天使の3P!(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「天使の3P!」

よみがな:てんしのすりーぴーす

放送時期:2017年夏アニメ(2017年7月~2017年9月)

★★★★☆ 3.5
物語:3.2 作画:3.5 声優:3.5 音楽:3.6 キャラ:3.5
総合得点 61.1
感想・評価 277
棚に入れた人 1028
ランキング 3048
過去のトラウマから不登校気味の高校生・貫井響(ぬくい きょう)は、密かに歌唱ソフトで曲を制作するのが趣味だった。そんな彼にメールしてきたのは、小学5年生になったばかりの少女たち――泣き虫っ子な五島潤(通称:潤たん)、強気そうな紅葉谷希美(通称:ぞみ)、少し眠そうで常にマイペースな金城そら(通称:くー)の3人だった。

 子どものころから姉妹のように一緒に育ったという3人には、響と共通する悩みがあるようで……。(TVアニメ動画『天使の3P!』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 277

ネタバレ
2018.01.06 18:28 wdecO59649の評価 | 観終わった| 22が閲覧 ★★★☆☆ 3.9 評価対象: 天使の3P!(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 4.5  音楽 : 4.5  キャラ : 4.5

全体ストーリーの後半はちょっと…

 前半はとにかく主の3人のバンドを組みライブがしたい、1回目のライブ成功は良かったと思う。

 ただ、ストーリー後半の島での小梅と柚葉の二人だよ…。島であれだけのことをしておいて、勝手に本島に来て、勝手にバンド組んでと。

 結局何がしたかったのだろうか…

 正直前半のまま後半まで進んだら、良い気持ちで見てただろう

 サンキュー(0)
2018.01.05 16:05 保見川の評価 | 観終わった| 42が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: 天使の3P!(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

ロリコン的にはゴールドディスク賞モノのアニメかも知れないが…!

~
女子小学生たちによる3P(スリーピース)バンドを通して、
ロリ萌えとロック燃えの両方を堪能させてくれるハッピーセット的な作品。
(冴えない主人公(男)が、幼女たちを通して成長する物語も含まれているけど、
この作品を視聴する層にとってはどうでもいい要素だと思うので割愛)

70~80年代を彷彿させるギターリフから始まった本作には、ロックに対する拘りを感じていた。
とくに音楽の機材に対する知識や、主人公の部屋に飾られたジミヘンやZEPっぽいポスターなどが目を引いた。
これらから察するに、作者は根っからのロックオタクだと思うが、それゆえに少女たちの曲にもかなりの期待をしていた。
もしここでモーターヘッドのような激しい音楽、はたまたイングヴェイみたいなテクニカルなリフが炸裂したら
自分は無条件で最終話まで付いていく自信があったと思う。
しかし、実際はロックバンドに毛が生えた程度の音楽で、ほぼアニソンみたいな曲調だったので少し残念だった。

日本における最近の3Pバンドと言えば、フレデリックのような底抜けに明るいロックバンドが多い印象。
厳密に言えば3Pじゃないけど、ゲスの極み乙女とかKANA-BOONとかも同系統だと思う。
で、この作品で流れる音楽といえば、そんな3Pバンドとは全然違う感じで、どっちかと言うとアニソンに近い。
まぁアニメだからアニソンっぽく仕立てるのは全然間違いではないと思うけど、
わざわざタイトルに「3P」と付けるくらいなら、もう少し3Pバンドっぽい音楽にしても良かったのではないのかなと思う。

まぁこれらはあくまでも個人的な期待から生じた感想なので、大衆的にレビューをするならば、
ロリ少女たちがバンド風味のアニソンを歌っているだけで視聴者は満足していると思うし、
幼女たちのクールジャパンなセクシャル描写も沢山用意されていることもあって、
ロリコンたちにも十分に納得できる態変すばらしい作品になっていると思う。


物語:★★☆☆☆ (メインのストーリーは序盤で終わっちゃった感じ。中盤からの島編…いる?)
作画:★★★☆☆ (幼女がやたら色っぽい)
声優:★★☆☆☆ (普通)
音楽:★★★☆☆ (もう少しロックを前面に出してほしかったかな)
人物:★★★☆☆ (幼女たちの誘惑に負けず、常識を保とうと努力する主人公には好感が持てた)

個人的評価:★★★☆☆ (3.0点)

 サンキュー(6)
2017.12.29 02:05 老倉育の評価 | 観終わった| 32が閲覧 ★★★☆☆ 3.9 評価対象: 天使の3P!(TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

とにかく可愛い

 音楽を作るのが趣味の引きこもり男子高校生、貫井響と姉妹のように一緒に育った小学5年生の女の子3人組の音楽の物語。

このアニメはロリ要素満載です。小学生の女の子がたくさん(そんなにいないけど)でてきます。とにかく可愛すぎます!そんな彼女達が楽器で素敵なメロディを奏でながら歌を歌っているのはどきどきしましたし(笑)癒されました(*´-`)そしてサービスシーンがちょいちょいあります。彼女達はわざとではありませんw

 作画は良かったです。特に演奏シーン。私は録画していたので秋アニメのD○○○○○○ C○○○○(ファンの方いたらごめんなさい)と同じ時期に観たのですが、だからこそ尚更良く見えました。

【可愛かった】←大事なことなので繰り返し言いました。

 サンキュー(10)
ネタバレ
2017.12.26 19:49 徳寿丸の評価 | 観終わった| 24が閲覧 ★★☆☆☆ 2.8 評価対象: 天使の3P!(TVアニメ動画) 物語 : 1.5  作画 : 3.5  声優 : 3.5  音楽 : 3.0  キャラ : 2.5

・・・頭がぁ・・・

原作未読。
{netabare}えーーーっと、まだ整理がつかない状態でレヴューする事をお許し下さい。しかし、もうねこの作品について考えたくないんです。全く消化できないんです。一体何が主題なのかわからないんです。うまく言えませんが音楽を通じて優しい世界があるんだよって事????
またバンドとかライブ系かぁ→小学生だと?→あらあっさりライブイベ成功してるな?→このひきこもり高校生が主人公じゃないの?→えっ?じゃ誰よ?→3人娘なの?→で何なの?わかんない・・・。
多分今までならワンギリもあったと思うんですが・・・いや待て、この手はそういうんじゃないんだ。自分が観てはいけないものだったんだ←とりあえずこれで落ち着く事にします。{/netabare}
レビューになってないな。これ他の人達の評価が高かったらもう、ほんと2017夏は自分が麻痺してしまっているという事でしょう。お気に入りでも見てリハビリします(笑)。


私のツボ:伊藤かな恵さんがいなかったら・・・


追記:{netabare}↑視聴直後は混乱してますね。翌日、いくつかレビューを拝見したところ「ロウきゅーぶ」の作者だったのですね(確かアニメ即切りしたかな?)。成程、自分は見方が間違っていたようです。そっかぁ・・・引きこもり少年や伊藤さんの女子高生がメインの話と自らミスリードしてしまったようです。そりゃ最後まで観てもわからんわな。少し無理して視聴しようとしすぎかな。しかし、あの島の子花澤さんだったの?うーん、何からしくなかったかな。{/netabare}

 サンキュー(3)
ネタバレ
2017.12.15 19:18 ダレイオスの評価 | 観終わった| 35が閲覧 ★★★☆☆ 3.3 評価対象: 天使の3P!(TVアニメ動画) 物語 : 2.5  作画 : 3.5  声優 : 3.5  音楽 : 3.5  キャラ : 3.5

バンドアニメだと思った?残念!ハーレム萌えアニメでした。

設定は高校生で学校に一度も行ったことがない引きこもりの男の子が
ギターを演奏した動画をネットに投稿している所から始まる
そしてある日、それがある人の目にとまり
実際に会ってみたいということになり会うことになると
小学生高学年の女の子が3人いたという開始
しかし、会ってみたいというメールの文章を分析した主人公は
大人にみえたということから、何か引っかかる開始でした。

女の子達は施設で暮らしていて
バンドのコーチをして欲しいと主人公に依頼するもので
要するに引きこもりの高校生男子が、小学生高学年の女の子のバンドのコーチを
するというストーリー、女の子達は最初からそれなりに演奏は上手いという
もので、引きこもりの高校生がそこそこ上手い子のコーチをするという
フィクションじゃなきゃありえない開始かな

出てくるキャラが小学生ながら、あざとい萌えシーンは多い
明らかに狙っているあざといセリフ、女の子の主人公に対しての接し方など
萌えアニメなんだな・・・思ってしまう。
女の子の体の部分の見せ方はカメラのアングルから
セクシーに見えるように演出しているのでエロもあるよの
サービスシーンは「えっ?」小学生キャラだよな・・・
エロの対象にしていいのかな?と驚きました。
それ以外にも水着シーンやお風呂シーンなど
ダイレクトなシーンも多く、それを楽しむ作りになってました。
アニメのエロの対象になるキャラは殆ど中学生以上のキャラ
だと思うので挑戦的なアニメだなと思う。

ストーリーは特に引きこもりをテーマにしている感じはしなくて
主人公は高校には行ってないだけで、それ以外はまとも
別に人と話すのが苦手とはなくて
普通の人だったと思います。
まあ引きこもってても普通な人はいるのでおかしくはないですが・・・
学校にもいつの間にか行っている感じでした。
キャラの関係性は理解力がありお兄ちゃん子な主人公の妹や
ろくに話をしたことがないが中学時代から気にかけてくれる
優しい女の子がいたり
バントのメンバーの小学生の女の子達にも最初からモテモテだし
イージーモードですね。
モテモテ状態は女の子は可愛いので楽しめたといえば楽しめたけど・・・
バンドの描写は最初から上手いし技術的に問題があるわけでもないので
順調に進んでいた感じでした。
バンド描写については申し分ない程度ですね。
バンドアニメと期待すると多分肩すかしを食らうかと
エロイベントやサービスシーンをやっている印象が強かったな
ストーリー展開は強行に泣かせにくることあったりで
強引な気がしました。
他にやってることはバンドアニメなのに離島の青ヶ島らしき場所(アニメ内の表記は違いますが)
に行ったり行き当たりバッタリなシナリオな気がします。
そして島の決まりのせいで可哀想な女の子が出てきたけど
その前に日本の国の法律は守ろうよとか、島の決まり>日本の法律
という非現実な話でしたね。
細かいことを気にしなければ、ハートフルな話にはなってたし
女の子のために色々頑張る主人公は悪くなく感動は出来るんだろうけど・・・
それでハーレム要員ゲットでその後の展開はご都合主義でしたね。
最後だけまじめにバンドアニメしている雰囲気は出していましたが
時すでに遅しだし、まじめな話でもエロを狙った露骨なカメラアングルが
気になり集中出来ませんでしたね。

結局は主人公は引きこもりであるが最初からほぼ全員の女の子にモテモテだし
ハーレム萌えアニメだったとしか言えないな
ストーリーもそれを達成するためにあるようなもので強引な気がしました。
多分基本は可哀想な女の子を救う主人公とエロゲストーリーのテンプレだったかと
モテモテの状態を楽しめるのであればいけるだろうし
女の子達が途中からは主人公を取り合う的な展開になるので
それが楽しめるならいけるだろうけど
バントアニメや引きこもりがテーマだったと思ったので
その展開はガッカリかな

作画についてはサービスシーンはしっかりしていましたね。
萌えアニメとして見れるだけの質があり
こういうアニメが好きな人には満足出来る出来だったです。
キャラクターデザインも可愛い女の子らしくて良かったです。
ただ、サービスシーン以外は意外にギリギリな作画の質だったですね。
主人公の作画は男のキャラだからなのか毎回安定していなくて
気になりました。作画は全体的には良かったとは思いますが
頑張って欲しいなの部分もあった出来でした。

声優さんについてはだリヤン・ド・ファミユの3人の役の方は思ったよりは印象に残らず
声質が合っているのがいい程度で普通でしたね。
あんまり上手くない感じがいいかなと思えるものでした。
それ以外の女の子役の方の演技は
萌えアニメらしい可愛らしい演技が出来ていたのは良かったです。
主人公の妹役の方と巫女服を着てた子の役の方は特に印象に残り良かったかと
うーん、上手い人と普通な人色々いた感じでした。

まとめると引きこもりやバンドがテーマかと思ったけど
残念!ハーレム萌えアニメでしたの内容でした。
ハートフルな所があったりで感動出来なくはないが
ありえない展開やご都合主義や強行なストーリー展開も多く
内容はイマイチだったですね。
サービスシーンや女の子の可愛らしいシーンを見て楽しむ
萌えアニメとしてならいけるだろうけど
個人的にはどうしてもご都合主義や非現実的な展開が気になり
バンドアニメとしても楽しめなかったのは痛かった。
私自身は出てくるキャラはみんな可愛いし好きなんですけどね。

 サンキュー(10)

天使の3P!のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
天使の3P!のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。