新型コロナウイルス感染症(COVID-19/SARS-CoV-2)の感染拡大の影響を受け、一部作品の放送・配信時期に延期、変更が発生しております。
掲載している放送時期と異なる場合がありますのでご了承ください。

「銀河英雄伝説 Die Neue These(NHK版)(TVアニメ動画)」

総合得点
72.2
感想・評価
46
棚に入れた
225
ランキング
939
★★★★☆ 3.8 (46)
物語
3.9
作画
3.9
声優
3.7
音楽
3.6
キャラ
3.9
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

銀河英雄伝説 Die Neue These(NHK版)の感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

STONE さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

SFとしてはともかく、歴史劇としての面白さ

 以下は「銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅」に書いたレビューを土台に加筆修正したものに
なっています。

 原作は既読。
 一時は原作に相当はまったクチで、過去作のOVAや劇場公開作品も視聴済み。
 そのためにどうしても過去作との比較という観点で観てしまった部分はある。
 キャラクターデザインに関して、ネット上では過去作の方が良かったという意見をよく目に
したが、個人的にはそれはそれ、これはこれという感じ。
 デザインだけでなく、性格を始めとする人物像の捉え方も若干の差異が感じられたが、新旧
スタッフの解釈の違いがむしろ面白かった。
 メカデザインに関しては本作の方が好きかなあ。加えて艦隊戦の作画などは技術の進歩か、
本作の方が迫力を感じた。ただ会戦そのものの戦術的描写は判りづらくなっていたような。

 ストーリーに関しては基本的に原作準拠といった感じだったけど、全体的に説明不足な感じが
した。
 最初は話数が少ないためかなと思ったが、話数に対してのストーリーの進行位置はOVAと
そう大差なく、原作からの取捨選択があまり良くなかったのかなと。
 この説明不足感のもう一つの要因はナレーションが減ったことも大きいように思えた。
OVAでのそれは状況説明にかなり役立っていた感があったので。

 ジャンル的には宇宙SF、あるいはスペースオペラなんだろうけど、本質的にやりたいのは
歴史劇、政治劇で、宇宙うんぬんはそのための舞台装置といった感じ。他の田中 芳樹氏のSF、
ファンタジーもそんな印象だけど。
 正直SFとしてはツッコミどころ多々なのだが、その辺はご愛敬といったところ。

 昔はラインハルト・フォン・ローエングラムやヤン・ウェンリーの優秀さに素直に
惹かれたが、歳をとって擦れてしまったのか、本作視聴時はラインハルトやヤンの優秀さを描くために、彼ら対峙するキャラがお馬鹿になっているのが結構、気になってしまった。
 あるキャラを持ち上げるために敵役などを下げるやり方は他作品でも大なり小なり見られるものだが、ラノベや少年漫画原作作品に多いヒーロー譚や勧善懲悪時代劇なんかだとそれほど気にならなくても、本作のような架空史記・戦記的内容の群像劇などで多用されると、「ちょっと」という感じ。
 そのせいかラインハルトにしろ、ヤンにしろ、むしろウィークポイントのような部分が生々しさが感じられて好きだったりする。
 ラインハルトの場合は姉のアンネローゼやジークフリード・キルヒアイスといった親しい者に対する情の深さがそれで、彼らに関することになるといわゆるキレものではなく、年相応の若者だなという感じ。

 一方のヤンはまず本人が軍人としての出世欲がないことw。
 そして、民主主義の信奉者であるため、あくまで政軍分離の姿勢を崩そうとしない点など。
 政治的信条としてはともかく、純粋な軍事行動だけを見ると、自由惑星同盟の政治的事情が相当足枷になっている感じ。
 あとヤン自身の権力欲とは別に、イゼルローン要塞攻略後の政局予想(講和路線)などを見るに、政治的部分の見方が弱いのかなという感が。

 逆に若い頃は単に嫌なやつと印象だったのに、本作の視聴でその生き方や行動が興味深かったのが、銀河帝国側だとパウル・フォン・オーベルシュタイン、自由惑星同盟側だとヨブ・トリューニヒト。
 オーベルシュタインに関してはゴールデンバウム王朝憎しというごく私的な理由が行動の原点でありながら、権力、地位、名誉、財力といったものに欲を持たない無私な行動が面白いところ。
 一方のトリューニヒトは主戦論者でありながら、状況に応じて反対側に回るなど、政治家としての本分の能力はともかく、その「機を見るに敏」な部分が興味深い。

 本作のハイライトはやはりキルヒアイスの死かなあ。
 原作小説の人気絶頂時はその死を悼む声が多かったのが思い出される。
 そういったキャラ人気とは別にメタ的な役回りとしてもちょっと勿体無い印象。
 本作より先の部分なので明確には書かないが、終盤のある主要キャラの役回りなどは個人的には取ってつけた感があったが、あれをキルヒアイスがやっていたら、結構インパクトがあったんじゃないかと思ったり。実際、キルヒアイスの死を前にラインハルトと意見の相違が現れていたし。

2021/02/23

投稿 : 2021/02/23
閲覧 : 33
サンキュー:

1

ねいばー さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

とてつもなく面白いSF

2クール作品を一気に見られるほど、時間を忘れて楽しめる作品だった。
世の中の数多くの作品が、この銀河英雄伝説の影響を受けているのがよく分かった。

物語は難解すぎず、勢力図がはっきりしていてわかりやすい。
それでいて、両勢力の主人公それぞれにしっかりしたストーリーがあり、全く飽きることがない。
そもそも、主人公が2人いる作品自体珍しい気がする。
たぶん、この作品以外そんな器用なことができないんじゃないかと思う。本当によくできている。

声優は少し前世代の人が多いが、作風にあっていて文句のつけようはない。
ちゃんと最近の人気声優も起用されているし、誰が見ても楽しめると思う。

両陣営のストーリーが詳細に描かれるため、多くのキャラクターが登場するが
主要キャラはみな、ちゃんと「キャラクター」があって見ていて引き込まれる。

作画については、大規模な宇宙艦隊戦が本当にきれいに描かれている。
艦隊戦は主に3DCGで描かれているが、全く不満はない。
メカデザインが本当にきれいで、帝国側の艦艇はまじかっこいい。

音楽も作品にあっていて素晴らしかった。
澤野弘之だからアルドノア・ゼロ感が否めないが
どう考えてもアルドノア・ゼロが銀河英雄伝説感を漂わせているだけ。

SF好き、または主人公最強作品が好き、君主制の皇帝や貴族がどうのこうのの話が好き、
このいずれかに当てはまるなら、間違いなく見たほうがいい。

投稿 : 2021/01/05
閲覧 : 32
サンキュー:

0

大貧民 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

これはこれで大変面白い。

大人気の原作小説があって、様々な人に漫画化されていて、以前に全100話以上の壮大さでアニメ化された作品のリブート。
そもそもがSF大河小説、未来の歴史小説なので、様々なデザイナー、クリエイターによるキャラクターやメカがあるので、前回のアニメ作品とデザイン、イメージが違っていても楽しめる。

前回のアニメより、微妙に視点や描かれ方が変わっており、そうしたところも興味深くて面白い。
SFと歴史小説が好きな人には、絶対にお勧めできる。
原作小説や、派生漫画、ムック、そして前回のアニメ作品にも目を通してほしい。面白いから。

投稿 : 2020/11/29
閲覧 : 64
サンキュー:

2

ゆーしゃん さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観たい

ダブル主役!

どっちもイケメン。
敵味方とか概念ない宇宙戦争アニメ。
それぞれ背負うもの、過去、人間性がしっかりしすぎていてすごい!
まだ二期までしかないが…このまま完結できるのだろうか、と不安w
原作アニメは150話超え(´-`)
手をつけるか悩みます…

投稿 : 2020/11/16
閲覧 : 38
サンキュー:

1

みゃー さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

祝・続編決定

原作未読、石黒版も未視聴の私ですが
とても見やすかったです。

時間があれば石黒版も見たいのですが
とりあえずはノイエの続編に期待してます。

投稿 : 2020/11/10
閲覧 : 92
サンキュー:

11

ネタバレ

ストライク さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

なにもかも懐かしい...

感想

原作は未読ですが、アニメの旧作は視聴済みです。
今回までの話は、中学3年生の時にVHSのビデオテープで〇十年前に視聴済みなんです。
その後の話は数年前にやっと全110話円盤で見終えたんですけどね(苦笑)

今回は銀河英雄伝説 Die Neue Theseの2クール目。
映像は旧作と比べると格段に良くなって、戦艦のバトルシーンは凄いです。
個人的にはこのキルヒアイスを失うまでの話が面白くて一番好きでした。
まぁ中3で観た印象が強すぎて思い出補正かかってるし、キャラで一番好きなのがキルヒなので当然だよねー。

戦闘は分かり易くするためなんだろうけど・・・無能な上官の下につく兵士は不運でしかない。
よく思ってたことだけど、なんであんな無能な人間が偉く出世できたのか不思議です。
僕の貴族=高慢無能っていうレッテルはここで印象付けられたのかもしれないなぁ(苦笑)

キルヒという半身を失ったラインハルト
愛していた人を失ったアンネローゼ
どちらも不憫でしかたないです。
旧作観て知ってても、キルヒが亡くなるシーンや、憔悴するラインハルトの姿、
ラインハルトが、キルヒを愛していたのですか?と言う質問に、無言の肯定をするアンネローゼ・・・
もう号泣でした。
僕の中では話のピークは過ぎちゃったけど、まだまだ話はこれからで、面白くなるのは知ってるから2期が決まったのは嬉しい限りです。

願わくばOVA全110話までリメイクされることを祈ります。

投稿 : 2020/11/07
閲覧 : 113
サンキュー:

22

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

「その智謀、銀河に轟く」「その野望、銀河を揺るがす」

この作品の原作は未読ですが、この作品の前作に位置する「銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅」と、1998年~2000年にかけて展開されたアニメシリーズ(本伝110話、外伝52話、長編3話)は視聴済です。

思い返せばProduction I.Gさんの新たなプロジェクトとして「銀河英雄伝説 Die Neue These」が打ち出された時、全身に鳥肌が立ったのを覚えています。
あの壮大な物語が最新のアニメーション技術を駆使して現在に蘇るんです。
しかも、Production I.Gさんと言えば「PSYCHO-PASS サイコパス」や「攻殻機動隊シリーズ」を手掛けてきたクオリティにも定評のある会社ですから…
唯一気がかりだったのは、物語がどの様に展開されるかの1点のみでしたが、今のところほぼ前シリーズの本編の流れを踏襲しているのではないでしょうか。


数千年後の未来、宇宙空間に進出した人類は、銀河帝国と、自由惑星同盟という
“専制政治”と“民主主義”という2つの異なる政治体制を持つ二国に分かれた。

この二国家の抗争は実に150年に及び、際限なく広がる銀河を舞台に、
絶えることなく戦闘を繰り返されてきた。

長らく戦争を続ける両国家。銀河帝国は門閥貴族社会による腐敗が、
自由惑星同盟では民主主義の弊害とも言える衆愚政治が両国家を蝕んでいた。

そして、宇宙暦8世紀末、ふたりの天才の登場によって歴史は動く。
「常勝の天才」ラインハルト・フォン・ローエングラムと、
「不敗の魔術師」と呼ばれるヤン・ウェンリーである。

ふたりは帝国軍と同盟軍を率い、何度となく激突する。


公式HPのINTRODUCTIONを引用させて頂きました。

この作品は2020年4月からNHK Eテレにて『邂逅』・『星乱』を通して放送されたものですが、私は『邂逅』は視聴・レビュー共に済んでいるので、今回は『星乱』に絞って記載したいと思います。

因みに2018年の7月に記載した『邂逅』のレビューはこちらです^^;↓
https://www.anikore.jp/review/1824187/

『星乱』で描かれる物語は序盤の山場と言っても過言ではないでしょう。
銀河帝国、自由惑星同盟どちらも旧態依然の在り方に問題を感じ、新しい時代を予感させる風が吹き始めます。
ですが、これまでの古いしきたりに固執したり、寄りかかってふんぞり返っている人が大勢いるのも事実です。
だってその方が楽だから…
何も考えなくてもよいですし、何より既得権益が自分を守ってくれる…
そんなの砂上の楼閣でしかないんですけどね…

一方、物事をゼロから始めるのは半端な覚悟でできるモノではありません。
でも物事を遂行させようとする覚悟なら誰もが持っていると思います。
だから、主張が違うなら、お互い納得するまで徹底的に議論すればいい…

一番問題なのは、それらを暴力で無理矢理ねじ伏せようとして、無用の血を流すことだと思います。
自分の主張の弱さを暴力で補填する…そんないわれのない暴力ほど醜いモノはありません。
そして、これで大切な人が命を落としてしまう…何もかもが道半ばだったというのに…
もう、これが悔しくて仕方ありませんでした。

人生とは失うこと…じゃないよね!
気になる方は是非本編でご確認頂ければと思います。

『邂逅』『星乱』ともに1クールずつで計2クール全24話の物語でした。
改めて旧作と比較すると、作画のクオリティが段違い…
キャラデザもさることながらブリュンヒルトの機体とかもう溜息しか出ないんですけど^^;

そしてお待ちかねの全24話の続編制作も発表されましたね。
これは本伝110話をほぼ忠実になぞって貰えると期待しても良いのではないでしょうか。
続報を楽しみに待っています。
目一杯堪能させて頂きました!

投稿 : 2020/10/11
閲覧 : 80
サンキュー:

12

ネタバレ

まーたん さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

続編観たい!

2018年放送のファーストシーズン邂逅と2019年劇場公開セカンドシーズン星乱をOPとEDを新たに2020年春から夏にEテレで放送。
OPは18年放送のやつより好きかも🤔

ファーストシーズンは観てたのでセカンドシーズンから見ました。
旧版を見てたのであーこんなところあったなとかこここんなふうになるんだと楽しめました。

終わるところは予想通りというかあそこで終わりやろうなって思ってた。キルヒアイス…😭

新版も声優豪華👍平成を代表する声優を集めた感じ?分からんけど。

キャラもんかっこいいラインハルト様とヤン・ウェンリーかっこいい(๑•̀ㅂ•́)و✧

続編早くみたいね。

投稿 : 2020/10/02
閲覧 : 51
サンキュー:

4

シャベール大佐 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

テレビシリーズ「邂逅」と劇場版「星乱」をひとまとめにしたEテレ版

遠い未来の銀河系を舞台としたSF架空戦記。
この作品は純粋な新作ではなく、2018年のテレビアニメシリーズ「Die Neue These 邂逅」全12話と、その続きとして2019年に映画館で上映された「Die Neue These 星乱」全12話を、OP・EDを新たに作成して、全24話ひとまとめにしてNHKのEテレで放送されたものとなります。
個人的には、前半部分は以前の放送で観ていたので、初見の内容は後半だけでしたが、こちらも普通に面白かったです。基本的な感想は「邂逅」のときとほぼ同じ。ラインハルトとヤン・ウェンリーという2人の主人公の対比や、たくさんの登場人物たちの人間ドラマ、非常に綺麗な映像などには見応えがあり、一方で、勝者の有能さよりも敗者の無能っぷりのほうが目立つ展開や、宇宙空間なのになんだか平面的な用兵など、ちょっと気になるところもあったりしますが、全体的にはなかなか良い作品だったと思います。今回新しくなった音楽も、ちゃんと作品の雰囲気に合っていて、特にELISAの歌うEDは結構好きでした。
最後まで観終わって、原作や旧作のファンからの評価はわかりませんが、このシリーズで初めて銀河英雄伝説に触れているものとしては、問題なく楽しめています。すでにこの後の続きも、全24話での制作が決定しているようなので、そちらにも期待したいです。

投稿 : 2020/09/26
閲覧 : 83
サンキュー:

11

ネタバレ

ninin さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

伝説の序章

原作既読 全12話(旧作は全て視聴済)1クールを入れて全24話

銀河英雄伝説 Die Neue Theseの2クール目です。1クール目から観ることをオススメします。

過去OVAと同様に原作2巻(全10巻)を中心に物語が進められます。

1クール目が中途半端に終わっていましたので、劇場で上映された2クール目が地上波で放送されるとあって楽しみにしていました。{netabare}(アムリッツア聖域会戦は旧作より好きな場面なので観たかったですね){/netabare}

サブタイトルも旧作のサブタイトルに使われたタイトルも入っていますね。

この作品は旧作と比べると声優さんは一新されキャラデザも変わり作画も洗練されていて、お話の流れは同じでも視点が違うところに新鮮さを感じます。

旧作では時間をとった場面でも本作では結構あっさりと終わったりしていますが、その代わり旧作になかったシーンなどがあって、旧作と見比べると面白いかもしれませんね。

とても悲しい出来事が多い本作ですが、時代の移り変わりには多大なる犠牲が待っていました。{netabare}(ジークフリード・キルヒアイス、ジェシカ・エドワーズ、ドワイド・グリーンヒルなど、ジェシカのところはもう少し長くても良かったかもしれません。){/netabare}

序章というべき本作が終わりましたね。色々な伏線が散りばめられていますので、続編に期待します。

是非テレビで放送してほしいですね。

OPとEDはオリジナルとEテレ版と違うようですが、OPは SawanoHiroyuki[nZk]さん、EDはELISAさんが歌っています。

最後に、まだまだ長い旅路となりますが、ぜひ最後まで制作していただきたいですね。

投稿 : 2020/09/17
閲覧 : 109
サンキュー:

18

さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

宇宙での戦闘シーン

宇宙での戦闘シーンは、特に迫力があります。
毎回、宇宙の作画がキレイで感動します。
中高生とか見たら、宇宙に対して関心というか衝撃を受けるんじゃないでしょうか。

投稿 : 2020/06/24
閲覧 : 80
サンキュー:

1

まもり さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2021/04/03
閲覧 : 1

xmnBQ21439 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

投稿 : 2021/03/20
閲覧 : 1

NuYhi26165 さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2021/03/07
閲覧 : 2

3mei さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/01/27
閲覧 : 1

真由子 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/01/07
閲覧 : 1

本好きの下戸 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

投稿 : 2021/01/02
閲覧 : 16

そらたかく さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/01/01
閲覧 : 1

poko さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

投稿 : 2020/12/24
閲覧 : 2

ぬまお さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2020/12/19
閲覧 : 2

爆弾おにぎり さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/12/06
閲覧 : 1

ahirunoko さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/11/23
閲覧 : 2

このえ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/11/17
閲覧 : 3

anikorepon さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/11/06
閲覧 : 8

aKqzA52233 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

投稿 : 2020/10/13
閲覧 : 21

モリモリ7976 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.5
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 2.5 音楽 : 2.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

投稿 : 2020/10/08
閲覧 : 3

じぇい爺 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/10/05
閲覧 : 3

スイキ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2020/10/04
閲覧 : 14

ニャンキチ君 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2020/10/03
閲覧 : 5

オレンジ光線 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2020/09/30
閲覧 : 4
次の30件を表示

銀河英雄伝説 Die Neue These(NHK版)のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
銀河英雄伝説 Die Neue These(NHK版)のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

銀河英雄伝説 Die Neue These(NHK版)のストーリー・あらすじ

数千年後の未来、宇宙空間に進出した人類は、銀河帝国と、自由惑星同盟という“専制政治"と“民主主義"という2つの異なる政治体制を持つ二国に分かれた。この二国家の抗争は実に150年に及び、際限なく広がる銀河を舞台に、絶えることなく戦闘が繰り返されてきた。長らく戦争を続ける両国家。銀河帝国は門閥貴族社会による腐敗が、自由惑星同盟では民主主義の弊害とも言える衆愚政治が両国家を蝕んでいた。そして、宇宙暦8世紀末、ふたりの天才の登場によって歴史は動く。「常勝の天才」ラインハルト・フォン・ローエングラムと、「不敗の魔術師」と呼ばれるヤン・ウェンリーである。ふたりは帝国軍と同盟軍を率い、何度となく激突する。(TVアニメ動画『銀河英雄伝説 Die Neue These(NHK版)』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2020年春アニメ
制作会社
プロダクションI.G
公式サイト
gineiden-anime.com/
主題歌
《OP》SawanoHiroyuki[nZk]:mizuki『CRY』《ED》ELISA『光の星』

声優・キャラクター

宮野真守、鈴村健一、梅原裕一郎、梶裕貴、諏訪部順一、小野大輔、中村悠一、川島得愛、遠藤綾、三木眞一郎、鈴木達央、石川界人、花澤香菜、古谷徹、二又一成、下山吉光、坂本真綾

スタッフ

原作:田中芳樹(東京創元社刊)
監督:多田俊介、助監督:森山悠二郎、シリーズ構成:高木登、キャラクターデザイン:菊地洋子/寺岡巌/津島桂、総作画監督:後藤隆幸/菊地洋子、特技監督:竹内敦志、メカデザイン:竹内敦志/臼井伸二/常木志伸、オリジナルメカデザイン:加藤直之、プロップデザイン:太田恵子、プロップデザイン・紋章デザイン:秋篠Denforword日和、3D:I.G3D、3D監督:森本シグマ、美術:Bamboo、美術監督:竹田悠介、美術設定:塩澤良憲/曽野由大/藤井一志、美術デザイン:渡部隆、色彩設計:竹田由香、音響監督:三間雅文、音楽:橋本しん(Sin)/井上泰久、音楽制作協力: Sony Music Publishing (Japan)Inc.、撮影監督:荒井栄児、編集:植松淳一、監修:らいとすたっふ、企画協力:ROOFTOP、制作協力:徳間書店、製作協力:DMM pictures

このアニメの類似作品

この頃(2020年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ