当サイトはアリフィエイト広告を利用しています

「どろろ(TVアニメ動画)」

総合得点
80.2
感想・評価
529
棚に入れた
2183
ランキング
459
★★★★☆ 3.8 (529)
物語
3.8
作画
3.9
声優
3.7
音楽
3.7
キャラ
3.8

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

どろろの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

STONE さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

単なる伝奇バトルだけでなく

 原作や1969年のアニメは幾つか目にしたことはあるが、頭からちゃんと読んだり、視聴
したことはないぐらいの感じ。

 伝奇ものだが、全身が作り物の体を持つ少年が自身の体を取り戻していく展開や体に武器が
仕込まれた百鬼丸の身体的特徴など、基本的設定が目を引く。
 今でこそ、本作に影響を受けた後続の作品があるが、発表当時はかなり斬新な設定
だったのでは?。
 この体を取り戻していく展開だが、作り物の体は武器が仕込まれていたりり、痛覚が
ないだろうと推測されることなどを考えると、体の部位を取り戻していくと、戦闘力という点では
むしろ弱体化していくように思える。まあ具体的に弱体化したようなシーンが無かったが。
 多くのバトルものが話が進むに連れて、強くなっていく展開の逆を行っていっているようで
面白い。
 また序盤における百鬼丸は精神的にも幼く、体を戻すだけでなく、それによって精神的
成長譚にもなっているのも面白いところ。

 基本的には百鬼丸とどろろのロードムービー的展開で進んでいくが、この二人を始め、途中で
出会うゲストキャラの多くも、乱世の非情さ理不尽さによる悲劇的境遇に見舞われた者が多く、
その時代の過酷さが印象に残る。
 百鬼丸が倒す鬼神などはある意味、乱世そのもののメタファーとも言えそう。

 中盤に百鬼丸が父の醍醐 景光と弟の多宝丸と出会い、以後は両者の争いがストーリーの主軸に
なってくる。
 醍醐親子にも自身の考える正義があり、それゆえに百鬼丸を殺そうとするが、「百鬼丸一人の
犠牲で領国全体が救えるなら」という考え方はトロッコ問題に代表される功利主義的なもので
なかなか興味深い。

 ロードムービー的面白さと、旅によって成長していく百鬼丸とどろろ、彼らが出会ったキャラの
様々な悲劇とそれでもたくましく生きていこうとする姿、百鬼丸と鬼神や醍醐らとのバトルに、
百鬼丸の出自による悲劇的ストーリー展開と、複合的な魅力があって飽きさせない。
 もっとも2クールの中盤には中だるみ感を感じたり、作画の乱れを感じることもあったけど。

 原作が未完だったこともあって、終盤はほぼオリジナルのようなもので、どうしようもなく
絶望的な感で進んだ割には、百鬼丸とどろろに関しては結構前向きな終わり方。
 この辺はシリーズ構成やメイン脚本の小林 靖子氏が見事だったんじゃないかと。
 もっとも時代背景を考えると、乱世はまだまだ続くわけで、先に関しては平和的な展開が想像
できないんだけど。

 キャストに関して、メインの百鬼丸役の鈴木 拡樹氏、どろろ役の鈴木 梨央氏のいずれも
いわゆる声優さんではないために視聴前は不安感があったが、いざ視聴すると杞憂に終わった
感じ。
 特に鈴木 梨央氏は年齢的にも役者として成長期に当たるのか、回を重ねるごとにうまくなって
いった感があった。

2019/07/15
2023/04/17 加筆・修正

投稿 : 2023/04/17
閲覧 : 367
サンキュー:

4

ネタバレ

maki3 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 1.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 2.0 キャラ : 4.5 状態:----

リメイクしたら凡作になった

作画は良い
声優も良い
どろろの声は最初棒読みだが後半は役に馴染んできて良い感じになってきている

全体的に話が暗いがリメイク前よりもこれでもだいぶマイルドになっている

ラストや途中からの展開が元のアニメよりもだいぶ違っている
なんかありきたりなラストになってしまった
これなら元のアニメ同様の終わり方でもよかった

元のアニメよりも薄っぺらい作品になってしまった印象

投稿 : 2022/07/26
閲覧 : 356
サンキュー:

2

ネタバレ

くろゆき* さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

いきものが必死に生きようとして何がおかしいってんだ

はじめに、原作とは違う部分があるなどという次元ではなく「まったく違う作品」としても捉えることのできる作品であり、それを踏まえた評価とさせていただきます。

1969年に放映されたモノクロ作を、ちょうど50周年となる今年リメイクされた作品、原作は巨匠手塚治虫。
子供向け要素のあった前作からするとぐっとハードな世界観であり、観客をして考えることを促す作風になっていて、各々の信念が絡み合い、がんじがらめになるような人の業が快活に描かれています。

百鬼丸の殺陣は鬼気迫り、目を見張ります、まさに縦横無尽に、画面の奥行きも余さず活用した殺陣は見事で、一級品のエンタメを感じさせるものです。
しかし物語はエンタメというにはあまりにも難題、巨匠手塚治虫が手がけてさえ未完で終わった難物ストーリーです。

主要キャラには守るべきものがあり私情に流されないので、判りやすい悪人は居らず、みな考えに一本筋が通っているために事態は袋小路の泥沼の様相を呈することになります。
領民の安寧のために百鬼丸を鬼神に差し出した父醍醐影光は、けっして悪とは言い切れない存在であり、人の命は絶望的に軽く無常観に満たされている世にあって、たとえ自らは鬼になろうとも葛藤を隠し進むしかないという覚悟がうかがえる人物です。
そうして鬼神に奪われた身体を取り返したい百鬼丸と、国を守ろうとする者、村を守ろうとする者、それぞれの立場で正しく生きる者たちが剣を交える運命に及んだとき、それらがどのように折り合うのか、それぞれにとっての「善」の行き着く先は止揚かあるいは破局か。

この物語は、人は誰かに守られることで、同じ守られている者同志、助け合い分かち合い譲り合うことの出来る生き物だ、という考え方を踏まえて編まれているように思えました。
親に守られる子は子同志で、郷士に守られる村人は村人同志で、領主に守られる領民は領民同士でというふうに。

しかしこれは、その集団の外部の者に対しては、奪おうが殺そうが構わないということを意味していて、村人の穏やかな暮らしぶりに、その領主の徳治振りが察せられるようになっているのですが、それは領民以外は「関係無」いのです。
そのことが如実に表われていたのが万代の村のエピソードでした。

ならば自分を守ってくれる者がいなければ人はどうするのか、親からさえも守られていない百鬼丸にとって、自分以外の者は「関係無」くなるのです。
体を取り戻すことを願い鬼神を倒すことは、同時に醍醐の民の安寧を奪うことになる、醍醐の民には百鬼丸こそが怨霊に思えたでしょう。
これは人間の習性を恐ろしく冷徹に見据えた脚本だったのだと思えます。

そうして物語は進むごとに泥仕合の様相を深め、絶望感が漂い、割り切ることの出来ない感情、さまざまな情念が入り乱れて圧倒され、物語の力の前にしばし立ちつくすことになりました。
(それにしても、あやかしであろうとも子を思う母を殺めることには、堪えました)いっそ純粋な善と悪になって命を奪い合う物語だったら、観ていて楽だったのにと思うほど、多数のためには少数の犠牲もやむをえないなどと、訳知り顔で語る者にも突きつけられる問題意識があり、情報だけを喰らって判った気でいることを許さない、これが物語の魅力なのだと、それを実感する作品です。

そういうやるせなくなる話が続いて、観ていると消耗するのですが、時折挿入される軽い視聴後感のエピソード、ときには和みときにコミカルなものが挿入されていることは、HPを回復させるのに役立ちました。
また、百鬼丸もどろろも観ていて危なっかしいところに、適宜に琵琶丸が登場することが安心感を与えていました。
「大人キャラ」としてどろろ達に示唆のあることを語ったり、ときにコミカルな演技で和ませたり、実は(座頭市のような)使い手だったりして、彼の存在のお陰で非常に安定感のある創りにもなっていました。

そしてどろろの愛嬌と明るさが、陰惨にしかならないはずのこの物語の、大いなる救いとなっていたのです。
どろろの人懐っこさは一人で生きてゆくための処世術として描かれますが、それだけに留まらず、この戦国の世の理を克服する手掛かりが、そこに秘められていたと感じます。
琵琶丸のあるときのセリフ「食うや食わずの身の上で、それでも志を貫けるのなんてほんの一握りだけ」は、戦国の世の理の中で、互いの善をもって切り結ぶことしか出来ない、百鬼丸や醍醐達の中にあって、どろろだけがブレずに、百鬼丸はじめどのキャラにも変わりなく思いやりを持っていることに繋がっています。
どろろはその一握りの人間であると。

そのことと、一向一揆の史実を意識させる展開で、領民の自立が近いことを匂わせる物語と合わせて、次の時代の訪れを予感させています。
もともとどろろのキャラ付けというのは、子供向けマンガの主人公の定番といえるものですが、それをこのような形に昇華させた構成・脚本は地味ですが卓越したものだと思います。

領民に武士への文句を言わせながらも、私心無く民を思う者へのリスペクトが見えるのが爽快でありつつ、問題の根深さを否応にも思い知らせる脚本、それは理想も現実も仏心も邪もなにもかも、人の有様を描くことに徹し、それの意味するところとは?と先が気になる、皆まで語らない演出と合わせ、何を感じるかを観客に委ねるものした。
また生半可な帰結ではハッピーエンドにはなりえないこの物語が、どのような決着をつけるのか作者のお手並み拝見といった興味もあり、自分としても、どのような落とし所にすれば良いと考えるか、常に自分自身に問いかけながら観ているところがあって、そのようなことが最後まで視聴にあたっての強力な牽引力となっていました。

最近過去の名作のリメイクが流行っていますが、これはその中でも抜きん出た品質の作品だと思います。

投稿 : 2022/07/24
閲覧 : 314
サンキュー:

6

ネタバレ

天地人Ⅱ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

新SFスーパー英雄(?)列伝38

時は室町時代中期から後期に移行する戦国時代初期と思われる。
醍醐景光は、己の野望を実現するため、生まれてくる我が子を犠牲に鬼神の力で領国に繁栄をもたらす。
一方、体の11ヶ所を鬼神に奪われた百鬼丸は、寿海に拾われ成長し、己の体を取り戻すために旅を続け、どどろと出会います。
原作はご存知手塚治虫で、過去にアニメ化や映画化もされており、リメイクとなりますが、面白かったですね

どろろと旅を続けながら魔物を倒して体を取り戻していく百鬼丸は、やがて自分が生まれた醍醐の国にたどり着きます。
そこで父醍醐景光、母縫の方、弟の多宝丸と出会い、運命の歯車は回り始めるのですが、疫病や旱魃もない醍醐の国とそれ以外の荒れた国。
魔物を倒し体を取り戻す百鬼丸の行為は、一方で醍醐の国に災厄を運び込む行為であった。
何が正しいのか、どうすればいいのか・・・何故、書いても書いてももっとサンキューをもらえないのか(おいっ)じゃなくて、互いの信じる正義のために戦う百鬼丸と多宝丸の姿は考えさせられましたね。

ただ、自分にとってこの作品は、百鬼丸の物語であると共に、彼の父である醍醐景光の物語であると思いました。
野望の為に我が子を犠牲にして、領国の繁栄をもたらした景光。
やがてその栄光は、犠牲にしたはずの百鬼丸によって、少しずつ崩されていく。旱魃により疲弊していく領民、隣国朝倉による侵攻、書くネタが思いつけない天地人(違)
まあ、最後のやつはどうでもいいんですが(おいおい)
愛する妻と跡取りを失い、恐らく朝倉との戦いに敗北して帰ってきた醍醐景光は、地獄堂で百鬼丸と対面します。
ここが一番のクライマックスでした(最初からクライマックスだぜ byモモタロスって、何の話だ)
ラスト、成長したどろろと百鬼丸が再び出会う事を暗示させるような最後も良かったです。

おまけ
凄絶な戦いの上に魔物を倒した百鬼丸だが
「何故だ、どうして俺の体が戻らない。」
「テレビやアニメの見すぎで視力の落ちた目、お菓子の食いすぎで虫歯になった歯と弛んだ腹。何故元に戻らないんだ~っ」
そりゃあ無理無理(自爆)

投稿 : 2022/07/17
閲覧 : 198
サンキュー:

8

ネタバレ

fuzzy さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.6
物語 : 2.0 作画 : 3.5 声優 : 2.5 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

作画は良いが、全体的に暗かった

原作未読

〈良い点〉
作画、設定

〈今ひとつだった点〉
全体的に話や登場人物が暗い
どろろの声が一辺倒

〈感想〉
手塚治虫先生の名作の一つと言っても過言では無いかな
体を妖怪を倒す度に戻っていく
賑やかしとして相棒としてどろろがいる
というのは好きなんだけど
※てか大人になっても百鬼丸がどろろという名前だと思ってた。。汗

いく先々で会う人達は何かしら辛い目にあっていて
妖怪もいろいろあったり、それを殺して次。。なので
なんか暗い

どろろの声優は子供役なのであの喋りなんだろうけど
なんか単調に聴こえてなんだか心地悪く

妖怪退治話だからしょうがないか
かと言って鬼滅のようにギャグラッシュも辛いし
ハガレンのように絶妙にギャグとシリアスを散りばめて欲しいけど無理か。。原作もこんな感じなのかな

また喋れない百鬼丸と読みとるどろろは『不滅のあなたへ』みたいだなと思ってしまった。もちどろろが先ですが。

結末が知りたかったので途中から早見でしたが、まぁそうかという感じでした。

再視聴はないかな

あとズレますが、dアニメで観ると冒頭にバイクが出てきてMAPPAとい企業PRカットが毎回出る。
どろろという古い和物のアニメ見ようというわくわくが消されるなぁと毎回思いました。。

投稿 : 2022/05/26
閲覧 : 215
サンキュー:

6

ネタバレ

やん さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

黒手塚

アトム以外の手塚漫画にはすべてドロドロしたものがが含まれています。皮肉や性的倒錯や人間の汚さのようなものです。過去アニメ化されたメルモやリボンの騎士は、その黒さがきっちり表現されていてよかったのですが、題材として黒部分を表現しやすいと思われた今作は絵と色がきれいなせいか、他の近年のリメイク同様黒手塚っぽさの表現がうまくいかなかったように感じます。
女王蜂OPは超よかったです。

投稿 : 2022/03/26
閲覧 : 207
サンキュー:

5

ネタバレ

テングタケ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

よくできています。ですが、手放しで絶賛は出来ません。

体中のパーツを鬼神に奪われ、その鬼神を倒すたびに1つずつ肉体が正常に戻っていくというプロットに強く惹かれます。
物語は、主人公や敵役から一兵士や農民まで、戦乱の世で生きるためにもがき苦しむ様にスポットが当てられています。そしてそれは十分成功していて、本作に重いドラマを与えています。
また、主人公である百鬼丸やタイトルロールであるどろろ、ライバルである主人公の弟多宝丸とその部下2人、飄々とした琵琶法師など、キャラクターが皆いきいきと描写されています。特にライバルである多宝丸は、最初は世間知らずのお坊ちゃま風だったのが、領地の民を守るために百鬼丸を倒すことを決意し、最後は闇落ちしてまで勝とうとする、魅力的なキャラクターになっています。
さて、残念なことに、人間ドラマに重きをおいたため、肝心の「鬼神を倒して体を取り戻す」という基本設定が相対的に軽く扱われています。
妖怪を倒しているうちになんとなく体が戻ったり戻らなかったり、何か思っていたものと違うんです。鬼神の数が明言されたのも途中からだし、敵を倒したら体のどの部分が戻ってくるのかこないのか、倒すまで分かりません。
最初に全ての鬼神を見せて、どいつが体のどこを持っているか明確にすべきです。出来れば、脚を持っているのはムカデの化け物とか、目を持っているの百目タイタンとか、分かりやすければベスト。そして、敵を一体倒すたびに体のパーツが戻り、「ギリシャ十二神、残りX人」みたいなセリフが入る展開こそ本作にふさわしかったのに。
塔の頂上にボスがいて、階ごとに守護者を倒さないと先に進めないという少年漫画の黄金展開、そういうものの面白さをスタッフはあまり理解していないのでは?
もう一点、エロスが足りないです。出てくる女の子はわりと皆可愛いんですが、お色気が足りないのでどうにも子供向けのお人形さんみたいな感じが拭えません。
例えば、身体を売って子どもたちを養っている女性が出てきます。初登場は川で体を清めているシーンなんですが、ここでヌードを描かなくてどうするんですか。
別にオッパイ見せろグヘヘヘと言っているわけじゃなくて、血の通った人間を表現するには肉体を描写すべきなのではないでしょうか。それにまあ、我々男ども視点では、ボディを披露してくれる女の子には感情移入度が違うんですよ…。
まあともかく、肉片が飛び散って血がドバドバ飛び散る大人向けアニメの本作には、そういったアダルト要素も必要かと。手塚漫画って結構女の子が脱ぐじゃないですか。そうそう、どろろ(♀)が全裸にひん剥かれてお尻丸出しにしてました。が、ペドはちょっと…。
おそらく、上記の問題は脚本家が女性であることに起因しているのではないでしょうか。脚本の小林靖子さんは、進撃の巨人にも関わっている才媛なのですが、やはり男性と女性は見えるものが違うのかなあという気がします。エロはともかく、「残りの鬼神、あとX体」ってやって欲しかったなあ。

投稿 : 2022/02/03
閲覧 : 542
サンキュー:

3

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

時代劇、ホラー、バトル。。鬼神に体を取られて生まれてきた百鬼丸が、体を取りもどして人間になるまでのおはなしかな?

公式のあらすじ
{netabare}
時は戦国。醍醐の国の主である景光は、ある寺のお堂で十二体の鬼神像に領土の繁栄を願い出た。それと引き換えに生まれた景光の世継ぎは身体のあちこちが欠けており、忌み子としてそのまま川に流され、捨てられてしまう。
時は流れ、鬼神は景光との約定を果たし、国には平安が訪れた。そんなある日〝どろろ〟という幼い盗賊は、ある男に出会う。
それは、鬼か人かーーー
両腕に刀を仕込む全身作り物の男〝百鬼丸〟は、その見えない瞳で襲い来る化け物を見据えていた。
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:手塚治虫「どろろ」
キャラクター原案:浅田弘幸
監督:古橋一浩
シリーズ構成:小林靖子
キャラクターデザイン:岩瀧智
音楽:池頼広
制作会社:MAPPA
手塚プロダクション
{/netabare}
キャスト{netabare}
百鬼丸:鈴木拡樹
どろろ:鈴木梨央
琵琶丸:佐々木睦
醍醐景光:内田直哉
多宝丸:千葉翔也
寿海:大塚明夫
縫の方:中村千絵
ナレーション:麦人
{/netabare}


1話ずつの感想


第一話「醍醐の巻」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
時は戦国。醍醐の国の主である景光は領地の繁栄のため鬼神と取引し、対価として生まれる我が子を差し出した。時は流れある日、幼い盗賊どろろは妖怪に襲われている所を謎の少年に助けられる。その少年の身体は、どこもかしこも造り物なのであった。
{/netabare}
感想
{netabare}
後半のほうが、ちょっとわかりにくかったけど
公式ページの紹介動画とか見たら、何となく分かったけど
タイトルは「どろろ」なんだけど「百鬼丸」が主人公みたい^^


おはなしはあらすじ通りで
景光ってゆう人が、悪魔(鬼神)と取引して
子どもが顔の骨だけみたいな感じで生まれてきて
すてるように命令された召使のおばあさんが船で逃がしたの。。

それで、体の1部をなくして、いくさで死んだ人たちに
ボランティアでマネキンのパーツみたいなのをつけてあげてたお医者さんが
顔の骨だけみたいな百鬼丸をひろって、体を作ってあげたみたい。。


さいごに、泥の妖怪におそわれてたどろろを助けた百鬼丸が
顔に皮膚ができたみたいだったけど
妖怪をたおして、自分の体を取りもどす、とかゆう設定なのかな?



ドロドロした感じは「墓場の鬼太郎」みたいな感じで
生まれてきた赤ちゃんがかわいそうだったけど
そんなおばけみたいな子供でも
お母さんがすごくやさしくて、ちょっとホッとした。。

川に流される赤ちゃんってゆう元ネタって
旧約聖書のモーセのおはなしなのかな?

原作の手塚さんって
「旧約聖書物語」ってゆうアニメも作ったから、たぶんそうだと思うけど
ヒーローが生まれるフラグみたいなのかも?


「鬼平」ってゆう時代劇アニメがあって
刀で切られてときどき血が「ドバッ!」って出たりしてグロかったけど
ちょっと似てるけど
こっちは妖怪退治モノのホラー、バトル、ファンタジー?

「どろろ」ってゆうか「どろどろ」っぽくって
血が飛び散るところとか、思わず目をつぶっちゃったり。。

妖怪に人が食べられたリしてわりとグロかったけど
主人公(?)の百鬼丸のお母さんがすごいいい人みたいだったり
どろろ少年がかわいかったりして
見ててもあんまりイヤな感じがしなかった。。


背景は色付きの水墨画みたいな感じで
キャラのデフォルメはひどくなくって
どっちかってゆうと、リアルっぽいほうかも?

ちょっと気になったのは
盗賊仲間をうらぎった(たぶん)どろろを、ボスがおどかしたとき
ボスがカメを投げつけられたのに
後ろの仲間たちがボーっと見てるだけ、ってゆうところ

それ以外はキャラはイキイキしてて
バトルシーンとかはとくによく動いててよかったと思う。。


来週は、百鬼丸がこんな体になったおはなしとかがあるのかな?
{/netabare}
{/netabare}
第二話「万代の巻」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
どろろと百鬼丸は万代という女性が治める村を訪れる。百鬼丸は何故か突然彼女を前に剣を抜き、村人たちによって土蔵に閉じ込められてしまう。すると土蔵には先客が居て…。
{/netabare}
感想
{netabare}
バケモノが出て旅人が消える村の正体は
旅人を鬼神に食べさせて、村人を食べられないようにしたついでに
その旅人が持ってたお金で暮らしてる村だった、ってゆうおはなし


どろろは百鬼丸と仲間になりたいって思ってるんだけど
気みたいなものを感じて動いてて
耳も目も見えない百鬼丸とはぜんぜん話しが通じないでいたら

土蔵に閉じこめらた時
「耳なし芳一」みたいな目が見えないおじいさんに会って
目は見えなくても見えるものがある、って教わるの。。


それで鬼神を退治したあと
百鬼丸が書いた漢字の名前をおじいさんが手さぐりで読んでくれて
どろろに百鬼丸の名まえが分かったの^^


おじいさんは百鬼丸のこと、どこかで見たことあるみたい、って思ってたけど
舟で川に捨てられた百鬼丸の気を感じたことがあったみたい。。


さいごに鬼神と取引をしたお父さんが
同盟をむすんでる隣国が国境に兵を集めてる
ってゆう情報をスパイ(?)から聞いて
何かをさぐらせるみたい。。何がおきるのかな?


あと、鬼神の像が1つこわれて、百鬼丸が苦しみだしたけど
これって、この前、顔に皮ができたときとおんなじで
こんどは骨ができた、とかなのかな?



今週も、怪談みたいにこわかったけど
どろろと、おじいさんがいい人で、ちょっとホッとしちゃった^^
{/netabare}
{/netabare}
第三話「寿海の巻」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
医者である寿海は各地を回り、戦で傷ついた人々に義手や義足を与えていた。ある日彼は身体のあちこちが欠けた赤ん坊を川で拾い、造り物の身体を与え育てる。「百鬼丸」と名付けられたその少年は、自らの身体を取り戻す旅に出る。
{/netabare}
感想
{netabare}
はじめ寿海さんが村人たちを貼りつけにしてたところは
かわいそうで見てられなかった。。

でも、自分の罪に気がついて、海に飛び込んで死のうとしたけど助かって
こんどは村人のために、義手、義足を作るようになったってゆうのは
それで罪が消えるわけじゃないかもだけど
ただで死ぬよりはいいんじゃないかな?

そのことを知った、自分の親を寿海さんに殺された弟子(?)の人は
「殺してやりたい」って思ったけど
ほかの子を助けようってしてる寿海さんを殺せなかった。。

それってきっと、助かったあとの寿海さんが
自分を殺せない理由とおんなじなんだって思う。。


それから生まれたばかりの百鬼丸を育てて、妖怪退治を教えた寿海さんは
妖怪を殺す百鬼丸を見て
かんたんに命をうばう人になるんじゃないか?って心配してたけど
寿海さんの愛情をうけて育った百鬼丸は
いい人、悪い人、とかが見えるようになったみたい。。

それで、妖怪(鬼神?)をたおして
自分の体を取りもどす旅に出たみたい。。



やっぱりグロいけど、親のカタキを殺せなかった弟子はいいことしたって思う
でも、せっかくもらった義足を置いてきちゃってかわいそう。。

あと、百鬼丸の弟は、お父さんに愛されてるみたいだけど
お父さんが1番大事にしなくっちゃいけないのは百鬼丸の方だよね?

かわいそうだけど、将来、2人は戦うことになりそうでこわい。。
{/netabare}
{/netabare}
第四話「妖刀の巻」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
どろろと百鬼丸は人斬りの田之介と対峙する。彼が振るう刀は鬼神が宿る呪われた妖刀であった。かろうじて田之介を退けるも、妖刀がどろろの手に渡ってしまい、どろろは妖刀に操られてしまう。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回は妖刀似蛭と
それにあやつられて人を次々殺していった田之助を退治するおはなし。。


田之助がはじめて人を切ったのが戦でつかまえた相手の兵たちで
そのまま逃がすわけにはいかないからって、大将に命令されたからで
でも、妹のところに帰りたい、ってゆう思いで人を切ったのは田之介だから
悲しいけど、妖刀にとりつかれてもしょうがないかも。。

でも、人を切ってまで帰りたいって思った妹と会えたのに
人斬りをやめれなくなった田之介は
妖刀なしでも、もう妖刀の1部になってたみたい。。


お兄さんが切られて泣くお須志(妹)はかわいそうだったけど
妖刀を斬って耳がはえてきた百鬼丸はよかったけど
はじめて聞くのが悲しい泣き声ってゆうのも胸がいたくなるみたい。。
{/netabare}
{/netabare}
第五話「守り子唄の巻・上」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
慣れない「音」に苦しみ、妖怪との戦いで傷を負った百鬼丸は、みおという少女に出会う。彼女は戦で親を亡くした子供の面倒を見ており、百鬼丸も世話になることになった。だが近くに鬼神がいると分かった百鬼丸は傷も治らぬうちにその退治に向かう。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回はつづくになったけど
耳がなれなくって苦しんでる百鬼丸が
やさしくって歌が上手な少女・みおと出会うおはなし。。

みおは戦争で親をなくしたり
傷ついた子どもたちのめんどうを見てるんだけど
そこにどろろと百鬼丸、それにあのおじいさんも泊めてもらったの。。


今のままだとまた戦争がはじまった時あぶないから
おじいさんがいい場所を見つ気て来てくれたから
引っ越したら。。ってゆうことになったんだけど
そこには鬼神が住んでるから、百鬼丸が退治しに行ったんだ。。


さいごに、兵隊のお世話をしてお金を稼いでるみおをどろろがつけてったら
みおが兵隊たちに体を売ってつらそうにしてるところを見ちゃったところと
百鬼丸が鬼神に足を取られて苦しがるところとが映ってかわいそうだった。。



なんだか悲しいおはなしばっかりだけど
このおはなしって、ハッピーエンドになるのかな?
{/netabare}
{/netabare}
第六話「守り子唄の巻・下」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
鬼神から声を取り戻すも、脚を奪われてしまった百鬼丸。荒れ寺に戻り傷を癒やしたのち、再度鬼神に挑みに出る。一方、ミオ達が待つ荒れ寺では…。
{/netabare}
感想
{netabare}
やっぱいさいごはみおを追いかけてきたサムライたちが
みおたちを残党とかスパイだって言って殺しちゃった。。


戦争してる最中だから
わざわざ子どもたちなんか殺しても、しょうがないって思う。。

ほうっておいてもいいのにわざわざみな殺しにするって
イジワルだとしか思えない。。

自分が生きるために殺すんだったら、まだ分かるけど
しなくってもいいのに殺したり、傷つけたりするから
自分にも返ってくるんじゃないのかな?

兵隊たちは百鬼丸が鬼になりかけて殺されてたけど
鬼になりかけた百鬼丸と、罪のない子供たちを殺す兵隊って
どっちも鬼みたいで、鬼どうしが殺しあっただけみたい。。


あと、百鬼丸の実家では
弟の多宝丸が親が何かかくしてるんじゃないか?って気がついてたけど
そのうち百鬼丸と戦うことになるのかな?
{/netabare}
{/netabare}
第七話「絡新婦の巻」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
蜘蛛の妖怪・絡新婦(じょろうぐも)は百鬼丸から受けた傷を癒やすため、人間に姿を変え弥二郎という青年を利用する。絡新婦を取り逃がしたどろろと百鬼丸は、立ち寄った村で人攫いが出るという噂を聞く。
{/netabare}
感想
{netabare}
弥二郎は、鉱山で働かされてる人たちをさらわれたことにして逃がしてて
絡新婦のことも逃がそうってしてたんだけど見つかって
警備兵に殺されそうになって、絡新婦は警備兵を殺そうとしたんだけど
弥二郎に止められて、殺すのをやめたの。。

そしたら百鬼丸の目には絡新婦がふつうの生き物みたいに映って
2人をそのまま逃がしてあげたの。。



動物は殺さない弥二郎と
人は殺さないで生気だけ吸う絡新婦が仲よくなるおはなしで
人間と化物、どっちがいいとか悪いとかじゃなくって
ムダに殺さないって、ちょっとさわやかなおはなしだった☆
{/netabare}
{/netabare}
第八話「さるの巻」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ある村では、黒雲をまとう大百足の鬼神を鎮めるために、若い娘を生贄として捧げる習わしがあった。姉が生贄となった少年・さると共に、百鬼丸はどろろと協力し鬼神に立ち向かう。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしだったけど
黒い雲につつまれて目が見えない百鬼丸に代わってどろろとさるクンが戦って
さいごは、音で鬼神の本体を見つけた百鬼丸がやっつけて
鼻が返ってきて終わりでお姉さんが返ってきてよかった♪

ってゆうおはなしで
いつも口ばっかりのどろろみたいだったけど
べつに口ばっかりじゃなくって
戦わなくっちゃいけないときには戦う、って分かってよかった☆



気になったのははじめの方で「その雲には名前がなかった」って言ってたけど
「残され雲」ってみんなに呼ばれてるんだったら、それって名前w


それから、人を食べるんだったら別に女じゃなくっていいと思う。。

鬼子母神みたく、女の鬼神だっているんだから
男の生贄の方が好きってゆう鬼神だって、半分くらいいそう^^

あと、男の人2人はすぐ殺されたのに
お姉さんは何時間もたっても食べられてなかったのってどうして?
食べるんじゃなくって、新しい花嫁がほしかったのかな?


お姉さんがさるクンに「いっしょに村に帰ろう?」って言ってたけど
どろろたちのせいで、お姉さんは助かったのに2人の村人が死んだから
お姉さんがちゃんと生贄にならなかったからじゃないか?とか言われて
イジメられたりしないか心配。。

村の人たちがいい人たちだったら大丈夫けど
1人ぼっちのさるクンを山から追い出したり
罪のない少女を、何人も生贄にさしだすような自己中な人たちだから
すごい心配なんだけど。。
{/netabare}
{/netabare}
第九話「無残帳の巻」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
風邪で熱にうなされるどろろ。朦朧としながら曼珠沙華を目にしたどろろは、父・火袋と母・お自夜とのかつての日々を思い出す。
{/netabare}
感想
{netabare}
どろろが熱を出して、お母さんたちのことを思い出すおはなしだったけど
戦争はイヤだ、ってゆうおはなしだったみたい。。

妖怪とのバトルはなかったけど
人間どうしが殺しあっててヒサン。。


どろろのお父さんは戦争で村をなくした農民だったのかな?
それで、サムライをおそって食料とかうばう山賊の親分になったみたい。。

ある日、手下の人にうらぎられて逃げたけど
前におそって殺した人の仲間に殺されちゃった。。

そのあとお母さんはどろろをつれて旅をしてたけど
けっきょく死んじゃった。。


あと、どろろが女の子だって分かった^^


お父さんが死んだのは、殺す人は殺されるからしょうがないかな?って。。

うらぎられたのだって、自分たちが生きのこるために人を殺してきたんだから
自分が生きのこるためにうらぎった人のことは何も言えないって思う。。

それより、人を殺してうばった食べ物で生きてきた
お母さんとどろろが助かったんだから、よかったと思う。。


お母さんが熱いシチューみたいな食べ物を両手で受け取って
どろろに食べさせるところは、なみだが出てきた。。
たぶん、もうすぐ自分は死ぬ、って分かってたんじゃないかな?


お父さんをうらぎったイタチ、ってゆう人が
「かしこくないヤツは死ぬ」って言ってたけど
人を殺さないと生きのこれないような世界だったら
にゃんは、早く死んだ方がいい。。


お母さんが死ぬとき
「いつか戦争は終わる、それまでは負けちゃ。。」って言ってたけど
お母さんも、人を殺してうばったものを知ってて食べて生きてたんだから
悲しいけど、死んでもしょうがないって思う。。悲しいけど。。

たぶん「戦争がなくなればいい」って言っていいのは
戦争がおきて、はじめのほうに死んだ人たちだけなのかな?って

あとの人は、人を殺したり
その人を止めないで、ぎゃくに食べ物をもらって生きのこったりしたんだから
人を殺してるのとそんなに変わらないのかも。。

戦場のあとで、死体を食べてた人がいたみたいだけど
その人とあんまり変わらないのかも。。

あのシーンってすごくこわかったけど
戦争で生きのこる、ってそうゆうことだと思った。。

それから、いつか戦争が終わっても
そうやって生きのこった人とか、その子孫が作った世界って
きっとすぐまた、新しい戦争がはじまるんじゃないのかな?

その中には、にゃんも入ってるから
戦争するってゆう人のことは止めないし、悪くも言えないけど
ホントに戦争がイヤだったら
戦争がはじまったらすぐに死ぬしかないのかも?って思う。。


にゃんは、できればそんなことがないように
ずっと戦争がなかったらいいな☆彡って思うだけだけど。。
{/netabare}
{/netabare}
第十話「多宝丸の巻」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
醍醐領内のある村では、村人が湖に棲む妖怪の犠牲になっていた。多宝丸は、側近である兵庫・陸奥とともに村人のため妖怪の退治を買って出る。
{/netabare}
感想
{netabare}
多宝丸って、お父さんが悪い人なのにいい人だし
お付きの人たちもかっこよかった☆

バトルだったけど
多宝丸はカニの化け物を小さい沼に移して水をぬくとか、頭もいいよね^^

さいごは百鬼丸に助けられた、ってゆうか
いっしょに戦ったことになるのかな?

話すチャンスがないのがザンネンだったけど
お父さんは百鬼丸を殺そうってしてるんだから
そのうち2人が戦うこともあるのかも?ないといいけど☆彡
{/netabare}
{/netabare}
第十一話「ばんもんの巻・上」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
醍醐領に入ったどろろと百鬼丸は、国境の砦跡地に残る1枚の巨大な板塀「ばんもん」の存在を聞く。百鬼丸はばんもんに現れる狐の鬼神と対峙するのであった。
{/netabare}
感想
{netabare}
とうとう最後に百鬼丸がお父さんに会ったね。。


お父さんは、国を豊かにするために百鬼丸を鬼神のいけにえにしたのに
そのいけにえが次々体を取り返して帰ってきちゃうなんて
そのせいでこの国には雨がふらなくなったのかな?

お父さんはきっと、百鬼丸のこと殺そうってするんだろうな。。

でも、お父さんがもし、鬼神に勝てる百鬼丸に勝てるんだったら
ふつうの人間ができないことができる鬼神より
お父さんのほうが強いってゆうことだから、鬼神なんかいらないよね?

いっそのこと鬼神なんかうらぎって、百鬼丸にあやまって
国をよくするために
鬼神をほろぼしてくれるようにたのんだほうがいいかも?


そのときはお父さんは死ななくっちゃいけなくなるかもだけど
百鬼丸は体を取りもどして、あやかしもいなくなるし
お父さんがいなくっても
多宝丸と百鬼丸が助け合ったら、いい国になりそう☆彡
{/netabare}
{/netabare}
第十二話「ばんもんの巻・下」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
我が子を鬼神に差し出した景光。奪われた身体を取り戻さんとする百鬼丸。今二人は、運命に引き寄せられるように向かい合う。
{/netabare}
感想
{netabare}
お父さんから「生まれぞこない!」って言われて
多宝丸も悪いことだって思いながら
この国と民を守るために百鬼丸におそいかかって
お母さんも止めらなくって自殺しようってして
とちゅうから涙が止まらなかった。。


お父さんって、鬼神は信じても、神さまとか仏さまとか信じてないのかな?

醍醐の国をよくするくらいの力を持ってる鬼神でもたおせない百鬼丸って
神さまに守られてるとしか思えないんじゃないかな?

それなのに百鬼丸をたおそうってするとか
神さまにさからうのとおんなじじゃないのかな?

それだと、しばらくは国はよくなるけど
そのあとはつぶれそう。。

国をよくしたかったら、今のうちに
百鬼丸といっしょに鬼神をやっつけた方がいいんじゃないのかな?
{/netabare}
{/netabare}
第十三話「白面不動の巻」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
醍醐領を出たどろろは、滝の裏にそびえ立つ巨大な不動明王像を目にする。この不動の正体は、人間の顔を集め自分のものにしてしまう妖怪なのであった。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回は、白面不動にあやつられて
どろろのお母さんそっくりに化けたおかかが
百鬼丸の顔を取ろうってするおはなし。。



OP、EDが変わって
どろろもちょっとだけど自分から話すようになってよかった☆


百鬼丸がおかかの正体を見やぶれなかったのはちょっと変だったみたい。。
人間でも、悪い気もちを持ってる人なら色で分かるはずなのに。。

あと、百鬼丸がお母さんの顔を知らなかったから
化けれなかったってゆうのはあったけど
声は変わってたし、どっちにしても見えないんだから関係なかったみたい。。


おかかはさいご、正気にもどったみたいで
仏さまみたいなどろろに見守られて消えたから
天国に行けたらいいな☆彡


あと、今まで出てきた、きれいな女の人の名まえが
おすし、おじや、おかかって、食べ物の名まえで
そのうち、おかしとか出てくるかも?おかしいw
{/netabare}
{/netabare}
第十四話「鯖目の巻」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
どろろと百鬼丸は訪れた焼け寺の跡地で、辺りを治める鯖目という男に出会う。鯖目の屋敷に招かれ焼け寺と妖怪の話を聞くが、不審な点を感じる二人。
{/netabare}
感想
{netabare}
鯖目ってゆう親切な人の家に招待されたら
芋虫妖怪のエサにされかかったから、退治しようってしたら
親の蛾の鬼神が助けに来て、つれてっちゃった。。ってゆうおはなし



芋虫に手がはえた妖怪が、気もち悪かった。。


今回の鯖目ってゆう人は、何だか百鬼丸のお父さんに似てて
鬼神に人を食べさせる代わりに、領地を守ってもらってるんだけど
鬼神が女で、ってゆうことは夫婦なのかな?

はじめのほうに出てきたお母さんと子どもみたいな妖怪は
鯖目が来たら消えちゃったけど、何だったんだろう?
鯖目に殺された霊とか?

いろいろありそう。。


それからどろろの背中の刺青が「ゴールデンカムイ」みたいに
侍たちからうばったお金とかの地図になってるみたい
でも、お母さんは死んじゃったけど、どろろの地図だけで分かるのかな?
{/netabare}
{/netabare}
第十五話「地獄変の巻」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
鯖目は自分が治める里を守り抜くため、鬼神に人を喰わせていたのであった。百鬼丸は再び蛾の鬼神と対峙する。その頃、蔵に閉じ込められていたどろろは…。
{/netabare}
感想
{netabare}
やっぱり先週のはじめに出てきた妖怪は
殺された子どもたちの霊だったみたい
蔵に閉じ込められたどろろを助けてくれたの

そのころ百鬼丸は羽化したばっかりの蛾の鬼神と戦って
逃げた蛾が原因で村の蔵まで燃えて
村の人たちはこの冬を越せないかも?

それを見たどろろは、百鬼丸を止めようってしたんだけど
百鬼丸はそんな気はないみたいで、1人でどんどん歩いて行っちゃって
1人になったどろろは、元盗賊の仲間から、背中の地図をねらわれて
おそわれそうになったところでオシマイ。。



「鬼神の何匹か殺してもこの世界は変わらない」って
お坊さんが前に言ってたこと、どろろが思いだしてたけど
きっと、リアルでもおんなじなんじゃないかな?って

リアルの鬼神はえらい人たちとか、お金持ちの人で
その人たちはいい暮らしをして、貧しい人たちが死んでくって
きっとどんな時代でも、今でも、変わらないって思う。。


でも、革命を起こして、エライ人を殺しても
そのときちょっとはよくなるかもだけど、鬼神を殺すのとおんなじで
けっきょくえらくなった人たちが、またおんなじことして。。
のくり返しで、この世界は変わらないって思う。。


それってたぶん、だれの心の中にも鬼神が住んでて
えらくなったりすると、心の中の鬼神も大きくなるからなのかも?

だから、ほんとにこの世界を変えたいって思ったら
先に、自分の心の中の鬼神を殺さないとダメなんじゃないかのかな?って
{/netabare}
{/netabare}
第十六話「しらぬいの巻」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
どろろはイタチに連れられ、火袋が金を隠したとされる岬へと向かう。岬に渡るための舟を探していると、片腕の少年・しらぬいに声をかけられる。
{/netabare}
感想
{netabare}
お父さんが金をかくしたってゆう岬に渡ろうとしたとき
舟に乗せてやる、って声をかけてきた少年しらぬいは
大きなサメを2匹飼ってて、2台の舟をひかせて海を渡るとちゅうで
1台の舟をサメにおそわせて、エサにしたの。。

もう1隻の舟を夕飯用にのこしてしらぬいが帰ったあと
どろろは、それを見てあきらめたイタチたちをはげまして
サメを殺す作戦をたてて、自分がおとりになってみんなでサメを刺したんだ。。


それで岬について、追いかけてきたしらぬいを半殺しにして
けっきょくどろろは金の案内をさせられることになったんだけど
半殺しになった不知火が、残ったサメを呼んだら
サメが化物に変身しかけたところでオシマイ。。


今回のおはなしはサメがこわかったし
イタチのおどかされて案内させられるどろろがかわいそうだったけど
考えたらビミョーかも?

おはなしはいつもの
人をだまして妖怪のエサにする、ってゆうパターンだったし

どろろのお父さんって、部下にナイショで分け前をかくしてたんだから
家族のためだけに残しておいたんだったら、ただのドロボウだと思う。。

自分と仲間たちの将来のためにかくしておいたんだったら
お父さんはもういないんだから
イタチたち盗賊の仲間で分けるのが当たり前なんじゃないのかな?って。。
{/netabare}
{/netabare}
第十七話「問答の巻」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
寿海は戦場跡で血まみれになった百鬼丸と再会し、百鬼丸の奪われた身体と鬼神の関係を知る。新しい義足が欲しいと寿海に求める百鬼丸だったが…。
{/netabare}
感想
{netabare}
あらすじのおはなしで
寿海さんが百鬼丸に新しい足をあげなかったのは
それで、もっと、人が死ぬかもしれないから、だったみたい。。


さいごに百鬼丸が寿海さんと別れるとき
寿海さんのこと、誰か?って聞いた百鬼丸に寿海さんが答えないでいたら
「おっかちゃん」って言った百鬼丸にはナイスボケ賞あげたいw



今回のおはなし見てて、にゃんが思ったのは
たぶん1番いけないのって、醍醐景光さんで
領民を守りたくって鬼神と契約したんだったら
自分の体を食べさせたらよかったのに☆彡って。。

それで、自分が死んで家族がバラバラになっても
領民は生きのこれるんだったら、それでいいんじゃない?

でも、自分も生きたいから、生まれてくる子供をイケニエにする。。
ってゆうんだったら
ホントは領民のためじゃなく、自分を守るために領地を守りたいだけで
景光さんが鬼神そのものだと思う。。

それから、どろろが体を取りもどすのをジャマする人たちも
どろろの体をとった鬼神の仲間だと思う。。


自分が死ぬのがイヤだから、取り返しに来た百鬼丸を殺そうってするのは
自分たちが鬼神の仲間だってゆうのとおんなじで
鬼神の仲間でいるのがイヤだったら
代わりに自分がイケニエになったらいいだけなのに。。


にゃんがもし百鬼丸だったら
戦ってまで体を取り返そうなんて思わないけど
百鬼丸は自分の物を、鬼神とその仲間から取り返してるだけなんだから
ぜんぜん悪くないって思う。。

そのために観音様も、百鬼丸を助けたんだと思う。。

もし観音様が
「百鬼丸を殺しても領民を助けた方がいい」って思ったんだったら
鬼神の仲間になった人たちを守るために
百鬼丸を殺してたって思う。。


聖書の黙示録の中に
「あなたが生きているとは名ばかりで、実は死んでいる。」
ってゆう言葉があるけど

誰かを殺しても自分たちが生きのころうってする人は
生きてても、死んでるのとおんなじなんじゃないのかな?って。。


さいごに寿海さんが百鬼丸を送り出したあと
死にかけたあやかしにかじられて
「これまでわしなど、生きてるものとは見えていなかったか」
ってつぶやいてたけど
寿海さんも今まで、生きてるとは名ばかりの1人だったのかも?
{/netabare}
{/netabare}
第十八話「無常岬の巻」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
サメの鬼神が咆哮を上げ、身動きの取れないどろろに襲いかかる。その頃、岬には多宝丸の率いる軍勢が迫っていて…。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回はサメの鬼神二郎丸、しらぬい、どろろとイタチ、百鬼丸、多宝丸たち
みんなゴチャゴチャになってバトル回。。


前にも書いたけど、多宝丸たちは、自分たちが鬼神の仲間なのに
百鬼丸のことを鬼神って呼んだりして、おかしいよね。。

そんなに民が大事だったら
自分の命を鬼神にあげて守ったらいいのに☆彡


イタチは自分の命より、お宝の方が大事だったみたい。。

でも、さいごはどろろをかばってくれたから
ホントに悪い人じゃなかったみたいで
多宝丸よりずっといい人かも?


しらぬいもいろいろあったみたいだけど
人間をサメにたべさせるなんて、頭がおかしいと思う。。

二郎丸をたおしたら百鬼丸の足がもどってきた。。

にゃんは、二郎丸が鬼神になったのって
しらぬいが二郎丸たちに、人間をエサにあげてたせいだって思ってたけど
しらぬいの歳は、百鬼丸とそんなに変わらなそうだし
三郎丸は鬼神じゃなかったから

二郎丸が鬼神だったんじゃなくって
しらぬいのうらみが、百鬼丸の足を持ってた鬼神を呼びよせて
二郎丸に取りついた、ってゆう方があってるのかも?
{/netabare}
{/netabare}
第十九話「天邪鬼の巻」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
どろろと百鬼丸は折れた刀を直すため、宗綱という刀鍛冶が住む村を訪れる。宗綱の家に向かうと、娘のおこわの出迎えを受けるのであった。
{/netabare}
感想
{netabare}
今週は、お寺に封印されてた天邪鬼が逃げ出して悪さをしてた村に
どろろと百鬼丸が立ちよって、百鬼丸がおこわと結婚しちゃいそうになった
ラブコメっぽいおはなし


その村の村人は、反対のことをゆう人たちなんだけど
百鬼丸が鍛冶屋さんの娘に気に入られて結婚することになっちゃって
反対しようとするどろろまで、ホントのことが言えなくっておめでとう
とか言っちゃうの。。

でも、それが天邪鬼のしわざだって分かって
退治しようってした百鬼丸まで
天邪鬼にあやつられてどろろを殺そうってしたんだけど
そこに鍛冶屋さんが来て、後ろから天邪鬼を丸太でなぐってオシマイ。。

おこわとの結婚はなかったことになったけど
おこわは、別の人にプロポーズされて、その人と結婚することになった
ってゆうおはなし^^



百鬼丸を止めれなくって、いじけるどろろがちょっとかわいそうだったけど
おこわにぐいぐいせまられる百鬼丸がおかしかったし
鬼も人殺しみたいなことしなかったし、バトルもなくって
いつもは暗いおはなしが多いからおもしろかった^^


あと、おこわの村が、なぜか名古屋弁っぽくって
「八十亀ちゃんかんさつにっき」を見てるから何だかおかしかった^^
{/netabare}
{/netabare}
第廿話「鵺の巻」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
妖怪を探し山道を歩いていたどろろと百鬼丸は、賽の目の三郎太という少年に出会う。自分も妖怪を狙っている、と言う三郎太と共に退治に向かうのであった。
{/netabare}
感想
{netabare}
自分のお母さんが鬼神に食べられて、その鬼神と戦わないで逃げた三郎太は
ほかの人も自分と同じ目に合わせようって、鬼神の味方になってたの

百鬼丸はその鬼神と戦ってて
食べられて鬼神の1部になった三郎太ごと鬼神を殺したけど
体はもとにもどらなかった。。

それで自分の体は醍醐景光のところにあると思った百鬼丸が
そこに向かっていくところでオシマイ。。



いままでにも百鬼丸は人を殺してきたけど、ぜんぶ、鬼神の仲間だったし
百鬼丸が、自分の体を上げる約束で鬼神と契約したのに
気が変わって鬼神をたおしてるんだったら悪いのは百鬼丸だけど
にゃんは、百鬼丸って何にも悪いことしてないと思う。。

それから、多宝丸はやさしいいい人だけど
前にも書いたとおり、そんなに人を助けたいんだったら
自分の体を鬼神にあげたらいいのに☆彡って

もしそれがダメだって鬼神が言ったんだったら
少なくっても、百鬼丸にわけを話して
「うん」ってゆうまでイケニエになってくれるようにたのむとか。。

とにかく、人の物をかってに誰かにあげるって
ドロボーとおんなじで
人の命をかってにあげたら、鬼神の仲間だから。。

今まで、鬼神の仲間になって


にゃんは反対する人(鬼神の仲間)はぜんぶ殺しても
百鬼丸はちゃんと自分の体を取りもどした方がいいって思う

それで、取りもどした体は自分の物だから
それで領民を助けるのも自由だし、助けないのも自由だから
助けたいって思ったら
自由に、自分の体を鬼神に食べさせて、領民を守ったらいいって思う。。


でも、その前に、自分の体は取りもどさないと
百鬼丸は自由じゃないから。。

自由じゃないのってロボットとおんなじで、人間じゃないから。。

きっと百鬼丸って、生まれてきたけど
体がそろうまでは、まだホントには生まれてないのかも?


醍醐さんたちにも、そのことに気がついてほしいな☆彡
{/netabare}
{/netabare}
第二十一話「逆流(ぎゃくる)の巻」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
醍醐景光は隣国の朝倉との戦の準備を進めていた。醍醐領に百鬼丸が向かっているという報せを受けた景光は、多宝丸を討伐に向かわせる。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回のおはなしを見てて、景光さんが自分のことだけ考える人じゃない
ってゆうのは分かったけど、たくさんの人を助けるためには
少ない人たちを殺しても平気、ってゆうのがよく分かった。。

今まで見てきたおはなしで
15話で自分が治める里を守り抜くため、鬼神に人を喰わせていた鯖目とか
16話のサメ少年のしらぬいとか
鬼神でも、自分の家ぞくとか仲間は守るってゆうのが分かってるから
やっぱり景光さんは鬼神の仲間だって思う。。


百鬼丸は、この前の感想でもちょっと書いたけど
生まれてきたけど、鬼神に体を取られて鬼神として生まれてきたから
体をぜんぶ取りもどすまでは、人間じゃないんだと思う。。

だって、体と心って1つで、
体のない心って幽霊だし、心のない体はただの物だからロボットとおんなじで
きっと、体をぜんぶ取りもどしたら
人間の心も取りもどせるんじゃないかな?って。。

それで、体といっしょに人間の心をぜんぶ取りもどしたら
はじめて自分の体と心を自由にできるんだって思う。。

でも、醍醐家の人たちみたく
たくさんの人をすくうために、ほかの人たちを何人か殺してもかまわない
って思うのが人間なんだったら、人間なんてならない方がいいかも?
{/netabare}
{/netabare}
第二十二話「縫の巻」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
醍醐の城に連れ去られ牢に閉じ込められてしまったどろろ。その牢の前に縫の方が現れる。一方、どろろと身体を取り戻さんと醍醐の城に向かおうとする百鬼丸の背後に、アヤカシと化したミドロ号が立っていて…。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回のおはなしは、百鬼丸のお母さんのおはなしで
つかまってたどろろを逃がして、自分もいっしょにお城を出たんだけど
もともと、百鬼丸のことを忘れられなかったみたいで

百鬼丸をすてるようなこと言っちゃったけど
ほんとは誰よりも大事に思う気もちが伝わってきて
見ながら泣きそうだった。。


そのころ百鬼丸は、アヤカシになったミドロ号に乗って
どろろを取りもどすのに兵隊たちをおそってるところで
自分もアヤカシになっちゃったみたい。。


それから、多宝丸も
百鬼丸以外は取り引きしない鬼神に取りつかれてアヤカシになって
百鬼丸と戦うみたい。。


見てて、悲しい、ってゆうかバカみたい、って思ったのは
1番が、お父さん(景光)が鬼神と契約したことで

2番が、百鬼丸の体を鬼神に渡したあと
生まれたばかりの百鬼丸をすてさせたことだと思う。。

百鬼丸は、みんなをすくった神さまみたいな人なんだから
すてたりしないで

「百鬼丸はこの国を守ってくれてる神さまなんだ」って
百鬼丸にも領民にも言い聞かせて、ちゃんと大事に育ててたら
百鬼丸も「自分はみんなを守るために生まれてきたんだ」って思って
あばれることはなかったんだと思う。。

そんな大事な人を大事にしなかったんだから
バチが当たったんじゃないかな。。
{/netabare}
{/netabare}
第二十三話「鬼神の巻」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
百鬼丸は、鬼神の力を宿した多宝丸、陸奥、兵庫と対峙する。駆けつけたどろろ、縫の方、琵琶丸は、醍醐の国の行く末を巡る、凄まじい戦いを目のあたりにするのであった。
{/netabare}
感想
{netabare}
百鬼丸と多宝丸、陸奥と兵庫の姉弟とミドロ号のバトル回だったけど
姉弟が負けて百鬼丸が手を取りもどしたおかげで
刀の届く距離が変わって、動きにくくなっちゃったんだ。。

そのことを知った多宝丸は
障害物が多いお城に百鬼丸をおびき出して
戦いがはじまったところでオシマイ。。


逃げてきた村人たちが、百鬼丸のせいで国が悪くなったみたいなこと言ったら
百鬼丸のお母さんが
「それはそうなんだけど、誰かにたよって手に入れた平安はもろい。。
自らの手でつかまなかったものは、守ることもできない。。」って

それを聞いてどろろも
「オイラたちは村をおそわれたりして、侍のせいにしてたけど
守りたいもの、ほしいものがあるんだったら
アニキみたく、地面をはってでも自分たちでつかまないとダメなんだ」って

それでこんどは琵琶法師さんが
「でも、気をつけないと、力を求めた先は修羅鬼神かも知れない。。
だからと言って、仏の道、情けの道を行けば。。
どちらに振りきっても、人じゃなくなる」って。。


にゃんはそれを聞いて「カオスの縁」ってゆうの思い出した。。

にゃんはムズカしすぎて説明は書けないけど
きれいにならんで動かないものも、でたらめすぎるものも
命を持てなくって、そのとちゅうのどこかにある
カオスの縁ってゆうところで、命は生まれるんだって。。

動かないのは死体とおんなじで
頭が回転したり、ウデが反対に曲がったりしてでたらめに動くのは化物だから
ふつうに生きてる人は、そのとちゅうのどこかにいるってゆう感じかな?

人も、いい人すぎたら神さまになっちゃうし
悪すぎたら鬼神になっちゃって人じゃなくなるんだったら
そのとちゅうのどこかにいなくっちゃいけなくって
人でいるには、いいことも悪いことも、ちょっとするくらいがいいのかも?
{/netabare}
{/netabare}
第二十四話「どろろと百鬼丸」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
炎に包まれる醍醐の城。運命に翻弄される血を分けた兄弟。どろろ、寿海、縫の方はそれぞれの想いを胸に抱え城へ向かう。産声さえあげられなかったその命が辿り着く先は、果たして―。
{/netabare}
感想
{netabare}
けっきょく百鬼丸は多宝丸を殺さなかったけど
お城に来たお縫いの方と寿海さんといっしょに燃えちゃったみたい。。

お縫いの方と寿海さんは、百鬼丸といっしょに逃げられたんじゃやないかな?
って思ったけど

お縫いの方は百鬼丸を抱きしめられたし
あとは、今までほおってた多宝丸といっしょに、死んであげたかったのかも?

寿海さんは、死ぬ場所をさがしてたから
自分で作った観音像を、百鬼丸に渡せたから死ねてよかったのかも?


そのあと、鬼神のお堂に行った百鬼丸は、そこにいた醍醐景光に
「殺せ、そうしたら多宝丸といっしょに鬼神になってこの地を守る」
って言われたけど殺さないで、観音像を置いて
「オレの行く道はそこじゃない、あんたも鬼神になるな」
って言って、どろろは村に残して1人で旅に出てったの。。


そのあと、きれいな娘になったどろろのところに
百鬼丸がもどってきた?ってゆうところでオシマイ。。



鬼神にならなくったって、戦国時代で殺しあったらおんなじことみたい。。
そのあと景光さんは出家したのかも?

どろろはあのお金で、醍醐の国をみんなの国にしたのかな?

でも、お金だけいくらあっても、国は守れないから
やっぱり戦国時代だったら、人殺しはしたのかも?

だけど、おそわれて、しょうがなく戦って殺すのと
自分がおそって殺すのはちがう、ってこのおはなしは言ってたのかも?


どろろの国が、戦国時代をこえてたらいいけど☆彡
{/netabare}
{/netabare}


見おわって。。


領主の親の契約のせいで、体を鬼神に取られて生まれてきた少年が
すてられたけど人形師にひろわれて、人形の体を作ってもらって大きくなって
体を取りもどすために、とちゅうで出会った親のいない子といっしょに
鬼神を退治してくおはなし。。


鬼神と戦うだけじゃなく、人どうしが殺しあったりする
悲しいけど、考えさせるおはなしが多くって
だからグロいけど、絵はすごいきれいだった。。

テンポもよくって、ときどき入るコメディも、よかったって思う。。


「進撃の巨人」くらいグロくっても大丈夫な人にはおすすめかも。。

投稿 : 2021/12/31
閲覧 : 1283
サンキュー:

77

ネタバレ

アルジャーノン さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

原作をめっちゃいい感じにリメイクしてる

並行して原作も読みました。
少しというか結構原作の設定より変えてるけど、
原作リスペクトがありつつ別の作品かってくらいいい感じに仕上がっててどちらもいいなと思いました。
ちょっとチープな設定もあったりして目についたけど毎週たのしみでした。
二人の絆?敵なのがすごくよかったです。
第何話か忘れたけど1話だけ作画に癖がありすぎて受け付けませんでした。

投稿 : 2021/09/24
閲覧 : 358
サンキュー:

2

ネタバレ

もっちょん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

失われた体を取り戻し鬼神と戦う

見やすさ☆2.5
手塚治虫作品です。戦国時代、侍たちが戦さをし困窮していた時代、ある領主が自分の子供を犠牲に鬼神(たぶん化け物の類)に繁栄をお願いをし、その子供は身体を失って捨てられてしまうのですがある人に拾われて育っていきます。その子が成長した後、自分の身体を奪った鬼神たちから身体を取り返すべく旅出る話です。

投稿 : 2021/09/21
閲覧 : 410
サンキュー:

2

ネタバレ

Win-CL さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

原作が好きであれば好きであるほど、歯痒くなってくる作品

(わりと辛口に評価しています)

まず一番に本題を。
原作を読んでいる人には賛否両論の作品だと思います。
この作品からどろろを知った人には、素直に楽しめるものかと。



原作と違い、喋れない・テレパシーが使えない、意思疎通もままならない状態のためか
百鬼丸には“人間性”というものが殆ど感じられないものになっています。

『俺を返せ!!』はゲーム版どろろのキャッチコピーだったか。
今作の百鬼丸は言いそうにないですね。
人形が人間になっていく物語、『そういう作品なんだな』と思うしかない。

身体を一つ取り返す度に、全身で喜び、感動する百鬼丸とは違い
人間の感覚を得ることで、痛み、悩みを覚える百鬼丸の作品です。


48体だった魔物も12体と大幅に削られ、
恐らく失った身体の部品についても同様に。

聞いたところによると2クールらしいので、流石に全部倒してくれるのでしょう。原作は打ち切りのような終わり方でしたが、これで中途半端に終わるとは考えにくい。


OP・EDは作品の色に合ったものとなっており
画も現代リメイクをしたに値する出来ではあります。
戦闘シーンなどキャラクターの動きに目を見張るものがある。

ただ、冒頭に書きましたが
唯一、シナリオだけは原作読者にとって賛否分かれるものになるかと。


魔物も原作通りなのは万代と妖刀ニヒルぐらいで、あとはただの倒すべき化け物に成り下がっています。オリジナルの蟻地獄と蟹と百足、なんだあれは。

原作にあった、キャラクター性の強い妖怪たちがどろろの魅力だったのに、この作品では、それらが一切ありません。

(※二クール目のOPに何体か妖怪が出ていましたね。やっと、といった感じです)

13話 白面不動が出てきましたが、{netabare}なんで一言も喋らないんでしょうか。おかかが仏像の記憶を持っていたし、意識が共有されてたみたいだったから? それにしても、半ば事故みたいな処分のされ方をした上、不動本体もあっさりと倒され、肩すかしを受けた気分です。『顔がほしい!』の一言も喋らないなんて……。やっぱりコレジャナイ感。{/netabare}

14話 {netabare}マイマイオンバがやっと出てきましたね。少しストーリーに改変はありますが、『どろろ』としての作品の色は出ているように思えました。OPに出ていましたが二クール目からやっと原作妖怪を相手に進んで行くことを期待しています。{/netabare}


他にも{netabare}みおが身体を売るシーンなど、原作でぼかされていたシーンまでわざわざ描画したり{/netabare}
これは必要だったのか?と首を捻る改変が多々あるので
同じ設定を使った別物と考えた方が精神的に楽。

手塚治虫先生の『どろろ』が素晴らしすぎたが故に、現代でリメイクするにしても原作を越えることはできないということが、はっきりと分かる作品だと思います。

原作を知らない人は、重い話でも平気なら素直に楽しめると思います。
でも、これをきっかけに漫画も読んで欲しいな。

『どろろ』を期待していた自分は、現段階で3.3という満足度。
最後まで視聴して、最終的な評価をする予定です。

投稿 : 2021/05/24
閲覧 : 1131
サンキュー:

6

ネタバレ

かんぱり さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

もやもやした余韻が残りました

手塚治虫原作みたいですが、原作未読です。

渋い題字とか、ベベベンと鳴る琵琶?の音とか、時代劇って感じで雰囲気出てていいですね。
こういう日本の時代劇アニメってあまり見ないので、新鮮に感じました。

OP(前半)は作品の雰囲気にとても合ってて良かったです。

物語はある理由で体の大部分を奪われた百鬼丸が、こそ泥をしていたどろろと出会い、体を取り戻すべく、鬼神と呼ばれる化け物たちを退治していくために旅をしていきます。

しかし鬼神に百鬼丸の体を差し出す代わりに領地の安定を得た領主であり百鬼丸の父である 醍醐景光は、領地を護るため、百鬼丸の弟の多宝丸と共に百鬼丸を倒そうとします。

領主の立場だと、領民たちの幸せ>百鬼丸になるのでしょうか。
犠牲になった百鬼丸がかわいそうだし、そもそも鬼神にすがらなくては領民を救えなかったのでしょうか。

これにどう答えをだしていくんだろう・・と思いながら見ていました。

エピソードだと、みおの話は切なかったです。
それから百鬼丸の育て親と再会した時、名前を名乗らない相手に百鬼丸が、おっかちゃん、というところはじわっときました。

回を重ねるごとに、百鬼丸とどろろの絆が深まっていくのは良かったです。
何かそこから救いが出ればいいなと思いつつ・・

醍醐と朝倉の戦が始まる。
多宝丸は醍醐を強国にすれば平和がくるというけど、戦は醍醐の民も相手の国の民も不幸にするよね。

百鬼丸は体を取り戻すために、多宝丸は醍醐のために戦う。
この戦いの最中、百鬼丸と多宝丸はどちらも鬼神になってしまい・・
そしてお互いの信念のために戦う百鬼丸と多宝丸。

力をつければ鬼になる?
心があれば鬼にはならないというどろろ。
どろろが百鬼丸の心になれば・・どろろが希望なのかな。

鬼神って結局なんだったんだろうか?

人々の怨念が鬼神を生み出すのだとしたら鬼神に頼って平和を維持することはすごく危うい上に成り立っている束の間の平和なのではないでしょうか?

鬼神は自分たちの存在を崇めさせるために人間を利用しようと甘い蜜を与えているに過ぎず、このままいけば、第2第3の百鬼丸が生まれたのかもしれません。

醍醐景光は思います。

もし、鬼神に百鬼丸を捧げずに自分の跡目を継いでくれていたなら、鬼神に頼らずとも違う道が開かれたのではないか、と。

平和とは、他に頼らず、自分たちで切り開いていくべきものなのだ、ということなのでしょうか。

良い作品だと思いましたが、視聴後はなにかもやもやした余韻が残りました。

投稿 : 2020/10/03
閲覧 : 506
サンキュー:

18

ネタバレ

もんちろー さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

とても仲良し。

バケモノだけ切る、人間でもバケモノでもない百鬼丸。
バケモノを切る、目が見えないが魂の色が見える坊さん琵琶丸。
孤児で盗品を売りさばくどろろ。
体の一部を作って、仏さんに不足した体の部分を捧げて回る医者、寿海。

生まれた瞬間から体のあちこちが欠けていた百鬼丸。
医者が体の欠けた部分を作り、一緒に暮らしていた。
百鬼丸の不思議な力に気づいた医者が百鬼丸に剣を教え、百鬼丸は強くなった。
バケモノを来る日も来る日も切り、ある日本物の足が生えてきた。
バケモノを切りまくれば、体の一部が戻ってくるらしい。

どろろと百鬼丸は最後離れたけど、きっとまた戻ってくるんだろうなっていう終わり。
大きくなったどろろが『赤い花〜』って歌ってたお姉さんにそっくりだった。

どろろってがきんちょの名前だったんだねぇ。
しかも女の子。
後半にはどろろと百鬼丸がとっても仲良くなってすごく微笑ましい!
琵琶丸がとっても好き。

投稿 : 2020/07/06
閲覧 : 416
サンキュー:

5

ネタバレ

みぃ さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 3.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

命の尊さを感じられる作品

昔、自分のおさめる国のためにひとりの男がたった行動から始まり世は戦の中で人々が生きたいと願うお話で
ひとりの子供とひとりの死にぞこないの男が出会い、旅をし旅の中いろんな大切な人と出会い失い、人々は頑張って生きていくストーリーに惹かれ
1話、2話とすぐに全24話、作品を完走しました‼

どちらかというとかなりグロテスクなシーンがおおいのでそういうのだめな方はおすすめできません。

また、主人公の子供の声優さんですが男の子か女の子か微妙な線があるところがよかったですが、演技は上手とは言えませんでしたね

投稿 : 2020/04/23
閲覧 : 341
サンキュー:

3

ネタバレ

ももじり さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

斬新。

まったく予備知識なしで何となく観出したが、1話で設定の斬新さに驚き、また原作が手塚治虫ということで、2度驚く。
昔の作品が原作なのに、最近のマンガやアニメより斬新。
体を取り戻す度に少しづつ弱くなっていく。
そんな主人公見たことない。
また、ストーリーに説得力があってすごく良かった。
この時代の過酷さが十分表現されているからこそ、欲しいものは自分の手で掴み取る強さが必要だという、どろろの言葉が胸に刺さった。
最後の最後で、あれだけ俺は絶対正しい!って感じだった百鬼丸の父親が自分の過ちを認めたことや、成長したどろろと百鬼丸の背景が黄金の稲穂であったこと、本当に良かった。
また、百鬼丸とどろろが対照的なところも良い。
百鬼丸は絶望を知り修羅の道を歩むことになる。
どろろは両親の死を経験するも、素晴らしい両親の背中を見てきたことで、希望を捨てなかった。
2人とも本当に良いキャラしてる。

投稿 : 2020/03/13
閲覧 : 318
サンキュー:

4

ネタバレ

ただだ さんの感想・評価

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:途中で断念した

ミオという女の行動で惨殺される子供達の話

こういう話を絶賛してるような人間ってホント気持ち悪い。
リスクが大きすぎて普通しないだろというような行動をとったミオを見ると可哀想という感情よりも作者、スタッフの自己満オ〇ニーの犠牲になった舞台装置を見ているようで溜息がでる。胸糞悪い展開で最近だと鬼滅の刃の作者も同じで虫唾が走るがあっちの死んでいく敵なんかの薄っぺらい感動エピソードが後付けされるよりかはマシかな…どっちもどっちだけど。こういう話が流行るのだけはマジで勘弁してくれ。

投稿 : 2020/02/02
閲覧 : 467
サンキュー:

2

ネタバレ

runa21 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

途中からな・・・

読んだことは無いのですが、
手塚治作品とのこと。

はじめから、ぐぐぐっとひきつけられる展開に
軽業師のようなアクションが繰りほろげられて
テンポよく物語が進んでいく。
さすがは手塚治と思いながら見てました。


ただ・・・もったいないなと感じたのは
中盤以降かも。


ラストに向かう展開に、
すごく不穏な空気が漂い始めて、
「きっとこの物語は何一つとして救われずに終了するんだろうな」
というラストが頭の中にちらついてくる。


生まれた瞬間から
受難を抱えた百鬼丸。
彼は自分の体を捜す旅の中で、
さまざまな領主や、戦の犠牲となりながらも
強く生きる人々と出会っていく。

特に、両親を無くしながらも
明るく強く生きるどろろの姿を
常に見てきた彼が、
あのような結末に進んでいくのが
どうも納得ができない・・・。

あの旅はいったいなんだったのか?
体を取り戻すためだけの旅だったとするラストは
前半の物語のよさをつぶしてしまったような気がしてならない。

そこがもったいないなと感じた。


誰かを犠牲にした平和は
簡単に壊れてしまうものだといった、
メッセージ?のようなものは感じられたが、
前半のよさを台無しにするようなラストの展開に
どうも不完全燃焼だったのはもったいないな。

投稿 : 2019/11/16
閲覧 : 363
サンキュー:

9

ネタバレ

もも さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

かなりアニメーション

悲しい衝突で、見る甲斐がある。
豊かなキャラクターなので、一部良作だ。
どろろは女の子だと思わなかっか。

投稿 : 2019/09/29
閲覧 : 290
サンキュー:

2

ネタバレ

御花畑 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.4
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 2.5 キャラ : 1.0 状態:観終わった

ほげたら(改変が鬼畜仕様だったとは)

このタイミングでのリメイクを心から喜んだ原作ファンで期待も大きかったのだけれども、観終わった後どうしてこうなったのか?と脱力感が半端無かった。

1クールめはそれでもまだ良かった。
広げた話に収拾を付けたすばらしい見所が用意されているに違いないと、巧くすればかなりの名作になる気がしていた。
ところが、これが見事にあさっての方向に飛んでいってしまい、迷作と化したとしか言い様は無い。

キャラブレや話の整合性の欠落、説明セリフでお茶を濁した諸々、回収無しの設定、そして根本的な問題として作品とキャラクターの扱いの酷さなど、アラが事あるごとに露呈したまさかの展開だった。
高評価の向きもあるようだが、私は到底納得していない。

{netabare}
音を聴く事が出来るようになり、声を取り戻し、これで百鬼丸は周りとのコミュニケーションが増えるのだから、そこから学び人らしくなっていくのだろうと思っていたのだ。
けれども、いつまで経っても喜怒哀楽が薄く、かと思えば激昂するばかりで、こんな人にどうやって感情移入すればいいのかと見ている私は戸惑い、気付けばもはや彼はただ痛い主人公と化していた。

育ての親の寿海に再会してからどろろの存在を気にかける素振りをはっきりと見せるようになったものの、しかし一応この作品はバディものなのだし、ただどろろが付いてきてくれたらいいような描き方では相棒の意味も醍醐味も、突き詰めてどろろの存在意義でさえもがそっちのけであったようにしか見えはしない。

だから23〜最終話とそのラストはツッコミどころ満載で、白々しくも都合良く嘘っぽい仕上げだと感じてしまった。
最後の成長した二人の姿は幻なのでは?と、現実感が異様に乏しく煙に巻かれたような。
一体これで「どろろ」というタイトルを使った意味がどこにあるのか、私にはよくわからない。

作品を見た個々人に想像の領域がある事は当然だけれども、作品は描かれた事が総てだと考えているので、 描かれなかった事への希望的観測による延長線上の想像は私には出来ない。
だから、どろろが百鬼丸を導き救った存在だからこそ二人に明るい未来があるとか、そんな美しい終幕の彼方は残念ながらこのアニメどろろからは読み取れはしないのだ。

それほどに、ーー百鬼丸の精神的発達が未熟すぎた為もあるのだが、ここのどろろと百鬼丸の繋がりはまだ不十分な心理描写しかされておらず、弱かった。
大体、どろろが百鬼丸のお世話係となっているのは双方が痛々しく、お互いが利用しているだけの共依存的関係のようなのだ。
だからどろろは、13話では「おいらがついている」だの薄っぺらく言うし、そのくせ15話では掌を返したように百鬼丸から離反する。

そして最終話では、出会って間もない信頼も何も出来上がっていないような連中に大切な親の遺産を与えてしまう。
あんな共同体の自立なんてあり得ない子供騙しの筋書きなのだが、あの百鬼丸とどろろの関係性ならば仕方が無いかという始末の悪さ。

制作側は不親切な作りだとかと言っていたようだが、これはそういうスタイル以前、ただ必要最低限なものが上手く取り込めなかっただけではないのか?
不必要なセリフや説明セリフを堂々と入れてきている事からしても、話の手綱がしっかりと握られていないのが窺えもする。

「描かなくてもわかるでしょ、伏線ちゃんと置いといた」
いえいえ、「描いて下さい、解りません」なのだ。

寡黙に多くを語らないと何となく凄く意味ありげに見えるのだが、その実は何も設定されていないだけだったような感じで、特に鬼神が最後までただの人食い怪物ばかりで何だったのか遂に解らなかった。

それから、どうやら百鬼丸は人になりきっていないものとして作中では位置づけられていたようなのだけれど(キャッチコピー「鬼か、人か」も示すように)、この設定だけで大変な事故だと思う。
ここがしっかりとフォロー出来ていて落としどころを手厚くし納得させてくれたら良かったのだが、あの通り、あわや鬼神になりかけの、自分の身体を取り戻す事しか頭に無い危うい状態。

そして最終回で身体を全部取り戻したタイミングに、これでやっと人になれると言わんばかり「鬼でなく、人を宿せ」などと言われてしまったのが絶望的に気分が悪かった。
シリーズ通して、人じゃなかったのか、百鬼丸。
哀れ!!

身体も不完全で精神や魂も不完全な仮にも主人公が目を見張るような変化もせずに立ち回っていたとは、制作は「物語を造る」ということを何だと捉えていたのかまったく理解不能としか言えない。
それ故に彼は独り相撲を取るように空回りし続け、最高の相棒となれた筈のどろろとも十二分な意思の疎通も叶わず、自己の欲求と国の繁栄を秤にかけられ追い詰められて、終始孤独だった。
ただ弟の多宝丸と決戦をさせたかっただけのような虚しい構造にも映る。

これらのオチは、原作好きにはたまらなく苦痛でしかなかった。
原作愛のあるスタッフ陣だったらどんなに良かった事だろう。

無論原作通りにとかは毛頭望んではいなかったが、せめて「それでも自分は(鬼神ではなく)人である!」としっかりと自らの言葉で表明出来る主人公達であって欲しかった。
だから、身体総て取り戻した上でまだ人になりきれていないかもしれないからとか、他人の口からの説明のみで百鬼丸を一人旅立たせるとはあの期に及んでどれだけひどい仕打ちをすれば気が済むのだろう?と。
底辺から立ち上がっていく者達の足掻きを圧し潰しながら、上っ面の綺麗事で無理矢理持ち上げようとするセンスには心寒いものしか感じられない。

{/netabare}

良かったところは、キャラクターデザインと声優さんなど、直接話作りにかかわれない方々の熱量だったように思う。
あんなに魅力的なキャラの外観が出来たのに、本当にもったいなかった。

叶うなら、もう一度リメイクしてくれ!

投稿 : 2019/09/25
閲覧 : 300
サンキュー:

4

ネタバレ

リタ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

比較的見やすい

序盤はどろろの声が気になって仕方がなかったけど
段々慣れてくれば、若い子らしい表現力だと思えてきたので不思議。

ラスト付近までベースがやや胸糞展開だったけど
ラストはなんとか観る側も救われた気持ちになったかなと思う。
原作未読で、ラストがオリジナルらしいけど、これはこれであまり違和感なくまとめられたと思った。

手塚さんのテーマはヘビーなものが多く、小さい頃に見た火の鳥なんかは恐怖すら感じたけれど、大人になって見れば、なんで!と感じた部分も
なるほど、仕方ない事なのかな と思えたりと良い刺激になる。

投稿 : 2019/08/29
閲覧 : 275
サンキュー:

5

ネタバレ

ストライク さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

二人に幸あれ

原作:未読
アニメ:どろろと百鬼丸  未視聴

ネタバレ感想
子供の頃から漫画が好きで、少年漫画は勿論 青年漫画から少女漫画までいろいろ読んでたんですが、この頃書かれた複数の漫画家さんの絵が苦手で殆ど読んでませんでした。
ので、今回新しくリメイクされ、キャラデザも綺麗だったので1話はながら観でした。
(後に後悔する羽目に)
観ていくうち、段々と物語に引き込まれて、中盤には毎週観るのが楽しみな作品になってました。

室町時代、天下取りを願うため生まれたばかりの赤ん坊(百鬼丸)を魔神へサクリファイス(生贄)
身体と五感を失った百鬼丸は育ての親の寿海によって成長し、その後失ったものを取り戻す旅に...
それは当然の行動で、権利でもあります。(子供は親を選べないし、何の罪もない)
国の為と言い、百鬼丸を殺そうとする父親と弟。
骨肉の争いです。
ヤバい
辛すぎる
なんて悲しい話なんだろう...
弟の多宝丸と百鬼丸が戦う所は、観ていて胸が苦しくなりました。
(アニメはTVの大画面でしか見ない自分ですが、この頃に1話をもう一度ちゃんと観たくて、パソコンで観直しましたよ)
多宝丸もある意味可哀想な立場の子でした。
母親はいつも自分ではなく、いない兄が心配で自分をあまり観ていない いつも観音菩薩像?を拝む毎日で、母親の愛を独り占めできなかった悔しさを感じていたと思います。
父親の醍醐景光に認められたい
自分より母親の愛を受ける百鬼丸を憎み殺すことで国が繁栄し、それが正義だと信じてたのには、ちょっと哀れにも感じました。

百鬼丸とどろろの旅は普通に良かったです。
魔物を倒すことで徐々に身体を取り戻し、どろろと未央の影響もあって心も成長していく百鬼丸。
彼が初めて想いを寄せた未央との件は、最後 悲しかったです。

最終話で全てを取り戻した百鬼丸
最後に取り戻したのが目っていうのも感慨深いですね。
最後は百鬼丸が一人旅に出て、どろろ独り 帰りを待つ終わり方でした。
まぁ 無難と言うか、う~ん というか...あまりスッキリしない感じでした。
欲を言えば、その後の成長した百鬼丸とどろろが、二人仲良く連れ添ってる姿が見たかったかな。(どろろ 女の子だもんね)
辛い思いを沢山してきた二人には、幸せになって欲しいのです。


声優さんでは、どろろ役に子役タレントの鈴木梨央ちゃん(14歳)がやってたけど、全然違和感なく 凄く上手でした。将来楽しみですね。


主題歌では前クールのED amazarashiさんが歌う「さよならごっこ」がめっちゃ良くって好きでした。
僕的にこのクールのベスト2の曲でした。
(因みに1位は 盾の勇者ED「君の名前」)


やっぱ原作絵柄で好き嫌いしちゃいけませんね^^;
2クール24話でした。
半年間、毎週観るのが楽しみでした。
観て良かった!
面白かったです。








最後に一言
全ての元凶は醍醐景光だ。

投稿 : 2019/08/09
閲覧 : 270
サンキュー:

26

ネタバレ

MuraBustan さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

女の子

やっぱり手塚原作は面白い。どろろが女の子なのは、すっかり忘れてた。

投稿 : 2019/07/22
閲覧 : 237
サンキュー:

9

ネタバレ

anime さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

アニメ化してくれてありがとう

戦国時代に入りつつあるような乱世が舞台。父親が鬼神と取引して、生まれてすぐに手足や目鼻などを食われて捨てられてしまった主人公百鬼丸は、義手や義足の技能を持った医者に奇跡的にひろわれ、剣術を身につけて旅に出る。そして「どろろ」という名前の孤児と出会い、一緒に鬼神たちを倒し、失った身体の一部を少しずつとり戻していくというお話。

序盤は各地で物の怪や鬼神と対峙する1〜2話完結を主軸に、中盤から終盤にかけては自分を捨てた父や母、弟との出会いを経て、恐ろしく数奇な運命に決着をつけようと主人公が必死に足掻く姿が描かれます。

エピソード毎のお話も見事ですが、いろんな形で世の中の不条理をあぶり出しつつ、親や兄弟と対峙させるまでに展開する流れが本当に素晴らしかったです。

実の母、そして育ての親から「自分にお前を救うことができない」とはっきり言われるシーンは圧巻だったと思います。そしてこの究極の絶望から自分はどうすべきか、どうあるべきかについて、答えを探し続ける百鬼丸の姿に胸を打たれました。

また、ラストで実の父親が「唯一の誤りは産婆に任せたこと。一思いに自分が・・」と語るシーンは、武士としてそして父親としての想いが吐露された言葉として、とても重みを感じました。

時々こういうすごい作品に出会うので、深夜アニメのチェックはやめられません。
傑作だと思います。

投稿 : 2019/07/18
閲覧 : 219
サンキュー:

4

ネタバレ

大重 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

非常にクオリティの高い名作。反権力のプロパガンダだろうが面白いものは面白い。

1話感想 原作未読なのでとても楽しみ
非常に有名な本作ですが、お恥ずかしいですが実は原作未読でした。
なので今回はとても楽しみにしていましたが、期待通り良い出来のようです。
作画レベルが高く内容も面白そうです。

しかし私がこの「奪われた体の部品を取り返していく」系の話を初めて読んだのは魍魎戦記マダラでした。手塚治虫のどろろに影響を受けているという話はあとから聞きました。で、その作者の田島昭宇とよく似た絵だなーと思った人が浅田弘幸で、現在どろろのキャラデザをやっているとか。
何か三角形につながっている感じが個人的に面白かったです。

全話感想
全話楽しみに視聴しました。作画が秀逸で非常にクオリティが高かった。
何より百鬼丸とどろろのキャラがとても良く、素直に応援できました。

戦国を迎える日本の雰囲気が良く出ていた感じがする。
まあ実際どうだったかは知りませんが。
古い時代の虐げられる農民たちってのは左翼教育のプロパガンダなのはわかってますが、そういう教育ばっかり受けてきたせいで違和感はない。
まあ実際戦争ばっかりで全然豊かではなかったのだから生活は厳しかったのでしょう。
奪われたものを取り返す戦い、ただそれだけに邁進する百鬼丸。
それを阻もうとする周りやら国やら体制側。それでも自分のために戦う百鬼丸は格好良くて魅力的でした。
まあ反権力を推奨する、左側な内容ですね。
右寄りな私の政治主張とは違うのですが、こうクオリティが高いと主義主張は違っても認めざるを得ない。
近年の創作は主人公が軍人だったり体制側に立っていく右寄りな内容の方が多い気がしますが、まああの時代はカムイ伝とか反体制な内容が多かった。
手塚治虫自身左寄りな方ですし、そこは仕方ない。
まあ反権力の方が物語としては映える面もありますしね。
面白かったです。

投稿 : 2019/07/07
閲覧 : 302
サンキュー:

13

ネタバレ

天地人 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

仮SFスーパー英雄(?)列伝81

時は室町時代中期から後期に移行する戦国時代初期と思われる。
醍醐景光は、己の野望を実現するため、生まれてくる我が子を犠牲に鬼神の力で領国に繁栄をもたらす。
一方、体の11ヶ所を鬼神に奪われた百鬼丸は、寿海に拾われ成長し、己の体を取り戻すために旅を続け、どどろと出会います。
原作はご存知手塚治虫で、過去にアニメ化や映画化もされており、リメイクとなりますが、面白かったですね。
どろろと旅を続けながら魔物を倒して体を取り戻していく百鬼丸は、やがて自分が生まれた醍醐の国にたどり着きます。
そこで父醍醐景光、母縫の方、弟の多宝丸と出会い、運命の歯車は回り始めるのですが、疫病や旱魃もない醍醐の国とそれ以外の荒れた国。
魔物を倒し体を取り戻す百鬼丸の行為は、一方で醍醐の国に災厄を運び込む行為であった。
何が正しいのか、どうすればいいのか・・・何故、書いても書いてももっとサンキューをもらえないのか(おいっ)じゃなくて、互いの信じる正義のために戦う百鬼丸と多宝丸の姿は考えさせられましたね。

ただ、自分にとってこの作品は、百鬼丸の物語であると共に、彼の父である醍醐景光の物語であると思いました。
野望の為に我が子を犠牲にして、領国の繁栄をもたらした景光。
やがてその栄光は、犠牲にしたはずの百鬼丸によって、少しずつ崩されていく。旱魃により疲弊していく領民、隣国朝倉による侵攻、書くネタが思いつけない天地人(違)
まあ、最後のやつはどうでもいいんですが(おいおい)
愛する妻と跡取りを失い、恐らく朝倉との戦いに敗北して帰ってきた醍醐景光は、地獄堂で百鬼丸と対面します。
ここが一番のクライマックスでした(最初からクライマックスだぜ byモモタロスって、何の話だ)
ラスト、成長したどろろと百鬼丸が再び出会う事を暗示させるような最後も良かったです。

おまけ
凄絶な戦いの上に魔物を倒した百鬼丸だが
「何故だ、どうして俺の体が戻らない。」
「テレビやアニメの見すぎで視力の落ちた目、お菓子の食いすぎで虫歯になった歯と弛んだ腹。何故元に戻らないんだ~っ」
そりゃあ無理無理(自爆)

投稿 : 2019/07/01
閲覧 : 212
サンキュー:

19

ネタバレ

ゲリオ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

良かったが終盤のシナリオに不満

こういった懐古作品のリメイク(?)の中では出来映えが良かったと思われる本作。
恥ずかしながら手塚治虫先生による原作は存じておらず、比較することはできないが、果たしてどのくらい原作要素を取り入れたのだろうか。
特に最終話付近のシナリオの良し悪し気になったので、今レビューを書きつつ原作の簡単なあらすじをウィキペディアで読んでみた。
・・・・ほー、原作では多宝丸って途中で百鬼丸に殺されるんか。
んー、なんか全然違うっぽい?じゃ、気兼ねなくアニメの終盤のシナリオに不満言えるね?
以下ネタバレ注意。

つまるところさ、おっかちゃんと弟が死んじゃう必要あった?って話。
これのせいでバッドエンド感が半端ない。
育てのオヤジさんなんて「ワシ関係ないけど、ついでに死にに来ましたw」みたいな扱いでオイオイ…どうせ命を散らすならば、以前の再登場回で百鬼丸を守る形にするなりしてほしかった。
むしろ原作ではラスボスは父親の醍醐景光だったみたいだし、そこは素直に原作通りの方がすっきり締め括れたのではないか。

本作は1エピごと1~2話で完結形式。
救いようのない暗い回もあれば、コメディ色の強い回もあったが、序盤では妖怪と人間の恋を描いた第7話が印象深い。前話の6話が超絶鬱回だったので余計に。
逆に第15話はひたすら不気味でよく分からないお話だった。作画や演出も普段と違ってたし。
このように各話で担当の脚本家の個性が出る作品は昔の"スペースダンディ"ってアニメを彷彿させる。

終盤の百鬼丸のバーサーカー化についても思うところ有り。
体が人間に近付いていくにつれ、心が人間でなくなっていくのは皮肉なもの。
初恋の少女と孤児寺の子供たちが皆殺しにされた第6話は、百鬼丸をバーサーカーモードにする説得力がある話だったので、この回を序盤に持ってきてしまったのは勿体ない気がした。
どろろの説得でここを踏み堪えたのに、終盤いきなりまた人間を憎み出すのはやや無理があったかなあと。初恋の人を惨殺されるのに比べたら手が無いくらいどーってことないやろ。目は無くても生活に支障なさそうだしw

総括すると、終盤の展開でやや評価を落としてしまったのがやや残念ではあるのだが、とても面白かった回もあればそうでなかった回もあり…いずれにしろ2クールに渡り楽しむことができたのは事実。
熱心な手塚ファンからの批判の声も若干あるものの、これまでの数々の駄リメイク作より遥かにマシで、本作はスタッフによる温故知新の精神がひしひしと感じられた。
"ブラックジャック"などの有名な手塚作品に比べれば、"どろろ"は不遇な立場に置かれていた作品だと思われるけど、今回のリメイクで再評価されるきっかけにはなったのではないかと個人的には思う。

投稿 : 2019/06/30
閲覧 : 245
サンキュー:

9

ネタバレ

みみい さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

意欲作(6/28追記あり)

1月から2クール全話視聴。
最近は2クールも枠がもらえず、消化不良やむなしといった作品が多い中、さすがの手塚治虫のブランド力といったところか。

もともとこの作品は手塚作品の中でも特に中途半端に終わってしまった感が否めず、原作をなぞるだけではなんとも心もとない。しかし、今回のスタッフは手塚先生の本来やりたかったと思われるテーマを斟酌し(間違っているかもだけど)、ストーリー、キャラ設定などを良改変した点は評価できる。特に浅田弘幸さんのキャラデザは私的にはとても好みだった。

まず第1話での神作画と神演出で一気に期待度アップ。傑作の予感を感じた。
しかし、5、6話の澪編をピークに失速を始める。
それでも、多宝丸のキャラで1クール目までは持ちこたえるが、2クール目から凡作に。
1話完結であっても、ラストへ繋ぐ全体の流れ、テーマ性を持って欲しかった。
唯一、寿海との再会回は良かったが、他は………。作画も荒れていて苦痛すら感じた。鬼神の設定もぶれ始め最初の勢いは何処へやら。

ラストは上手くまとめてきたが、それまでのストーリーの積み上がっていないため、本来感動する場面も、心に響くはずのセリフも空々しく感じてしまった。
最終話だけでいうなら、脚本は上手くまとめた感があるが、なんだろう絵コンテ?演出の問題か?。同じ脚本でも、アクションシーンと心情演出のバランスが違ったら、もっと良かったかもと思う。{netabare} 百鬼丸が一人で考えこんでる云々と、琵琶丸とどろろが話していたが、ここはやはり、セリフで説明するより、百鬼丸の様子を、表情を映像で見せてなんぼだと思う。そうすれば、景光との絡みも深みが増したのではないか。 {/netabare}
とはいえ、いくらラストが良くなったとして、途中がイマイチではなんの意味もない。
まだ、全体としては良かったのに、ラストが駆け足になってイマイチな作品の方がまだマシである。

最初の期待値が大きかっただけに、残念極まりないが、今期アニメの中では良作の部類に入ると思う。
少なくとも、こうして感想を書きたくなるほどのものはあったわけだから。

後日談を望む声はあるが、これはここで完結してこそだと思う。続きは各人の妄想で(笑)。

投稿 : 2019/06/29
閲覧 : 238
サンキュー:

14

ネタバレ

カボチャはんたー さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

和アニメはやっぱり素晴らしい

願いが自分だけの代償になるとは限らないんだよな…
繁栄のため、自分の目的のための外道の道

OPかっこよいな(‘ω’)ノ
女王蜂こういうのも歌えるんだな
やっぱり和風アニメは必要だな

たしかに今のアニメって感じではないんだけれども、だからこそ見てほしいアニメかもしれない。引き込まれ方がここ最近のアニメとは違うと思う。設定とかを下手に説明せずに視聴者側が想像するような余地を与えくれる作品だと思う。そのあと答え合わせしていく感じ。

1話{netabare}
あの赤ちゃん川に捨てられたのね
赤子の運はあったけどばばぁ死んだよw
座頭市かっこいいな

っていうか妖怪みたいなのも跋扈してるのね
子どもも口が上手くないと商売上手になれないな
どろろ悪ガキだな~どろろも筋金入りだな~

見えないからこど見えるものがある
仕込み刀かっけぇ
子どもは仮面も簡単に見抜くのな

お母さんは最初に産んだ子のことも忘れられないよな
百鬼丸目を顔を取り戻した

ED
amazarashi
設定とか説明しない方が引き込まれるよね
本当に面白いな(‘ω’)ノ

あれ泥鬼っていう名前だったのか
{/netabare}


2話{netabare} この時代盲目というか身体障碍者はどうやって生きてきたのだろうって思うよね
でもそれでも生きて行けちゃう…人間はたくましいな

顔の皮だけ生えたのか
話したくないとかじゃなく話せないんじゃね?
どろろたくましいな~

耳も聞こえず口も聞けない
のに一般人以上の人間より動きいいんだもんな
魂の色を見る力か
お互い好奇心で一緒にいる感じだな

へらへらしてても深層心理では悩んでるものがあるんだよな
どろろの交渉術はすごいよな(笑)
この時代金と飯がお礼だな
っていうか村人の目…この村何かあるよな

出たな鈴の音を鳴らす化け物
音が聞こえないから反応しないのか
それとも悪意とかないから攻撃しないのか…

この村の長万代
こいつは妖魔の類か人間か?
この時代の美人は妖怪じみてるからな~

出た盲目の坊さん
見えない人は見えないなりに見れるんだな
百鬼丸は行動が早いな
たしかに鬼神レベルの化物だな見た目は

ここの人間は共存してるのかよ化け物と
退治してほしかったのはバンダイではない?
まだ何かからくりがあるのか?
旅人を殺して成り立っていた村か
名前どうやって覚えたんだろうか

倒したおかげでまた何かを取り戻す
そういう旅なんだな
{/netabare}

百鬼丸(ひゃっきまる)
生まれる際に12体の鬼神に奪われた身体を取り戻すために旅をしている。目が見えない代わりに他社の存在を炎のような光として認識し、義手に仕込んだ刀を振るって闘う。

3話{netabare} 本当に昔は酷い惨いなんて当たり前の時代だったんだな
逆らえば自分が殺されるしな…

寿海医師
すごいな義手義賊を作れるなんてな
寿海の過去を知ってしまった少年要…
難しいよな感情だけでは殺せない
罪滅ぼししてるやつは殺せない
身体は救えても心までは救えない…

百鬼丸が寿海の元に流れ着いたのも神の導きだよな
目が見えなくて両手両足義手義足でもあの身体能力か
普通に化け物出るんだな
百鬼丸に惹かれて物の怪が集まってくる?

すくすくと多宝丸、弟は育っているな
見えないからこそ恐怖に怯えないのかもな
物の怪を倒せば身体を取り戻せる
そういう類の呪い

足は片方は本物の生身の脚なんだな
あれだけ長い間過ごしたんだ
寿海にとって百鬼丸は自分の子ども同然だよな

寿海さんよく物の怪に襲われないよね
行動は立派だけどそこが心配というか不思議
{/netabare}

どろろ
根はやさしいが、一方で生意気かつ強かな一面も持つ。鬼神に襲われていたところを百鬼丸に救われて以来、共に旅をするようになる。民を虐げる侍が嫌い。

4話{netabare} この時代は基本首ちょんぱだよね~

雨を聞くってなかなかの誌的表現よね
たしかに美人さんだわな~行商人さん( *´艸`)
百鬼丸が反応したってことは…

おっと血みどろ
妖刀と悪人、邪悪な組み合わせ
修羅同士の戦い…妖刀使いの方が上手か
百鬼丸義足を失うとはな
おっと今度はどろろに妖刀が…

さらにあの悪人面、行商人の兄かよw
どろろ辻切デビュー(笑)
兄上殿ポパイみたいな顔してたぞw

兄上イメチェンが過ぎるだろうwww
この人も妖刀なんだろうな
百鬼丸、どろろに刃を向ける

戦は人の心を狂わせる
優しいやつが狂うと本当にめんどくさいことになるよな
一人殺したらもう同じだ
ニヒルって今風なな目だな
美人なのに名前が台無しだwおすしw

髪を切っても美人は美人だな~
本気で切り結ばないと妖刀は離れないか
あーこの子死にそう(笑)
普通に死んだのは兄だけか

お!耳を取り戻した!!
最初に聞くのが雨音と泣き声…か
{/netabare}

5話{netabare} お!初の前編後編
音が聞こえるに慣れるのは時間がかかりそうだな
常人には静かだけど百鬼丸にはとてつもなく聞こえるんだろうな

音で紛らわされてる…雑魚に後れを取るとはな
坊さんかっけぇ~
音の衝撃は簡単には克服できなさそうだ
人間に戻るためには乗り越えなくてはいけない試練だな

子守歌に導かれて…
また美人さんが出てきた
ここはなくしたものたちの集まり場
どの時代も夜の方が賃金いいのな
戦は無関係の人間も平気で巻き込むからな
さらに干ばつ、重なる時は重なるからな~

ここは百鬼丸の…醍醐の国か
歌は耳に心地いいんだな
どこにでも物の怪っているのな(笑)

百鬼丸が笑ってるとか珍しい
ある意味共感覚だよな
穴倉から獣を出す歌声

坊さんカムバック
けものみちを発見したのはいい話
その土地には大家?

荒地にいる大化物退治
少しだけ混ざってる?
美代姉掛け持ちとかしかもスパイ?
思ってるより重傷だな百鬼丸

物の怪というよりアリジゴクじゃんね(笑)
一筋縄じゃいかない相手

百鬼丸声出せるようになってたのな

どろろは…
まぁ稼ぐならそうやって稼ぐしかないよな…
目がそういう人の目してたからな…
{/netabare}

琵琶丸(びわまる)
謎の盲目の法師。世捨て人のように飄々としているが、百鬼丸とどろろを気にかけ時には手助けをする。百鬼丸と同じく他社の存在を炎のような光として認識し、琵琶に仕込んだ刀で闘うことができる。

6話{netabare} 百鬼丸鬼神に脚を取られたが声は取り戻した
一進一退だな

未央嘘をついてるよなー…
どろろも辛いよなー…
知らない幸せ…知ってしまった不幸
なくしたものを取り戻せるのか…

多宝丸若いな~
お母さんもう一人の我が子をいつも気にかけてるんだよな…
未央の歌だけが心地いい
やっぱりヒロインは必要だよな

生きていくというのは…生きていくというのは…
平穏っていうのはいつか終わりが来てしまうんだよな

本当に止まらないな百鬼丸
その雨は何を奪っていったのか…
取り戻したの物と失った物は…
そりゃ鬼神にでもなるわ

世は常に理不尽だわな…
{/netabare}

未央(みお)
戦で焼け出された子供たちを荒れた御堂で世話していた少女。心優しい美少女で、百鬼丸が唯一心を開き想いを寄せていた女性

7話{netabare} この喪失感はすごいな…
どろろなりに空気を和やかにしようとしてるんだけどな
妖怪女郎蜘蛛ってところか、次の相手は

OP改めてよくできてるなって思う
通行証が必要な村とか
人さらいの犯人はおそらく蜘蛛だろうな~
明るく振舞っているけど心ここにあらずだな

この時代の美人は妖怪に見えてしまうのは何故だろう
女は強かだよな~
男は怪しくても騙されちゃうんだよな~
良心の芽生えた妖怪か

人さらいの裏にはなんか事情がありそうだな
奇特な人間が一人くらいいてもいいかもしれない
今回悪役は百鬼丸とどろろっぽいw

人さらいはこいつ?
逃がし屋商売も楽じゃない
悪い妖怪ばかりでないって話嫌いじゃない
{/netabare}

8話{netabare} 灰の雨、黒雲、残され雲
今回はこっちの雲か(笑)

喋る気全く0のは百鬼丸
こんなところで花嫁行列?
狼かぶりの少年の姉が化け物に嫁がされるってわけか

化物退治ならまぁ百鬼丸だろうな~
サル少年まぁ助けに来ちゃうよな~
百鬼丸魂が見えてしまうがために本体がわからないのね

ムカデの化け物
結局食われちまったな…
サルたくましいな

いい人間もいれば悪い人間もいる
顔つきはかっこいいな
やさぐれてる百鬼丸(笑)

灰の雨の正体はムカデの脱皮の皮か
今回はサルとどろろ回かもしれないなw
とどめは百鬼丸が刺しそうだけど

そりゃ大事な人が死んだのに平気でいられる人間はいないわな…
こういう時は見えないのが痛いよな
すごいな黒い煙を出すこともできるんだな
なかなかに厄介な相手だこと

音で位置をたしかめる
耳を使った戦闘にも少し慣れてきたな
どろろも無茶するぜ
双頭のムカデ撃破

まだ消化されてなかったか
鼻を取り戻したか
砂金じゃなくて硫黄やんけw
こういうハッピーな回も大事だな
少しだけ心開いてくれた感じだな(笑)
{/netabare}

9話{netabare} 今までなかったんだもん、匂いが珍しいよな
どろろ病気で倒れる…
百鬼丸に看病なんてできるのか?

コミュニケーション取れないのはここに来て痛いな…
こういう時無力だよな~…
この時代の神社お寺は本当に神だよな~

弱っているときは嫌なことを思い出してしまう
あったかいからこそ思い出したくないこともあるのかもしれないな
どろろの親父さん強いな
母親は美人さんだ

夜盗の中でも珍しい集団だったんだな
裏切ったのはよくないけど生きていくためには強い者に就くのは間違ってはいないんだよな
とことん下種ではないんだな
そりゃどろろが逞しいのもわかるわな
人肉食うのは…
義賊火袋の末路も最後は呆気ないね

二人で暮らしていくのも大変だよな…
イタチ立派になっちまって
石を投げたくなる気持ちはわかるけれど…

母親っていうのは強いな…泣きそうになる
たしかに賢くないやつは死んでいくのは間違ってないかもしれないな
ここでどろろが女の子ってわかるのな
それを思うと際どい格好してるよなw
ちんちくりんだけどw

ついに醍醐の耳に百鬼丸のことが入ってしまったか
{/netabare}

火袋(ひぶくろ)
どろろの父。たくましく大きな体を持つ野盗の首領で、貧しい村人たちの為に宝を貯えていた義賊である。

お自夜(おじや)
どろろの母。彼女も元は農民であり、夫と同じく侍を激しく憎んでいる。どろろを、放浪生活の中で育てた。

10話{netabare} 渦の中にいるのは巨大な蟹か?

陸奥と兵庫
多宝丸のお付きはこんな感じか
どんどん物の怪の像を壊していってる

百鬼丸喋ると雰囲気は台無しだよなw
お守りの家紋に誰が一番最初に気づくか
そりゃ親が隠してること気になってしまうよな…
もどかしい…

幼少期から仕えてくれる家来っていいものだな
おっと化物っていうのは蟹のことだから
ここで鉢合わせしそうだよね

多宝丸ご一行強いじゃん
水の中は蟹の独壇場だよね
多宝丸頭の回転は速いな

なんか水門みたいな作らせたよ
陸地にあげてしまえば少しはやれなくもない相手だな
敵もそんなバカではないか
って一瞬現れたの百鬼丸だよな

お母さんからしたらこれほど喜ばしいものはないけれど
父親からしてみれば国の繁栄の邪魔でしかない
弟からしても忌まわしい相手か
{/netabare}

醍醐 景光(だいご かげみつ)
醍醐の国の主であり、百鬼丸と多宝丸の父。領土の繁栄のために12体の鬼神と取引し、我が子である百鬼丸を対価として差し出した。為政者として非常に冷徹な覚悟を持つ。

11話{netabare} ここで出会ってしまった兄弟
どろろはたくましいな(笑)
ちゃんと名前くらいは名乗れるようになったのねw

百鬼丸は多宝丸に何かを感じたみたいだね
醍醐の国賑わってるな~
たしかにはぶりは良さそうだな
芝居とかやってるってことは平和で余裕なんだな

坊さんもここで再会
たしかに何かしらの加護があるかもしれないと思うよな
人を殺めると魂も濁るのか…
雨が降らない…のは祟りか…

万門の化け物退治
昼は朝倉の兵士、夜は化物の巣窟

お母さんは嬉しいよな生きててくれて
だけど醍醐景光は抹殺するつもりのようだな

この機に乗じて色々と行動がありそうだな
唸りを上げる狐火、相手は妖狐か
簡単にはやられてくれないよな炎だもんな
助六今のうちに万門を超えるつもりか…

九尾の狐ありゃてこずるぞ~
赤子を取り上げた所にいた女か
坊さんは地獄堂に

醍醐景光もそりゃ濁ってるよな
感動の再会とは行かないか…
{/netabare}

多宝丸(たほうまる)
景光の息子であり後継者。百鬼丸の実の弟でもある。百鬼丸とは違い、醍醐の屋敷で何不自由なく育った。実直な性格で、領土を反映に導いた父を尊敬している。

12話{netabare} 醍醐景光も驚きだな
百鬼丸も父親とは思うまいな…

どろろも助六も捕まってる…
化物の国?
助六の村皆殺しかー…
この時代は平気で村ごと滅ぼすからな~

どろろはここで百鬼丸が醍醐の国の物だと気づいたな
どろろは本当に逞しいよな

そりゃ多宝丸は事情を知りたいよな
国を助けるために鬼神と契約を結んだ国だったわけだよな…
人としては最低だよな…

この国の闇は深いな…
多宝丸は兄上と認めているのな…
魂のあり様は兄弟だと似るのな

地獄堂にも鬼神が一匹いるみたいだね
家族がいるのは喜ばしいことだけど…

あー万門を堺に戦が始まってしまったよ
それに九尾の狐が
因果を見届ける立場(・∀・)イイネ!!
未央の仇は獣に変えてしまう…

多宝丸は国を守る方を取るのな
まさかの兄弟で切り結ぶことになるとはな
罪悪感に毎日押しつぶされそうだったんだな母親…

万門まで呼応し始めたぞ
醍醐にとっての禍か…

おー!助六の村の連中生きてたよ( *´艸`)
観世菩薩像にも魂が宿ってる?
{/netabare}

縫の方(ぬいのほう)
百鬼丸と多宝丸の生みの親。鬼神との取引で百鬼丸を差し出した景光を責め、捨てられた我が子の事を長年想い続けた。

13話{netabare} 母親の「救えない」の言葉は…
百鬼丸の判断を鈍らせる…
今はがむしゃらにしとかないと心が持たないんだろうな…

OPキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!アジカン!!アジアンカンフージェネレーションですよ
ちょっとナルト感(笑)

醍醐はこれからも百鬼丸を狙うんだろうな
鬼神との約定…

人の皮を求める物の怪か
自分の顔を探している?
妖か人かわからない…
母親とうり二つの顔の持主
顔のない仏像物の怪なんだけどな~
嘘でも嬉しかったのにな…

仏師の狙いは百鬼丸だったわけか!
どろろは子どもだったから生かされた
滝壺の死体もえげつないな

今度は百鬼丸の母親になりすましてる
たしかに百鬼丸は母親の顔は知らないもんな
なんで立派じゃなきゃダメなんだか

再会と別れか
本体が消えれば手下も消えるか…
なんだろ…
相手を慮ることもできるようになったんだな百鬼丸

化物かと思いきや坊さん(笑)
どこまでも腐れ縁だな~
どろろの背中にある地図…
地図で一波乱起きそうだな~
{/netabare}

14話{netabare}どろろの父親が侍たちから奪った金のありかは…
母親の背中とどろろの背中に…

身体があったまると浮かび上がってくる地図だったわけな
たしかにこれがバレたら狙ってくる奴も増えるだろうな
母親の背中の刺青は父親…両親からの願いか

鬼神を倒した後のことなんて考えたこともなかっただろうな
飯が食えないと明日の事も考えられないよな~
金ってのは人を動かすには一番手っ取り早いからな

でかぶつ化物の赤ちゃん?
鬼神じゃなければ興味なしの百鬼丸
あの霊体の尼さんみたいな人は何者?
あれも消えるのか

献花しに来る人もいるのか
ここの廃寺には何かあるな?鯖目?こいつも人殺しなのも間違いないな
民に慕われてるのな

体罰尼寺とか…
稲妻が落ちて寺が燃えたのか
住職体罰を振るってたようには見えないよな
てか女の霊は尼さんじゃないか

寝る時って色々考えちゃうよね~
芋虫に蛾か次の鬼神は…
気持ち悪いな~
鱗粉は毒だよな

鯖目と鬼神は繋がってるのな
そういう関係か…
{/netabare}

15話{netabare} 本当に目が死んでるよなw
鬼神のことは内密に(笑)
言ってることは立派だよな

虎穴に入らずんばってやつだよな~
里は静かで平穏そのものなんだな~
人が温かいいいところだな
遠い時と近い時の作画の差(笑)

焼けた寺の事は里の人も触れないようにしてるのか?
村人の目つきが変わったね…

村はずれの立派な蔵…
蔵の地下にどろろが…
里の全員ぐるか
妖さえも守るべき民か…
どろろ超絶大ピンチ!!

共存関係にあるのな
ここにきて忘れてた坊
頭の中には寺の子どもたち
おいおい…殺したの鯖目かよ
尼寺は里のための生贄にされたのな

マジで蛾が気持ち悪いな
空を飛ぶやつとは相性悪いよな
蛾は明るい物に群がる習性な
簡単に村は終わるんだな

あの高さから落ちれば義足も壊れるよな
マイマイオンバ自体はたいしたことなかったな
っていうか背骨まで造り物だったのか

村まで全焼してるし鯖目殺されてるし
鬼神を殺すことがよくない方向に流れることもあるってことだな

どろろ狙われ始めちゃったよ

もうちょいマイマイオンバ回長くてもよかったかな
最後が呆気なさすぎたwww
{/netabare}

鯖目(さばめ)
三本杉で暮らす若侍の郷士。一見、紳士的な人格者だが、「死んだ魚のような目」と評されている。

マイマイオンバ
蛾の妖怪で、産卵のため鯖目の妻となって人間の姿で暮らしていた。普段は人間の女性を装っており、マイマイオンバの一族と一緒になった男は徐々に命を吸い取られ、だんだん魂は死んでいき鯖目のように死んだ魚のような目になる

16話{netabare} どろろの背中に隠された財宝の在処が狙われる羽目に…
こういう時に百鬼丸と一緒にいないんだよな
イタチもある程度は財宝の在処の場所に心当たりがあるみたいだな
夜盗時代からイタチは狙ってたのか

白骨岬とか仰々しい名前のところだな
岬の村には争った形跡が…
隻腕の少年何者だ
唯一の生き残り?でも怪しいな

サメを操る少年ね
自分で腕を食わしたとかいかれてるな
こいつが村を襲ったんじゃね
海に落ちたら助からねーな
ホオジロザメじゃねーか

イタチも結局落ちぶれちまったのか
夜盗に戻ったから財宝を探してたのか
こんな餓鬼に説教される大人たち
頭領の血は受け継いでるな
本当にどろろ無茶するよな~
勇気がすごい

陸にあげちまえばサメ使いもたいしたことないわな
あーどろろが女ってバレるし地図の在処も
動物が妖怪に変わるところって恨みだよな

百鬼丸はどろろを一応探してたみたいだけど…
その前に育ての親との再会が先になりそうだな
{/netabare}

イタチの済吾
火袋の手下だった男。貪欲な気性の為に火袋からは信用されておらず、権力の側と手を組み出世しようと提言したのを拒まれたため火袋を裏切り、妻子を人質にとった上、火袋の足を痛めつけて再起不能においやった。

17話{netabare} 変わった人形技師だよな
戦場には妖も生まれるだろう
なんでおっさんは狙われなかったんだろう?
そして再会
百鬼丸も笑うんだよな

そりゃ寿海もびっくりだよな
生身の身体に喋れる表情もある

醍醐景光が親ということも
鬼神に自分を食わせたことも
百鬼丸は知ってしまった

多宝丸はツンツンしてるな
冷たくなったというか迷いがなくなったというか
醍醐からしたら百鬼丸は邪魔でしかないよな
親からしたら地獄へ子を近づけたくないよな
そして救えもしない…

母親の予想はおそらく間違ってないんだろうな
この国は少しずつ滅びに向かっている
血を吸い続けた木…不気味だなぁ

百鬼丸の身体を取り戻すためには血は流れてしまうわな
戦いで情けをかけるものは死ぬ
間違ってても親と呼んでくれることは嬉しいよな

百鬼丸討伐に多宝丸を向かわせるとはな
キャストがそろいつつあるな
{/netabare}

寿海(じゅかい)
川に流された百鬼丸を拾った医者。百鬼丸の育ての親であり、名付け親でもある。百鬼丸に造り物の身体と、妖怪と戦い生き抜くための術を与えた。

18話{netabare} サメの次郎丸が妖に変化する
家族を殺された者の慟哭が呼応する

自分の母親が目の前でミイラになってくのをみればおかしくなるわな
家族を食らい魔獣と成る
アザラシみたいだなサメw
身体能力高くても経験値が違うわな
それにサメの本領は海の中だろうに

照れるとどろろも女の子に戻るな(笑)
サメの方はおしまい
あとはイタチの方だな
おっと…百鬼丸討伐のために多宝丸も岬に
誰が生き残るのだろうか…

隻腕のしらぬい完全に道連れ覚悟やんけ
敵の敵は味方だったりw
成りすましは盗賊の十八番

多宝丸VS百鬼丸
さすがに強いな百鬼丸もピンチだな
イタチの執念すごいな…だけどここまでか

まさかの地蔵スラッシュ(笑)
派手に自爆したなサメ使い

爆弾で別の入り口が
金への執念ってすごいな
{/netabare}

しらぬい
白骨岬に棲んでいる若者。幼少の頃から飼っていて小さな鮫だったときから育ててきた二郎丸と三郎丸という2匹の鮫を操る。

19話{netabare} 刀鍛冶を探して旅をする百鬼丸一行
そういえば刀折れちゃったもんな…

おこわちゃんかわいいな
罪作りなやつだ(笑)
刀を供養か…斬ってきた物が物だからな
身体が言うこと聞かなくなる
っていうか身体が反対に動く?

適当なことほざいてるな百鬼丸ww
どろろまで気持ちと態度が(笑)
ある意味厄介な妖怪さね

おこわちゃんもう挨拶周りwwww
百様って呼ばれてる(笑)
結局夫婦になるんかいw

そういえば百鬼丸の秘密とかはバレてないな
力の使い道か…
心にもないこと言ってしまうのは兄貴の前だけ
なかなか鋭くなってるなどろろ

天邪鬼自体はたいしたことないけど能力は厄介だ
おこわちゃん気が多いというかチョロインやんけ(笑)

こういうゆるい回も好きw
{/netabare}

おこわ
とある村に住む刀鍛冶宗綱の娘。父の仕事を誇っており、(天邪鬼のせいとはいえ)悪口ばかり言う村人を愚痴っている。

20話{netabare} 国に飢饉が襲っている
鬼神に頼った国の末路だろうな…

綺麗な景色に妖怪はつきもの?
誰かと一緒にいるということは素晴らしいものだな

化物退治の同業者?
際の目の三郎太
なかなかの古傷だな
目の前で母親を殺された復讐か
だけどなんだろうこいつはこいつで怪しい奴だな

鬼神鵺
化物に染まってしまった男か
空虚は人を狂わせてしまう

地獄堂にはまだ鬼神がいるのかもしれない
百鬼丸を食い損ねた鬼神か

どろろの腕が岩に挟まって…
一難去ってまた一難
鬼神の次は水攻め

結局大事な時に逃げてしまったトラウマからは逃げられない
本当にどろろは強がりだな
また百鬼丸のトラウマスイッチ入っちゃうぞ
琵琶丸のおっさんいいところで出てくるな

空虚でも立ち向かうものと立ち向かわないものの末路の差
ヒーローを目指した哀れな若人
不死身の鵺も百鬼丸には敵わなかったな

それは鬼神殺しなのか人殺しなのか
結局身体を取り戻すためには因果と戦うしかない
醍醐の国で身体を取り戻すしかないのかね
{/netabare}

21話{netabare}百鬼丸、体を取り戻すために躍起になってるな
余裕がなくなってる…

国には病気が蔓延し朝倉の国は軍を集めている
醍醐の国の安寧はもう…

凄い綺麗な白馬だなミドロ号
全く戦争は人を狂わせる

多宝丸、少数精鋭で百鬼丸を討つつもりか
兵庫と陸奥も戦争孤児か
おっとこれは死亡フラグだな
百鬼丸と多宝丸…おそらくどちらかが死ぬまで止まらないだろう
因果な兄弟だな

たしかに今のまま身体を取り戻したら何か失われてしまうかもな
だけど百鬼丸は純粋にどろろと同じ風景を見たかったり感じたいだけなんだよだな
兵庫と睦を助けたのは醍醐景光だったか

いよいよ決着の時か
睦と兵庫の腕を切り落としたけど
この兄弟喧嘩は悲しいな
ミドロ号を捨て馬にしやがった
景光の影め…

どろろは人質か
百鬼丸谷の底に落としたくらいじゃ死んでないとは思うけど
おっと無念の鎧と馬が合わさり鬼神として蘇る

燃える馬…ギャロップじゃん(笑)
かっこいいな!
1期のOPにもいたやつだろ
{/netabare}

22話{netabare} 寿海さんも醍醐の国いたのか

奪われたら取り戻すしかないのか…
戦の旗色は悪いな
やっぱり睦は女の子か
流行り病が身体を蝕んでる
忠臣だな~二人共

縫いの方さんどろろ逃がしちゃって
どっちの味方にもなるつもりなのか
様子は気になるのか

母親に目の前で捨てられた百鬼丸な
皆母親に飢えてるな
睦さん命を投げうってでも討つつもりか

縫いの方さんも一緒に来ちゃってるよw
百鬼丸ミドロ号を逃がしたんだな
ある意味目的は一緒だもんな

斬られるためについてきたのか縫いの方
馬に舐め回されるどろろww
さらに琵琶丸、悪運だけはあるよな
縫いさんも一緒だったか
本当に慈悲深い方だな

人はなんとか身を寄せ合って生きていくんだな
たしかに鬼神だわな
この組み合わせは止められるやついないだろう

睦さんお堂に何しに来たんだ
12体目の鬼神に身を捧げるつもりか
鬼神は百鬼丸以外は受け付けない

結局百鬼丸を殺すしか醍醐の国を…
鬼神の力取り込んでるよ多宝丸
っていうかその目は百鬼丸のか
{/netabare}

兵庫(ひょうご)
多宝丸の側近。陸奥は姉。
力自慢で六角のこん棒を振り回して敵を薙ぎ払う。

陸奥(むつ)
多宝丸の側近。兵庫は弟。
弓の名手で、遠方から敵を追い詰める。

23話{netabare} 百鬼丸と多宝丸ここで最後の戦いが始まる
仔馬にはわかるんだろうな
どろろと縫いさん追い付かないだろうな

百鬼丸からしたら本当に勝手なこと言うなだよな
あの戦いはもう止まらない…

琵琶丸のおっさんにどろろに縫いの方見守るしかないのかな
鬼神を殺しても身体が戻らないのは…
多宝丸たちに宿っている

ミドロ号の元に仔馬が…
兵庫、陸奥ミドロ号の隙を狙って刀を刺すも返り討ち
もはや意思とか関係ないじゃんw首とれても身体動くやんけw
これも鬼神のなせる技
側近を失った多宝丸ももう守る者もないな
そして腕を取り戻した百鬼丸
あんな状態でも子どもに会いたかったのな
馬の親子愛は満たされてるのに、人間ときたら…

人の血にまみれた身体か…
それでも身体を取り戻さずにはいられない…
国の方が大事なのは仕方ない
生贄の上に成り立った国など脆いんだな

結局守りたいものがあるなら強くなるしかない
自分の手で掴むしかないんだな

醍醐の軍勢もはや劣勢(笑)
結局足元救われて死にそう醍醐景光
やってみるしかないって気持ちもわかる
力に溺れる者もたしかにたくさんいるけれども

力をどこから手に入れるか
あんなに栄えてた街城がもぬけの殻
この構図じゃ完全に百鬼丸が敵役w

戦いの結末くらいは見守りたいわな
っていうか醍醐さん勝っても城燃えてたんじゃw

人の慟哭か、鬼の慟哭か分からないな
だけど次で泣いても笑っても決着
{/netabare}

24話{netabare}恵まれてるのに何も満たされてない多宝丸
それでも足りないって
これ止められる奴いるのか?

縫いさん戻ってくるつもりないな…
寿海さん城の中に入ってたとは

決着…百鬼丸を殺さなかったのは
殺せなかったのは…
約定には逆らえないか
これが鬼神の力
最後に和解したのにな…

すごいやつが城の中にいたものだ
全ての肉体を取り戻した百鬼丸

最後に母親と共にか
多宝丸、寿海、縫いさんバイバイ

百鬼丸目見えるようになって
どろろ口説いてるみたいになってる(笑)
醍醐景光もここまでか

この時代武士に頼らず生きていくのは難しいけど
金さえあればどうにかできることもある
どろろなりに考えた結果なんだろうな
自分で作る発想はなかったわけか

百鬼丸が確かめること?なんだろう
地獄堂を訪れる百鬼丸
そういえば決着をつけなくてはいけない男がいたわな

どろろが隣にいてあげるしかないな
後悔先に立たず
楽なものに頼った代償なのかもしれないな

最後は一緒に旅に出てほしかったな~
{/netabare}

最後は一緒にどろろと一緒に旅に出てほしかったな~
百鬼丸の取り戻した身体はおそらく血にまみれたものかもしれないけれど、道を違わないようにどろろとくっついてほしいです(●´ω`●)w

OPは残念ながら1期の方がよかったかな
マイマイオンバは3話くらいでやってほしかった
このご時世に難しいかもしれないけれど4クール+2話でやってほしかったな

投稿 : 2019/06/28
閲覧 : 260
サンキュー:

13

ネタバレ

とかげ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

満足しました

原作既読です

同じく原作既読の配偶者は、リメイクが肌に合わなかったようで早々に視聴をやめてしまいました

自分は、原作の「目はないけど周りは見える」「耳も口もないけどテレパシーで誰とでも会話できる」という設定に違和感を感じていました
せっかくの、身体全てを奪われた、という状況が活かされてないように思えたからです

その点、本作の百鬼丸の描写はとても納得がいくものでした

会話はなくても、どろろのつっこみや反応で百鬼丸の気持ちも伝わってきたし、良かったと思います

原作は途中で終わっているので、アニメで最後の決着をつけたことには賛否両論あると思いますが、全体として自分は大満足でした

投稿 : 2019/06/28
閲覧 : 152
サンキュー:

9

ネタバレ

オブ さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

見応えあり

まず、手塚治虫作品、キャラクターデザインが浅田弘幸の時点で見始めることを決めました。

原作ファンはビックリするかもしれない暗さです。
暗い雰囲気が好きな私にはハマりました。

登場キャラクターが良い。
話がわかりやすい。
シリアス展開でもキャラクターのおかげで重くなりすぎず、ギャグ回もあり飽きさせない工夫がある。

贅沢を言えば、キャラクターデザインは素晴らしいのだが、回によって作画が乱れてしまっていたことが残念。
全体的には満足!

投稿 : 2019/06/26
閲覧 : 183
サンキュー:

8

次の30件を表示

どろろのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
どろろのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

どろろのストーリー・あらすじ

時は戦国時代、武⼠の醍醐景光は、天下を取るという野望をかなえるために、⽣まれて来るわが⼦の体を⻤神に与えてしまう。そうして⽣まれた⼦供は、命以外すべての⾝体を奪われており、川に流され捨てられてしまう。時は流れ、戦の世を旅する少年・百⻤丸。実は彼こそが、魔物に体を奪われた⾚ん坊の、成⻑した姿であった…。(TVアニメ動画『どろろ』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2019年冬アニメ
制作会社
MAPPA / 手塚プロダクション
公式サイト
dororo-anime.com
主題歌
《OP》女王蜂『火炎』《ED》amazarashi『さよならごっこ』

声優・キャラクター

鈴木拡樹、鈴木梨央、佐々木睦、内田直哉、千葉翔也、大塚明夫、中村千絵、麦人

スタッフ

原作:手塚治虫『どろろ』、キャラクター原案:浅田弘幸
監督:古橋一浩、シリーズ構成:小林靖子、キャラクターデザイン:岩瀧智、音楽:池頼広

このアニメの類似作品

この頃(2019年冬アニメ)の他の作品

ページの先頭へ