STEINS;GATE 0 [シュタインズ・ゲート・ゼロ](TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「STEINS;GATE 0 [シュタインズ・ゲート・ゼロ]」

よみがな:しゅたいんずげーとぜろ

放送中:2018年春アニメ(2018年4月~放送中)

★★★★☆ 3.6
物語:3.6 作画:3.6 声優:3.7 音楽:3.6 キャラ:3.7
総合得点 64.5
感想・評価 257
棚に入れた人 2307
ランキング 1837
『シュタインズ・ゲート』の続編にあたる作品。過去に発売された小説『STEINS;GATE 閉時曲線のエピグラフ』などで描かれた、牧瀬紅莉栖を救えなかったβ世界線の物語が描かれる。(TVアニメ動画『STEINS;GATE 0 [シュタインズ・ゲート・ゼロ]』のwikipedia・公式サイト等参照)

このアニメの感想・評価 257

ネタバレ
2018.08.14 17:28 ValkyOaraiの評価 | 今観てる| 103が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: STEINS;GATE 0 [シュタインズ・ゲート・ゼロ](TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

1期は視聴済み 今度は牧瀬紅莉栖を救えなかった時間軸へ

ちょっとした小道具で紅莉栖を救った1期(α世界線)、この時間軸ではまゆりをも救うために奔走したオカリンこと岡部 倫太郎
しかし今度は牧瀬紅莉栖を救えなかった時間(β世界線)へ赴く

この時間軸の未来は
争いが絶えない...
それとまゆりは紅莉栖のことを少しながら覚えている素振りを見せた
だってオカリンは経験してるんだから
もう1期の世界線には戻れない...

個の時間軸に待ち構えるもの
それは記憶のデータ化
紅莉栖が調べたのを元にしていた...だと!?
今度はこいつらに挑むのか、オカリン

2話
まさかAIでありながら紅莉栖と再会することになった...
でもこの世界線ではタイムマシンはもう使えない...
つまり戻ることはできない...

3話
クリスマスが近づくこの頃
紅莉栖は1期の時はラボに世話になっていたのだが
AIの紅莉栖は...
汚い部屋だから仕方がない
そこにまゆりがやってくる、トゥットルー

4話
電話を「掛け直した」?
そうかこれが...
Dメールとイコールで結べる
「未来視の変換方法」か
未来では第三次世界大戦が起こっている
それから逃れるためにやってきたのがあの子
あの赤髪の子は何処へ?紅莉栖なのか?
部屋に訪れたのは
オカリンが夢で見たあの...桐生萌か...

5話~
ここは1期の世界線じゃねえ...だからまゆりが殺されないはず...
なんだあのテロリストみたいな集団は!?
なん、だと...!?
Dメールもタイムマシンも使ってないのに1期の世界線に!?
ここじゃあまゆりは殺されるルートなのに...

紅莉栖の思いを受けて元の世界線にバック
ここでの未来は第三次世界大戦が起こってしまうルートに変わりはないことが分かった
もうまゆりや紅莉栖が死んでしまうのはごめんだ...

銃撃ってもカスリしかできねえ、泣いた...ルール―と同じく...

10話
紅莉栖のPCに第三次世界大戦のきっかけとなるデータがある...
それを解析されたら...
食い止めに走る二人だった
あのねえ、捨てたらアカンって、データだけ抽出されたら...
その時、近辺にテロリストが...
この世界線では死人は出ないはず...

12話13話
へ?まゆりの娘があの子!?かがりが!?
あのワゴン車のBGM
それを聞いたかがりは...
へ?消えた?どこに?

14話
かがりがライダースーツを着て襲ってきた!?
アンタが欲しいのはあの小さな機械?!
「神様の声」って誰?

15話
母さんは第三次世界大戦で殺された
本当にこれを回避することは可能なのだろうか?

 サンキュー(8)
2018.08.12 21:28 deashの評価 | 今観てる| 360が閲覧 ★☆☆☆☆ 1.0 評価対象: STEINS;GATE 0 [シュタインズ・ゲート・ゼロ](TVアニメ動画) 物語 : 1.0  作画 : 1.0  声優 : 1.0  音楽 : 1.0  キャラ : 1.0

本作はオリジナル。前作は完全なるパクリ。まだ加筆するかも

本作はオリジナルだが大変につまらない。ストーリー設定に無理がある。半端な商品価値のものなのにテレビCMを使い「シュタインズゲート正統続編!」と謳っていたことが非常に不愉快。余りにも適当なストーリーの仕上がりである。そもそも本作は外伝小説をゲーム化しただけで続編でも何でもない。MAGES、5pb、ニトロプラスは毎回こうだ。宣伝とネット自演だけで面白いとのたまっているが現実は殆ど駄作である。

もし岡部がセルンを倒すためにアトラクタフィールドの収束によるまゆりの死を受け入れて鬱になっていたのなら、そもそもそれはセルンがその世界にいたところで前作で言うところのベータ世界線ですらない。それはそもそもベータ世界線にもα世界線にも実在しなかった過去だからだ。どう見ても主人公として登場している岡部の性格と彼の持つ記憶は本作ゼロの前作である「シュタインズゲート」のものである。まずここからかなり間違っている。本ストーリー上での岡部の心境は、まゆりの死を乗り越えた別の何かになっていなければならない。クリスを生かすためにまゆりの死を乗り越え、シュタインズゲートを目指す話にならねばならないのである。その内容すらも割愛されているので意味不明だが、墓の前で泣き続けるあの岡部を肯定してしまうと、世界線は変動してまゆりの絶対死からの救出に漂流する岡部が、クリスの助言により最初のメールまで遡って元の世界線に戻すという前作のストーリーそのものそれ自身すら実在しなくなるということに他ならない。岡部に前作の記憶があることがストーリーの矛盾をそのまま表している。本作になってから、完全に本編ストーリーに無関係の別のストーリーが過去に書かれているが、作中では世界観の設定をベータ世界線やアルファ世界線と設定を断定しており、矛盾をフォローすることは不可能である。繰り返すが、クリスが死んでいる選択をしたからこそ今の岡部があるのである。過去の事実と現在の記憶が一致しない。これに合わせるとタイムマシンのない平和なシュタインズゲートへと到達せしめた岡部の人生で最も長い2週間の奮闘はなかったことになる。なかったことにしてはいけない。ましてや、ベータ世界線に自動で移動したときに電話レンジを使って元の世界に戻った最後のメールが前作のラストのクリス宛だったなどという話では論外である。意味が分からないよ。

ラウンダーの本拠とも言えるブラウン管工房が襲われた後で、岡部がブラウンと組むのはあまりにも筋違い過ぎる。ブラウンの感情などどうでも良く、その状況をどうにかするには結局、電話レンジで遡るほかはない。何が起きているのかを把握していないのにそのまま生活するのは危険すぎる。岡部は一体何がしたいのか。助かりたいからブラウンと組んだのか。しかしそれでもなお、時間の改変を避けて電話レンジを封印したいのか。行動原理が理解不能である。とりあえずあの時点でさっさとレンジを作り直せというしかない。また、襲撃という未知の事態に遭遇したにも拘らず、かのセルンのエージェントことブラウンは全く動いた様子がない。よくあんな所にのんびり娘と一緒にいられるものだ。娘のために自殺した前作はなんだったのか。かがりが神の声とか言い始める辺りでようやく電話レンジのことを思い出すのだが、既にブラウン管工房が襲われてから数か月が経過している。よく情緒が保てるものだと感心せざる得ない。加えてそのタイミングで留学したいなどとはどういう神経かと思う。みんなを残して海外へ行く気なのかお前は。そこまで行くと鬱とかはなんら関係ない。そもそもただの電器系学生の岡部を超一流の海外の研究施設に誘うなど、普通に考えてレスキネンは怪しすぎやしないか。まず岡部ぐらいではその資格はない。紅莉栖や比屋定クラスがいた研究所である。ところで、岡部はどのようにブラウンに現状を説明できたのか理解しかねる。ブラウンはセルンの仲間に分類されるため、基本的には岡部の敵であるが、もしも岡部がブラウンが絶対服従者にしかなりえない無敵の時空支配組織、セルン以上の存在であるなら確かに仲間にできる可能性もある。しかしそれをどうやって説明したのかは謎だ。なぜなら電話レンジはないからだ。しかしそれを踏まえても、または無視してもとても優秀なブラウンは作中では何もしていない。これがもし省略的表現として計算されていたとしても、その表現がこれっぽっちも全くないのはシナリオ製作者の不手際というほかない。はっきり言ってつまらない。

また、鈴羽が「もはや一刻の猶予もない」と岡部に銃を突きつけるシーンなどは、そもそも世界大戦が開始されたのを確認してから、タイムマシンに乗るという選択がまあシナリオが酷くとも妥当な線であり、実際には戦火が広がる前にDメールで過去に戻して考え直すのが望ましい。鈴羽が何にキレているのか分からない。アニメでは遡れる期間が決められているという謎の設定が追加されていたが、それでは前作のよりマシンが機能的に悪くなっている。色々な意味で自爆である。酷くても緩急が無くてもスタジオのそのフォローは間違っている。珍しいミスもあるものだと思ったが、どなたがやってくれたやら。どうもありがとう。さて、付け加えて鈴羽の中には、世界の保険のために電話レンジを作り直させるという選択肢はないのだろうか。先ほど書いたが、謎の組織に襲われた時点で、何が起きてもおかしくはない。これがその後のストーリーを見るうえで後々までずっと気になることになる。鈴羽が屋上でタイムマシンに乗り込もうとて武装集団に取り囲まれた時にはもう何も思わなかった。このストーリーはこの点においてはきちんと矛盾なく完成している。

まゆりの鳳凰院凶真が好き発言は意味が理解できないと言ってもいいくらいに伏線が足りない。何かを書き忘れていると考えるほかない。表現がヘタすぎてそう考えるほかない。これが実力かもしれないが真相は分からない。

のちに、栗栖のパソコンを解析に掛けるのは良いが、信用できる筋に頼んだのがたまたま偶然にしてダルだったとか、ストーリーが馬鹿にもほどがある。外注するなど世界を破壊せんばかりの中身を何と考えているのか。ところでダルは牧瀬クリスの遺産であるノートパソコンの解析に二日もかかるらしい。こういってはなんだがほとんど知識のない自分でもパス無しでのログオンは容易い。アニメでもゲームでもosのログオン画面から全く進んでいないようだったが、そんなことはスーパーハカーにはあり得ない。すぐに破壊されてしまうことにはなるが、あのパソコンのデータのみを外部ストレージに移すのならよほどでない限り1時間以内で終わる。なのにやっていないのか、ハカーなのに。きっと正攻法では解析できない未知の技術でできたノートpcだったに違いない。ダルのキャラクターの一面であるハッカーネタの考証と正確性が甘すぎる。なんで壊されたのだろうか。結局、人類の遺産レベルのpcが壊された理由は理由はなんら分からない。奪うことは容易かったはずだ。

ほかのユーザーと同様に、かがりがクリスに似ている理由が何もないなどとはさすがに思わなかったし、自動でリーディングシュタイナーが発動するなど、突っ込みたいことは山積みである。最初のシュタインズゲートで残された沢山の謎は一つも回収されないままなのが驚きというしかない。

また余談ではあるが、本作のストーリーも半分程度は前作と同じくパクリで作られていて、しかも元作品の残りかすの部分を多用しているため、自分では全く作れない連中では理解不能な話になりがちなのも頷ける。前作の話の良い部分はそもそもライトノベルの完全なるパクリだが、それにしてもそのパクリのおいしい部分ばかりを丸ごと否定する今作には頭が下がる。わざわざひどいものにした志倉千代丸には感謝の念しか湧かない。

金さえ払わせてしまえば、あとは野となれのMAGESと5pbとニトロプラスらしいと思うしかない。ちなみに、以上の三企業は毎回ゲームの宣伝ばかりが過剰で中身が全くないのが特徴の最悪企業である。買ってはいけない。三社のソフトのアマゾンの評価は軒並み☆4つなのだが、信じがたい行為だと思う。こんな最低なゲーム企業グループはひとつも知らない。ちなみに雑誌、ホームページ、ブログ、掲示板などをはじめとした自作自演や広告は角川に外注している。

書き込み量が一位のこのランキングについても死ねばいいとしか感じていない。

 サンキュー(4)
2018.08.10 16:16 ガタリリスの評価 | 今観てる| 206が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: STEINS;GATE 0 [シュタインズ・ゲート・ゼロ](TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

視聴中なので評価はデフォルトの3

実は自分、シュタゲの評価は微妙だったりする。
凡作とお気に入りの境界を彷徨ってる感じ。
辛うじて、お気に入りに入ってるけどね。
やはり、私はハーレム展開が苦手なので、そこが評価を下げてる原因かと。
1期はSFの名を借りたハーレムアニメだったので、今回もそんな感じなのかな?
それでもキャラデザや内容は良かった。
まあ、何だかんだ言っても興味を持ってるし期待もしているので視聴すると思います。

EP1{netabare}
オカリンが大学の飲み会に参加し、しかもテニスサークルに入ってるだと!
どうやらオカリンがリア充になった世界線のようだw
鈴羽が未来から来たと言っているから、1期で世界線移りまくった時の世界線の一部なのだろうか?
クリスが居ない世界のようだが、人工知能の論文の説明の時にクリスのシルエットが出ていた。
その話によると人工知能によって”心を持った人格”を復元できるような事を言っていた。
私の予想だと、恐らくその技術を使ってクリスの人格を復元するのではないだろうか?

あと、予想通り序盤からハーレム展開ですわ。。。
個人的にこういう展開は萎えるな。
私が思う理想的な男女比は2:3(ハルヒぐらいが丁度いい)。
このバランスが崩れるとあざとい印象を視聴者に与えてしまう(ただし、主要メンバーが男しか居ないとか女しか居ない場合は除く)。
思うにオカリン・ダル・鈴羽・まゆしー・+α、ぐらいが丁度いいと思う。
ルカ子とかフェイリスは正直主要メンバーにする必要性が感じないんだよなー。
まあ、この辺は私の好みの問題だけどね。
今期は大作の続編が多いので、ある程度先が読めてしまう懸念はあるな。

リア充世界線に移行した所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP2{netabare}
私の予想通り、クリスの人格は機械にインストールされてるようだった。
その技術を使ってクリスとやりとりをする展開になるんだろうね。
クリスはオカリンのことを知らないようだから、クリスとは出会ってない世界線だな。

しかし、外人の拙い日本語が印象に残る回だったなw
微妙な外人風日本語を演じる声優が上手くてワロタ(日本語が難しいw)
ただ、この外人。なにか引っ掛かるものを感じるな。
1期でオカリンはタイムマシンを開発したことによって、秘密組織に命を狙われることになった。
この外人はその時の秘密組織のメンバーなんじゃないかと、私の勘が囁いている。
とりあえず視聴を続けて展開を見届けるしかないね。

私の推理が当たるかどうか、気になるところで次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP3{netabare}
今回はクリスマス会がメインの話。
だが、アマデウスのクリスに依存するオカリンの描写の方が大事な回だったな。
しかし、このクリスマス会、美少女ばっかで羨ましいなw
オカリンは合コン行ったらしいが、別にこのメンツで充分じゃね?
ただ、私が懸念してるハーレム臭が早くも漂って来たな。

ハーレム臭が漂って来たところで次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP4{netabare}
鈴羽がタイムトラベルした時に一緒に女の子が乗っていたらしい。
しかし、12年前の世界で生き別れたという事だそう。
その子を探すためにオカリンとダルが奮闘する。
しかし、まゆしーが引き取ったその戦災孤児の女の子は赤毛だった。
恐らくクリスの実の子供だろうね。
しかし、何故か銃を鈴羽に向ける辺り、大きなトラウマを抱えてそうな感じがするね。
ラストに萌郁が登場して波乱の予感が…Σ(゚Д゚)

オカリンが死んだ魚のような目になった所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP5{netabare}
人探しとアマデウス、2つの話が同時並行で進んでいる展開。
アマデウスの方はオカリンがAIクリスに依存し過ぎて、少し距離を置いてる感じなのかな。
一方、人探しの方は色々と進展があった模様。
オカリンたちの他にカガリを探してる人物がいるらしい。
詳しい情報は不明だが、外国人男性ということだけは分かっているみたいだ。
外国人男性…。
私の勘がこの人物は”レスキネン教授の事だ”と囁いているのだが、真相は如何に?
そして、最後にルカコがカガリを連れて来る超展開に。
突然の出来事に鈴羽が驚愕した所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP6{netabare}
序盤は初詣の和やかなシーンが印象的。
ここでまゆしーとか鈴羽の巫女さんの衣装が見れたのは視聴者に対するサプライズだなw
しかし、女の子巫女姿はグッと来るね!w
個人的にはメイド服より数段上だな。一番はJKの制服だがw
そして、ラストは一転して武装グループの乱入。
恐らく研究所の誰かが秘密組織のメンバーで、それがカガリのことを通報したのだろうか。
やはり、私の読み通り教授辺りが怪しいと感じた。
研究所に内通者が居ると予想した所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP7{netabare}
謎の集団が襲って来たが、ブラウン店長によって撃退。
さらに鈴羽が追い打ちを掛けるが、逃げられる。
私は最初、SERNのメンバーが襲って来たと思ったが、どうやらそうではないらしい。
SERNとは別の組織が存在し、そいつらが襲撃したみたいだ。
恐らく研究所辺りの関係者が怪しいと思うが、やはり私が睨んだ通りレスキネン教授が黒幕の可能性が高いと思う。
ブラウン店長は、オカリンたちがその謎の組織に関しての情報を調べることを条件にカガリを守ると約束。
謎の組織が呟いていた『k-6205』というコード番号を調べていると、どうやら『アマデウス』のことを指しているらしいことが判明する。
と、その時……、アマデウスから着信が届きアプリのクリスが『助けて……』と呟く。
刹那、オカリンの意識にリーディングシュタイナーが発動した所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP8{netabare}
移動した先はクリスが生きているα世界線だった。
その代わり、まゆりは死んでいる世界線。
オカリンのまゆりに対する思いが強く表現されてる回だったな。
しかし、前作『シュタインズゲート』が忘却の彼方なので、ぶっちゃけ内容が理解できなかった(´・ω・`)
自分、記憶力悪いんでサーセンw
機会があればまた前作を見直してみようかな。
クリスとキスしてβ世界線に戻ろうとした所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP9{netabare}
β世界線に戻ったオカリン。
何故か病室のベッドの上。
その後、比屋定さんの部屋が襲撃を受けたらしいことを知らされる。
ロシアとアメリカが秘密裡にタイムマシン研究をしているらしく、オカリンが別の世界線に移ったのは、その実験の余波を受けてのものだったようだ。
色々な謎が錯綜するなか、オカリンは世界線を移ることなく未来を変える方法を模索するが・・・。
物語が難解過ぎて理解できなくなって来た所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP10{netabare}
アマデウスが復帰してAIクリスと話せるようになったオカリン。
比屋定さんの汚部屋(失礼!)をまゆしー達が掃除している間、オカリンは比屋定さんと秋葉を散策する。
比屋定さんがパーツ組むのが好きだったりとか、@チャンネルのゆるキャラ(モナーっぽいw)を欲しがってたりとか、今回は比屋定さんメイン回ですな。
ラストに比屋定さんがクリスのノートパソコンを持ってることを暴露して次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP11{netabare}
クリスのノートパソコンを解析していたのは何とダル!
さらに比屋定さんにオカリンの秘密(タイムマシンやクリスとの関係)を打ち明けた模様。
そのすぐ後、謎の集団に襲撃される3人。
さらに別の組織も3人を襲う。マシンガンの連射を受けるが、3人は軽傷で済んだ模様。
この時、ヘルメットを被った集団も怪我を負う。
恐らく、これが何らかの伏線となってると感じた。
その後の展開で手に包帯を巻いてる人物が……。
その人物は何と、鈴羽の母親となる『阿万音由季』!
って事は、阿万音由季はオカリン達を襲った謎の集団の一味の可能性があるということだな。
う~ん、それが事実とするなら、その後の展開は相当波乱に満ちたものになりそうだ。
比屋定さんとレスキネン教授がアメリカに帰った所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP12{netabare}
まゆしーの歌を聴いて、カガリの脳に負荷が掛かり気絶。
その後、その歌を手掛かりにカガリの記憶を探ることに。
まゆしーは鈴羽から聴いたと言い、鈴羽は由紀から聴いたと言い、由紀はお菓子作りの教室のクラスメートから聴いたと言い、そのクラスメートは実はオカリンの母親だったというオチw
さらにオカリンの母親は、オカリンからその歌を聴いたという。
しかし、オカリンは全くその記憶がない模様。
結局、謎は残ったままである。
帰り際、雨宿りをしていると、突然カガリの記憶がフラッシュバックする。
そこには”まゆしー”の姿が……。
記憶を取り戻したカガリは、まゆしーを母親と認識し号泣。
果たして記憶喪失は治ったのだろうか?
ラストに謎の組織がカガリのことを”K-6205”と呼んで連れ去ろうとしている描写が流れた。
”K-6205”……。どこかで出て来たような気がした所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP13{netabare}
カガリの記憶が戻ったようだが、鈴羽との記憶に齟齬がある模様。
カガリの少年期の記憶だけが都合よく消されてることに違和感を感じたオカリン。
ブラウン店長にそのことを尋ねると”洗脳された”可能性があることが浮上。
その調査のためにオカリンは山奥の廃墟に向かう。

一方、記憶が戻った(一部だけ)カガリはまゆしーに抱き着くw
その一方で鈴羽とは仲違いをする。
理由は、キレイさっぱり記憶を無くしたカガリに対する苛立ちのようなものらしい。
しかし、鈴羽もカガリに対して申し訳なさのようなものを感じているらしく、謝罪するためのキッカケを求めていた。
そのキッカケは、まゆしー主催のパーティになるはずだったのだが……。
カガリの記憶が再びフラッシュバックした所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP14{netabare}
個人的に思うんだが、過去に干渉すると歴史が変わるっていうタイムトラベルでよく出て来るネタがあるが、よくよく考えるとそれはないんじゃないかなと思った。
なぜなら、”過去”も”未来”も無数に存在しているパラレルワールドのひとつに過ぎないからだ。
だとすれば過去と未来には繋がりがない訳だから、仮に過去を変えたとしてもそれに連動して未来が変わる訳ではない。
別のパラレルワールドに移るだけだろう。
これは私の勘だが、本質的には過去や未来は存在せず、あるのは無数に存在しているパラレルワールドだ。
そのパラレルワールドを人間が各々『これは過去』『これは未来』と名札を付けてるだけなんじゃね?と私は考えている。
そうであるなら、『タイムトラベル=パラレルワールド間の移動』と考えればタイムパラドックスは起きない。

ライダーの正体がカガリであることが判明した所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP15{netabare}
鈴羽がダルと由紀をくっつけようと奔走する話。
鈴羽の子供の頃の写真が消えかかってた。
ダルと由紀が結ばれなくては自分が生まれないかも知れないと不安を感じた鈴羽が、ダルと由紀を強引にくっつけようとする。
が、失敗。
自責の念に駆られる鈴羽だが、鈴羽の行動に背中を押されたダルが由紀に電話。
翌日デートし、今度は無事に上手く行った模様。
由紀にとっては普段のダルの方が好みだったみたいだ。
カガリの機械のような表情が映った所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP16{netabare}
ダルと比屋定さんがタイムマシンを作ろうとしていた事をオカリンにバレる。
オカリンがキレて、その後ダルがキレる。
ダルがマジギレしたシーンを初めて見たような。
タイムマシンが完成してしまうと、まゆしーが死んで世界大戦が起きてしまう。
それを防ぐためにオカリンはタイムマシンの制作を禁止していた。
しかし比屋定さんが、クリスとまゆしーを助け、さらに第三次世界大戦も起きないハッピーエンド世界線『シュタインズ・ゲート』への解を導いてくれるのかも知れない。
まゆしーの涙が夜空に流れた所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

EP17{netabare}
鈴羽とまゆしーが過去を変えるためにタイムマシンに乗ろうとするが……。
アマデウスの暴走。
未来のダルからのDメール。
謎の集団の襲撃。
そして、まゆりの死。
物語が大きく動いた所で次回へ(・ω・)ノ
{/netabare}

 サンキュー(16)
ネタバレ
2018.08.09 17:50 にゃん^^の評価 | 今観てる| 717が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: STEINS;GATE 0 [シュタインズ・ゲート・ゼロ](TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

「STEINS;GATE [シュタインズ・ゲート] 改変版23話 -境界面上のミッシングリンク-」のつづき。。ゼッタイ1話から見た方がいいって思う☆彡

公式のINTRODUCTION
{netabare}
2010年11月β世界線───主人公・岡部倫太郎が数々の苦難、悲哀を乗り越えた果てに「彼女」を救うことをあきらめてしまった世界線。失意の底にある岡部倫太郎。彼を心配する仲間たち。救われなかった「彼女」はどうなったのか? 新たなキャラクターを迎えて描かれる「ゼロ」の物語。
{/netabare}

スタッフ{netabare}
原作:志倉千代丸、MAGES.
監督:川村賢一
シリーズ構成:花田十輝
シナリオ監修:林直孝、松原達也、西村卓也、安本了
キャラクター原案:huke
未来ガジェット原案:SH@RP
キャラクターデザイン:稲吉智重
プロップデザイン:稲吉朝子、コレサワシゲユキ、灯夢
美術設定:灯夢、コレサワシゲユキ
美術監督:小髙猛
色彩設計:佐藤美由紀
特効監修:谷口久美子
撮影監督:塩川智幸
3Dディレクター:ヨシダミキ
モデリング:相馬洋
編集:須藤瞳
音響監督:山口貴之
音楽:阿保剛、信澤宣明、日向萌
音楽制作:MAGES.
アニメーション制作:WHITE FOX
製作:未来ガジェット研究所
OPテーマ「ファティマ」:作詞・作曲:志倉千代丸 編曲:Yocke 歌:いとうかなこ
EDグテーマ「LAST GAME」:作詞・作曲:志倉千代丸 編曲:悠木真一 歌:Zwei
{/netabare}
キャスト{netabare}
岡部倫太郎:宮野真守
椎名まゆり:花澤香菜
橋田至:関智一
牧瀬紅莉栖:今井麻美
桐生萌郁:後藤沙緒里
漆原るか:小林ゆう
フェイリス・ニャンニャン:桃井はるこ
阿万音鈴羽:田村ゆかり
比屋定真帆:矢作紗友里
椎名かがり:潘めぐみ
阿万音由季:田村ゆかり
天王寺綯:山本彩乃
中瀬克美:本多真梨子
来嶋かえで:木野日菜
アレクシス・レスキネン:上田燿司
ジュディ・レイエス:にしむらまや
{/netabare}


1話ずつの感想

--------------------キリトリ線--------------------
#01「零化域のミッシングリンク」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
いくつもの世界線を巡る無限の彷徨。その過酷な旅の中で、岡部は紅莉栖を死の運命から救い出すことを、ついに諦めた。そして、再び大学に通い始めた彼は、平凡な日常に埋没していく。それでも心の傷を癒しきれず、メンタルクリニックへの通院を続ける岡部の中で、いつしか白衣をまとった「鳳凰院凶真」の顔は封印されていた。
{/netabare}
感想
{netabare}
オカリンが紅莉栖のこと助けなかった世界ってヒサン。。
このままだと第3次世界大戦がおきるし
オカリンは心をこわしてカウンセリングに行ってるけどよくならないみたい

そんな時、ラボの同窓会みたいになってみんながラボに集まったの
そこで2人になったところでオカリンは鈴羽から
未来を変えてほしいって何度もたのまれてことわったの。。


そのあとオカリンは紅莉栖のいた大学から来た
人工知能の研究してるアレクシス博士のセミナーを聞きに行ったの

そこで紅莉栖の脳の論文が紹介されて
これからアマデウスってゆう
「データ化した人の記憶をベースに人工知能を作り上げ人間同様の感情と記憶、心を持つ人工知能」のデモンストレーションをする。。って

ってゆうところで今回のおはなしは終わり

~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~♰~☠~

23年後のまゆしいと小さい少女がちょっと出てたけど
だれの子どもなんだろう?
あと、彦星様ってオカリンのことだったのかな?

鈴羽のお母さんになる阿万音由季。。
まゆしいのコスプレ仲間でラボに出入りするようになったみたい。。

鈴羽の名字が阿万音だけど由季とダルって結婚はしなかったのかな?
撃たれてボロボロになっちゃったお母さんの話はイタかった。。


それからアレクシス博士の通訳の比屋定真帆ってゆう子が出てたけど
21歳で中学生くらいの背とかってゆう人ふつうにいそうだけど。。
今回のヒロインになるのかな?


それから今回で1番変だったのがオカリンのしゃべり方だよね。。
そうなったの分かるけどやっぱり変^^

早く元気になって中二病オカリンの声が聞きたいね^^
{/netabare}
{/netabare}
#02「閉時曲線のエピグラフ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ヴィクトル・コンドリア大学のレスキネン教授によるセミナーに出席した岡部。そこで展開された理論は、「人の記憶をデータ化して保存する」という、かつて紅莉栖が提唱したものだった。そして、人の記憶や感情、心をベースに構築された人工知能「アマデウス」のデモンストレーションが行われる。
{/netabare}
感想
{netabare}
「閉時曲線のエビピラフ」?w

オカリンがアマデウスの紅莉栖とはなしするおはなしだったけど
ツンデレ紅莉栖が生きてるみたいだった^^


はじめ、アマデウスの真帆がデモンストレーションしてたけど
「私はおよそ4日前の比屋定真帆の記憶を持ち
そのデータを元に動いているのです。」
って言ってたから自分が真帆の記憶だって知ってるんだよね?

それって悲しくないのかな?
なんだか幽霊になったみたいじゃないのかな?って思った


アマくり(アマデウスの紅莉栖)はオカリンのこと見て
真帆のカレシ?とか思ったみたいだったけど
真帆ってオカリンのことが好きみたいってゆう感じだったのかな?

それからはじめて会ったオカリンに「ひどい発音ですね」とか言っちゃう
アマくりがおかしかったw

思わず「クリスティーナ」って言っちゃったオカリンに
みんながどうして?ってツッコんでたけど
「紅莉栖だからあだ名がクリスティーナだ」って言ったらいいだけなのに
本気でパニクっちゃうオカリンってマジメだなぁって^^

それからオカリンはレスキネン教授からたのまれて
教授が帰るまで2ヶ月くらいのあいだ
アマくりと話しをしてリポートすることになったの。。


あと、まゆしぃが鈴羽のこと元気づけるためにクリパを開きたいって
その時アマくりからオカリンに電話がかかってきて
まゆしぃが出たほうがいいってゆうから出たらツンデレモードのアマくり
オカリンったら連絡8回も無視してたんだね。。

まゆしぃは「出たら」って自分でオカリンに言ったのにかなしそう?
アマくりからの電話だって知ってるのかな?

オカリンは電話が切れたあとなみだを流してたけど
紅莉栖を助けに行くのかな?
{/netabare}
{/netabare}
#3「双対福音のプロトコル」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
紅莉栖の8ヶ月前の記憶をベースにした人口知能「アマデウス」のテスターとなった岡部。「アマデウス」の反応は紅莉栖そのもので、岡部はまるで紅莉栖が戻ってきたかのような錯覚に陥る。そんな中、まゆりの発案で、彼女のコスプレ友達も交えたクリスマスパーティを開催することになる。
{/netabare}
感想
{netabare}
アマくりとオカリンがどんどん仲よくなってきて
オカリンがとうとうアマくりに
クリスティーナって呼びかけたわけが

「照れくさくって素直に名前をよべなかったから。。」
って言ったらアマくりがテレちゃったw
それで「俺はお前のそんな所が。。」って言いかけたら真帆がきて
とつぜんケータイ切っちゃった。。

それで「言ったでしょ。。錯覚におちいるって。。
ここにいるのはアマデウスで牧瀬紅莉栖じゃない!」
「牧瀬紅莉栖は死んだ」って。。

それでオカリンはいろんなこと思い出して
「わ-!!」ってさけび出しておわり。。


オカリンの「。。だが男だ」ひさしぶりに聞けたw

忘れたいのに何度も「死んだ」って言われるのくるしいよね。。
紅莉栖を助けるのがほんとのシュタインズ・ゲートの選択じゃないのかな?
じゃなかったらいつまでも苦しみそう。。


あと、まゆしぃもほんとはオカリンが好きなのに。。
ってゆうせつない気もちが伝わってくるみたいだった。。

早くなんとかしてほしいな☆彡
{/netabare}
{/netabare}
#4「亡失流転のソリチュード」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
「アマデウス紅莉栖」に接しているうちに、まるで本物の紅莉栖がそこにいるかのように錯覚し始める岡部。そんな彼を見ていられず、真帆は「ここにいるのはアマデウス。牧瀬紅莉栖じゃない」と非情な現実を突きつける。その瞬間、岡部は世界が歪む感覚にとらわれる。それは久しく感じることのなかった、世界線を移動する感覚「リーディング・シュタイナー」だった。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回のメインのおはなしは
もしかしたらオカリンは時間線をほんのちょっと移動したかも?ってゆうのと
鈴羽がまゆしぃの娘のかがりを未来から連れてきてたんだけど
1998年の秋葉原ではぐれてさがしてるってゆうのだったみたい


オカリンの時間線移動ってゆうのは
アマくりと話してて屋上で真帆にケータイ切られたことあやまってたとき
オカリンはおぼえてないけどすぐかけ直したことになってたから、たぶん

あと、紅莉栖のお父さんの中鉢博士がロシアに亡命したってゆうニュースが
流れてたからこの世界線でも時間改変がおきてるんじゃないのかな?


それからかがりは未来で戦災孤児だったのをまゆしぃが引き取ったんだけど
顔はちょっと紅莉栖に似てたかも?そのころ10歳で今は22歳のはず。。

オカリンがフェイリスとるかに情報集めてもらってるのと
ダルも調べてて人さがしのプロを呼んだんだけど
それが桐生萌郁で玄関で会ったオカリンがビックリして苦しみ出しちゃった
まゆしぃが殺された時間線もあるから。。


ほかに気になったのはレスキネン教授がちょっとあやしいかも?ってゆうのと
萌郁が来る前にるかから相談したいことがあるって電話がかかってきたこと

るかの電話は萌郁が来たからオカリンがすぐ切っちゃったけど
ちょっと映ったるかの家にお坊さんと女の人が来てて
るかの大事な相談みたいだったから、もしかしてお見合?って思ったけど
見なおしたら赤い髪してたからもしかしてこの人がかがり!?


あと、未来のダルがイケボで「えっ!?」ってなっちゃったw
{/netabare}
{/netabare}
第5話「非点収差のソリチュード」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
鈴羽と共に未来からやってきた椎名かがりの捜索を始める岡部。ダルの依頼でやってきた捜索の専門家は、別の世界線でまゆりを幾度も殺害した「ラウンダー」の桐生萌郁だった。このタイミングで再び目の前に萌郁が現れたことに、岡部は強い不安と疑念を抱く。
{/netabare}
感想
{netabare}
アメリカで死んだサルがたくさん見つかったってゆうニュースやってたけど
もしかしたらおはなしに関係あるのかな?


それで今回のおはなしのメインは椎名かがりだったみたい。。

萌郁にたのんで調べてもらったんだけど
分かったことはもう1人外国人の男の人がさがしてるってゆうことくらい。。
外国人の男の人って言ったらレスキネン教授がやっぱりあやしいのかな?

それから真帆がラボに来てるとき誰かにつけられてるみたいだったけど
知り合いのサイコフィシオロジー専攻のレイエス教授で
「脳の活動によってもたらされる心の働きとか病気なんかについての研究」
してる人なんだって。。

でも、レイエス教授以外にもつけてた人がいたみたい?


それでさいごにるかクンがラボに赤い髪の女の人つれてきて
彼女は記憶喪失だから助けてほしいって。。

オカリンはその子が紅莉栖にそっくりでびっくり!
ってこの人、先回にゃんが言ってた子だよね
そこに鈴羽が帰ってきてその子を見て「かがり!」ってさけんだから
やっぱりかがりなんだよね。。

萌郁の情報で男の人が椎名かがりのことさがしてるって言ってたけど
今までは椎名かがりって呼ばれてたんだから
記憶がなくなったのってきっと最近のことだよね?

外国人の男の人が10歳のかがりをひろって育ててたんだけど
最近はぐれて記憶をなくしたってゆうことかな?


新キャラのレイエス教授も出てきたし
全24話のアニメだと設定とかキャラの紹介ってふつう6話くらいまでだから
来週の終りくらいからおはなしが動き出すのかも?
{/netabare}
{/netabare}
第6話「軌道秩序のエクリプス」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
るかがラボに連れてきた、記憶喪失の少女。その姿を見た鈴羽は、彼女こそ12年間行方不明になっていた椎名かがりだと確信する。なぜなら、かがりが「ママにもらったお守り」だと言って大切にしていた「うーぱ」の人形を、その少女が持っていたからだ。だが、少女は何も思い出すことができず、行方不明だった12年間のことは空白のままだった。
{/netabare}
感想
{netabare}
その子はやっぱりかかりみたいだけど何にもおぼえてないから
とりあえず、その子の家族は引っ越してってどこにいるかわからない
ってゆうことにしておいたの。。

それでオカリンはかがりを1人にしないようにしておいたんだけど
ラボで新年のパーティーをしてたら
フクメンの人たちが銃を持っておそってきた。。
ってゆうところで終わり



やっぱり6話目の終りでおはなしが動き出したね^^

みんなで初もうでに行ったとき
レイエス教授がかがりのほうをじっと見てたけど何だかあやしかった。。

あと、新年会のとちゅうで買い出しに出かけて子たちを見張ってた
サングラスの男の人に気がついて
ミスターブラウンがどこかに電話してたけど
この世界でも秘密組織のメンバーなのかな?
{/netabare}
{/netabare}
第7話「振電遷移のエクリプス」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ラボで行われているお正月パーティが盛り上がる中、
突然「アマデウス紅莉栖」の接続が遮断された。
さらにその直後、銃で武装した覆面の男たちがラボを襲撃してくる。
かつて、別の世界線で「ラウンダー」の襲撃を受けた際に
命を落としたのはまゆりだった。だが、今回狙われたのは……。
{/netabare}
感想
{netabare}
今週もおもしろかった☆

ミスター・ブラウンが助けてくれたんだけど説明しなくっちゃならなくなって
ブラウンさがラウンダーってゆうこととかタイムトリップのこととか話して
お店で鈴羽とかがりをやとってもらって守ってもらうことになったの。。

そのときおそった人が話してた「K6205」を検索したら「魔笛」って出てきて
アマデウスってゆうのも出てきたからオカリンが真帆に電話したら
アマデウスにつながらないって。。

そしたらアマくりから「助けて。。」ってゆうノイズだらけの電話があって
オカリンは別の時間線にうつったみたい?
目の前に紅莉栖があらわれて。。
ってゆうところで終わり


あとで阿万音由季が左手に包帯してた。。
おそってきた人たちの中に
ボスみたいな黒いライダースーツにフルフェイスヘルメット女の人がいて
鈴羽に左腕けられてたけどこれってもしかして。。?

ロシアで地震があったってゆうのも関係あるのかな?

ブラウンさんに協力してもらうことになったけど
時間線が変わっちゃったらそれもなくなるんだよね?

ってゆうか紅莉栖が生きてる世界ってまゆしぃはどうなってるんだろう?


あと、るかが「1人だけ何も教えてくれない」
って泣いてるところは同じラボメンなのにかわいそうだった。。

それからにゃんも「K6205」でググってみたら
シュタゲの次に「魔笛 - Wikipedia」って出てきたけど
2010年ころだって検索結果の上のほうに出てきたんじゃないのかな?
{/netabare}
{/netabare}
第8話「二律背反のデュアル」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
アクセス不能の「アマデウス紅莉栖」から届く、助けを求める声。その直後、岡部は世界線の変動を感知する。気が付くと、握りしめたスマホからは「アマデウス」のアプリが消えていた。そして、彼の前に以前と変わらぬ姿の紅莉栖が現れる。そこは、紅莉栖が生存している「α世界線」だった。
{/netabare}
感想
{netabare}
どこの世界線にいるかちょっと分からなくなっちゃったけど
まゆしぃがいない世界だったんだね。。

紅莉栖はオカリンがべつの世界線からきたって気がついて
そっちに帰るようにするのに
「ハイルナ」ってゆうメールを過去の自分に遅らせたの

それで紅莉栖がラボのドアをあけようってしたとき
ハイルナってゆうメールが届いて
無視して開けたらオカリンがキーボードのエンターを押したあとで
1.097302になって終わり。。

(調べたらメールを送ったのは無印の22話の後半の

{netabare}紅莉栖がオカリンの白衣の肩のやぶれたところを直して
オカリンにまゆしぃが助かる世界に行くようにすすめて
告白されたけどキスで答えてアメリカに帰ろうってしたけど
気が変わって自分も愛してる(?)って言いにラボにもどってきたけど

「岡部!私も。。」って言ったけど世界線が1.130205に変わって
愛してるはオカリンに伝わらなかった。。{/netabare}
ってゆうおはなし)

今回のオカリンがついた世界って
紅莉栖がハイルナってゆうメールを受けとらなくって
紅莉栖の「愛してる」を聞いたオカリンが
まゆしぃより紅莉栖を選んだ世界みたい。。



生きてる紅莉栖に会えたのはよかったけどそっちにはまゆしぃがいない。。
すごくうれしいけどすごく悲しいオカリンの気もち。。
思っただけで苦しくなってきちゃった。。

まゆしぃを選ぶようにすすめたのに自分の言った「愛してる」のせいで
けっきょくオカリンはまゆしぃを殺しちゃって
紅莉栖も悩んでたんじゃないのかな?

それで、捨てたはずの電話レンジを直して
オカリンの気が変わるのを待ってたんじゃないかな?

自分が助かってまゆしぃは死んじゃったって思ったら
紅莉栖だって生きてるだけで苦しそう。。


時間線をうつる前にオカリンが何か思い出してたけど
どっちも助けられるヒントがあったのかな?

ハッピーエンドになるといいけど☆彡
{/netabare}
{/netabare}
第9話「永劫回帰のパンドラ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
「α世界線」で紅莉栖と再会し、束の間の逢瀬を果たした岡部。病院のベッドで目覚めた岡部は、再び「β世界線」へと帰還していた。すべてはもとに戻ったかのように思われた。だが、岡部が眠っていた間にも、「アマデウス」の乗っ取りに続き、彼らの身の回りにはいくつかの不穏な事件が起きていた。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回はまた謎がふえたみたい。。

真帆のへやに泥棒が入ったり、和光のオフィスでガス爆発があったり
それで真帆はフェィリスのマンションにしばらくお引越し。。


オカリンは病院で目がさめたけど
新型脳炎でたおれたことになってて
おなじ病院にまゆしぃのコス友のフブキもいて
あっちの世界線のことを夢だって。。

新型脳炎じゃなくって
リーディングシュタイナーだからオカリンといっしょにたおれたのかな?


ロシアの大地震はアメリカとロシアのタイムマシン開発競争がはじまって
このままだと第3次世界大戦がはじまるみたい

鈴羽はアセってオカリンに世界線が変わったことたしかめて
いっしょに過去にもどる相談(脅迫?)したけど
「世界線を変える事はできても未来をあやつることはできない」
ってオカリンはことわったの


オカリンはこの世界に帰ってきて
紅莉栖のこと忘れたわけじゃないけどまゆしぃを守ることに決めたみたい。。

前は紅莉栖のことで悩んでただけだったけど
今はタイムマシンを使わないで
第3次世界大戦の未来を変えたらいいか考えてるみたい


ダルはオカリンが
「鳳凰院凶真」にもどってくれるのを信じて待ってるみたい^^
鈴羽を止めたけど
「はずかしいセリフ禁止!」w

それからオカリンはブラウンさんと話して
敵になりそうな組織を教えてもらったんだけど
1つはダーパでもう1つはストラトフォーだって

オカリンはその組織が紅莉栖のタイムマシン理論をさがしてるって思って
真帆のへやに行って聞いてみたけど心当たりないって言われちゃった。。

でも後で、紅莉栖のノートPCをあけて「アマ。。デウス」って言ってたから
何かかくしてるんじゃないのかな?
{/netabare}
{/netabare}
第10話「存在証明のパンドラ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
明晰な頭脳を持つ後輩・紅莉栖に憧れ、尊敬していた真帆。それと同時に彼女は、どうやっても追いつけない天賦の才能に、ひそかに劣等感を抱いてもいた。そんな真帆の元には、紅莉栖の遺品が残されていた。それは生前、彼女が使用し、その思考が記録されているノートパソコンだった。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回はサービス日常回?


オカリンとまゆしぃが真帆のへやに行ったらボディガードで萌香までいて
おへやが前より汚くなってたの^^;

それで、フェイリスにたのまれたまゆしぃが
おそうじ軍曹の綯(天王寺さんちの女の子)をつれてきておそうじするんだけど
みんなを地をはう尺取虫とかダルのことほほ笑みクマさんとか呼んで
おそうじさせるんだけどダルにとってはごほうび^^


それからフェイリスと着ぐるみ真帆と萌香が3人でパジャマパーティー。。
フェイリスが真っ赤なベビードールの萌香の巨〇を××だりして
(*´Д`)ハァハァさせて1人でもり上がってたw

そのあと、萌香が小説のネタをノートに書いてたんだけど
「わたしは優秀じゃないから代わりの人間がいっぱいいる」とか言いだして

それに真帆が「自分は自分。。代わりなんているわけない。。
自分をだれかとくらべて劣等感をだきつづけるとか。。」
って言いかけてやめちゃった。。

あらすじに書いてあるけど
真帆は紅莉栖に劣等感を持ってたんだね。。
だから、それ以上萌香にツッコめなかったみたい。。


それからオカリンと真帆がアキバでショッピング。。
今まで来たことないアキバでいろんなPCの部品とか見つけて
真帆はハイテンション^^

そこで入ったゲーセンで
真帆はアットチャンネルキャラのクレーンゲームを見つけて
紅莉栖がこの人形をベッドルームにおいてたってゆうはなしを
オカリンにしたらアマくりがきゅうにあわてだして

オカリンが「さすが隠れアットチャンネラーだな」って言ったら
「そんなことない」ってゆうから
オカリンが「ぬるぼ」って言ったら「ガッ」って。。
(ググったら元ネタは↓みたい)
http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%81%AC%E3%82%8B%E3%81%BD

紅莉栖がアットチャンネラーだったってバレちゃったw


それでこんどは紅莉栖が死んだ「ラジオ会館」に行ったんだけど
あのへやの前まで来てオカリンが気もち悪くなっちゃった。。

それで、オカリンと紅莉栖の仲が分かったみたいで
自分も秘密を話し出したの。。
実は紅莉栖のPCを自分が持ってて
パスワードが分からなくって信頼できるところに解析に出してるって。。

その話を聞いたオカリンがきゅうに
「ダメだ!そのPCはパンドラの箱だ!
中に入ってるデータは人類を破滅にみちびく災厄だ!
第3次世界大戦の引き金になるものだ。。」って。。


これから何かはじまりそうなおはなしだったけど
紅莉栖って脳の研究もタイムマシンの研究も天才ってすごいよね^^

真帆が劣等感持ってもしょうがないみたい。。
ってゆうかそんな人と自分をくらべるなんて
ホントは自分ってすごいんだって思ってるんじゃないのかな?
{/netabare}
{/netabare}
第11話「存在忘却のパンドラ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
真帆が紅莉栖のノートパソコンの解析を頼んだ“専門家”とは、橋田至だった。真帆がこれ以上深入りしないよう、岡部はタイムリープマシンの真実を話すことを決意する。しかし、そこへ再び不穏な影が忍び寄る。
{/netabare}
感想
{netabare}
真帆といっしょにダルに会って解析をやめるように言ったオカリンは
真帆にもタイムマシンのことと世界大戦がおきることを話したみたい
そして紅莉栖を助けようなんて思うな!って。。

そんな話をしてるうちに
また、この前の黒いライダースーツの人たちにとりかこまれちゃって
紅莉栖のPCを取り上げられたの。。

そこに、ベレー帽と覆面をした軍隊みたいな人たちがあらわれて
銃で撃ってきて紅莉栖のPCをこわして
黒いスーツの人たちは逃げて、ベレー帽の人たちも引きあげてって
オカリンたちは助かったんだ。。

オカリンたちは
たぶん、ライダースーツのほうはアメリカで
ベレー帽のほうはロシアだったんじゃないか?って。。


そのあとへやに帰った真帆が
おふろでさっきの事件を思い出して動けなくなって
かけつけたオカリンにはだかを見られちゃう事件wがあったりしたけど
あとは空港でみんなで教授と真帆たちをお見送りに行ったくらい。。

アマくりとオカリンのお別れはちょっと切なかったけど
それより気になったのは由季の手のケガ。。

今回と先回ラボがおそわれたとき、ライダースーツのボスが手にケガして
そのときも由季が手にケガしてたけど
これってたまたまじゃないよね?

にゃんもときどき切ることあるけど
右の手のひらを包丁で切るなんて左ききの人じゃなかったらないと思う。。


あと、飛行機の中ですわってるレイエス教授がさいごに映ってた。。
この人ってサブキャラみたいだったのに
だいじなところで出てくるって何かありそうだよね?
{/netabare}
{/netabare}
第12話「相互再帰のマザーグース」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
ラボに襲撃を受けて以来、かがりの身の回りには異変は起きていない。 だが、その記憶はまだ戻らぬままだった。 そんな中、まゆりがふと口ずさんだ歌を聴いたかがり。その瞬間、彼女は突如、気を失ってしまう。
{/netabare}
感想
{netabare}
今週は、未来でかがりがまゆしぃママから聞いた歌を
今のまゆしぃが歌ってて
その歌を手がかりにしてかがりが記憶を取りもどすおはなしだったみたい


その歌をどこでおぼえたか
オカリンははじめまゆしぃに聞いたんだけどまゆしぃは鈴羽に聞いたって。。

それで、鈴羽のいるところをさがしたら
カレーの大食い大会w
聞いたらママ(由季)が歌ってたって

由季はダルとデート中^^
オカリンたちはかくれてたんだけど見つかっちゃって
聞いたら由季がひらいてるお菓子教室の生徒で20歳くらい年上の人だって。。

由季はその人に電話してくれたんだけどそれが実はオカリンのおかあさんw
おばあさんが死んで落ちこんでたまゆしぃを助けるために
オカリンが中二病になったころおふろでよく、その歌は歌ってたんだって!?
でも、オカリンはぜんぜんおぼえてないの。。

でも、そのおはなしが出たのをきっかけに
みんなでおばあさんのお墓参りに行くことになって

天国のおばあさんに、新しく友だちになったかがりのこと紹介して
記憶がないからもどれるといいな。。みたいなこと言いながら
オカリンがあのころにもどれるといいなって考えてたみたい。。

そしたら雨がふってきて、3人で街のお店ののき下で雨宿りしてたら
かがりがそこのけしきに見おぼえがあったみたい?
きゅうにおかしくなって、ふらふら道路にとび出してっちゃった

それで、車にはねられそうになったのをオカリンに助けてもらって
気を失ってたんだけど目がさめたら、つきそってたまゆしぃに抱きついて
「ママ。。ママ。。やっと会えた!。。」
ってまゆしぃのこと思い出したみたい。。


それからCパートがたぶん、中学生のオカリンだと思うけど
パジャマっぽい服のはたちくらいのかがりに
駅のホームで会ってた。。

かがりは緑のウーパのキーホルダーを見ながらあの歌を歌ってて
中学オカリンが「ステキな歌だなって。。その歌。。」って


さいごはどこかのアパートの前にあやしいバンが止まってて
「逃亡中の椎名かがり、発見しました。。」
って言ってるところで終わり。。


かがりがまゆしぃに
「ママ」って言って抱きつくところはちょっとなみだが出ちゃった
今は、おんなじくらいの歳だけど
まゆしぃってやっぱりママなんだね^^

でも、かがりが未来から来たって知らないまゆしぃは
いきなりおばさんって言われたみたいでフクザツなきもちかも?^^


とちゅうまでは歌を知ってる人をたどっていきながら
みんなのちょっとした日常エピソードとかやってておもしろかったけど
由季ってドジっ子だよね?
ほんとに2回もおそってきた犯人なのかな?

2回も犯人と手のキズがおんなじところについてたのは
たまたまだったって思えないんだけど。。


さいごはかがりが
どこかの施設に閉じこめられて研究されててそこから逃げてきた。。
みたいなおはなしでかがりのヒミツがとうとうわかるのかな?

それと、中学生のオカリンが会ってたってゆうのも分かって
これからおもしろくなってきそう☆彡

あと、歌が。。いつの間にかにゃんも歌ってたw
この歌ってループしてたみたいだけどホントはどこからきたんだろう?
かがりと鈴羽が来た世界線では意外に、はやってた曲だったりしてw
{/netabare}
{/netabare}
第13話「回折叙唱のマザーグース」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
かつての記憶を思い出したかがりは、まるで子供時代に戻ったかのように、まゆりを「ママ」と呼んで甘える。しかし、この時代にやってきた直後、鈴羽とはぐれてから現在までの記憶はいまだに戻らない。肝心な部分が空白のままであることに、岡部は漠然とした不安を覚える。
{/netabare}
感想
{netabare}
かがりの記憶はこどものときのだけだったみたい。。

それも、鈴羽の記憶とちがってて
にゃんはちがう時間線から来たのかな?って思ったけど
洗脳されて記憶をなくしちゃったみたい。。


そのことで鈴羽とかがりはケンカしちゃって
仲直りしてもらおうってまゆしぃがパーティー開くんだけど
かがりが1人でパーティーに向かってるあいだに
街宣車の音楽を聞いておかしくなっちゃった。。

かがりは「夢神様の声が聞こえる。。」とかって言いながら
スマホとかも落としたままフラフラどこに行っちゃった。。

その間にフラッシュバックみたいに映ってたのはかがりの記憶なのかな?

かがりがまゆしぃに引取られたときに
PTSDをなくすために戦争の記憶を消す治療をしてたんだけど
そのときのカルテに

「AMADEUS SYSTEM SAMPLE K6205」って書いてあって
年とったレスキネン教授みたいな人がそれを見てニャッってしてたけど
たぶんそうなんじゃないかな?

それから、かがりが見つかった場所から5キロ以内の
あやしい建物をさがしてた萌郁が見つけた建物に
オカリンと萌郁が2人で行ってたんだけど

秘密の通路の向こうに
「ママ。。ママ。。」っていっぱい書かれてあるへやを見つけたんだけど
それってたぶん、かがりが閉じこめられてたところみたい。。

ってゆうところで今回のおはなしは終わったけど
まゆしぃの記憶を取りもどしたかがりがまゆしぃにベタベタして
ダルからも「百合」ってツッコまれてたw


それと、どうしてかがりを1人にしたのかな?
時間が来たらこっちからむかえに行く
とかって言っておいたらよかったのに。。

敵はラボの場所、知ってるから
かがりが1人になったら、いつおそわれてもおかしくないのに。。
{/netabare}
{/netabare}
第14話「弾性限界のリコグナイズ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
かがりが突然失踪してから数ヶ月。岡部たちはあらゆる手を使って行方を捜したが、何の手掛かりも得られていない。そんな中、ダルと鈴羽はかつて岡部の手で破棄されたタイムリープマシンをもう一度作るため、真帆の協力を得ようとしていた。
{/netabare}
感想
{netabare}
先週、お休みで2クール目に入ってEDが変わったね^^

アバンでかがりが何か月も帰ってないって言ってた。。
一生けんめいさがしたけど警察にも行けないし
あやしいビルにも手がかりはなかったんだけど
オカリンはかがりが洗脳されてたんじゃないか?って


Aパートはあらすじのおはなしで

鈴羽はオカリンの力を借りないでタイムリープしようってしてるみたい
ダルが真帆にタイムリープマシンの協力をお願いするところからはじまって
真帆はことわった。。「サリエリにモーツァルトの曲はかけない。。」って

真帆って「自分は紅莉栖みたいな天才じゃない」コンプレックスみたい^^


それからフブキがまた入院したって連絡があってダルが出かけて
送りに立った鈴羽はラボの前で、かがりのうーぱくん、見つけたんだけど
半年前に落としたのじゃないはずだから、もしかして帰ってきた?

病院にはいつものメンバーが集まってたけど
フブキはただの検査入院で変わってない^^

じゃあ何のために病院に来たのかな?って思ったら
病院にはレスキネン教授が院長先生と話してたの!
「全員に個室が必要」って言ってことわられてた

あやしいレスキネン教授だけど
個室をたくさん使って何をするつもりかな?


鈴羽がシャワーに入ったらライダースーツにマスクの女が入ってきて
ナイフを出したところでうしろから鈴羽が拳銃で止めたの。。
男子サービスになるはずなのに鈴羽のハダカが出なかったから
おかしいって思ってたらw

それでマスクを取らせてみたらそれはかがり!

うーぱクンを取りもどしに来たみたい。。
神さまの声が。。とか言ってて
ダルが入ってきたスキに鈴羽に切り付けて
ダルを押しのけるようにして出て行っちゃった。。

それで鈴羽はかがりが未来にいたときに洗脳されたんじゃないか?
って気がついたみたい。。


それでダルと鈴羽は
もう1度、真帆にお願いコールしてみたの

真帆がなやんでた時にアマくりが
「わたしでよければ相談にのる」って出てきたんだけど
それで真帆は何か気がついたみたい
タイムリープマシンを直してみようって気が変わったみたい^^

にゃんは前にちょっと思ったけど
紅莉栖の記憶があるアマくりだったらもしかして
タイムマシンとか作れるんじゃないかな?って

そうゆうことなのかな?

あと今回、かがりがライダースーツの女になってたけど
前はちがう人だった。。
もしかして、由季も洗脳されてるとかなのかな?
{/netabare}
{/netabare}
第15話「漸近線のリコグナイズ」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
将来、ダルと由季との間に生まれる運命の鈴羽。しかし、現在の「両親」の関係は進展しておらず、最近はあまり連絡も取っていない様子。父のあまりにも消極的な姿勢に業を煮やした鈴羽は、一計を案じるのだが……。
{/netabare}
感想
{netabare}
レスキネン教授が真帆を追いかけてきたって言って
オカリンと真帆の3人で会って
オカリンの論文をちょっと見るところがあったくらいで
今回はほとんどあらすじだけのおはなしだったみたい。。


タイムマシンが持ってあと1週間。。

鈴羽はダルに「お母さん(由季)が男の人と仲良くしゃべってるのを見た」とか
自分とお母さんが写った写真で自分だけうすくなってきた写真を見せたりして
何とか2人をくっつけようってダルにヤル気出させてデートにさそわせるの

それで、ラボメンたちを呼んでデートの作戦会議。。
いろんな案が出たけどダルが積極的じゃないのは自分に自信がないから。。
それであとから来た真帆がちょっとした洗脳マシーンを作って
ダルに自分ができる男だってゆう暗示をかけたの。。

でも失敗、由季はいつもとちがうダルに引いちゃったみたい
コクろうってして手をにぎったら帰っちゃった。。


それでダルが帰ってきて落ちこんで1人になりたいって行っちゃったんだけど
男の人と話してるってゆうのも写真のこともウソだった。。

そう言ってあやまりに行った鈴羽のホントの気もちは
戦争中でお父さんとお母さんが仲よくしてるところをほとんど見てないから
見たかっただけ。。って

ダルもそうゆう鈴羽の気もちが分かって
次の日また、由季をデートにさそって
こんどはいつものダルで由季も楽しかったみたい☆
告白は大成功♪

とちゅうであとをつけてた鈴羽も見つかっちゃって
由季と仲よく記念写真とったりしていい思い出ができたみたい☆

お母さんの由季が鈴羽を助けようってしてドローンに撃たれた思い出は
にゃんもなみだが出ちゃった。。

そんな鈴羽をハグして「いいのよ。何も言わなくて」
って言ってくれた由季もちょっと泣いてたみたいだったけど
何だか未来のこととか知ってるみたいな感じだった。。
そんなことないって思うけど。。

それで2人と別れた鈴羽が「ありがとう。。母さん」って言って
ビルの上に立って見てるかがりが映ったところでオシマイ。。



「ボ。。ボクはキミに一生もえもえキュンだおー!!」ってゆう告白。。
2次元世界に入りこめるコスプレイヤーの由季だからよかったみたい^^

レスキネン教授がオカリンに
「病院のほうもいそがしい」みたいなこと言ってたけど何をしてるんだろう?
真帆が作ったちょっとした機械でもダルが変わったくらいだから
やっぱり洗脳の研究とかしてるのかな?

あと、はじめとさいごにかがりが出てたけど、この2人ってどうなるのかな?


無印は2クール目からおはなしがおもしろくなってきたけど
こっちはまだ日常回やっててまだ何がしたいかよく分からない。。
タイムリープがメインじゃないみたいでかがりがメイン?
とうとうオカリンもあんまり出なくなっちゃったしw

にゃんは日常系のおはなしって好きだからそれでもいいんだけど
そろそろメインストーリーが見えてこないかな☆彡
{/netabare}
{/netabare}
第16話「無限遠点のアルタイル」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
レスキネン教授から研究室に入るよう誘われたのをきっかけに、留学を目指して勉学に勤しむ日々を送る岡部。だが、まゆりは岡部には何らかの秘めた思いがあり、それを表に出さないよう必死に堪え続けていることに気づいていた。一方、ダルは真帆と協力して、破棄された電話レンジ(仮)の再現に挑んでいた。
{/netabare}
感想
{netabare}
今回のおはなしは
ダルと真帆がこっそり電話レンジ(仮)の実験してたのをオカリンに見つかって
ケンカになったんだけどそれを立ち聞きしちゃったまゆしぃが
オカリンが自分を助けるために世界線の移動をやめたこと知って悩んで
オカリンにホントにそれでよかったか聞くの

あと、真帆からも押されて
もうちょっとでオカリンがまたタイムトリップはじめるかも?
ってゆう感じ。。



いつもニコニコしてるダルが
本気でオカリンなぐったところは悲しくって泣いちゃった。。

タイムトリップはオカリンくらいしかできないから
ほかの人にはその苦しさが分からないんだけど
それでも歴史を変えたいって思う人たちの気もちも分かるから
にゃんもどっちがいいかなんて言えないけど
やるのはけっきょくオカリンなんだよね?

今回、まゆしぃまでタイムトリップ賛成になりそうだから
これからオカリンはまたはじめるのかな?

そうだったらオカリンはまた大変だって思うけど
そうゆうおはなしになるのかな?

かがりはどうなっちゃうんだろう?
{/netabare}
{/netabare}
第17話「双曲平面のアルタイル」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
タイムマシンに残された燃料は残りわずか。これ以上時間が経つと、燃料不足で紅莉栖がこの世を去った日まで辿り着けなくなる。鈴羽が過去に向けて旅立つ準備を進める一方で、まゆりもひそかにある決意を固めていた。
{/netabare}
感想
{netabare}
あのとき、まゆしぃがオカリンを止めてからオカリンはずっと暗いまま。。
それでもゴマカシながら今まで来たけど
やっぱりオカリンには鳳凰院凶真にもどってほしい
ってまゆしぃはずっと思ってたみたい。。

それでまゆしぃは鈴羽に会って、紅莉栖のこと聞いたの


はじめ、まゆしぃは過去に行くってゆう鈴羽を止めようってして
オカリンにもそのこと言ったんだけど
ケータイが圏外になって切れちゃった。。

そのころ、秋葉原のまわりはケータイとかつながらなくなってて
ダルが調べたら
@ちゃんねるのオカ板がクラッキングされてて
「サリエリの隣人に告ぐ」ってゆう文字がいっぱい出てて

これから我ら双子は在るべき場所から一時的に遠ざけられそうだ。。
父なる神はついに我が不可侵領域まで開放する業を見出した。。
だから私達は時を司る秘密もそのありかも父に話すことになる。。

最後に最も尊敬する人に伝えてほしい
私は自分を凡庸なる人々の代表だと考えていた
そしてあなたが常に私にとっての目標であり
あなたこそがアマデウスその人だった


それを読んだオカリンは
書き込んだのはアマくりだって気がついて
アマデウスにアクセスしようって真帆にたのんだけど
データそのものがすべてなくなってるって。。

これで、オカリン、ダル、真帆の3人は
誰かがアマデウスの記憶の深層領域のプロテクトをハックして
タイムマシンの存在がバレちゃったって思たの^^

これだと「我ら双子」はアマくりとアマ真帆で
「我が不可侵領域」は深層領域のことだから
「時を司る秘密もそのありかも」は
タイムマシンがどこにあるかってゆうこと?

それで「父なる神」ってゆうのは
アマデウスを作ったレスキネン教授のことかな?


そのあとオカリンは
鈴羽のあとを追って行ったまゆしぃのあとを追いかけて
タイムマシンのある所に向かったの。。


そのころまゆしぃは鈴羽にたのんで
8月21日にオカリンと鈴羽がタイムトラベルしたすぐ後に
いっしょにつれてってもらうことにしたの。。

鈴羽は紅莉栖が殺される7月28日に行きたかったんじゃないのかな?

1回止まって、また7月28日に行けるのかな?ってにゃんは心配だったけど
もしかして、無印でヘタレそうになったオカリンに
メール送ったのってまゆしぃなの?

それだと、このおはなしって無印の前のおはなしってゆうことだよね?
だから、「STEINS;GATE 0」なのかも?

無印が改変版23話になってゼロになったけど
そのゼロが無印につながるんだったらすごいよね。。


でも、オカリンが止めに来て
鈴羽が足を撃ってオカリンを止めて行こうってしたら
2025年のダルからムービーメールが届いて
「オペレーション・アークライトの詳細を伝える」って。。

それで気がついたら銃を持ったDURPA隊員たち(EDに名前が出てたからたぶん)
にかこまれてたの。。

それでタイムマシンを起動させられたんだけど
相手が油断したすきに逃げだしてまゆしぃを逃がそうってしたら
まゆしぃは撃たれて頭から血を流してたおれちゃった。。

それを見てるライダースーツの女の人って「かがり?」
って鈴羽がつぶやいたところで今回のおはなしはオシマイ。。



今までおとなしかったまゆしぃが鈴羽と真帆に
どれくらい自分がオカリンのこと好きかコクるところは
見ててなみだが出てきちゃった。。

まゆしぃは大丈夫なのかな?

ってゆうか今まで何回も死んできたけど
そのたびにオカリンが助けてたよね。。

こんどもまた。。ってゆうおはなしになるのかな?
オカリンがα世界線に行って23話にメールを送って。。とか?


あと、ケーキを買ってきたダルがかっこよかった☆
25年後のもだけど^^

でも、ムービーのタイミングが悪かったみたい?
もうちょっと何とかならなかった。。んだよね?


2期もあと、8話くらいかな?
やっとオカリンが鳳凰院凶真にもどるのかな?
おもしろくなってきたみたい。。
{/netabare}
{/netabare}

 サンキュー(62)
2018.08.09 16:30 shino73の評価 | 今観てる| 225が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: STEINS;GATE 0 [シュタインズ・ゲート・ゼロ](TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

存在の耐えられない軽さ

WHITEFOX制作。
脚本花田十輝、主題歌いとうかなこ。

あにこれ堂々1位作品続編。
記憶だけを過去の自分に届けるタイプリープの傑作。

メインヒロイン紅莉栖を救えなかったβ世界線。
β世界線の行き着く先には恐怖と絶望が待っている。
視聴を開始して徐々に記憶が戻ってきました。
あの時の岡部の執念と宮野真守の名演技。
見事なまでの構成力で物語に緩急を付け、
後半はアニメ史に残る怒涛の伏線回収でしたね。

物語は前作の4カ月後から始まります。
岡部は心理カウンセリングを受ける欝々しい展開。
1期を見ていない方はキャラの位置関係と、
「世界線」の概念だけは知っておくべきでしょう。
そういう意味では不親切な初回でした。

序盤~中盤。
シュタゲの楽しさの1つに、
理系学生のラボでのバカ騒ぎがありますが、
岡部に引きずられるように全体が暗い。
ファンとしては気になりますね。

16話視聴追記。
いわゆる起承転結の「転」がここかな。
ここから怒涛の追い上げに期待したい。
まずまず楽しいのですが、
並みの作品とはやはり違うということを願う。
素晴らしい終幕に向けて。

 サンキュー(51)

STEINS;GATE 0 [シュタインズ・ゲート・ゼロ]のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
STEINS;GATE 0 [シュタインズ・ゲート・ゼロ]のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このアニメの成分表

成分タグをクリックで、同じ成分を含むおすすめアニメのランキングがみれるぞ!)

※あにこれは『タグに投票できる成分タグ』で特許出願済です!

あにこれに参加するとアニメ棚もらえます!

あにこれでみつけたおもしろそうなアニメや大好きなアニメを自分の棚に送ってコレクションしよう!参加するとアナタのアニメライフを管理できる専用の棚がもらえます!

棚ってなぁに?    棚をつくる
このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。