「絶園のテンペスト(TVアニメ動画)」

総合得点
87.0
感想・評価
2656
棚に入れた
14822
ランキング
150
★★★★☆ 3.9 (2656)
物語
4.0
作画
4.0
声優
3.9
音楽
3.8
キャラ
4.0

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

レビューを絞り込む
☆の総合評価
文字数
サンキュー数
視聴状況
表示形式
キーワード
この条件で絞り込む

絶園のテンペストの感想・評価はどうでしたか?

ようす さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

運命とは、最もふさわしい場所へと、貴方の魂を運ぶのだ。

2012年放送の作品。

原作も同時期に完結したため、
アニメもきれいに完結しています。
(私は原作未読です。)

ただ、オリジナルな要素が追加されていたり、
削除されたシーンがあったりするようです。

全24話です。


● ストーリー
滝川吉野(たきがわ よしの)の幼馴染、
不破真広(ふわ まひろ)には愛花(あいか)という妹がいた。

しかし、愛花は一年前、何者かによって殺された。
そして真広は犯人に復讐をするため、吉野の前から姿を消した。

久しぶりに再会した真広は魔法使いと取引をして、
魔法が使えるようになっていた。

取り引きをした相手は、
魔法使いの一族の姫君・鎖部葉風(くさりべ はかぜ)。

鎖部一族は、
「はじまりの樹」に供物を捧げることで魔法が使える。

葉風は意見の対立によって無人島に島流しにされ、
魔法が使えない状態にあった。

鎖部一族の陰謀を阻止することと、
愛花を殺した犯人を魔法で突き止めることが互いの条件。

真広と吉野は鎖部一族の陰謀を阻止して世界を救い、
愛花の死の真相を知ることができるのか…?


長いあらすじとなりましたが、
ざっくりこんなお話。

現代日本が舞台ですが、魔法が使えたり、鎖部一族の儀式によって町ひとつが一瞬で全滅したり、現実離れしています。

前半は鎖部一族を倒す準備をして対立し、
後半(14話~)は愛花の死の真相に迫っていきました。

設定は面白いなと感じたけれど、
肝心のストーリーは暗くて、
続きが気になるというほどではないかなあというのが前半の感想。

ちなみに13話は、
真広視点で前半のお話を振り返っています。

13話のラストに進展があるためそこは飛ばせませんので、
時間のない方は13話は最後のほうだけ見るとよいかもです。

そして14話からが後半の部。
ここからこの作品に対する印象が変わりました。

ここからラブコメ要素がぐっと強くなるのですが、
このラブコメが面白くて…!笑

そして山場となる、
愛花の死の真相が明らかになる21話は一番楽しめました。

残される真広と吉野を思うと悲しく、
死ぬ前の愛花の行動には最後まで目が離せず。

前半は退屈だなーと思う方も、
後半に面白くなるので、耐えてみてください。


● キャラクター
真広と吉野は二人とも高校生離れした考え方の持ち主で、
初めはどうもキャラに愛着が持てませんでした。笑

真広は初めからぶっ飛んだキャラ設定なので仕方ないとして、

ぱっと見は普通の男の子である吉野も、
町一つが全滅してるのに冷静だったりするなど、

真広より優しい性格だけど、
だからこそ、なんだかずっと彼に対して怖さを感じていました。

というか、見ているこちらが普通の高校生だと思いたかっただけで、
作品側からすると、もとから普通でないキャラ設定だったみたいですけどね。

うん、吉野くんも普通の子じゃないです。笑
じゃないと真広と長く付き合いなんて続けられないしねw

二人ともイケメンなので、
並んで歩いているだけで絵になります。


男二人もキャラが強いですが
ヒロインの二人も好きでした。

真広の妹・不破愛花。

彼女が生きて登場するシーンは少ないですが、
代わりに真広と吉野の回想シーンで多く登場します。

美人だけど、性格にはかなり難ありw

回想シーンでこんな子だったよーと示し、
21話の山場で一気に魅力を爆発させました。

たった1話で魅力を振り切り、
印象深いキャラになるのすごすぎです。

今回キャラの評価を高めにつけたのは、
愛花のキャラの描き方や魅力の強さが理由です。

最終話の真広と吉野へのメッセージにも笑わせてもらいましたw

あの真広と吉野を振り回せる女の子…やっぱりすごい子です。笑


もう一人のヒロインが、葉風。

無人島に閉じ込められていたとしても、
自分の力に自信があって強気な葉風も好きでしたが、

やはり後半の部の恋する葉風が抜群に可愛くて面白くて…!笑

応援したくなる、というのとはまた違うけど、
自分の気持ちを隠せないまっすぐすぎる葉風、
可愛かったです。

沢城みゆきさんの声も印象深かったです。


そして他のキャラも魅力的でした。

鎖部一族の長・鎖部左門(くさりべ さもん)。

彼につていは、
後半にかけて好感度がうなぎのぼりに上昇でしたw

前半で感じた「鎖部一族の小物感(葉風を除く)」を、
見事ギャグに昇華したのは、

最初からそういう予定だったのか、
それとも読者の印象をうまく利用したのか、

どちらにしても見事なキャラ修正でしたww


● 音楽
【 前半OP「Spirit Inspiration」/ Nothing's Carved In Stone 】
【 後半OP「大好きなのに」/ Kylee 】

前半OPはかっこよかったです。

陰謀に立ち向かう主人公と、陰謀を企む側という構造にぴったりなかっこよさだったと思います。

後半OPは、
別れを告げられたけど、別れるのか迷ってる女の人の曲です。

微妙にこの作品とハマる歌詞でもあるけど、
全体的にずれてるんだよなあ。だから違和感でした。


【 前半ED「happy endings」/ 花澤香菜(作中では、不破愛花役) 】
【 後半ED「僕たちの歌」/ 佐香智久 】

前半EDは、可愛らしい曲です。

愛花ちゃんもこんな可愛いところがあった…のかな?笑

後半EDは、切ない曲。

愛花ちゃんと並んで歩く吉野の映像が、
幸せそうで、切ない。

美男美女で絵になる二人です。


● まとめ
ストーリーはきれいに完結しています。

原作完結と同時期だったので、
アニメもきれいに完結させることができたのは大きかったですね。

オチは普通かなあと思いましたが、
その普通なオチが、この作品にとってはベストな気がします。

すっかり愛花ちゃんに魅せられました。

最後まで楽しめました^^

投稿 : 2021/10/09
閲覧 : 39
サンキュー:

19

セシウス さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

どこか釈然としないのはなぜだろうか

 原作漫画は未読です。また作中よく引用されるハムレットもテンペストも未読です(笑

 ジャンルは現代(ガラケー時代)を舞台にしたファンタジーアクションですね。主人公は2人の少年で、超常現象に襲われた街を救おうとする話です。物語開始時点でメイン2人の恋人・妹にあたる少女が殺されており、その犯人を探すミステリー要素もあります。超常現象に対応する行政機関の動きや他国の動向も描かれていて、大人の視聴にも耐えられると思います。敵味方入り乱れながら超常現象を解決するストーリーはかなり面白かったと思います。
 ただ釈然としない点がいくつかありました。
 まず、各キャラクターのポジションが前半と後半で全く違う点です。前半は主人公の少年2人が離島に隔離されている超能力者と通信しながら謎の組織と戦う、という流れです。素人の少年2人ですが、それぞれ柔軟な発想や行動力をいかして大活躍します。ところが後半は突然登場したキャラクターが実は唯一の戦闘力をもった超人で、その人物がいかにして戦うのかを描いた話となって、主人公2人はほぼ無意味な存在になります。ラストバトルも主人公2人はただのお手伝いで終わります。
 また前半は師匠的な立場で少年2人を支援した女性キャラが後半はラブコメヒロインとなります。バトルの師匠→ラブコメヒロインって急展開すぎて頭がついていきませんでした。
 超常現象で登場する2種類の樹についても物語の最終盤までその違いが理解できませんでした。

 キャラクターは主人公2人と殺されてしまった恋人・妹については、それぞれ特徴的な魅力があってよかったと思います。その他は師匠兼メインヒロインがよくわからないキャラなのとあとはテンプレキャラという印象です。

 作画は良いと思いました。バトルシーンも美麗でした。主人公のヘアピンはあまり好きではありませんでしたが(笑。 音楽は普通です。2クール目のOPが突如ラブコメっぽい曲になっていてびっくりします。

 ファンタジーアクションながらSF要素もミステリー要素もあり美少女が登場し男キャラは皆イケメンです。何といいますか、とりとめの無い印象の作品でした。
 

投稿 : 2021/09/23
閲覧 : 43
サンキュー:

1

ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

絶園のテンペストの感想

ネタバレになっちゃうかも
だからあんまり書けないけど

はじめはこの世界をすくおうとか
復しゅうしたいとかって
ほんとに正しいのはどっち?みたいなおはなしがあって

それで
パズルみたいでにゃんは考えても
よく分からないおはなしだったけど
主人公とあいてがいろいろ考えあって
ゲームのオセロとかみたいな
どっちが勝つのかなぁ?みたいなおはなしになって

バトルもあって
後半はラブコメがおもしろかったりして
次の回が気になることが多かったよ

女子が少なくって
男の人がかっこよかったから
女子むけなのかなぁってちょっと思ったけど
男子でもそんなにわるくないって思う☆


24話目
{netabare}
終わっちゃったね。。
はじまりの木がなくなって
世界が助かって
ふつうにいいおわり方だったって思った

そのあとのアイカちゃんのめっせが
にゃんは好きだった
にゃんも死ぬとき
あんないたずらできたらいいなぁってw

EDの前の桜がとってもきれいだったね
にゃんが今まで見たアニメの桜の中で
1ばんきれいだった☆

さいごにハカゼさんが来てこれから。。
でもヨシノくんアイカちゃんのことわすれられるのかなぁ。。
ちょっと心配w
{/netabare}

23話目
{netabare}
はじまりの木のこうげきがはじまったね
作戦はとってもよかったけどヨシノくんうたれちゃって。。
どうなるのかなぁ?

このお話しって来週で全部おわるの?
それとも2期につづくとかになるのかな?
{/netabare}

22話目
{netabare}
アイカちゃんの手紙

何か入ってたけどおわるまで開けちゃいけないって
もしかしてってにゃんは思った
それっておわったあと
アイカちゃんが帰ってこられる方法かもしれないなぁって

マヒロくんとヨシノくんは
アイカちゃんのためにおちついてたけど
かわりにハネムラさんが。。
ちょっとびっくりしちゃったケド特訓のおかげかな。。

そのあとにゃんは
ちょっとがっかりしちゃったけどw
でもこれからは
ハネムラさんががんばらないといけないんだよね。。
{/netabare}

21話目
{netabare}
アイカちゃんってとってもクールだったね
だから人から見ると冷たい感じに見えちゃうのかな
でもほんとはそんな子じゃないよね。。

分かってからすぐに決めて
落ちついて自殺しちゃったけど
そんなに感情がない子じゃないって思う。。

だけど
かなしいお話しだったけど
アイカちゃんがあんまりかなしそうに見えなかったから

泣いてもいいのか分からなくって
でも止められなくって
なみだがじわじわって出てきて
やっぱり泣いちゃった。。

ハカゼさんが助かったみたいに
アイカちゃんも何とか
生きかえらせてあげられないのかなぁ。。

それから
はじまりの木はどうなっちゃうのかな?
{/netabare}

20話目
{netabare}
いろいろあってハカゼさんが過去にもどった
さいごはちょっとおどろいちゃった!
あのアイカちゃんが焼き鳥食べるなんてw

あっ!それよりもっと大変なこと
アイカちゃんが絶園の魔法使いだって。。
それって
11話目の感想でにゃんが考えたことがあたったみたい。。

でもアイカちゃんが魔法使いだったら
ハカゼさんのときみたいに
生きかえる事が出来るんじゃないのかなぁ。。
{/netabare}

19話目
{netabare}
ヨシノくんが恋人はアイカちゃんだって
マヒロくんに告白して2人はまたもとにもどったみたい^^

なんだかお話しはどんどん分からなくなってきたみたい
はじまりの木と絶園の木がほんとはどっちがいい木なの。。とか
どうするのがいの。。とか

来週はハカゼさんが
アイカちゃんをころした犯人を見つけるために
その前の時間にもどるみたい。。
それでアイカちゃんを助けてくれたらいいけどなぁ。。

でももしかしたら
もどったハカゼちゃんが
アイカちゃんをころすとかってゆうお話しになったりするかも。。
{/netabare}
あと1ヶ月くらいでおわると思うけど
ぜんぜん分からないで2期につづくとかって
ならないといいけど。。


17話目
{netabare}
今週はラブコメ。。
じゃなくってただのコメディ!?
なんだかとってもおかしくってわらっちゃったw

でもとうとうアイカちゃんのこと
みんなが知っちゃったけどよかったのかな。。
ほんとにこのお話ってどうなるのかな?
{/netabare}

16話目
{netabare}
ここまできたのにどうしてラブコメ?

ほかの2クールのおはなしのサイコパスとか
いままでよく分からなかったロボティクスノーツとかって
だんだんおはなしがまとまってきたみたいなのに
テンペストってだんだんグダグダになってきたみたい。。

もしかしたら冬だけでおわらないのかなぁ。。
ほかのたくさんのアニメみたいに
とちゅうでおわっちゃったらいやだなぁ。。
{/netabare}

15話目
{netabare}
今週はコメディが多かったみたい^^
気になったところは
ハカゼさんがヨシノくんのこと好きになったら
絶園の木にころされるって。。

それってアイカちゃんがころされたのと
なにかかんけいがあるのかなぁ。。
{/netabare}

14話目
{netabare}
絶園の魔法使いってほんとはだれなんだろう?

今週はあたらしい人がふえたけどどうなるのかな。。
それでどうなったらハッピーエンドなの?
見れば見るほどむずかしくなってくみたい。。
{/netabare}

13話目

とくばんやっててしばらく見てなかったから
まえがどんなおはなしかってわすれちゃって。。
それで見たらいままでのまとめみたいでよかった♪
{netabare}
EDのあとと来週のおしらせ
ほんとうの絶園の魔法使いがだれかって
気になっちゃうよね
{/netabare}

12話目
{netabare}
ハカゼさんがかえってきた
あんなところにミサイルがおちてくるなんて。。

もしかしたらぜんぶはじまりの木がやってたりして
2人ももしかしたら死んじゃうかもしれないし。。

おわりのほうのアイカちゃんの声。。
どういうことなのかな?
{/netabare}

11話目
{netabare}
時間をこえるほうほうはだいたい分かって
今度はだれがアイカちゃんをころしたのかって。。

ジュンイチロウさんがわりと出てたけどなにかあるのかな?
あと絶園の魔法使いが1人うまれてたかもって。。?
アイカちゃんはどこかからもらわれてきた子だし
もしかして何かかんけいがあるのかなぁ。。
{/netabare}
来週も気になっちゃうね^^


10話目
{netabare}
バトルもちょっとあったけど言い合いでおわったね。。
でもドキドキしちゃった
音楽もドキドキを応援してたねw

時間をこえるほうほうが出てくるのかなぁ。。って思ったら
ぜんぜんちがっててちょっとがっかりw
でももうすぐ分かるのかな?

にゃんはハカゼさんももどってほしいけど
ハカゼさんがもどせるんだったら
アイカちゃんももどせたらいいなぁって思うんだけど。。
{/netabare}

9話目
{netabare}
ハカゼさんがこの世界で死んじゃったのはほんとみたい。。

マヒロくんはこんどサモンに犯人をさがさせようってして
でもそれをよしのくんがとめて
ハカゼをたすけようってしたら
アイカちゃんのカレシをおしえるって。。

どうしたらそんなことってできるのかな?
何かパズルみたいなやりかたなのかなぁ

はじまりの木をふっかつさせてサモンに勝ったら
2年まえのサモンにそれをおしえて
ハカゼさんを島からつれもどさせる。。
みたいなかんじなのかなぁ???

デモそんなことができるんだったら
アイカちゃんもたすけてハッピーエンドでおわれるかも。。

つづきが気になっちゃうね^^
{/netabare}

8話目
{netabare}
とうとう来たね
このあとバトルが始まるのかなぁって思ってたら
サモンさんがいてたるがおいてあってなんだろう?って
思ったらせつめいがはじまって

それでおばかなにゃんもやっとほとんどのことが分かった~♪

でも。。えーっ!ていうかえーっ!
見た人は分かるって思うから書かないけど。。
そんなことあるの?

でも。。でも。。
ハカゼさんから見たら今って未来で
未来ってまだなんにもきまってないんだから
変えることができるんじゃないのかなぁ。。
{/netabare}
EDがあかるくってたのしい曲だからきっと
にゃんはハッピーエンドだって信じたいなぁ☆

つづきがはやくみたくなるね


7話目
{netabare}
今週はアイカちゃんのお話ばっかりだったみたい
ほしがとってもきれいだった☆
いっぱいのひまわりがまぶしかった☆
2人でころがった草のみどりもまぶしかった☆

アイカちゃんはもういないはずだけど
にゃんはなんだかドキドキしちゃった^^

アイカちゃんは死んじゃったのに
生きてる人よりももっと生きてるみたいだね。。

こんなになん回も出てくるのに死ぬところとかは
出てこなかったし
なんとなくちょっとヘンみたい。。
どうしてころされちゃったのかなぁ?

マヒロくんのほんとの兄妹じゃないっていうのも
どうしてマヒロくんのお家にきたかとかも出てこなかったし
やっぱりにゃんはヘンなかんじがするんだけど。。

もしかしてぇ。。アイカちゃんってぇ。。
くさりべのお家の子だったりするのかも。。
それで
ハカゼさんみたいにほんとは生きてたりして(えぇっ!)

ってにゃんは思ったけど
いつもにゃんの思ったことってはずれるんにゃw

ほんとはどうなってるのかなぁ。。
来週がたのしみ♪。。って思ったけど
たぶん来週はにゃんがにがてなバトルかも(><)
{/netabare}

6話目
{netabare}
どうして生きてるのにホネがあるかって
にゃんはちょっとかんがえた
1つは家ぞくのホネ(ふたごとか)
もう1つは魔法で作った?
でもぜんぜんちがってそう。。

1話でにゃんが思った
2人がちがう方見てるって当たってたのかな?
でもほんとはただマヒロ君に
知られたくないだけなのかも。。
{/netabare}

5話目

今週はおはなしがちょっと分かってきたカナ^^
{netabare}
アイカちゃんがポッキー食べてるとこ
喰霊のヨミお姉ちゃん思い出しちゃったw

またおそわれちゃって
ヨシノくん大事なペンダントつかっちゃって
にゃんも泣いちゃった。。

あいことばってだれのしゅみ?。。
のところはちょっとわらっちゃったw

さいごのハカゼさんのこと
どうなってるのかなぁ?
死体があったのに生きてるって。。
{/netabare}
でもそれってもしかして{netabare}
アイカちゃんも生きてるかもっていうこと?
{/netabare}

来週が気になるね☆

4話目

今日はバトルがなくってよかったナ
でもクロガネ病がこんなとこまできちゃった。。

たすけたいってがんばるよしの君
ちょっとつめたいまひろ君
{netabare}
きょうのおはなしは
まひろ君とよしの君が
どうやってお友だちになったか。。


ぜんぜんちがう2人
あんまり仲よくなさそうな2人

でも
ほんとはとっても仲よしなんだね

クロガネびょうになった
2人の子どもに
かさをおいてってくれたよしの君
あとで水をおいてったまひろ君
{/netabare}
よく分からないけどなみだが出ちゃった。。


3話目
{netabare}
バトル。。バトル。。バトル
バトルしながらちょっとづつ
魔法のことが分かってきたみたい

文明がないと魔法がつかえないとかって
どうなのかなぁ。。
なにかいみありげ。。カナ?

トンネルうまくつかったよしの君
あたまいいなぁ♪
にげられてよかったぁ。。

EDのうたもあいかちゃん。。
死んだ人なのにどうしてかな?
{/netabare}
このおはなしってもしかして
あいかちゃんがほんとの主役なのかも?
っておばかなにゃんは思ったけど。。
ちがうよねw

う~ん。。このおはなしは
ちょっと
にゃんにはむづかしいみたい。。


2話目
{netabare}
クロガネ病の人たちがかわいそう。。
女の子のくろくなった手
かなしくって。。うぅ。。って

まひろ君はちょっとこわい感じ

にゃんは
よしの君を応援しちゃうなぁ

おサイフとりかえすときでも
うらんだりしてなかったネ
やさしい人なんだ。。ホント

みんなのレヴュー読んだら
バトルより推理とかつかうのかな。。

それなら
これからも見ていきたいな。。って

ただクロガネ病は
もう見たくないなっ。。
{/netabare}

1話目

「K」のあとすぐ見ちゃったからなぁ。。

こっちもにゃんのにがてなおはなしみたいで
ちょっと苦しいかも

やっぱりくらくって超能力みたいなバトル。。
おとこの主人公
おはなしもよく分からなかったしね。。

でも
出てきた人はよしの君とまひろ君がほとんどで
あと何人か。。
だから「K」よりむづかしくなさそう(ほっ)

あにこれのサムネ見てて
にゃんが思ったのは
「コードギアス」みたいに友だちどうしで
バトルになるのかなぁ。。って

だって二人がちがう方をみてるでしょ。。

原作とか知らないから
ぜんぜんちがってるかも

おばかなにゃんだから
ちがってたらゴメンね(タブンチガウw)


来週も見ると思う☆

投稿 : 2021/09/19
閲覧 : 2009
サンキュー:

272

ネタバレ

にゃわん さんの感想・評価

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

面白い!

伏線もちゃんとあり
次々とキャラクターによる推理や考察が
当たっていきアイカは他殺ではないと
わかったときのマヒロは可哀想だったが
マヒロ以上にアイカの彼氏であるヨシノも絶望を
感じていた。
ハカゼとヨシノは結ばれないが魔法使いではない
普通の女の子としてヨシノに迫っている時は
可愛いと思える。
ちょっと残念だと思うのは
後半になるとヨシノがマグを使用しているのが
少ないのと新キャラクターのハネムラの扱いが雑
魔法を使える=アイカを殺した犯人と疑われたのは
とても可哀想。
全体的に裏切り行為や伏線がとても多かったが
全部後半で少しずつ謎が解けるのが
面白いし何周しても飽きない作品

投稿 : 2021/08/27
閲覧 : 88
サンキュー:

2

ネタバレ

nyaro さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

注目すべき本筋を間違えないようにしましょう。

 類例を見ない展開と切ない恋愛の物語を見事に融合させた、本当に面白いストーリーでした。主要キャラも魅力的ですし、アニメの出来もかなりの水準でした。なお、ファンタジーではなくはっきりとSFです。でも、そこを気にする必要はありません。
 テンプレ設定で単純なエピソードを繰り返すような今のアニメに慣れていると展開について行けなくなります。

 島に閉じ込められた葉風がどうやって助かるのか。愛花は誰に殺されたのか。絶縁の樹とはじまりの樹とは何か。という3つのストーリーが有機的に絡み合い物語は展開し、最終的にすべて答えが提示されます。

 一番大きな要素であると思われていた絶園とはじまりの樹の話は、実は舞台設定でしかありません。ここに注目しすぎると肩透かしがあるかもしれません。
 裏のヒロイン愛花がなぜ死ななければならなかったのか、という部分が一番重要なストーリーとなり、もっと言えば、愛花の心情を知る物語ともいえます。葉風の島からの復帰も面白いし重要な要素ですが、本筋なストーリーではなく、愛花の物語の解決の伏線となってゆきます。

{netabare} 少し非人間的なほど冷静でクールな愛花のふるまいがあるからこそ、その奥底にある深い想いに心を打たれます。達観というのでしょうか。短い期間の幸せに感謝しながら、自ら死を選びます。最終回の彼女が残した動画の内容は、喪失感で本気で胸が痛くなりました。ただ、ラストのシーンが良かったです。吉野は恐らく愛花の死を受け入れ消化して、葉風を受け入れるのでしょう。

 葉風の幼い恋心がほのぼのしていて微笑ましいです。しかも、この恋心も謎の要素として展開してゆくのが、本当にうまかったですね。

 タイムリープなら愛花を生きていることにしたいところですが、そこは悲しいですが、良い結末にしたと思います。タイムパラドックス問題も上手に扱ってました。
{/netabare}

 絶園という単語は聞いた事がないのですが、テンペストは島に閉じ込められる話ですから、吉野、真広が魔法により混乱しお互い戦う話かと思うと、そうでもなかったですね。途中そんな雰囲気もありましたが。21話で一応解説はあります。

投稿 : 2021/08/05
閲覧 : 178
サンキュー:

4

うぐいす さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 5.0 状態:観終わった

沢城みゆきが可愛いヒロインを演じる貴重なアニメ

主人公の親友が妹を殺された犯人に仕返しするため、、、と始まったお話。

2クール分あったがしっかり面白かった。
物語は良くできているし、2クールでも中だるみなくフィニッシュ。何ならOVA作ってください的なアニメ。

序盤、血のつながりのない妹のために必死な兄と言うだけで韓流感がただようが、展開によって味方だった人が敵になり、敵だった人が味方になるところがこの物語の面白いところ。
シリアスな中にしょーもないギャグを入れているのでまあ苦笑いしかできない。
文学的にしようとしているみたいだが、作者が文学にお粗末なのか脚本が原因なのか分からないが、そもそもの日本語の使い方が間違っていたりするので文学的インテリジェンスは全くない。
自分では今までアニメを沢山観たと思い込んでいるので、まだ観ていない良作があるととても嬉しい。

ボーイッシュな役どころが多い沢城みゆきがとっても可愛いヒロインを演じていて新鮮だったが、やはりあのかすれ声はエヴァンジェリン山本あたりで良かったのではと感じる。
準主役のマヒロの声がやたら色っぽいと思いながら観ていたら、結構主役もやっていて、こないだの「恋と呼ぶには気持ち悪い」の亮さんだったのはビックリした。

OPED共に2クール目になってから一気に良くなった。花澤香菜の歌はまあいつ聞いても残念。人気があるみたいだが正直声優としても癖のある声質なので今後はどうなのだろう。

投稿 : 2021/08/01
閲覧 : 124
サンキュー:

2

uzis さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ドラマCDでいいかな。

アニメーションの、動画だからこその感動はある。
このシーン、ほんとアニメにしてくれてありがとうって思うシーン、いっぱいある。
けど、台詞芝居が多いというか、台詞芝居の部分、これだけ豪華な声優さんならドラマCDで十分ってところがもったいないというかなんというか。
原作とか知らないけど、これだけの世界観、なんかもったいない感じというか、ドラマCDで台詞2倍で聞きたくなるアニメでした。

投稿 : 2021/05/07
閲覧 : 128
サンキュー:

1

完全に理解した さんの感想・評価

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

ご注文はシェイクスピアですか?

このアニメはシェイクスピアの『ハムレット』『テンペスト』を題材にしてます。登場キャラは皆揃って、2作品から言葉を引用します。それが好きかどうかで評価が分かれるようですね。

結論的に、全話視聴出来るほどの作品でしたが、台詞回しは…好きではありませんでした!

投稿 : 2021/03/24
閲覧 : 263
サンキュー:

1

ネタバレ

キャンキャン さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

前半より後半が良作

前半と後半でだいぶイメージが変わり、後半の方が楽しめました。

が、なんとなく展開が読めてしまい、最終話まで数話残したところで飽きてしまいました。
さすがに最後まで見ましたが、なぜ飽きたのか考えてみたのですが、終始キャラの感情の単調さが原因だったのかな?と思います。

投稿 : 2021/02/25
閲覧 : 313
サンキュー:

1

ネタバレ

がぁべら♪ さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

独特な世界観

<ストーリー>
ある日、魔法使いの姫君が、魔法が使えない無人島に閉じ込められた。またある日、一人の少年が復讐のために魔法使いと契約した。復讐と魔法が織り成す前代未聞の戦いが始まるところから物語は始まる。

<キャラ>
主人公はタキガワヨシノとフワマヒロ。
ヒロインはクサリベハカゼとフワアイカ。
主人公、ヒロインともに対照的な感じデス。

<作画>
絵は綺麗で見やすいと思います。

<音楽>
オープニンゲテーマ
(第2話-第12話)
「Spirit Inspiration」Nothing's Carved In Stoneさん

(第14話-第23話)
「大好きなのに」Kyleeさん

エンディングテーマ
(第2話-第12話)
「happy endings」花澤香菜さん

(第13話-第24話)
「僕たちの歌」 佐香智久さん

<感想>
このお話はシェイクスピアの「ハムレット」「テンンペスト」を引用されたセリフが多く、劇を見ているような感覚デシタ。
それでいて、魔法というファンタジー要素、フワアイカの死の謎を解くというミステリー要素まで加わり、最後まで予測不能な展開でありながら、比較的テンポよく見れるのは、恋愛要素もあり、コメディっぽくもあるからだと思います。
また、バトルシーンも迫力があり、見応え充分デシタ。

投稿 : 2021/02/24
閲覧 : 317
サンキュー:

16

ちゃちゃ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

頼む!後半まで我慢して見てくれ!

こんなに、切らずに我慢して良かった!
と思った作品はないです。

前半は大して面白くないです。
が、ネタふり、伏線と思って見てください。

そして、左門が、左門が、左門大爆発です。
私は盛大にはまりました。めっちゃ面白い。

もし左門がダメでも、ここからストーリーが急転。
一気に伏線回収が始まります。

そして、葉風と愛花ちゃんの魅力がぐんとアップ。
最終的には、葉風ちゃん可愛いぃ!になりました。

前半と後半でここまで評価が変わる作品も珍しい。
興味がある方は、是非とも見てください。

投稿 : 2021/02/21
閲覧 : 553
サンキュー:

6

ネタバレ

ふとさん さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

左門様のぐるぐるが

とにかくツボ。
アニメが予想以上に面白かったので、原作も揃えてしまった。

投稿 : 2020/12/12
閲覧 : 137
サンキュー:

2

ネタバレ

dFRjS80566 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

文芸作品ですね

初回はTBS系列の あにめあにめ 枠で視聴済み
現在ATXで再視聴

有名な古典劇 シェイクスピア をモチーフにした作品
リア王 マクベス レ・ミゼラブル ロミオとジュリエット テンペスト

等と今だに舞台でも上演される不朽の名作
私は少々古くさく感じてるので新解釈物に興味が有ります

このアニメは新解釈と言うか 原点をモチーフにしつつも
ほぼオリジナルに感じられました

主人公 滝川吉野 親友 不和真広 誰かに殺害されたらしい 不和愛花

更に 鎖部の姫巫 鎖部葉風 キーキャラでしょうか

絶縁の魔法使いと世の理を力にする 鎖部の魔法使いが
文明を護るために暗躍してる体から

体が金属化する奇病が蔓延した世界で魔法使いが 表だって活動しだす展開
不和愛花を殺害した犯人は?
鎖部葉風 が孤島に幽閉されて 通信と限られた魔具で
苦難を乗り越えて 葉風を幽閉から解き放つ前半
愛花の殺害した犯人探しと絶縁の木の処理を画いた後半
わかり図頼展開や微妙な展開も気にはなりましたがw
バランスは良かったのでは


個人の見解ですが大人向けのキャラデザ
台詞は(´ロ`ノ)ノそこでそんな台詞使う😟
等 不満は多少有りましたが大筋では良く纏まっていたかと

キャラのネーミングセンスも業となのかもですが酷く感じる事も

ラブコメを扱った かのかり トニカクカワイイ 等でう~ん(ー_ー;)
と違和感があった私ですが(個人的見解)

今作での吉野と葉風の やり取りはとても微笑ましく🤗
うん!そだよね♪ 好きなんだけど認めたくないよね( ´-ω-)
だけど大好きな異性とハグってドキドキするけど
幸せだよね(*´∀`*)
等と結構 葉風に感状移入して観てたりw

最近のラブコメ以上にラブコメしてましたね
構成に文句は無いけど話数が多すぎる気がしてます
2クール以上だと どうしても だらだらや間延びが目につきますよね(ー_ー;)

投稿 : 2020/11/16
閲覧 : 167
サンキュー:

12

横比較無用ノ介 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

実力派女優は原作を演じる

その実力をもってすれば、筋書だって、
主役だって変えられるのに、
彼女は原作通り演じることを選んだ。
この物語が、多くの人にとって喜劇であるために。

投稿 : 2020/11/10
閲覧 : 187
サンキュー:

1

サイサイ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

不思議

前半8話までは正直つまらなかった
妹に固執しすぎなのとイキりキャラがウザかった

中途半端な心理戦も草

中盤は少々コメディ要素もあり

後半はサプライズありでとりあえずは納得いく展開で最後まで見れたけど、前半と雰囲気が変わりすぎてて同じ作品とは思えないという意味で不思議な作品だった

前半耐えられれば最後まで見れると思う

投稿 : 2020/10/30
閲覧 : 230
サンキュー:

2

Pocali さんの感想・評価

★★☆☆☆ 2.0
物語 : 2.0 作画 : 2.0 声優 : 2.0 音楽 : 2.0 キャラ : 2.0 状態:今観てる

表情が下品(´・ω・`)

原作漫画のモノトーンの絵が綺麗過ぎて、アニメだと一気にちゃちくなってしまう…
そして表情が、違う。
個人的に声優さんも、合ってないと感じる。
(良し悪しでは無く、飽くまでも私個人が合っていないと感じているだけの話)
そして、島が出てくるからなのか、なぜかBGMもキャラもワンピースっぽさを感じて、やだ!

原作漫画はマジで最高です。

投稿 : 2020/09/24
閲覧 : 154
サンキュー:

1

ストックトン さんの感想・評価

★★★★★ 4.8
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

タイトルなし

最初自分が勝手に思ってたような小難しい感じのイメージと違って、
内容的には観やすい作品だったと思う。

作画などは本当に奇麗だったし、キャラデザとかも自分がすごく好きな
デザインだったし。

ストーリーは魔法などを使ったサスペンス系の作品。

意外性が多くて全然予想していなかったような方向に進んでいったり
するので、目が離せなくて夢中になって観ることができた。

結構壮大なストーリーだったと思うけど、広がったストーリーを
最後まで結構奇麗にまとめてた印象。

でもちょっと最後のほうは内容的に薄目な感じがしたんだけど、
展開的にはまあそういうふうになってしまうのかな。

シェイクスピアの引用が多くて、全く知らない自分には
何言ってるのかピンと来なかったけど。
とくに最初のほうは、ちょっとむず痒く感じたりもしていた。

ストーリーはそのシェイクスピアのハムレットやテンペストに
なぞらえていたりもしていたっぽいのかな。

キャラたちの繰り広げる会話の掛け合いも、テンポがよくて
観ていても面白かった。

アクションシーンの迫力も十分だし、作画・ストーリーともに
すごくクオリティの高い作品だったと思う。

投稿 : 2020/09/19
閲覧 : 109
サンキュー:

5

ミツイ(クソメガネ) さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

「葉風」のことを長いこと「博士」だと勘違いしていたのはここだけの話だ

<2019/11/15 初投稿>
本放送時に観てました。
ノイタミナだっけ?
オリジナルアニメだっけ?

かなり前なのでうろ覚えレビューです。

「ある日、世界が突然・・・うわああああああ」
というお話です。

主人公は吉野(←ファーストネームです)と真広のタイプの違うイケメン高校生男子二人組
発酵系女子の皆さんからしたら垂涎モノのコンビだと思いますよ。
吉野は真面目で大人しい感じ。ヤハリソウウケカ?
真広はやんちゃ系シスコンヤンキーです。

ヒロインは葉風と愛花
こちらもやはり対照的な二人ですね
葉風は元気潑剌!ポジティブシンキングでナイスバデーなイケイケ魔法遣い
愛花は清楚で儚げで、ミステリアスで、賢く怪しい美形妹キャラ

個人的にはヒロイン二人と鎖部左門(CV力也)がお気に入りです。

物語は現実世界での魔法と、世界の謎と、世界の終わり。
なんか起承転結が2回くらいあったような気も。
かなり意表を衝くギミックなんかもあったり。
そしてラストは・・・それは観てのお楽しみ♪

映像も綺麗でカッコよく
声優陣も豪華でやはり巧い

こんな感じなんで本作、当時の人気は相当なもんでした。

アニメ好きにはたまらない要素が詰まった魔法バトル&ファンタジーサスペンス。
男女問わずお薦めな作品です。

投稿 : 2020/08/17
閲覧 : 482
サンキュー:

37

ダビデ さんの感想・評価

★★☆☆☆ 1.9
物語 : 1.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 1.5 キャラ : 1.0 状態:観終わった

前半は良かったけど、後半のストーリーは嫌でした。

ローファンタジーで、ロジックとレトリックが入り交じった感じ。
論理は演繹と推論と仮定の使い方に気になったら、見れませんね。
話が進むにつれ、雑に感じました。

せっかく、キャラとか良いかもと感じたのに、残念です。

投稿 : 2020/07/30
閲覧 : 319
サンキュー:

5

ネタバレ

E=mc² さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 3.0 音楽 : 5.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

タイトルなし

ぶっちゃけ異能バトル物は飽きてたので最初は流し見でした。
ただ、この作品はタダでは終わらなかったのです。
{netabare}異能バトルはもちろん、サスペンス、ミステリー、ラブコメ、文学、ループもの{/netabare}といったまさに宝箱のような厨二臭さ満載の作品だったのです。
時間帯としては夜中に見ていたもので、あと1話!あと1話!と気がついた頃には完走しておりましたw
はまる人が見ればほんとにはまるので是非ともご視聴なさってみてはいかがでしょうか。

投稿 : 2020/07/28
閲覧 : 226
サンキュー:

4

ASKA さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

絶園のテンペスト レビュー

絶園のテンペストのレビューになります。
漫画原作で、原作は未読です。
魔法使いが出てきてジャンルはファンタジーでもあり、SFでもあります。
不破真尋と不破愛花という兄妹と真尋の親友の滝川吉野という少年をメインに進み、途中から鎖部葉風という魔女の少女も加わって、いろいろな謎を散りばめながらサスペンス・ミステリーの要素もあるアクションアニメでもあります。途中から滝川吉野と葉風のラブコメ的なシーンもあり2クールありますが、結構楽しめました。

投稿 : 2020/07/27
閲覧 : 144
サンキュー:

15

ネタバレ

りょ さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

メインの2人がとにかくカッコいい

作品見終えました。
序盤から中盤までの展開にぐっと惹きつけられて
あっという間に話が進んでいく感覚でした。
ただ、一気見したせいなのが大半の理由なのですが、中盤から終盤にかけて時折挟むギャグシーンなどは個人的にあまりハマらず中だるみしてしまいました。

けれど、とても高校生とは思えない主要人物の2人のカッコよさと、
終盤の予想を裏切る展開は鳥肌ものでまた知らぬ間に魅せられ、エンディングまで一気に見ることが出来ました。

もう一度、見返したい作品です。

投稿 : 2020/06/05
閲覧 : 207
サンキュー:

4

ネタバレ

sassy さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

どうにも論理的な矛盾になっとくいかない(でも好き)

極めてよくできた推理小説なのだが、その答え合わせの部分で「卵VSにわとり」式の論理的ジレンマがあり、そのジレンマの解決が、アニメを見る限りよくわからない。この理不尽こそがこの物語のtake home messageであるのか、それともそれを超えて解決が示されているかがわからなかったことがとても悔やまれる。というか、ジレンマの性質を考える限り、解答を与えることは十分可能なのではないかと思っている。なのでとりあえず、自分の疑問をここの投げかけておこうと思う。備忘録もかねて。

まず、いきなり疑問から。ストーリーを知っている人にしかわかりませんが、明らかに超ネタバレです。

(Q)絶園の魔女である不破愛花が、自らはじまりの木を破壊せず、自殺という形で世界の流れをはじまりの木を破壊する方へ仕向けた理由が全くわからない。

まず世界設定。はじまりの木という、文明を作り繁栄させる存在と考えられ、その名がつけられた神樹がある。しかしその樹の正体は、文明がある程度進めばそれを破壊しリセットする、地球外部から来た文明制御装置であった。この文明リセット共に世界人口の大半が失われるため、人類の最大の敵である。それを唯一破壊できる存在があり、それが絶園の木とその魔法使いである。

不破愛花は絶園の魔女であり、その力、および目的を自覚しており、世界救済の戦略も計画している。一番シンプルで、かつ誰も悲しまないゲームクリアは、彼女が何事もなくはじまりの木を破壊することである。しかし彼女は計画にないはずの自殺を遂行する。

自殺の意思決定に「卵VSにわとり」式の因果のジレンマがある。アニメ中では、彼女の自由意志による自殺、という形で解答を与えているように見えるが、それがなぜ解になるのかがさっぱりわからない。

このジレンマを詳しく説明するために時系列を追うと、

①絶園の魔女である不破愛花が自殺する。
②それを他殺と思い込み、真広と吉野が犯人を追う中で、はじまりの木の魔女である鎖部葉風と会う(自殺の1年後)。
③愛花の死の真相を追うため、葉風が愛花の生前へタイムトラベルする。
④自殺の当日に愛花と葉風はすれ違うが、一般人であるはずの愛花が葉風がはじまりの木の魔女であることを見抜き、接触する。
⑤愛花は自分が絶園の魔女であること、および、絶園の木の復活とともにはじまりの木を倒す予定であることを葉風に伝える。
⑥また愛花は絶園の魔女が最強であること、および、はじまりの木を倒せることを知っている。明らかにこの時点で、愛花に自殺の予定はない。
⑦しかし葉風から、愛花が死ぬ未来を聞かされる。その結果、自殺しなければ未来が変わり、その結果、愛花にとって世界より大切な真広と吉野が死ぬ可能性を考慮し、予定通り自殺する。
⑧葉風が未来に戻り、真広と吉野に真相を伝える。彼らは彼女の死の責任は彼女自身の意思決定によるもので、誰にも責任がないという、理性的な理解へ至る。
⑨ただし、物語の最後で真広は、葉風は意思決定は間違っていると宣言する。

ジレンマは、愛花の死の理由を考えるときに起こる。明らかに愛花は、葉風と会うまで自殺の意志はない。よって愛花の死は葉風のタイムトラベルによって引き起こされている。しかし葉風のタイムトラベルは、愛花の死の真相を突き止めることを目的に行われている。つまり、因果が循環している、ように見える。

愛花がこの循環因果を抜け出すために、自殺しないという選択肢を取ることもできたであろうが、そうすると未来が変わり、その未来で真広と吉野が死ぬ危険を考慮し、自殺する。真広の最後のセリフは、この選択肢が間違っていた、ということなのだろうとは思う。

ただ、やはりわからないのは、これが本当に循環因果なのかどうか、ということである。もしこれが循環因果なら、「愛花の死亡」と「葉風のタイムリープ」のどちらが先に起きたのかが、決定不能でなければならない。しかし、時間の矢には方向性がある。過去にさかのぼるためには、その過去を作るために、一度時間の矢が進む必要がある。つまり、時間の矢を考慮すれば、葉風のタイムリープのためにはタイムリープする先の過去がすでに存在しなければならない。よって、愛花の死亡が先に起きたことは明白であり、葉風のタイムリープ以外の理由による「最初の死亡」が起きていないと、論理的な矛盾が起こる。つまり、愛花はまず何らかの理由によって死亡し、その結果葉風がタイムリープして、そのタイムリープを受けて愛花は自殺を選択する、ということになる。それ以降この循環を繰り返す場合は循環因果となるが、最初の一手は明らかにタイムリープ以外に起因しなければならない。

では愛花の最初の死亡はなぜ起こったのか?これが全くわからないので、とーってもモヤモヤしている。絶園の魔女である以上自殺以外に死にようがないことを作中では指摘しているが、タイムリープした葉風に会う前まではその予定がない以上、明らかに動機がない。うーん。

投稿 : 2020/05/29
閲覧 : 239
サンキュー:

2

MMA原理主義者 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.4
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 3.0 状態:観終わった

前半を乗り越えれるかどうか

序盤はただの魔法バトルものだったんですが、中盤以降はかなりSF要素やミステリー要素が強くなるので、そっち系が好きな人は楽しめると思います。
自分はSFもミステリーも好きなので最後まで楽しめました。
登場人物は、不破愛花はいいキャラなんですが、それ以外のキャラがいまいちで、特に吉野は主人公と思えないほどの熱のなさで感情移入しにくかったです。
小山力也の演じる左門がいい意味で間抜けで好きでした。

投稿 : 2020/05/21
閲覧 : 198
サンキュー:

3

退会済のユーザー さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

まあまあ

面白かったが、2クールにする必要があったのか疑問に思った。後半に話をもっていくように作ってあるのが途中でもう分かった為に飽きそうになった。

投稿 : 2020/05/17
閲覧 : 143
ネタバレ

オッチー さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:今観てる

なんか凄い…‼︎

色々な要素を詰め込んだタイプのアニメですね。ただ物語の軸は貫いているような気がします。現時点15話ですがまた一転二転ありそうですね。ただ感染症の影響もありレンタルショップが一時閉店となったので完走はもう少し後になりそうです。見終わり次第またレビューします。

投稿 : 2020/04/26
閲覧 : 175
サンキュー:

5

ネタバレ

RUSHIKA꙳★* さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

『この世の関節は外れてしまった あぁ、なんと呪われた因果か』名台詞であり、素晴らしい名作。

☆あらすじ☆
主人公の滝川吉野は、親友の不破真広と
普通の高校生活を送っており、
その裏で真広の大切な義妹、
不破愛花と付き合っていた。

そんな平凡な日常の中、、ある日
彼女は何者かによって殺された。。

大切な人を奪われた彼らに絡む世界存亡の因果。
時節、脳裏によぎるのは
死んだ愛花が好きだった「ハムレット」の台詞。


『この世の関節は外れてしまった
あぁ、なんと呪われた因果か。』
ハムレット


彼らはハムレットのように悲劇の道のりを歩むのか
はたまたテンペストのように希望を見いだし
喜劇へと進むのか。


……………というところですかね。


☆感想☆
複雑に絡んだ伏線とファンタジー溢れる世界観、
切ないラブストーリー。
そこにシェイクスピアの劇中の台詞と
悲しい調べ音楽を取り入れて、
芸術的な作品としても物語としても充実している。

以前、ギルティクラウンの際も
芸術的と述べたが、
ギルティクラウンの近代的な音楽、設定と違い、
こちらは魔法というおとぎ話のような設定、
伝統的な物語、シェイクスピア…イギリスの物語からの引用と、ときたま流される
ベートーヴェン ソナタ テンペストの3楽章。
あるいみ、対象的な作品だ。

アニメ的なHな設定がなく、魔法とはいえ
論理的にしっかりとした根拠がみられ
切ないラブストーリーとはいえどお涙ちょうだいの
ような安っぽいシーンは見受けれなかった。
文学的作品でもあるため
多少考察が必要とする。
前半の終わりから理解が少々難しくなるが
見れないことは無い。
むしろ、しっかりとした設定で見応えがある。
推理物の要素もある。
シェイクスピアの作品を引用したことにより
意味不と言ってるような学のない方には無理です。
(ちょっとレビュー読んで、腹立ちました…ゴメンネ☆)

心理戦も多く、物語が深く練られているため
年齢的に大人の方が楽しめる。
またどちらかというと女性向け。
恋愛要素が強め。

イケメンな主人公達で
厨二的といわれるのも分からないこともないが
悲しみによったようなシェイクスピア作品の
大袈裟な言葉を引用してるためであり
主人公の彼らの性格的に厨二のような感情はみられない。厨二と決めつけるのは早合点。
2クールに入る際、少し戸惑う可能性あり。
でもそこで断念するのはオススメしない。
{netabare} この作品は結局愛花のための物語であり、吉野と真広が前に進むための物語なのだなぁと思った。
テンペスト…つまり大嵐の中心であり、
始まりにして終わりでもあるのが彼女。
絶園の魔法使いによる、嵐の物語。
『絶園のテンペスト』だな。
喜劇で終わるしね。
{/netabare}

☆キャラ☆
一見ありがちなキャラ設定と思いきや
それぞれひとくせふたくせあるため面白い。

☆声優☆
ひたすら豪華。
本気できてる声優陣。


滝川吉野:内山昂輝
不破真広:豊永利行
鎖部葉風:沢城みゆき
不破愛花:花澤香菜
鎖部左門:小山力也
エヴァンジェリン山本:水樹奈々
星村潤一郎:野島裕史
鎖部夏村:諏訪部順一
鎖部哲馬:吉野裕行


沢城みゆきと水樹奈々は
それぞれ逆の役でオーディションを
受けるつもりだったらしいが
直前で今の役にしたらしい。適役である。


☆音楽☆
サントラが全て素晴らしい。
どの音楽も泣けるorかっこいい。
独特な雰囲気がある。
好きすぎてサントラCDは購入した笑
1部、YouTubeに落ちている。聞いてみるべし。
1クール目のED、花澤香菜の歌も最高。






☆まとめ☆

名作であることは言うまでもない。
最後には綺麗だなと思わせる。
とにかく1話でもいいから見て欲しい。
ハマる。

投稿 : 2020/04/25
閲覧 : 129
サンキュー:

7

さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8
物語 : 2.0 作画 : 2.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

ごめんなさい

私の中のサスペンスという定義付けをファンタジーにぶち壊してくれました。というか結末を隠し切れて無い気がします。合う人には合うのでしょうがセリフ引用の厨二的生臭さの処理がなされてません。悪い意味で関節の外れた世界観です。

投稿 : 2020/04/21
閲覧 : 144
サンキュー:

3

ネタバレ

アーリマン さんの感想・評価

★★★★★ 4.7
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

あれこれ詰め込んだら…

物語:
ファンタジー、異能系、ラブコメ、推理物、タイムリープ、シェイクスピアと色々詰め込んだ作品。普通はこれだけ盛り沢山だとクソアニメになりがちなのだが、上手く纏まって最後は大円団で終わる。
他の方も書かれてるように、前半と後半でかなり物語が違い、特に後半の最初の方は戸惑ったが、実は一貫性は失われず、というのがわかる。
ただ、ディテールに少し粗が目立つのが残念。また、物語の核心である「なぜ愛花は死んだのか」というネタバレも、まあそこまで意外性がなかったな、と個人的には思う。
とはいえ、それもまあ「惜しい」ぐらいにしか思わず、普通に面白い。

作画:
ちゃんと書き込まれているし安定して綺麗。本作は基本的にイケメン美女しか出てこないので作画は殊に重要な要素だったが、難は無し。

声優:
何気に超豪華、そして皆キャラに上手くマッチしている。沢城みゆきと水樹奈々は当初それぞれ逆の役でオーディションを受けていたらしいが、直前で今の役にして成功だったと思う。
あと、デレる葉風(沢城みゆき)がすごくいい。本当にいい。大事なことなので2回言いました。

音楽:
重厚なオーケストラサウンドのBGMは、まるでピクサー映画のそれ。ストーリーを一段上のものに昇華させるのに一役買っていると感じる(実際大したことない描写もこのBGMのおかげで、何やら凄いシーンに思えることがある)。
それでいて、opとedのポップな軽さもきちんとアニメという枠を考慮させるのに効果を発揮している感じた(勿論、普通にop・edの曲も良いよ!)。

キャラ:
特徴的なキャラが多い中、きちんと皆見せ場あり、最後まで各々の個性を活かせていて良い。また、当初モブぽかった羽村くんが成長し {netabare} 最後には彼女とよりを戻せた{/netabare}のも、基本的に高スペックのキャラばかりの中で一味出していたように思う。
また個人的には、歳下の愛花の方がどこか達観していて大人びている一方、歳上(のはず)の葉風は結構感情的、直情的、という対比が良かった。ちなみに私は葉風の方が好きです。
あと真広は性格どイケメン。前半も勿論だが特に後半は男でも惚れる。

以上

投稿 : 2020/04/12
閲覧 : 160
サンキュー:

5

ネタバレ

kapita さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

展開がすごい

主人公は高校生でタイプの違うイケメン2人、優しくて真面目そうな感じの吉野くん(苗字ではありません)と、ちょっと悪い感じで行動力のあるシコンの真広くん。
そしてヒロインも全くタイプが違う。謎めいていてかなり変わっ美少女真広君の妹(義理)あいかと、魔法使いの姫君のナイスバディな美人でかなりわかりやすい葉風
シェークスピアの作品ハムレットやテンペストが用いられています

前半の展開は何だったのというくらい、途中9話くらいからの展開がすごすぎて、終盤が怒涛の展開でひきこまれてしまいました
しかも真広くんがどんどんかっこよくなっていくのも見どころのひとつですね
主人公然り、周りもキャラがたっていてよかったです
ちょっと24話と長めで、最初は微妙かなと思われる方もいらっしゃると思いますが、あきらめず最後までぜひ見てもらいたい作品だと思います

テンペストちゃんと読んでみたいなと思いました

投稿 : 2020/01/16
閲覧 : 200
サンキュー:

12

次の30件を表示

絶園のテンペストのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
絶園のテンペストのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

絶園のテンペストのストーリー・あらすじ

ある日、魔法使いの姫君が、魔法が使えない無人島に閉じ込められた。またある日、一人の少年が復讐のために魔法使いと契約した。復讐と魔法が織り成す前代未聞の戦いが始まる。(TVアニメ動画『絶園のテンペスト』のwikipedia・公式サイト等参照)

放送時期・公式基本情報

ジャンル
TVアニメ動画
放送時期
2012年秋アニメ
制作会社
ボンズ
主題歌
≪OP≫Nothing's Carved In Stone『Spirit Inspiration』≪ED≫花澤香菜『happy endings』

声優・キャラクター

内山昂輝、豊永利行、沢城みゆき、花澤香菜、小山力也、水樹奈々、野島裕史、諏訪部順一、吉野裕行、浅沼晋太郎

スタッフ

原作:城平京/左有秀/彩崎廉、 監督:安藤真裕、シリーズ構成:岡田麿里、キャラクターデザイン:斎藤恒徳、音楽:大島ミチル、美術コンセプトデザイン:岡田有章、色彩設計:中山しほ子、美術デザイン:佐藤歩、美術監督:岡田有章/佐藤歩、総作画監督:大城勝/菅野宏紀、撮影監督:神林剛、編集:高橋歩、音響監督:若林和弘

このアニメの類似作品

この頃(2012年秋アニメ)の他の作品

ページの先頭へ