当サイトはアリフィエイト広告を利用しています

「かぐや様は告らせたい-ファーストキッスは終わらない-(アニメ映画)」

総合得点
75.3
感想・評価
163
棚に入れた
546
ランキング
808
★★★★☆ 4.0 (163)
物語
3.9
作画
4.0
声優
4.1
音楽
3.8
キャラ
4.1

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

かぐや様は告らせたい-ファーストキッスは終わらない-の感想・評価はどうでしたか?

ninin さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

かぐや様4変化

原作未読 全4話

「かぐや様は告らせたい」のスペシャル作品です。1〜3期を事前に観ることをオススメします。

観る前に3期で綺麗に終わった感じがして、この作品は蛇足的な感じなのかなぁ〜と思っていましたが、全然違いましたねw

お話は3期の後のお話です。

かぐや様は普段の清楚なキャラ以外にも色々なキャラに変わりますが、今回は総出演でしたw

ただ後半はネガティヴなキャラで、白銀を困惑させてなかなか元のような仲になりません。

でも色々あって最後はハッピーエンドで終わっています。

OPは鈴木雅之さんと高城れにさん、EDは鈴木愛理さんが歌っています。

最後に、原作ではこの後も続いていくようですが、4期はあるのでしょうか〜

投稿 : 2024/05/05
閲覧 : 623
サンキュー:

17

ネタバレ

dossun さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

頭脳戦の結末にホッとできました。

24年4月28日視聴済み。

よかったところ
・恋愛頭脳戦の終結
・かぐや様の内面の苦悩が描かれている点
・会長の振り回されっぷり
・ロマンティックは普通でもいいところ

うーん
・石上君の結末とは。。。

かぐや様は告らせたいの劇場版作品でした。
{netabare} 見どころとしては、なんといっても、かぐや様、白金会長の恋の結末はどうなるのかというところだと思います。1-3期にかけて、少しずつお互いの感情を見せつつも、最後まで煮え切らないお互いの関係がどうなるのか、気になる部分だと思いました。
今回は、3期最後のキッスの展開から困惑する白金会長、そして、ド淫乱のレッテルを張られかねない失敗をやらかしたかぐや様がレアなかぐやちゃんとして登場し、クリスマスをどう過ごすのか、そんな展開から進みますが、かぐや様の抱えていた不安が過去の英才教育から来ていたものであること、脳内の氷かぐや様、かぐやちゃん、デフォルトのかぐや様がどう会長にアプローチをしようとしていくのか苦悩するところも見どころです。
また、劇中急に切り替わる氷かぐや様のリアクションに一喜一憂する白金会長は、かぐや様の気持ちに寄り添おうと努力しつつ、それでも理解できない一面に悩み続ける姿は非常に努力家であり、まじめな人柄を見せてくれます。
おすすめの場面は、藤原家でのクリスマスパーティー後、かぐや様、白金会長が公園でお互いの感情をぶつけ合う場面です。
かぐや様は自分の感情を素直に見せて、自分を理解してもらうとするにも関わらず、白金会長は好きな人だからこそ、自分の格好悪いところは見せられないし、恰好つけていたいと伝える点は男性、女性の価値観の違いを見せていますし、何より白金会長のプレゼントがけん玉というぶっ飛んだセンスを見せてくれるところは、笑いもありながらも、ここまでやっと気持ちをぶつけ合うことができたところにうれしく思うばかりでした。
是非二人のピュアな感情のぶつけ合いを見届け、幸せな最後の展開を見届けてほしいです。個人的に、石上君がどうなったのか、気になるところでした。{/netabare}

投稿 : 2024/04/28
閲覧 : 79
サンキュー:

1

ネタバレ

蒼い✨️ さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

恋が愛になる。

【概要】

アニメーション制作:A-1 Pictures
2022年12月17日に公開された、90分間の劇場版アニメ。
原作は、『週刊ヤングジャンプ』で連載されていた漫画作品。
著者は、赤坂アカ。

監督は、畠山守。

【あらすじ】

超名門・秀知院学園の生徒会の副会長である四宮かぐやと生徒会長の白銀御行。

学力・能力・生徒会活動の実績のどれをとっても誰もが認める学園のトップであるふたりは、
天才の知略を巡らせた恋愛頭脳戦の末に、文化祭“奉心祭”のキャンプファイヤーのときに、
時計台にて白銀のロマンティックな仕掛けでふたりの気持ちが盛り上がり、
ムードのままにかぐやから白銀への濃厚なキス。態度でお互いに気持ちは通じ合ったはずだが、
言葉にしての告白が無いままであり、ふたりが正しく恋人関係になるには、
キスの一件やお互いの気持ちについて、きちんと話し合う必要があった。
それが未解決のまま、恋人がともに過ごし仲が深まる一大イベントであるクリスマスが近づいていく。

白銀は、かぐやに釣合う男になるには努力しか無いとの虚勢で張り詰めていて、
かぐやは、日本随一の財力を持つ四宮家の人間としての生い立ちで心に傷を負っていていた。
かぐやと付き合うために常に完璧な自分を求める白銀と、
好きだからこそ、弱みを見せようとしない白銀に苛立つかぐや。
これは、このふたりの恋が精神的により成熟した先の関係に進むための物語である。

【感想】

かぐや様のこのパートで伝えたいことは何かというと、男女が真のパートナーになるには、
相手の良いところだけしか見ない上辺だけの付き合いではなくて、
良いところも弱いところも知ったうえで全部受け入れて一緒に生きていこうという話。
白銀とかぐやの気持ちが本物であるからこそ、譲れないところがあって悩んで衝突する姿は、
もし、男女がただのボーイフレンドとガールフレンドで終える刹那的な関係であるならば、
楽しいことだけを求めてそれ以外には見ないふりをしていれば良いのかもしれませんが、
今後何十年と付き合い続けていく本気の関係を望むと必ずいつかは直面することになる問題に、
生い立ちからくるふたりの価値観の違いを絡めて早々に表面化していったこと。

作品と全くは関係ない話ですが、交際を始めた男が自分のガチオタ趣味を隠したまま、
婚約を機に見られたくないグッズを処分して、数ヶ月でスピード結婚したら、
男にとっては針の筵のような新婚生活だったという話を読んでしまい、
お試しで同棲して相性を確かめるべきだったと嘆く声も現実にはありますし、
異性の気を引くアプローチの段階の恋愛と結婚生活などの継続した関係は別物であり、
我慢を強いられたり見栄を張り続けないと維持できない関係は壊れてしまうもの。
自意識の違いの問題や人間関係へ不安があるからこそ本音で話し合おうという、
男女の話にある普遍的なテーマで物語を進めるには、
ウルトラロマンティックで猛威をふるった縦横無尽な演出の数々もギャグにしか見えないことから、
デフォルメしたかぐやちゃんとか原作にあるコメディ要素も意味があって使うときには使いますが、
TPOに合わせたドラマ性重視の作画と演出が主になっていて、
コメディとシリアスの配分が前回と入れ替わっているのが今回の作品です。

結果的にはテンポが良くなってクオリティの高さも手伝って、
まっすぐにキャラクターの表情や声にのみ集中して見惚れる事ができたのが良く、
なによりも今までで一番美しい、“白銀に恋するかぐや様の表情”を観られたことで、
これまでのシリーズで一番の満足の出来でした。やっぱりアニメを作るのに必要なものは、
魅せたいものに合わせて空気を読んで演出をするバランス感覚ですね。


これにて、感想を終わります。
読んで下さいまして、ありがとうございました。

投稿 : 2024/03/29
閲覧 : 65
サンキュー:

18

ネタバレ

シン☆ジ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

えっと。。そう来る?12月に観ると格別かも

恋愛抗争は終わったんじゃ?と思って観たら。。。

相変わらず、こじらせてますね~。まあ王道といえば王道か(笑)
色んなかぐやがかわいい。。
でもやっぱ一番は藤原書記かな(笑)


気持ちがわからない。伝え方が分からない。。

だからこそ、この世は難しく。。そして面白い。

こんな気分を体験できるのは有難いことです。

疑似的であれ、現実であれ、どうでもいいことです。

~{netabare}
ただ、最後のナレーションはちょっと現実的過ぎかなw
{/netabare}~

投稿 : 2023/12/24
閲覧 : 61
サンキュー:

16

ネタバレ

タイラーオースティン さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

序盤のデフォルメされたかぐやが見どころ

1〜3期の後の時間軸の作品ゆえ後日談的な内容でしたが、最初のデフォルメされたかぐやと会長のやりとりとかは可愛らしくて癒されましたね。掴みとしては良かったですが、そこからかぐやがシリアスな感じになって会長はもちろん、相談相手の柏木さん以外はほぼ全方位に対してツンツンしていて、藤原書記やミコの反応がなかなか面白かったですな。

もっとも、そんなかぐやと会長の頭脳バトル的なやりとりは見応えこそあるものの、盛り上がりには欠けていた印象で、やはり今までのテレビシリーズと比べると物足りなさを感じたかなと。

留学後の話があると仮定して、その繋ぎ的な作品といった印象でした。

投稿 : 2023/10/16
閲覧 : 73
サンキュー:

10

-Cha sMIN- さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

大好きな作品がひとつおわってしまった

終わり方はよいのですが
前半が 抵抗ありです…

ちょっと残念

もう少し
ソフトにして欲しかったかな

大好きな作品だけに

投稿 : 2023/09/04
閲覧 : 70
サンキュー:

1

ネタバレ

STONE さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ウルトラロマンティックに対する否定?

 原作は未読。
 ストーリーは3期「かぐや様は告らせたい-ウルトラロマンティック-」(以後はウルトラ
ロマンティックと表記)の続きで、奉心祭のキャンプファイヤーでの白銀 御行と四宮 かぐやの
キスがファーストキスとしてはやりすぎだったというコメディ的展開から始まるが、本質的には
奉心祭での白銀の演出の肯否を問うようなシリアスなもので、あれほどきれいに終わった
ウルトラロマンティックを否定してしまうのには驚いた。
 本作のクライマックスであるクリスマスイブがウルトラロマンティックとは正反対の地味な
ものであったのも、それを象徴しているよう。

 ウルトラロマンティックでの白銀の行動は彼にしてはかなり大胆な行為に思えたが、結局の
ところ素の自分を見せたくないための裏返し的行為であり、更に奉心祭という非日常だから
できた行動のようで、平穏な日常に戻った本作ではまた奥手の白金に戻ってしまった。
 白銀と四宮の双方の言い分はいずれも分からぬでもないが、二人が過ごす日々の大半が日常で
あることを考えると、四宮の意見の方が「妥当性のあるものかな」という印象。

 白銀と四宮の関係性に焦点を絞った内容であるため、これまでよりコメディ色は弱めで、他の
キャラもやや印象が薄い。
 そういう点で、これまでの作品に比べるとやや異色感があった。

2023/07/17

投稿 : 2023/07/17
閲覧 : 77
サンキュー:

3

うにゃ@ さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

世界で最初にそれをつかむことができるのである

文化祭直後からクリスマスまでの話の劇場版。テレビでは分割4でにかぐや中心でしっかり纏まっていて、特に氷かぐやは良かった。
始まった当初から白金と四宮は既に生徒会長と副会長だったし、頭脳戦は始まっていたので、そこに至る前のエピソードが出てくるのは嬉しく、石上以下クリパの話が抜けてるのでどうするのだろうと思いつつ、さくさくかぐや中心で話が進んでいくのは非常に良かった。
脳内のかぐや会議も楽しくみれた。

100点中88点

投稿 : 2023/07/12
閲覧 : 76
サンキュー:

3

ネタバレ

tinzei さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

元々あっためんどくささがコメディ的からシリアス的になっただけ

キスした文化祭からクリスマスまで、正式に付き合うまでの話。
一番の見どころはかぐやちゃんだけど、それ以外は割と真面目…と言っても普段の『かぐや様』に比べると少しシリアスなだけで、元々あった恋愛作品特有の「めんどくささ」がコメディ的からシリアス的になったにすぎない。


色々省かれた話もあるっぽいから、そういうとこはOVAかなんかで補填するのかな?それとも4期?
まあどちらにせよ原作は終わってるから完結するまで作るだろうし、楽しみに待っとく。

投稿 : 2023/06/26
閲覧 : 49
サンキュー:

1

Ka-ZZ(★) さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ロマンティックは、ちょっと寂しい

この作品の原作は未読ですが、TVアニメ第1期~第3期までは視聴済です。
原作は赤坂アカ先生…
赤坂アカ先生と言えば、現在大絶賛で放送中なのが「【推しの子】」ですよね。
この物語の面白さも相当ヤバいですが、YOASOBIさんの楽曲「アイドル」の勢いが止まりません。
何せ本楽曲はオリコン、Billboard JAPANの両チャートにおいて、史上最も早くストリーミング1億回再生を突破した楽曲となったそうなので(wikiより)。
まぁ、【推しの子】の話はそちらのレビューの時に改めたいと思います。

そう言えば、このかぐや様と【推しの子】って、接点があるそうなんです。
私は原作未読なのでその接点が良く分かりませんが、かぐや様で接点の分かる部分をアニメ化してくれると嬉しいです。
まさか、これで終わらないでしょうから…


特別で普通な二人のクリスマス。
凍り付いた心は、
雪の降らない東京に空に溶けていく。
ただいま、ラブコメディ――

秀知院学園の生徒会で出会った
副会長・四宮かぐやと生徒会長・白銀御行。
2人の天才は長きにわたる恋愛頭脳戦の末、
お互いの気持ちを伝え合い、“奉心祭”で初めてのキスをした。

しかし未だ明確な告白には至っておらず、
恋人同士になるかと思われた2人の関係性は曖昧なまま、
お互いをより強く意識して、クリスマスを迎えることに。

“完璧でありたい”白銀と、
“完璧じゃない”所こそを求めるかぐや。
これは天才たちによる、いたって“普通な”恋の物語。

ファーストキッスは終わらない。


公式HPのINTRODUCTIONを引用させて頂きました。

いやぁ、今回もメッチャ面白かったですね。
これまでは、ここちゃん演じる藤原千花や石上優が面白さのポテンシャルを引き出している傾向が強いと思っていましたが、流石メインヒロイン…かぐや様がちょっと本気を出すと、こんなにも面白かったんですね^^;

事の始まりは秀知院文化祭・奉心祭でのキャンプファイヤーの一幕。
白銀とかぐやはそれぞれ相手に対して一歩踏み出しました。

ただ、かぐやの踏み出した一歩があまりに大きくて…
それを知らずにチャレンジできる度量が凄いと言うか…
本当に白銀を好きじゃなきゃ出来ないことであることは間違いありません。
好きなら、もうそれで良いじゃない…シャンシャンと物語を締めくくることも出来たと思いますが、かぐら様のプライドがそれを許しませんでした。

所謂後日談というヤツなのですが、これがかぐらを相当にこじらせていましたね。
普段と態度の違うかぐらのあおりを受けて白銀もおかしくなってしまうし…
どちらもプライドだけは富士山並みに高いんですよね。
どっちもその前にただの高校生だと言うのに…

まぁ、分からなくもありませんよ。
本心を知られるのが怖い、とか、自分から認めてしまったら相手に有利な立場を与えてしまうんじゃないか、とか…
でもこれらは、全て付き合う前までの話。
次第にそんな気持ちは薄れていきますよ。
何故なら、そんなことより大事なことが沢山あるんですから。

そう考えると、キャラの設定が【推しの子】と真逆に思えてきました。
嘘が溢れかえっているのが【推しの子】なら、この作品には巧妙な心理戦はあるものの、基本全員嘘吐きではありません。
こういう設定を考え出せる赤坂アカ先生はやっぱり凄い!
気になる方は是非本編でご確認頂ければと思います。

オープニングテーマは、鈴木雅之さんとフィーチャリングボーカルは高城れにさんによる「Love is Show」
エンディングテーマは、鈴木愛理さんによる「heart notes」

ということで、全4話しか無かったので視聴はあっという間でした。
現時点で続編情報ありませんよね?
原作も完結しているようなので、ラストまでアニメ化されるのを期待いています。

投稿 : 2023/06/25
閲覧 : 133
サンキュー:

15

まあ君 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

まあ普通

第2期から一気に観ました.
まあ可もなく不可もなくという感じでしょうか.
最終盤に二人メインで展開していくのは必然だと思うのですが,どっか途中でピンクちゃんとピアノについての話を入れて欲しかったかなぁ.
あとこの手の話は,やっぱり一度ガツンと落とす「谷」の部分が重要なはずなのですが,この作品はその辺が終始かる~い感じで,従って「山」もやっぱりそれなりで終わってしまった感じがします.
クスクス笑えるシーンが結構あったのと,毎回のようにパロディが挟まってきて,楽しい作品ではありました.

投稿 : 2023/05/28
閲覧 : 77
サンキュー:

2

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

「かぐや様は告らせたい -ウルトラロマンティック-(第3期)」の続きで、奉心祭の後のおはなしみたい。。@1話目

公式情報は
{netabare}
公式のINTRODUCTION
{netabare}
秀知院学園の生徒会で出会った副会長・四宮かぐやと生徒会長・白銀御行。2人の天才は長きにわたる恋愛頭脳戦の末、お互いの気持ちを伝え合い、“奉心祭”で初めてのキスをした。
しかし未だ明確な告白には至っておらず、恋人同士になるかと思われた2人の関係性は曖昧なまま、お互いをより強く意識して、クリスマスを迎えることに。
“完璧でありたい”白銀と、“完璧じゃない”所こそを求めるかぐや。これは天才たちによる、いたって“普通な”恋の物語。
ファーストキッスは終わらない。
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:赤坂アカ
(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)
監督:畠山 守
シリーズ構成:中西やすひろ
キャラクターデザイン:八尋裕子
総作画監督:矢向宏志
プロップデザイン:木藤貴之
美術監督:若林里紗
美術設定:松本浩樹 平義樹弥
色彩設計:ホカリカナコ
色彩設計補佐:村上彩夏
CG監督:栗林裕紀
撮影監督:岡﨑正春
編集:松原理恵
音楽:羽岡 佳
音響監督:明田川 仁
制作:A-1 Pictures
製作:かぐや様は告らせたい製作委員会
配給:アニプレックス
{/netabare}
キャスト{netabare}
四宮かぐや:古賀 葵
白銀御行:古川 慎
藤原千花:小原好美
石上 優:鈴木崚汰
伊井野ミコ:富田美憂
早坂 愛:花守ゆみり
柏木 渚:麻倉もも
大仏こばち:日高里菜
田沼 翼:八代 拓
四条眞妃:市ノ瀬加那
子安つばめ:福原 遥
ナレーション:青山 穣
{/netabare}
{/netabare}

1話ずつの感想


01「白銀御行は語り合いたい」「伊井野ミコは語りたい」「四宮かぐやについて③」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
文化祭も終わり世間がクリスマスムードに染まる頃、白銀は時計塔でのキスを思い出し、かぐやの真意を必死に探っていた。一方かぐやもその事を楽し気に早坂に語っていた。しかし翌日、生徒会室に現れたのは、なぜか小さくなったかぐやであった。みんなから心配される中、かぐやの脳内では自身の裁判が開廷する!!
{/netabare}
感想
{netabare}
12月20日のおはなしで、イチオ3話に分かれてるみたいだけど
どこまでがどのおはなしか分からないから、もし違ってたらごめんなさい^^


「白銀御行は語り合いたい」
会長がかぐやに奉心祭でのキスの真意を聞き出そうと待ってたら
入ってきたのはデフォルメキャラの“かぐやちゃん”で
ハッピー6割・現実逃避4割・睡眠不足ってゆう条件を満たしたときに現れる
「レアかぐや」(千花談)なんだって^^

実は、家に帰ったかぐやが早坂に、大人キスのことを話したら
それは〇ックスと同じだって言われて渚に確認したら、本当にそうで
会長から“Do jn run No Say york Margin”だと思われてるかも?って
早坂に言われたからみたい。。

千花と石上クンが、おやつの買い出しに出たスキに
そんな“かぐやちゃん”と話をしようと
会長もIQをぐっと下げて“みゆきちゃん”キャラになってみたけど
結局、中身のない話しかできなかった、ってゆうおはなし^^;


千花じゃないけど“かぐやちゃん”がかわいかった^^

早坂と話が合わないのは早坂がお子ちゃまだから、って考えてるかぐやが
何も言ってないのに、的確なツッコミを入れる早坂がおかしかったw

デフォルメを、リアルバージョンにした時のギャップもおかしかったw


アバンで石上クンが会長に「ミラジャン」は4ページまで〇ックスOK
とか言ってたのは、今回のおはなしの伏線だったみたいで
イカがワシい、とか、〇ックス、○ックス、連呼してておかしかったけど
家族では見ない方がよさそうw



「伊井野ミコは語りたい」
つばめが、体育祭・文化祭メンバーを集めたイブのクリパに
石上クンとミコを誘うおはなしで
Hなカン違いから抜け出せないミコの大ボケがおかしかった^^

それと同時に、千佳もクリパを企画してて
クリぼっち確定だと思ってた石上クンを誘ったら断られて大笑いw

でもミコが、2人ともつばめに誘われた話をしたら、千佳はがっかり。。

みんな、石上クンがつばめを好きなことを知ってて
そっちに行くって思ってたからで、石上クンにどっちに参加か聞かれたミコは
石上クンは自分のこと、うっとうしいって思ってるから。。って言いかけたら
石上クンから「思ってねーよ!」って言われて、笑顔になれてよかった◎

つばめは、石上クンからの告白をマジメに考えてるみたいだし
ミコは、石上クンから受け取って落とし物箱に入れたハートのキーリングを
「別にいらないけど」って言いながら気にしてて
彼のことイシキしてるのは確かみたい。。



「四宮かぐやについて③」
かぐやの脳内会議のおはなしで
①会長との関係性は「友達以上、恋人未満」
②海外留学は「会長と行く」まで決まったけど

③大人キスについては、氷のかぐやがキスは男性からされるのが好きで
ずっと待ってたのに、ほかの人格が勝手にキスしたせいで
思い通りにならなくってキレちゃって
アホかぐやを倒し、表に出て来ちゃったところでオシマイ。。



氷のかぐやはクールってゆうより、ワガママってゆう感じでコワイ。。
{/netabare}
{/netabare}
02「四宮かぐやについて④」「かぐや様は気づかれたい(氷)」「かぐや様は許したい(氷)」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
脳内裁判の結果、心が凍り付いてしまったかぐや。昨日とはがらりと様子が変わったかぐやを前に、白銀は動揺を隠せずにいた。現状を解決しようと白銀はかぐやに話しかけるも逃げ出され、突如学園内追いかけっこがスタート。ようやく追いついた白銀は、自身の思いをぶつける。
{/netabare}
感想
{netabare}
かぐやが急にツンツンしてきて、避けられてるかと思えばいっしょに帰るとか
近寄ろうとすると「来ないで!」って言ったり、去ろうとすると引きとめたり
会長は「わけがわからないよ」のキュゥべえ状態になって、眞妃に相談。。

その頃かぐやも、渚にホンネで相談して
ふつうの恋がしたいだけ、って打ち明けた。。

さいごは、自分とかぐやの恋の相談だって眞妃にバレ
大人キスをしたことを打ち明けたら逃げられて
木にもたれて眠ってた会長を見つけたかぐやが、しばらくひざ枕をしてあげ
上着をかけて去っていったあと、会長が目を覚ますシーンで終わり。。



氷かぐやは、好きな人には素直になれないだけで
渚には素直に話せてて良かった☆

同時に会長から相談を受けてた渚が
自分で「会長とかぐやのはなしだ」って気づいて
走り去ってくところがおかしかった^^


ただ、かぐやが何度も「手が冷たい」って言ってるのに
何とかしてあげたい!って思う前に
文句ばっかり言ってる、としか思わない会長って
ホントにかぐやが好きかうたがっちゃうレベルだった。。

そんな人でも嫌いになれない
かぐやの思いが伝わるおはなしだったのかも?
{/netabare}
{/netabare}
03「かぐや様はいただきたい(氷)」「私たちの仮面ペルソナ」「かぐや様は告りたい(氷)」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
昼休み、白銀のお弁当を目にしたかぐやは、今日こそ一口もらうべく遠回しなアピールをしていた。そのアピールに気づいた白銀だったが、とあるハプニングで二人の距離は急接近。しかしかぐやの大胆な行動に、白銀は気を失ってしまう。ベッドで眠る白銀を見つめるかぐやの頭の中では……。
{/netabare}
感想
{netabare}
12月23日のおはなしで
会長の作ってきたお弁当を一口食べたいって思ったかぐやが
お腹が空いた、って遠回しに言ったせいで
せっかく分けてあげようとした千花やミコを傷つけ、2人は逃げた。。

石上クンも2人の後を追い、誰もいなくなったところで
こんどは会長が、タコさんウィンナーを差し出すと、それがはずれ
かぐやのほっぺにケチャップがついた。。

かぐやは「きれいにして!」って迫りながら、会長の手を押さえ
顔を近づけてくと、会長がとつぜん倒れた。。


かぐやは心配してたけど、お医者さんの診断は恋の病で
関係ないけどお医者さんの、17歳で子供ができた話と
グイグイ来る助手の話がおかしかった^^


でも、そこから会長の自分語りがはじまって
お母さんが出てったのは自分が勉強ができなかったせいだ、って自分を責めて
一生懸命がんばってきたから、素の自分を出すのが苦手になったみたい。。

そして、虚勢を張った自分が、かぐやにふり向いてもらえたから
その仮面を外すと、嫌われるんじゃないかってこわいみたい。。



「かぐや様は告りたい(氷)」は、早坂が
かぐやには会長と話す練習って言って、会長のフリをして、
会長には相談に乗るフリをして、かぐやと会長の間に入り
ラインのやりとりで会長から聞き出した反応を元にしてかぐやと話した。。

かぐやは、キスして楽しくなるって思ってたら
素顔を見せてくれない会長にさびしさを感じて
それは自分もおんなじだってゆうことに気付いて
自分から告白してもいいって思うようになったみたい。。

そして、自分の全部を見せて、あなたの全部が好きって言いたいんだって。。

早坂は、かぐやのロマンチックが、心を隠さない関係性だ
って会長にメッセージを送ったけど
会長は「隠さない? それは持ってる奴のセリフだ」って言って
ダメな自分が人に勝つための努力をまた始めた。。

よく分からなかったけど、クリスマスで挽回しようとしてるみたい。。



前半はふつうだったけど
後半は説明セリフが多くって暗いし、微妙だった。。


結局会長は、今までのまま?
それとも、かぐやといっしょに変われるのかな?
{/netabare}
{/netabare}
04「かぐや様はこれでいい」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
クリスマスイヴ、友達や恋人、皆それぞれの時間を過ごしていた。藤原家のクリスマスパーティーに参加していた白銀とかぐやも、藤原家流のおもてなしをうけ楽しんでいた。楽しい時間はあっという間に過ぎ、帰り道。まだ本心をさらしきれずにいる二人は、公園のベンチで肩を並べる。
{/netabare}
感想
{netabare}
前半は、かぐやと白銀兄妹が藤原姉妹のクリパに参加するおはなしで
カドマツリーとかシシマトナカイ、千花がナマハゲサンタのコスしてたり
クリスマスと正月に、ハロウィンまで混ざった様な不思議な飾りつけw

そこで、プレゼント交換が行われたんだけど
会長が持ってきたのはふつうのハンカチで
他の人のもできるだけつまらないものであってくれって祈るほどだけど
手錠をもらって喜ぶのは違うと思うw

みんなが盛り上がってる中、抜け出したかぐやと会長は
個人的にプレゼント交換で、かぐやのを受け取ったあと
会長は自分からのプレゼントを取り出したけど
つまらないもので恥ずかしくて渡すのを拒否。。

会長のどんなものでも受け止めたいかぐやと引ったくり合いになって
逃げる会長と追うかぐや。。

公園で追いついて、自分の弱いところを見せたから
会長にも見せて!って迫るかぐやに会長は
「性格が悪いなんて知ってる。。」って。。

「初めて会った時、人を見下してひとりでいると思ってたかぐやが
実は、人を傷つけたくなくってひとりでいるって気が付いて
可愛い、って思った」んだって。。 

引ったくり合いで、中身がけん玉だって知っても
かぐやは笑うだけで幻滅しない。。

イルミネーションなんかなくっても、ふつうでいいってゆうかぐやが
「イブの夜に男女が2人。。こんな時、ふつうはどうするんですか?」
って聞いてきて

会長は「ふつうでいいんなら。。」って、ふつうにキス^^

ちょっとくちびるが触れ合っただけだったけど
文化祭の時と同じくらいドキドキしたかぐやは
「新しいあなたを知るたびに、はじめてのキスをするのでしょう。。」
ってモノローグ。。

それから手をつないで仲直り。。
いろんな思いを話し合ったあと、かぐやはデートの約束をした^^


デートでは、かぐやから告白。。

考えてみたら、タイトル回収がまだだったけど
「告らせたい」が「告りたい」になったみたい^^


そして「NEW GAME」がスタートするのかな?



なぜかつばめが、手相占いをしてた白銀父に
人はなぜコクるか聞くコントがおかしかったけど
後半は、思いのセリフがほとんどで、タイトル回収ができたのは良かったけど
おはなし的には、文化祭のキスの時より面白くはなかったかも。。
{/netabare}
{/netabare}


見おわって。。


文化祭で盛り上がったけど、タイトル回収がまだだったから
付け足した、ってゆう感じかな。。

いつもの、キャラのかけ合いコメディは面白かったけど
特に後半は、2人の思いを語るセリフが多すぎて
文化祭の時ほど盛り上がらなかったみたい。。

それに、正式にお付き合いすることになったけど
まだ留学までには間があるから、これから続きもありそうだし
ちょっと中途半端な感じがするおはなしだったかも。。







.

投稿 : 2023/05/07
閲覧 : 150
サンキュー:

36

hidehide さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

総じて面白いとは思うが…

『めんどくさ!!』
『マジ、めんどくせっ!!』

1000を越える子会社を傘下に従えた大富豪の令嬢。

努力の結果とは言え、超秀才でスタンフォード級の
頭脳の持ち主。

プライドの権化と負けず嫌いの塊の2人。

この2人の恋愛がココまで来てやっとキス…
そして、本作は、それをどうのこうの…と…

また?
そこから引っ張るの?
長くね?
この先、1テーマで1クールやる気?

総じて面白かったのですが、
今までの日常回が面白いのであって、
この2人の進展のしなさ、に関しては、
まどろっこし過ぎて

『めんどくさ!』の一言に尽きると思いますが…

富豪、秀才 が、告白できない…

知らんわ!

早坂の苦労が浮かびますね…

…その早坂 = 花守さん。
カラオケでの歌、超上手かったですね。

投稿 : 2023/05/06
閲覧 : 100
サンキュー:

2

llil さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

S…S..S〇X?!?!

いやぁ
変わらずの良作で

投稿 : 2023/05/06
閲覧 : 64
サンキュー:

2

ねこ太 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

今回はラブ要素強め

3期の最終話 直後からの続き
全部で4話

今まではラブコメのコメディーがそれなりにあったけど、
今回はラブがけっこう強めに出てたかも

話数が進むにつれてその傾向が強くなるけど、ラブコメなので
ありですね

原作を知らないのでこの後の続きが気になって仕方がない

投稿 : 2023/04/30
閲覧 : 70
サンキュー:

3

ネタバレ

RFC さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

真摯な言葉の力2

ここまで高評価な作品だけに、
そりゃ見るでしょってことで視聴開始。
いまだに原作未読です。

【作品概要】
 3期でとうとうKISSまでたどり着いた白銀とかぐや。
 ただ双方明確に「スキ」と言葉にしたわけではないため
 いろいろ後を引くことに。


【作品に対する感想】
 レビューのタイトルは3期の時と同じですが、
 かぐやの心からの言葉はやっぱり響くものがありました。 
 私的に大満足でした。

 たった4話でしたが、ギュッと濃縮された4話だったと思います。
 ここまでかぐやの物語を視聴してきた方であれば
 おすすめと言える作品と思います。

 ひと段落ついた印象ですがここでおしまい?
 最後の最後までお話は続くのかな?
 私としては続きがあればまだまだ楽しみたいですね。
 NewGameぜひお願いします。
 
1)物語
 3期綺麗に決まったと思ったら
 「アホ――――――――‼」
 で終わってたので、その事後処理からスタート。
 
 いきなりこの4話を見てもただのメンドクサイ人たちの
 話なんですけど、ここまでの紆余曲折があってこその
 4話だったのかなと思いますね。 
 
2)作画
 最後のキスの描写がとても綺麗でした。
 ほんの少しの緊張と甘さが乗っていたと思います。

3)声優
 古賀葵さん
  脳内裁判も含め
  もはやかぐやそのものになってる感があります。

4)音楽
 ED「HeartNotes」
 しっとりした曲がかぐやの素直な心の内を
 描いているようで、一発でお気に入りでした。 

5)キャラ 
 ➀四宮かぐや
  私の感覚ではムチャクチャ良妻では?
  並び立つにはムチャクチャ努力が必要ですけど。
  文化祭での占いの内容も当たってる気がします。

 ➁白銀御行
  無茶苦茶努力家で、遅咲きだけど結果は出すところが
  すごい奴です。
  頑固っちゃ頑固ですが、ああいう芯の強さもないと
  ダメだと思うんですよね。
  剛柔併せ持つって言いますか。

 ➂伊井野ミコ
  文化祭を経て石上に対する心持が少し変わったのは
  間違いなさそうですね。
  だんだん喧嘩するほど仲がいいって感じに
  変わってきているのは好印象です。
  
7)印象深いシーン
{netabare}
 ➀冒頭から連呼
  私もええ歳こいていちいち反応するのもどうかと
  思うんですけど、古賀葵さんと花守ゆみりさんで
  やってると思うと笑わざるを得ません。

  「40秒」で固まったかぐやが最高でした。

 ➁伊井野ミコ勘違い3タテ
  テンポが良すぎて噴きました。
  そっち系に疎そうですが、言葉は知ってるんですね。

 ➂キレた氷のかぐや姫
  ソート―理性で抑圧しているせいか、
  一度キレると歯止めが利かない感じが
  リアリティを感じました。
  そしてさらっと性癖を晒すあたりがこの作品らしい(笑

 ➃かぐや立体軌道
  連続した高速カットが印象的でした。

 ➄蠱惑かぐや
  香水、指ちゅぱ、ケチャップ等
  手段を択ばず誘惑する氷かぐやの必死さが
  逆にかわいく見えたり…。
  下着や肌色成分なしでああいうエロさを演出できるのは
  作画やキャストさんの力量ならではかなと。

 ➅聞き捨てならん一言
  藤原千花「私以外おかしい」
  お前もや―――――‼

 ⑦白銀・かぐやのペルソナについて
  私はかぐやの言い分の方が賛同できます。
  長短含めてスキになりたいって、とても真摯だと思います。
  ただ白銀の方も、かぐやの言い分に簡単になびかず
  自分の想いを伝えたことは好印象でした。
  そういや若いころこんな事でうだうだ悩んでたなーって
  懐かしくもなりました。
  
  確かに白銀からしたら
  何でもできて何でも持ってるかぐやに並び立つには
  「何か一つでも凌駕できるものがなければその資格なし」
  って思うのは共感できるんですよね。
  そして凌駕した勉学以外はとても見せられるものではない
  っていう怖れを抱いているんですね。
  3期の時にラップで早坂に自分を見せろと言っておいて、
  一番それを恐れているのは白銀だったと…。 
  
  背伸びって、要ると思います。
  あるがままだけだと、成長しませんしね。
  ただずっと背伸びしたままだと足もつっちゃいますよね。
  要はON/OFFが大事だと思います。
{/netabare}

7)気になるところ
{netabare}
 数カットまぎれてた石上と子安つばめは
 どういうこと?
{/netabare} 

投稿 : 2023/04/15
閲覧 : 91
サンキュー:

11

ネタバレ

ERRUE さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 2.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

かぐやの感情描写が面白い

恋愛モノ作品の中では高評価に位置していると感じますね。何より、キャラ一人一人にしっかり個性があって感情移入し易い。

かぐやの脳内の葛藤シーンは見ていて面白い。女子高生らしい悩みだったり、不器用さが自然な感じが出ている。最近は中身がぺらっぺらな「なろう系」で地雷を踏んでいるので、酷い作品を見過ぎた故に『この作品からは人間味のある感情表現』というものを沢山感じ取れた気がしました。

物語全体の感想としては『前回の最終回で終わったんじゃないのか?』感はありましたが、話をコンパクトに纏めてくれていたので良かったかなと。

人によっては『前作で終わりで良かったのでは?』と思われるかもしれない、グダグダ感が多少はありましたが「恋愛ってそんな簡単に結論は出ないものじゃない?」と思えば納得が行く展開でした。

今作が面白く視聴できたのは主要キャラの魅力に他なりませんが、モブキャラもいい仕事をしています。なろう系みたいに
『主人公だけがカッコよく、周りのモブは凡庸またはクズ』
という設定の作品は大嫌い。

それに比べて、藤原書記や石上の様にメインでは無いが物語の主軸で活躍するキャラの存在は大きいですね。特に藤原書記の天然ギャグは嫌みが無くて面白いので好きですね。

長々と書きましたが、視聴して良かったです。こういう恋愛モノなら楽しく視聴できるので次回作があれば期待して待ちたいです。

投稿 : 2023/04/14
閲覧 : 77
サンキュー:

3

誰か さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

氷のかぐや登場

文化祭のベロチューがファーストキスで、ベロチューのTPOを聞いたかぐやが壊れて、1年生以来の氷のかぐやが登場~~

実にマトモな恋愛ものに変わって、かぐやが新鮮でこれも良いですねぇ~~

投稿 : 2023/04/14
閲覧 : 61
サンキュー:

4

つきひちゃん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

クライマックスは既に越えている

2期の後のお話を4話

原作漫画を読んでいるので内容は知ってはいるのですが、
かぐや様自体は好きなのでしっかり視聴。

かぐや様ならではのクオリティは相変わらず高いのですが、
内容的にはクライマックス越えているよね?といった感じはしつつ…。

漫画の最後の結末まで知っているのであれば、少し見方は違うかも。頑張ってストーリーに仕掛けは作ってると思いますが、どこまでを「かぐや様は告らせたい」として見るかですね。

面白いかと言われれば、面白いですが

投稿 : 2023/04/13
閲覧 : 81
サンキュー:

2

りょん さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 2.5 音楽 : 2.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

物語としては申し分無し。

その一方、アニメに比べ音楽が残念だった。
特にOPのハモリの入れ方。Sus4からの3度の和音は定番中の定番だが、その3度へ解決する際に1度の音が無いため、物足りない。

投稿 : 2023/04/08
閲覧 : 123
サンキュー:

2

ネタバレ

Takaさん さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

KP~~~!!ま~た、大型新人!

TVSP全4話構成。

3期の後の話。
力を入れているアニメは面白いよね!!

4期早く来ないかなー

{netabare}
つばめ先輩のクリスマスパーティーは、省略され、
例のシーンが一瞬EDで映った程度なので、4期でこの辺り、
詳しくやって欲しい。

もしくは、「伊井野ミコは告らせたい」の連載を。
作者さんは原案しか暫くやらないらしいけど、作画別でも。
{/netabare}

投稿 : 2023/04/08
閲覧 : 72
サンキュー:

3

あ~にゃ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

感動しました!が‥

動画配信で見ました。

とても良いストーリーでした。
普通に感動しました。
‥が、なんか物足りない

普通っぽ過ぎると言うか、かぐや様は告らせたいらしく無いというか、キレイにまとめ過ぎ?
逆に考えればそれが意外な結末なのかもしれませんが、あまり印象に残らないかもしれない。

投稿 : 2023/04/06
閲覧 : 110
サンキュー:

3

ネタバレ

タック二階堂 さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

スーパーロマンティック。

詳細は1~3期でも観たらいいんじゃないかしら。

2022年末に劇場で先行公開され、テレビSPとして先日放送された全4話のエピソードです。制作は言うまでもなくA-1 Pictures。

点数にするとこうなるので、点数だけ見れば「お前、かぐや様のファンじゃん」と思われるかもしれないですね。もちろん、嫌いではないのですが、なんというか…

「かぐや様」シリーズは通して観れば面白いですし、全体的にまとまった話だと思うんですけど、取るに足らない話を壮大な演出、美麗な作画、ドラマチックな劇伴で盛り上げ、結局は茶番という印象なんですよね。

そういった意味では、全4話とコンパクトにまとめた本作は、非常に見やすくて冗長さもなく、飽きずに観ることができました。逆に言えば、ここまでの3クールも、12話も使わないで4~5話でまとめたら傑作だったんじゃないかと。

話としては、文化祭でのロマンティックなファーストキスから、クリスマスイブまでの数日を、会長とかぐや様の心の葛藤と、恋人になるまでの道程を描きましたよという感じ。

4話は非常に良かったですね。いや、出だしの1話でデフォルメかぐやちゃんを長々と引っ張ったので、これはどうなることやらと不安でしたが、最後をビシッと締めてくれたのでスッキリとした気持ちで観終えることができました。

うん、面白かったですよ。

投稿 : 2023/04/06
閲覧 : 107
サンキュー:

4

U-yan さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

F・Kは終わらない!けど完結???

原作未読です。これで完結なのかな?ついに終わってしまうのかな?
もうちょっと「早くどっちか告っちゃえよ!」とツッコんでいたかった・・・
好きなアニメの好きなキャラのハッピーエンドって本当は嬉しいはずなんだけど、このアニメだけはまだまだハッピーエンドになって欲しくない!
なぜなら、そこまでの過程がとても面白いから。もっと生徒会のみんなの
ドタバタな生活を覗いていたい!そう思わせてくれる作品って実は少ないかもしれない。全期通して素晴らしいラブコメだと思いました!

投稿 : 2023/04/06
閲覧 : 147
サンキュー:

7

ネタバレ

テナ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

かぐや様はKissさせたい

人気作品の劇場版作品

2022年でも話題になった「がくや様」の劇場版作品です。
劇場版は確か2022年でしたが田舎なので公開は今月からです。

さて、そんな劇場版なんですが……私の貸し切りでした。
私が1人で見に行ったら劇場内も1人でした……

さて、今回はアニメの白銀の告白の続き。
率直な感想として……まだ、ここまでウダウダしていたのですね…………告白してあのHARDなKISSが答えでいいのに…………

お互いに混乱状態……かぐやもかぐやちゃんになったりかぐや氷になったり……

しかし、劇場版を見終わって解るのは、回りくどいこの物語。
今思えば、かぐや様1話から告白の学園祭まで私達が見て来たのはかぐやと白銀2人の告らせたいと言う意地の張り合いだった気がする。

では、この劇場版では何を見せられたか……
2人の素の見せ合いっではないでしょうか?

2人は見栄を貼り続けて来た。
見栄を貼らないとお互いの隣に立てないと思い続けていたから……

背伸びをする事はダメでしょうか?
いいえ、きっと背伸びをする事は大切だと思うんです。
けど、背伸びするだけではダメな事も事実です。

白銀もかぐやも自分の素が嫌いだった。
白銀は素の自分を誰も求めてくれないし、かぐやは素の自分は性格が悪いから好かれない。

確かに背伸びをしてアピールしたい気持ちも解るし、素の自分なんて自己評価が低くなるのも気持ちが解る。
けど、それは仕方ないとも思う。
だって、それが自分だから。

これから長い付き合いになるなら、素の自分は見せるべきだと思うんです。
恋は実るまでが楽しいって作中に出てきたけど……うん!解る多分そうだと思う。

実ったら落ちていくだけかもしれない…………これも解る。
けど、長く付き合うなら……素は見せるべきだと思う。
それで幻滅されたりもするかもしれない。

これは私の考え方なんですが……

素って長く付き合うと必ず出てきます。
どうせ素を知られるなら、好きになって素を知って貰うより、素を知って好きになって欲しい。

素が情けなくて、背伸びして、転んで、みっともなくて、それでも好きになって貰えるように振り向いてもらう為に必至に立ち上がって、拙い言葉で必至にアピールするそんな自分を相手を好きになって、自分も好きになってもらいたいって思うんです。

だから、作中で、かぐや氷の様に他人を傷つける様に見える素も、白銀はかぐやが人を傷つかない様に人を遠ざけてる彼女に気づいて「可愛い奴」と見てくれていた。
全てを知った上で好きでいてくれた。
、かぐやも白銀のセンスのないクリスマスプレゼントで彼の欠点を知っても笑っていてくれた。


確かに素なんて見せたくないし見せたら幻滅されるかもしれない……でもさ、そうした素でも好きになって貰えるって信じたいし、自分の好きな人は好きでいてくれる人だって信じたい……
そして、自分の素は案外自分が思うほど悪いものじゃないのかも知れないなぁ〜と思いました。

さて、作品のネタに触れていこうかな……
「激レアかぐやちゃん」あれデフォルメは確かに可愛い……会長も会話する為にデフォルメ化するのは可愛い……けど、ミコちゃん目線でデフォルメが解除したら……ただただ頭が狂って目が死んだ人にしか見えないのが怖いww
藤原が「可愛いです」って話してましたが、あの状態はヤバいよww

白銀や石上が、かぐやちゃんの目線に合わせて会話するシーンがあるけど、デフォルメじゃないなら、女の子の足元で屈んでいる感じになってたのかな?
なんかデフォルメじゃないと絵がヤバいww

生徒会の皆は優しいですね。
会長のお弁当が食べたくて「お腹すきました」のセリフでお弁当を分けてくれる藤原とミコの優しさに仇で返すかぐや氷の言葉は可哀想過ぎるww
藤原に関しては少し悪意を感じましたねww

後、追いかけっこが楽しかったですね。
白銀のかぐや氷を追う時に逃げるかぐや氷の動きが人間業ではありませんww
それについては白銀はガン無視して追いかけるけど身体能力が違いすぎるww

かぐやが白銀を追うパターンもありますが……これ普通ww
白銀も何かしらやって欲しかったww

今回は白銀&かぐやのエピソードですが、同時に原作では、石上&ツバメ(ミコ)のエピソードもあった記憶があります。
そうしたシーンはチラチラと描かれてましたが映画だけみたら、多分???となるシーンが、ツバメ先輩の占いの場面かな?と思います。
これはまたの機械にしてくれるかな?

クリパと言えばツバメ先輩のクリパは、なんかオシャレな大人ぽいパーティーでしたが、藤原家のパーティーはネタ満載のパーティーでしたねw
私は藤原家パーティーの方が楽しそうに感じました。
1つプレゼントにしては欲しくない物が混じってますがww

藤原の「ごめんなさい、会長!藤原家は私意外ちょっとおかしいんです」には笑いましたねww

後、かぐやの相手から手を繋いだり、キスしてもらいたいって気持ちも解るんだよね。
ただ、逆に白銀の少し踏み出せなかったり気づけなかったりする気持ちも解るんだよね。

気持ちは解るんだけど不器用同士だから笑っちゃうwww
すれ違いコントしてる感じになったりとかww
早坂を挟んだLINEは基本お互いに本音のぶつけ合いをさせられて気づかない2人とか面白かったですねwww

まっ、お互いに素直になった?ので進展はありそうですが、この2人はまだ何かありそうな気もするけどけど、次は留学の話しになるのかな?
劇場版いい仕上ありになって面白かったです(⸝⸝⸝´꒳`⸝⸝⸝)

投稿 : 2023/03/06
閲覧 : 129
サンキュー:

15

overnao さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

石上編が見たかったんじゃ

会長とかぐや様の大恋愛を最後まで見届けられてよかったです。

制作スタッフのテンション的にアニメ作品の続編は無いような気がしてますが、主人公二人がゴールするまで見れたので満足です。

TVアニメ・原作のファンなら見て損はない作品でしたが、映画というフォーマットで製作すべきものだったのかは若干疑問です。時間足りなくて石上のクリスマスエピソード盛り込めてないし、OPアニメ手抜きだし、90分の尺で一つのストーリーを語るという映画のフォーマットからは外れており、TVアニメかOVAで製作すべき内容でした。まぁ、たぶん制作側の大人の事情があったのでしょう。

投稿 : 2023/03/05
閲覧 : 132
サンキュー:

3

ネタバレ

ぴかちゅう さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

氷かぐやで感動するとは・・・

私にとって、コロナ禍が始まって以降、初の映画は、この「かぐや様」でした。正規料金1900円とは高くなりましたね。そもそもコロナ禍前もアニメも含め映画はそんなに行かず(年1−2回くらい?)、多分前回のスクリーンでの映画鑑賞は、シンガポールで見た2019年のコナン映画でした(ちなみにこのコナン映画の舞台はシンガポールですが、シンガポールで見るために、行ったわけではありません笑)。

本作、内容は基本的には原作の14巻138話から15巻151話(+かぐやの告白シーン)を忠実に再現しています。原作は現在19巻まで既読です。アニメとしての独自色は薄いのですが、原作を読んだときと比べると、かぐやの心の動き(氷かぐやとあほかぐやの頭脳内戦など)に重点が置かれている印象を持ちました。

そして、古賀葵さん!わりとかぐやのコメディ路線の印象がありましたが、氷かぐやもとってもよかったです。今回、この作品で一番よかったのが、この氷かぐやの感情表現・心情表現でした。冷たさも、悲しさも、辛さも、とてもよく伝わってきました。特に、氷かぐやが、白銀を追い込みすぎた後に、自分から引き去ろうとするシーンは圧巻でした。
その意味でも、TVアニメと比べると、コメディもあるけれども、シリアス重視でしょうか。

そういう観点からは、最後の12月27日のシーンは、そこで終わる意図はもちろんわかるのですが、私自身は12月24日で終わってもよかったかな、と思いました。氷かぐやとしては、そこで白銀とキスして、かわいいって言ってもらえたのが、やっぱり大事だと思うので。

あぁあと、原作での、12月24日の公園での氷かぐやの「性格悪いのが好きなんですか」は、省略されてしまいましたが、わりと氷かぐやっぽくて好きなセリフだったので、古賀さんの声で聞きたかったですね。

主要なサブキャラは、一応なにかしらの形で出てきたかな。ただ、特定のサブキャラが好き、というひとには物足りないかもしれないです。

アニメを入り口に、原作まで買ってしまって、特別展も行ってしまったので、今後、ぜひ4期以降もやってほしいです。映画でカバーしたのはストーリー上、かなり重要なところなので、できれば、TVアニメしかみていない人もついていけるように、4期でも、短くてよいのでちゃんとこの部分もカバーしてほしいなぁと思います。

投稿 : 2023/02/02
閲覧 : 113
サンキュー:

6

ネタバレ

大无缝 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:----

有趣!

好好好好好好好好好好好好好好好好好好好好好好好好好好好

投稿 : 2023/01/27
閲覧 : 80
サンキュー:

0

ネタバレ

101匹足利尊氏 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

揺れ動く乙女心のデフォルメ

クリスマス編(原作未読)のアニメ化作品をTV放送に先駆け劇場上映する企画。

【物語 4.0点】
白銀会長とかぐや副会長。
文化祭でのファーストキッスという決定的な恋のビッグイベントを越えてもモヤモヤした生徒会の2人。
クリスマスの喧騒を前に2人の心を掘り下げることで課題を明示。
さらには恋愛に頭脳を使うことの意義も問い直す。
外面は華やかなクリスマスムービーだが、内容は内面的な恋愛作品。

弱さを隠して高嶺の花と並び立ちたい白銀。
弱さも含めて全部曝け出して欲しいかぐや。
論点は典型的な男女のボタンの掛け違い。
ですがメイン2人の幼少期回想も含めた内面整理は丁寧。
これまで、もどかしいと思っていた“恋愛頭脳戦”泥沼化の深層もクリアになり納得。

過去のシリーズサブタイトル・1期『~天才たちの恋愛頭脳戦~』→2期で打消線。
本作にて仮面(ペルソナ)で本心を隠し合う恋愛頭脳戦そのものが2人の恋愛成就の障害となり得ることが示唆され味わい深さが増しました。

3期『-ウルトラロマンティック-』はカッコいい所を見せたい白銀の究極到達点。
これを受けた本作は素朴で普通のロマンティックを求めるかぐやのカウンター。
対比によりこちらもコクが出て来ました。

そして本作の『-ファーストキッスは終わらない-』も含蓄があります。
(※核心的ネタバレ){netabare}ファーストキッス後のモヤモヤ&ドタバタを締めたセカンドキッス。胸キュンでした。{/netabare}


【作画 4.0点】
自在なデザインでパロディ含めた各種ギャグに対応する多彩さは相変わらず。
それにしても、{netabare}激レアな幼女キャラ・かぐやちゃんがスクリーンに現れた時はどうなることかと思いましたw
身長低すぎて髪の毛とリボンしか見えなかった時は、贅沢な画面の使い方だなと苦笑w{/netabare}

加えて、かぐやのキャラ発現に応じて色彩から変容する背景美術も心情表現を好アシスト。
“氷のかぐや姫”の背景は体感温度も寒かったです。

瞳による心理描写も繊細。
孤独の理由を紐解かれた氷のかぐや姫の赤眼は一段とさみしげに見えました。


【キャラ 4.5点】
ヒロイン・四宮かぐや。
キッスの衝撃を経て、笑撃のかぐやちゃんを始め、“氷のかぐや姫”も乱入および再顕現し、
脳内法廷は紛糾w

こんなん男からみたら混沌とした乙女心にしか見えずに対処に空回りするのは必然。
乙女心のデフォルメが上手すぎてツボにハマります。

対する白銀御行がカッコつけたい理由に
{netabare}母に認められたかった{/netabare}というトラウマが追加されたのも収穫でした。
会長がアホになることが恋愛頭脳戦終結の鍵と感じました。
(いや、もうかぐやちゃんと一緒にアホ化してるかw)


こじれる2人を見兼ねて?{netabare}かつて、かぐやに恋の病を宣告した“ヤブ医者“も再登場。
少年患者にも中々いい意見(オピニオン)出しますね。ナースさんの方も。{/netabare}


同時並行で脈が続く石上&つばめ先輩。
つばめの回答猶予要請についても恋愛経験由来の慎重さであると占われ、
こちらも内面掘り下げによる土台固めは順調。

【声優 4.5点】
今回、特に素晴らしかったのが、四宮かぐや役の古賀 葵さん。
“氷のかぐや姫”の冷酷ボイスから、新アホキャラ・かぐやちゃんの可愛らしい“効果音”までカバーする幅広い芸当。
脳内裁判を繰り広げる原告被告証人裁判官まで一手に引き受けるセリフの物量も圧倒的でスクリーンを制圧。

【音楽 4.0点】
心情曲からパロディ要素まで手広く対応するシリーズBGMは100曲を突破。
今作ではクリスマスムードも付加。
石上会計のシーンで、何かの原住民音楽が鳴り響くのがジワジワ来ますw

OP主題歌「Love is Show」は鈴木 雅之さんが4作連続。
ゲストボーカルに、ももクロ・高城れにさんを侍らせ、キッス以後も続く白銀会長のロマンティックを熱唱。

ED主題歌は鈴木 愛理さんが「heart notes」で3期から連投。
さらに挿入歌として投入されたhalca「ロマンティックマニフェスト」は{netabare}フェイクED演出{/netabare}の役割も果たす。
いずれも、かぐやの心情を汲んだ良曲。

OPの白銀による先制攻撃、EDのかぐやの反撃という歌詞世界の図式。
今回はかぐや側を2段構えにすることにより、3期で仕掛けた白銀への、かぐや様の猛反撃の構図を際立たせる。

【余談】
一応、近年稀に見るくらいS○X連呼する(苦笑)クリスマス恋愛映画ですが、
観客にカップルは1組だけで、あとは私含めて、むさ苦しい男どもばかりw

だが、これでいい。
この作品において浮かれたムードを醸すクリスマスは、
かぐやが望む素朴な恋の障害として敵役となる、白銀のウルトラロマンティックな見栄の暗示にも感じます。
だからこそ(※核心的ネタバレ){netabare}かぐや→白銀への告白もクリスマス後に突発的に行われる。{/netabare}
イブに向けてムードを高めていきたいカップルにはオススメし辛いですw
むしろ{netabare}正月とクリスマスを悪魔合体する藤原家の奇祭{/netabare}でムードぶち壊しまであると懸念しますw
幸せに酔いたいカップルの皆さんはこんなん観てないで、渚&翼を見習って素直にランデブーしましょうw

投稿 : 2022/12/19
閲覧 : 447
サンキュー:

18

ネタバレ

抹茶ラーメン さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

面白かったけどねぇ

漫画では物足りないような部分をアニメーションだとしっかり決めてくるような良い出来。A-1ってやはり凄い。面白さも段違いの出来に仕上がってます。

尺は充分にあるから、石つばの話をもっとやって欲しかった感はあるかな。多分もう4期やらんでしょ?占いの語りの中でミコが回想に出てこなかったにもちょっとした理由というか事故がある訳で。もう少し頑張って欲しかった。良作止まり。

投稿 : 2022/12/19
閲覧 : 110
サンキュー:

2

次の30件を表示

かぐや様は告らせたい-ファーストキッスは終わらない-のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
かぐや様は告らせたい-ファーストキッスは終わらない-のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

かぐや様は告らせたい-ファーストキッスは終わらない-のストーリー・あらすじ

秀知院学園の生徒会で出会った
副会長・四宮かぐやと生徒会長・白銀御行。
2人の天才は長きにわたる恋愛頭脳戦の末、
お互いの気持ちを伝え合い、“奉心祭”で初めてのキスをした。

しかし未だ明確な告白には至っておらず、
恋人同士になるかと思われた2人の関係性は曖昧なまま、
お互いをより強く意識して、クリスマスを迎えることに。

“完璧でありたい”白銀と、
“完璧じゃない”所こそを求めるかぐや。
これは天才たちによる、いたって“普通な”恋の物語。

ファーストキッスは終わらない。(アニメ映画『かぐや様は告らせたい-ファーストキッスは終わらない-』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
アニメ映画
放送時期
2022年12月17日

このアニメの類似作品

この頃(2022年12月17日)の他の作品

ページの先頭へ