STEINS;GATE 0 [シュタインズ・ゲート・ゼロ](TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「STEINS;GATE 0 [シュタインズ・ゲート・ゼロ]」

よみがな:しゅたいんずげーとぜろ

放送中:2018年春アニメ(2018年4月~放送中)

★★★★☆ 3.7
物語:3.6 作画:3.6 声優:3.7 音楽:3.6 キャラ:3.7
総合得点 63.9
感想・評価 197
棚に入れた人 1914
ランキング 2054
『シュタインズ・ゲート』の続編にあたる作品。過去に発売された小説『STEINS;GATE 閉時曲線のエピグラフ』などで描かれた、牧瀬紅莉栖を救えなかったβ世界線の物語が描かれる。(TVアニメ動画『STEINS;GATE 0 [シュタインズ・ゲート・ゼロ]』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 197

2018.06.17 23:52 トロロ~サンキュー~の評価 | 今観てる| 28が閲覧 ★★★★★ 5.0 評価対象: STEINS;GATE 0 [シュタインズ・ゲート・ゼロ](TVアニメ動画) 物語 : 5.0  作画 : 5.0  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

名作の予感のAnother story

やっぱ自分をアニメにハマらせたきっかけであるシュタインズ・ゲートは良い意味で裏切ってくれますね。
感情が追いついて行かない感じ、引き込まれてく独特な世界観、ハラハラ感、よくできたストーリー
さすがとしか言えん。

 サンキュー(6)
2018.06.17 08:54 さすらい庵の評価 | 今観てる| 4が閲覧 ★★★★☆ 4.8 評価対象: STEINS;GATE 0 [シュタインズ・ゲート・ゼロ](TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.5  声優 : 5.0  音楽 : 5.0  キャラ : 5.0

最後まで観るべし

この物々しい緊張感のある雰囲気、ああこれがSteins;Gateの雰囲気だったなと改めて思い出して引き込まれました。
毎回毎回引きが秀逸で久々に1週間が待ち遠しいアニメです。

途中で切るのはとても勿体ない。前作も前半で切った方はかなり後悔したはず。

原作ゲームが期待外れだったと言う方、私もでしたがかなりシナリオを変えてきています。オリジナル改変かなりあり。

まだ視聴中なのでとりあえずここまで

 サンキュー(1)
2018.06.16 16:43 ミホの評価 | 今観てる| 33が閲覧 ★★★☆☆ 3.6 評価対象: STEINS;GATE 0 [シュタインズ・ゲート・ゼロ](TVアニメ動画) 物語 : 3.5  作画 : 3.5  声優 : 3.5  音楽 : 3.5  キャラ : 4.0

タイトルなし

ただのSteins Gateの方が面白い。
あっちの方がどんどん解決していくというか
びっくりするような展開が多くて、次はどうなるんだろう?と次の話が楽しみになるような終わり方が多かった。
ゼロの方は、おまけにしてはできすぎたおまけだけど、でも個人的にはそれぐらいの感覚だった。
あと、クリスとかの教授の日本語が耳につくんだけど、あのキャラそこまで必要かな…。

 サンキュー(9)
2018.06.15 19:50 deashの評価 | 今観てる| 110が閲覧 ★☆☆☆☆ 1.0 評価対象: STEINS;GATE 0 [シュタインズ・ゲート・ゼロ](TVアニメ動画) 物語 : 1.0  作画 : 1.0  声優 : 1.0  音楽 : 1.0  キャラ : 1.0

本作はオリジナル。前作は完全なるパクリ。まだ加筆するかも

本作はオリジナルだが大変につまらない。ストーリー設定に無理がある。

もしも岡部がセルンを倒すためにアトラクタフィールドの収束によるまゆりの死を受け入れて鬱になっていたのなら、そもそもそれはセルンがその世界にいたところで前作で言うところのベータ世界線ですらない。それはそもそもベータ世界線にもα世界線にも実在しなかった過去だからだ。どう見ても主人公として登場している岡部の性格と彼の持つ記憶は本作ゼロの前作である「シュタインズゲート」のものである。まずここから間違っている。本ストーリー上での岡部の心境は、まゆりの死を乗り越えた別の何かになっていなければならない。もしも岡部が鬱になっていることを肯定してしまうと、世界線は変動し、まゆり救出に漂流する岡部が、クリスの助言により最初のメールまで遡って元の世界線に戻すという、前作のストーリーそのものそれ自身すら実在しなくなる。しかし作中では設定をベータ世界線やアルファ世界線と設定を断定しており、この作品の矛盾のフォローは不可能である。クリスが死んでいる選択をしたからこそ今の岡部があるのである。まゆりの死で鬱になる過去は存在し得えない。でなければタイムマシンのない平和なシュタインズゲートへと到達せしめた岡部の人生で最も長い2週間の奮闘がなかったことになる。なかったことにしてはいけない。ましてや、ベータ世界線に自動で移動したときの最後のメールが前作のラストのクリス宛だったなどという話では論外である。

ラウンダーの本拠とも言えるブラウン管工房が襲われた後で、岡部がブラウンと組むのはあまりにも筋違い過ぎる。ブラウンの感情などどうでも良く、その状況をどうにかするには結局、電話レンジで遡るほかはない。何が起きているのかを把握していないのにそのまま生活するのは危険すぎる。岡部は一体何がしたいのか。助かりたいからブラウンと組んだのか。しかしそれでもなお、時間の改変を避けて電話レンジを封印したいのか。行動原理が理解不能である。とりあえずあの時点でさっさとレンジを作り直せというしかない。
また、鈴羽が「もはや一刻の猶予もない」と岡部に銃を突きつけるシーンなどは、そもそも世界大戦が開始されたのを確認してから、タイムマシンに乗るという選択がまあシナリオが酷くとも妥当な線であり、実際には戦火が広がる前にDメールで過去に戻して考え直すのが望ましい。鈴羽が何にキレているのか分からない。鈴羽の中には、世界の保険のために電話レンジを作り直させるという選択肢はないのか?先ほど書いたが、謎の組織に襲われた時点で、何が起きてもおかしくはない。

ほかのユーザーと同様に、かがりがクリスに似ている理由が何もないなどとはさすがに思わなかったし、自動でリーディングシュタイナーが発動するなど、突っ込みたいことは山積みである。

また余談ではあるが、本作のストーリーも半分程度は前作と同じくパクリで作られていて、しかも元作品の残りかすの部分を多用しているため、自分では全く作れない連中では理解不能な話になりがちなのも頷ける。前作の話の良い部分はそもそもライトノベルの完全なるパクリだが、それにしてもそのパクリのおいしい部分ばかりを丸ごと否定する今作には頭が下がる。わざわざひどいものにした志倉千代丸には感謝の念しか湧かない。

金さえ払わせてしまえば、あとは野となれのMAGESと5pbとニトロプラスらしいと思うしかない。ちなみに、以上の三企業は毎回ゲームの宣伝ばかりが過剰で中身が全くないのが特徴の最悪企業である。買ってはいけない。三社のソフトのアマゾンの評価は軒並み☆4つなのだが、信じがたい行為だと思う。こんな最低なゲーム企業グループはひとつも知らない。

書き込み量が一位のこのランキングについても死ねばいいとしか感じていない。

 サンキュー(1)
2018.06.15 18:37 ガタリリスの評価 | 今観てる| 137が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: STEINS;GATE 0 [シュタインズ・ゲート・ゼロ](TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

視聴中なので評価はデフォルトの3

実は自分、シュタゲの評価は微妙だったりする。
凡作とお気に入りの境界を彷徨ってる感じ。
辛うじて、お気に入りに入ってるけどね。
やはり、私はハーレム展開が苦手なので、そこが評価を下げてる原因かと。
1期はSFの名を借りたハーレムアニメだったので、今回もそんな感じなのかな?
それでもキャラデザや内容は良かった。
まあ、何だかんだ言っても興味を持ってるし期待もしているので視聴すると思います。

EP1{netabare}
オカリンが大学の飲み会に参加し、しかもテニスサークルに入ってるだと!
どうやらオカリンがリア充になった世界線のようだw
鈴羽が未来から来たと言っているから、1期で世界線移りまくった時の世界線の一部なのだろうか?
クリスが居ない世界のようだが、人工知能の論文の説明の時にクリスのシルエットが出ていた。
その話によると人工知能によって”心を持った人格”を復元できるような事を言っていた。
私の予想だと、恐らくその技術を使ってクリスの人格を復元するのではないだろうか?

あと、予想通り序盤からハーレム展開ですわ。。。
個人的にこういう展開は萎えるな。
私が思う理想的な男女比は2:3(ハルヒぐらいが丁度いい)。
このバランスが崩れるとあざとい印象を視聴者に与えてしまう(ただし、主要メンバーが男しか居ないとか女しか居ない場合は除く)。
思うにオカリン・ダル・鈴羽・まゆしー・+α、ぐらいが丁度いいと思う。
ルカ子とかフェイリスは正直主要メンバーにする必要性が感じないんだよなー。
まあ、この辺は私の好みの問題だけどね。
今期は大作の続編が多いので、ある程度先が読めてしまう懸念はあるな。

リア充世界線に移行した所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP2{netabare}
私の予想通り、クリスの人格は機械にインストールされてるようだった。
その技術を使ってクリスとやりとりをする展開になるんだろうね。
クリスはオカリンのことを知らないようだから、クリスとは出会ってない世界線だな。

しかし、外人の拙い日本語が印象に残る回だったなw
微妙な外人風日本語を演じる声優が上手くてワロタ(日本語が難しいw)
ただ、この外人。なにか引っ掛かるものを感じるな。
1期でオカリンはタイムマシンを開発したことによって、秘密組織に命を狙われることになった。
この外人はその時の秘密組織のメンバーなんじゃないかと、私の勘が囁いている。
とりあえず視聴を続けて展開を見届けるしかないね。

私の推理が当たるかどうか、気になるところで次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP3{netabare}
今回はクリスマス会がメインの話。
だが、アマデウスのクリスに依存するオカリンの描写の方が大事な回だったな。
しかし、このクリスマス会、美少女ばっかで羨ましいなw
オカリンは合コン行ったらしいが、別にこのメンツで充分じゃね?
ただ、私が懸念してるハーレム臭が早くも漂って来たな。

ハーレム臭が漂って来たところで次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP4{netabare}
鈴羽がタイムトラベルした時に一緒に女の子が乗っていたらしい。
しかし、12年前の世界で生き別れたという事だそう。
その子を探すためにオカリンとダルが奮闘する。
しかし、まゆしーが引き取ったその戦災孤児の女の子は赤毛だった。
恐らくクリスの実の子供だろうね。
しかし、何故か銃を鈴羽に向ける辺り、大きなトラウマを抱えてそうな感じがするね。
ラストに萌郁が登場して波乱の予感が…Σ(゚Д゚)

オカリンが死んだ魚のような目になった所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP5{netabare}
人探しとアマデウス、2つの話が同時並行で進んでいる展開。
アマデウスの方はオカリンがAIクリスに依存し過ぎて、少し距離を置いてる感じなのかな。
一方、人探しの方は色々と進展があった模様。
オカリンたちの他にカガリを探してる人物がいるらしい。
詳しい情報は不明だが、外国人男性ということだけは分かっているみたいだ。
外国人男性…。
私の勘がこの人物は”レスキネン教授の事だ”と囁いているのだが、真相は如何に?
そして、最後にルカコがカガリを連れて来る超展開に。
突然の出来事に鈴羽が驚愕した所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP6{netabare}
序盤は初詣の和やかなシーンが印象的。
ここでまゆしーとか鈴羽の巫女さんの衣装が見れたのは視聴者に対するサプライズだなw
しかし、女の子巫女姿はグッと来るね!w
個人的にはメイド服より数段上だな。一番はJKの制服だがw
そして、ラストは一転して武装グループの乱入。
恐らく研究所の誰かが秘密組織のメンバーで、それがカガリのことを通報したのだろうか。
やはり、私の読み通り教授辺りが怪しいと感じた。
研究所に内通者が居ると予想した所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP7{netabare}
謎の集団が襲って来たが、ブラウン店長によって撃退。
さらに鈴羽が追い打ちを掛けるが、逃げられる。
私は最初、SERNのメンバーが襲って来たと思ったが、どうやらそうではないらしい。
SERNとは別の組織が存在し、そいつらが襲撃したみたいだ。
恐らく研究所辺りの関係者が怪しいと思うが、やはり私が睨んだ通りレスキネン教授が黒幕の可能性が高いと思う。
ブラウン店長は、オカリンたちがその謎の組織に関しての情報を調べることを条件にカガリを守ると約束。
謎の組織が呟いていた『k-6205』というコード番号を調べていると、どうやら『アマデウス』のことを指しているらしいことが判明する。
と、その時……、アマデウスから着信が届きアプリのクリスが『助けて……』と呟く。
刹那、オカリンの意識にリーディングシュタイナーが発動した所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP8{netabare}
移動した先はクリスが生きているα世界線だった。
その代わり、まゆりは死んでいる世界線。
オカリンのまゆりに対する思いが強く表現されてる回だったな。
しかし、前作『シュタインズゲート』が忘却の彼方なので、ぶっちゃけ内容が理解できなかった(´・ω・`)
自分、記憶力悪いんでサーセンw
機会があればまた前作を見直してみようかな。
クリスとキスしてβ世界線に戻ろうとした所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP9{netabare}
β世界線に戻ったオカリン。
何故か病室のベッドの上。
その後、真帆の部屋が襲撃を受けたらしいことを知らされる。
ロシアとアメリカが秘密裡にタイムマシン研究をしているらしく、オカリンが別の世界線に移ったのは、その実験の余波を受けてのものだったようだ。
色々な謎が錯綜するなか、オカリンは世界線を移ることなく未来を変える方法を模索するが・・・。
物語が難解過ぎて理解できなくなって来た所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

 サンキュー(12)

STEINS;GATE 0 [シュタインズ・ゲート・ゼロ]のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
STEINS;GATE 0 [シュタインズ・ゲート・ゼロ]のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。