「それでも町は廻っている(TVアニメ動画)」

総合得点
75.0
感想・評価
1262
棚に入れた
6576
ランキング
518
★★★★☆ 3.8 (1262)
物語
3.8
作画
3.6
声優
3.7
音楽
3.7
キャラ
4.0
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

Jun

★★★☆☆ 2.8
物語 : 2.5 作画 : 2.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:途中で断念した

ふわふわした話かと思ってみたら、外した。

シャフトで尖った演出だったし、ユーモアのセンスも自分には合わなかった。何より個人的にひなびた商店街と喫茶店の雰囲気が自分の地元の経験をフラッシュバックさせ、鬱。すみません。断念します。

投稿 : 2019/06/25
閲覧 : 23
サンキュー:

2

ネタバレ

めかぶ

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

名探偵歩鳥

嵐山歩鳥を中心とした日常コメディ

他キャラも魅力的で楽しいです

ただ、若干作画が崩れたり
{netabare}メイド喫茶(?)シーサイドで
着替える際トイレのドアに向かっていったり
トシ子は左利きですが卓球シーンの脚さばきが右利きのものだったり
「あれ?」と思うようなおかしいところも{/netabare}

ジョセフィーヌがちょいちょいコメント挟むのはいらなかったかも

でもお話自体は面白いですよ

投稿 : 2019/06/23
閲覧 : 17
サンキュー:

2

ネロラッシュ

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

飽きることなくラストまで観れた。

天然というか、トラブルメーカーの主人公嵐山歩鳥の日常を描いている話。

起伏に富んだ話ではないが、宇宙人やら幽霊やらといった非日常も描かれているので、飽きることなくラストまで観れた。

OPはミュージカル風というか…
ひょうきん族だろ!!(笑)

投稿 : 2019/06/22
閲覧 : 37
サンキュー:

4

かんぱり

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

愛すべきおバカキャラ

主人公の歩鳥の愛すべきおばかキャラがいい!
愉快な歩鳥の友人たち、シーサイドのメイド長、商店街のオヤジたち、千葉繁な警官、論理的な数学教師、タヌキみたいなジョセフィーヌなどなど、周りのキャラもなかなかいい味出してます。

原作も面白いです。アニメは1クールだったので、SFっぽい話をわざわざいれなくても良かった気がします。他にも面白い話はあるので。
貧乏くんとかいう4コママンガはアニメでわざわざやらなくても良かったかも。あんまり面白くないし。

OPは山下達郎の名曲ですね。EDも良かったです。

投稿 : 2019/06/06
閲覧 : 35
サンキュー:

3

シワーる

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

楽しかった

自分のお婆ちゃんのメイド喫茶でバイトする女子高生(ホトリ)と、その取り巻きのコメディです。ファンタジー・SF要素もあります。メイド喫茶の場面はそれほど多くないです。原作は漫画だそうですが、私は読んでいません。

コメディは、要は視聴者の波長に合うか合わないかということに帰着すると思います。私はこの作品のユーモア感覚がとても好きでした。

日常系の作品だと思って敬遠していたのですが、今はもっと早く見ていればよかったと思っています。コメディの比率のほうが高いと思うし、機知に富んでいる。会話の受け答えに、ひねりがきいているんですよ。独特な世界観も好き。

主人公の声はある意味クセがあるのですが、おどけた口達者ぶりが魅力的に感じました。萌え要素はほとんどありません。

投稿 : 2019/05/25
閲覧 : 36
サンキュー:

3

ネタバレ

もも

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

優れた作品ポコ

ほとりちゃんと先生のはなし、おまいた!面白く過ぎる。
それに、みんなは恋愛関係が微妙ですが、めちゃくちゃ面白い。

投稿 : 2019/05/22
閲覧 : 35
サンキュー:

2

ネタバレ

にゃん^^

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

メイド喫茶でアルバイトってこんな感じ?(じゃないって思う。。たぶんw)

おもしろいおはなしだった♪

にゃんは行ったことないけど
メイド喫茶ってもっとかわいいとこかなぁって思ってたら
え~っ!てわらっちゃうw

でも。。あはは。。じゃないみたい
くすくす。。かな?

ほとりちゃんってほんとにふつう
でもけっこうおばかなのはにゃんににてるw
明るくって小さいことにくよくよしないとこはうらやましいなぁ☆
{netabare}
おはなしはほんとにいろいろ

先生にあこがれてたり

幼なじみの男子がほとりちゃんのこと好きなのに
気がつかなかったり

小学生の弟のデートのおはなしだったりって
ラブコメっぽかったり

推理とかSFみたいなおはなしもあったり
でも
なんとなくありそうなおはなしでわらっちゃうよねw
{/netabare}
でもさいごはちょっと感動しちゃうかも

ほのぼのしたコメディが好きだったら見てみてね☆

投稿 : 2019/05/11
閲覧 : 941
サンキュー:

199

funamushi

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

良作ポコ

視聴で制作会社や監督を推測できるのは作り手の力量ですね。
見るほどにキャラクターに親近感がわき、面白かったです。
op edは秀逸です。

投稿 : 2019/02/03
閲覧 : 77
サンキュー:

2

つぼ

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

俺たちも、ひょうきん族だった!!(笑)

原作未読、

○「ダウンタウン」

フジテレビが山下達郎に「ダウンタウン」をひょうきん族への楽曲提供して欲しいと打診、それに山下達郎が首を縦に振らず、カバーならばとエポの「ダウンタウン」が使われる事となる、

本作品ではよりライトに歌い上げる坂本真綾さんが担当、

素晴らしい出来です!映像も歌詞も歌声も!ウキウキ(ウキブギ)です!(笑)

○視聴前の注意点

本作品は少~し取っ付きにくい面があります、所謂アニメアニメしてないので他の作品に比べ癖があるのです

1、心に余裕を持たせリラックスした状態で視聴しましょう

2、頑張って3話まで視聴しましょう

3、オッサンの世界観に浸れる勇気を持ちましょう


すると、アラ不思議!

登場人物との距離感がなくなり親しみがわいて俄然面白くなって来ますよ!

面白い面白くないは嗜好なので人様々ですが、レビュータイトルで「ピクン」となった人なら、かなりの確率でお気に入り作品になるのではないでしょうか♪


○最後に

七色の黄昏降りてきて
風はなんだか涼しげ
土曜日の夜はにぎやか

街角はいつでも人いきれ
それでも陽気なこの街
ついでもおめかししているよ

暗いきもちさえ
すぐに晴れて
みんなうきうき

ダウンタウンへくりだそう
ダウンタウンへくりだそう
ダウンタウンへくりだそう

投稿 : 2019/01/12
閲覧 : 104
サンキュー:

13

イムラ

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

隠れた怪作

<2018/12/23初投稿>
原作既読。
本放送時に観てました。
原作は割と最近に完結。

架空の街、丸子商店街。
多摩川なんかも出てくるので神奈川県川崎市の新丸子駅周辺でしょうか。
田園調布から中原街道を西に進み、丸子橋を渡った辺り。
地味な下町が舞台です。

そんな丸子商店街の鄙びたメイド喫茶「シーサイド」(なんだそれ?)で繰り広げられる日常コメディというか、なんだろ?

他愛もない出来事にぼんやりした細かい笑いと、時おりハッとするような一言や出来事。
たまに推理ものになったりSFだったりホラーだったりファンタジーだったりUMAや隠し味程度のラブコメも。

つまり謎作品。

基本一話完結形式です。

主要な登場人物は

・嵐山歩鳥(ほとり)
推理小説が好きで将来は探偵になりたいと本気で思ってる、頭のネジが変な角度で刺さってる女子高生。
色気ゼロだけど「おまんじゅうのような」愛嬌がある。
歩鳥の弟曰く「野球の才能がある人が、バットで書道やってるような人」
シーサイドでバイト中

・辰野トシ子
歩鳥の同級生・友達・バイト仲間。
あだ名は「たっつん」「たっつんつん」
美人で巨乳でなんでもソツなくこなす。
歩鳥の相方兼お守り役その①
つまりツッコミポジション。
左利き。眼鏡。
そういや原作で野球の攻守を「攻めて、受けて」って言ってた。

・紺双葉
歩鳥、たっつんの先輩。
少年のようなクォーターのロッケンロールな美少女。
口が悪く、怖そうだけど実は極度の人見知りで甘えん坊。
歩鳥の相方兼お守り役その②
つまりツッコミポジション。
担当はベース。金髪。

・針原春江
さんま似の、歩鳥とたっつんの同級生。
卓球部。
性格がめちゃくちゃ良くて子供に好かれる。
安定した人格の極めて常識人。
たっつんとは中学時代ライバル関係。
「ピンポン」でこんな人を見たような・・・

・真田広章(ひろゆき)
歩鳥の幼馴染で同級生。
そこそこイケメンなのに自覚はなく、なぜか歩鳥に片想いしてる。
歩鳥へのリアクションが童貞。
いや女性関係のリアクションは悉く思春期の童貞のそれか。

・磯端ウキ
シーサイドの経営者兼マスターでお婆さん。
旦那に先立たれ一人でお店を切り盛りしてた。
趣味はパチンコと麻雀。
子供の頃からよく遊びにくる歩鳥の面倒を見ていた。
お守り役その③。
CVはなんと櫻井孝宏さん。
ババア役もこなすイケボ。

・嵐山猛(タケル)
歩鳥の小学校高学年の弟。
常識的な小学生。
賢く小学生の割には冷静。

・嵐山ユキコ
歩鳥の小学校低学年の妹。
ピーキー。
このまま大人にしてはいけないタイプ

他にもたくさん出てきます。
みなどこにでもいそうだけどちょっとずつ個性的でクセがある。

アニメの出来そのものは良いと思うのですが、シャフト演出が物の見事に滑った作品かなと思ってます。

特に笑いのところ。
原作の笑いはただでさえぼんやりしてるのに、アニメ版は笑いどころで溜めを作りすぎててなんだかなぁ、という感じでした。
あと歩鳥を可愛く見せる必要はなかったのでは。

その分、評価下げました。

あと、これは仕方ないとこなのですが、話数が足らず原作が本当に面白くなるところまでアニメではやれてませんでした。
アニメ放映時はまだ原作も続いてましたしね。

原作は作品掲載順が時系列になっておらずバラバラで一話完結。
なのに話と話が微妙につながっていたり。
読み進めるとどんどん面白くなってきます。
噛めば噛むほどのスルメのよう。

風変わりな作品ですがまだの方には是非観てほしい、そんな作品です。

できれば続編やってほしいけど無理だろなー。

<2019/1/1 追記>
新年初書き込みです。
一言言っておきたくて。

この原作者さん、絵柄はぬぼーっとしてわかりにくいですが実は絵がめちゃくちゃ上手。
デッサン狂うなんてことはなく、人間の体全体を的確に描いてます。
どんなポーズでも自由自在。
ついでにいろんな漫画家さんの絵柄のパロディもしれっと。

きれいな顔描く人や、迫力ある絵を描く人は数いれど、こんだけ正確に書き上げる漫画家さんはそうは見かけない。

つっても私の素人意見ですが。

投稿 : 2019/01/01
閲覧 : 270
サンキュー:

32

三毛猫メリー

★★★★☆ 3.5
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

それでも

過去に視聴済み。

けっこう前に見たので内容あまり覚えてないが
日常系にしては面白く好きだった記憶があります。

投稿 : 2018/12/13
閲覧 : 82
サンキュー:

5

ももも

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 2.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

悪くはなかった。けど原作とはちょっと違うかも…

このマンガがすごい!などの格付け系ランキングで取り上げられた同名漫画が原作。
原作を一気に読み、ものすごく気に入ったのでアニメをあとから見てみました。

原作の良さは「作者の持つ世界観」これに尽きると思います。
戦闘が熱い!とか、ほのぼのする!とか、そういう言葉にできる感じではないんです。
時にシニカルな笑いとかいくつか特徴はありますが、全体としては作者が持つ独特の世界観が作品に出ていて、それが良さになっている…としか説明ができません。

そして残念ながら、その特徴はアニメ化にはとことん不向きだったのではないかと思います。
原作のテイストもある程度出ているとは思いますが、それ以上にアニメ製作者の世界観が付いているのです。
アニメ化なのでそれは不可避であり、当然なのですが。

またよりによってといいますか、アニメスタジオが特徴が濃いことで有名な「シャフト」、監督が「新房昭之」氏ということも、それに拍車をかけている気がしました。
アニメ化当時は原作が終わっていなかったことも影響してると思いますが、オリジナルシーンもちょいちょい入っています。

単純にアニメとしてみたら悪くはなかったです。
ただ、原作はもっと違うんだよ!とは言いたい。どちらが気に入るかは人によるかもしれませんけどね。
「アニメ化に不向き」と書いておいてなんですが、、、他にも書いている人がいましたが、リメイクを別スタッフで切望したいです。

投稿 : 2018/10/14
閲覧 : 89
サンキュー:

4

kooodain

★★★☆☆ 2.9
物語 : 3.0 作画 : 2.5 声優 : 2.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

一応ギャグアニメ?

一応ギャグアニメと書いたのは何かSFっぽい感じもちょっとミジンコ程度あるから。
未来人や宇宙人?が出てきたり幽霊まで出てきたりします。
ただまぁ物語に影響があるわけではなく日常?の一部として登場するだけ。
タイトルの通り「それでも町は廻っている」。

メイドカフェの話ではなくメイドカフェでバイトをしている主人公の日常の話。
メイドカフェは日常の一部であり主人公とその町や人々との関わりを主題にしている。

ギャグアニメとしては中途半端だし日常物でもない感じ。
私はダラっと見れるので結構好き?だが人によっては退屈でならないかもしれない。
話の筋道という物はほぼ皆無だしギャグの強度も強くない。
さらに日常物っぽいのにSFが微妙に含まれる。本当に微妙に。
なのでどっちつかずで中途半端感がある。
まぁこの作品はその適当さが売りだと考えるのが良いのだろう。

あと主人公の声優はテンションの高いキャラは合っていない感じがする。
棒読みっぽい感じに聞こえる……これまた棒読みではないのかもしれないが。
ちょっと合ってない感じがあった。
作品によっては同じ感じのキャラでも普通に聞けるのになんでやろか。

評価は低いけど個人的には悪くないと思っているw

▼物語の評価
ない。ある?……ない。
筋があるわけではなく一話完結って感じなのでそれで良い。
▼作画の評価
作画は手抜きが多い。
気になるレベルの箇所も多少ある。
▼声優の評価
主人公に違和感。他作品では普通だったのでキャラに合っていない?
店主の婆さんが意外とハマっていたw
▼音楽の評価
あんまり聞いていなかった…。
悪いものは無かった。
▼キャラの評価
主人公よりも他のキャラを好きになるタイプw
なんせ主人公アホだからw

投稿 : 2018/03/21
閲覧 : 79
サンキュー:

3

たわし(ガガ)

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

それでも世界は。。。

お話自体はどうってこと無いですが、オープニングとエンディングは非常におしゃれだと思います。楽曲も含めてセンスが高く、コンテがしっかりと出来ている感じ。アニメーターが贅沢で梅津泰臣さんが作画されてるので非常に滑らかです。

投稿 : 2018/02/23
閲覧 : 133
サンキュー:

9

ニワカオヤジ

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

リメイク希望

原作の方は、個人的に好きな漫画トップ5に入っているので、どうしても比べてしまいます。

シャフトはシャフトで好きなんですが、この作品とは相性が悪いですね。原作は一話ごとに起承転結がはっきりしている上に時系列バラバラで叙述ミステリ的な伏線が多く張られているので、シャフトらしい過剰な演出が蛇足に思えます。

原作も遂に完結したことですし、リメイクして欲しいんですが、無駄な話がほとんどないので4クールくらい必要か・・・ しかし4クールするには地味過ぎますね(笑)

投稿 : 2018/02/16
閲覧 : 108
サンキュー:

9

退会済のユーザー

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:----

タイトルなし

中学の頃のトラウマ
他におもしろいアニメが見つからず、そこまでおもしろくないのに夜更かしして毎週見てたのが心に残ってる

投稿 : 2018/02/04
閲覧 : 67
ネタバレ

ヲリノコトリ

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

私に媚びすぎだよ!

【あらすじ】
女子高生が知り合いのばあちゃんの喫茶店でバイトを始める。でもその喫茶店、最近メイド喫茶になったらしいよ。

【成分表】
笑い★★★★★ ゆる★★★☆☆
恋愛★☆☆☆☆ 感動★☆☆☆☆
頭脳★☆☆☆☆ 深い★★☆☆☆

【ジャンル】
日常、コメディ、ちょっとファンタジー、ちょっと恋愛、ちょっと感動、ちょっと謎解き

【こういう人におすすめ】
一般人~アニメハマり始めくらいの人。笑いたい人。日常コメディ舐めてる人。

【あにこれ評価(おおよそ)】
74.4点。好評だが☆4くらいであと一歩乗り切れない人が多い。

【個人的評価】
広い分野を網羅する日常コメディの傑作。でも広すぎて器用貧乏に。でも相当好き。
『自分のお気に入り』『おすすめしたい作品』

【他なんか書きたかったこと】
{netabare}  主人公はアホめな女子高生。しかし舞台は学校というわけでもなく、バイト先というわけでもありません。舞台は町。
 基本的な立ち位置は日常コメディ。日常系ですが、コメディの質も高いです。推理要素やいい話もサラリと紛れ込んでおり、SFのような非日常に発展したりもします。さらにお色気シーンや萌えの要素もあり、恋愛は隠し味程度で進展する気配ゼロ。不毛にスタイリッシュであり、随所に無駄な薀蓄を含み、男性陣がハーレム状態になったりもしない!
 私のためにあるようなアニメです!
 媚びすぎです!
 生まれてくれてありがとう!
 ちょっとこのアニメに関しては欠点を挙げられません。惜しむらくはあまりに広範を網羅しているせいで器用貧乏になり、私の中のアニメ1位を「四畳半神話大系」にとられてしまっている点。

 まだ観てない人には下の謎解きを紹介します。この謎解きが「謎解きとしてすごすぎる」ということではなく、このレベルの謎解きが日常系コメディのなかにさらっと組み込まれているのがすごいんです!

 ↓以下、第3話前半の約3分間のストーリーを文章化。
{netabare} とある2枚の絵が持ち込まれる。
 一枚は普通の老人の自画像であった。主人公はその絵が正方形であることを指摘する。依頼人は絵と作者についてこう紹介した。
「この絵を描いたのは僕の祖父だ。三人兄弟の末っ子で生前は売れない画家だった。祖父は博打打ちで碌に財産も残さなかったが、多くの絵を描きためていた。祖父の死後、その形見の絵を祖父の兄弟と、遺族の我が家とで三等分したという」
 しかし、本当の問題はもう一枚の絵だった。
 それはさきほどとほとんど同じ肖像画であった。
 目が4つあること以外は。
 絵のタイトルは両方とも「目(自画像)」。
 主人公はこの絵が描かれた理由を推理することにした。 {/netabare}

 真相は是非アニメで見てください! {/netabare}

投稿 : 2018/01/29
閲覧 : 263
サンキュー:

36

40代のおっさん

★★★★☆ 3.3
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

日常の中の面白さ

ありそうでなさそうな日常を描く作品。
腰を据えて見るより、ねっころがってお気楽に観るのに最適かも。
悠木碧さんの珍しいクール声が聞けるのも良い。

投稿 : 2018/01/18
閲覧 : 65
サンキュー:

2

siruma

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

惜しい

原作もシャフトも好きだけれど、お互いの個性が出すぎて反発しあっているような…
べちこ焼きの話とかはシャフト節が効かせやすいと思うが、他の話は…。

歩鳥役の声優さんが、個性的な声かつハマり役すぎて原作読んでいる時もこの人の声で再生されるようになった。

ぜひ2期を!と思ったら紺先輩の声優さんが引退してしまっているらしい…残念。

投稿 : 2017/12/30
閲覧 : 72
サンキュー:

4

モズカッちゃん

★★★★★ 4.2
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

こういうメイド喫茶も悪くないと思う

勢いみたいなのは感じた。

笑いも、ずっとわははって感じじゃなくて
くすくすって後から来るみたいな。

正直なところ非日常なとこはいらんかった。
それだったら日常の話をもっと掘り下げてほしかった。

EDがすごい好き
てか、あのバンド自体が個人的に
一番ツボでした

シーサイドみたいなメイド喫茶に行ってみたい

投稿 : 2017/11/09
閲覧 : 66
サンキュー:

3

oxPGx85958

★★★☆☆ 2.4
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 2.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

エピソードの出来不出来があって全体としてはちょっと

ナンセンスでシュールリアリスティック的なコメディの連作短編。エピソードごとに出来不出来があって、シリーズとしては他人に勧めにくい。特にコメディの演出やタイミングが私には洗練されたものには感じられませんでした。もっとも本作は高い評価を受けているようなので、これが合う人はいるのでしょう。

ただ、とても楽しいエピソードが少なくとも2つありました。第7話Bパートの「ナイトウォーカー」。主人公が弟と夜の街を散歩する話。そして第9話Bパートの「大人買い計画」。べちこ焼きの話。

この2つは短編アニメの秀作として、それだけ切り出して見る価値があると思いました。どちらもコミカルな要素があまりないストーリー。ということはやはり私には本作のコメディ部分が合わなかったようです。

「大人買い計画」は亀井堂静のモノローグが大きな役割を果たしていて、それを演じる雪野五月の底力を感じました。

毀誉褒貶あるようですが、主役の嵐山歩鳥を演じている小見川千明の演技は気に入りました。あと、櫻井孝宏演じる磯端ウキは、いままで見たこの人の演技のなかで一番良かった。

投稿 : 2017/07/12
閲覧 : 67
サンキュー:

1

ウィーハウック

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

シャフト系ギャグアニメ

シャフトのギャグアニメ、もちろん原作はマンガだけど。
ストーリーは違うが演出的には荒川アンダーザブリッジに近い、個人的には淡川の方が好き。

ざっくりあらすじを言うと、主人公がアホなことやってそれに周りが巻き込まれる感じ、こういう日常系が好きな人はそれなりにオススメ、けれど一気に見るとたぶん飽きる、いちいち話がワンパターンすぎる。ちなみにキャラの可愛さはほとんどない、紺先輩でギリかな。

投稿 : 2017/07/10
閲覧 : 69
サンキュー:

1

ネタバレ

MiXTs32975

★★★★★ 4.9
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ギャグとシュールの融合

ちょっとシュールなギャグアニメって定期的に出てきますね。
クスッと笑うシーンがあったり、身近な興味深いネタだったり
作者は色々と考えているんだろうなと思います。
2週目も見たのですが、話が入れ替わってるのがハッキリと
分かっちゃいますね。まー1話で完結な感じが多いのでそこまで
気になりませんが。あと非常にナレーターがよいです。

と、ここまでは、アニメの感想で、面白かったので
原作も読んでみました。ちょっとこっちは非常に素晴らしいじゃないですか・・・。
最初はギャグ路線だったけど、途中から伏線バリバリの
探偵路線がメインに変えてきましたね。
これも面白くて2週目を見たのですが、作者はどうやら最終巻の
展開を考えてから、巻数を重ねているようで
実はちょっとした伏線が描かれています。
最終巻を読んだ後じゃないと分からないものもあれば、
そういうことかと納得する場面もあり

原作を完全にアニメにすれば、間違いなく歴史に残る
アニメだったのに非常にもったいないなー

投稿 : 2017/04/22
閲覧 : 80
サンキュー:

6

yzr500

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

原作を読むことをお勧めします。

文句なしにおもしろい。キャラも音楽もストーリーもうまくまとまっています。原作は終了しましたがコミックの最終話は連載後のオリジナルストーリーですので読まれることをお勧めします。ホッコリしますね。
第2シーズンが作成されることを期待します。

投稿 : 2017/04/21
閲覧 : 164
サンキュー:

4

ネタバレ

ルル

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

(男+女) ÷ モラル = 0

原作未読で視聴。 制作はシャフトで全12話。監督は新房昭之。


『東京の丸子商店街に住む女子高生の「嵐山 歩鳥 (あらしやま ほとり )」の日常をコミカルに描く物語』。 なお、物語の舞台は、主として歩鳥(ほとり)がアルバイトをする近所の昭和臭のする喫茶店「シーサイド」で展開されます。また、作品のジャンルは日常コメディに分類されるそうです。ですからストーリーのようなものはありませんし、イベントのようなものはありません。あまり期待してはいけません。


序盤、この作品のペースに慣れるのにちょっと時間か掛かるかもしれません。ですが、2話ぐらいから徐々に慣れてくると思います。慣れたかどうかの目安としては、シーサイド店長のお婆ちゃんのメイド服姿に違和感を持たなくなった時です。



私はいつも他の方のレビューなどを参考にして次に観る作品を決定するのですが、今回は、まどマギ、物語シリースを手掛ける監督でお馴染みの「新房昭之」のタグでこの作品に決めました。彼が手掛ける作品は、ハズれが少ないんですよねホント。そして今回の場合ですが、やはり当たりでしたよ。登場人物が見事にアホばかりでとても面白かったです。特に、主人公の天然系のアホの「ほとり」、ちょっと勘違いした自意識過剰なアホの「トシ子」、男勝りなアホの「紺先輩」、この3人が揃うと会話が楽しくてもう最高でした。「三人寄れば文殊の知恵」という言葉がありますが、あれ嘘ですね。アホが3人集まっても、アホさ3倍増しでした。


制作はシャフトなので、多少の独特な演出があります。苦手な方もいるかとは思いますが、私はこの作品のようなコメディと、シャフトの独特な演出とはマッチしているのではないかと思っています。 ここで私の個人的な好みで申し訳ないのですが、私はシャフトの演出の中で俗に言う「シャフト角度(*1」と呼ばれるものが好きですね。シャフト作品でこの演出のシーンが出て来ると、「来た!シャフト角度!」と心の中で発してしまいます。私の中ではもはや歌舞伎の見得のポーズをみたいな扱いです。ただ、この作品ではあまりそれが見られなかったのでちょっと残念でした。


音楽も良かったです。オープニングの曲は、誰でも一度はどこかで聞いた事がある山下達郎作曲の「Down Town」で、それをちょっとミュージカル風にアレンジしたものでした。お洒落な感じで良かったです。ちなみに歌っていたのは「坂本真綾さん」でした。エンディングの曲は、作品中の文化祭で、ほとり・トシ子・春江・紺先輩が結成したバントの演奏でした。こちらも良かったです。


これほどの良作な作品で2期がないのが不思議です。読みたい原作がまた1つ増えてしまいました。


見ても大丈夫なネタばれです。第8話のコインランドリーのテレビから流れる野球中継。試合の得点は、{netabare}56対2{/netabare}です。無茶苦茶です。勝ってるチーム、勘弁してあげてw。




*1)シャフト角度とは、振り向き越しに顎を天井の方に向け、目線だけを下に向けて相手を見下す極端な上から目線の仕草です。(シャフ度などと言われたりもします) (。-人-。) ゴメンネ ちょっとレビュー長かった。

投稿 : 2017/04/20
閲覧 : 374
サンキュー:

41

ネタバレ

古酒(クース

★★★★☆ 3.2
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

なんでや!

・・・なんでや!これ面白いだろ!?

なんで2期こんのや!

原作も十分あるだろ!

2期って言えば
2期が決定したら「この作品に2期要る?」って不安になる事や

観終わった後、「2期は余計。蛇足。」って言う感想になったりする事もおおいし

あれの2期はひどかった・・とか
あの作品の2期は必要だったのだろうか・・・とか!

そういう2期は多々あるけれど

この作品にそれは絶対に無いだろ!
大丈夫、それ町だよ!の、安定感あるだろ!

・・悲しい・・こんなに待ってるのに・・

何かと灰汁の強いシャフトで何をお勧めするかで、一番になる作品だよ!

投稿 : 2017/02/20
閲覧 : 87
サンキュー:

6

ネタバレ

じょせふん

★★★★★ 4.1
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

最初から最後まで見応えあり

見始めたときは、主人公の声優さんに違和感があった。この違和感さがクセになってくる。物語も最初から最後まで見応えがある。とにかく終わる頃にはぽっかり穴が開くくらい好きになってた。
ジョセフィーヌが一番好きだ。

投稿 : 2017/02/16
閲覧 : 94
サンキュー:

9

椛もみもみわんわんお

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

日常系コメディ

個人的には視聴意欲を掻き立てる隠れた名作でした


ストーリー展開は丁寧でオープニングからエンディングまでこだわりを感じました


少し昭和臭がするのもいいですね

キャストも良かったと思います

小見川さんの為の嵐山


売上や需要などを考えずに本当に作りたいものを作ったかのような、熱いものを感じました

見て良かったです

投稿 : 2017/02/04
閲覧 : 73
サンキュー:

4

HATAKE

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

キャラが立ち、つまらないと感じさせないアニメ。

ストーリーに連続性ほぼはなく、一話完結やパート完結型なので短いスパンで笑えることが出来ます。
ちなみに、タイトルと中身には関連性はありません。なので、実際に1巻だけでも借りてみて、ハマれば最期まで楽しめると思います。

1.推理小説の好きで、真田から好意を向けられていることに気づかない天然おバカの嵐山ほとり。
2.頭がよく、中学時代は卓球部に所属し活躍していた。真田に片思いをしている辰野さん。
3.魚屋の倅で、ほとりに片思いをしているがなかなか叶わない真田。
4.ほとりの祖母でシーサイドという喫茶店(夜はBAR?)を営んでいる磯野ウキ。
5.卓球部に所属し、特徴的な顔をしている出っ歯の針原さん。
6.ほとり達の数学の授業を担当している森秋先生。いつもほとりのおバカさに頭を抱えている。
7.ほとりや辰野さん、針原さんの先輩にあたり、卓球部の主将をし文化祭では彼女らを誘いメイズというバンドで演奏をした紺先輩。

他にもほとりの父親や弟、ペット。真田の父親と愉快なオッサンたち。
ほとりの弟に片思いをしているであろう女の子。
あとは宇宙人と幽霊となったほとりの祖父。

登場人物と話の内容的にはそれほど目新しさは感じません。
実際私も視聴する前までは「何やこのタイトル、キャラデもイマイチやし、絶対そんな面白くやんけ」と思っていましたが今ではそこそこいい評価になりました。

タイトルについては今でも意味不明ですが、キャラデについてはこの内容とマッチしていると感じるようになりましたし、紺先輩が可愛い!話も面白くない話はありませんでしたし、「今現在みたいアニメがない…」と悩んでいる人にはオススメできるアニメだと思います。

是非見てください!

投稿 : 2017/01/20
閲覧 : 71
サンキュー:

2

芝生まじりの丘

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

この謎の空気感

なんなんでしょうこの面白さは、落語のように絶妙な間合いというものをよく心得ているとか、起承転結がすっきりしているとか、わきまえているギャグとか、真田が不憫とか、色々いいところはあるんですが、結局このなんとも言えない個性的な空気感こそが最大の魅力だと思います。それは、原作の作者が個人的なこだわりをきちんと持ち漫画をかいているためかもしれません。多かれ少なかれどの漫画家も自分のこだわりを持っているのでしょうけれど、いかにその個人的な視点を妥協せず突き詰めて、洗練させていくか、ということこそ、芸術作品を作る上では大切なのではないでしょうか。惡の華とかも全くベクトルは違いますが同様にそういった意味でいい味を出していたと思います(アニメ版は未視聴ですが)。それが、また、シャフトのこだわりある演出とよくマッチしていたように思います。また、原作者が小説が結構好きなようなので、小説を読む人の方がハマりやすいかもしれません。好みは分かれる作品かもしれませんが、自分的には最も好きなアニメの一つです。

投稿 : 2017/01/11
閲覧 : 100
サンキュー:

5

次の30件を表示

それでも町は廻っているのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
それでも町は廻っているのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

それでも町は廻っているのストーリー・あらすじ

嵐山歩鳥は、丸子商店街の喫茶店「シーサイド」で、ウェイトレスのアルバイトをする女子高校生。ある日、マスターの磯端ウキが、店を繁盛させる秘策を思いつく。それは、話題のメイド喫茶だった。しかし、関係者が誰もメイド喫茶を知らず、ウェイトレスがメイド服を着ればメイド喫茶だろうと「シーサイド」はメイド喫茶として再スタートする。同級生でありウェイトレスの同僚であるトシ子、同じ学校の先輩双葉、歩鳥に思いを寄せる同級生広章など、歩鳥の周囲の日常は流れていく。(TVアニメ動画『それでも町は廻っている』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2010年秋アニメ
制作会社
シャフト
主題歌
≪OP≫坂本真綾『DOWN TOWN』≪ED≫メイズ『メイズ参上!』

声優・キャラクター

小見川千明、悠木碧、櫻井孝宏、入野自由、矢澤りえか、白石涼子、杉田智和、ゆきのさつき、田村睦心、仙台エリ、松来未祐、黒田崇矢、金光宣明、桜井敏治、中博史、千葉繁

スタッフ

原作:石黒正数(少年画報社/月刊『ヤングキングアワーズ』連載)、 監督:新房昭之、シリーズ構成:高山カツヒコ、副監督:龍輪直征、キャラクターデザイン・総作画監督:山村洋貴、美術監督:飯島寿治、美術設定:小林徳光、色彩設計:日比野仁、ビジュアルエフェクト:酒井基、撮影監督:江藤慎一郎、編集:関一彦、音響監督:亀山俊樹、音響制作:グルーヴ、音楽:ROUNDTABLE、音楽制作:フライングドッグ

このアニメの類似作品

この頃(2010年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ