白いし、垣間見える純朴さが可愛い。絵も安定。

投稿 : 2019/04/10
閲覧 : 25
サンキュー:

5

Pai

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

毎週楽しみだった

タイトルがラノベ風で漫画を勧められても読む気にならなかったのですが、アニメ化と聞いて、試しに観てみたらものすごく面白かったです。毎週楽しみにしていました。

ああ、こんな青春したかったなぁ、としみじみ思える作品でした。

原作買います。

投稿 : 2019/04/10
閲覧 : 23
サンキュー:

4

ももも

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ほっこり見れるラブコメ策略バトル

美男美女で誰もが憧れる生徒会長と副会長。
実はお互いに好きなんだけど気づいておらず、そのくせ「自分が告白したら負けてしまう」という謎の共通認識により、相手に自分を好きだと言わせようと策略を巡らせる…というちょっと変わった設定のラブコメ。

「今回の勝負は…」的なノリとナレーションのテンションが最初はちょっと合わなかったんですが、お互いに相手を策略ではめようとする理由が「好きだから」というのが根底に流れているせいか、画面内でどんなに火花を散らそうと基本的にほっこりした空気感のようなものがあり、それが地味に独特の雰囲気を作っていた気がします。

OPの鈴木雅之もだんだん癖になってきたかもw

投稿 : 2019/04/10
閲覧 : 16
サンキュー:

4

次の30件を表示

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~のストーリー・あらすじ

家柄も人柄も良し!!将来を期待された秀才が集う秀知院学園!!その生徒会で出会った、副会長・四宮かぐやと会長・白銀御行は互いに惹かれているはずだが…何もないまま半年が経過!!プライドが高く素直になれない2人は、面倒臭いことに、”如何に相手に告白させるか”ばかりを考えるようになってしまった!? 恋愛は成就するまでが楽しい!!新感覚”頭脳戦”ラブコメ、開戦!!(TVアニメ動画『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2019年冬アニメ
制作会社
A-1 Pictures
公式サイト
kaguya.love
主題歌
【OP】鈴木雅之「ラブ・ドラマティック feat. 伊原六花」【ED】halca「センチメンタルクライシス」

声優・キャラクター

古賀葵、古川慎、小原好美、鈴木崚汰、花守ゆみり、青山穣

スタッフ

原作:赤坂アカ(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)
監督:畠山守、シリーズ構成:中西やすひろ、キャラクターデザイン:八尋裕子、総作画監督:八尋裕子/矢向宏志/針場裕子、プロップデザイン:木藤貴之、美術監督:若林里紗、色彩設計:ホカリカナコ、撮影監督:岡﨑正春、編集:松原理恵、音楽:羽岡佳、音響監督:明田川仁、音響制作:マジックカプセル

類似作品

この頃(2019年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ