「デジモンアドベンチャー(TVアニメ動画)」

総合得点
83.3
感想・評価
919
棚に入れた
5219
ランキング
162
★★★★★ 4.1 (919)
物語
4.4
作画
3.7
声優
3.9
音楽
4.4
キャラ
4.2
レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

しーん

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

全54話
子供の成長、モンスターの進化、3部作

投稿 : 2019/01/09
閲覧 : 28
サンキュー:

0

ネタバレ

Robbie

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

デジモンは、やっぱりこれ

これは、泣けるアニメ。
最終回は、もちろん途中でも何度か泣ける。
小学生の時、クロスウォーズの2期が放送終了後観てみたが、とてつもなく面白かった。
おかげでクロスウォーズは、好きではなくなった。
この作品は、最初は選ばれし子供達の友情とデジモンとの絆だけが描かれるのかと思っていたが、途中から現実世界とリンクさせたため、家族との絆まで描かれていた。
また、一人一人の家庭の事情や心情がとてつもなくしっかりと表現されている。
また、成長していくにつれ新たな課題が見つかるのも良い。
音楽もどの曲も神曲。
加入歌とOPが流れるとつい熱くなってしまう。
デジモンは、観ていなくてもこの作品は是非とも観て欲しい。
子供向けアニメだからとはいって、侮ってはいけない。

投稿 : 2018/07/18
閲覧 : 94
サンキュー:

3

愛chan

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

子供の頃の印象的なアニメ

子供の時に見ていましたが、OPの曲と進化するシーンが印象でした。最終回が感動する!という声が多いですが記憶が曖昧だった為に見直し。
子供アニメだからか、ツッコミ所は多い。笑
でも、最後まで見飽きる事なく楽しんで見れました(*´ω`*)
アグモンとパルモンの声が特徴的!笑
後、重要な最終回ですが…私は泣けませんでした。
皆さんが大絶賛してるので、期待しすぎたかな?
でも、見終わった今でも好きなアニメには変わりはありません☆

投稿 : 2018/05/16
閲覧 : 39
サンキュー:

0

ネタバレ

我は狗が身

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

完走した感想。

サマーキャンプに参加していた子ども達が突如、デジタルワールドと呼ばれる異世界に巻き込まれ、そこでの冒険と成長を描いた本作。

まず挙げられる美点は、デジモンの進化・必殺技のバンクシーン。
{netabare}最近になって再視聴したんだけど、デジヴァイスと呼ばれる携帯端末から流れたデータがパートナーデジモンに流し込まれ、デジモンが進化するという演出の巧さに改めて感動したんだよね。
成熟期までの進化はこれといった条件がないから(最初の発動にはパートナーのピンチという条件があったけど、2回目以降は無し)演出はシンプル。

そして超進化には個々の個性を象徴する紋章が必要な為、進化シーンでもデジヴァイスから飛び出したデータが紋章を通過してから、デジモンに流れるようになっている。
これは、膨大な進化の派生の中から、パートナーに相応しい進化を厳選した、ということなんだ。もしも太一が友情の紋章の持ち主だったなら、アグモンはメタルグレイモンとは違う進化をしていたかもしれない…。そう考えると、すごくワクワクする。

で、進化したデジモンが繰り出す必殺技…これも素晴らしいバンクの数々!
グレイモンの【メガフレイム】やカブテリモンの【メガブラスター】をはじめとして、どの必殺技も【溜め】と【放出】がしっかり強調されていて、インパクト絶大。
とくに私が気に入っているのはカブテリモンの【メガブラスター】…これがもうめちゃくちゃカッコイイんですわ!
あとはイッカクモンの【ハープンバルカン】。ツノがミサイルみたく発射されたかと思うと今度はそのツノが割れて中からミサイルが出てくるという二段構えの面白ギミックが良いね。
ウォーグレイモンの【ガイアフォース】はもはや殿堂入りのカッコ良さ。あんなの惚れない理由がないよ…。
{/netabare}

次に良かった点は、子ども達のドラマ。とくに終盤のダークマスターズ編かな。
{netabare}選ばれし子どもとして自分達に課せられた使命と状況を誰よりも早くに実感していた太一は、しかし、その驚異的なまでの自己の精神の強さを理解できておらず、周りにも意志の強さと高さを無意識のうちに強いていた。
その彼はヤマトとの衝突、ミミや丈の一時離脱という状況を経験したことで周りとの協調性の重要さを実感。リーダーとして真の覚醒を遂げた。

序盤から太一との衝突が絶えなかったヤマト。彼はメンバーで一番繊細な神経の持ち主で、誰かから必要とされることでしか自分の価値を実感できない。だから自分に自信を持ち、行動力に富んだ太一のことが疎ましく思えていた。
それは結局、太一を倒す倒すことで解消できるものではなく、自分自身がその弱さを受け入れることが大事だった。
そのことを受け入れることで、ようやくヤマトは自分と正反対の太一を「親友」と呼べることができたんだよね。

この二人以外でめざましい成長を遂げたキャラクターと言えば、やはりミミと丈だろう。光子郎と空はなんというか…成長の必要があまり無いキャラだったからね。

ミミは持ち前の純真さを損なうことなく、太一とは異なるカリスマ性を発揮していった。彼女のパートナーであるパルモンがリリモンへの進化時に披露してくれた、倒す以外の方法は、後のミミの方針に大きな影響を与えたことは想像に難くない。

丈は日本へ向かうゲートの前で太一に判断を委ねると宣言した辺りから、誠実さに行動力が伴い、だいぶ格好良く見えるようになったよね。
現実世界でタケルを守ろうとした時も、ミミが戦いの道を降りようとした時も、思い悩むヤマトがみんなから離れた時も、そして空が闇に呑まれそうになった時も…。不器用だけど誰かの傍に寄り添って支えようとするその姿は男前だ。

自分自身と向き合い、本当の意味で選ばれし子どもとして戦うことを決めた一同が揃う終盤は本当に熱い展開だった。
{/netabare}


ここからは悪い点を挙げていこう。
{netabare}まず私が思うのは、選ばれし子どもの人数。
正直、8人は多すぎたと思う。
もちろん嫌いなキャラがいた訳でないんだけど…タケルとヒカリの登場は次回作の02にとっておいてもよかったんじゃないかなぁって。
タケルは紋章の【希望】に違和感がある。紋章はその人が持つ最も素晴らしい個性という設定なんだけど、太一の【勇気】やヤマトの【友情】はともなく、希望って個性?
しかもこれが決まったのは時系列でいうと本編の4年前らしい。4年前というとタケルは当時、4歳ぐらい。この頃の個性って言われてもピンとこないんだよなぁ…。

私としては【希望】という紋章はアポカリモン戦でみんなの紋章が一つになった発現するとか、そういう展開だったら最高かな。
タケルがこういう特殊な紋章だったことで、タケルの戦いはかなり優遇されていた。デビモン戦はまぁともなくとして、ガッカリだったのはピエモン戦だ。
あれだけ引っ張って満を持してのヤマト合流。ウォーグレイモンとメタルガルルモンがピエモンに挑む! って引きの次で主役はまさかのホーリーエンジェモンって…そりゃあんまりでしょ!!

タケルを登場させるならせめて太一とタケルの紋章を逆にした方がよかったかも。太一の諦めない心って【希望】と称してもいいレベルだったし。弱虫だったタケルが勇気に目覚めていくという展開でもアリだと思う。

そしてヒカリは加入時期が遅すぎたせいでドラマらしいドラマはほとんどなく、存在意義がほとんど不思議能力だけになってしまった。掘り下げが02までお預けだった点を考えても、やはり本作での加入は見送った方がよかったかも。

子ども達の人数は6人に絞り、その代わりに6人のパートナーデジモンを究極体にすれば画面の迫力は充分あっただろうな~。
終盤の丈やミミの成長が、パートナーデジモンの進化に直結しなかったのは、かなり勿体なく感じた。
{/netabare}


そして終盤では全体的な設定の甘さが目立ってきた。
{netabare}序盤こそ謎だらけだった選ばれし子どもの設定やその目的だったけど、いざ明らかになると、メチャクチャな設定だった。
結局、選ばれし子どもの使命はアポカリモンを討伐することだった訳だ。
でもアポカリモンは過去にも出現したデジモンであり、その正体は進化できずに死んでいったデジモンたちの怨念の集合体。

太一達は見事にアポカリモンを倒すことができたが、なんの解決にもなっていない。
デジタルワールドは序盤から時々描かれていたけど、基本的には弱肉強食の世界。弱者が淘汰されていく自然の世界なんだよ。
だからアポカリモンが生まれてくることは間違いない。そうすると今度は太一たち以外の誰かがまた選ばれし子どもとして過酷な戦いに身を投じなければならない…。そう考えるとスッキリしないよねぇ…。
{/netabare}


さて、良い点も悪い点も結構な分量になってしまったけど、それだけ語る所の多い作品だったということで。
実際、不満こそあれど面白い作品であることは間違いない。
興味があれば、一度観てみて欲しいな。

投稿 : 2018/02/12
閲覧 : 238
サンキュー:

9

ネタバレ

映里

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:今観てる

初代アニメやっぱ最高

デジモンアニメの中でとても唯一最高のアニメです。
小学生に戻りたい気分です。

投稿 : 2018/01/11
閲覧 : 49
サンキュー:

1

しゃしゃのあ

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

思い出補正あると辛いよ

この作品はデジタルワールドに住まう闇に対抗する戦士としてデジタルワールドによって選ばれた、選ばれし子供たちが「勇気」「友情」「愛」等の各自のテーマに沿って自分には何があるのかをデジタルワールドを舞台に仲間とパートナーデジモンと共に見つける冒険物
と、題材としては良い、実際に「愛」をテーマに持つ空はパートナーデジモンのピヨモンに危険が伴う戦いの参加を「愛」に近い感情でそれ望まなかったし、それに応えてピヨモンが心配しないでとお互いに答え「愛」を深めあいピヨモンを進化させり、
「勇気」をテーマにする太一は仲間を守るために勇気を出して強敵に立ち向かい進化したパートナーデジモンのアグモンと共に強敵エテモンをダークエリアに追放したりと、良い感じに仕上げている。
しかし、「友情」がテーマのヤマトはそこまで他の子供たちと関係が深く接してないのに同じ仲間の丈を庇ったりするなどの設定の不相応と言う粗が題材を駄目にしてる所が何かと悪目立ちしてる。
(最後まで自分のテーマに対して何なのかよくわからずに物語を終える子供たちが3人いるのはどうなんだろ。)
切っ掛けにの一因を担う敵デジモンも中々パワーバランスが慣れてないのか緊張感と言うものが無いのも選ばれし子供たちが切っ掛けに仕切れない要因だと思う。
後、デジモンアドベンチャーを企画した偉い人からデジタルワールドの不思議をなるべく残せと脚本家に指示を出したのか、そのせいで話のテンポが終始に渡ってかなり悪く昔みてた人の中には21話とウォーゲームの思い出補正で他の話を見るのがかなり辛い
でも、各話の盛り上がる所は挿入歌でちゃんと盛り上げてくれるし、最後まで見た最終回ではオープニングのbutterflyにつられて泣かせてくれるので締めはちゃんと締めてくれる作品ですので頑張って見ることを薦める。

投稿 : 2018/01/02
閲覧 : 108
サンキュー:

2

ギガマイン

★★★★★ 4.5
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

あえて何もゆうまい

特に何もなし

投稿 : 2017/12/17
閲覧 : 94
サンキュー:

0

ootaki

★★★★☆ 3.3
物語 : 4.0 作画 : 2.5 声優 : 2.5 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ガキの時ハマってたな

素直に面白かったです。デジモンシリーズの中でも群を抜いていい作品だと思いました。
オススメできますけど、かなり古いので、再放送の運次第ですね。

投稿 : 2017/11/20
閲覧 : 68
サンキュー:

0

アデュー

★★★★★ 4.7
物語 : 5.0 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

色褪せない名作

友情アニメ。
1作目は群を抜いて面白い。
子供向けアニメとは思えない完成度。
心が熱くなる作品。

投稿 : 2017/10/30
閲覧 : 66
サンキュー:

0

マリンバ

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

20年近く経った今でも観ます

子供の時にリアルタイムで見ていましたが本当に面白いです。
4回は全部見ていますがそれでも時間をあけてまた見たくなる。
デジモンワールドの世界観やキャラクターが大好き。

投稿 : 2017/10/10
閲覧 : 42
サンキュー:

0

ネタバレ

アカさっとサンバ

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

最後のシーンが感動した
2017年5月2日

投稿 : 2017/05/06
閲覧 : 37
サンキュー:

0

RRRRR

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

おもしろい

おもしろい

投稿 : 2016/06/27
閲覧 : 139
サンキュー:

0

ネタバレ

アート

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

短くて長い冒険の始まり

■概要(作品紹介)

キャンプを訪れていた子供たちは突如謎の現象に吸い込まれる。気が付くとそこはデジモンの世界だった。まだ幼き少年少女たちの忘れられない冒険の物語。各キャラごとに異なる個性と成長を描いており、子供向けながら深くメッセージ性の強い作品です。そして、今もなおコンテンツは絶えず、幅広く愛されています。


■子供は何も考えず楽しめる

現実世界とは異なるデジタルワールド。右も左もわからず先行きは不安だが未知な場所を冒険するワクワク感満載。様々な姿に進化を遂げるデジモンには興奮の連続でしょう。作中の「選ばれし子供たち」の特別という表現もまた子供が好みそうです。したがって、キャラと同世代なら夢中で楽しめること間違いなしだと思います。


■大人は色々感じて楽しめる

一番の魅力はキャラの個性。単なる性格に留まらず、各々の内に秘められたテーマでもある。デジモンや仲間たちと過ごす中で、それを見つけることが隠れた見所だと感じました。中には家庭事情についても触れているので、大人が観ても楽しめます。むしろ、キャラの成長を一層感じることができるかもしれません。

{netabare}
■最も印象に残っている話は?

改めて考えるとありすぎて迷います(笑)。太一が一度現実世界に戻る話、最終決戦やデジモンたちとの別れ、ウィザーモンの死からテイルモン進化。特に初の超進化はどれも素晴らしいですよね。自分は空のエピソードかな。母親の本当の気持ちを知り、愛情の紋章が輝く話は泣けます;


■ゲートはきっとまた開かれる

子供の頃一番好きだった作品。今でも主題歌や挿入歌を聴くと胸が熱くなります。振り返ると使いまわしや作画の乱れが激しかったように思います。正直思い出補正も強いと思いますが、当時選ばれし子供たちと同じ歳だった人たちが大人になり、続編となる新作映画を観ているのは感慨深いものがありますね。
{/netabare}

投稿 : 2016/05/21
閲覧 : 182
サンキュー:

15

ネタバレ

すーぷでり

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

アニメデジモンの元祖。作品の愛され度も含め、原点にして頂点?

これまで何作品も作られてきた、デジモンアニメの最初の作品です。
デジタルワールドと人間界を巡って、登場人物達の葛藤や対立が有りながらも、成長や友情が丁寧に描かれており、ストーリーの完成度は初期作品ながら非常に高いと思います。
デジモン達のサイズもリアルに書かれている点も、デジタル「モンスター」という名称に偽りありません。

ただ、戦闘シーンはそれほど動くわけではありません。様々なバトルアニメを見ていくと、むしろ物足りないくらいです。
しかし、デジモンブームの中、ドット絵でなく、実際にデジモンが動くことは、非常に魅力的だったと思います。

ちなみにですが、この頃から既に、とあるデジモンの法則が完成させられていました。少し哀れに思えてしまいます。

投稿 : 2016/05/06
閲覧 : 95
サンキュー:

3

ValkyOarai

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:----

途中まで見てました プリキュアに引けを取らない著しく長い変身 そして、不死鳥シンガーは安らかに眠る...

スカルグレイモンになった時が一番驚いていたかも(ポケモンでいうと言うことを聞かなくなる)
ああ、サトシも一時期そうなってたな

小さい頃に見てたので当時は正義を信じていたので楽しかったのですが今ではそう言えないと思います
ああそうだ変身が著しく長かった覚えがある。そして処刑用BGMも流れていたな

でもOPを歌っていた和田さんがガンで...
貴方の歌声、忘れません

投稿 : 2016/04/08
閲覧 : 190
サンキュー:

2

tYiZl67017

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

今見ても面白い

デジモンtriの上映があるので、観なおしました。

大人が見ても楽しめるように作られてるだけあって、
小学生のころに観たときよりも、今観た方が楽しめました。

デジタルワールドで旅をする中で、
様々なデジモン達と出会い「自分らしさ」を再発見する主人公たちの成長の物語


「自分らしさ」かぁ。。。俺にもあったのだろうか。。。

投稿 : 2016/02/27
閲覧 : 140
サンキュー:

3

こっくん

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 5.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

なっつかしー

子供会のサマーキャンプに来ていた小学生の八神太一、武之内空、石田ヤマト、泉光子郎、太刀川ミミ、城戸丈、高石タケルの7人は突然の吹雪を他の子供達から離れて、山にあった祠に隠れてやり過ごしていた。しかし、その祠の外に出た直後、日本で発生するはずのないオーロラを目撃、さらに謎の機械が降り注いだ。さらに7人の子供達はその機械の謎の力で発生した大瀑布に吸い込まれ、気がつくと未知の場所にたどり着き、そこで自分達を待っていたと言う「デジタルモンスター」と名乗る謎の生物達と出会う。
そして子供達とパートナーデジモン達の、長くて短いひと夏の冒険が始まった。

デジモンは、実体化したデータのうち生き物である物の総称で、寿命を迎えるか何らかの外因で死ぬとデータに分解されデジタマに戻り、基本的にはじまりの町へと還る。


アグモンとウォーグレイモンが好きでした。
デジモンはいろいろシリーズ化しましたけど初期が一番面白いと思ってます!
感動あ涙ありなんで見てください!!

投稿 : 2016/02/19
閲覧 : 70
サンキュー:

2

退会済のユーザー

★★★★★ 4.4
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

コロコロとジャンプ

最近ふと思うことなんですが、子供のグッズとかって自分達が子供の頃よりすごいなあと感じる。洋服や育児に必要な様々なものは数段進化を遂げている。特にベビーカーとか洋服やランドセルとか上履き。一方で、おもちゃは相変わらずな部分もあって男の子はレゴとか車。女の子もかわいいキャラものとかディズニーと、対して変わっていない。

売り場を見ていると、自分も買いたくなるんですよね。(別に子供いないですがw)今も昔も変わらない価値観を垣間見た、ような気がするのん。そんなわけで、大人でも(自分(大人?))アニメ好きは変わらない私ですが、よく言う大人向けとか、よく言う子供向けとか、それって何なんだろうとの疑問が生まれてきた。

まあ押井作品のような難しいテーマ性を含んでいるものは除外するとして、子供向けアニメは少なくとも3、4個の要素を含んだ筋立てがあるような気がします。その中で、コロコロコミックと週刊少年ジャンプになぞると、①コロコロはアイテム系。②ジャンプは異能力、異空間系。自分の中ではこうなりやした。

デジモンの原作はVジャンプで連載されていたようです。ここでポケモンも同じような感じなので差別化を図っておくとポケモンは元々ゲームが原作で、ゲーム内のストーリーをアニメ化しているわけですが、デジモンは元々ゲームですが物語なんて無いわけで、Vジャンプから物語は始まったとのこと。じゃあどっちに軍配かなんていうのは置いておいて…

結論なんて言う大それたことを言うハメになってしまったわけでございますが、結論から言うと、「こんなことしてみたい」(ジャンプ)と「こんな物あったらいいな」(コロコロ)の二つの夢が合体したのがデジモンな気がしまする。

デジタルワールドという仮想世界と現実世界の東京(特にお台場、光が丘の2つの地域)とを巧みにリンクさせ、突如として放り出された異世界の中を、主役の子供達がデジモンや仲間との関わりの中で「自分らしさ」を見つけながら成長し、共に生き抜くという子供達の成長を描いた物語である。少しずつ明かされる子供たちの過去、選ばれた理由そして光が丘の謎など、巧みな伏線が随所に張り巡らされており、「大人にも楽しんでもらえるように」という工夫が多く盛り込まれた[1]。さらに、両親の離婚や死別など、現代日本の社会問題をも反映させた作品となっている。(wiki引用)

そんなわけでコロコロ&ジャンプな感じで
大人と子供も楽しめる感じの作品でございます。最初に書いていた大人向けとか子供向けとかは、よく分からなくなりやしたw

投稿 : 2016/01/09
閲覧 : 189

退会済のユーザー

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

アニメの理想像 今の子供に見て欲しいアニメ

子供向けアニメで、作品全体としてのクオリティの高さがあるのはこのデジモンアドベンチャーぐらいではないでしょうか。全54話なのですが、無駄な話が1話もないです。
曲も今でも親しまれてるbutterflyを中心とした名曲揃いです。

勇気や友情がどれだけ大事か分かります。

命の尊さも分かります。

今の子供たちに見せてあげたい作品です。もちろん大人のみなさんにも。

投稿 : 2015/12/30
閲覧 : 98

退会済のユーザー

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

友情ストーリーの傑作

アニメって本当に素晴らしい
ありがてぇっ・・・!・・・ありがとう・・・
本当にいいアニメでしたね...!内容に関してはデジモンが進化して戦うだけ...!
・・・そういってしまえばそれまでなのかもしれませんが、それをねじ曲げたら…なにがなにやらわからない…でも面白かったっ・・・・・!ね
見所を語るのもおこがましいですが
太一たちとデジモンたちの友情はっ...素晴らしかったっ・・・・!
今さら何ぬかすっ・・・・!思えば戦っているのはデジモンでしたが、彼らは決して一人ではありませーんでした。
そうパートナーとふたりで戦っていたんですね。
パートナーがいたからこそ勇気けられ、そして大事な人を守りたい気持ちこそが、
デジモンを一回りも二回りも強くさせるの…基本も基本…大原則だっ…!うっ・・・・!
それこそが太一たちが世界を救う原動力となったのだと思っています。
心が一つになることが素晴らしいんっ・・・・・!。
「絆」「友情」といった王道テーマを見事に描いたこの・・・狂人がっ・・・!作品を高く評価したいんっ・・・・・!ね。

投稿 : 2015/12/23
閲覧 : 58

まち猫

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ずっと好き

ストーリーはもちろんのこと曲が本当に素晴らしい。
これからもずっと好きなアニメ!

投稿 : 2015/12/03
閲覧 : 80
サンキュー:

2

くまきっちん

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

日曜フジ9時枠

日曜朝アニメという低年齢層向け作品のため特に難しい設定もなく楽しめます

異世界に飛ばされて異世界を救って現実世界に戻るという流れです

一話ごとに大体話が終わるショートストーリーが繋がっていき話を作ります

デジモン(デジタルモンスター)が戦うバトル物です

友情シーンや笑いもあるなど少々長いですが楽しめます

最終話は感動できるものです

長くはありますが今流行のアニメとは違った王道のようなアニメでおすすめです

投稿 : 2015/10/06
閲覧 : 133
サンキュー:

1

はりねこ

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

王道冒険物語!魅力あるキャラ多し!

過去に視聴していたため、デジモンというコンテンツをある程度知りつつ、ストーリーはまるで覚えていない状態。しっかり全話視聴したのは最近。

電脳世界(デジタルワールド)に棲むモンスター、通称デジモンと子供たちが関わりあって悪と戦っていく物語。
基本的に1話ごとに1人の子供とそのパートナーデジモン、及びゲストデジモンをピックアップしていくような構成が続いている。また、パートナーデジモンはやがて進化し始めその順番もほぼローテーション制。

1話ごとでキャラクターにスポットライトを当てていたのでキャラの魅力が十分に伝わった作品です。また、子供向けの長期アニメにも関わらず設定が大きく破綻せずストーリーが進行していたのも良かったと思います。

最終回はもちろん素晴らしかったですが、個人的にはピノッキモンの話が印象に残りました。
不満を挙げるとすれば、ED映像などで未登場の進化後の姿をがっつり映す仕様ではなくシルエットのみなどにしてほしかったです。

投稿 : 2015/08/20
閲覧 : 80
サンキュー:

2

ネタバレ

退会済のユーザー

★★★★☆ 3.8
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

タイトルなし

作品の完成度で言えば、本作は正直、大した出来ではない。

8人の子どもが異世界での冒険を通して大きな成長を遂げる、というのが大まかなストーリーだが、主要人物のドラマに尺を割きすぎて、バトル面は褒められたものじゃなくなってしまったし、パワーバランスも酷いものだ。
曲がりなりにも主人公である太一が、他のキャラのパートナーデジモンの進化回ということで噛ませ犬にされることが多く、太一に限らず、例えば完全体で挑んだにも関わらず、成熟期のデジモンに苦戦する、なんて回もあった。

そして、パワーバランスの悪さの最たるものといえば、やはり【希望】の紋章をもつタケルペアだろう。
タケルとパタモン自体は嫌いではない。むしろ、後半からみせていく、幼いながらの漢気は、つい応援したくなるものがある。
だけど、それはそれとして、例えばタケルには別の紋章を与えることは出来なかったのだろうか?
理想としては、アポカリモンとの最終決戦にて選ばれし子どもらが絶望から立ち上がって再び戦う決意をした時に、みんなの紋章が集まって【希望】の紋章になる、とかだと凄く盛り上がったような気がするんだ。

また、ドラマを優先してデジモン同士の戦闘を単調なものにしておきながら、そのデジモンの進化を目立たせる為にドラマの流れをぶつ切りにすることもあった。
酷い例が、ピエモン戦だ。
満身創痍になりながらもヤマトの到着を待つ太一の下へ、ついに皆が駆けつけ、かつてない結束力で戦いに挑んだ……その次の回で、主役はまさかのホーリーエンジェモン。あれだけ盛り上げておきながら、ウォーグレイモンもメタルガルルモンも無力化されるだなんて……そんなの、無しでしょ。


で、バトルシーンの代わりに力を入れていた、選ばれし子ども達のドラマ面は、確かに、相当な面白さがあった。
しかし、満足するにはあと一歩足りなかった。
途中参加した光。彼女だけが、圧倒的な掘り下げ不足のまま終わってしまったのだ。
また、彼女のもつ【光】の紋章自体、非常に曖昧だ。
彼女のキャラクター性からいえば、愛情あるいは純真だろう。でもそのどちらも、既に持ち合わせた人物がいるので、いまいち、彼女の存在意義が見えてこなかった。……いや、可愛いし好きではあるんだけどね。


不満点はこれぐらいかな。
一方で良かった点と言えば、進化の演出。これがもう、素晴らしい。
上で述べたようにこれだけの欠点がありながらも、僕は本作が好きなのだが、その理由が、この演出の良さと言っても過言ではない。
一つのデータに別のデータを書き込むというデジタル的な解釈を含めつつ、単純に進化シーンとして観てもワクワク出来る。特に超進化の魅せ方! おまけに音楽も良い!

あとは、次回予告。
なんというか、すごくそそられる。平田さんの煽り方が上手いんだよなぁ。
30秒間の予告で、どんどん視聴意欲が高められていくんだ。これがあったからこそ、4クールという長い話数を最後まで観ることが出来たのかもしれない。

投稿 : 2015/07/20
閲覧 : 60
ネタバレ

りゅぅぞぅ

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

このアニメに勝てるものあるのか?

 どんなアニメを見てもこのタイトル通り、

あらすじも、次回予告もとばせない 神アニメ

デジモンアドベンチャーに勝てるアニメあるのか?

この時、自分は小学生だったけど ポケモンなんか見向きもせず

デジモンに目を光らせ、見ていたよ

全話が見ているものをすべてを魅了する物語

キャラと声優のマッチ よし(*´ω`)

 このキャラデザイン最高すぎるやろ?

このキャラデザインを超えるものはないね

 音楽に至っては OP 和田さんのbutterflyとSEVEN
   進化の挿入歌  宮崎さんのbrave heart

 また、EDも良曲ばっか、この曲はカラオケでは鉄板

 2000年以降の人間たちよ、このアニメを見てなかったら、

お前らがどんなアニメを語っても、評価しても

ぺらっぺらのものでしかないと俺は思っとるわ(偏見ですw(+o+))

映像古って思って 見るのやめたやつはアニメみるな(言い過ぎ、すまん)

ぜひとも、若い人にも見てもらいっと思うので尋常じゃないくらい

書き込みマースw

 
 まずは自分の名場面集を発表(数字は話数を表してます♪)


23 友よ! ワーガルルモン

 これはヤマトとジョーの件で、ジョーとゴマモンがデジモンの飲食店を利用した際、日本円で払おうとしたらドルしか使えないw
と店長のデジタマモンの言われ、店でバイトするハメに・・・
 そこで偶然ヤマトがジョーと出会い、ヤマトも手伝い早くみんなと合流しようと思うんだけど、店長の陰謀で一生労働させようジョーが失態をおかすように小細工をしたり(+_+)
 早く弟のタケルをさがしたいヤマトはその失態に激おこぷんぷん
喧嘩ぷんぷんな状態に、太一とタケル登場で もうここから出ようってときにベジーモン タケル捕まえ 人質にしてーのときに
 ジョーの漢気炸裂 タケルを救って 逆にやられる
その漢気にヤマトの友情の紋章が・・・
友情って素敵だなって思う回でした(T_T)


33 パンプとゴツは渋谷系デジモン

 渋谷でヤマトとタケルがパンプとゴツモンに出会って、戦いになる!

って思ったら、パンプとゴツモンは戦いよりも遊ぼうぜってw

やっと、敵のデジモンだけど分かり合えるやつと出会えたって思った矢先に

BOSSのヴァンデモン登場(*_*;
 
 パンプモンとゴツモンは捜すふりしてやり過ごし

ヴァンデモンに嘘をついてすまそうとしたんだけど

そんな嘘はみぬかされていて、パンプとゴツモン・・・

 そんなことをするヴァンデモンにヤマトが怒ります!

この回で悲しくて泣いてしまったよ・・・

『何も殺すことないじゃないか!』
『ほんの少しの間だったけど、俺たちの友達だったんだ』は名言


 43~45話のピノッキモンとジュレイモンの件

ヤマトとガブモンの友情の深さを改めて知る回でした・・・

これはぜひともみて、ヤマトになった気分で見てほしい

人生の中で、こんな気持ちになることあるよね


 ほかにも、名場面としてはウィザードモンがやられ、テイルモンの覚醒

言わずもがな、最終回のパルモンこけてからの

アカペラのbutterflyはチンサム 震えたよ

 

 すんません。自分の1番のアニメなんで 長文になってしまった・・・

全部、ここまで見たやつはデジモン好きか、暇人か、超人やわ

まだ、全然書ききれてないんやけど 飽きたからやめとく(*'ω'*)

ぜひとも、見てくれ( `ー´)ノ

投稿 : 2015/07/13
閲覧 : 217
サンキュー:

4

田中タイキック

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.5 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

デジヴァイス持ってた人は勝ち組

1999年3月~ フジテレビにて放送
全54話

元々はボタン電池で動くキーホルダー型の携帯ゲームとして始まったシリーズ
「戦うたまごっち」をコンセプトに堂々とパクry・・・オマージュして
口コミから徐々に広まっていったデジモン

そんなデジモンの人気を確固たるものにしたのが本作のデジモンアドベンチャー


サマーキャンプに来ていた7人の子供たちが突如発生した大瀑布(だいばくふ)に飲み込まれ
見知らぬ大地、デジタルワールドに迷い込んでしまう漂流冒険活劇
少年少女たちは謎の機械「デジヴァイス」と謎の生物「デジタルモンスター」と共に様々な困難に立ち向かい成長していく物語


7人の子供たちは一人ひとりパートナーであるデジモンが配置され
それぞれの関係性を縦軸、子供たち同士の関係性を横軸として
その両軸が絶妙に交差しながら進めていくストーリーは物語に幅広さを出すことに成功してます


また、7人の子供たちには各々の個性に合わせた「紋章」というものが設定されていて
勇気、友情、愛情、知識、純真、誠実、希望の7つの紋章はそれぞれの子供達の心の在り方みたいなもので
勇気の紋章を持つ者はその勇気を試されるような試練が与えられそれを乗り越えたときの
心の成長をデジモンの「進化」という形で表現しているのもグッド

進化の際には必ず劇中歌が流れたりと盛り上がる演出が目立ち
主人公たちの成長とパートナーデジモンとの絆という明確なテーマ性だったり
随所で分かりやすさに重点を置いた構成は当時の視聴者の年齢に配慮した作りになっているが
デジタルワールドという世界観の魅力、現実世界とのリンク、なぜ子供たちが選ばれたのかという謎と伏線など
大人の観賞にも十分耐えられる物語になってます


4クール以上の作品あるあるだけど各回の脚本と演出で話の色がかなり違うのが特徴
特に21話の細田守さんの演出回は圧倒的、誰が見ても分かるほどいい意味で異質な回でした
個人的に好きなのは某所でも悪名高い(?)浦沢義雄さん脚本回
33話の渋谷系デジモン回はいきなり何言ってんだこいつ状態になったけど
デジモンでの浦沢さんはオチはしっかり締めているので好き


マイナスな部分をあげるとすれば

1クール目がワンパターン気味
3クール目の現実世界編が少し冗長
作画が全体的に悪くアクションの見所が少ない

現実世界編好きなんですけどね
主人公たちの親子関係までツッコんだ話が出てきたりして


好きなキャラは光子郎
現実世界編での親子関係のドラマで光子郎のエピソードが一番感動した

好きなデジモンはエテモン
エテモンっていうネーミングセンスと人間味溢れた性格が好き


【総評】
やっぱりいいよねデジモンは
正直、所々退屈な部分はあったけど
最後のカタルシスやばい
こんなん上がらないわけがない
名作が名作たる所以はやっぱり最後の締め方にあるんだと改めて感じられる作品でした

音楽面が良いのも何年も愛される理由
OP、劇中歌はもちろんだけど
EDのメロディが鼻歌を思わず歌っちゃうくらい良かったよ
ED2のkeep onはTM ネットワークの木根尚登が作曲だと最近知ってへぇーってなったよ!


【余談】
新作は映画と聞いて少しテンションダウン
あれだけ初代との繋がりを強調するならテレビで日曜の9時からやってほしかったのが本音
7月からの日曜9時枠はドラゴンボール先輩に取られちゃいましたね
思うに最初はテレビ放送で企画は進んでいたけどドラゴンボールの新作企画が入って
そっちに放送枠を譲る形になったんではないかなーと勘ぐってしまう
今だからこそいろんな意味で38話のようにフジテレビ社屋をまるごとぶっ潰すような話をやるべきと思うんですよ


【余談その2】
私が一番最初に買ったデジモンは初代のなんか赤いやつでした
え~っと…え~っと…(グーグル検索)

これこれwww  Ver.4でした!
http://f.hatena.ne.jp/SIZUMA/20130319232618

赤いクリアボディに白の縁取り
めっっちゃカッコイイわぁ~

今手に入れるにはもうオークションで買うしかないですよね
ペンデュラム含めて5個くらい持ってたはずなのに捨ててしまいましたぁ・・・
最近こんな感じで過去に手放した物が欲しくなって後悔することが増えています

投稿 : 2015/06/15
閲覧 : 162
サンキュー:

13

アリア社長

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

今、冒険が進化する・・・!

子供の頃リアルタイムで見たこのアニメを、大人になってもう一度視聴。
改めてよく出来てるアニメだと実感。

【このアニメの見所】
このアニメの面白さは冒険のワクワク感と、その冒険の中で繰り広げられる人間(デジモン)ドラマにあると思います。

異世界(デジタルワールド)に飛ばされた子供たちは、謎のモンスター(デジタルモンスター)と出会い、共に旅をすることに・・・

「何故自分たちはデジタルワールドに飛ばされたのか?」

襲い来る強敵たち、デジタルワールドの謎、自分たちが選ばれた理由、果たすべき使命、幾つもの試練。
様々な出会い、そして別れ。
決裂と和解を繰り返した先にある仲間との真の絆。
冒険を通じての成長、その果てのデジモン進化。

このアニメはたくさんの人間(デジモン)ドラマに溢れてます。
そこに笑い、涙し、胸が熱くなります。

あと特筆すべき点は音楽が最高!
OP「Butterfly」も名曲ですが、進化時に流れる挿入歌「brave heart」で毎話テンションMAXに!

子供向けアニメとはいえ、普遍的な面白さがあります。
思い出補正を抜きにしても超名作。

またこのアニメの映画『デジモンアドベンチャーぼくらのウォーゲーム』は傑作。

投稿 : 2015/06/11
閲覧 : 541
サンキュー:

6

おぬごん

★★★★★ 4.4
物語 : 5.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

大人になってもワクワクする大冒険

「たまごっちとポケモンのパクり」だったデジモンを一つのコンテンツに押し上げた、世紀末の名作
当時小学3年生の私もリアルタイムで視聴していて、その後もレンタルビデオで見たりもしてたんですが、
GWのニコ生一挙放送で改めて全話しっかりと視聴できたのでレビュー


キャンプ中に異世界「デジモンワールド」に迷い込んだ8人の小学生「選ばれし子供たち」が、パートナーのデジモンと協力し、やがては世界を救う話

まず言えるのが、ドキドキワクワクのオンパレードな点です
「子供たちだけで」「異世界で」「パートナーと共に」「世界を救う」「大冒険」
と、もう基本の設定からロマンに満ち満ちていますし、ストーリー内でも
「ピンチでパートナーに想いが通じ大逆転!」「あの時敵だったあのデジモンが仲間に!?」
みたいな感じで燃える王道展開の連続でした
ちなみにゴジラやウルトラマンが好きな私は放送当時、現実世界に戻ってきてからの、現実世界でのデジモンの激突に凄くワクワクしたのを覚えています

それらのドキドキワクワクを魅せる演出も見事でした
進化シーンやデジモンの攻撃シーンはバンクの連続なんですけど、挿入歌の「Brave heart」のあまりのかっこよさとワクワク感に、毎回見入っちゃうんですよねw
ニコ生で見た時は21話の細田守演出回の人気が凄まじく、実際その回の演出は突出して素晴らしかったとは思いますが、全体的に演出の上手い作品だったと思います

続いて言えるのが、各キャラの当番回と、ストーリーのテンポの良さとの両立ですね
この作品は、【ほぼ1クールで1ボスを倒す】×4クール、というような感じで進んでいくんですが、
その感に必ず、各キャラの当番回、つまりキャラの内面がピックアップされて、それを話の中で克服したり個性が生かされたりして、活躍する回が描かれるんですよね
これは8人の個性的なキャラを上手く生かしていますし、視聴者の子供たちからすれば定期的に自分の好きなキャラorデジモンの活躍が見れるわけですから、凄く嬉しい配慮です
また当番回はかなり自由な内容のギャグ調であることも多く、全体的にシリアスな印象のある作品の雰囲気を明るくしていました
それでいて当番回の中で少しずつストーリーを進行させて、いざボスと対峙することになると、かなりテンポ良く話が進み、撃破後はすぐに次の展開に繋がっていく…視聴者を飽きさせない、見事な構成でした

あとは大人になって見ても楽しめる点も良かったです
放送当時から思っていましたが、この作品、キャラの家庭事情がやたら複雑なんですよw
選ばれし子供たち8人のうち、特に家庭の事情が描かれていないのは、主人公の太一と妹のヒカリ、そしてミミの3人くらいですからね
その事情自体もそうですし、両親の反応、心情もしっかりと描かれていてちょっと唸りました
また現実世界はもちろん、デジモン世界の建造物にも現実のモデルがあったりして、そういうのが分かるという意味でも、大人になってから見て良かったな~と思いました
(細かいところで言うと、主人公たちが光が丘からお台場に移動するのに中野坂上で乗り換えなければいけなかったのが、当時は大江戸線が全線開通していなくて新橋まで一本で行けなかったんだな~、なんてのが分かったりw)


その他の点で言うと、音楽は素晴らしいですね!
名曲「Butter-fly」や先述の「Brave heart」はもちろん、劇判のボレロやED2曲と、どれも名曲でした

声優はメインキャストにやや下手な人がいるのが小学3年の頃から気になっていましたw
あと今聞いてみると、モブキャラやゲストキャラのデジモンを中心に、メインキャストの兼役がめっちゃ多いですね!


総じて、ドキドキワクワクと確かなメッセージ性のある、まさに名作だと思います
将来子供ができたら、BD-BOXを買って見せたいくらいですw
続編として公開予定の「tri」は…ちょっと不安ですけどね

投稿 : 2015/05/13
閲覧 : 221
サンキュー:

5

kwnonono

★★★★★ 4.6
物語 : 5.0 作画 : 3.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

神アニメってか神OP(EDも)

歌がとてもいい。
リアルタイムで見ていた作品。ニチアサ。
シリーズの中では一番良かった作品です。
子供向けアニメだからってなめちゃいけない。というくらい話がしっかりしているアニメです。
自分的には平田さんのナレーションがものすごく印象に残っています。

投稿 : 2015/03/06
閲覧 : 73
サンキュー:

2

ネタバレ

lianyan

★★★★★ 4.9
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

8月1日

毎年夏が来るとなぜか見たくなる作品です。

かれこれはじめてこの作品を見てからもう十数年たちますがいまだに忘れられない作品です。子供ながらに主人公たちが持つ紋章の意味を考え、どれが一番自分に合っているかなど考えたこともあります。

いつか子供が出来たなら一度は見てほしいと思う作品です。

投稿 : 2015/03/03
閲覧 : 183
サンキュー:

3

次の30件を表示

デジモンアドベンチャーのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
デジモンアドベンチャーのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ページの先頭へ