「STEINS;GATE [シュタインズ・ゲート](TVアニメ動画)」

総合得点
92.6
感想・評価
15582
棚に入れた
46759
ランキング
2
★★★★★ 4.4 (15582)
物語
4.6
作画
4.2
声優
4.4
音楽
4.2
キャラ
4.4
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

Ash-Lynx

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

このアニメは傑作!……だが、男だ

α‬‬世界線で最も面白いアニメ。だが、私は‪β世界線から来たタイムトラベラーなのでもっと面白いアニメを知っているのだ…

とにかくストーリーの完成度が凄い作品。バタフライ・エフェクトとかターミネーターに似てるけど、それを再構築してここまでのものに仕上げるのは流石。ただ、序盤が少し間延びしてる印象がある。7話辺りから本編に入って、13話辺りからずっとクライマックスって感じ。

OPも毎回スキップしなかったし、ヒロインのツンデレ感、主人公のジョークが最高に良い。物語性以外も一級レベルのクオリティで、まさに日本が誇る傑作アニメです<(_ _*)>

投稿 : 2019/05/21
閲覧 : 45
サンキュー:

6

ネタバレ

taijyu

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

傑作ゲームを高品質にアニメ化

原作ゲームは素晴らしい傑作です。
傑作が多い時間物の中でも、時代を代表する一本だと思っています。
XBOX360はソフトを結局これしか買わなかったのですが、全く悔いは無いです。

その傑作のアニメ化として、始まる前は不安でした。
そもそもゲームとして面白くなっているものを、システムを取っ払い一本道のシナリオにしてしまうアニメ化は、ゲームよりクオリティが落ちるのは当然としても、見る影もなく酷くしてしまうものもありますからね…。
作画ものっぺりしてあまり魅力が無いように見えたのですが…

しかし見てみると非常にレベルが高い。分岐のあるゲームのストーリーを非常に上手に一本道化しています。これは実に見事。
不安だった作画も見慣れれば全然OKでしたね。
稀代の傑作ゲームですが、これだけのクオリティでアニメ化してくれるなら大満足です。

とはいえ、ここまで高評価されていると逆にびっくりです。
いや原作に触れずにアニメから見れば高評価になるのかな?
原作→アニメと見た場合、原作をより高めたと言えない限り、そこまで高評価はできないんですよね。
個人的にはやっぱり原作ゲームの方が面白かったです。

投稿 : 2019/05/03
閲覧 : 75
サンキュー:

3

でこぽん

★★★★★ 4.2
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

あなたは友達を救う為にノーベル賞級の発明を捨てられますか?

この物語は主人公の性格を好きになれるかどうかで、評価が全く異なります。

主人公の岡部倫太郎は、自尊心が強く、虚栄心もあり、人の言うことをあまり聞きません。
だから、第一話で見るのを止めた人も多いと思います。
私も見るのを止めようかと思ったほどです。

ですが、それを我慢して数話見ると、物語の展開に病み付きになってしまいます。早く次が見たくなってしまいます。
そして、いつの間にか、この物語に感動し、涙してしまいます。

物語のあらすじは、
主人公を中心とする仲間たちで研究所をつくり、おかしな研究をします。
研究所といっても、アパートの一部屋にパソコンと電子レンジと冷蔵庫、テレビがあるだけの、ちっぽけな場所です。
しかし、その研究所で、いつの間にかノーベル賞級の凄いものを発明してしまうのです。

だが、その発明の影響で、友達が亡くなります。
そして、主人公が友達の命を救うためにとった行動が、実に人間味あふれており、感動します。

あなたが仮にノーベル賞級の発明をし、その影響で友達が死んだとき、
そして、その研究を無かったことにすれば、友達の命が助かるかもしれないとわかったとき、
あなたは、どうしますか?

主人公の岡部倫太郎は、研究者の前に一人の人間でした。
何よりも友達を大切にする人情味あふれる人間でした。
この作品を見終わった後、そう感じることができ、温かい気持ちになりました。

投稿 : 2019/05/03
閲覧 : 212
サンキュー:

38

鈴木すん

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

文句なしに面白い

こんなにダイナミックな話見たことないっす。

投稿 : 2019/05/02
閲覧 : 56
サンキュー:

3

和田アキ子信者

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

一話切りはむしろ一回して頂きたい!!

この作品を見た人の9割の方が行なっているであろう行為それは、、、ズバリ一話切りである
自分はむしろこの行為を全視聴者に行って頂きたいと思っている
シュタゲってなんか好評やけど大したことないよなっていう感覚を一度持っていただきたいのです
そして数ヶ月経ってからもう一度見て「アッこれヤバイわww止まらねー」ってなってこの作品の真の良さが体験できると思います
とりあえずこのレビューを読んで頂いた方はすぐさまシュタゲの一話切りという神聖な行為を行ってください!!

投稿 : 2019/05/01
閲覧 : 239
サンキュー:

3

ネタバレ

さめしゃーく

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

おもしろい!

まゆしぃが死ぬあたりから一気に面白くなる。
いろんなところで高評価されてるのも納得の面白さでした!

投稿 : 2019/05/01
閲覧 : 39
サンキュー:

3

mon_002

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

キャラが全員好きだわ

最初はそこまで見る気しなかったけど、後から急展開それよりもキャラが良すぎた

投稿 : 2019/04/30
閲覧 : 36
サンキュー:

2

ラウラ

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

とぅっとぅるー

序盤から普通に面白いですが、中盤からは引き込まれて観るのが止まらなくなってほぼ徹夜で観てしまいました。秋葉原が舞台ということもあって、現実と重ね合わせて非常に高い没入感を感じることができます。

視聴した後は現実世界への見方がまるごと変わってしまうかのような、そんな体験ができる極めて面白い作品です。自分の観てきたアニメのなかでも最も好きな作品の一つ。観ていない人にはぜひお薦めしたい。

投稿 : 2019/04/24
閲覧 : 41
サンキュー:

3

ストックトン

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

タイトルなし

数あるアニメの中でも1,2に傑作だと思う作品。
タイムトラベル系のアニメの中でも複雑なストーリーが、
突出してよく練り込まれて出来ているように思う。
通して観ている中で過去に出てきていた様々な伏線とが繋がる度に、
鳥肌が立ちまくるほどゾクゾクしながら観ていた。
それはもう終盤に近付くたびに凄まじいものだったし、
最後のほうはもう泣きながら観ていた。

投稿 : 2019/04/23
閲覧 : 49
サンキュー:

2

moonfire

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

最大のSF作品その一

すでにこれと0を二回見おわた
時間のバグは全然見つからない
本当に完璧なストーリー

投稿 : 2019/04/21
閲覧 : 27
サンキュー:

1

ネタバレ

ろず

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

諦めず見て

最初の10話くらいはなんのことかわからない人も多いと思いますが後半の怒涛の追い上げがすごいです。
伏線の回収もうまいし時系列の混乱も少なかったです。
記憶を消してもう一度みたい。

投稿 : 2019/04/21
閲覧 : 36
サンキュー:

3

Halrunn

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

実は

1話で切っておりました。

ひぐらしが好きなら、この物語も気に入るはずと言われて
見始めたものの、伏線を張る序盤が分かりづらく、退屈に
感じられたからです。

時間ができたので、序盤の退屈を我慢して見直してみたら、
後半から伏線回収が半端なかったです。

もう1回最初から見たくなるやつでした。

じっくり作品にのめりこめる時間がある方におすすめします

では、トットルー♪

投稿 : 2019/04/18
閲覧 : 85
サンキュー:

3

マヤトモ

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

タイトルなし

文句無しの神アニメ。

中二病の主人公がひょんな事から過去にメールを送るタイムマシンを作ったことから始まる、タイムリープアニメの金字塔。

この作品の素晴らしいところはなんと言っても後半の怒涛の伏線回収にある。
物語前半の細かなところまで回収していくのは見ていて心地いいし、何より「あったなぁ、こんなこと」と感じられるのは見てきた甲斐がある。
前半はギャグなテイストが強く、中でもオタクっぽいノリが多いため免疫のある人でないと入り込めないかもしれない。
だが、9話あたりを境にシリアスパートに入りその様相は一変する。
ほんの遊びのつもりだった過去改変は大きな陰謀と結びついてしまい、主人公の幼馴染に悲劇が訪れる。
悲劇を回避するため仲間と知恵を出し合う光景はワクワクするし、中二病だった主人公が幼馴染の女の子を救うため、素をさらけ出し、我武者羅にタイムリープを繰り返す様は見ていて身を切るような辛さがある。
毎回の密度がすごく、時間をかけて整理する必要があるくらい濃密なストーリーとなっている。
しかし、全てを回収仕切った後に迎える最終回は十二分に納得出来るものとなっている。
また、2週目はより細かなところにまで目を向けられるため違った楽しみ方ができる。

全25話で綺麗にまとまっており、かなり見応えのある作品なので是非見て欲しい。

投稿 : 2019/04/16
閲覧 : 41
サンキュー:

3

ネタバレ

エウレカ

★☆☆☆☆ 1.0
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 1.0 音楽 : 1.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

ひどい

評価のタイトルからコメントを読んで頂いてる方は、こんな面白いアニメをどんな理由で低評価してるのか?と思ってる人や、
つまらないと思ったけど他の人はどんな理由で低評価にしてるのかな?と興味を持った方だと思います。

そんな中で私が言いたいのは所詮アニメってこと、
この作品を面白いって言う人は自分の知見のなさを露呈してるだけ。
恥ずかしいからやめた方がいいです。

黙って「バタフライエフェクト」を見ろと言いたい。

ここからは個人的な感想。

正直なところ、キャラの立たせ方は良し、曲もいい、声優さんも絵も良い。

何がダメなのか?
それは根本的にストーリーがダメ
シリアスなタイプリープ物を作るならこの程度の伏線とオチでは生温い。

SF好きな目の肥えた人では何も感じない。
現にクライマックスとして持ってく話は開始2話で想像がつく。
えーーー、となるような展開もない。
問題なのはそれだけではない、バタフライエフェクトを描く上で色んなキャラの色んなルートを描いてるところがもあるが、どのルートを観てもその緊迫感が伝わない。
まゆしーが何回死のうがクリスが死のうが各ルートの話が薄い。
結局ハッピーエンドでしょ?って考察してけば自ずと辿り着く答え。

まぁ百歩譲ってそこは個人差のあるものとしても。
映画バタフライエフェクトの方が遥かに面白い。
タイムリープしてる中で天秤にかけられるもの、伏線の張り方、主人公の心境の変化であったり。全てにおいて低クオリティ。
オマージュをしたにしても低クオリティ。

何が面白いのか聞きたいレベル。
SF好きにはかなり堪え難いもの。これを面白いと言える人の感性を疑う。

観ない方がいい。
時間返せ。

投稿 : 2019/04/15
閲覧 : 212
サンキュー:

4

ネタバレ

tag

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

GOAT!

Greatest of all time.

投稿 : 2019/04/12
閲覧 : 31
サンキュー:

0

ハウトゥーバトル

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

なんと神アニメランキング一位(ゼロは後で見たほうが良い)

視聴理由 ランキング一位らしい

序盤 あ、いわゆる中二病。痛々しい...
(中盤は忘れた)
終盤 すごい面白い展開。

途中鬱展開に発展したけどこらえたらものすごい面白かった
私が同じ立場だったらって考えたときの絶望っぷりはすごそう
ただちょっと説明不足かな...
原理は正直わからなくていいけど、大体でいいから理解したかったなぁ...
頭が悪いってつらい...
確かに物語としてはすごく「面白かった」し、音楽も良かった
キャラは鳳凰院で-だけどルカ子で+かな。ルカ子可愛いね。男子だけど。男子だけど

追記 説明不足な24話当たりは「シュタインズ・ゲート ゼロ」に詳細があるので、心配しなくてへいきです。

投稿 : 2019/04/09
閲覧 : 79
サンキュー:

9

いけめそ

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

最高のアニメ

これ以上のカタルシスを感じるアニメは今後も出てこ無いでしょう
続編のシュタインズゲート・ゼロも感動的なシーンが多く私はお勧めします

投稿 : 2019/04/08
閲覧 : 69
サンキュー:

2

ようちゃん

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

言うまでもない名作

全て見終わって振り返ると。ストーリー、キャラ、音楽。全てにおいて高水準です。
特にストーリーにおいては序盤からの、伏線が緻密で、後半に大きく感動を与えてくれます。
途中、少し中だるみしそうな中盤も最終的には必要なパーツとなります。
評価を信じて見始めて、途中でやめるのは非常にもったいないです。
何故この評価になったのか、最後まで見たら納得できるはずです。

投稿 : 2019/04/07
閲覧 : 45
サンキュー:

5

ひろ

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

全部が伏線

まずこの話の前提条件に二つの事実を覚えておいてもらいたい

ジョンタイターという人物は実際にアメリカの掲示板に現れ、タイムマシン理論を語ったほんとうの人物である

ギャグは2000年当時のにちゃんねらーのネタ全てである

故にこの時代に生きていた人には満点のほか無い作品だが、現代の子供にはギャグが分からないだろう

だがそれを補うほどの12話の伏線
12話の回収が面白い

前半12話は頭に叩き込めそれだけだ健闘を祈る エルプサイコングルー

投稿 : 2019/04/06
閲覧 : 86
サンキュー:

4

ネタバレ

ぺー

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

唇をかみしめて 岡部はどこへ行くんね?

2018.04.14記


ゲームはしてない。

新シリーズ放映の絡みでやっていた再放送にて視聴。
たぶん今から観る人は、もともと評価が高い作品だという前提で入ると思うので、多くの人が指摘するようなともすると退屈に感じるかもしれない前半も頑張って観るんじゃないかな、と思います。というか観ましょう。
自分はそれほど苦になりませんでしたが、たしかにキャラは取っつきにくいかもしれません。

■第一印象(めっちゃ悪意のバイアスをかける)
 おかりん…いや、現実にいたらこいつに近寄らんでしょ
 まゆしい…「トゥットゥルー」それが何?ヲタってこんなんに萌えるの?
 ダル…飛び抜けてイタイ
 くりす…ぎこちない。ツンデレしたいのだろうが中途半端

そして典型的な「話数進むと面白くなってくる」系の様相を呈してきます。

第9話  ん?
第11話  なんかちょっと…
第12話  ファッ!!

以降、これまで横になってポテチ食べながら観てたのが、ちょっと座ってしっかり観てみようか、に変わります。調教完了です。

全話観終えると、そんなキャラ達が自分でも気持ち悪いくらい愛おしく感じてくるから不思議だなと。ハマりました。

{netabare}
■全話完走後の印象
 おかりん…お前はほんと良くやった!頼むからどうか幸せになってくれ!
 まゆしい…天使
 ダル…父のできる精一杯のことはやったはず。全俺が感涙
 くりす…大御所釘〇女史より好きかもしれん。
{/netabare}

物語は脚本含め骨太です。多くの人が指摘しているのであえてここで言うまでもないくらいの構成は拍手モノですね。

{netabare}そもそも暁美ほむらの覚悟と孤独に涙した私が岡部にシンパシーを感じないはずがないのです、たぶん。{/netabare}

1周終わったところでレビューを書いてますが、これは確実に2周以上する価値のある作品です。よう作ってくれました。製作陣に感謝!



-----
2018.09.14追記
《配点を修正》


なお、非ヲタ一般人のアレルギーポイントNO.1は、フェイリス・ニャンニャンでした。 ※サンプル3人
普通に受け入れてる自分に成長を感じますね。



-----
2019.04.06メモ
《配点を修正》


2017.10~2018.03 ラストは改変23話
ゼロを観た後にもう一回無印を観ると味わいが深くなります。ほんと良く出来てる。

投稿 : 2019/04/06
閲覧 : 337
サンキュー:

66

ネタバレ

イコライ

★★★☆☆ 2.2
物語 : 1.0 作画 : 1.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 1.0 状態:観終わった

内容は薄いが悪くはない

私はアニメの評価を全く知る前に、OPを知ってからこのアニメを見始めました。普通に面白かったです。

このアニメの評価は、今でいう、異世界転生モノを超評価する人みたいな人の数の力によって高くなっているのではないかと思います。私の評価は、別に悪くもないけど、決して飛び抜けて優れた作品ではないということです。

多分、厨二病のセリフがたくさん出てくる作品なので、それが刺さった人が多いのと、レビューの通り声優が全員優れていたのが評価の最大の理由だと思います。

{netabare}パターンに入ったら作業ゲーのような次の見える演出、曖昧すぎる設定、あと取捨選択の理由付けが本当に雑でした。選択事態は良いんですが、そうなった経緯は、それがやりたかっただけなのか...みたいな。{/netabare}大してネタバレでも無いけど一応。

特に優先して見るべきアニメと言う訳でもありませんが、もしこれから見るという方はあまり期待せず見るのが一番楽しめると思います。オタク向け演出とか、辛くなったらそれ以上嫌いになる前に見るのをやめた方が良いです。

投稿 : 2019/04/05
閲覧 : 39
サンキュー:

2

オオハシ

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

全てが完璧なアニメ

初見で見た時は7話あたりから時間を忘れ食い入る様に見た
この作品を初見で観られる人が羨ましくて仕方ない

投稿 : 2019/03/31
閲覧 : 61
サンキュー:

1

toN

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

これに勝る作品はない!

私が見たアニメの中ではぶっちぎりの1位です。
キャラに関して言えば、どのアニメにもないくらい癖の強い人達が集まっています。キャラは作品を見れば見るほど好きになっていきますよ。
10話までは私もこんなに評価されている理由がわかりませんでした。しかし前半を何となくで見ていたことを終わった時に後悔しました。とんでもなく心に残る作品でした。
シュタゲ以上の作品は見たことがありません。ぜひ視聴してみてください。

投稿 : 2019/03/30
閲覧 : 171
サンキュー:

2

ネタバレ

ジャスティン

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

5pb原作ゲームのオリジナルアニメ

【視聴きっかけ】
視聴したいとはずっと思ってはいました。
ですが、私そこまでSF系は見ないんですよね
SF系は「ソードアート・オンライン」や「魔法科高校の劣等生」
ぐらいで意外と視聴するコンテンツがまだまだところがありました

アニメ業界の中でもこの作品は有名ですが、
現在に至ると、もう結構古い作品となってしまい
「今期のアニメを見ようかな?」とか
「日常系見るか..」的な感じで結局スルーをしていました

今回見ようと思ったきっかけは、
春アニメに出てくる作品の中で原作美少女ゲームの
「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」が始まるらしく、これはエルフさんが開発したらしいんですが、アドベンチャーゲームといえば、
MAGES.こと5pbさん原作ゲームのアニメの共通点から
視聴しようと思いました。

実際他の実績で「プラスティック・メモリーズ」もあるので
ストーリーは少し期待をしています

【良い点】
■タイムマシンやジョン・タイターなどオカルト系の話だが、しっかりと1クール目に説明が出来ている

この作品の良いところというのは沢山あるけど、
そもそも何故自分が考察してアニメを見れたのか?と考えると
1クール目で一番最初のDコードの話やタイムマシンといった専門用語を
視聴者にも分かりやすく表現しれくれたことです。

下記の感想でも触れるけど、これは本当に凄いことだと思っています
アニメあるあるパターンの「なるほど、わからん」状態が全くなかったこと

確かに分からないこと = 伏線みたいのは確かにあるけど、
実際に見て見るとそういうこと以外は全部話の内容が理解できた

■キャラの立ち回りが素晴らしい
よくよく考えたら、キャラの役割がしっかりとしていることに気づきました
例であげるなら クリスが岡部とタイムマシンやDコードなどの話をしていたときにダルたちが視聴者の役割を担っていたことである。

クリスと岡部たちには分かる話でも視聴者側からすると
全く分からないのである。

それは話を続ける上でも絶対に理解させて上げないと
視聴者がチンプンカンプンで何の話をしているかは分かるような分からないような見たいになりやすい。

そこにダルたちを入れることで疑問点を洗い出すことや、
何かに例えて説明してクリスがその答えをしていくといった
自分がラボのメンバーと同じ位置と一緒に考えながら話を見ることが出来るとは初めての体験でした。

「約束のネバーランド」も考察しながらやったけど、
全然こっちとはレベルが上位すぎて、
格段な差が生まれたことに気づきました

【悪い点】
■1クール見るのが正直いって見どころが少なくて辞めそうになってしまった
これも正直な意見です。
1クール目は基本のところばかり教えられるばかりで、
なんというか楽しさがなかった。
「アニメってこんな感じだったっけ?」みたいにはなった
後は、考察していくアニメなので、考えるのが嫌になって
3話から4話ぐらいに駆けて連続視聴が出来なかったです。

2クールは一気に視聴が出来たけど、
1クールは難しいかったです。

そこにきた救世主がいました。
そう、まゆりちゃんです。
まゆりがいなかったら絶対に続いていなかった
もう裏主人公じゃないかって思っていました。

未来ガジェットのラボメンがギシギシしてたからこそ、
まゆりがいたことによって緩和出来ていたといっても過言ではなかった
本当に助かりました。
いなかった絶対に2クール目まで見てなかったです。


【感想】
1話 - 3話
結構ミステリー要素が多い作品ですね
非科学的な現象を突き止めるために
必死に研究していく様子があるけど、
結局はどうしたいのがあまりピンときていない
(ジョン・タイター懐かしいなw)
そういう事件があったのは知ってるw

年代的にはちょうど都市伝説とか流行ってそうな時期に見えるのは
気のせいかな。すいません、勝手な偏見です

正直にいうと、最終ゴールが分からない
まだ1クール目の始まりだから当然かなw

予想はあまりしたくないけど、
若干「失われた未来を求めて」とかにも似ているような気がする

12話
まさかの展開に衝撃的で驚きました
「え!?、なんで?、何故?」みたいに
凄く戸惑ったのが印象深いです。

この展開凄く好きです。
まるで私が好きな「凪のあすから」の1クールラストみたいな展開
のような感じでこれが素晴らしいと思いました。

正直に言うと1クールはそこまでこの作品は
面白くなるのか?と思うと、そうは思わなかったです。

何故かと言うと、自分で考察しながらアニメを見るということは
面白い試みでもあるし、逆に言えば視聴者を置いていき、
全然よく分からない状況になり、結局はどんなアニメだったのか?
というと返答が出来ないようなアニメになるのではないか?
と疑っていました

だが、この作品は手のひら返しをしてきた。
1クールは、あくまで世界観や世界線、秋葉原はどういったところか
キャラの見せ方を基本から教えてくれたり、タイムマシンや
Dコードとはどういったものかを分かりやすく説明するために
あったのだと知りました。

それはつまり、1クールは基本的な専門用語を教えるチュートリアル
でしかなかったということです。

2クール目からがSTEINS;GATEの始まり。
運命に抗うことが出来ないから、無限ループな生活が流れていく
どうしても変えたくても変えたくても変えられないそれが必然なのだからと

どんなことでも努力した岡部 = 視聴者の気持ちとなり
難しいことは1クールで説明をしたので、すっと入りやすくなった
この作品は2クールなければ絶対成功しなかった作品でした。

アニメってこういう楽しさが好きです。

投稿 : 2019/03/30
閲覧 : 92
サンキュー:

14

Makupaleku

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

今更レビューする必要無し

ここ10年夜アニを視聴している人でまだ未視聴な方は少ないでしょう。 それ位知名度の高い作品。

00年代の代表作がコードギアスとするなら、
10年代の代表作と言っても過言ではないでしょう。

タイムループ物はこの作品以前にもありました。ひぐらしシリーズがパッと思いつきますが、プロットの奥深さ、展開の進み方演出諸々、このジャンルにおいての完成系であると思います。

完成度の高い作品程、粗探しをしたくなる天邪鬼な私ですが、考察云々を始めるとキリが無いので単純な好き嫌いだけ。

紅莉栖推しなのでまゆりのキャラ設定とヒロイン扱いにモヤモヤ。 中の人は好きですがこういう純粋ヒロイン系よりもキツイ性格系キャラの方がハマってるなと感じる今日この頃。 どんなに良い声優さんでも続くと飽きが来ちゃう贅沢なワガママです。はい。

投稿 : 2019/03/27
閲覧 : 53
サンキュー:

2

そう

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:途中で断念した

面白さが分からない

4〜5話見たが、主人公が起こす謎行動に理解できず、辟易として断念

投稿 : 2019/03/23
閲覧 : 109
サンキュー:

3

ニワカ

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

2回目の視聴が終わったので

とても面白い。オープニングも最高。
しかし、最初の数話と中盤が見るのがだるかった。もうちょっとコンパクトかつスムーズな物語だったら、自分的には満点だった。
こういった伏線回収やどんでん返しみたいなのが日本人は好きなのでこのアニメが1位なのは納得できる。ただ先の人が言うように、アニメじゃないけどバタフライエフェクトのほうが衝撃的かつ引き込まれる。

投稿 : 2019/03/17
閲覧 : 102
サンキュー:

5

ネタバレ

リタ

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

2回観て新たな発見もあるけど

アニメ放送当時のオタク・厨二要素全開なやり取りは、分かる人はムフっとなりながら楽しめるし、分からない人に説明しながら観るのも楽しかったしその辺は結構好きだった。

けど肝心の世界を戻す為のタイムリープ1つ1つの話が長過ぎて中だるみしてしまうのか、観るのが疲れてくるので勿体ない。
内容は濃いし2度観ると更に深みが出る良い要素も沢山あるけど、キャラもそれぞれ好きなんだけど、毎話終始引き込まれる程ではなく、もう少しコンパクトならだらけないのではと。

投稿 : 2019/03/16
閲覧 : 67
サンキュー:

3

ネタバレ

プクミン

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

良い作品ですが

原作(PC)をプレイしてからアニメを見たので、物語の評価を下げてしまいました。

アニメ自体は、原作に基づいて良く出来ています。
ストーリー重視のアニメなので、どうしても物語以外の評価は低くなりますが、決して声優が悪いとか、キャラが悪いという訳ではありません。
そういうアニメでは無いという意味での評価です。

このアニメを、とても面白いという人と、何が面白いの?と疑問に思う人で分かれていました。
なので、これを考えてみます。
{netabare}
・個性豊かで魅力的なキャラ達。
基本的に全員優しく、仲間想いで魅力的ではあります。が、強すぎる個性の為、逆に「無理だわ」という人も多そうではあります。

・推理、考察要素が多い
最初のゲルバナ(ゲル状になったバナナ)や、世界線がいきなり変わる、Dメール等、序盤から盛沢山の推理や考察要素が多いところも、続きが気になる魅力と捉えました。
一方で、早く答えを知りたい、何でこうなったの?意味不明。と、シンプルな作品を好む人には、逆につまらなくなる可能性もありますね。

・タイムリープ
本作品の目玉です。タイムスリップではなく、タイムリープというのが面白いですね。しかも戻れる時間に制限があるので、行動にも制限が付きます。何度やっても成功せず、どうすれば的な感じが見ている人にも考察を与える要因になって楽しめると思いました。
一方で、同じ場面を繰り返しているように思える人からすれば、つまらないと感じるのかな?
あの作品{netabare}『ひぐらしのなく頃に』{/netabare}もタイムリープものになるのかな?

・少しずつ変わっていく世界
過去改変によって、少しずつ世界線が変わっていきますが、これも受け手次第ですね。
この小さな積み重ねが大事と思う人もいれば、脱線していると考えてしまう人もいるのかな?
実際『まゆしぃを助ける』というのが本来の目的なので、そこで他のラボメンが一時的とはいえ主役になってます。

・主人公
アニメの主人公って、やっぱり大事ですね。
シュタインズ・ゲートの主人公は、弱音こそ吐く事もありますが、特に嫌われるような性格ではないので、問題無いと思います。
ですがっ!!「あの喋り方がなぁ~」という声も多くあるので、1話切りする人も多いみたいです。
{/netabare}

単純に、タイムリープもののアニメとして楽しみたい人にはオススメです。
この作品をきっかけに、タイムリープ系のアニメが増えたと思っています。

投稿 : 2019/03/12
閲覧 : 138
サンキュー:

14

ネタバレ

ノリノリメガネ

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 2.0 状態:観終わった

オタク要素の高いタイムリープもの

やたらと評価が高い作品なのでいつか見てみたいと思っていた作品。
{netabare}
しかし、見てみたらそれほどの楽しさはなく、序盤は特に出るキャラ出るキャラがみんなキモくて集中できなかった。この辺のオタク要素に抵抗があるかどうかで見方は変わるかなーと。

頑張って中盤まで見ると、序盤のほのぼの展開からシリアスな感じに変化し、SF要素も重なってようやく見れるようになる。
ジャンルはセカイ系に近い。

全体的に切ない作りになっていて、キョーマとクリス、マユリの関係性が良かった。他キャラも一度作り替えた世界を戻す過程が切なかった。
終盤は大切な人を片方しか救えない、いわゆる不条理な二択を求められる展開が切なさを演出していた。

終わってみれば、タイムリープものとして一定の出来栄えにはなっていたと思う。しかし、最初の「評価が高い」という先入観に応えてくれるほどの出来ではなかった。やっぱりキャラクターが好きになれなかったのが痛い。
セカイ系なので仕方ないけど、ものすごく身近なキャラが重要人物でしたってのが多くて、都合良すぎな感じもした。特にミスターブラウンの正体とか、それありなのって思った。コナンで言うところのアガサ博士が黒幕説みたいな気持ち悪さを感じた。

ハッピーエンドなのは良かったかな。
{/netabare}

投稿 : 2019/03/12
閲覧 : 101
サンキュー:

2

次の30件を表示

STEINS;GATE [シュタインズ・ゲート]のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
STEINS;GATE [シュタインズ・ゲート]のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

STEINS;GATE [シュタインズ・ゲート]のストーリー・あらすじ

舞台は「ニュージェネレーションの狂気」による渋谷崩壊から1年後の秋葉原。秋葉原を拠点とする総勢3人の小さな発明サークル「未来ガジェット研究所」のリーダーで、厨二病から抜け出せない大学生の岡部倫太郎はサークル仲間と日々ヘンテコな発明を繰り返していた。2010年7月28日、岡部は単位取得のため同期にして友人の橋田至と共に向かった講義会場で、弱冠18歳でアメリカの科学誌に学術論文が掲載された天才少女、牧瀬紅莉栖と出会う。しかし、彼はその数時間前にラジオ会館の8階奥で大量の血溜まりの中に倒れる彼女を見ていた。そしてそれを橋田へ報告した携帯メールは、何故かその1週間前の日付で受信されていた。その直後、ラジオ会館ビル屋上に人工衛星らしきものが墜落しており周辺が警察によって封鎖されていたことに気付く。検証の結果、発明品の一つである電話レンジ(仮)が偶然にも携帯メールを過去へと送るタイムマシンとしての機能を備えていたことが判明する。そしてその偶然が全世界の未来を左右する出来事になると、世紀の大発明に浮かれていた「この時の」岡部自身は知る由もなかった……。(TVアニメ動画『STEINS;GATE [シュタインズ・ゲート]』のwikipedia・公式サイト等参照)

ティザー映像・PVも公開中!

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2011年春アニメ
制作会社
WHITE FOX
公式サイト
steinsgate.tv/
主題歌
≪OP≫いとうかなこ『Hacking to the Gate』≪ED≫ファンタズム(FEScv.榊原ゆい)『刻司ル十二ノ盟約』

声優・キャラクター

宮野真守、今井麻美、花澤香菜、関智一、田村ゆかり、桃井はるこ、小林ゆう、後藤沙緒里、てらそままさき、山本彩乃、小形満

スタッフ

原作:5pb./Nitroplus、キャラクター原案:huke、 監督:佐藤卓哉/浜崎博嗣、シリーズ構成:花田十輝、キャラクターデザイン・総作画監督:坂井久太、プロップデザイン:コレサワシゲユキ/中村和久、未来がジェットデザイン原案:SH@RP、美術設定:金平和茂、美術監督:衛藤功二、色彩設計:佐藤美由紀、特殊効果:垣田由紀子、3DCG:相馬洋、撮影監督:中村圭介、編集:後藤正浩、音響監督:藤山房伸、音楽:阿保剛/村上純

このアニメの類似作品

この頃(2011年春アニメ)の他の作品

ページの先頭へ