「 ラブライブ!サンシャイン!! The School Idol Movie Over the Rainbow(アニメ映画)」

総合得点
66.2
感想・評価
31
棚に入れた
150
ランキング
1364
★★★★★ 4.1 (31)
物語
3.7
作画
4.2
声優
4.1
音楽
4.3
キャラ
4.1
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む
ネタバレ

redtask

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

まだまだ未熟DREAMER

物語
Aqoursの3年生が卒業した後の話。

感想
ラブライブサンシャインアニメ版の続編。浦の星女学院が統廃合により無くなってしまったことで違う高校に行くことになったAqoursの6人。
しかし、3年生が抜けてしまったAqoursはどこか抜け殻のようになっている。その点をSaint Snowに見抜かれてしまう。
この状態を抜け出すには3年生ともう一度あって話し合って本当のこの先のAqoursとは、という話をしていく。
アニメ版で様々な状況をくぐりぬけラブライブでも優勝をし浦女の名前を残したAqoursなのだが、まだまだ年端もいかない女の子たちは、やはりまだまだ未熟DREAMERだったのだなと思った。
卒業旅行中の3年生たちを追ってイタリアに行く自分たちの本当の気持ちを見つけていく。
最後にはこれからのAqoursの形を見つける。それは新しいAqoursなのか、それとも・・・。
まだまだラブライブサンシャインは続きそう!!!

好きなキャラ 
ヨハネ 花丸

投稿 : 2019/01/31
閲覧 : 49
サンキュー:

1

ネタバレ

根越 詠汰

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

1からその先の未来へ 新生Aqours降臨か?? +++++++

 2019年最初に見たアニメ映画は、『ラブライブ!サンシャイン!! The School Idol Movie Over the Rainbow』に必然的になったです。初日、舞台挨拶付きライブビューイングで見たです。上映前、{netabare}スマホの電源要注意です。ユーフォ、中二病、Freeで毎回あった、京アニ映画によく{/netabare}ある展開になるのです。

 どこからのライブビューイングなのかは、言わずと知れたあの地のどっかの映画館のようだったです。上映が終わった数分後に見たです。{netabare}声優さん浦女制服姿、髪型もキャラに合わせて登場したです。和気あいあいだったです。{/netabare}

 2期の最後のあのシーンは、千歌の見た幻でなかったようです。物語は、そこから鞠莉、果南、ダイヤに託されたあることから進んでいくのです。μ'sとは、やっぱり違う選択をするんだなぁと思ったです。

 鞠莉たちは、卒業旅行と旅立ち、千歌たちの新しい毎日が始まるのです。陽に彼氏???登場その真相はいかに!です。Aqoursで、有終の美を飾って新しい学校生活が始まると思いきや、またもや千歌たちに試練が訪れるのです。何かこれ、いくら何でも展開だったです。

 Saint Snowも交え、海辺で悩める千歌たちの前に現れた人物とは!事態は急展開、舞台はイタリアに!です。
 鞠莉がらみにイタリアの有名そうな場所で、面白おかしくお話が進んだです。{netabare}鞠莉ママの声聞くと、ややかすれた野原しんのすけか?と思ったです。ヨハネアイや別なものに憑依?する善子が面白いです。{/netabare}鞠莉の家庭事情、大変だなぁです。

 この件が済むと最初の試練に対して千歌たちがどうするのか?{netabare}またSaint Snowの理亞は実はどうしているか?の話になってどこかシリアス??これらをどう解決するのかが、終盤に差し掛かるのです。それぞれの姉妹が、妹の姉離れともいうのか?も{/netabare}大きなポイントかもしれないです。

{netabare} その答えは舞台の中で非公開、AqoursとSaint Snowと関係者でのもしものラブライブへとつながり、これはなかなかだったです。千歌たち、理亞はそれから何を見つけ出すのか?注目です。

 最後、新生Aqours見れるのか?は、お楽しみです。私は見てみて結局9人だったようにしか見えなかったです。{/netabare}
 前半最初の作画どこか違和感があったです。それ過ぎてからは、作画良くなるんだけれどもです。

 花丸の眼鏡と洋服姿が、なんだか似合ってて良かったです。いろんなところで、バテるところやずらずら、突っ込みを入れてたのが面白いです。話が進んでいくうちにAqoursの髪型、陽とか変わっている気がしたです。

 Over the Rainbowなだけに{netabare}虹が出てくるです。ラブライブというと女性しか出てこないけど、これには沼津の地元の男性の方たちも声は出さないけど、少しところどころの登場も新鮮味があるです。{/netabare}
 なんだかんだ、μ'sのときのように何回も劇場に足を運ぶのかなぁと思うです。

2019.01.05 00:51


 7回見てきたです。

 一番最初に見た作画の違和感を確認したです。{netabare}最初の浦女体育館での陽、莉子、喜子、果南、ダイヤの顔のアングルの所為かもだけど、やや細い感じがしたです。ここを違和感にとらえてたです。これ過ぎた、明らかに沼津の紹介になった歌の場面からは、TV放送同様に良くなっていたです。

 小さな千歌と陽が、砂浜で紙飛行機を飛ばしたときに合った少女は、誰だかは分かるけど、最初見たときは理亜に似ていると思ったです。

 沼津紹介の場面で、いろいろな店や場所を歌に合わせて見せている中で、アーケードでAqours踊る背景に、一人実在する方なのか?おばさんが一瞬目立ってたです。

 鞠莉ママの名前って、ヘリコプターから名乗っていたけど、マリズマリ??と聞こえるけどそうなのかなぁ?です。

 渡辺 月の存在が、Aqoursをいざなっているようだったです。{/netabare}

 ミュージカル展開の多かった今作、私は好きです。

{netabare} 不思議に思うのは、歌う途中に服が衣装に突然代わる点、いつの間に用意してるのかなぁと思うです。(沼津駅周辺?場面や、、イタリアで3年生が歌う場面、一番最後のライブシーンで3年生が加わる所からなど)

 また音楽はあらゆるの場面で、どこからライブステージもないのに流しているのかなぁと素朴な疑問があるです。(沼津駅周辺?場面や、イタリアで3年生が歌う場面、イタリアの階段広場でAqoursが歌う場面、Saint Snowが洋館の前で歌う場面など)

 キャラの髪型が変わるなかで、印象に残るのは陽リボンを付け替えたり編んだりだたり、千歌の髪飾りが変わっていたりなかったり、ルビィ、ダイヤ、果南が結んだ中でルビィが目立ったと思うです。

 花丸の食事をする姿が、幸せそうだったです。

 パフォーマンスや歌は、{netabare}沼津駅周辺?場面、{/netabare}特に公開前の劇場CNやTVCNで一部流された、イタリアの階段広場、 {netabare}ラブライブ延長戦、ラストのライブステージなど{/netabare}私は良かったです。

投稿 : 2019/01/28
閲覧 : 160
サンキュー:

3

マーモン

★★★★★ 4.8
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

タイトルなし

この作品は三年生が抜けたAqoursのストーリーです
浦女が統廃合することになるのですが
相手の学校のPTAが部活動がおろそかになると統合を認めず
認めさせるために三年生が抜けたAqoursが部活動紹介のステージで踊るのですが、三年生の存在が大きかったことに気づいて、不安になってミスをしてしまいます
そんな時、鞠莉のお母さんに千歌たち六人が行方不明になった三年生を探して欲しいと頼まれます
ミスをしてこれからどうすればいいか分からなくなった千歌たちは三年生たちに会って話したいと思い三年生を探すのを手伝います
なぜ鞠莉たちが行方不明なのか
千歌たちは三年生に会ってこれから目指すことを決めて
そのために何をするのか
気になる方はぜひ劇場へ
映画の挿入曲はどれもよい曲で最高でした

投稿 : 2019/01/17
閲覧 : 53
サンキュー:

0

ネタバレ

プラたん

★★★★☆ 3.2
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ルビィちゃんを見て!!!

映画を通して、ルビィちゃんの成長がよく描かれていた。お姉ちゃんがいないと何もできなかった引っ込み思案の女の子が、意見を言うようになり、同い年の同じ悩みを持つ女の子にアドバイスしたり、見ていて微笑ましかった。

・・・しかし、物語全体としては、特に面白いとは思わなかった。新しい学校が廃校舎だったとか、鞠莉の結婚だとか、話のベクトルが違いすぎてで分かりづらかった。もうちょっと芯のあるストーリーにしてほしかった。大トリのライブシーンも、感動ってほどでもなかった。µ'sの劇場版と(比較してはいけないんだろうけど)比較すると、迫力に欠けた。「僕たちはひとつの光」には敵わなかった。

P.S.
「よしりこ」カップリングは公認なの?というくらい、二人の絡みが多かった。(個人的には好きなので許容)

投稿 : 2019/01/16
閲覧 : 35
サンキュー:

1

ネタバレ

ジャスティン

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

有り得ないようなことは気にしなければいろいろといい感じに見れるかな

●視聴した理由やきっかけ
今回はラブライブ!サンシャイン!!の2期への後日話となるので、直に見たいかなという感じで見ようと思いました。μ'sでの映画もとても良かった印象があり、その時はまだ深夜アニメの存在を知らなかったので今回は是非見たいと思い視聴しました。

●評価ポイント&感想
{netabare}
先ほどもおっしゃいましたが、今回は2期でのラストで浦の星女学院が実質廃校となり終わったから恐らく数日後の話ぐらいのだと思います。そこから映画の時系列が始まります。

ラブライブシリーズといえば、挿入BGMや音楽ですよね。今回もバッチリありました。ちゃっと気に入ったのは、どこの部分の曲か忘れたのですが、カメラワークがμ'sの1期のOPテーマのラストに流れる全体が回転しながらの演出でチームリーダーが走っている演出はグッときました。懐かしい要素でとても印象に残っています。

今回のストーリーの脚本も花田さんということでいつも素晴らしいストーリー構成なのですが、今回少し思ったのはこれは映画で本当にやるべきことだったのか?というところです。別にこれでも良いのですが、簡潔に言えば、これは本編でやってほしい内容でした。では何故か...

それは今回ストーリーの展開が少し早いのではないかというところです。印象に残っているシーンが細かく出来てしまうことで「これも良かった」「あれも良かった」と良いシーンがたくさんありました。それは良いことです。
ですが、この100分を1クールにしてもよろしかったのではないでしょうか?というところです。確かに最初で最後の映画のメンバーだからこそ本気でやりかったのかもしれません。そう思うと映画の内容も難しいところですね。
映画の内容が総集編よりかは全然良いのは分かります。

●総集編について ※作品とは全く関係ない話です
{netabare}
総集編映画として有名なのは京都アニメーションさんのアニメタイトルですよね。確かに見る価値はあると言えばあるかもしれないし、ないと言えばないです。でも絶対に見るべきとまでは言えません。それは簡単なことです。
普通にアニメでやっていた内容をまとめたものだからです。「見る価値ある?」それがまず疑問に浮かぶかと思います。

私も実はそう思っていた時期がありました。それもつい最近まで。しかし、それがそうでもないということに気づきました。それに気づかせてくれた作品が「ガールズ&パンツァー」でした。このアニメでは音響にとても特化しており、劇場版ではないと勿体無いぐらいの素晴らしさがありました。
ですので、京都アニメーションの作品でもその可能性があるのかもしれないと思って、少しずつですが、総集編でも映画を見に行こうと思いました。
{/netabare}

では、そろそろ本編について本格的に話していこうと思います。

●ストーリー構成 ★4.5
最初の写真サービスタイムは衝撃でした。「みんな撮っているしwまじか」
みんな流石すぎるよ。と思えました。
何故かというと、花田さんのこともあって内容は素晴らしい。でもこれは本編ではないのか?という疑問も生まれました。

今回のストーリーですが、1年生組と2年生組どちらもこれからのAqoursのために自分は何をすれば良いのかを探求するような描写が多かったですね。部活動もそうですが、頼りになる先輩たちがいなくなると本当に改めて先輩たちはよくやって来たんだなあと実感してしまいますよね。自分も実は部活の部長になったことがあり、その気持ちが凄く共感しました。また引退してからも私がいなくなったことで後輩たちもそのような気持ちになったそうです。

ここで言いたいのは「頼りになる人は今しかいない」ということを。
また廃校になって、そして分校となる結末が嫌でライブを自分たちで制作したのもとても良い。それは自分たちで変えたいという意識があるからこそ動ける行動だと思います。

ですが、そう簡単には行動が出来なかったのはラブライブで優勝候補とも言われていたSaint Snowのメンバーの理亞ちゃんです。でもその気持ちが分かってあげられるのはルビィちゃんしかいませんでした。

こっちも同じ気持ちになったいたばかりだったので、その気持ちをちゃんとメンバーに言ってAqoursでもやはり元気にはならないと分かっていたのは流石でした。

また3年生組では、鞠莉ちゃんと母親の関係に溝がありました。いつも鞠莉は勝手に自分で行動していたのが、裏目に出てイタリアまできましたが、今回で自分は今何を見て何を感じて何をしたいのかという私たちの世界でもとても重要のテーマを与えてくれた作品でした。

そして、Saint Snowが本当にラストに披露したかった曲が今回流れましたね。一言でいえばとてもカッコイイ衣装と声でそして、曲が始まる前の無音も素晴らしかったです。

ラストにあった【efシリーズ】でも好きな神飛行機ですね。でもこっちの意味は絶対に違うでしょう。でも何かしらの意味があるのではないでしょうか

ストーリーが濃厚だったからこそ0.5クールでも追加してやれば良かったのではと思いました。
{/netabare}

投稿 : 2019/01/14
閲覧 : 65
サンキュー:

6

山本耀司

★★★★☆ 3.1
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ラブライブの映画はなぜこうも唐突なミュージカル調なのかw

9割がたしゅかしゅー演じる曜ちゃんを観るために劇場に足を運びましたが、映画に関して言えば内容は無印より酷かったんじゃないかな…
そして作画も、え?と思うところが目立ったりこんな声だっけ?と思うキャラも何人かいたり…
てな感じで個人的にはあまり評価できなかったかな…
関係ないかもしれないが、特典もiPhone非対応でちょっとがっかりすることが多かった時間でした。

投稿 : 2019/01/10
閲覧 : 56
サンキュー:

0

きつねりす

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

MVPはルビィちゃんと理亞ちゃん

Aqoursのこれからを強く意識させる一本だったと思います。無印のμ'sの場合には9人で終わらせるという決断をしたこともあり、ラストも9人は伝説となった・・・という感じでしたが、今作は3年生が抜けても6人で続けていく、離れても思いはずっと繋がっているというメッセージを残したものだったと思います。本編でしっかりと描写していたこともあって、今回は2年生はあくまで繋ぎの立場。旅立つ3年生の覚悟、思いを繋ぐ1年生(特にルビィちゃん)の強い気持ち、そして慕っていた姉の姿を追いかけるSaint Snowの理亞ちゃんの葛藤といったものが軸になっていると感じました。正直、無印におけるμ'sのライバル的存在であったA-RISEと似たようなポジションだと出てきた当初は思っていたSaint Snowが、これほどまでに作品の中で大きくなるとは思っていませんでしたが、これもまた新しいレールなのかもなと思える気合を見させてもらいました。お互いを高めあうという関係・・・素晴らしい。
それと並ぶくらいにやっぱりルビィちゃんの存在はこの映画の中で大きいと思いました。アイドルになりたいという気持ちが人一倍強く、しかし実力がなかなか伴わないキャラという立ち位置からスタートしたものの、物語が進むにつれて誰よりも成長を見せた存在だというのは周知の事実だとは思いますが、やはり今作でも名言・名演技の連続でした。おそらく次のセンターはルビィちゃんになるだろうと思います。他の8人も良さを感じる部分は多かったけど・・・
総集編的作品ではなく、テレビアニメの延長線として作られる映画としては出来が良い作品だと思いました。作品的には幕を閉じるという位置づけのものだとは思いますが、感覚的には今後もAqoursは続いていく、ということを印象付けた作品だったと思います。

投稿 : 2019/01/07
閲覧 : 38
サンキュー:

2

ネタバレ

みるく

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

脚本酷いぞ

内容詰め込み過ぎて全体的に薄っぺらかったです。
ただ、ルビぃちゃんは一期の時よりも自分の意見を言えるようになっていて、とても成長していたなと思いました。セイントスノーの流れは良かったと思います。

個人的に一年生と二年生の挿入歌が聴きたかったです

投稿 : 2019/01/06
閲覧 : 78
サンキュー:

3

ネタバレ

フィオーネ

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ルビーちゃん良かったね

ラブライバーではない自分がみても、物語として面白いと思える作品。Aqoursの一年生と二年生メンバーだけでなくSaint Snowの理亜の成長も丁寧に描かれていてとても良かった。また、テレビアニメで批判されていた様々な点(学校への不法侵入やライブが始まる前の掛け声)も上手くカバーしている様に感じた。キャラクターそれぞれの個性も存分に出ていて、ライブシーンも迫力があった。ただ、小原鞠莉の母親は日本人という設定のはずなのに、そうは見えなかったことと、千歌が友達から貰った6個ある今川焼を、その場にいたAqoursのメンバーに配らず家に持ち帰ったことは疑問に思った。

投稿 : 2019/01/06
閲覧 : 41
サンキュー:

1

ネタバレ

あおじる

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

悪くないが、物足りない印象

自分はμ'sのファンで無印の方は7回劇場版を見に行きましたが、サンシャインはアニメ1,2期を一回見た程度の比較的ライトなファンです。
そのような人間が書いた個人の感想としてお読みいただければ幸いです。

まず、良いか悪いかで言えば良かったと思います。アニメ版の続きとして、楽しんで見ることができました。ライブシーンでのダンスや曲も良かったと思います。サンシャインのファンの方は見に行くべき作品だと思います。

ただ、正直、物足りないなと思う部分が多かったのも事実です。
以下に列挙します

(以下ネタバレ含みます)



初代ラブライブでは「μ’sはあの9人が揃ってこそのものなのでμ’sは3年生を卒業をもって解散する。そして同時にラブライブ優勝グループとしてスクールアイドルの素晴らしさ人々に伝え、後世に繋げてから解散する」というμ’sのスタンスがよくわかるものとなっていました。
一方今回のサンシャインでは「Aqoursは6人になっても心の中は永遠に9人」というものでした。9人であることに意味を見出すμ’Sと人数ではなく、内面的なつながりを重視したAqoursといった対比を作りたかったのだと思いますが、ラブライブ無印の劇場版で「必ず終わってしまうからこそ美しく、人を引き付ける」のがスクールアイドルだと描写されていました。Aqours のとったスタンスはこれと相容れない気がします。またAqoursが6人でやる最初のライブのシーンで3年生がソロパートでガッツリ歌っている演出には違和感を覚えました。(合唱で3年生の声が入るような演出なら分かりますが)
また6人としてのAqoursが「心の中で9人」であったとしてもそれはメンタル的な問題で、どのように活動していくかについては分からないままでした。

統廃合で揉めた設定も生かし切れていなかったと思います。統廃合で相手の学校の父兄から反対を受けているなら、その様子を描き、そしてAqoursのライブを見てそれが変わる様子というのをちゃんと描くべきだったと思います。最後の統廃合の行く末の描写もおざなりでした。

月ちゃんも統合相手の学校の生徒として奔走するようなシーンがあってもよかったのでは。月ちゃんの物語上の存在意義があまり感じられなかったです。

何より、物語に起伏があまりなかったというのが一番の物足りなさです。
先ほど書いた部分とも共通するのですが、劇中における問題は比較的あっさりと解決されています。葛藤するシーン、試行錯誤するシーンなどがもっとあれば引き込まれたと思います。

サンシャイン全体に言えることだと思うのですが、初代のラブライブに引っ張られているのか、感動ものにしようとしすぎている傾向があると思います。等身大の女の子が、笑って、泣いて、一生懸命頑張る姿をありありと描ければ、自然と泣ける作品になると思います。

長々と評論家ぶって書きました。ファンの方の気分を害したら申し訳ありません。キモオタが何か言ってるなーくらいに思ってください。

投稿 : 2019/01/05
閲覧 : 40
サンキュー:

2

ネタバレ

おぬごん

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

相当Aqoursが好きじゃなければ見なくていいかな…

あけましておめでとうございます。2019年も何卒よろしくお願いします。

さて、前作に引き続き今作も公開初日に見てきましたのでレビューしていきます
2019年一発目のレビューはこの劇場版ラブライブ!サンシャイン!!にしようと前から決めていましたw
ちなみに前提として、私はμ'sに魅了されたラブライバーです
サンシャインはライブに行ったりするくらいには好きだけど、アニメ他の出来には正直全く納得していない…どうしてもμ'sのラブライブと比較してしまう…というような面倒臭い感じですw
(前作劇場版レビュー:https://www.anikore.jp/review/1262366/)
(サンシャイン1期レビュー:https://www.anikore.jp/review/1549253/)
(サンシャイン2期レビュー:https://www.anikore.jp/review/1750356/)


内容はサンシャイン2期最終回の完全な続編です
また各キャラの状況や今後についての話が中心となりますので、TV版の視聴は必須だと思います
(まあ前作も同様でしたが映画からハマった人もいたので、ハマる人はハマるんでしょうけど)

それでいて驚くような展開も無ければ感動的な場面も特に無く、大きな山も谷もなく無難で平凡
視聴にあたってハードルを下げていた私でも「まあこんなもんかな」と思ってしまうレベルのものでした
よく言えばキャラたちの小さく確かな成長が描かれたんですが…悪く言えば大きなことは何も無かったんです
{netabare}3年生が卒業した後も「浦の星女学院」の名を残すためAqoursを続けていく…3年生抜きでもちゃんと頑張る…というのがストーリーの主軸でした。これは3年生卒業とともにきっぱり終わったμ'sと対照的で、1期12話で決意したようにAqoursがμ'sとは完全に別の道を進んだという一つの形でした。ただ、Aqoursの目的を考えたらそれほど驚きも無かったわけで…キャストもことあるごとに「Aqoursは続いていく」って言ってましたし。{/netabare}
余程Aqours(サンシャイン)に入れ込んでる人でなければ感動はできないと思います
それか、部活動を本気でやっていた人とかなら刺さるかもしれません

ライブシーンは計6回
前作劇場版はCG混じりのいつものライブシーン3回+全手描き作画3回でしたが、
本作は全て手描きとCGの混ざったものでした
CG技術が進化し、大画面での視聴に耐えうるものとなっていましたからね
ただ楽曲もイマイチで…そもそもCMで流れてた曲(Hop? Stop? Nonstop!)がコミカルな曲でしたからねえ
前作の「Angelic Angel」や「僕たちはひとつの光」のような感動できる曲はありませんでした
強いて言えば{netabare}Saint Snowのライブシーン{/netabare}は良かったです

また不満点として、聖地推しの下手さがあります
物語の舞台は大きく分けてAqoursの地元・沼津と、劇場版恒例の海外・イタリアの2つです
で、イタリアはヴェネツィアとフィレンツェがしっかり魅力的に描かれてる一方で、ローマがかなりやっつけ気味に挟まれるんですよねw CMでも分かる通り、イタリアライブの舞台はローマ・スペイン広場なのに!!
μ'sはちゃんとNY観光をしっかりしながら舞台を吟味していたのに、本作はいつの間にかローマにいていきなりスペイン広場でライブを始めるんですよね…これは残念でした
また最初のライブシーンを始めとした沼津推しがちょっと強すぎるかな、と
実際の沼津でラブライブを推してくれてる店や施設が、これ見よがしにフィーチャーされるんですよね
中には実在の店員・従業員さんが描かれていたりして…
TVシリーズではAqoursは廃校阻止のため地元アピールをする必要があり、そのため作中の沼津推しにも必然性があったんですが、本作は特に意味もなくリアルな実在店舗・施設が描かれるため違和感がありました
これも聖地巡礼するような熱心なファン向けのサービスなんでしょうね…

じゃあ見どころは?と言うと、キャラの私服と髪型アレンジが多かったところですかね
この作品、Aqoursメンバーは場面が変わる度に服装・髪型が変わるんですよね
これはTVシリーズと違い、劇場版では視聴者の大多数がキャラを完全に把握していて、服装・髪型が変わった程度で「誰?」とはならないからこそできる遊びですよねw
特に1年生は大人びた髪型、服装になっていることが多く、成長が感じられて可愛かったです!


総じて、かなり入れ込んだファン向けの作品になっていたかと思います
作品の導入にもならず、中途半端なファンでは感動もできないと思われるため、初見の方やTVシリーズを何となく見ていただけの方なんかはわざわざお金を払って見に行くほどではないかと思います
まあ劇場特典その他でコアなファンから絞れるだけ絞り取るのが目的でしょうから、それが正解なんでしょうが…

投稿 : 2019/01/04
閲覧 : 61
サンキュー:

11

ネタバレ

うざっしー

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

相変らずツッコミ所は多いが、ラブライブで描いて欲しかったことを今回はちゃんと描いてくれた

鑑賞前
前売りムビチケカードは購入済みで新年1/4に観に行くつもりなのだが…。
ラブライブ。2013年のアニメ以降、二次アイドルコンテンツをアイマスと二分する存在である。今日までの間、デレマスやWUGやバンドリと言った刺客が次々に現れたが、どれもアニメが微妙な出来であるためラブライブはガラパゴスな天下の座をずっと享受できていた。

がしかし、この総決算の劇場版上映を前にしてついに最強の敵・ゾンビランドサガが現れてしまった。
ゾンビランドサガは「アイドルとは何ぞや?」というテーマ性を追求した作品で、一躍人気作品の座に上り詰めた。
一方こちらのサンシャインは…上映一週間前となっても、ネットはさっぱり盛り上がらず…μ'sラブライブの劇場版前の熱気に比べると隔世の感がある。
ラブライブもμ'sの頃は矢澤にこパイセンという「アイドル思想家」がいたおかげでアイドルとは何ぞや?というテーマ性、主人公の穂乃果との思想的対立はしっかり描けていたのだが、Aquorsにはそのような思想家がいないため、教祖様の千歌がただ「輝きたい!」というお題目を唱えるだけの思考停止お花畑集団に成り果ててしまった。畑亜貴先生も明らかにネタギレで似たような曲ばかりのため、印象に残る曲は皆無である。
今サンシャインを「あ、そういえば映画やるんだな」と思い返しても、今や色褪せて輝きは失われ…いや最初から輝いていたとも思ってないがw
こんなお寒い状況で果たしてこの劇場版は成功できるのだろうか?どのラインを成功とするかという問題もあるが。

鑑賞後
今回の劇場版は、以下のようなラブライブにおいていままで避けていた描写に切り込んだので、新鮮味がある良い作品になったと思う。

{netabare}・3年組が抜けて今後6人でどうするのかという件
前作はμ'sを解散してもスクールアイドル自体は続けると真姫がTV版で言っていたものの、その後も本当に6人で続けたのか?という疑問しか感じなかった。しかし今回は6人でどうやっていくか、そして千歌が6人でやっていく方法を見つけたと今後への意気込みを見せて終わったのはとても良かった。ただラストライブは最初ちゃんと6人で始めたのに、途中から幻想世界になって9人になってしまったのはちょっと残念。
あと理亞が入るという話が途中で出たが、ルビィのそれは理亞の望むことではないはずだという反対は正論であるものの、本当に入って7人のライブも見てみたかったとも思う。{/netabare}でも今回はこういった議論や葛藤がちゃんと描けていて、TV版と違いストーリー性がある良い作品に仕上がったと思う。

{netabare}・ライバルのスクールアイドルではないレギュラーキャラの登場
ここにきて曜の従妹の渡辺月という新キャラを登場させたのは驚いた。前作の劇場版の穂乃果を導いたミュージシャンのような立ち位置と言える。統合する側の高校の味方で、イタリアにも詳しい子がいないと話が進められないという理由によるものだろう。

・男の存在
ラブライブにおいて男の存在はタブーであるが、今回は鞠莉の縁談の話が出てきて、思い切ったな…と感心した。まぁ速攻で破談で終わったのだが…月が最初男に見せかけたミスリードが伏線だったのかな。

・ライバルのスクールアイドルのクローズアップ
後半はSaint Snowの理亞が中心の話で、TV版の顛末のケリをつけたのは良かった。今まで飛ばしてきたSaint Snowの「二人だけの」ライブをフルでちゃんと見せたのもいい(観客からはSaint Snowのライブはいらんやろ…という空気を感じなくも無かったがw)。
前作の劇場版では一年組・二年組・三年組それぞれ3人のミュージカルシーンがあったが、今回はこれを入れたせいか三年組だけしかなかった。しかしストーリーを優先するという今回の構成は強く支持したい。
理亞と親しいルビィの活躍も描けて、千歌無き後のリーダーはルビィになるのではないかと感じられた。前作の凛ちゃんみたいなポジションだね。そのせいか花丸や果南は存在感が薄く感じたが。{/netabare}

最後に観客から拍手も沸いたので、TV版の汚名挽回をできた締めだったと思う。さすがはよりもい以後の花田先生である(まぁよりもい以前から制作しているだろうが)。
もちろんツッコミ所は多々あって、{netabare}仕方なく統合したのに向こうの高校から嫌がられてるのが今更で意味不明とか、渡辺月がイタリアに詳しいのはご都合主義に感じるとか、マリーママが簡単に改心しすぎるとかは気になったが、作品の出来を貶めるほどには感じなかった。
ただ声優陣がサプライズがあると言っていたが、それは別に何も無かった。μ'sのキャラが出てくるのかなと思ったら出てこないし、じゃあ新キャラの声優がμ'sなのかと思ったが、渡辺月は黒沢ともよでマリーママは矢島晶子さんだし。
あとラブライブサンシャインは静岡推しアニメだったはずだが、今回はイタリアっていい所だな…という感想で終わってしまった。序盤で沼津の実在店舗を片っ端から見せたのは聖地を作ろうという意図がミエミエでいやらしかったが。{/netabare}
それと上映前のフォトセッションはやめるべきだったと思う。スマホの電源を切ってくださいと言ってる側から「画面をスマホで撮ってSNSで拡散しよう!」とステマ指令するのってw
それから特典はスクフェスじゃなくて一週目から色紙にして欲しかった。まどかもガルパンも一週目から色紙だったのに。

投稿 : 2019/01/04
閲覧 : 143
サンキュー:

9

yasshi_7

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/02/16
閲覧 : 3

もも

★★★★★ 4.3
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/02/13
閲覧 : 6

ジョニー

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観たい

投稿 : 2019/02/12
閲覧 : 6

げー

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/02/11
閲覧 : 4

STK(´・ω・`)

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2019/02/09
閲覧 : 4

ジャックドリーマ

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/02/03
閲覧 : 5

kenjnnn

★★★★★ 4.7
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/02/02
閲覧 : 5

ハクゥテ

★★★★★ 4.1
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2019/01/26
閲覧 : 5

210

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/01/16
閲覧 : 4

ラムジー

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/01/15
閲覧 : 5

けんた

★★★★★ 4.4
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2019/01/13
閲覧 : 5

ジョジョリオン

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/01/13
閲覧 : 4

かずなみ

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/01/09
閲覧 : 8

ASKA

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観たい

投稿 : 2019/01/07
閲覧 : 5

Kaya

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/01/05
閲覧 : 4

ジアース

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/01/04
閲覧 : 7

けみかけ

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/01/04
閲覧 : 5

22

★★★★☆ 3.4
物語 : 5.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

投稿 : 2018/10/28
閲覧 : 10

ラブライブ!サンシャイン!! The School Idol Movie Over the Rainbowのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ラブライブ!サンシャイン!! The School Idol Movie Over the Rainbowのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ページの先頭へ