「ルパン三世 カリオストロの城(アニメ映画)」

総合得点
89.0
感想・評価
1194
棚に入れた
7763
ランキング
80
★★★★★ 4.2 (1194)
物語
4.3
作画
4.1
声優
4.2
音楽
4.0
キャラ
4.3

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

ルパン三世 カリオストロの城の感想・評価はどうでしたか?

ASKA さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ルパン三世映画の名作。名セリフの宝庫。

言わずと知れたルパン三世の映画シリーズの中でも名作。
中でも銭形警部が言う名セリフは誰でも聞いたことがあるんじゃないでしょうか。
金曜ロードショーでも何度か放映されているはずです。
ストーリーはルパンや次元、五右衛門が今回はカリオストロ公国に偽札ゴート札を秘密を追って忍び込むという話で、途中クラリスという女性を助けるのですが、それがだんだんとカリオストロ公国の秘密に関わってくるというあらすじです。
声優も、ルパンの山田康雄さんや次元の小林清志さん、不二子の増山さんなど、旧キャストの方々が演じてくださっています。
ストーリーもとても善かったです。
ここまで読んでいただきありがとうございます。

投稿 : 2021/10/04
閲覧 : 44
サンキュー:

19

メガマインド さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

横浜ブルク13にて鑑賞

二週間の限定上映というわけで横浜ブルク13にてみてまいりました。

新作のTV放送(パート6)が控えている状況での鑑賞だったので、

何度も観た作品にもかかわらず、新鮮な気持ちで観に行くことができま

した。


二本立てで、カリ城とは別のルパン作品もみるはめになりましたが、

こちらはこちらで楽しめました、(ルパンパート5のBDでしかみてない

{ルパンが今も燃えているか」がみれたので、買えない人はけっこうお

得かも)

投稿 : 2021/10/02
閲覧 : 13
サンキュー:

2

ネタバレ

〇ojima さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

あにこれを利用していて観ていない方はいないと思いますが

あにこれを利用していて観ていない方はいないと思いますが
改めて名作を観るのはいかがでしょうか。

アニメといえば「カリオストロの城」
リアルで観れる年齢でありませんでしたが、テレビの放送を録画して
ビデオテープが擦り切れるほど何度も観ました。
でも、次元がルパンに変形卍固めをするシーンはノーカットを観るまで知らなかった!

この作品の一番の魅力は登場人物が全員格好いいんです!

相棒としての 次元大介
必要な時に登場する 石川五右衛門
物語に絡んでくる 峰不二子
ルパンの一番の理解者 銭形警部
貴族ぶった カリオストロ伯爵
忠実な召使 ジョドー
金庫に閉じ込められた 宝石 クラリス
そして女の子は緑の野に放してあげる ルパン

いいタイミングで登場してそして最後まで何度も出演するので
それぞれのキャラを格好良さが楽しめますね。

そしてルパンの本業は泥棒なのでしっかり犯罪してます。(笑)
カジノの金庫破り 不法入国 {netabare}印刷所放火 クラリス誘拐未遂 神父誘拐。{/netabare}など。

極めつけは{netabare}クラリスの心を盗んでしまった(怒){/netabare}
{netabare}けど本当は盗むつもりはなかったんですよね。
クラリスの気持ちを尊重してあげたい気持ちはあるが、これからの将来に向けて後押しをしてあげるルパンは本当かっこいいです。{/netabare}

1979年の作品ですから今から40年前の作品となったことにびっくり。
でもデジタルリマスターなどで非常に見やすく処理してあります。

2019年、映画館上映を観まして大画面で見れたことに感動しました。また、4DXも初体験だったのですが、4DXはうっとうしかっただけです。普通に大画面で見ればよかったです。。

投稿 : 2021/09/16
閲覧 : 227
サンキュー:

47

たわし(冨岡) さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

宮崎駿の描く「大人」

宮崎駿が描くアダルトチックなアニメ。これ以降は一部の作品を除いて基本的には子供向け。

なんでも製作期間がたったの三ヶ月だとか。。(驚愕)

ここまでのエンターテイメントをたった三ヶ月で作ってしまう駿はやはりアニメ界の怪物である。(ちなみに神は漫画でお馴染み手塚治虫)

投稿 : 2021/09/07
閲覧 : 326
サンキュー:

23

nyaro さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

面白いですが、ルパンじゃないですよね。深さもないし。

 エンターテイメントを目指した映画としては、かなり面白いと思います。

 ただ、あまりに分かりやすい勧善懲悪で、敵キャラが類型的な悪の権化、ヒロインが白い衣装を着た聖女という構造でした。ラストシーンはあまりに有名ですが、あれはルパンの中で出てきて良いセリフだったのか。
 キャラクターが毒抜きされすぎて、やっぱり子供向け感がすごかったですね。不二子の「悪」も味付け程度に薄まって結局はいい人でした。

 子供向けといえば話も適当で、カジノも騙し、世界中を席捲したニセ札をルパンは一発で見破ったのはいいとして、なんでカリオストロ公国に行ったのでしょう。動機の説明ってありましたっけ?
 不二子と一緒で原版を狙いにいったんでしょうか? でも、せっかく奪ったお札を捨ててますよね。何がしたいの?つぶしに行ったの?大泥棒が?それになんでルパンと同じ時期に不二子がいたんでしょうか。
 で、偶然逃げているクラリスを見つけて意味もなく味方して。さも、因縁がありそうな思い出エピソードがありますけど、結構行き当たりばったりですよね。

 そもそもカリオストロ伯爵も宝が欲しいだけなら、結婚なんて待たないで指輪を取り上げればいいじゃないか、とも思うし、クラリスもそんなに大事な指輪なら失くすなよ、って思います。指輪の使い方も誰も知らないし。そもそもあんな物が出てくる仕掛けの伝承としては不自然ですよね。

 まあ、エンタメなのである程度のご都合主義は仕方ないですが、大人が真剣に考察する映画ではなく、頭を空にしてエンタメアニメとして楽しむ、というレベルかなあ、と思います。そういう種類の映画としては相当上位なんでしょうけど。

 クラリスというキャラが当時のオタクたちには鮮烈だったのかもしれません。ものすごい人気だったみたいですね。ハイジのクララが成長したようなイメージですかね。確かにいいんですけど、今見るとちょっと類型的だしロリ好きの処女厨大好きな造形で、古さは隠せませんでした。
 
 ルパン三世は本来アダルト向けで、不二子の裏切りや女の部分や五右衛門のつかず離れずの関係、何より正義とは無縁の大泥棒としてのルパンの活躍がなく、看板に偽りありになっています。ルパン三世ではないですよね。宮崎駿が作りたいアニメを好き勝手に作っただけの気がします。

 後のビューティフルドリーマーやパトレイバー2で押井守がやらかしましたが、原作者の創造したキャラクターを勝手に改変してしまうのは、どうなのかなあ、という気はしました。

 かなり古い作品なので当時としての評価がものすごい高いのはわかります。でも、今見たときにそんなに高いレベルのアニメだとは思えません。
 
 まあ、あまりに評価が高いので、アンチテーゼ的に少し辛辣に書きましたが、実際ルパン三世としての出来は、さらに前のマモーの方が格段に上な気がします。

投稿 : 2021/07/12
閲覧 : 57
サンキュー:

1

nas さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

長く続くシリーズの劇場版2作目がこれというハードルの高さよ

もう完璧すぎない?っていうくらいに面白い
スペシャル入れたら2時間のルパンはもう40本以上あるけどその2作目のこれがもうハードル高すぎて越えるの無理じゃん?っていう
ルパンというジャンルでなく劇場版アニメという枠で余裕でベスト10に入る

投稿 : 2021/07/02
閲覧 : 39
サンキュー:

4

takato さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

宮崎監督の映画初監督作品(89点)

宮崎監督の映画初監督作品。ここまで驚異的なデビュー作は、「十二人の怒れる男」のシドニー・ルメットくらいだろう。


 内容は、今更語るまでもあるまい。宮崎アクション、ロマンという絶妙な組合せ!。やはりカッコイイ男は、ロリを守って黙って去っていくべき。見返りを求めないところにこそ男の矜持がある。


 宮崎監督は、「未来少年コナン」に始まり、本作と「ラピュタ」を経て、「もののけ姫」という最終到達点をもってもうこういう作品は作りきってしまったのかもしれないなぁ。それにしても公開当時は、箸にも棒にもかからない状態だったというのだから恐ろしい。まぁ、大衆というのは内容で見てないという良き例証の一つだろう。

投稿 : 2021/05/11
閲覧 : 208
サンキュー:

25

ネタバレ

shino73 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

IT'S SHOWTIME!!

宮崎駿監督作品。

世界の大泥棒ルパン三世と次元大介。
モナコの国営カジノ襲撃に成功し、
大金を手に入れるもそれはゴート札と呼ばれる、
史上最も精巧な出来を誇る偽札だった。
次の標的は決まった。
カリオストロ公国への潜入。
ゴート札の謎を解き明かせ。

アニメ史に残る作品である。
ワクワクして、ドキドキして、
そして切なく感動的で心躍る有名な終幕のセリフ。
大人のエンターテイメント、
今でも色褪せない傑作でしょう。

冒頭のカーチェイス、
そしてカリオストロ城からの王女誘拐。
卓越したアニメ技術で見せる躍動感。
これぞ宮崎駿演出の真骨頂、
ほんと今の技術で見たいですね。

若かりしルパンの失敗。
{netabare}傷を負って横たわる泥棒に、
差し出されたコップ一杯の水。
無垢なる少女との出逢い。{/netabare}
水の記憶、いつの日かその恩に報いる。

軽快なオープニング、
たった3行でわかるルパン三世。
追われる女と追う黒服の男たち。

次元「どっちにつく?」
ルパン「女」
次元「だろうな」

ルパン、最高の男だ。

投稿 : 2021/03/15
閲覧 : 546
サンキュー:

65

ネタバレ

haruto さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

2017.2.19

2017.2.19

投稿 : 2021/03/09
閲覧 : 53
サンキュー:

1

ネタバレ

ねっち さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

どこまでもかっこいい!

金曜ロードショーにて視聴
今までカリオストロの城は1度見たのですが見たのがまだ小さい頃だったのでほぼ初見でした。ルパンがかっこよすぎて男だけど惚れました笑なるほど、これを不朽の名作というのですね。次はルパンがどうやってクラリスを救い出してくれるんだろうとずっとワクワクしながら見ていました。ぜひまた見たいです。

97/100点

投稿 : 2021/01/08
閲覧 : 125
サンキュー:

9

ネタバレ

ミツイ(クソメガネ) さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

最高に好きなルパン

<2020/11/20 追記>
また金曜ロードショー
そしてまた観てしまう 笑

<2020/7/16 初投稿>
1979年公開のアニメ映画です。
・・・超々有名作の超名作。

宮崎アニメで好きな作品を挙げると
「天空の城ラピュタ」
「風の谷のナウシカ」
そして本作「ルパン三世 カリオストロの城」
この三作はアニメ映画としては別格だと思っています。

さらに言えば数あるルパンアニメの中でもぶっちぎりで圧倒的に本作が一番好き。

初めて見たのはたぶん1980年代のテレビ。
見る前までの印象は
「カリオストロ?あれ?本家アルセーヌ・ルパンの『カリオストロ伯爵夫人』に寄せてきたのか?」
「緑ジャケルパン!絵ヅラ的にはこちらの方が好きかな」
ぐらいのものでしたが。

いざ見てみると
・・・目が釘付けになりました。
最初から最後まで。
最高に楽しく、最高にハラハラドキドキ、そして最高に感動できる作品。

ルパンの肩の力がよい感じに抜けた渋いカッコよさも。
次元の最高な相棒っぷりも
五右衛門のここぞという時の秘密兵器っぷりも
峰不二子の曲者なのに嫌みのない、いい女っぷりも
銭形警部の不器用で実直な男っぷりも
クラリスの嫋やかなにのに芯は強い宮崎ヒロインっぷりも
カリオストロ伯爵のいっそ爽やかなまでの{netabare}悪役っぷり{/netabare}も

主題歌「炎のたからもの」も、
主題歌をアレンジしたせつないBGMも
両切りのシケモクに爪楊枝刺して最後まで吸う「次元タバコ」も
スーパーチャージャー積んだフィアットのありえないまでの爆走も
銭形警部with埼玉県警のカップヌードルも
五右衛門の三度笠も
不二子のバイクやハングライダーも
カリオストロ伯爵の半熟ゆで卵の食べ方も
ジョドー率いる「影」の「カサカサカサカサ・・・」も
ミートボール入り超大盛りパスタも
城の塔の上の「あの」アクションも
あの時計塔のシーンも。

次元の「どっちにつく?(ニヤリ)」も
不二子の{netabare}「まさか。捨・て・た・の」{/netabare}も
五右衛門の{netabare}「・・・可憐だ・・・(敵陣に飛び込み)今宵の斬鉄剣は一味違うぞ!」{/netabare}も
クラリスの{netabare}「泥棒はまだ出来ないけど、きっとおぼえます」{/netabare}も
カリオストロ伯爵の{netabare}「どこまで行くのかな?クーラーリースー」{/netabare}も
銭形警部の定番「いや。奴はとんでもないもの(以下略)」も
ルパンの{netabare}「今はこれが精いっぱい」{/netabare}も{netabare}「俺みたいに薄汚れちゃいけないんだよ」{/netabare}も
園丁のおじいさんの「なんと気持ちの良い連中だろう」も

好きなところ上げたらキリがございません。

本作はテレビシリーズ「ルパン三世 1stシリーズ」「2ndシリーズ」そして映画「ルパンVS複製人間」の次に世に送り出されたルパン三世のアニメ作品。
宮崎駿氏の初監督作品。
しかも宮崎監督、半年で作り上げたとかなんとか。
・・・マジか(/・ω・)/

物語は「ルパン三世と囚われのお姫様」
そういう意味では「未来少年コナン」や「天空の城ラピュタ」と近い構図ですね。

本作を見たことがない方は是非一度ご覧ください。
アニメファンなら無論のこと、普段はアニメ見ないという方にもおすすめです!!!



ところで本作が200個目のレビューとなりました。
先日「月刊少女野崎くん」のレビュー書く際に、自分が書いたラブコメレビューを探してたら、野崎くんが199作目なのに気が付いてびっくり。
200作目はせっかくなのでまだ書いてない名作のレビューをと思い立ち、アニメ史に残る本作をとなった次第です。

あにこれ始めて約3年で全部文章付きで200作品レビューってことは、週1以上の結構なペースってことで自分でも驚いてます。
堪え性のない自分がよくここまで書いたな、と。
これもレビューを読んでくださる方がいるから。
こんな拙いレビューを読んでいただき、さらにはサンキューまでいただいたり、本当にありがとうございます。

この場を借りて深くお礼申し上げます。。

そして、これからものんびり続けていきたいと思いますのであらためてよろしくお願いします。

投稿 : 2020/12/25
閲覧 : 470
サンキュー:

57

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

やっぱりベタが好き

時代を超えて愛される名作。

大泥棒、サムライ、ガンマンとコテコテベタベタなまんがキャラであえてハードボイルドなダークヒーローものをやるってのが原作のオリジナリティ。ルパンの殺しも辞さないクールさと仲良し仲間でなくお互いのメリットで組む傭兵のようなフラットな関係の手下たちと魅せるダーティーなヒロイズムはまさにオトナ向け作品。しかしTV放映当時はアニメは子供が観るものという時代。TVシリーズ序盤は「大人向けアニメをつくる」という異例のチャレンジで原作者も認めた作風ではあったが当然視聴率的には大コケ。子供達からすれば当時主流の派手なメカも出ないし武器がハンドガンのみなんて地味も地味。リアル風等身が目新しかったくらいでドカーンボカーンと派手なファンタジーアニメを観慣れた子供達にフックする要素がまるでない。これではいかんとスポンサーが慌ててキッズ向けに路線変更を画策し宮崎駿に白羽の矢が立つことになる。これまでのキャリアで培った演出技法を持ち込みガラッと作風を変えるも間に合わず初シーズンは打ち切り。本放送では一部の評価しか得られなかったが再放送で人気爆発したのはガンダムも同じだが事情は全く違っていた。

宮崎駿自身の企画ならまずチョイスされないであろうダークヒーローもの。完成された世界観の下地があったからこその奇跡のケミストリーが生まれ日本アニメを代表するビッグタイトルに成長した。キャラの設定や配置はかなり変えられているが、自身の企画ではまずできない現在の新人がこれをやろうものなら失笑どころか業界追放レベルのベタにも程があるわかりやすいキャラデザインを更に活かす作風へ。おちゃらけた昼行燈キャラが本気を出せば俺ツエーという時代劇でも飽きるほどに溢れている日本人の遺伝子に脈々と刻まれた伝統的な紋切り型のキャラクター造形。だれがどう見ても悪役にしか見えない容姿のラスボスがしっかりイキってヘイトを集める勧善懲悪。キッズ作品ではバトル作品以外の主役の殺しはご法度なため実は意外と人情家設定という原作を根本から否定したともとれない大胆な変更も施し、園児でも初見で楽しめる完全なる全方向全年齢万能アニメに仕立て上げた。これ以降ルパンはキッズアニメ映画の代名詞へと上り詰め、むしろ原作がアニメに寄せていくまでになる。

当時の原作ファンは激怒しただろう。自分たちの愛する数少ない希少なオトナ向けアニメがこともあろうによくあるガキ向けアニメにされてしまったのだから。「ベタなまんがキャラでダーティーヒーローをやるのがいいのにベタなキャラでベタな話をやるとかマジでセンスなさすぎ。所詮ポッと出の知らん監督。こいつはなんにもわかってない。」ただ要請に従って仕事しただけでそもそも自分たちの企画ではない。その当時からしてベタベタコテコテの古臭い古典的なキッズアニメに迷いなく振り切って制作された本作は「今時こんなベタな話されても…」「「重厚なテーマも無く浅い」「まあ…面白いっちゃ面白いけどそれだけ」「既視感ガー」「捻りガ―」「成長ガ―」「感情移入ガー」といった現在でもよく見るオトナが上から目線で観たキッズアニメにありがちな評価で当然ながら脚光を浴びることなく凡作の烙印を押されることになる。

ただやはり大人も子供もやっぱりベタが好きなもの。その後の展開は周知のとおり。爆死寸前のマイナー作品を国民的作品に仕立て上げた手腕は時代が証明してしまった。当時叩いてた原作ファンもほとんどが鳴りを潜めるか、掌を返すほかなかっただろう。

子供の頃に散々観ている者でさえ観返す度に新しい発見に出会える熟練の演出技法の数々に「これいつの作品だよ…」と驚愕させられる不動の名作。

「魅せるアニメーション」とはこのこと。
画面で語る駿イズムが堪能できるキッズアニメの傑作。

新人がベタな作品を目指すと猛烈な勢いでブッ叩かれる現代。
大御所は総監督とか総指揮とかの名誉職での名前貸に収まって
今後を見据え後継を育てる地盤を作っていって欲しい。


余談
作品のファンは何時までも愛を注ぐがアンチは飽きて次のターゲットに移行するもの。エヴァもまどマギも現在名作との評価を疑う者はいないが当時は各地で紛争が勃発。だがアンチにまで波及してこそ名作の資格を得るもの。鬼滅はどうなるか…時代の証明を待つのみ。

投稿 : 2020/12/13
閲覧 : 179
ネタバレ

剣道部 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

こんなに面白いのルパン三世を、宮崎駿さんの初監督作品として観てしまう、自分にガッカリ

[文量→中盛り・内容→感想系]

【総括】
ルパン三世シリーズの最高峰だと思います。

あまりに有名な本作。私が語るべきことなんて、何にもないです。

アニメ好きなら、必ず通るべき作品の1つ。

《以下ネタバレ》

【視聴終了(レビュー)】
{netabare}
久しぶりに観た。

面白かった、掛け値なしに。

でも、どこかで宮崎駿を探していた。

あ、ここ宮崎駿っぽい。あ、ここ初監督らしい部分。あ、ここはこれまでのアニメの影響受けてる。あ、ここは逆に宮崎駿っぽくない。

つまんないアニメの観方だよね。

初めて観た時は、もっと単純に、純粋に、この素晴らしい世界にのめり込んでいたはずなのに。

たくさんアニメを観てきて、得たものもあるけど、失ったものもあるんだな~と。

とりあえず1つ感想めいたことを書くとすると、本作で最も有名な台詞、銭形警部の「いや、ヤツはとんでもないものを盗んで いきました。あなたの心です」なのですが、この台詞、あまりに有名になりすぎて、ちょっと一人歩きしているのではないかとも思う。

あれ、別に格好つけたセリフでも、負け惜しみでもないんですよ、アニメ観てれば分かるだろうけど。

あれは、多分、銭形の優しさ。

ルパンとの突然の別れに呆然とし、少し肩透かしくらったようなクラリス。そこに、無駄に現れる銭形、、、そう、あの台詞を言う必要性は、銭形にはないんですよね。

あのセリフで大事なことは、クラリスが笑顔になったこと。その1点なんです。

淡い恋心に、あっという間の失恋。現実感のないなかに、あの銭形のウェットなジョークにくすりと笑う。

あそこてフッと笑えたことで、クラリスはあの恋愛にすらならなかった恋愛を、しっかり受け止め、良い思い出として自分の中に消化できた、前に進めるんじゃないかなって思うんです。

それを裏付けるような、銭形のウィンク。

勿論、この台詞には他の解釈もあるでしょう。

その答えは、是非、この超有名アニメを観て、自分の答えを出してほしいっすね♪
{/netabare}

投稿 : 2020/11/20
閲覧 : 92
サンキュー:

25

みのるし さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

興行成績は悪かったなんて信じられん

これぞ冒険活劇の王道!見終わったときのなんともいえん爽快感。
これを見たオッサンたちは必ずクラリスの恋したはず!!

オープニングから劇中まで犬神家の一族かと思うくらいにかかりまくる大野雄二サウンドも実に大人なテイストですんばらしい!

当時は多分子供向けの映画としてプロモーションしたんではないかな~。

::::::::::::::::::

まあ、相当の昔に書いたレビューなんであれなんすけども。

劇場公開されてから40年もたってますけども、いまだに色あせない文字通り不朽の名作となっております。

この映画観てアニメの世界に飛び込んだオッサンたちも大勢いまして、細田さんをはじめ今50歳前後くらいのアニメ映画監督はおそらくみーんなもれなくその口のオッサンたちだろうと思います。


ボクなんかでもいまだに日常会話の中でカリ城のセリフを使いまくって生きています。もちろんみんな使ってる『またつまらんものを斬ってしまった』や『あなたの心です』はゆうに及ばずww

《以下は会社なんかの仕事先で頻繁に使います》

『おい●●!次の仕事は決まったぜ!』
『へ~怖いねぇ。怖いから オレ 寝る』
『平和だねぇ~』
『どっちにつく?「●●!」…だろうな』
『こんどのはただの●●じゃねぇぞ』
『お宝でもよみがえるのか…な。』
『●●!ふしまつだな』
『待とうではないか。●●とやらが来るのを』
『いまはこれが精いっぱい』
『●●。まさかしくじったのでは』
『12時間ありゃあジェット機だって直らぁ!』


《(老眼のため)字が小っちゃくて読みにくい時などによく使います》

『すり減っててよく読めないなぁ…ひかりとぉーかげぇーぉ~』
『光と影を結び時告ぐる高きヤギの陽に向かいし眼に我を納めよ』



・・・・もうね。

書き出したらきりがないわ(笑)!!


なのでこの辺で。

ばいならw

投稿 : 2020/10/30
閲覧 : 204
サンキュー:

15

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.8
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 3.0 音楽 : 1.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

放送回数が多すぎて飽きた。

クラリスを助けに行くルパン。カリオストロ城の秘密をあばけ!
面白かったですよ。でも放送回数が多すぎて飽きた。

投稿 : 2020/09/06
閲覧 : 164

tag さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

よくもまあ、こんな面白いものを作れたもんだ!

小学校のころ、TV放映で見て、なんというべきか、嵌ったまま抜け出せなくなったというか、クリエーター(宮崎駿、大塚康生、山本二三)という存在を始めて認識したとか、兎に角、衝撃的でした。人生に影響を与えたといってもよいかも。

コナンを作ったのも同じ人なんだと、クリエーターと作品をつないで認識できました(小学生でしたが)

面白さは特に説明の必要はないかも。誰が見ても、外国人でも、子供でも、大人でも面白さは変わらないと思います。

あの頃、VHSのビデオは高価すぎて、サウンドトラックを買った(涙)のを覚えています。おかげで映像はなくとも音は鮮明に覚えています。

宮崎駿は、この頃、売れてなくて、カリ城も製作費がかさんだ割に、興行成績は散々。彼のストーリーテリングのネタは、このカリ城製作前の悶々としていた時代(まだ若かった)にため込んだもの。それがナウシカ、ラピュタへとつながります。やはり、クリエーターには、こうした鬱積した想いや、気合が入っている時代が必要なのかもしれません。

この後、干された(これだけダメダメな興行成績では致し方なし)時代の後、徳間書店が、ナウシカの連載で救い出さなかったなら、彼のため込んだネタはこの世に出なかったかと思うと、クリエーターだけでなく、それを見出す、編集者やパトロンも重要だと思います。今みたいに、いろんな発表の手段がない時代のお話です。

投稿 : 2020/05/01
閲覧 : 126
サンキュー:

15

おーいん君 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

誰もが知ってる名作。

この作品は、アニメにさして興味が無くても楽しく見る事ができるはずです。

アニメが好きな人は是非、最後の最後までしっかり見て。

個人的にオススメなのは、このアニメーションの動くってところです。

当たり前だろって言われてしまうかもしれないけれどね。

本当にこの作品は、動きというか見せる事が凄く良くできているんです。

後々のルパン作品のルパン達の立ち位置にも影響を与えているのではないか?って思えるようなところがあります。

投稿 : 2020/04/30
閲覧 : 80
サンキュー:

5

ネタバレ

ピエトロ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

観ないと人生を損すると言える完成度

宮崎駿監督の映画監督デビュー作です。
私的になりますが全ルパン、ジブリ作品を含めて最高傑作です。
少し年齢高めのルパン(息切れが多く、何時ものイケイケな感じではなく非常に落ち着いている)の余裕のあるかっこよさ、相棒の次元、五右衛門の頼もしさ、富士子ちゃんの色気と頭脳、銭形警部の正義と男気、クラリスの一途で純粋な可愛らしさ
映画の見所は全てです。

投稿 : 2020/03/29
閲覧 : 101
サンキュー:

5

退会未定のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

良いものは良い!

1979年の作品だってことに一番の驚きがある!!

投稿 : 2019/12/13
閲覧 : 118
サンキュー:

3

テレ美 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

今見ても

ジブリアニメ全般に言える事ですが、今見ても色褪せない素晴らしい作品。

投稿 : 2019/07/03
閲覧 : 142
サンキュー:

6

ネタバレ

kawadev さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

当時の一番の作品だった

劇場公開中に、映画館で見た作品。

ルパン三世シリーズが持っている、ギャグや、時折見せるシリアスが調和した作品。

これも、セリフは結構覚えたなぁ。

当時の私にはベストと言える作品だった。

投稿 : 2019/06/18
閲覧 : 142
サンキュー:

10

プクミン さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ルパン三世の映画

ルパン三世の映画で一番有名なのではないかなと勝手に思っています。
ルパン三世を知らない人からすると、物語に入りにくい作品かと思います。
逆にルパン三世を知っている人からすると、物語にすんなり入っていけるかなと思います。

名作かどうかは分かりませんが、印象に残る部分が多い作品でした。

一言「あなたの心です」

投稿 : 2019/02/26
閲覧 : 176
サンキュー:

8

ネタバレ

ふひょー さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

シリーズ最高傑作

銭形警部とクラリスのラストシーンはお気に入りの1つです。
何回見ても飽きない名作だと思います。

投稿 : 2018/10/14
閲覧 : 233
サンキュー:

5

hidehide さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

何度観てもイイ

テレビ、スマホ、タブレット、ありとあらゆる端末にカリオストロ動画が入ってます。
TVを含めルパン三世は全てコンプしている程
ルパン三世好きですが、敢えてこのと作品、
風魔にだけ、評価を付けさせて頂きました。
何度観ても最高です!

投稿 : 2018/10/14
閲覧 : 257
サンキュー:

11

REI さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

宮崎駿初監督作品はルパン三世

言わずとしれた「ルパン三世カリオストロの城」でございます。
ルパン三世シリーズの中でも特に有名な作品。

まぁ、観ていて面白いですよね。私はカリオストロの峰不二子が大好きです。
とてもカッコイイです。

ルパン三世をあまり知らない人でもこの作品だけは知っているという人も多いのではないでしょうか

宮崎駿監督の初作品としても有名なアニメです。

テレビではセカンドシーズンからルパンのジャケットが赤になったのですがカリオストロのルパンはファーストシーズンの緑色のジャケットに戻っています。

個人的にはもうだいぶ古い作品なのにまだネット配信で観られないのはどうかと思う・・・

全てのアニメに携わる方々に感謝を!

投稿 : 2018/10/11
閲覧 : 154
サンキュー:

10

しんのすけ さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

不朽の名作

説明不要の不朽の名作

数あるルパン作品の中ででも 異色 な気がします。
ただひたすら
かつての恩を返す為 正義の為に戦います。

名台詞
あなたの心です
のシーンは、
今でも、油断すると 涙が出てしまいます!

投稿 : 2018/07/01
閲覧 : 210
サンキュー:

4

ネタバレ

ValkyOarai さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ルパンといえばこれ!もう台詞覚えてしまった件

名台詞を取り上げているし、支持も高い
バラエティでも取り上げられる

何気に最後のシーンで未来少年コナンが出ているのも密かなトリビアに過ぎない(こち亀で書かれていた)

戦闘も動いている時計塔でやることは今となっては斬新(肉弾戦でも条件を変更すれば面白みが増す)
ああそうだ、ルパンは宝はいらんかった。クラリスだけ救えば良かったんだっけ

ほんとーに何度も金曜ロードショーでやるんだよこれ

「焼かない焼かない、ロリコン伯爵、やーけどするぞ」www

投稿 : 2018/06/21
閲覧 : 324
サンキュー:

19

luna さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 5.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

みんな魅力的な登場人物

最後まで飽きないし、キャラはみんな魅力的だし、終わりはきれいにまとまってるし

良い作品のお手本みたい。

なんか今の作品にはない、わざとらしくない熱気が感じられる。

多分楽しんで作ってたからなんだろうな〜

投稿 : 2018/05/15
閲覧 : 143
サンキュー:

7

ストックトン さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

映画シリーズの中でも最も好きな作品。
とにかくストーリーが面白かった。
銭形警部の台詞が劇中で最も印象に
残る台詞なのも面白い。

投稿 : 2018/04/13
閲覧 : 155
サンキュー:

5

ネタバレ

ヲリノコトリ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ルパンベスト10のためのレビュー

【あらすじ】
とある公国の城に隠された秘密を暴く。「ルパン三世の過去の失敗」を絡めた作品。宮崎駿監督の初監督作品。

【成分表】
笑い★★★★☆ ゆる☆☆☆☆☆
恋愛★☆☆☆☆ 感動★★☆☆☆
頭脳☆☆☆☆☆ 深い★★☆☆☆

【ジャンル】
ルパン三世、劇場版2作目(1979)、ルパン中心、宮崎駿

【こういう人におすすめ】
「とりあえずルパン三世観てみるわ」って人。「ジブリコンプリートしないと」って人。

【あにこれ評価(おおよそ)】
86.9点。名作。

【個人的評価】
普通に好きだし、他人にテキトーにおすすめするならとりあえずこれ。でももっと好きなルパン映画がいっぱいある。
『自分のお気に入り』『おすすめしたい作品』

【他なんか書きたかったこと】
{netabare}
 ルパンベスト10のためのレビュー。↓以下同文。
{netabare}
 まだ私が無垢な魂をぶら下げて山野を駆け巡っていた頃、風邪をひくと隣町の小児科に行き、ついでに隣町のレンタル屋で「ビデオ」を借りてきて、布団の中でそれを見ながら、私の液性免疫が急性上気道炎を撃退するのを待つ、という風習が我が家にはあった。
 その「ビデオ」(現在で言うDVDの立ち位置)はほとんどがアニメ映画であり、そのため私は、私が受精卵としてすら存在していなかったときの古いアニメ映画をほとんど知っている。
 ジブリコンプリートなどは我が家にとっては序の口で、ルパン映画、劇場版クレヨンしんちゃん、劇場版ドラえもんなどはほぼ制覇したと思われる。 その中でクレヨンしんちゃんとドラえもんはあまり覚えていないが、ルパン三世は当時の汚れ始めた私の魂にジャストフィットしたらしく、各作品を非常に鮮明に覚えている。

 で、今回ルパンベスト10を作ろうと思い立って、ついでに短めにレビュー書きます。最低でも10個書かなあかん(笑)
 あ、ルパン三世のテレビアニメ1期もたぶん「ビデオ」で観てるんですが、さすがに作画が古すぎて心に留まらなかったようで覚えてないです。だから「ルパンは本来こういうものなのだ!」みたいなのは無理っす。原作も知らないし、というかモンキー・D・パンチさんが何者かもいまいちわかってないし、栗田貫一さんの声に何の違和感も感じてません(笑)
 そういう若輩者の素直な感想です。
{/netabare}

 再放送で何回みたか覚えてないくらい見ました。
 地下に落とされたとこが怖かった思い出。みょい~んっていう効果音とともに屋根を飛び越える思い出。
 全体的にアニメとして完成度が高いですが、尖ったものもなくてあまり心に強く引っかかっていない作品です。ジブリ作品としても、ルパン作品としても「上の下」といったところ。でもやっぱ外せないよねー。
{/netabare}

投稿 : 2018/02/23
閲覧 : 192
サンキュー:

20

次の30件を表示

ルパン三世 カリオストロの城のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ルパン三世 カリオストロの城のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ルパン三世 カリオストロの城のストーリー・あらすじ

人口三千五百、世界一ちっぽけなカリオストロ公国の田舎道をボロ車でドライブしていたルパンと次元はクラリスという美女を助けた。彼女はカリオストロ公国・大公家に残された最後の娘で、カリオストロ伯爵は彼女を強制的に妻に迎え、公国の権力をひとり占めにしようと狙っていた。クラリスはルパンに助けられたが、再度捕えられてしまう。(アニメ映画『ルパン三世 カリオストロの城』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
アニメ映画
放送時期
1979年12月15日
制作会社
東京ムービー
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%91%E3%83%B3%E4%B8%89%E4%B8%96_%E3%82%AB...
公式サイト
www.ntv.co.jp/kinro/lineup/20120330/
主題歌
《ED》ボビー『炎のたからもの』

声優・キャラクター

山田康雄、増山江威子、小林清志、井上真樹夫、納谷悟朗、石田太郎、島本須美

スタッフ

原作:モンキー・パンチ(「週刊漫画アクション」)
監督:宮崎駿、製作:藤岡豊、脚本:宮崎駿/山崎晴哉、作画監督:大塚康生、音楽:大野雄二、撮影:高橋宏固、美術:小林七郎、編集:鶴渕允寿、録音:加藤敏

このアニメの類似作品

この頃(1979年12月15日)の他の作品

ページの先頭へ