「マスターキートン(TVアニメ動画)」

総合得点
74.9
感想・評価
250
棚に入れた
1516
ランキング
804
★★★★☆ 3.9 (250)
物語
4.2
作画
3.7
声優
3.7
音楽
3.7
キャラ
4.0

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

マスターキートンの感想・評価はどうでしたか?

ネタバレ

tinzei さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 4.0 作画 : 2.5 声優 : 3.0 音楽 : 2.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

人間を味わう作品

考古学の講師や保険調査員、特殊部隊の教官など多種多様な経歴を持つ主人公平賀キートン太一が様々な人たちと関わっていく。


一話完結(最後の二話以外)、登場するキャラはほぼ全てゲストキャラで話を跨いで出てくるのは娘の百合子、父の太平、保険調査員同僚のダニエル、お節介婆さんバーナム、幼馴染の探偵チャーリーのみ。


ストーリーは保険調査や歴史研究、テロリスト退治など多岐にわたるが各話何かしらのテーマがある(気がする)、特にゲストキャラに絞った話だと、実際の歴史的大事件に巻き込まれた人の心情や過去の恋愛、友情、親子愛など、人間の感情にまつわる話が多い、そういう意味では「人間」を味わう作品と言えるかも。
もちろんすべての話が人の内面を描いたものではないし、アクションがメインになる話もある、それに内面を描くと言っても、よくある「一話完結で人間関係に深く踏み込んで視聴者に感情移入させる」作品とは違って一歩引いた目線で観れる作品だから好き嫌いが分かれることはない。



最初主人公キートン、幼馴染チャップリン、ロイズ(ロイド)保険組合で三大喜劇王の名前を取ってるのかと思ったけど、よくよく調べるとロイズ保険って実際にある保険会社らしいからたまたまなのか?それともロイズを基にしたときに思いついたのかな?


どうでもいいけど、結局キートンの奥さん出なかったな・・・・・・


【各話あらすじ】
1→レオンの死の真相を調査、愛人ソフィアとオックスが欲しかった宝
2→元警官の賞金稼ぎと協力してテロリスト退治&人質救出
3→相続権がある孫娘を匿う祖母、母親のもとに帰りたい娘と逃げる
4→雪道でお爺さんと出会う、ニコライ二世の金塊の話を聞く
5→パリで考古学講師をやる、娘に会い、大学時代の教授ユーリに会う
6→大学時代の友人で遺跡を守っていた女学者アンナと会う
7→娘と共に日本の家に帰る途中父太平と会う、母の味を思い起こす
8→ロイズの仕事で身代金目的で誘拐された社員の交渉にあたる
9→ドイツの列車でお婆さんと出会う、東西分断に巻き込まれた貴族の話
10→昔馴染みの探偵チャーリーと会う、線条痕を利用した殺人
11→英国の中華料理店、バイトの英国人を救うため孫文が繋ぐ味を調べる
12→婦人殺しの真犯人をMrs.バーナムと探す、香水が決め手
13→爆弾魔が自分の作った爆弾の解体をキートンに依頼
14→東西分断で収容所送りとなった妻と娘を探す、意外と身近にいた
15→保険詐欺師の軍用犬に狙われる、猟師と一緒に撃退
16→父への怒りを動力源にしていた作曲家、破産した父と向き合う
17→庭師に殺された男の妻に会いに行き、そこでチャーリーと会う
18→当たり屋に騙された人が良い学長候補の教授、対立候補が墓穴を掘る
19→娘が死のうとした同級生と会う、鷹を返しに山へ行く
20→孤島のホテルでマフィアが現れ人質に、勇敢な若者と臆病な爺さん
21→かつてウィスキーの密造をしていた貴族の悲劇、日本に落ち延びる
22→使用人と共に大戦中に作った最高のワインができた畑を売る
23→捕まえた怪盗の護送、地元労働者の反抗に遭うがはったりで回避
24→キートンがオプになる切っ掛け、教授殺しの犯人をダニエルと調べる
25→ウイグルへ行く、教授たちと族長に捕まり砂漠に置き去りにされる
26→ドイツで難民と共に過ごす元金メダリスト、元ライバルが迎えに来る
27→女教師の言葉で誓いを立てた三人のロシア人、三人とも死ぬ
28→スペインの島で内戦当時の仲間を殺すか迷う男、結局やめる
29→自分を優秀な人間と思っている会計事務所の男、ライバルを毒殺する
30→監禁された贋作家を助け出す、キートンも捕まるが二人で脱出
31→老人が友人の死の再調査を依頼、実は東ドイツのスパイ殺しだった
32→父に頼まれ女に金を返しに行く、女は自分は父の娘だと言う
33→行方不明の日本人留学生に母の遺産を渡す、テロリストに監禁される
34→娘と別荘に行く、そこで少年時代に会ったバスの運転手を思い出す
35→ロンドンに来てひったくりに遭った日本人女性、娘が人探しを手伝う
36→ダニエルが美人に惚れキートンは隠し子探し、美人は探偵社のスパイ
37→太平が二人の女を巡って中国マフィアと喧嘩、片方は虎だった
38→元SAS最強のナイフ使いウルフが殺人、キートンが呼ばれる
39→38の続き、ウルフと会い麻薬組織と戦う

投稿 : 2020/03/26
閲覧 : 267
サンキュー:

0

ネタバレ

Jun さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

世界にはいろんな生き方がある

色気づいた狂気の10代少年少女に飽きたら、中二病や反抗期特有のキャラだちのない不器用な大人の主人公を思い出してしまう。

90年代前半のヨーロッパが舞台の話が多いです。一話毎に完結していくので主人公以外は毎回ネタにされる人が代わっていきます。貧しくてバカで弱くてもいいんだっていう話が多いし、キートンさんがいつもいつも必ず30分内に助けてくれるので、落ち着いて見れました。普通の人こそいろんな過去があると教えてくれるし、時々泣ける話もある。型にはまりすぎているとも言えますが、国際社会や歴史を勉強できてちょっと得した気にもなれます。

キートンさんは今から思えば、絶対チートですね。考古学者で、特殊部隊教官経験者で、保険会社の調査員って、どうやったらなれたの。

20年近く経ちました。60歳前後のキートンさんは何をいましているのか。ドイツにいるシリア難民を助けているか、イギリス関係で香港にいるか。あるいは日本で女系天皇の研究をしているか。はたまた娘と一緒にパルミラ遺跡の修復を手伝っているか。

現実がアニメを追い越してしまった時代にはこういうジャンルは埋もれてしまうのを待つだけでしょうか。

投稿 : 2019/09/02
閲覧 : 430
サンキュー:

13

ネタバレ

fuzzy さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ひらがたいちきーとん

漫画は好きでバイブルで
アニメは今初めて観ました
世界観、キャラ、音楽
原作を壊さない感じで高評価
もともとすこしのぺっとした作品でもあるので
ちょうど良い温度感かと
放映するストーリーのチョイスもGOOD

鯉のぼり
にれの木
は涙でした
最後はウルフの話?とちょっとがっくりしましたが
観てみたらキートンっぽい話と
最後のウサギの絵が
制作スタッフの作品の思い入れを感じました

感謝(*´ω`*)

投稿 : 2018/12/18
閲覧 : 304
サンキュー:

5

ネタバレ

つぶあん さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

様々な人間模様が描かれた逸品

原作は間違いなく名作。

アニメですが、
これも素晴らしい。

古い作品なので、作画はやはり古い。
でも、作品の雰囲気で逆に味があるように思えます。

考古学者で、雇われ大学講師の平賀・キートン・太一
なかなか講師として定着できる大学がなく、就活中。
現在は副業の保険調査員(オプ:探偵)がメインの仕事となっています。

彼が依頼を受ける保険会社は、イギリス老舗の保険会社ロイズ。
保険金に関する被保険者の死因の他、様々な調査をしています。
難解な調査を担当し、時には襲撃されたりして命の危険もあります。

太一は元イギリス陸軍特殊空挺部隊SAS(Special Air Service)の
曹長で、サバイバル訓練の教官も務めた超エリートだったのです。
普段のお人好しで、平凡な見た目に騙されてはいけない見本のような
人物なのです。
数々のピンチを軍隊での経験や機転で生き延びるシーンは多々あります。

ですが、この物語はそんなアクションを味わうのではなく、
様々な人間模様を楽しむ作品です。

内容は歴史や政治、戦争、犯罪、テロなど多岐にわたる題材を
扱っていて、壮大な盛り上がりもないため、
じっくり見ないとつまらなく思えるかもしれません。

でも、毎回かかわる人々の感情や愛情・憎悪など様々な想いが
伝わる作品なのです。
ほのぼのした話や、時に悲しい話もあります。
最後には、何かしらじんわりと感じることができる、そんな作品です。

OVA含めて39話あります。
最終2話以外は1話完結となっているので、、
時間があるときに少しずつでも視てほしい作品です。

投稿 : 2018/10/24
閲覧 : 349
サンキュー:

9

ネタバレ

HG anime さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

キートンみたいになりたいなぁ

漫画の方も全巻持ってます。不朽の名作ですね。手塚治虫の後継者といわれるだけある浦沢直樹の作画に深みのある物語が加わったこの作品は今でも人気ですね。(MonsterとPLUTOも全巻持ってますが、まだそちらは1話も見てないw)
どの話も味があっていいですね。東西冷戦のことについての話が多いです。アニメも漫画も名作だと思います。
まぁ正直個人的には手塚治虫の後継者というのはどうなのかなと思いますけどね。分からんでもない、といったところです。
難点としては、考古学者のキートンが主人公なのでもっといろんな地域のいろんな時代の歴史について触れてほしかった。冷戦ネタが多すぎるのがなぁ。別に冷戦ネタ自体は面白いんだけど、他はたまに古代ギリシアなりが出てくる程度なのでマンネリズムに陥る。ちょっと自慢みたいになるからほんとは言いにくいけど正直言って世界史ガチ勉強していた私としては物足りないところがある。でもぶっちゃけ世界史やったことない人でも冷戦ネタが多すぎるのは感じるはず。キートンというキャラの魅力・物語の味の深さと、題材にしている歴史の種類や魅力がつりあってない感が否めない。キートンの推論でもある古代ヨーロッパ固有文明の存在ってのは面白いと思いますけどね。

とはいえ名作に違いないのでアニメでも漫画でも観る価値あります。

投稿 : 2016/03/24
閲覧 : 219
サンキュー:

8

ネタバレ

lulonin さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 5.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

昔のヨーロッパが凄く懐かしい、原作最高!

忘れていた冷戦直後の雰囲気を久しぶりに感じました。ドイツマルクとかフランとか、ユーロの前に使っていた時間感覚が蘇ってゾクゾクとしました。
浦沢直樹って経歴ではヨーロッパにいた経歴は無いのに、なんでここまで細かい描写をできるんだろう。本当に不思議。
原作では、「お父さんは本当は軍隊ですごかったんだぞ」感が娘にも伝わるエピソードがいくつもあったのに、アニメでは娘からは完全にダメお父さんで、とてもその点が悲しかったです。

投稿 : 2015/11/25
閲覧 : 202
サンキュー:

2

ネタバレ

どらむろ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

一話完結、冷戦終結前後が舞台の人間ドラマ。昼行燈な中年主人公の魅力が凄い、不朽の名作です

浦沢直樹先生の漫画が原作、全39話のオムニバス。
一見冴えないオッサンだが実はオックスフォード大学で学んだ考古学者…にして、SAS(イギリス陸軍特殊部隊)で大活躍した精鋭…にして、副業でロイズ保険組合の調査員(オプ)…という、トンデモない実力者なキートン教授が大活躍!
冷戦終結前後の社会情勢、考古学や歴史風俗を絡めつつ、キートンの活躍と多彩なドラマが見所です。

あまり派手な活劇では無いのですが、1話完結の人間ドラマとして、とても素晴らしい。
アニメとしては地味だし、東西冷戦などの歴史に関心が薄い方には不向きかもですが、不朽の名作なので是非オススメしたいです。
…歴史ドラマに関心がある方ならば楽しめるかも。
※評価システム上(私にしては)低めですが、実質、不朽の名作。

{netabare}『物語』
物語の時代は二つの超大国アメリカとソビエトの東西冷戦が終結した辺り(90年代前半)で、当時の社会情勢を反映した社会派ドラマが主流ですが、他にもバリエーションに富むストーリーで1話完結どのエピソードも魅力的です。
一見冴えないオッサンだが実はタダ者ではない、平賀=キートン・太一の活躍に時に驚かされ、時に深い人間ドラマに引き込まれます。
話は多彩で全39話どれも面白いのですが…

「キートン無双系」
「考古学・歴史や文化ロマン系」
「第二次世界大戦・東西冷戦の悲劇系」

…な感じに分類できそうです。後者2つもやっぱりキートンが無双します。
世界を股にかけて、考古学者キートン教授が紡ぐ古代史ロマンはワクワクさせてくれるエピソード多し。
派手な活劇で暴れまわる話もあれば、キートンがいきずりのゲストキャラの聞き役に回り翻弄されつつ…いつの間にか歴史のロマンに触れていくタイプのお話も実に面白い。
キートンの豊富な知識と好奇心が、異文化を股にかけて人物ドラマを紡ぎ出していく過程がすごく面白い。

「キートン無双系」
第1話初っ端から、キートンがプロの賞金稼ぎ達に交じって強盗犯グループを圧倒。
一見冴えない中年なキートンを賞金稼ぎのボスは見くびるが実は…!
キートンの凄さは身体能力よりも豊富な知識と経験、まず第一話でタイトルの「マスターキートン」がどんな男か括目します。
8話「交渉人のルール」ではキートンがネゴジエイターとして大活躍。
10話「チャーリー」18話「フェイカーの誤算」24話「オプの生まれた日」
等々、キートンの名探偵っぷりがすごい。
殺人軍用犬と死闘を繰り広げる15話「熱く長い日」
テロリスト相手に冷静にチャンスを狙う20話「臆病者の島」
流石はイギリス陸軍特殊部隊は伊達では無い!
敵だらけの街をハッタリだけで死地を切り抜ける23話「出口なし」もハラハラする。
砂漠に置き去りにされても見事にサバイバルしてのけた25話「砂漠のカーリマン」もカッコイイ。
考古学や民族性も感じさせる名エピソードでした。

…「風上なら銃より投石器の方が有利」とか、割とトンデモな戦闘技術は賛否あるかも。
まあ…アニメですしキートン無双を素直に楽しみたい♪

「考古学・歴史ロマン系」
本作の醍醐味ともいえるエピソード群です。
胡散臭い老人の話に付き合っていたら、いつの間にか歴史のロマンに触れていく4話「不死身の男」は名エピソードです。
これもやはりキートンの学識と好奇心のなせる展開、ピンチを切り抜ける凄腕っぷりも流石。
イギリスを舞台に、若きイギリス人青年と中国人女性の恋を、中国から日本にかけての孫文亡命の歴史と日中文化交流に絡めていく11話「特別なメニュー」
日本の天狗伝説とスコットランドの悲劇の歴史(イングランドとの戦争)を絡めた歴史ロマンス21話「アザミの紋章」
も素晴らしい。キートンの学識と推理が、一見関係なさそうな異文化を繋げていき、ラストのステキな驚きの結末にもっていくのが良いです。
パズルのピースがそろった時のカタルシスが見事。

「第二次世界大戦・東西冷戦の悲劇系」
これも本作特有の作品群。
悲しい歴史の闇に翻弄される人々の、悲劇的なお話が多いです。
東西冷戦の象徴たるベルリンの壁に引き裂かれた少女の14話「心の壁」
胡散臭い老婦人のヨタ話…と思いきや東西冷戦の悲劇9話「貴婦人との旅」
共産主義の理想に燃えた男たちの末路27話「赤い風」28話「アレクセイエフからの伝言」
など、米ソ東西冷戦にまつわる人間ドラマに目が離せません。
第26話「家族」も名エピソード。23分間1話完結のドラマとして素晴らしかった。
東ドイツのソウルオリンピック(88年)の英雄的メダリストだが知らないうちにドーピングさせられおちぶれた男が、ユーゴスラビア難民との交流で生きる希望を取り戻す。
ユーゴ内戦という当時の時代と冷戦の残滓を背景に、ユーゴスラビアと日本は共に蕎麦好きという文化面の話、旧東ドイツの移民排斥など現在でも通じるテーマがありました。
ラストは挫折した英雄カール・ノイマンが大切な絆を取り戻す…泣けます。

戦争の渦中必死に守った極上ワインの物語22話「シャトー・ラジョンシュ1944」
ナチスドイツの空襲にもめげずに学ぶ事を諦めなかった、キートンの恩師5話「屋根の下のパリ」
第二次世界大戦の過酷な運命に負けなかった名エピソードです。
「屋根の下のパリ」は考古学者キートンの原点といえる古代史ロマンや好奇心、そして意外だがハートフルなラストにグッと来ました。

この他にも私が一番好きなエピソードは13話「穏やかな死」です。
テロリスト御用達のスゴ腕爆弾職人が、穏やかに生きて死にゆく老人と出逢い、荒んだ心境が変わっていく…
相変わらずなキートンの無敵っぷりも発揮されつつ、爆弾解除のハラハラ感!
これまで爆弾で罪の無い人々を殺してきた男の、人生最後の穏やかな戦い…一番泣ける名エピソードでした。
23分間で、まるで1本の映画を観ているかのような完成度の高いドラマです。

次点で26話「家族」この2エピソードは最高でした。
この他にも話にバリエーションあって飽きさせない。
…5点満点でも良い位の不朽の名作なのですが。
39話もあるうち、地味なエピソードも多いので「ゴルゴ13」と比べると全話最高に面白い!とまではいかないので4.5点です。
…原作全144話のごく一部に過ぎないので、まだまだ観たいエピソード多いです。

『作画』
地味ですが作画は安定しています。
人物画も背景もドラマやロマン感じさせるに十分。

『声優』
井上倫宏さんは本職は俳優ですが、キートンの深みのある演技は良かったです。
最近では「ヤングブラックジャック」にもレイモンド役で御出演の模様。
キートンの娘の百合子は当時新人の桑島法子さん。かわいいです。
故・永井一郎さんはじめ、いぶし銀のベテラン勢多し。
予告編担当のキートン山田さんも良かった。予告編が良いアニメは良作多し。
…4話「ラザニア奇譚」の幼女とか、子供役がちょっとぎこちなかった感も。

『音楽』
OP「Railtown」は歌が無い音楽なのですが、壮大な歴史・文化ロマンを感じさせてくれる良曲。
マスターキートンとくればこの曲が脳内リピートするくらい。
チャララ~ラ~ラララララララ~チャララ~ラ~ラ~ラ~ラーラララー♪
BGMも良い感じです。
…EDがちょっと合ってないので減点。

『キャラ』
何といってもマスターキートンこと平賀=キートン・太一のキャラクターに尽きる。
まさに「昼行燈」人は見かけによらない!
既に前述したとおり、タダ者じゃあありません!
ピンチでも冷静に対処したり、彼の豊富な知識が本作の歴史・文化ロマンを盛り上げています。
本作の魅力はキートン教授のお陰、ゴルゴ13程の派手なカリスマは無いのですが、それでも特筆すべきスーパーヒーローかと。

キートンの娘の百合子ちゃん可愛い。賢くって気が強くてしっかりもの。いい娘さんですねぇ。
一見ダメオヤジな太平もやはりタダ者ではなかったり、友人たちもユニークだったり。
タフガイな探偵だが実はマザコンなチャーリーは良き友ですな。
ゲストキャラに魅力あり、4話のロマノフ王朝縁の爺さんや、9話の老婦人などクセが強いが深みのあるキャラ多数。
老人に魅力的キャラ多いのが特徴。
18話「フェイカーの誤算」の職人的当たり屋、20話のスケベオヤジだが実は凄腕傭兵もカッコ良かった。

原作にはまだまだ魅力的キャラいるので、無理でしょうけど続編観たいです。{/netabare}

投稿 : 2015/11/08
閲覧 : 397
サンキュー:

37

ネタバレ

senhorita さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:----

1話完結の人間ドラマ

 ずっとずっと前から、私にとって心の栄養剤的な作品。今でも行き詰った時、この作品に慰められている。
 キートンは能力があっても見せびらかさず、謙虚。でも愉快な人で、彼の周りにはいつも暖かい人間の輪ができる。かと言って完璧ではなくて、離婚もしており、一人娘や妻、父には弱い一面も持っている。
 探偵ものや刑事ものに似通っているけれど、キートンの職業は保険の調査員(保険金が支払われる前に調査をする人)。この設定が、特定の職業に固定することなく様々な人との出会いを可能にしている。老若男女、様々な人物が登場しては過ぎ去っていく。色々な人の人生を見せてくれ、そして人としてあるべき立ち振る舞い方もさりげなく教えてくれると思う。
 1話完結でまとまっているので、鑑賞しやすいのも良い。起承転結できれいにまとまっていて、物語としても良く作りこまれている。人間ドラマとしてもっと評価されるべき作品だと思う。

投稿 : 2014/11/18
閲覧 : 247
サンキュー:

3

ネタバレ

mvus さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

毎日ちょっとづつ観たい

一見頼りなさそうに見えて知的かつ身体能力も高い。
考古学者でサバイバル教官で探偵。バツイチ子持ち。
もう、キャラ設定だけでワクワクです。

一話完結のほほん日常系の話と、シリアスな話がよい塩梅に繋がっていくので、
一気に観る時間ないけど毎日ちょっとづつ観たい、という方におすすめかも。

投稿 : 2014/08/28
閲覧 : 179
サンキュー:

1

ネタバレ

えびぃ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

名作。

「アレクセイエフからの伝言」だけで何度泣いたか。

投稿 : 2014/05/02
閲覧 : 272
サンキュー:

0

ネタバレ

莫山 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

楽しめた

漫画が好きなので見てみた。
普通は無い特殊な経歴な主人公の人間ドラマ。
ジャンプのこち亀的にその時代ネタを取り入れた作品なので今見るとちょっと古いかな。
ドナウ川流域に文明は栄えていたのです!

お気に入りの話がアニメ化されていないのが残念。

投稿 : 2013/04/25
閲覧 : 191
サンキュー:

2

ネタバレ

うめさん さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

見所は 兎に角面白い

一見ぱっとしない主人公キートンが実は凄い特殊部隊出身のオプだったと視聴者に判らせていていて尚その上をいくストーリー展開が楽しめます。小ネタや薀蓄がたっぷりで調べながら見るのもいいと思います。どこぞの料理漫画と違う!
で・・・個人的に思うのはキートンの元嫁さん何故に別れた?と其処だけは不思議・・・

投稿 : 2013/03/12
閲覧 : 240
サンキュー:

0

ネタバレ

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

こういうアニメもいいと思えた

勉強が好きになる、または勉強になると聞いて観始める。

作画は現代のものと比べると少々古臭く感じるが、
内容はとても興味深い。
知的好奇心が、観るのをやめさせてくれない。

全39話と長いが、飽きる気配がなかった。
余分な刺激を与えて強引に興味を惹きつけたりしない、
いいアニメ(作品)といえるだろう。

何か問題に直面したとき、「もし自分がキートンなら」と考えて
少し冷静になることができそうだ。
いいメンターになる。

音楽のひとつひとつも良い。

投稿 : 2012/06/23
閲覧 : 203
ネタバレ

jujube さんの感想・評価

★★★★☆ 3.2
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

普通っぽいのに

かっこよく決めてしまう主人公に感動。
ついつい見てしまう作品

投稿 : 2011/09/29
閲覧 : 242
サンキュー:

0

ネタバレ

kain さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

これもコミック全部持っていました。
原作は非常に面白い。
アニメは原作通りの好さでした。

太一の盗癖で事件を解決に導くのは どうかと思う。
娘の百合子が父親に似た処を見せるのが楽しかったです。

投稿 : 2011/08/15
閲覧 : 336
サンキュー:

2

bee5000 さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2022/07/14
閲覧 : 45

Tadano さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2022/07/04
閲覧 : 4

いぬわん! さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

投稿 : 2022/04/03
閲覧 : 3

ぷちぷち さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/11/01
閲覧 : 6

あーーー さんの感想・評価

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

投稿 : 2021/09/04
閲覧 : 9

サイバー司教 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

投稿 : 2021/08/18
閲覧 : 8

genroq さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:----

投稿 : 2021/05/09
閲覧 : 8

バットバス さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2021/03/25
閲覧 : 7

三毛猫メリー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

投稿 : 2021/02/04
閲覧 : 13

Ren さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:----

投稿 : 2020/12/17
閲覧 : 12

ちゃっぴー0913 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/10/17
閲覧 : 11

チィ千 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 2.5 状態:----

投稿 : 2020/05/04
閲覧 : 38

LOLO さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

投稿 : 2020/03/28
閲覧 : 38

Kirito さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2020/03/24
閲覧 : 36

k57x83 さんの感想・評価

★★★★★ 4.9
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

投稿 : 2019/12/30
閲覧 : 45
次の30件を表示

マスターキートンのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
マスターキートンのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

マスターキートンのストーリー・あらすじ

元SASのキートンがさまざまな難事件を鮮やかに解決していく推理サスペンス。原作=勝鹿北星、作画=浦沢直樹の人気同名マンガが原作。かつてイギリス陸軍特殊空挺部隊SASに所属していた平賀・キートン・太一は、現在は保険の調査員をしている。本当は考古学者をめざしており、考古学だけで食べていきたいのだが望みはかないそうにない。そんな太一は、保険の調査の仕事のほか、SASの要請や考古学の研究などで世界各地を飛び回り、数々のやっかいな事件に巻き込まれる。それらを太一はSASや考古学の研究で培った技術や知識、持ち前の機転で解決していく…。(TVアニメ動画『マスターキートン』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
1998年秋アニメ
制作会社
マッドハウス
Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/MASTER%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%B3#.E3.82.A2.E3...

声優・キャラクター

井上倫宏、桑島法子、永井一郎、菅原正志、辻親八、キートン山田

スタッフ

原作:勝鹿北星・浦沢直樹、 監督:小島正幸

このアニメの類似作品

この頃(1998年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ