新型コロナウイルス感染症(COVID-19/SARS-CoV-2)の感染拡大の影響を受け、一部作品の放送・配信時期に延期、変更が発生しております。
掲載している放送時期と異なる場合がありますのでご了承ください。

「真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました(TVアニメ動画)」

総合得点
65.6
感想・評価
273
棚に入れた
851
ランキング
2820
★★★★☆ 3.1 (273)
物語
3.0
作画
3.1
声優
3.3
音楽
3.2
キャラ
3.1

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしましたの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

エイ8 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

レッドはギデオン

『真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました』(しんのなかまじゃないとゆうしゃのパーティーをおいだされたので へんきょうでスローライフすることにしました)は、ざっぽんによる日本のなろう系ライトノベル。
2020年11月にテレビアニメの製作が発表された。2021年10月から12月までAT-Xほかにて放送された。原作の4巻までがアニメ化されている。(wikipedia)

総評としては、良くも悪くもジジくせー作風という印象。
作者はアラフォー、場合によってはそれ以上の男性とプロファイリングw脱サラして若くて綺麗な嫁はんもろうてサウナ入りながら田舎で悠々自適のセカンドライフを送りたいという願望が透けて見えた気がしました。そういう意味では「なろう」でイッパツ当てたわけですから夢の実現までもう少し、と言ったところでしょうか。

内容としては、なんでかよくわからんけど仲間の一人に貶され真に受けすごすご全部捨てて出て行って田舎でのんびり暮らしてたら超ハイスペお姫様と偶然再会して速攻で同棲始めて、という……ええなあ~憧れるわ~、こんなんが押しかけ女房してくれるとわかってたら真の仲間なんぞなんぼでも捨てて田舎暮らしするわ~とか思いながら観てました。え?それを捨てるだなんてとんでもない!ですって?心配ご無用、いくら捨ててもゼロはゼロのままですから!(`;ω;´)

原作は未読ですが、タイトルからしてあからさまに某テイルズのあの作品を意識してますよね。つくりから見るに従来温めてたファンタジーのアイデアと混ぜ合わせたといった感じでしょうか。ぶっちゃけ「真の仲間」くだり唐突に出てきますからね。多分あのフレーズが有名になってなければわざわざやるような展開じゃなかったと思います。むしろ内容的には足を引っ張ってるといってもいいくらいでした。(とはいえ、これが無ければ無いでわざわざ選んで観たかどうかは微妙なところなので、少なくともアニメ化までこぎつけてる以上作者の作戦勝ちと言っていいのでしょう。)

アニメを観る前まではいわゆる「もう遅い」的な追放系だと思ってましたし、後述しますがそれはある意味合ってました。ただパッと見では主人公にはそういった陰険さはないように映ってます。
元仲間の一人であるアレス以外はみ~んな主人公レッド(偽名)ことギデオン(本名)を高く評価しているそうです。ただ傍から見る限りよくこんなの評価してたなという気はしますが。なんというか典型的な現代陰キャの理性的「風」ええかっこしいなんですよね。こんなんを誇り高き騎士様方が本当に評価するもんかね?というのが率直な印象です。

ギデオンが勇者のパーティーから抜けたきっかけそのものはアレスにいじめられたからなんでしょうが、多分前々から自分がついていけてないことを自覚していたのでしょう。つまり、本音では元々辞めたいと思っていたわけです。だからパーティーの一人にちょっと言われただけで、まるで渡りに船とばかりに辞めてしまいます。驚いたことに騎士団副団長としての責務すらぶん投げて。しかも彼が気にしたことはただただその地位にいた者としての体面だけであって残されていく者のことではないんですよね。まあハナから上に立つものとしての資質自体無かったのでしょう。
多分ギデオンと、そして作者自身の中では自己犠牲的な脱退劇だったのだと思います。誰にも言わずにひっそり出て行くということに美学のようなものを見出しているのかもしれません。が、一般的にはこういう人の事を「無責任」と言います。また端的に言って他のメンバーに相談や報告もせず出て行ってる時点で信頼関係を結べていたとは言い難いです。アレス以外のメンバーは彼の事を評価していたとしても、彼自身は仲間を対等だと思っていなかった証左でもあります。
では何故他のメンバーと相談しなかったのか?それは第一に仲間に引き留めてもらおうとしているように映ってしまうことはプライドが許さないということ。第二に万一みんなから「あ、辞めるんスか?おつかれーw」なんて感じで快く送り出されなんかしたらメンタルが持たないということ。そして第三に、本当に引き留められなんかしたら辞めるに辞められないという以上よくばり三点セットであることが容易に想定できます。
彼の行動は自己保身そのものです。せめて本当に魔王軍の調査に赴くべきでした。それならまだ正当化の余地があったのですが彼の選んだ道は誰にも干渉されないところでのプチ隠居。ほとんど広義の引きこもり状態です。

田舎で再会を果たしたリット王女とは旧知の間柄だったようです。で、何やら過去にレッドさんは怖がる彼女に説教垂れてました。曰く大切なのはそこに誇りがあるかどーとか。本来ならこれアイロニカルなシーンなんですよね。人には偉そうな口叩いていながら自分は尻尾撒いて逃げとんかい、と。レッドから田舎にこもった理由を聞いた時、わたしゃてっきり姫さん怒っちゃうもんだと思ったんですよ。「あなたは何故こんなところで呆けている!?勇者の仲間じゃなかったのか!?実力不足?真の仲間じゃない?それがどうした!?戦闘で役に立たないならば後方支援だって出来る!妹の身の回りの世話だって構わない!それこそ本当に偵察に行けば良かったじゃないか!それをちょっと言われたぐらいでおめおめ逃げ出して、ふざけるな!最後は勇者の盾になって死ぬぐらいの気概を何故持てない!お前の誇りはどこ行ったんだ!?この、臆病者が!」みたいな感じで。ところが実際彼女の口から出た言葉は「なによそれぇ!(`・ω・´)」……怒りはしましたが、それはレッドに対してではなくアレスに対してのもの。学校行事で班からハブられた男子の愚痴を聞いてる真面目な女子の図かと思いましたよ。
まあ彼女は彼女で王位を継承する重圧から逃げてきているわけですから、お似合いといえばお似合いのカップルですよね。傷をなめ合う相手としては丁度良いと思います。

とはいえ、この辺は追放ありきで考えた設定だからこういう流れになったんだという気はしてます。当初の構想としては魔王を倒した勇者の隠遁記みたいな感じだったんじゃないかな、という印象。だけど勇者を追放するわけにはいかないし、完全ハイスペを追い出すのも難しいということで現状に落ち着いたんじゃないかと。

それにしても本作でも実に「なろう」らしいドヤ知識が披露されていたりなんかしてとてもありがたい思いでした。えーっと、何でしたっけ?ポーションに混ぜると5倍になる薬、でしたっけ?いいじゃん、どんどん売ったりゃいいんですよ。リットさんはポーションの価値が暴落することを恐れていますが、そんな一店舗が手作りでつくるようなもんでそんなに市場が動きますかねえ?どうしても気になるならその薬の値段をポーションの4倍にすりゃいいんですよwそしたらポーション5個買おうが代わりにレッド薬買おうが変わらないので市場は安泰です。そうなんですよね、ポーションの価値は変動するのにレッドさんの薬は安く固定されたままという前提で話すからこういうことになるんです。姫さまうっかりミスですね。
勿論細かく言えば保存とかの観点からどっちが有利とかはあるでしょうが、あの時点ではそんな情報出てませんでしたしね。またひょっとしたらポーション100個にレッド薬1個でも400個になるとかのチートアイテムの可能性もありますが、それはそれで革命ですから世界平和に貢献することでしょう。まあいずれにしろどっかがレシピ買ってくれると思います。ちゃんと売れるアイテムを破棄するだなんて勿体なかったですね。
とまあこのように「なろうドリーム」を掴むにあたって勉強は不要なのです。夢をどうもありがとう。

いずれにしろおそらく作者は実際に自営業を営んでおられる方ではないんだろうなあという印象は受けました。もしそうならそんなマクロじみた話じゃなくて店の帳簿の話とかを中心にされると思います。また原作ではどうかわかりませんが少なくともアニメではとてもじゃないですが薬学の知識があるようには窺えませんでしたし、どうも「なろう」系では異世界で薬屋営みがちみたいな話を目にしたので、単にトレンドを追っかけただけの職業設定なのかも。

それと多くの場合、レッドのようなタイプの天敵って「考えなしの陽キャ」とか「考えさえしない脳筋」のようなタイプだと思うんですよね。一般的な職業だとこちらの方が遭遇率が高そうな気がしますが作品内でヒールとなっているのはインテリ系賢者。意外と作者はそれなりの所にお勤めなのか何らかの専門職の方なのか、或いは学生時代の記憶か。成績や学歴は良いけどソリが合わんかった奴あたりをモデルにしたんじゃないかと邪推しましたwまたひょっとしたら「なろう」の読者層を研究しての可能性もあります。タイトルなんかもあからさまに媚び媚びですし、これも売れるために行った配役なのかもしれません。

先述したように原作は未読なのですが、ひょっとしたらアニメとは違う構成をしてるんじゃないかという気はしてます。というのも、アニメではあたかもレッドを責めているかのような流れにしてるんですよね。彼がリットとイチャコラこいたりして順風満帆な充実した人生を送ってるシーンの後に、妹でもある勇者ルーティのご一行が暗~い雰囲気の中あれやこれやと苦労しているわけです。これがありきたりな追放系ならば「お前ら俺がいなくて苦労してるみたいだけどこっちは人生楽しくやらせてもらってるよwwww」みたいな感じなのでしょうが、この作品では間違いなく妹に対する負い目のようなものはあるわけです。一方でこれも先述したように、この作者は本質的にレッドの脱退劇において彼自身に責任があると想定してるとは思えません。彼はあくまで被害者の立場として描いているように感じています。なのでおそらく原作ではレッドとリットの話をひとまず終えた後のサイドストーリー的なものとして勇者一向の苦難を描いていたんじゃないかなとは推測しています。逆にもし原作もアニメのような構成で描いているのだとしたら一体どういうつもりでこういう構成にしてるのでしょうか。
今のところ本作は「なろう」系にしてはまずまず知性が感じられる内容ではあるんですよ。なので普通の追放系としての構成ではないとは思うんですが……ひょっとしたら単にアレスに対する当てつけのつもりなんでしょうか?だとしたらさすがにちょっと失敗だったと思います。この流れではどうしたって多くの人がルーティの方に同情してしまうと思います。いやそれもアレスが悪いように映ると考えてそうした……?

そういやこの作品って加護が人格レベルに影響するようなんですが、その割には賢者が賢者やってないことには気になりました。どちらかというと道化の加護を持ってるんじゃないかと思えたほどです。まあそういう意味では人格が加護を超越している稀有な存在といえるのかもしれません。むしろ賢者なら自らの煩悩に惑わされずいち早くギデオンの能力を見抜き適切に戦力として活用する筈なのに、見抜いたからこそ嫉妬して追い出すとかわけわかりません。
なので多分、この作品における賢者ってあくまでおべんきょが出来るだけの存在を想定している気がします。というかそうでないと冗談抜きに彼だけは加護を乗り越えていると言わざるを得ません。では何故おべんきょだけなのかというと……ひょっとしたら作者の身近にすんごいイヤ~な感じの高学歴がいたのかもw

そうなんですよね、この作品での真の追放対象者はアレスの方なんです。実際身勝手な理由で脱退した上に再加入しないことを宣言してるのに元の仲間は皆レッドに好意的。口先ばっかりで空気の読めない厄介な高学歴がいるけどこっちからは(体裁が悪いので)追い出せない。なのでそいつの方に暴言吐かせてやれやれそうかいわかったよと大人しく出て行くけども他の仲間達はみんな俺の方が好きで求めていて、それでも一人ギャーギャー喚く高学歴をなんとか穏便に宥めようとするも話聞かずに逆ギレしてみんなを傷つけたから「もう遅い」とばかりに正当防衛で殺しちゃった。ちょーっと後味悪い気もするけど、これでみんなようやくスカッとハッピーだね、みたいな。このように裏読みすると嫌われキャラを愚かな奴として追放するお膳立てがされていて実に陰湿なお話ですw

テオドラの役割もありましたし、さすがにそれは単純化し過ぎかもしれませんが実際ほとんどそんな感じです。wikipediaをみると「「賢者」の加護には強烈な承認欲求を生じさせるという衝動がある」とか「「ギデオンは自分からパーティーを抜けた」という言い分は薄々メンバーから嘘であると気づかれており信頼は低い」とか……やっぱ賢者キャラじゃないですよね、ステレオタイプなペーパーテストでしか点取れない性悪高学歴キャラですよねwというかそもそも何でこんなのパーティーに入れたんでしょうか?どうみたって初めから破綻が目に見えているじゃないですかw実際レッドも「導き手」としての役割果たせてないですし、単純な編成ミスだったと思います。

というかアレスさん、5話の時点ではちゃんとルーティに「アレスは魔王軍の偵察をした方が役に立てるからと言って抜けた」って伝えてますよね?それがいつの間にか勝手に逃げ出したと言ったことになってる。案外最初の方はそこまでアレスをヒールにする想定ではなかったのかもしれません。
他にもレッドとリットが裸で風呂入って抱き合ってるのに、最終回ではあたかもお互いの裸を見るのは初めてみたいな描写……まあ「なろう」なんで前に書いたことなんて綺麗さっぱり忘れてるなんてことはよくあるでしょうが、アニメ化にあたってはそれぐらい整えて描写して欲しかったですね。

中盤以降になって唐突に勇者ルーティと邂逅を果たす流れになるのも、なんというか人気獲得のためのテコ入れ展開みたいでした。一応「加護」と意志の狭間の苦悩のようなものがテーマの一つにある感じはしましたので最初から決めてた可能性もありますが、どちらかというとあんまり長期の連載を想定していたようには見えませんでした。とはいえ現状文庫で10巻も出せてるわけですからようやっとると思います。

売れてるので結果的には成功だったと言えるでしょうが、物語的にはレッドは主人公キャラとしては失敗だったと思います。作中どれだけ際立った資質を見せつけようとも、とんでもなく情けない理由でおめおめ逃げ出したという事実がずーっと尾を引いてしまっています。せめて元仲間達から禊ぎを受ければそれも何とかなったと思うんですが、せいぜいレッド自身が自虐気味に自己批判するのが関の山で仲間達はむしろそれを慰めちゃうという有様……これはもう作者が彼を被害者として想定している以上どうにもなりませんね。

正直言って、この作品的にはむしろアレスの方が主人公に相応しい性質だったとすら感じます。彼ならば性格を理由に追放されてもおかしくないですし、露悪的ながらも有能なキャラという一種のツンデレキャラとして場に馴染めていたと思います。一方調整役を気取っていたギデオンの方がアレスという貴重な戦力を失って後悔する方が自然の流れのように思えました。これはこれで普通の追放系っぽくなってしまうリスクもありますが、まあ結局あれもこれも「真の仲間」のくだりがやりたいがために生じた弊害と言えるでしょう。

等々、色々書きましたが単純な娯楽としては言うほど悪くなかったです。ギデオンの脱退劇にさえ目を瞑ればさわやかにコーティングされた主人公のもたらすそこそこ良いお話だったとすら思います。目を瞑れれば、ですが。

リットに押しかけ女房されて寝室も一緒なのにもかかわらず手をださなかったり付き合いもしなかったりというのは当初ハーレムにするつもりだからかなと思ってたんですが、がっつり正ヒロインでしたね。それにしてもリットちゃん滅茶苦茶ベッドにこだわり見せましたね。二人の場所だとか帰る場所だとか、この手の話どっかで見た気もするんですがちょっと思い出せません。昔々のハードボイルドものだったですかね?
二人のロマンスシーン自体も案外悪くなかったですが……やっぱちょっと古めかしいですよね。雪降る夜の帰路、街灯のほのかな光にやさしく包まれたベンチに二人は誘い込まれ互いの淡い恋心を温め合う……とかもうこれいつの時代の月9ドラマだよって感じだったのですが、案外こういう中高生だろうが中高年だろうがそれなりにサマになるシーンってのもいいもんですね。中世ヨーロッパに準拠してるのか現代日本の遊歩道なのかよくわからん「なろう」の無茶苦茶世界観設定がこれほどハマッたのを見たことがありませんw

いやーそれにしてもあれもこれも作者の願望込みで描かれていると思うと実に微笑ましい。こんな恋愛したかったんだろ~なって。しかし万が一……万が一ではありますが実体験をもとに描いたとかだったら許さんからな星全部没収だかんな!そんな奴ぁ真の仲間じゃねーから!(ヽ゜ん゜)

投稿 : 2022/06/04
閲覧 : 104
サンキュー:

7

ネタバレ

U さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

C. ネタバレ注意 – 異世界はスローライフブーム

ざっぽん作、やすもイラストのなろう作品
制作:ウルフズベイン、スタジオフラッド

「真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにした」男が主人公の異世界ファンタジー


<メモ>
兄のラブラブスローライフと心を無くした妹の遠征の様子が交互に描かれるんだけど
勇者の妹がかわいそうに見えました
勇者なので眠くならないし、お腹もすかない、
知らない人達を守るために戦うだけって設定ひどすぎ

レッドは妹に話をしてからパーティを抜ければ良かったのでは?
兄と妹で魔王退治を終えてからスローライフを楽しめばさらに良かったのでは?
シサンダンは魔王の仲間なのに勇者の剣をルーティに渡して何をしたかった?
魔王軍からしたらルーティが勇者を辞めて辺境の地でひっそりと暮らすのは喜ばしいことなのでは?


<主要登場人物>
レッド /ギデオン:鈴木崚汰 加護「導き手」
リット:高尾奏音 加護「スピリットスカウト」自分の仲間を守る

勇者パーティー
ルーティ:大空直美    加護「勇者」
アレス:八代拓      加護「賢者」
ダナン・ラボー:三宅健太 加護「武闘家」
テオドラ:内田彩     加護「クルセイダー」
ティセ:釘宮理恵     加護「アサシン」
ヤランドララ:雨宮天   加護「木の歌い手」

アルベール:天﨑滉平   加護「ザ・チャンピオン」 ゾルタンのBランク冒険者

シサンダン:興津和幸 6本腕を持つアスラデーモン 捕食した生物に成りすますことができる


<ストーリー>
人は生まれながらに「加護」を与えられる世界。
加護とは神がその人の生きる道を示すために授け、加護の種類に見合うスキルが与えられる。
ただ、「加護」による役割を強く求め過ぎたり、責任を感じ足枷になってしまうことがある。

「導き手」の加護を与えられたギデオンは幼い妹ルーティに寄り添い見守っていた。
ルーティが「勇者」の加護を持っていると分かると剣の道を磨き騎士団副団長になる。
ルーティが魔王軍の討伐に向かう時は同じパーティに加わり一緒に戦っていた。
ある日「賢者」の加護を持つアレスに「真の仲間ではない、足手まといだ」とパーティから追い出されてしまう。

辺境の地ゾルダンにたどり着いたギデオンはレッドと名乗りDランク冒険者として薬草を集め暮らしていた。
大工の甥のタンタの病を助けたお礼にと自宅兼店舗を建ててもらう。
ここで第二の人生として薬屋をしながらスローライフを楽しむつもりだ。
そこに以前ある国を守るため一緒に戦った第2王女のリットが訪ねてきて一緒に暮らすようになる。

一方、兵法家だったゾルダンが抜けた勇者パーティは苦戦をしいられていた。
「悪魔の加護」という薬を飲んだルーティは一時的に加護の影響から放たれ兄を探しにアレス達を置いて出奔する。
無事ギデオンに再会したルーティだったがこの街でリットと暮らすという兄にならい
自分もここに残りたいと望むが勇者を欲するアレスやシサンダンが追ってきていた。

初代の勇者の剣をルーティに触れさせれば悪魔の加護が解け勇者としての自覚を取り戻すという。

レッドは大切な人達を守り切ることができるのか。
ルーティは勇者の加護から逃れ自由に生きる事はできるのか。


22.2.4

投稿 : 2022/05/16
閲覧 : 76
サンキュー:

6

ネタバレ

くまごろう さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 1.5 作画 : 1.5 声優 : 3.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

魔王を倒しに行けない勇者パーティの話(バッドエンド)

視聴完了

最近よく見る追い出された系、元パーティは魔王討伐を目指す勇者パーティですが、主人公離脱後崩壊します。

元主人公パーティは5人、お兄ちゃん大好き勇者、首になった主人公、裏切り賢者、腹黒タンク、能天気武道家。賢者が主人公を首にしたことで、苦労人アサシンがパーティに加入する。患者の行動に納得していない腹黒・能天気は主人公に事実確認をするためにパーティを離脱(その後勝手に四天王と戦い片腕を失う)、勇者の遺産である飛行船を発見後勇者とアサシンはお兄ちゃんに会いに行くために離脱。
賢者は自分よりお兄ちゃんを選んだ勇者に激昂し魔族と手を組み勇者を取り戻そうとする。腹黒は何故か(本当に勇者にふさわしいか?とか言ってた気がするけど)魔族との戦いの時に裏切る。
結果勇者は勇者をやめお兄ちゃんのいる街で暮らし、患者は死亡、能天気と腹黒は生きてたけど特に描写なしということで勇者パーティは全滅しました。
というのがオマケの話。

本編は主人公とヒロインがイチャイチャする話です。

投稿 : 2022/04/18
閲覧 : 378
サンキュー:

2

ネタバレ

上杉達也 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ゆがんでいる

私が感じたのは、ゆがんでいる。
〇〇性がゆがんでいる。
ただただそれだけです。

内容などは、
作画が微妙…
原作読んでないのでいいきれませんが、端折りすぎて内容が飛びまくっている。
タイトル通りにしたいがために曲げている感がいなめない。

つまらなくないが人は選ぶと思います。

投稿 : 2022/04/17
閲覧 : 226
サンキュー:

1

ネタバレ

IRON さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

正しく3.0の作品

まぁ可もなく不可もなく。

他のメンバーに比べれば戦闘能力は見劣りするものの、ヒューマンスキルで勇者パーティーを支えていた主人公。パーティーリーダーである勇者は主人公の妹。勇者を独占したい賢者によって、彼はパーティーを追い出されてしまう。で、色々疲れたんで辺境で薬屋スローライフ…とはいかないのがこの手の話。家出中の王女は恋人兼従業員、押しかけてくる昔の仲間、壊れる寸前の妹勇者、敵魔族にのせられて襲ってくる賢者、そして勇者管理局とは…等諸々ある。

むしろ本当にボンヤリ薬屋をやる話の方が良かったかもね。

投稿 : 2022/04/08
閲覧 : 139
サンキュー:

1

40代のおっさん さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 3.0 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

実は・・・・

追放されたけど実は有能ってのはたくさんありますね~。あまりに多すぎて、話がこんがらがってきてます。真の仲間はその中でも分かりやすいほうかなと思います。相変わらず異世界ものの作画は微妙でしたが。

投稿 : 2022/04/05
閲覧 : 137
サンキュー:

0

ネタバレ

uQcus51094 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

スローライフ…?

原作未読。

前回(慎重勇者)が思ったより、日常ではなかったので、日常系ぽいタイトルに惹かれて視聴。

途中までまったりスローライフでよかったのですが…?
意外性を求める方にお勧めです。

{netabare}
・ストーリー
ちょいちょい事件を解決していくぐらいはいいんですが、だんだんと辺境の町なのに空気が怪しくなります。
麻薬が流行りだしたころくらいですかね…

そしてなんか魔物ぽいのもバンバンでてきます。
町を巻き込んだ陰謀が起こり、しかも子どもを使うとか割とゲスい。
この時点で「スローライフじゃねえ…」ってなります。

そしてついに、スローライフとは対極だった妹まで押しかけてきて、ラブコメに。
賢者アレスは覚醒して大暴れ。
聖剣とか出てくるし、世界の根幹の話も出てくるし、加護もどんどんすごいことに…

「スローライフじゃねえ…」ってなります。

ついつい見てしましたが、求めていたものとは違ったような…
意外性はあって面白かったです。

ただ全体的に尺が足りなかった気がします。
勇者を最後出すからには、感情を取り戻すとか、加護の話があれば評価はもっと高かったかもしれない

・キャラ
女の子は可愛いんですが、怖い。
リッドが切れたときはすごかったです。
妹も悪党がビビるレベル。
釘宮さんはよかったですね。ツッコミもいい。

男性陣もキャラが濃い。
アレスは記憶に残りました。
片腕で敵を圧倒する仲間もいるし…
勇者パーティーをもう少し掘り下げてほしかったかな。
エルフはどこに行ったんだと思ってたら、まさかの最後に登場…
意外な展開ばかりです

なんだかんだ主人公強いですね。
そして容赦ない。
片手は切り落とすし、アレスに対しては全く容赦ない…
最後は妹とまったりしてたけど、、それでいいんですかね?
世界は大丈夫なんでしょうか?
魔王は割と主人公たちを潰しにかかってきてる感じがありましたが…

OP、EDはまったりでよかったです。

{/netabare}

投稿 : 2022/03/27
閲覧 : 155
サンキュー:

2

だんだだん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

スローライフ対決(こっちはスローライフしてない)

チート薬師に続いて視聴のスローライフ作品。
こちらは、きっちりスローライフ出来てなかったwww
だからアニメ化頑張った…のかな?
残念ながら、ウケ狙いの安直なアピールが多く、萎えてしまう。

あ、原作は読んでないけど、
たぶん、きちんとした背景描写があってキャラ作りがなされて、の
このアニメ版ストーリーだと思われ。
どうにもキャラが活かしきれてない。

最後まで何かあるかな~と期待して早送り再生続けたが、
何もなかった。 そう、何もなかったんですよ。
ただイチャコラしただけ。誰得なんでしょうね、このアニメ。
女性向けなのかもね…

投稿 : 2022/03/24
閲覧 : 104
サンキュー:

4

つきひちゃん さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

盛り上がらない

スローライフだから?なのかストーリー展開があまりにも盛り上がらず、5話くらいで断念です。

投稿 : 2022/03/13
閲覧 : 83
サンキュー:

2

ニワカオヤジ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

真の〇輪じゃないと英雄のおパイを追い出されたので、辺境でくろーくなることにしました

全体を通して、
女の子が可愛いし、物語もスローライフとはほど遠いメリハリのある内容で面白かったです。

ただし、リットの服装にどうしても目が行ってしまい、話に集中できませんでした。
胸が大きくはだけているだけならまだしも、何故か脇も丸見えという、童貞じゃなくても瞬殺されるような服装です。しかし、それだけで話に集中できなくなるほど私も純情ではありません。

露出の程度よりも、胸の所のキャミソールみたいな黒のレースが、乳輪がはみ出てるようにしか見えない・・・
いや、乳輪にしては黒すぎるし大きすぎるんだけど。

そしてよく見たらレースだったけど、乳輪が大きいのを隠すためにキャミ着てるのでは・・・
いや、それにしても位置が外側過ぎるんだけど。


女慣れしてそうなレッドがあのシチュエーションで中々手を出さなかったのも、脱がしたときに乳輪が大きい上に外側に付いてたらどうしよう・・・と怖かったからに違いない。

その気持ち、分かる。


なお、このレビューを読んだ後からもう乳輪にしか見えなくなったという苦情は一切受け付けておりませんので悪しからず。

投稿 : 2022/03/04
閲覧 : 162
サンキュー:

14

ネタバレ

P さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.8
物語 : 1.5 作画 : 1.5 声優 : 2.0 音楽 : 2.5 キャラ : 1.5 状態:観終わった

釣りに来たんでしょうが、タイトル変えた方が‥

タイトルの所以はそういう世界というより、賢者アレスに特定されたもの。
そして散々物語をかき回したのもアレス。
流石に濃過ぎる。
過剰なキャラ演出だし、何度も命を救われるのがしつこかったかなと。
他の人のコメントで、作者の実体験なのでは?という意見が有り、それが1番しっくり来た。
簡単に言えば僻みっぽい。
自身の正当化への必死さが見え隠れする。
タイトルや世界観、各キャラクターの性格を歪めてまで行なっているから、より際立つ。
とりあえず、スローライフじゃなかった。
所謂タイトル詐欺なんじゃ‥

投稿 : 2022/03/04
閲覧 : 215
サンキュー:

5

ネタバレ

よこちゃん さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.9
物語 : 1.5 作画 : 1.0 声優 : 2.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

私的ワースト上位のアニメ

私は酷評されがちな、長い題名のなろう系ラノベ原作のアニメ普通に観るんですが。
このアニメはダメでした面白くない。
平均満足度1点台は2作目で、これでもおまけしたくらいです(^^;

冒頭でレッドが勇者パーティから離脱しますが、リーダーでもない奴に少し言われて、妹が勇者なのにあっさりしてる。すぐにスローライフが始まり、ヒロインリット登場。ん?可愛いような、そうでもないような、何かおかしい!リットの顔が変なんですよ、他のキャラはどうかと言うと、近所の人妻は可愛い、勇者のルーティも微妙、モブも入れたらキャラ絵が普通なのと変なのがいてる。あと、キャラの動きもおかしい。特に戦闘シーンは手だけ動かして斬り合いしたり、走り方も変だったり、今一瞬どうなった?とか結局作画があかん。私はアニメ歴は浅いですが、美少女キャラ好きで作画あまり気にしないのに、あかんと思ったから、間違いないかと。怒る人もいるのではと思いながら観てました。リットの顔なんか致命的ですヒロインなんですから。あと、リットがキレる時あるんですが別人です、怖いです、ひぐらしのレナちゃん以上です。どこに力入れてんねん。

第4話のサウナの話は、自分史上稀に見るくだらなさでした、逆にに一生忘れません。
途中からスローライフじゃなくなりましよね。話も私にはよく分かりませんでした。加護って新しいなと思ったら、結構ざっくりしてるし、この仕組みだと世界中殺し合いにならないとおかしいです。

色々雑なんですよね、手切り落とすまでしなくてよいのにと思ったら、落とされたキャラも痛がらず話し出すとか。結局、アレスが全部背負って退場で終わりました。カットされた部分も多そうに感じました。

アニメ勢としては、原作は面白いねんと言われても関係ない訳で、雑に作ると他のなろう系まで、ますます酷評されますよ。じゃあ、途中で観るのやめれば?と言われそうですが、私は今の所イマイチなアニメでも断念した事はないんですよ。途中で面白くなるかもしれないし、全部観てないのに文句言うのは失礼だと勝手に思ってます。

良かった点ですが、ティセが見た目可愛く、声優さんもベテラン釘宮理恵で声も良かったです。
レッドとリットがお互いが好きで、一緒に暮らしてるのにイチャつかないのは不自然だと思ってたら、途中からイチャついて良かったです。
料理の作画は普通で良かったです。
OP曲がまさしくスローライフな、昼下がりにハンモックに揺られて聴きたい良い曲でした。

お勧め出来ないのでネタバレレビューにしました。

投稿 : 2022/03/03
閲覧 : 242
サンキュー:

14

三毛猫メリー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

真の仲間でスローライフ

2022.3.3 視聴完了。
原作小説既読。

まあまあ面白かったんだけど
アルとアデルの件のあたり、原作知らない人が
ちゃんと理解出来たのか不安だった。

アニメのアレスは最初からめちゃくちゃ悪役でしたね。
ラスト付近は仕方ないのですが
原作では序盤はそんなに悪い人ではなかったんですよ。
まあ利己的で打算的ではありましたが。
作者はアレスをどうするか最後まで悩んだそうです。

ティセとうげうげさんは予想以上に可愛かった(笑)

投稿 : 2022/03/03
閲覧 : 154
サンキュー:

15

ネタバレ

なっぱ‪‪𖧷‪‪𓈒𓂂 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

注意)リア充のイチャラブを見せつけられます

{netabare}
賢者から理不尽にパーティーを
追い出されたのは可哀想だけど、
勇者の妹が一緒のパーティーなのに抗いもせず
言われるがまますんなり出ていく時点で無理だなー。

スローライフを満喫する姿を見てたらどちらかと言うと
パーティーを追い出されたと言うより
逃げ出したという方が正しい気がしてきます(´°ω°)

勇者の加護を授けられた妹の人生が
あまりにも加護の影響に縛られてて悲しかった。
そして大好きな兄に黙って置いていかれるって辛すぎる。

色々な困難の後にやっと再会できるものの、
再開した先で何のレッドは以前同じパーティーだった
リットと同棲しててイチャラブ生活してるとか残酷。

それでもレッドと一緒にいようとする
妹のルーティを見てると同情してしまいます。
その後みんな仲良く〜っていう流れになるけど
私はそれがどうしても納得できなくて
レッドを受け入れられないまま終わりました、、

最後まで観れたのはレッドがパーティーから抜けた後に
新しく仲間になった暗殺者のティセがいたからですね!!
勇者ルーティの事を尊敬してるから
心では沢山のことを思ってるけど口には出来ないから
なかなかルーティとの仲を深められず、
そんなティセの心の声が結構ツボで可愛かったです♡

ルーティにとって初めての友達になったティセは
とても大事なポジションでした。

レッドとリットのイチャラブがもう少し控えめだったら
素直に楽しめたんだろうけど、、勿体ないですね( ᵕ ᵕ̩̩ )
{/netabare}

投稿 : 2022/03/02
閲覧 : 84
サンキュー:

5

§オルガ・スターク§ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

★★★

2022.2.20 ★★★(3.0) 1度目観賞評価

投稿 : 2022/02/20
閲覧 : 72
サンキュー:

0

ネタバレ

徳寿丸 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.7
物語 : 2.5 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

B級大人アニメにありそうな作品

原作未読(2022.2)
最近の新たな異世界流行りのなろう系スローライフ作品。そして薬屋がトレンドらしい。
割と苦笑しながらホゲーとは観れます。原作はもうちょいマシなんだろうなとは想像できるくらいには。
とにかく原作者が可愛そうかな。せっかく早い段階でアニメ化してもらったのに制作側のこんなもんでいいんじゃね?臭がプンプンします(まぁ色々大人の事情があるんだと思いますが)。
とにかく、雑。展開から演出、脚本、作画どれをとっても、やっつけ感が拭えません。これでは声優さんも中々厳しいんじゃないでしょうか?もう少し魅力的なキャラになれたと思うんですがね。色々頑張りましょう(失礼)。

私のツボ:一番加護に抗っていたのは賢者。見事な愚者ぶりだった。

投稿 : 2022/02/19
閲覧 : 125
サンキュー:

6

take_0(ゼロ) さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.4
物語 : 2.0 作画 : 2.5 声優 : 2.5 音楽 : 2.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

困ったな・・・。

一応、通して全話視聴したんだですが、あまり印象に残った点が無く・・・。

ああ、いつもの某アベマなTVで一気見の機会がありましてw。


無いなら、酷評になってしまいそうなので、何も書かないという方がいいような気もするのですが・・・。

材料は良かったような気がするのですが、
料理の仕方が、もう少し良ければ・・・。
加護に捕らわれた勇者を含めての登場人物の悲喜交々をもう少し上手にピックアップできれば・・・。

主人公レッドとリットのラブラブ路線が・・・目障り。
最終盤でルーティの加護に捕らわれていた哀しみを際立たせるための伏線(材料)としては、見せつけ度合いが長すぎます。
何故かあまり、背中がくすぐったくなる様な事もなく、冷めた目で観ていました(私自身の感性の問題かもしれません)

物語のたたみ方ももう少し・・・。
ちょっと最終盤、雑な印象を受けてしまいました。

作画も普通・・・か、ちょい下くらい。
主要キャラクターはそこそこなのですが、他になるとちょっと差が出てきますねぇ。

キャラクタも中途半端で、魅力に欠けた気がしました。
コレも「好みじゃないの?」と言われたらそれまでなのですが、一番印象に残ったのが中盤以降に登場したティセというアサシンの女の子かなぁ。
ルーティも苦悩が氷解していく過程のあたりは最初の目つきの悪い、こええ感じからのギャップがはっきりとしていて印象に残ったかなぁ。
って感じくらいで、どうにも・・・。


私にしては、珍しいくらいの酷評回になってしまったかもしれません。
甘々査定の自分としては珍しいと自分でも思っています。
虫の居所でも悪かったかなぁ。

まぁ、ホントに、料理次第では面白くなりそうな要素は持っていると思うので、少々、残念でした。
スローライフっていうポイントも私の思ったのと違っていた感があったのかもしれません。

機会がありましたら、ご覧になってご判断くださいませ。

投稿 : 2022/02/08
閲覧 : 413
サンキュー:

19

GOMA さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.1
物語 : 2.0 作画 : 1.5 声優 : 2.5 音楽 : 2.5 キャラ : 2.0 状態:観終わった

無理矢理アニメにしなくても、いいんじゃない?

2017年10月から連載されてる なろう系ライトノベルのアニメ版。2021年10月~12月放送。転生ではないけど、異世界+ファンタジー+スローライフの結局はテンプレ。

製作はウルフズベインさん、スタジオフラッドさん。まぁ正直言ってきちんとしたそれなりのレベルのアニメを作る能力が果たしてあったのか。声優さんは鈴木崚汰さん、高尾奏音さん、大空直美さん、八代拓さん、他にベテラン陣もサブキャラレベルで参加されてましたが、全体的に○粒な印象でした。

まぁ1話目が全力だったのでしょう。2話からは作画もコマ割りも激甘の崩壊気味。構成はまとまらず、どんどん酷くなる印象でしたね。キャラデザは最初から微妙。鼻がw

GOMAは原作読んでないのでラノベに関しては何ともですが、世の中にはアニメ化するのに向き不向きがあると思いますよ。

投稿 : 2022/02/07
閲覧 : 145
サンキュー:

0

ジパミィナ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.4
物語 : 2.5 作画 : 2.0 声優 : 2.5 音楽 : 2.5 キャラ : 2.5 状態:観終わった

三流ファンタジー 52点

腕が立つ主人公が辺境で暮らす話と言ってしまえば、それだけの作品。

悪い人では無いが魅力が感じられない主人公がやたらとモテ、エロを追加。
巻き込まれ体質的な展開、三流の悪役。
これぞご都合主義作品の王道タイプ。

この手のタイプはキャラが良く、日常会話が面白いことで成り立つ為、本作は赤点評価としました。
その他、戦闘シーンは作画がイマイチ、ストーリーとキャラもイマイチと良いところが見つからないので、視聴としてはおすすめするところは無いですね。

投稿 : 2022/02/06
閲覧 : 141
サンキュー:

1

ネタバレ

キシリトール昆布 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

意外と面白い

ストーリーもありがちだけど好きな展開。
全体の設定などがよく考えられていたり、
原作者の力量が大きいと思う。

キャラ的に萌え満載アニメかと思ったけど
主人公とヒロインのイチャイチャくらいで収まりちょうどいい感じでしょうか。
(個人的にはもっと少なくして巨乳も大き過ぎて・・・ですがw)

好きだったのは、勇者を警戒しつつ友人になる盗賊の描写w

残念ポイントは
序盤からキャラ崩れが多かったり、
物語も端折りがちだったりと
たぶんスケジュールがキツイ制作だったのでしょう。
もし2期があるなら余裕のあるスケで作って欲しいです。

投稿 : 2022/02/04
閲覧 : 110
サンキュー:

1

カミタマン さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

心地いい音楽

2022/01/29 投稿
  同日  加筆・訂正
2022/02/03 評価訂正(間違えて0.5高くつけてたため…f(^^;)

タイトルがダメなやつですw
9文字✕5行(笑)
こう言うのに限って,実は面白かったりする場合が意外と多いのです。
いざ視聴!


結論から言うと,かなり良かったです!
ツッコミどころは満載なのですが・・・
不思議に気にならない
何でだろう?


考えてみた


おそらく,最もいいと感じた要因は音楽ではないかとおもいます。

OP ゆいにしお「息を吸う ここで吸う 生きてく」
あまりにスローライフイメージぴったりのテンプレ的な曲調だけどそれがいいw

EDJYOCHO 「みんなおなじ」
相変わらずの見たこと無いような不思議なギター奏法から生み出される絶妙なギターサウンド

自分としては珍しくどちらも毎回しっかりと見ました。ホントに一度も飛ばしませんでしたw

BGMも曲としての主張は弱いものの,スローライフ感が有ってほとんどいい曲に感じました。

ここら辺は,現在の自分の音楽の好みにマッチしたというのが大きいかなと思います。
具体的に言うと,音の隙間があって一つ一つの音がハッキリしている,アコースティックサウンドが現在の好みなのです。楽器の質感が音から感じられるような曲が好きです。
そういった意味で,この作品の音楽はかなり好みにぴったりと合っていました。

音と言えば,自分は叫んだり怒鳴ったりといった声の演技もうるさく感じることが多いのですが,この作品はそこら辺も押さえられていました。
なんと言っても勇者が無口で無言で超絶攻撃を繰り出す設定ですからw
音的にうるさく感じたのは,あの「賢者」くらいのような気がします。
全体的にこの作品,音だけ聞いていてもなんかいい感じになれると思います。




以下はツッコミ所に関する系


自分はアニメに関しては基本的に「反エロ」を自称しています。(あくまでアニメに関してです^^;)
なぜかこの作品のエロに関しては気になりませんでした。
ヒロインのリットはかなり胸が大きいキャラデザインで普段着ている服も胸元が大きく開き胸が強調されているデザインなのですがなぜか気になりませんでした。
むしろ気になったのは,服の腕の部分に穴が開いているのですが,その穴の位置からは絶対に見えないだろう,脇の下部分が度々描かれていることでした。「たぶん描きたかったんだろーなー」と送り手の性癖が透けて見えるように思いました。
二人のいちゃいちゃも気にならないというか,むしろ心地よく見ていました。最終回も含めてw
なんだろう?二人のお互いを好きなのが前面に出てきているからなのでしょうか?


ストーリー的には「追い出された」エピソードは初回とストーリーが進行してからの整合性がとれていないように感じました。

勇者がらみのエピソードはすごくいい話になりそうで,設定を生かし切れなかったように感じました。色々思いついて突っ込んでみた感・・・自分のレビューと同じ臭いがしますw


作画はわりとひどいですw
リットとルーディーの止まっている絵は割としっかりかけているのでそれほど印象は悪くないですが,動きはひどいです。限られた予算で最善を尽くした結果なのかも知れません。


もしかしたら,音楽に癒やされて優しい気分で評価したのかも知れません(笑)



加筆部分
書き忘れていましたが,「辺境」のイメージが視聴前のイメージとかなり違っていました。
勝手なイメージでアリューシャン列島とかグリーンランドとかシベリアとか極寒の地にある小規模集落のイメージだったのですがかなりの規模の都市が近くにあったりなんかイメージと違いました。
気がついたのですが設定が辺境の「村」とかではなく辺境の「国」でしたw
ヨーロッパの人間が極東と言われる地域にある日本に来た的な設定ですよねw

投稿 : 2022/02/03
閲覧 : 239
サンキュー:

19

ネタバレ

haiga さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 4.0 作画 : 2.0 声優 : 4.0 音楽 : 2.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

加護に支配された世界で愛を叫ぶ(個人的に1番長い感想になったかもw)

今観終わりました~~!

えっとみなさんもネットで買い物したり、動画サイトで検索したりする時に絞込み機能って使いますよね?
私は今までアニメとか漫画を検索する時は
「最強」とか「チート」とか「スローライフ」って入っているものは避けていたんですよね。
いわゆるゼロ話切りです。観る前から観る価値無しって断罪してたんですよね

んで、最近めっちゃ仕事忙しくて、現在視聴中の月とライカと吸血鬼とか俺ガイル(完)とかめっちゃ面白いのにパタッと観れなくなっちゃったんですよ
なんか仕事でカロリー使ってるのにアニメでもカロリー使いたくないなって

それでいつもなら絶対観ないはずのこの
「真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので辺境でスローライフをすることにしました」
を観てみたんですよ


結果から言いますと


これ、めっちゃ面白いですw
というか全然スローライフじゃねえええw


※ここから豪快にネタバレします


あ、確かに導入部は軽~~い頭悪そうな(失礼)ファンタジーですよ
作画も時々酷いですし、アクションも変な動きです。とはいえ憎めないクソアニメの雰囲気がビンビンしていて何故か観るのが止まらないんですよ。

んで5話の勇者ルーティが賢者アレスを殴ったとこで確信しました。

「こりゃ凄い作品だぞって」

いや、そのシーンもかなり衝撃的なんですけどね。
同じ勇者パーティメンバーで兄のギデオンをアレスが追い出した事に激怒したルーティはアレスを殴るんです、が

殴るってレベルじゃなくてパンチが腹部の1部を突き抜けて肉を抉り取り即死レベルの一撃を見舞うんですね
南斗神拳とか猗窩座の破壊殺・滅式に匹敵する感じですよ。観てた私は思わず「ブフォ!」って食べてたご飯粒を吹き飛ばすレベルで吹き出しましたw
で、その後瞬速で癒しの手で復活させるんですけど
お前は魔王学院の不適合者のアノス様かよって

そこからはこの加護に支配された残酷で理不尽な世界観と超個性的なキャラにどっぷりとハマってしまいました
この作品の良い所は勇者ルーティのキャラなんですよ。
タイトルにも付けていますがこの世界の人間は神から与えられる加護に支配されています
この加護ってのは才能みたいなもので例えばウェポンマスターなら何かしらの武器がとんでもないレベルで使いこなせる才能だったりするわけです。
但しこの加護がただのスキルと違うとこははた迷惑なことに性格にも影響を及ぼすわけです。
加護の覚醒は子供から大人になる境で起きるようで大人しい人も加護の影響で乱暴になったりその逆もしかりなんですよ

さらに理不尽な事に、この加護が完全なランダムで、例え王族だろうが騎士の生まれだろうがクソみたいな加護が与えられる可能性もあるし、その辺の村人に英雄の加護が与えられる事もあるわけです
世襲もコネも(殆ど)通用しない世界
めちゃくちゃシビアですよね

勇者ルーティは普通の村人の子ですが勇者の加護を持ってしまったばかりに
①あらゆる状態異常を受けない(状態異常とは怒りや悲しみも含まれるので感情自体が乏しくなる
あらゆる事に動じないし喜怒哀楽も無い)
②疲労することも睡眠する必要も無い寒さも暑さも感じず風邪や病気にもならない
③最強レベルの魔法と武術と剣術と癒しの使い手になる(修行したのかどうかは描写されず)桁違いの戦闘力

こんな感じで望む望まざるに関係なく得能モリモリの魔王を倒す為だけの戦闘マシーンにされてしまうわけです。私達現代人の感覚ではめっちゃ悲惨ですよね?

そんなこんなで主人公のギデオンは勇者パーティを追い出され辺境の街ゾルタンで薬草屋を営みながらのんびり暮らし始めます。
そこにギデオンを大好きなロガーヴィア公国の第2王女のリットもこのままでは王国を継がされそうと国を抜け出して合流し、2人でラブラブしながら街のトラブルを解決したりしていくわけです。

街では麻薬が蔓延り結構殺伐としたトラブルが多くあんまりスローライフじゃないんですが、ギリギリまでギデオンもリットも積極的に解決に動いたり街の人を護って上げたりもしないんですね。
そうしてるうちに勇者パーティをほっぽいて
(をい!)ルーティまでゾルタンにやって来て魔王討伐の旅をやめてギデオンと暮らすって言い始めるわけです。

ここまで読んだみなさんも気づきましたよね


勇者パーティを導く事や英雄として生きる事を(望まざるとも妹のルーティをも)捨てたギデオン
第二王女の立場や英雄としてのキャリアを捨ててギデオンと生きる事を選んだリット
勇者として生まれながら世界を救うことも魔王を倒すことも捨てていち個人として生きることを選ぶルーティ

普通の作品なら運命に抗うとか、気持ちを抑えて勇者として生きたりとか、とりあえず魔王倒して、平和にしてからスローライフしようとか個人の幸せよりまずは全体の幸せを優先するじゃないですか

この作品は違うんです

「いやいやそりゃ魔王は倒さなくちゃいけないとおもうけどそれを我慢してやりたくも無いのにやるのおかしくね?というかそれ俺じゃなくても良くね?
だってスローライフやりたいし」

現実でもそうじゃないですか、例えば異国の人が食べ物が無くて困っていても、戦争で苦しんでいるかもしれないけれども、そしてそれを救う能力を持っていたとしてもたいていの人はまずは今の生活が大事って思いますもん

そういう意味でこの作品はとても現代的な考え方で、ある意味リアルで生々しい行動をするわけですね
そこがとても斬新で私にぶっさりと刺さりました

結局勇者として1番まともだったのは同じパーティーの槍使いのテオドラだったってオチも秀逸ですし、クズだったアルベールが英雄として覚醒しつつあるのも良かったですね
物語も謎は色々残ってはいますが山あり谷ありで綺麗に終わってますし、普通に面白い作品でした
(ギャグは寒かったがどっちかと言うと真面目なシーンとかキャラのぶっとんだ行動の方が笑えます・・・この辺はワルブレに近い感覚です)

最終的には最強ルーティと神との闘いに繋がって行くのでは?とも思うのですがそれは従来のアニメ作品的考え方で主人公を中心としたスローライフには本来世界の命運とかのオチは必要ないのかもしれませんね。

でも2期あったらめっちゃみたいなあ、よろしくお願いします

投稿 : 2022/01/29
閲覧 : 153
サンキュー:

16

ネタバレ

ちゃりお さんの感想・評価

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

もっと日常系だとばかり

スローライフ要素が乏しいです。もちろん、薬屋は収入はよく、営業時間も割と短く医者や工学者よりコスパのよい職種でありスローライフには向いていると思います。ただそれだけです。薬屋要素は序盤だけ、その後はただの異世界物だと思います。

投稿 : 2022/01/28
閲覧 : 116
サンキュー:

2

ネタバレ

だいちゅう さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.5
物語 : 2.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 1.5 キャラ : 2.0 状態:観終わった

コメントしづらい

勇者パーティ内のクズな賢者にほぼ嫉妬から戦力外通告された有能イケメンの話。

まず、なんでこんなクズ賢者アレスがパーティにいるの?俺なら即叩き斬ってる。ストーリーほとんど理解してないからもあるけど、こいついないとダメな理由がようわからんかった。
パーティメンバーと視聴者にストレス与えまくって、最後にようやく殺されてスカッとしたかと言えばそうでもない。いやいや散々好き放題やらせる前に殺せよと。最後の最後まで改心しないし。心地良いくらいの単なる悪役。こいつをパーティに入れた奴の責任だろと。
長髪槍使いテオドラの裏切りもようわからんかった。なんか勇者はこうだみたいな信念で裏切ったらしいけど、自分には全く響かなかった。

そして何といってもギデオンとリットの香ばしい絡み。
デレデレ雰囲気からの、視聴者サービスですよと言わんばかりのエロ寸前プレイ。大事な部分が全く描かれてないアニメ絵を観せられても・・・って感じ。そもそも普段から巨乳をこれでもかと強調してる女が、ちょっと裸見られたくらいで恥ずかしがるって面白いな、と。
とにかくイチャイチャ場面が邪魔だなあと思った。

スマホ片手に早送り、要所要所でちょっと巻き戻して観直す程度。
途中で切るつもりだったけど、ここにレビューする為に意地で観た。自分的にファンタジーモノって当たりハズレ大きいイメージ。これは間違いなくハズレ。自分が中学生くらいなら喜んで観てただろうか・・いやそれでもつまんないって言ってそう。

あ、それとOPがユルすぎて全く合わなかった。スローテンポ過ぎてEDかと思ったくらい。

投稿 : 2022/01/26
閲覧 : 141
サンキュー:

1

ネタバレ

いるかん さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.3
物語 : 1.5 作画 : 2.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

きっと、最後まで見てしまった自分が悪い

(原作小説を読んで大幅に修正)

絵や動画のクオリティだけなら、全般的に高い方とすら思います。
でも、なんかものすごく引っかかり、作品全体の評価を下げざるを得ない印象になりました。

理由は、原作小説を読んでわかりました。
オミットされ過ぎていて、アニメだけでは物語の展開が唐突となり、薄っぺらいことです。
・舞台
→世界情勢、歴史
→ゾルタンの気候、地理
→スキル(ダナンより早く走れる主人公、など)
・キャラクター
→主人公とゾルタンの民との広がり
→麻薬騒動全般(主に中毒症状への推移)
→ビュウイをはじめとする悪役キャラ

加えて「主人公がぼやけるので感情移入が薄い」。
レッドが主人公のはずなんですが、ストーリーも絵面もリット一押しが強すぎて、タイトルとの乖離を加速させました。
ついでに言うと、このクールでヤランドララを無理やりねじ込まなくてもよかった気すらしています。

これらを総合すると、アニメでは「言いたいものだけ詰め込んで必要な説明が足りてない」ように感じます。
それに気づくとオープニングもそうですよね。
戦闘シーンがとても似合わない曲で、リット、ルーティーを描きたい感。
曲自体に罪はないんですが。。。


次に、「作画もうちょっとなんとかしないと」ですね。
最も説明しやすいのが9話。

・飛空艇で暗殺者の問いかけに、ルーティがゾルタンに行く理由を話し始めるシーン
 真正面すぎて、ほとんど奥行きが感じられず、手抜き感が気になるアングル。
 作画が荒いわけではないですが、手を抜きたきゃ他のシーンを使いまわした方がまだましじゃないかなと、見ていてすごく引っかかる場面でした。

・雪が降り始める公園で、レッドとリットが暖めあうシーン
 寒いという設定なのに、二人とも季節感無視の軽装。
 露出の多いリットと、袖をまくっているレッドを見て、「あ、この作品はダメだ。」と評価の匙を投げ始めたのをハッキリ覚えています。
 もう少し暖かい服着せた絵を描いてからにしないと、ハーフマント(と呼ぶのかは知りませんが)を分け合う前に、早くお家に帰ってほしいレベルの違和感でした。

・石橋の上を通せんぼをしてルーティに吹っ飛ばされた騎士が、レッドと出会う木の橋
 「同じ川の別の場所」にしたかったのはわかりますが、木の橋だけが驚くほど淡白な絵のせいで浮いており、石橋との差を見返してしまいまました。
 だったら同じ石橋のままでも、時間が違うし全く問題なかったのになと。


最後に、原作からアニメまで一貫して気になるところも書いておきます。

・タイトルの「真の仲間じゃない」。賢者でこの語彙や理由って。
・主人公の付属物として周囲によく知られている「銅の剣」。
 青銅などの合金でもないので重いだけで硬度が低く、全力で降る度に鍛冶屋のお世話が必要です。
 正直、これが武器として許されるのはドラクエだけです。

ファンの方には申し訳ないですが、原作は「無料なら読める」レベルです。けど、このアニメは無料でももういいです。。。

投稿 : 2022/01/26
閲覧 : 121
サンキュー:

2

ネタバレ

たくすけ さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.4
物語 : 1.5 作画 : 2.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 1.5 状態:今観てる

色々と中途半端

スローライフだったのは最初の数話のみ。
てかさスローライフ=薬屋という決まりでもあるのか?笑
チート薬師という虚無アニメの後だったから良くも悪くも期待値下がったが(笑)
4話のサウナ作るまでの話は特に面白くない。
2話の回想が長くてそこで切ろうと思ったくらいだw
チート薬師と大して変わらんがこっちはまだ大人向けな感じしただけ少しだけマシ。

中盤からは揉め事に巻き込まれていきスローライフとは何だったのかと思ってしまうバトル路線。
こちらも特に面白くない。
賢者のメンヘラ?ぶりが印象に残った。


全体的に薄くて中途半端という印象。
全話スローライフでほのぼのエピソードでも入れてくるのかと思ってた(チート薬師みたいなのは勘弁だが)
スローライフもバトルも特に良い所は無い。

レッドとリット(名前紛らわしいんだよw)の描写が中途半端。
最初はリットが一方的にアプローチしてたのに、「あれ?いつの間にか恋人同士になったの?」ってなったのその過程を楽しめなくて中途半端。
毎話イチャイチャイチャイチャするのだがただイチャイチャしてるだけで面白味が無い。
最終話はセッ〇スしたと思われるのだがそれも胸触ったくらいでこれまた中途半端。
その程度しかやらないのならベッドシーン要らなくない?

レッドとリットに全く惹かれなかった。
レッドは他のアニメでも見たようなビジュアル。
なろう系の主人公こんなのばっかw
リットは何で王女様という設定にしたのか。
王女が押しかけ女房していいのか?

レッド達以外にも勇者(レッドの妹)パーティーのパートも少し入ってくるのだが、この勇者ちゃんが1番好き。
リットより可愛いし(笑)
勇者メインで感情を取り戻すストーリーでもやった方が面白そう。


無駄に長いタイトルで嫌な予感したし、1話で賢者が何かと真の仲間って言っててやっぱりヤバそうだなと。
(チート魔術師でも主人公がチートチートうるさくてそれに似たものを感じたw)
スローライフアニメかと思いきや後半はバトルものになってて何をメインにしたかったんだろう…と思った。
タイトル詐欺なのでは…
つまらない部類だったが、途中で切ったチート薬師よりはマシだったし、上には上がいるもので某進化のなんちゃらというとんでもない駄作が同時期にやってたので最低評価は免れた。

声優だけは良かったよと最後に褒めておく(笑)

投稿 : 2022/01/23
閲覧 : 98
サンキュー:

2

まぁく さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

アンバランスな作品

原作は未読ですが、放送終了後に流れだけは確認しました

物語:
全体的に中途半端です
原作は色々重いテーマもあるようですが、1クールのアニメとしてプロットが落としきれていません
細部の端折り方も結構ヒドそうで、アニメ内の説明や描写だけでは説明がつかない場面が多かったです
(特に加護等の世界のルールに関してはいい加減な設定だなぁと感じざるを得ませんでした)
キャラクターの行動原理も場当たり的で、作画のマズさもあり終始「???」でした

作画:
平時はそれほど悪くないですが、バトルシーンは枚数も少なく全く迫力がありません
またモブキャラや群衆等はかなり酷く、美術の悪さも相まってとてもガッカリさせられました
割とサクっと人体切られたりと残虐な場面も多々あるのですが、表現が稚拙なので反応に困りました

声優:
作画に比して声優さんの頑張りはかなり作品を盛り上げていたと感じます

音楽:
別段悪くはなかったと思います
静かな感じのOP曲はスローライフ感もあり良かったかと思います

キャラ:
ヒロインのリットは間違いなく可愛いです!
この作品のアニメ化に価値があったとすれば、唯一この点だけでしょう
ルーティーに関しては、アニメの範囲内で言えばキャラの良い部分は見えて来ないまま終わった印象です
ティセとうげうげさんが良いと言われますが、釘宮パワーに助けられた部分は多いです

総評:
原作の約半分を消化してしまったアニメ版ですが、その良さを表現できたとは言えないという感想です
では1クール作品としてアニメ独自のテーマ性が打ち出せたかというとそんな事も無く、リットちゃんの可愛さ以外何も心に残らず終わったという印書でした

投稿 : 2022/01/23
閲覧 : 93
サンキュー:

2

ninin さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

スピーディライフ

原作未読 全13話

お話はタイトルに近いのですが、少し違うのが「スローライフすることになったはずが、結構スピーディな毎日を送っています。」ではないでしょうかw

なぜ追い出されたのか、勇者との関係、スローライフの内容は詳しく語られていました。

また、主人公を追って1人の女の子が訪ねて来ます。2人の関係は初々しいですねw

1話1話の事に少しずつ不協和音を入れており、後半から全貌が見えてきます。

最終話終わって、ここからスローライフの始まりような感じがしました。

OPはゆいにしおさん、EDはJYOCHOさんが歌っています。OPを聞いているとまったりできますね^^

最後に、何故スローライフというと「薬屋」になるのでしょうかw

投稿 : 2022/01/21
閲覧 : 301
サンキュー:

20

ネタバレ

Takaさん さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.5
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

タイトル長い・追放スローライフもの

勇者の兄に嫉妬した賢者が、勇者の兄をパーティーから追放して、
そのパーティーは崩壊した!

勇者の兄(主人公)は、辺境地で、過去に助けた国の王女と楽しく
暮らしてたら、追い出されたパーティーのゴタゴタに巻き込まれました!
というのが大まかな内容かな。

まぁ、無能賢者が、暴走し、自爆した感じだけど。

投稿 : 2022/01/20
閲覧 : 102
サンキュー:

1

でえ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 2.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

辺境定住型ハイファンタジー

大好きな作品で、書籍・WEB・コミック共に読んでます。
序盤のスローライフ感や、美味しそうなご飯の作画、可愛いヒロインが動くというところは非常に良かった。
声優の演技もキャラとマッチしており、特に最近のイメージと違う演技をしている声優さんも多いので、見ていて新鮮さを味わえると思います。

【総評】
アニメ化あるあるでテンポが良すぎたというところが非常に残念。
とにかく惜しいと思える部分が多い、名作になりそこねたアニメという印象。

本作のファンであることを差し引くと、ここ数年よく見かけるファンタジーもの(転生も含む)の中では真ん中よりちょっと上くらいの面白さです。


視聴ついでに無料で見られる「なろう版(WEB版)」で、アニメの足りないところを補足できます。というか一読されるのがオススメです。

投稿 : 2022/01/20
閲覧 : 63
サンキュー:

3

次の30件を表示

真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしましたのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしましたのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしましたのストーリー・あらすじ

「君は真の仲間ではない──」最前線での戦いについていけなくなってしまった英雄・レッドは、仲間の賢者に戦⼒外を⾔い渡され勇者のパーティーから追い出されてしまう。「──はぁ、あんときは⾟かったなぁ」レッドが抜けた事で賢者達が⼤パニックになってるとは露知らず、当の本⼈は辺境の地で薬草屋を開業しようとワクワクした気分で過ごしていたのだが・・・・・・「私もこのお店で働いていいかな︖住み込みで︕」突如かつての仲間であるお姫様が⾃宅まで訪ねてきて!?"のんびり楽しい薬屋経営"、"お転婆姫とのイチャイチャ⽣活"、報われなかった英雄による素晴らしき第2の⼈⽣がはじまる︕(TVアニメ動画『真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2021年秋アニメ
制作会社
ウルフズベイン / スタジオフラッド
公式サイト
shinnonakama.com/

声優・キャラクター

鈴木崚汰、高尾奏音、大空直美、雨宮天、八代拓

スタッフ

原作︓ざっぽん(株式会社KADOKAWA ⾓川スニーカー⽂庫刊)、原作イラスト:やすも
監督:星野真、シリーズ構成:清水恵、キャラクターデザイン:渡辺るりこ

このアニメの類似作品

この頃(2021年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ