「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない(アニメ映画)」

総合得点
84.2
感想・評価
378
棚に入れた
2208
ランキング
251
★★★★★ 4.1 (378)
物語
4.2
作画
4.0
声優
4.1
音楽
3.9
キャラ
4.2

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ないの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

ひろたん さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

泣きました

TVシリーズの桜島麻衣(バニーガール)編とこの牧之原翔子(ハツコイ少女+ゆめみる少女)編は、どちらも泣きました。
あまりにに泣いたので原作も読みました。
アニメは、基本的に原作の流れに忠実なのでスイスイ読めました。
それに加えて、原作では、アニメでは語られないすごく細かく、そして奥深い心情表現に胸をえぐられました。
原作もお勧めします。

投稿 : 2021/08/15
閲覧 : 67
サンキュー:

4

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

映画としても物語としても完成度高い

湘南エリア出身または住んでいる、住んでいた人は是非観て欲しいです
特に出身の人、藤沢のさいか屋、マルイだった今はビックカメラとか市民病院とか茅ヶ崎のラスカとか、おおよそアニメやドラマに登場しないとこがいっぱい出てきます
この映画はそこそこ話題になってたので、いきなり映画から入る人は気をつけてください
映画単体でも良いのですが、アニメ版を観るとさらに感動すること間違いないです
テラスモールの109シネマズ、ブルク13のナイト、チネチッタと三回観ても感動は消えなかったです

原作はラノベ。巻数はないのですが敢えてつけると原作ラノベ1-5がアニメ、6と7が映画。原作は今も続いており、8-11。もう少したまれば三期もあるかなという感じです
思春期症候群と称される。青春期特有のあまりにも強い思い込みによって、本人でも気付いていなかった心の奥底にある願望が形となり現象化していくことで、10代特有の空気感や同調圧力によって様々な事件に主人公梓川咲太(高2)が巻き込まれていきます
物語のベースには量子力学等物理学の考え方をうまくストーリーに組み込んでおり、Steins;Gateとか好きな人にはハマると思います
タイトルで敬遠している人もいるかもですが、全くタイトルとは違うサイエンス要素もある内容になっています
物語の舞台は藤沢、鎌倉、横浜。ラノベ最新作では主人公の咲太もメインヒロインの桜島舞衣(高3)も七高は卒業して市大の大学生になってます
アニメではメインヒロインの腹違いの妹、豊浜のどか(高2)以外はアニメでは峰ヶ原高校となっていますが、特に協力も何もないけけど、神奈川県立七里ヶ浜高校に通う高校生です
鎌高ではなくあえて七高ってのがいいとこついてます
また、のどかはセーラー服の制服で横浜のお嬢様学校設定ってなると限られてて横浜共立かな?
鎌倉や江ノ島が舞台になるアニメやドラマは幾多あるけど、主人公等主要キャストの通う七高はそのまんまだし、あまり取り上げられたことのない藤沢駅の北口や市立図書館等々、地元民ならテンションは上がります
藤沢の北側って箱根駅伝以外であまりスポットあたらないので、個人的に嬉しかったです
SFCもあるんですけどね

原作も良いけど、アニメは回を重ねていくとじわじわ来ます
特に大きな伏線はないけど、回を重ねていくことで話が繋がっていくのと、この映画でアニメ版での謎を一気に回収していくので、原作を知っていてもかなり泣けます

映画公開時は藤沢市や協力企業で様々なイベントをやっており、北口のビックカメラは一時期完全に青ブタ仕様になってたけど、今は通常運行に戻ったのは残念です

藤沢のためにも常時桜島麻衣さんで良かったと思うんだけどね。権利の問題とかあるんだろうね

藤沢フィルムコミッションPR大使
桜島麻衣の名刺持ってます
これ映画観ただけでは貰えないんですよね

投稿 : 2021/05/24
閲覧 : 63
ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

全部が素晴らしかったです。

きたーーーーーーーっ!!

見たーーーーーーーっ!!

笑ったーーーーーーっ!!

泣いたーーーーーーっ!!

…何というお話しでしょう…。

もしアナタが咲太だったらどうしますか?

自分が死に、恋人を独りにしてでも大事な人を助けるか、
その大事な人を見殺しにしてでも、恋人を取るのか…。

当初、ボクだったら自分が死ぬコトを選ぶと
迷わずに思っていました。自分が死んでも
恋人は次の大事な人を見つければイイから…と。

でも、違う見方をする人もいました。

この話の中で、咲太を庇って麻衣さんが死んだとき、
咲太はホントにボロ雑巾のように…
人生が終わったみたいになってました…。

そら、そうなるわ…なら、

咲太が死んだ後、麻衣さんもああなったのではないか?、
咲太が味わった思いを麻衣さんにさせるか?…と。

助かった翔子チャンだって、好きなヒトが死んでまで
自分が生きたいだなんて思ってないのでは?…と。
そんな十字架背負わせてまで生かすのか?…と。

確かにと思いました…それから悩んでしまい
答えを出せなくなってしまいました…。

結局、どちらを選んだにしても
誰も幸せにはならない選択だったのでしょうね…。

だから、この話の結末を見たとき、
ホントによかった…。みんなが幸せになれてよかったと
思うと同時に、チャンと選択をした咲太が
アニメシリーズの時以上にカッコよく見えましたし、
麻衣さんと幸せそうにしてる姿がとっても嬉しくて
涙が溢れてしょうがなくなりました…。

咲太も…
麻衣さんも…
翔子チャンも…

笑える結末になれてホントによかったと思えました。

麻衣さんの咲太への愛情の大きさもスゴかった…
素晴らしいメインヒロインでした。

それに、他のヒロイン達も出番はあまりなかったですが、

花楓チャンのまだ少しブラコンなトコも、
のどかチャンのシスコン全開なトコと、
理央チャンの咲太(友達)思いなトコも、
朋絵チャンの超ファインプレーも、

やっぱりこの作品はメインヒロインだけじゃなくて、
他のヒロイン達もスゴく可愛らしくて、
魅力的なのがとってもイイなと思いましたし、

例え、とんでも科学だったとしても、
例え、ご都合主義だったとしても、
皆が笑って過ごせるようになった、
とっても、とっても素晴らしい
ストーリーと見せ方と結末だったと思います。

この作品、すでに有名な作品なんでしょうけど、
もっともっと色んなヒトに見てもらえて、
心を豊かにしていってもらえたらボクは嬉しいなと、

そんな風に思える、ボクにとっても特別な作品になりました。

青春ブタ野郎シリーズ、大好きですっ!!

続編、2期、カモーーーーーンっ!!


ちなみに今回の映画、ボクは翔子チャンに起こってる
「思春期症候群」のカラクリが分からなくて
3回ほど見直しました…。
3回見ても面白かったです。(笑)

投稿 : 2021/05/23
閲覧 : 70
ネタバレ

yut さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

タイトルなし

今までの伏線を回収

投稿 : 2021/05/12
閲覧 : 54
サンキュー:

1

ネタバレ

hana さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

劇場版で一気に昇華した

アニメ版も良作ではあった。
しかし、どこかで見た物語。
https://www.anikore.jp/review/2153327/

思春期症候群というご都合な設定を少し消化しきれていない印象を受けた。
しかし、劇場版では、消化しきれていないところを全て昇華してしまった。
アニメ版の微妙な伏線を回収し、全てにおいて素晴らしかった。
主人公の葛藤の作り方は、本当に素晴らしい。
アニメ版からの長い伏線があるからこそ生きてくる。
アニメ版を観て、記憶にある状態で、そのまま劇場版を観ることを推奨。

久々にいい物語に出会えたと思う。
これだからアニメはやめられない。

投稿 : 2021/05/04
閲覧 : 95
サンキュー:

2

ネタバレ

ペン太郎 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

TVシリーズの伏線の回収が素晴らしい!!

ストーリーに関しては89分という短い時間でなんとも内容のしっかりしてる、実に青ブタらしい脚本でした。
アニメで基本泣かない私ですが、咲太に感情移入しまくりで思わず涙が溢れてきました。特に真衣さんが咲太を庇うシーンなんかは涙なしでは見てられませんでした。
こんな素敵な作品に出会えたこと、本当に嬉しく思います。できることなら記憶を消してもう一度見たい、、、。

投稿 : 2021/04/06
閲覧 : 59
サンキュー:

2

ネタバレ

QjEiY75281 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

タイトルなし

とてもよい作品で、原作を先に読んでいたので開始10分くらいでもう泣いてました。
映画館で見ましたが最後のエンドロールが終わっても、誰一人席を立っておらず余韻に浸ってました。
ただ、1番好きで感動するシーンがカットされていたのでそこはショックでした。

投稿 : 2021/03/29
閲覧 : 63
サンキュー:

1

ネタバレ

シボ さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

こんなにも切ない選択ってありますか!?

アニメ版から、あの翔子さんの謎の続きが知りたくて
レンタルしてしまいました。 

以下ネタバレの恥ずかしい感想なので、視聴前の人は読まないで下さい!
(わざわざそう書かなきゃいけないほど先がどうなってしまうのか
 胸を締め付けられながら観てたので・・・)

クリスマスを前にしたある日、大人の翔子さんが突然、家にやって
来ます。
(翔子さんがいっぱいなので
  大人バージョンは翔子さん
    小、中学生は翔子ちゃん わかりずらい・・)
              
双葉も言ってたけどちょっとしたうらやましい修羅場に。笑。

かえでちゃんとは兄弟、仲良くやってるみたいで、なんか嬉しい。

アニメ版で謎だった翔子さんは自ら中学生の翔子ちゃんと同一人物で
思春期症候群によって、現れたと告白します。

最初、翔子さんの振る舞いを観てたら、心臓病の翔子ちゃんの
叶えられなかった夢を実現するために現れたのだと思ってました。

江の島での翔子さんとのデートでウエディング姿の翔子さんの胸の
移植の傷があったので、移植手術が成功した未来からきたことが
徐々にわかってきます。

病室で中学生翔子ちゃんが弱気になって時に頭をやさしく撫でる咲太。
(咲太は、未来の翔子さんや麻衣さんによってホント成長したな~)

翔子ちゃんを勇気づける言葉「ありがとう、頑張ったね、大好きだよ」
これって言いだしたの高校生の翔子さんじゃなかったけ?
誰だっけ? ちょっと時間軸に混乱しつつ視聴。

なんか出会う人達同士が良い影響を与え合うループなのかな?

そんな中、話は確信に・・
病院で傷跡が開いてベットに横たわる咲太に翔子さんが現れて
未来の自分はクリスマスの夜に事故で脳死になった咲太の心臓を
移植されて生きていると告白します。
そして病室に来ていた麻衣さんもその話を聞いてしまいます。

ここからはどんどん切なすぎる展開に
恥ずかしながら、
もう泣いてない瞬間がないくらいずーと泣きながら観てました。

帰り道で、咲太に何も言わせないくらいに、幸せな自分との未来を
選択するよう説得する麻衣さん。
(そのままだったら咲太なら死を受け入れちゃうだろうし)

学校帰りでの踏切で咲太の死が迫ってることを知った双葉の涙する姿に
またも涙です。  あ~~~、ずーと涙止まらないよ~~。。

駅のホームのシーン
たとえ死ぬとしても翔子ちゃんを救わない未来を選択しないだろう咲太を
麻衣が必死に説得するところは苦しかったな~。
(それは大好きな人が避けられるかもしれない死を受け入れられないのは
 当たり前だし、そんな選択を強いる自分を嫌いになっても良いから
 生きてほしいってのも痛いほど響きます)

その後、部屋に戻ってから、こんどは咲太のほうが
「麻衣さんを泣かせたくない。まだ死にたくない」と翔子さん告げます。
翔子さんは「よく頑張ったね」って優しく抱きしめるシーン。

この生死のどっちを選んでも、苦しくて幸せになれない
どうしようもない状況に観てるこちらが胸が締め付けられます。

そして
咲太は自分が死んでも翔子ちゃんを救う道を選びます。

しかし死を覚悟した咲太を突然麻衣さんが突き飛ばして身代わりに
ってまさかの展開に衝撃でした。

麻衣さんが死んでしまった喪失感が観てる自分もいっぱいな中、
翔子さんがまた現れて、もう一度過去に戻ることに。

過去に戻って選択を変えるのは翔子さんの未来を奪うことに・・
わかってて送り出す翔子さんの涙に・・・また涙腺崩壊なのです。

あのクリスマスの事故から咲太と麻衣が死なない結果を選択します。

その後
病室での集中治療室にいる翔子ちゃんのすべてを理解したうえでの
やり取りは、なんてすごい子なんだろうって またまた涙なのです~。

過去を改変する時の
アニメシーンのフラッシュバックはアニメ版をついこの間観た私にとって
どれも素敵なカットで褒美のようでした。

それまでのことすべてが夢の中の認識?になってしまってた咲太と麻衣
の前にある親子の姿が・・。

江の島の砂浜での翔子ちゃん咲太がお互いを思い出して
呼び合うラストは、翔子ちゃん元気で生きててくれたよ~~!!

どうして無事だったのかとか説明がなくて少し謎な部分もありますけど
全員が生きてるシナリオは素直に嬉しかったな!!

あのどっちを選んでもバッドエンドな展開から、みんなよく頑張った!!
自分が願っていた嬉し泣きの出来る最高の終わり方でした。

あ~もうびっくりするくらいずっと涙だだ洩れでした。
映画館だったらやばかった。
アニメ版だけでなく観てホントに良かった素晴らしい作品でした。

投稿 : 2021/03/29
閲覧 : 256
サンキュー:

41

ネタバレ

snow さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

やっと観れた<67>

映画単体で成立するようにキャラ紹介的なのを入れるかと思ってたら、あくまでシリーズの続きといった作り。
麻衣が死んだ時には「ここでメインヒロイン交代とか思い切ったことやるなぁ」と思ったものの、残り時間の長大さから、こりゃ生き返るわと思い直し。
そうなるとみんな助かってオールハッピーエンドって結末も明示されたような感じになっちゃって初見なのにスジを追い直してるような視聴感覚になってしまい、実際結末はそうだった、と。
んで、後半集中力落ちてたこともあって、なんか病院で寝たら翔子が助かった世界線になってて、んー既定路線だけどなんで?って気分になりもうした。

そこまでのシーンを思い返せば、麻衣が出た心臓病の映画の影響でドナーが増えたってことであり、それも過去の記憶に影響を与えるという途中で説明された事象によるもので、さらにタイミングは病院で寝て過去シーンがパラパラと出てたとこなんだろうけど、クライマックスの奇跡はもうちっとカタルシスを感じるような描写がほしかった。
自分が死んで心臓を提供するというのは自己犠牲が過大だし、そこまでの袋小路からオールハッピーエンドに繋げるにはちと弱かったかなー。

とはいえ、TVシリーズで解決してきた各思春期症候群の経験が活きてたりとここまでの集大成的なお話で、映画にするならこれだろうというエピソードで面白くはありました。

投稿 : 2021/01/06
閲覧 : 89
サンキュー:

5

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」のつづきだから、TVアニメを先に見てね☆彡

公式のINTRODUCTION
{netabare}
原作は累計発行部数100万部を超える鴨志田 一の人気小説“青春ブタ野郎”シリーズ。2018年10月よりTVアニメ「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」が放送を開始。独創的なストーリー展開と巧みな心理描写が大きな話題を呼びました。そして2019年初夏、待望の続編がスクリーンに登場。監督は「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦」等、数多くの作品を手掛ける増井壮一。脚本は「劇場版 Free! Take Your Marks」で知られる横谷昌宏。アニメーション制作は「PERSONA5 the Animation」のCloverWroksが担当し、感涙の思春期ファンタジーを描き切ります。
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:鴨志田 一(電撃文庫刊 「『青春ブタ野郎』シリーズ」)
原作イラスト:溝口ケージ
監督:増井壮一
脚本:横谷昌宏
キャラクターデザイン・総作画監督:田村里美
プロップデザイン:髙田 晃
美術設定:藤井一志
美術監督:平柳 悟 薄井久代
色彩設計:横田明日香
CGディレクター:野間裕介
撮影監督:関谷能弘
2Dデザイン・モニターワークス・特殊効果:内海紗耶
編集:三嶋章紀
音響監督:岩浪美和
音楽:fox capture plan
制作:CloverWorks
製作:青ブタ Project
配給:アニプレックス
{/netabare}
キャスト{netabare}
梓川咲太:石川界人
桜島麻衣:瀬戸麻沙美
牧之原翔子:水瀬いのり
古賀朋絵:東山奈央
双葉理央:種﨑敦美
豊浜のどか:内田真礼
梓川花楓:久保ユリカ
{/netabare}


公式のSTORY
{netabare}
空と海が輝く街“藤沢”に暮らす梓川咲太は高校二年生。先輩で恋人の桜島麻衣と過ごす心躍る日常は、初恋の相手、牧ノ原翔子の出現により一変する。何故か翔子は「中学生」と「大人」がふたり存在しているのだ。やむなく翔子と一緒に住むことになった咲太は「大人翔子」に翻弄され、麻衣との関係がぎくしゃくしてしまう。そんな中、「中学生翔子」が重い病気を患っていることが判明し、咲太の傷跡が疼き始める――。
{/netabare}
感想
{netabare}
中学生の翔子、大学生の翔子がいて
ときどき回想で小学校の翔子が出てきたり
2年前、浜で会ったときの回想にも翔子が出てくるし

翔子を助けようとした咲太クンを助けようとして死んだ麻衣を助けようって
未来からやってきた咲太クンが、自分を助けて消えたりして。。って
ゴチャゴチャで何が起きてるかよく分からなくって
考えながら見てたから、おはなしに集中できなかったみたい。。


でも、麻衣を残して、翔子を助けようってした咲太クンは
助けようってした気もちは分かるし
かっこよく見えるんだけど、ゆるせないかな。。

だって、咲太クンが翔子を助けたのは
翔子が自分を助けようとしてるって分かったから
ってゆうのもあると思うけど
やっぱり翔子のことが好きだから、じゃないのかな?

もし咲太クンが目の前にいる
臓器を待ってる患者さんを、全員すくわないといられない
ってゆう性格だったら別だけど
そうじゃなかったら、ウワキとあんまり変わらない気がする。。

自分が死んで翔子を助けようとしたせいで、麻衣が1回死んじゃったし。。
これでもし、麻衣の心臓が翔子に合わなかったら
麻衣も翔子も2人とも死んじゃってたかもだし。。


だけど、咲太クンが助かったら麻衣が死んで
どっちにしても翔子が助かった、って分かって
にゃんは何となく分かった。。

咲太クンとか麻衣が死ぬのは確定してなかったみたいだけど
この世界線では翔子って、どうやってもドナーがあらわれて
助かる運命だったんじゃないかな?って

けっきょく自分で、思春期症候群になる過去を直しに行って
中学の咲太クンに出会わない未来に変えたけど
変わったのはそれだけで、ほかの人たちはみんな元のままだったし
翔子もけっきょく助かったみたいだし^^


にゃんは、このおはなしの主人公って、咲太クンだと思ってたけど
咲太クンが1回死んで、その心臓を翔子がもらった、ってゆうことは
本当のこの世界線の主人公って、翔子だったんじゃないのかな。。


でも、いろいろあったけど、みんな助かってよかった♪
{/netabare}

あと、いつも通りのみんなにまた会えてよかった♪

咲太クンが麻衣のこと思ってる以上に、麻衣が咲太クンのことが好き
ってゆうのも分かったし^^

投稿 : 2020/11/15
閲覧 : 192
サンキュー:

45

ネタバレ

岬ヶ丘 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 2.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

詰め込んだな、感が強い

 まず、冒頭がかなりあっさりした始まり方で驚いた。TVシリーズは見ていたが、「えっと、これどういう状況?」という感じで、なかなか物語に入っていけなかった。

 牧之原さんを巡る、咲太の葛藤と選択の物語なのだが、90分という上映時間もあり、全体的に窮屈な印象を受けた。内容もまず麻衣の命を守るために自分を身代わりにしたり、その後牧之原さんの命を守るために行動したりと、物語が複雑で難解。SF的なルールとしても大丈夫なのかな、と気になる点もいくらかあった。

 キャラクターは全員登場でうれしく、特に牧之原翔子は、水瀬さんの熱演もあり、いいキャラクターだったと思う。ただ尺の問題もあるのかあっさり感があって、あまり感情移入できない部分も多かった。

 作画も、劇場版ならもう少し頑張ってほしいという感じ。あと主題歌は、翔子がメインのお話なので、水瀬さんのソロバージョンでよかったのではとも思った。

 これでシリーズは終わりなのか、続編があるのか、今後の展開に期待。

視聴日 20/3/6

投稿 : 2020/09/21
閲覧 : 86
サンキュー:

4

ネタバレ

ねっち さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 2.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

他作品がチラつく

シュタゲ?ハルヒ?なんだか既視感のあるストーリーでした。最後もかなりの超展開でハッピーエンドに持っていった感じでん?となってしまうラストでした。また、この作品は映画らしくないなと思いました。いつもの青ブタといえば聞こえがいいかもしれませんが、テレビシリーズの青ブタの感じまんまで映画だからといって特別感は感じず、個人的には自分の好きな古賀朋絵ちゃんのストーリーを映画にして欲しかったです。超個人的ですが。ただ、まいさんのいつもと違った表情が見られたのは素晴らしかった。また、今作品のEDも、本編と同じく「不可思議のカルテ」なのですが、これって女性陣全員で歌ってるのかな?もう超超超最高でした。そういった面からもなんだかんだ見て良かったなとは思いました。あ、後まいさんが車に轢かれるシーンはすごく衝撃的でした、、

投稿 : 2020/09/14
閲覧 : 119
サンキュー:

6

ネタバレ

MuraBustan さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

なかなか

予想がつかずとても面白いストーリー。

投稿 : 2020/09/07
閲覧 : 102
サンキュー:

7

ネタバレ

クロ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 1.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

優しさにたどり着くために、私は今日も生きています。

TVシリーズの続編らしいですが妹についてはあれで終わりだったのかと思う感じでメインになっていたのは牧之原翔子編でした。

それも彼女があまりにもしれっと現れるもんだから、あれ?彼女はどういう存在として認識がされているんだっけ?と困惑したので、この導入はもっと意識して頂きたかったかな。

そこから思春期症候群に悩む女の子の問題を解決していく、いつものパターンに入っていき翔子さんの告白によって一気に重苦しい展開になだれ込んでいきますが、、、いや〜。これはファンの人が絶賛するのも納得でかなって思います。

ブタ野郎がどういう決断をするのか。それだけでも十分なくらいなのに、さらに麻衣さんまで巻き込んでしまい「苦しみ抜いて行動し続けたからこそ手に入れた未来」という着地点は私の大好物です。

とはいえそれはシナリオについでであり、作画と演出には凝ったところがみられなかった。
TVアニメと変化がなく、このシナリオならば映画ならではの超作画&演出で観てみたかったしこの作画ならばTV放送でも十分だった気もします。

評判が良いのを聞いていたので無意識にハードルが高くなってしまっていたのかもしれませんが。

投稿 : 2020/08/15
閲覧 : 105
サンキュー:

8

ネタバレ

gb188 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

カタルシスの持って行き場にこまる

出来れば...いや...事故の場面が強烈だった...

投稿 : 2020/08/03
閲覧 : 122
サンキュー:

3

ネタバレ

ビマ さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

胸があたたかい。

TVシリーズが好きでこの映画を見るの楽しみにしてました。
開始数分から何の匂わせもない急展開で一気に物語に引き込まれ期待は裏切らない作品だと確信しました。
TVシリーズに比べると随分とシリアスでしたが重苦しく感じなかったのは欲しい時に欲しい言葉や行動をくれるキャラクター達の存在が大きいと感じました。
結果ハッピーエンドを迎えるのですがシンプルでしたね。シンプルイズベストという言葉に説得力を感じました。
まだ胸があたたかい。

投稿 : 2020/06/26
閲覧 : 133
サンキュー:

6

ネタバレ

どりを さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

拭えない既視感と疑念

タイムリープ物をあまり見たことがない人にはすごい心に残る作品だと思います。

ただタイムリープ物(シュ○ゲ)をみてる人には物足りない感と疑念がついてきます。

まず主人公がタイムリープして自分を認識できる人を探すシーン。双葉、国見には認識されず後輩くんに認識される。だがその後、桜島妹にも認識されその運転手にも認識されている。そして桜島舞にも。それか皆主人公の夢を見ていたのか?だから認識できたのか?運転手さえも?
ここらへんの関係性が極めてわからない。
1人に認識されたら全員に認識される設定なのか?
双葉のスマホは使えなかったのに公衆電話は使えてる。何故?
ここら辺が疑念でもありご都合主義だったのかと思われる。
過去の自分と未来の自分は物理的干渉はokなのか?謎

あと最後のシーン
尺が足りませんでしたね。
ご都合主義発動場面

あくまで推測であり自分の解釈なのでご了承ください。

でも良い作品です。作画は綺麗でした。

投稿 : 2020/06/21
閲覧 : 137
サンキュー:

3

ネタバレ

牧場しぼり さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

青春ブタ野郎シリーズ集大成

映画館に見に行けなかったので、レンタルにて視聴。
アニメ版を全て見た人ならこの作品も見るべきだと思います。
青春ブタ野郎シリーズはこの作品までみて1つの物語だからだと思います。
ただ、90分にしては内容が濃い。そしてややこしい。
ややこしい原因は複数の時間軸が存在するからだと思う。咲太が死ぬ時間軸、麻衣さんが死ぬ時間軸、翔子さんが死ぬ時間軸、みんな助かる時間軸。アニメ版を通じて翔子さんが咲太に会いに来ていたのは咲太が死ぬ時間軸を経験していたから。そして今作ではそれ以外の時間軸を描いている。
翔子さんの咲太を思う気持ちが伝わってきたし、麻衣さんが死んだ時は喪失感がすごかった。
改めて良い作品だと感じました。

投稿 : 2020/05/30
閲覧 : 113
サンキュー:

4

ネタバレ

KomcHi さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

未来を知った上で究極の選択を強いられる

見終えました。

TVアニメの続きで、
翔子さん、麻衣さんのWヒロインでした。

TV版では翔子さんの存在が曖昧でしたが、
映画では中学生、高校生、大学生の翔子さんが
出てきて、咲太との関係が明らかになりました。

特に、
・ 咲太の胸の傷は、翔子さんとの待ち合わせ
 の時に事故にあい、負った傷。
・ 翔子さんの移植された心臓は、
 事故後の咲太の心臓だった。
この二つの伏線回収には痺れました。

その現実を知った上で、
・ 自分が死に、翔子さんが生きる世界か、
・ 自分と麻衣さんが生き、翔子さんが死ぬ
 世界か
こんな究極の選択をしないといけない
という残酷さに胸がしめつけられます。
そしてこの選択を知った麻衣さんが、
咲太に生きてほしいと泣いたシーンには
感動しました。泣き顔が忘れられません。

ストーリーの結末は全員が生き続けられる
ハッピーエンドを迎えます。
それが決して悪いわけではないのですが、
個人的には翔子さんが死んでしまう世界も
ありだったのではと思っています。
その運命に抗おうともがき、苦しみ、
その犠牲の上に成り立った世界線ならば…
もっと感動できたのかな?なんて思いました。

そんな結末を願ってしまう私は、
Key作品に影響うけすぎなのかもしれませんww
この後のストーリーも是非製作してほしいです。

 -余談ー 

青ブタで色々検索していたら、
翔子さんのフィギュアが3月に発売したという
記事を見つけました。
そのフィギュアはなんと「ウェディングVer.」で
映画を観終わった人にはたまらん商品。
胸に傷も入ってて完成度高いですね。
お財布と相談しますw

投稿 : 2020/05/21
閲覧 : 175
サンキュー:

27

ネタバレ

ちゃりお さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

失われた未来を求めてのレビューでも書いたのだが、似ているのでそのまま引用したい。

{netabare}
=========================
二重スリット実験に代表される観測しないと波、観測されると粒になるという現象。そこから観測されないと存在しないという理論へ発展し箱のなかの猫の話に至る。
ただ観測してしまえば確定してしまうものであって、一度事故に遭うことが観測されているのだからその事実を変えることはできない。
==========================
本作品では元々サクタが事故に遭うはずだった。つまりマイさんが事故に遭うはずはないのです。だから過去に戻れ
る。そしてサクタが事故に遭うことでサクタを助けることになる。
{/netabare}

投稿 : 2020/05/09
閲覧 : 103
サンキュー:

3

ネタバレ

sakatagint さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

すごい

それについてすべてを愛した。 2番目のシリーズを見たいです。

投稿 : 2020/04/25
閲覧 : 85
サンキュー:

3

ネタバレ

オッチー さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

90分にしては内容ぎっしり[89.7点]

自分はアニメを映画館で観ることはあまりしない(過去には子供の頃にポケモンやドラえもんを見に行ったくらい)が、本作は流石に劇場版の部分が青春ブタ野郎シリーズでもかなり重要な場面であったので、限られた劇場での公開であったが久しぶりに映画館へ

詳しい内容の説明は避けるが、大まかにいうと映画ではアニメ放送の時に出ていた登場人物の1人「牧之原翔子」に焦点を当てたストーリーが展開される、確かにアニメ放送の部分だけでは謎だらけの存在であり、主人公の梓川と何か接点があるようにも伺えた、映画ではこの謎の部分を明らかにしている

90分というアニメ映画としてはほぼ通常の長さだが、原作における本2冊分の内容を扱っているので、見終わった後はかなりお腹一杯な感じ、ただ観に行った価値はあったと思う、原作を先に読むか読まないかについては、自分は読まないで行った方が良いと思います、自分はある程度読んで行ったので、展開がわかってしまい、感動が半減してしまいました

アニメ放送を見たのならこの劇場版は是非見てほしいと言ったところ、声優の素晴らしい演技を映画館の素晴らしい音響で聴けて、また他の劇場版アニメも映画館で観たいと思うようになりました

投稿 : 2020/04/09
閲覧 : 135
サンキュー:

15

ネタバレ

バニラコーク さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

皆幸せで本当によかった!

もうね、ぐちゃぐちゃ。
悲しい涙したり、嬉しい涙したり。
最高に優しい世界。優しさに包まれた世界。
妹も家から出られるようになったよ。
のどかはコンプレックスを乗り越えたよ。
理央は気持ちにケジメをつけた、、かな。
咲太は麻衣さんと出会えました。
麻衣さんは咲太と出会えました。
翔子さんには未来がありました。
よかった、よかったよー
世界が優しくてよかったよー。
本当によかった。
みんな頑張りました!

投稿 : 2020/04/03
閲覧 : 111
サンキュー:

8

ネタバレ

Jun さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ユングの世界をネタにしたタイムリープもの

自意識は危うい。認識がなくなったり、交換されたり、分裂したり、消滅したりするものだという。どこからきた。どこにある。どこへいく。

そういった自意識の病に効く一番の薬は「ありがとう」「よくがんばった」「大好き」「日々優しい人になっていきたい。」最後みんな幸せになってよかったと言いたかったが。

どうしても小4翔子ちゃんのラストエピソードは違和感がある。なぜ彼女は未来を勝ち取れたのか。中学卒業前後で死を悟っていた小4少女にどんな奇跡が起こったのか。

梓川の心臓を持つ翔子、まいさんの心臓を持つ翔子はそれぞれのドナーを助けようとしている。ICUの中1翔子ちゃんは自分の限界を受け入れたように見える。

小4翔子ちゃんはこの三人の翔子と同期が取れたあと、なぜ希望を持てたのかという違和感が消えない。

結局、御都合主義の神と作者が奇跡を起こしたのか。原作をあたればもっとはっきりするのだろうか。

投稿 : 2020/01/15
閲覧 : 106
サンキュー:

11

ネタバレ

ニワカ さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

最高のエンド

結論から言うととてもすばらしい映画でした。

アニメの後半が微妙だったので正直あまり期待していなかったのですが、ストーリーがとてもよく、アニメで謎なところもしっかりと回収してくれて大満足な作品でした。。

映画じゃなくてアニメでここまでやってくれたら、もっと楽しめたのになと少し残念ではありますが、、、

アニメ見た人はぜひ見てください。

投稿 : 2019/12/18
閲覧 : 126
サンキュー:

2

ネタバレ

ぱおぱ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ありがとう、がんばったね。

エンドロール直前の「はい!」を聞くためだけに見るべき。

投稿 : 2019/12/06
閲覧 : 110
サンキュー:

2

ネタバレ

はる さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

最後は涙必須

全体的に綺麗にまとまっていて、最後はもう涙が止まりませんでした。

投稿 : 2019/12/04
閲覧 : 171
サンキュー:

3

ネタバレ

カヲル さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

青い春のブタ野郎

dアニメのレンタルで視聴
前評判が高かったので期待値が上がりすぎてた事を抜かしても楽しめました
作り込んだ展開で、ネタバレを間違って少し見てしまっていたんですが、
それでも最後まで先がわからず見れました
少し不満を言うと、感情の形成や展開の描写が少し駆け足だった気がします。
間を置かずに「見せ場」の連続になってました。
たぶん原作二巻分を映画にしたせいで尺と予算の問題で描写に十分な尺が
取れなかったのが原因なのかもしれません
そう考えると、本当に破綻させずに上手く作っていて出来の良い作品だったと思います

原作に忠実にしてほしいという要望も大きいでしょうが、
これから劇場版アニメにする方式が増えてくるでしょうから、
実写映画のように大胆に脚色する事も当たり前にすべきなんでしょうね

投稿 : 2019/12/02
閲覧 : 127
サンキュー:

7

ネタバレ

ちあき さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

良かったです。

アニメ「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」の続き。なので、この劇場版を観る際は、必ずアニメを観てから!

アニメで気になった所は、この劇場版で全て回収してくれたので、スッキリ完結。と思いきや、原作はまだまだ続きがあるようです。かなり区切りがいいので、アニメと劇場版だけでも、全然大丈夫です。

アニメと劇場版を通しては、個人的には、アニメの妹ちゃんの話が泣けました。仮にアニメと劇場版を比べるのであれば、アニメと答えますが、劇場版も良作だと思います。そもそも、アニメの続きがこの劇場版なので、比べるのもおかしな話かもしれません。

{netabare}
私は自己犠牲する姿を観るのは好きではありません。。自己犠牲は、自分を大事に思ってくれている人間のことを置き去りにしてしまう事。大事な人が、結果として自分を大事にしてくれないのは、居てもたってもいられない気分になってしまいます。
なので登場人物達の行動を終始不安に感じながら観てしまいました。

その不安が的中した時には、どうしようかと思いました。
助けてくれて有り難いはずなのに、ありがとうと言えない。ほんとに辛く悲しいはずなのに、自分に悲しむ資格がなくなってしまう……、そう思えてしまう。自己犠牲は悲しすぎます……。いや、純粋に悲しむことすら許されなくなってしまうのだから残酷です。

ですから、終わりがあのような形になって本当に良かったです。
{/netabare}

投稿 : 2019/11/29
閲覧 : 109
サンキュー:

9

ネタバレ

ツークツワンク さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

小説まで読んでいる人向け

アニメ放送から1年が経って若干熱が冷めたのもあったけど青ブタってこんなにつまらなかったかなって印象を受けてしまった

冒頭から大学生の牧之原翔子が押しかけ女房として登場するのだけれど、アニメ版に登場したのはあくまで回想の高校生翔子と中学生の翔子だけであって、大学生翔子は視聴者から見ると新キャラに近い
そのせいかウェディングデートとか盛り込まれても魅力を感じづらい
中学生の翔子自体も本編であまり関わりがないキャラなので映画の尺が短い分、もう少し本編で翔子と関わるシーンを増やすべきだったのではないかと思う

ストーリーとして咲太は翔子の言葉に人生救われたっていうのが根本にあるのだけれど、ただそれだけで予定調和とはいえ自分が代わりに死んで心臓を差し出そうとまでするかなぁと疑問に思ってしまう
熱血系の自己犠牲キャラならともかくダウナー系主人公なのもそこら辺上手く噛みあってないのかも
あっさり命を差し出す方向で話が進んでしまうので首を傾げてしまった

会話劇も量子力学とかなんかそれっぽいこと言っておけばどうとでもなるような感じになっていて、思春期症候群はあくまで本人が意図して起こすことができない自然現象みたいなものだとばかり思っていたら時間移動まで任意で行えるとなるともう何でもありって感じになってしまう
異能力の一種だとでも認識を改めるべきなのだろうか

最後の結末も麻衣が映画に出演したからドナーが増えて翔子が助かったことについて一回見ただけでは理解できないのも非常に残念
あくまで小説も読みこんでる青ブタのファン向けであって一見さんには厳しいかも

タイムリープものは2010年代に入って色んな媒体で増殖し腐るほど見てきたけど結局のところ二者択一でどっちを救うかみたいな展開に落ち着いてしまう
そうなると天秤にかけられたキャラの魅力をどれだけ描けるかや主人公のジレンマみたいなものを描けるかが勝負になるのだけれど尺の都合か劇場版の青ブタにはそれを感じられなかった

余談になるが、翔子と麻衣の顔がそっくりで分かりづらかった点について初恋の女の面影を見ていることのメタファーという感想を見てなるほどと思ってしまったが、咲太と国見の顔もそっくりだったし、深い意味も大してなく、単に書き分けが出来ていないだけかもしれない

投稿 : 2019/11/29
閲覧 : 153
サンキュー:

4

次の30件を表示

青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ないのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ないのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ないのストーリー・あらすじ

空と海が輝く街“藤沢"に暮らす梓川咲太は高校二年生。先輩で恋人の桜島麻衣と過ごす心躍る日常は、初恋の相手、牧ノ原翔子の出現により一変する。何故か翔子は「中学生」と「大人」がふたり存在しているのだ。やむなく翔子と一緒に住むことになった咲太は「大人翔子」に翻弄され、麻衣との関係がぎくしゃくしてしまう。そんな中、「中学生翔子」が重い病気を患っていることが判明し、咲太の傷跡が疼き始める――。(アニメ映画『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
アニメ映画
放送時期
2019年6月15日
制作会社
CloverWorks
公式サイト
ao-buta.com/themovie/

声優・キャラクター

石川界人、瀬戸麻沙美、水瀬いのり、東山奈央、種﨑敦美、内田真礼、久保ユリカ

スタッフ

原作:鴨志田 一(電撃文庫刊 『『青春ブタ野郎』シリーズ』)、原作イラスト:溝口ケージ
監督:増井壮一、脚本:横谷昌宏、キャラクターデザイン:田村里美、音楽:fox capture plan

このアニメの類似作品

この頃(2019年6月15日)の他の作品

ページの先頭へ